fc2ブログ

「堕ちたアイドル」第7話 売り込み 

第7話 売り込み 

 それから数日後、新しい住まいに5人は越していた。
「千夏、移籍はしないと記者会見をしてくれ。それに、宏美のデビューも発表しないといけないし」

 「私がデビューですか?」驚いた顔の宏美だ。
「そうだ、これからはタレントだ。パイパンヌードで稼いで貰う!」
「イヤ。ヌードはイヤです!」悲鳴に近い声だ。
「イヤでもやるんだよ。そうだ、契約をしないと。素っ裸での契約だ!」大西はビデオを構えた。

 「ほら、早く脱ぐのよ。早く!」恵子が急かす。
「イヤ、ヌードはイヤです!」
「脱がないなら、あのビデオと写真で稼いでいいのか?」
「やめて、それだけは…」

 「だったら脱ぐんだよ。お前が約束を守っている間は、絶対に公にはしないから」
「本当ですね?」
「約束する。それから、ビデオに向かってこう言え!」書かれたメモを渡した。
それを読むなり「こんな事言えません…」大粒の涙を流し出した。

 「約束を守るなら、公にはしないぞ。俺だって安田に稼いで貰わないと困るし。お前達には、大金を払ったんだからな」
「そうよ。やらないなら、あなたが生きていけなくなるわよ。それだけでなく、家族にもね」
それには「う、う、う!」泣き声も上げた。

 「やるのか、やらないのか、どっちだ!」
「やります。ですから売らないでください…」涙を手で拭き、服を脱ぎだした。
大西は笑みを浮かべて眺めている中、宏美はズボンやシャツも脱いで下着姿になった。

「安田、これからは下着は着るな。素っ裸の上から着るんだ」
「は、はい。そうします…」泣き声で返事をしながら、パンティを引き下げていく。
「大部生えたな。パイパンタレントだから、手入れしないと…」大西が言うと「そうだよな。千夏、宏美のオ○ンコを手入れしろ」三沢も言う。

 「わかりました…」浴室から、手入れの道具を持ってきた。
「宏美さん、ご免なさいね」
「泣かなくていいわよ。千夏にされるなら本望よ」泣く千夏を抱きしめると「いつまで泣いているんだ。早く始めろ!」怒鳴られる。

 「はい、始めます」千夏は石鹸を泡立てて、その泡をやっと生えた、絨毛に塗っていく。
「動かないで!」カミソリが当てられ動き出す。
「ジョリ、ジョリ!」音と共に、赤黒い地肌が現れた。
「いいね。パイパンオ○ンコは…」肉襞のはみ出た淫裂が露わになった。

 (イヤよ。こんな恥ずかしい姿で撮るなんて…)自分の股間を眺めていると、カミソリは絨毛を一本残さずに剃った。
「剃ったわよ。綺麗に…」濡れたタオルで股間を拭いていく。
「いいね、パイパンオ○ンコは。とにかく、契約のビデオだ!」


 「わかっています…」宏美は大西の持つビデオの前に立って、両手を後ろで組み、乳房と淫裂を露わにしている。
「この度、私、安田宏美は移籍問題で大西社長に迷惑を掛けてしまいました…」大西の書いたメモの通りに喋っていく。

 「つきましては、謝罪としまして、ここで社長とセックスして、お詫びします…」声が震えている。
「社長。私とセックスしてください…」もう、泣き声だ。

 「何だ、俺とオ○ンコしたいのか。三沢君、カメラを頼むよ」
「わかりました」カメラを三沢に渡すと、服を脱ぎだすが、すでに、肉竿が膨らみきっていた。
(やりたくない、こんな事は…)「く、下さい!」脱ぎ終わらない内から肉竿を口に含み、唇をゆっくり動かしていく。

 「いいよ、気持ちいい!」大西も、宏美の乳房を掴み揉んでいく。
「早く下さい。私のオ○ンコに…」大西を仰向けに寝かせて、馬乗りになった。
肉竿を掴み、腰を降ろして、淫裂に吸い込んでいくが(膣が痛い…。まだ準備が出来ていないし…)顔を歪めたまま吸い込んだ。

 「入りました。では、これより、お詫びのセックスを始めます…」腰を振り始めて「ピシャ、ピシャ!」股間同士がぶつかって、宏美は「あ、あ、あ!」と声をあげだした。
「千夏、あなたもやるのよ、晋平さんとオ○ンコを!」じっと見ていた千夏の背中から、乳房を掴み恵子が言う。

 「いや。セックスは許して。出来ません…」泣き声で言う。
「あら、お姉様ばかりにあんな事させていいのかしら。あなたとは、いい仲だったでしょう?」
それには「う、う、う!」弱みを突かれて泣きだした。

 「やるわよね。あなたも?」
「はい、やります…」
「それなら準備して。ヘアは剃らなくていいわよ」千夏も服を脱ぎだした。

 その間に「でました。膣に出ました…」宏美は動きを止めた。
「見て下さい。これがセックスした、私のオ○ンコです…」立ち上がって、指で淫裂を広げたが、ドロドロの白い液が垂れていく。

 「私が、大西社長の言う事に逆らったら、このビデオを公開されても、文句は言いません…」涙を滲ませながら誓い、三沢はその淫裂を撮っていく。
(撮らないで。射精されたのは撮らないで!)泣き顔のままになっている。

 「よし、今度は千夏だぞ!」ビデオが千夏に向けられた。
カメラが退くと、宏美は「う、う、う!」悔しさで、股間を押さえてうずくまり、泣きだした。
「泣くより、洗うのが先でしょう?」恵子に言われ、気を取り直して「そうでした」浴室に向かう。

 かわって、千夏が「私、向井千夏は…」宏美が言った事と同じに喋っている。
「三沢さん、私とセックスしてください…」
「勿論、やって上げるよ」三沢も服を脱いで全裸になり「社長、お願いしますよ」カメラを渡す。

 「任せたまえ!」千夏も三沢を仰向けにして、馬乗りになり腰を振り続け「で、出ました!」指で淫裂を広げた。
(う、う、う!)泣くのを堪え「私が大西社長の言う事に逆らったら、このビデオを公開されても、文句は言いません…」涙を滲ませながら喋り終えた。
「よし、千夏もオ○ンコを洗え!」千夏も浴室に飛び込んで「う、う、う!」浴室から2人の嗚咽が聞こえてきた。

 それから数日後に、大西は記者会見を行った。
「移籍はありません。向井はこれからも内にいるそうです」大西が説明している。
それには居並ぶ記者から質問が相次ぎ、それに答える2人だ。
「それから、今までマネージャーだった安田君も、デビューすることになりました」

 「何をなさるんですか?」
「女優を目指します。取り合えず、ヌードで頑張りますが…」応える宏美は、目を伏せた。
「ヌードですか…。恥ずかしくはありませんか?」
「恥ずかしくはありません。なんなら、ここでお見せしますよ…」宏美は立ち上がり、ボタンを外していく。

 (やりたくない。こんな大勢の前でヌードになるなんて…)胸が見えてきた。
最後のボタンを外して、前を広げると「あっ!」記者は声をあげた。
「小さいオッパイですが、これからはこれで頑張ります…」声が震えている。
宏美は大西から言われ、下着は着けてないから、いきなり乳房が露わになり、記者も驚いている。

 「カシャ、カシャ!」やがて、閃光と共に金属音が響いていく。
(撮らないで。ヌードは撮らないで!)目の下が真っ赤に腫れ上がっているが、それでも服を脱いで、上半身を剥き出しにすると「これからは、声が掛かったらフルヌードもやります…」乳房が揺れている。

「ここで、ヘアは見せてはいただけませんか?」
「ヘアはありません。剃ってますから、パイパンヌードです。仕事の声を掛けて貰えればなりますが…」恥ずかしくて顔を上げられない。
「でしたら、我が社で、ヌードを撮らせて貰えませんか?」
「はい、マネージャーと相談してお受けします…」このように質問に答えている。

 「ところで、向井さんはヌードにはならないのですか?」
「千夏はまったく、その気がありませんから。いずれは、ヘアヌード写真集でも出しますよ」大西が勝手に言う。
(イヤよ。ヘアヌード写真集だなんて…)千夏は恥ずかしそうに、乳房を晒す宏美を見つめている。

 (千夏、恥ずかしい。ヌードにはなりたくない…)
(私だってイヤよ。まして、人前でヌードなんて)2人は項垂れたままだ。
「他に質問はありませんから、終わりにさせて頂きます」記者会見が終わった。

 記者が引き上げると、宏美は「う、う、う!」泣きながら服を着ていく。
「安田、もう戻れないぞ。明日のスポーツニュースは、お前のオッパイで持ちきりだからな!」
(そうよ、ヌードが載るんだわ。オッパイを出した、私のヌードが…)更に涙が流れ出てきた。

 「千夏も、ヘアが戻ったらヌード写真だからな。やるよな?」
「は、はい。ヌードになります…」項垂れたまま返事をした。
「そうだ、それでいい。宏美はテレビ局に売り込みだ、わかっているよな?」
「はい、ヌードで売り込みます」力無く返事をし「よし、早速売り込んでくれ」「わかりました…」宏美と千夏は三沢夫婦と一緒にテレビ局に向かった。

 「宏美さん、収録があるからここで…」千夏と三沢は、控え室に入って行き「行きましょう、芸能関係の所よ」「わかっています」宏美と恵子は、顔馴染みのプロデューサーの所に向かった。

 「おや、安田さんじゃないですか?」
「はい。今度、女優を目指すことになりまして…」
「ヌードもやるんですってね?」記者会見の時撮られた写真を見せた。
「はい、ヌードもやります。ヘアは剃っていますから、パイパンヌードでがんばります…」

 「見せてくれないかな。オッパイとパイパンオ○ンコを!」
「そう、おっしゃると思いまして…」顔を赤らめながら、ボタンを外していくと、乳房の膨らみが見えてきた。
「これで、どうでしょう?」シャツを開いて乳房を露わにしていく。

 「オッパイは分かったけど、パイパンは?」
「これからです…」スカートを捲り上げて(イヤよ、性器を見せるなんて!)「これがパイパンです…」淫裂が露わになった。
あるべき絨毛がなく、ピンクの割れ目からは、2枚の肉襞が飛び出している。

 「いいね。ちょっとだけ、遊ばせてくれ」手が淫裂を触りだし「うっ!」(ダメ、指は入れないで!)太股が震えている。
「オッパイも、いいですよ」恵子が言うと「そうか、お言葉に甘えて遠慮なく…」乳首を吸い、揉んでいくが(イヤ、私はソープ嬢じゃないのよ)唇を噛んで堪えている。

 「今度のドラマでは、ヌードが必要だから、出てみないか?」
「はい。何でもやりますから、使って下さい」恵子は承知した。
「それなら頼むよ。ところで、新しいマネージャーはどんな感じかな?」恵子の胸を撫でると「人妻ですから、お許し下さい…」

 「何だ、亭主持ちか。それなら、これくらいで勘弁だ」手をスカートの中に入れ、股間を撫で出す。
「そ、そんな!」
「我慢しな。使ってやるんだから!」

 「はい、我慢します…」パンティの上から淫裂を触られた。
すかさず「もういいでしょう?」手を押さえると「そうだな、これくらいでいいか」素直に手を引いた。

 2人はその後、別なテレビ局を回った。
「今度、女優を目指す事になりまして…」胸のボタンを外して乳房を晒した。
「挨拶代わりに、これもどうぞ!」スカートも持ち上げ、無毛の淫裂を晒していく。
「いいね、パイパン女優でやれば受けるよ」その淫裂と乳房を触られていく。
恵子も、服の上から乳房と淫裂を触られた。

 2人は、全てのテレビ局を周り終えると、事務所に戻ってきた。
「待っていたぞ。これから、お客様が来るから素っ裸になるんだ!」
「そんな、フルヌードだなんてイヤです!」
「やるよな。オ○ンコビデオは公開されたくないだろう?」

 「わかりました。フルヌードになります…」そう言うしかない。
「いい子だよ、安田。今夜も可愛がってやるからな」胸のボタンを外して「いいね、これが!」露わになった乳房を触っていく。
(イヤ、触らないで下さい!)下を向いたままだ。

 乳房を触っていた手は、スカートに伸びた。
「社長、自分でしますから…」大西の手を掴む。
「遠慮するな。俺にもやらせろよ」ホックが外され、引き下げられた。
「いいね、いつ見ても。奥さんのオ○ンコもこうしたいね」淫裂を触っていく。

 「私には、ヘアがあった方が似合いますから…」
「そうかな。パイパンが似合うと思うけど」今度は恵子の胸を撫でだした。
「お、夫がいます。ですから…」その手を掴んだ。
「残念だな。仕方ないから安田で我慢するか!」全裸になった宏美の淫裂を広げた。
(やめて、そんな事やめて!)顔を背ける事しかできない。

 「そうだ、忘れていた!」大西は、机から袋を取りだした。
「これを着けないと」宏美の腰に、黒い革のコルセットを巻き付けると、小振りな乳房が大きく見える。
「いいわね。オッパイと性器が引き立って…」恵子も笑顔で見ているが(よくないわ。こんなの要らない!)黙ったままだ。

 「これで、付き合って貰うよ」話をしていると、ドアが開いて見知らぬ男性が入ってきた。
「いいね。これは、いいや!」入るなり宏美の乳房と淫裂を触っていく。
「大宮さん、使えますか?」

 「いいよ。この子なら、ビデオに撮りたいよ」
(ビデオ…。イヤ、ヌードはイヤです!)全身が小刻みに震え「社長、ビデオは許して下さい。何でもしますから、ビデオは許して下さい!」頭を下げて言う。

 「ビデオはイヤか?」
「はい、記録に残りますから…」
「それなら、ショーに出てくれないか。パーティがあるんだ…」
「それなら、やります…」
「そうか、出て貰えるか。大宮さん、聞いた通りです」

 「わかった。パーティを期待しているよ。それにしてもいいよ、オッパイが大きいともっといいんだが…」名残惜しそうに乳房を揉んでいく。
「こんな粗末なオッパイですから…」大宮の手を掴んだ。
「粗末じゃないよ、立派だよ。ここも!」

 (イヤ、指は入れないで。触るだけにして…)膣の中に指が入れられた。
「大宮さん、それよりも打ち合わせが…」
「そうだよな、パーティが近いしな…」2人は打ち合わせを始めたが、それは宏美を辱める計画だった。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
記事数メーター