fc2ブログ

「堕ちたアイドル」第8話 初仕事

第8話 初仕事

 そして、翌日のスポーツ各紙には、宏美のヌード写真が載っていた。
「恥ずかしい。こんなに、ハッキリ撮られていたなんて…」泣き顔になっている。
「千夏も、その内にヌードだからな」(イヤです。ヌードにはなりたくありません)黙ったままの千夏だ。

 その時「プルプルプル!」突然、電話が鳴り、恵子が電話を取った。
「大西プロダクションですが…。はい、撮影ですね。わかりました。直ぐいきます」電話を戻すと「社長、仕事が入りました。これから行ってきます」
「もう仕事か。ヌードは効くな。頼んだよ」
「はい、頑張ります」宏美と恵子は、事務所から依頼主の元へと向かう。

 途中「恵子さん、どんな仕事ですか?」心配なのか尋ねた。
「モデルよ、初めてのパイパンヌードの仕事よ」
(イヤ、性器を撮られるのはイヤ!)黙り込む宏美だ。
「ほら、そんな顔をしないの。初めての仕事なんだからね」はしゃぐ恵子だが、そんな気分にはなれなかった。

 

 2人は依頼主が指定した場所に向かった。
「失礼します」
「お、待っていたよ。早速だけど頼むよ。わかっているだろうけど、素っ裸だからね」
「はい、承知しております。宏美さん、お願いよ」
「は、はい!」(脱ぎたくない。ヌードにはなりたくない…)震える手でボタンを外しだした。

 上から胸が開いて「おや、コルセットですか?」腰のベルトが目に入った。
「はい、そうです…」シャツを脱ぐと、小振りな乳房が揺れている。
その後(これを脱いだら、丸見えになってしまう…)スカートに手が伸びる。
宏美は背中を向け、ホックを外して引き下げていくと、太股の割れ目が見えた。

 「いいですね。可愛いくて…」皆の目が淫裂を見つめている。
(見られた。性器を見られた…)太股も震えだす。
「はい、こっちを向いて!」
(イヤ、向きたくない!)渋々振り向くと「おー!」歓声が上がった。

 宏美の恥丘にある、ピンクの割れ目が露わになっている。
「いいね。ホントにパイパンオ○ンコなんだ!」
(オ○ンコなんて下品よ。そんな言い方しないで…)俯きながら、コルセットも外して、生まれたままの姿になった。

 それを見て「おい、撮るぞ!」合図が掛かり、ライトが灯された。
そして「カチャ、カチャ!」金属音が響いき渡っている。
(性器を撮られているんだ…)宏美の顔が見る間に赤く染まり、目の下が腫れた。

 そのころ、千夏にも辱めが待っていた。
「今度のパーティは、千夏も参加だからな」
「パーティですか?」
「そうだ。大物が招待されているから、お前もドレスを着ないとな」

 「社長。それでしたら、用意してありますよ」
「ここに、あるのか?」
「はい。これです」三沢は箱を取りだした。
「千夏、着替えてくれ。ここでだ!」

 「は、はい!」嫌々ながら服を脱いでいく。
(イヤよ。どうして、ここで着替えないと、いけないのよ…)不満があっても、逆らえず、シャツ、ズボンも脱いで下着だけの姿になった。

 「これだよ」それは黒のパーティドレスだ。
「これを着るんですか?」手に持ち、呆然とした。
「そうだ。下着は一切、着ない方がいい。見えてしまうからな」
(そんな事したら、全部見えそうよ…)手に持ったドレスが震えている。

 「脱げ。素っ裸になってから着るんだ!」
「は、はい」下着も脱いでいく。
パンティを脱ぐと、短い絨毛が股間を包んでおり、ブラジャーも脱いで全裸になった。

 「いいね。相変わらず、千夏の体はいいよ」三沢は我慢できないのか、股間を撫でていく。
「許して、今はイヤです!」
「三沢君、それよりもドレスだよ」
「そうでした。早く着るんだ!」千夏は頭から被った。

「いいじゃないか!」黒いドレスは、千夏の体のラインを浮き立たせている。
胸を覆うドレスは帯に近く、大胆なUカットで、かろうじて乳首を隠している状態で、前からも乳房の膨らみが見えている。

 「お、オッパイが見えます!」
「ヌードよりは、ましだろう…」
「性器まで、見えるかも知れません!」ドレスは、裾から腰まで、幅5センチのスリットが入っていて、腰骨が見えている。

 「似合うよ。これくらいは我慢しろ!」大西は腰から手を入れ股間を撫でていく。
「そうだよ。これくらいは何ともないよ」三沢も、帯を広げて乳房を掴んだ。
「やめて、お願いです!」2人の手を押さえた。
「そうだな。楽しみは後の方がいいしな」素直に手を退けた。

 「三沢君、今日はどうなっている?」
「テレビが、1本にだけです…」
「少ないな。もっと売り込んだ方がいいかも。あれを早めてくれないと…」
「わかっていますが、まだ、生え揃っておりませんですから」

 「構わないよ、大部生えたし。あれで撮ろう」
「わかりました。打ち合わせをしてきます」
「頼んだよ」千夏は服をを着替えると、三沢と一緒に雑誌社に向かった。

 途中「ヌードの件ですか?」千夏が不安そうな顔で尋ねる。
「そうだ。いよいよ、千夏のヘアヌード写真集を出すんだ!」三沢の言葉には黙ったままだ。

 「着いたぞ。行こう!」2人はビルの中に入ると「これは三沢さん。わざわざ、おいでいただかなくても…」大宮が迎え出た。
「実は大宮さんに、お願いしたい事がございまして…」
「私にですか?」

 「はい。是非、大宮さんの所から、千夏のヌーど写真集を出したいと思いまして」
「ヌードね、脱ぐ気あるかい。オ○ンコ丸出しにするんだよ?」千夏を見上げた。
「はい、脱ぐ気はあります…」俯いたまま、顔を上げようとはしない。
「その覚悟なら、ここで脱いでくれ。撮影は10人程のスタッフでやるんだから、ここで脱げないなら無理だな」

 「やるよな。千夏?」
「は、はい。脱ぎます…」強ばった顔で、脱ぎ始めた。
(イヤ、ヌードなんてイヤ!)叫びたいが、それは出来ず、シャツ、ズボンと脱いで下着姿になった。

 「何だ、下着を着けているのか。体に跡が残るから、これからは着けない方がいいぞ!」
「そ、そうします」下着も脱いで全裸になった。
「ほう、いい形じゃないか」じっくりと千夏の乳房を眺めてから触りだした。

 「いいね。柔らかいしな…」乳房を握りしめ、乳首を吸う。
「そ、そんな!」思わず声を上げてしまった。
(やめて、乳首はイヤです!)
「ここはどうかね?」乳房を掴んでいた手が、股間を触り、割れ目に指が入った。
「ん、ん、ん!」(入れないで、指は入れないで…)太股が震えだした。

 「いいね、締まりがいいよ。僕とセックスしてみない?」
「セックスはしません!」キッパリ言い放った。
「嫌われたか。でも、いい体だ。写真集は内で出してもいいよ」
「ぜひ、お願いします」

 「早速だが、これからスタッフと打ち合わせするけど、いいかい?」
「お願いできますか?」
「いいよ。これから行こう、君はその姿がいいよ」
「私はヌ、ヌードです!」思わず叫んだ。
「素っ裸を撮るんだぞ。それが出来なければ撮影は無理だ!」

 「失礼しました。千夏、そのままだ!」
「わかりました、この姿でお会いします…」泣き声に近かった。
「それでは、行きましょう」大宮の後から、三沢と全裸の千夏が歩いて編集室に入ると「キャー」女性社員から悲鳴が上がった。

 「ヌードよ、ヘアヌードよ!」
「向井千夏じゃないか。どうして素っ裸に?」社員達は手を休め、千夏の全裸を食い入るように見ている。
(見ないでよ、好きで脱いだ訳じゃないのに…)その中を項垂れたまま歩いていく。

 「いいね。向井のヘアは薄いんだ!」
「剃ったのよ。性器を見せる為に…」
「オッパイも大きいな。あんな顔して、結構、やりまくったんじゃないのかな?」話し声は千夏にも聞こえている。
(恥ずかしい、見知らぬ人にヘアヌードを晒すなんて)膝がガクガク震えている。

 それでも、手で隠す事もなく歩いていた。
暫く歩くと「社長、どうなされました。素っ裸だなんて!」気づいたのか話しかけてきた。
「編集長、すまないが話に乗ってくれ。向井君がヘアヌード写真集を出したいそうなんだ」

 「向井君がヘアヌードですか?」編集長は全裸を晒す千夏を見ていく。
「いい体つきですね。オッパイは大きいし。でも、ヘアがいまいちですね…」乳房を撫でた後、淫裂を撫でていく。
「どういう事かね?」

 「少ないんですよ。これだと、オ○ンコが写ってしまいますから…」
「それなら大丈夫です。手入れしていましたから。今後は自然体にさせますから」
「剃っていたのか…。でも、綺麗なピンクだね」腰を屈め、淫裂を指で広げた。
(イヤ、性器の中を見るなんて、イヤです!)恥ずかしさに両手で顔を覆う。

 「これくらいで恥ずかしがったらダメだぞ。堂々としないと」編集長が言う。
「すみませんでした」顔から手を退けたが、千夏の顔はおろか、耳まで真っ赤に染まっている。
「使えるかね?」
「はい、大丈夫です。3週間後に撮りましょう。今は別口が入っていますから」

 「よろしくお願いします」千夏は礼を言う。
「気に入ったね。素っ裸でここまで来るんだから。いい度胸しているよ、向井さん!」
「ホントは恥ずかしいんですが、仕事と思って割り切りました…」

 「偉いね。最近のタレントは生意気いうけど、こんな事されても、我慢できるんだから!」再び乳房を掴んで揉み出す。
「優しくです、乱暴に触られると痛いんです」
「そうか、これならいいだろう?」ゆっくりと揉んでいく。

 それに、乳首を指で転がすようにしていくと「ん、ん、ん!」声が出そうになった。
「もう、いいだろう。編集長、後は頼んだよ」
「わかりました。マネージャーさんには、こちらから連絡します」
「よろしくお願いします」三沢は名刺を交換して、大宮と一緒に戻ってきた。

 「どうかね、素っ裸の感想は?」
「恥ずかしかったです。知らない人にヌードを見られるなんて…」
「慣れないと、ダメだな、映画のラブシーンには出れないし」
「おっしゃる通りです。徐々に慣れさせます」三沢も口を出した。
(いいわよ、そんな事しなくても…)黙ったままで服を着込んでいく千夏だ。

 大宮と別れると、千夏と三沢はテレビ局に入った。
控え室で準備をしていくと「向井さん、映画の出演をお願い出来ませんかね?」声が掛かった。
「映画ですか。どのような役柄ですか?」

 「谷崎潤一郎の作です。かなりきわどいですが…」
「ヌードが、あるんですか?」
「はい、谷崎作品には付き物ですからね…」
「千夏、やろうよ、これをきっかけにしてもっと売ろうよ」

 「でも、ヌードが…」
「いいじゃないか、あれとセットで売れば」どうしても出演させようとする三沢だ。
「わかりました。お受けします…」
「よかった、クランクインは来月です。台本は明日届けます」
「よろしくお願いします」礼を言って見送ったが「映画か…」スクリーンに映し出されるヌード姿を想像していた。

 そして、写真集の撮影日がきた。
「準備をお願いします」
「わかりました」千夏は控え室で服を脱いでいく。
下着は言われていたから、着けてない。

 全裸になると、バスタオルを巻き付け、大勢のスタッフの前に現れた。
(恥ずかしい。こんな大勢の前で全てを見られるなんて!)顔も強ばっている。
「リラックスして!」カメラマンが言うと(無理よ、ヌードになるのよ!)結び目を解いて、生まれたままの姿で立った。

 股間の絨毛は、もう生えそろっている。
「はい、始めます」銀色の反射板を持ったスタッフが側まで寄ってくる。
(イヤ、そんなとこから、しないで。見えちゃうわよ)足下から見上げている。
「両手を組んで、右足を前に!」カメラマンがポーズを取らせる。
(イヤ、見ないで、性器は見ないで!)顔を赤らめている。

 同じように,Tの字の革ベルトで下半身を隠した宏美も、テレビカメラの前に立っている。
深夜番組でのレギュラーに決まって、初収録だ。
「大丈夫かな?」スタッフが股間を調べていく。
(剃っているから、見えないわよ)恥ずかしそうに項垂れたままだ。

 「ヘアは、生えていません!」
「わかった、収録を始めるぞ。脱いで下さい」
「わかりました…」胸を隠したタオルを退けて、小振りな乳房を露わにしていく。

 「皆様、こんばんわ。レギュラー出演する事になった安田宏美です。お粗末な胸で
すが、これで楽しんで下さい」顔を赤らめ、声が震えている。
「カット、やり直し。物怖じしないで堂々と。それから、乳首を堅くして!」スタッフが、宏美の乳房を掴んで、撫でていく。

 (イヤ、オッパイは触らないでよ)顔を背けたままだが、言われた通りに乳首を指で触っていく。
「膨らみました!」
「3秒前、2,1,キュー!」

 「皆様、こんばんわ…」テレビカメラに向かって喋っていくと、モニターには宏美が映し出され、その後、乳房がアップで撮られていく。
それに、革のベルトで隠された股間もアップで撮られた。
(イヤよ、そんな事しないで。お願いです!)泣き出したい気持ちだが、作り笑顔でテレビカメラを見つめていた。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
記事数メーター