fc2ブログ

「堕ちたアイドル」第9話 映画 

第9話 映画 

 宏美が深夜番組に出始めてから、まもなくして大宮が主催するパーティが催された。
このパーティには千夏も参加している。
大胆なカットのドレスからは乳房の膨らみが丸見えで、腰のスリットからは、絨毛が覗いていた。

 そんな千夏を、男性達が食い入るように見つめており(イヤよ、オッパイとヘアばかり見ているなんて…)顔が赤らんでいる。
その千夏に「今度競演する伊藤です。よろしくお願いします」主役の伊藤が声を掛けてきた。

 「こちらこそ、よろしくお願いします」背中を曲げると「!」それを見ていた周りが驚いた。
股間を押さえていた布が離れて、絨毛が丸見えになってしまい(ヘアだ、オ○ンコのヘアだ!)目を輝かせ(やりたい。あいつとオ○ンコやりたい…)皆が考えている。
やがて、主催者の大宮が「皆様、我が出版社の記念パーティにお出で頂き、ありがとうございます…」月並みな挨拶を始めていく。

 その頃、控え室では「許して下さい。フルヌードで出るなんて、出来ません!」泣いている宏美だ。
「やるのよ。千夏だって素っ裸同然で出席しているのよ。やらないなら、オ○ンコビデオを売ってもいいのね?」恵子が脅している。

 「それは、やめて下さい…」
「だったら、やらないと。ここでの事は秘密になっているから、オ○ンコビデオを売られるよりはいいでしょう?」
「わかりました。ヌードでやります…」泣きながら返事をすると「それなら、準備して。早くしないと遅れちゃうから」ヌードを催促される。

 「わかりました…」宏美は着ている服を脱ぎ、全裸になっていく。
「ショーは15分ぐらいでいいそうよ。その後は、会場での接待を頼むわ」
「触られるのですね?」
「そうよ。オ○ンコとオッパイを触らせるの。そうすれば、出演依頼が増えるから」
(イヤ、もうテレビなんかに出なくてもいい!)泣き出したい気持ちで、例の黒いベルトで下半身を隠して、薄い生地のガウンを着込んだ。

 パーティ会場では乾杯が行われ、話が弾んでいた。
「それでは余興を始めます」司会者の声がすると「いくわよ、宏美!」2人はパーティ会場に入った。
(あれは、宏美さんだわ…)千夏は気が付いた。
(千夏が見ている!)宏美も気が付いた。

 「これより、テレビでおなじみの安田宏美さんのショータイムです」音楽が鳴り、それに合わせて、中央に進み出て踊っていく。
だが、誰もそんなのを見ようとはせず、世間話をしている。
宏美はそんな中で、ガウンを脱ぎ、乳房を露わにすると「ストリップか!」声が上がった。

 「パイパンじゃないのか?」
「ヘアがないぞ!」次第に宏美に注目が集まった。
(見ないで。これだけは見られたくないのよ)乳房を揺らせて、腰のベルトを外していくと「パイパンかな?」「少しは生えているだろう」股間に注目が集まった。

 (見られる。生えてない性器を…)宏美は淫裂を押さえるベルトを退けた。
「おー!」会場に歓声が響いていくが、それでも音楽に合わせて踊っていく。
足を上げ、恥ずかしい部分を惜しげもなく晒していた。

 「凄いや、パイパンだなんて信じられない!」
「本当だったんだな。パイパンタレントの安田って!」肉襞が揺れる股間に、目が釘付けになっている。
(見ないでよ。性器は見られたくないのよ…)顔を強ばらせて、音楽が終わるまで踊り続けた。

 「ありがとうございました。安田さんは会場で皆様の接待をお願いします。次は…」またショーが始まったが、皆が、全裸の宏美を取り囲んでいる。
「いいね。いつも裸でやってくれるのかい?」後ろから両乳房を掴まれた。
「お呼びがあれば、やります…」項垂れたまま返事をする。

 「こんな事も、いいのかな?」
「あっ、指は入れないで。触るだけです。オチンチンしか入れたくありません!」作り笑いをしている。
「それだったら、俺のを入れさせて貰えないかな。気持ちいいぞ!」

 「ダメです。むやみにセックスはしない主義ですから…」
「残念だな。こんなに、いいオ○ンコなのにな」
「どれ、俺にも確かめさせてくれよ」
「俺もだよ」宏美を取り囲んだ招待客達は、代わる代わる宏美の乳房と淫裂を触っていく。
(そこは触らないで下さい!)拒めずに作り笑いをしている宏美だ。

 「向井君、君もやるかね?」大宮が声を掛けてきた。
「許して下さい。ヘアを剃るのはイヤです…」
「そうだろうな。ところで、今度映画に出演するんだってね?」
「はい。出させて貰う事になりました」

 「あの写真集だけど、封切りと同時に売り出したいが、いいかな?」
「はい。かまいません」
「それはよかった。お願いなんだけど、君のも見せて欲しいな」
「ここでは何ですから…」
「ここではイヤか。だったら、こっちで見せてくれ」

 「はい」大宮の後を追い、会場から出て別な部屋に入った。
「これで、よろしいでしょうか?」胸を広げ、乳房を露わにしていく。
「いいね、これが…」乳房を撫でながら乳首を吸うと「あ、あ、あ!」千夏は声を上げた。
「やりたいな。やらせてくれよ!」

 「許して下さい。セックスはしたくないんです…」
「オ○ンコがダメなら、口でやってくれよ」
「それなら、かまいません…」大宮の前にひざまづき、肉竿を口に含むと「ウグ、ウグ!」頭を動かしていく。
「いいよ、気持ちいい!」千夏の乳房を撫でながら登りつめて、放出を始めた。

 (イヤ、精液なんて飲みたくない!)口を抜くと「オェ~!」ハンカチの上に吐き出した。
「何だ、飲めないのか?」
「イヤです。精液を飲むのはイヤです!」
「仕方ないな、いずれ飲みたくなるさ」服の乱れを直すと、2人は部屋から出た。

 それから暫くして、宏美が数人に連れ込まれたが「うぐ、うぐ!」口を押さえられている。
「俺からだぞ!」テーブルに足を垂らせて寝かされた。
(やめて、これはレ○プよ、犯罪よ!)叫びたいが口が塞がれ、声にはならない。

 「それ!」肉竿が押し込まれ「う~!」無理に押し込まれ痛みで顔を歪めている。
「小さいくせに、丸出しにして」乳房も鷲づかみされた。
「ホントだよな。でも、オ○ンコを丸出しの勇気は褒めてやるぜ」腰の振りを早めて、子宮の中に放出されてしまった。

 「次は俺だ!」白い液体が流れ出る淫裂に別な肉竿が入った。
宏美は抵抗する気など消え失せている。
「そうだ、おとなしくオ○ンコさせろ!」腰の振りを早め、次々と淫裂の中に出されて、放出を終えると男は出て行き、宏美だけが残された。

 「レ○プされた!」股間を手で押さえ、恵子の元へとフラフラしながら歩いて顔を見るなり「恵子さん、レ○プされたの。レ○プされてしまったのよ!」泣きだしてしまった。
「レ○プぐらい我慢しなさいよ。芸能界は何でもありなのを、知っているでしょう?」
「う、う、う!」恵子の言葉にまた泣き出した。

 「あれ、飲んでいるから心配は要らないはずよ、それより、オ○ンコを拭いたら戻らないと」ハンカチで淫裂を拭いていく。
「あら、こんなに出したんだ。相手は誰だか分かる?」
「はい、わかります。歌手のフォーライブです…」
「ああ、あの4人ね。後は任せて。ほら行かないと!」
「はい、行きます」淫裂を拭き終えると宏美は会場に戻った。

 「さてと、あのマネージャーと交渉だわ」恵子はマネージャーを探し出し、交渉を始めた。
恵子の話に驚いた顔のマネージャーは4人から話を聞いて、真っ青な顔で再び現れた。
そして、慰謝料と口止めとして、800万の支払いを約束した。
「こういう手も、あったんだわね」笑顔で恵子は大西に連絡した。

 それから1ヶ月後、千夏はクランクインして撮影が始まっていた。
「いいね、しっぽり濡れるシーンだからね」
「はい、うまくやってみます…」着物姿の千夏は競演の伊藤を相手にして、演技を始めると、伊藤が千夏の帯を脱がし、胸を広げた。

 「奥さん!」白い乳房を掴んで言う。
「だめ、いけないわ。だめ。あ、あ、あ!」声を上げていく。
乳房を掴んだ手は下に伸び、下半身を剥き出しにしていく。
(やめて、ヘアが見られてしまうわよ)カメラがギリギリのところまで撮っていく。
「いけないわ。だめよ!」股間を触られながら演技をしていく。
「OK!」(危なかったわ…)急いで服で胸と下半身を隠した。

 「次は入浴シーンです。フルヌードをお願いします」
(いよいよ、全部脱ぐんだわ)着ている着物を脱ぐと、下着は着てないから、直ぐに全裸になった。
(ここは見られたくないし…)手で股間を隠していると「手を退けて!」監督から怒鳴られた。
「は、はい!」股間から手を退けて撮影の開始を待つ。

 「カチン!」カチンコが鳴り、全裸姿で立っている千夏を撮していく。
スタッフも黒い絨毛と乳房に目が向いていた。
(性器ばかり見ている!)湯桶でお湯をすくい、体を洗っていく。
そして、浴槽に浸かった。

 「奥さん、一緒にいいでしょう?」
「ダメ、いけません。やめて下さい」怯えた顔をしていく。
「いいじゃ、ありませんか…」伊藤は浴槽に入った千夏を抱きしめた。
「いけない、いけません!」首を振るが伊藤の肉竿が淫裂に押し当てられている。
(やめて、そんな事はしないで)

 (いいじゃないか。やらせろよ)「奥さん!」唇を吸いながら腰を押しつけてきた。
(オチンチンが膣に入っている…)更に押し込んできた。
(ダメ動かさないで!)腰を振っているのか、お湯が波打っている。
「わ、わかったわ、今回限りよ。今回限りと誓って!」
「誓います」伊藤は肉竿を抜いて立ち上がり、千夏も立ち上がり、2人は立ったまま抱き合っていく。
「OK。次ぎ行きます!」

 こうして、撮影は進み布団が敷かれたセットが用意された。
(本気でやる気だわ、あの人!)伊藤の目を見ると目が輝いている。
「用意!」「カチン!」撮影が始まった。
2人は生まれたままの姿で抱き合っていく。
「奥さん」「今回限りよ」乳房を掴まれながら声を出していく。

 (入れないで、オチンチンは入れないで!)「あ、あ、あ!」声を上げた。
「いいわ、いいわよ」台詞を言っているが、それに合わせて肉竿が動いている。
(ダメ、動かさないで。見られたら困るのよ!)カメラは2人の行為を脇から撮っている。

 千夏は見られまいと、足を絡めて伊藤の腰を押さえていく。
それが返って、周りから見えてしまった。
(本番している!)スタッフの顔色が変わった。
しかし、監督にも見えているが、止めようとはせず、むしろやらせようとしている。

 「ダメ、変になるわ。これでやめましょう」
「ダメです、奥さん、最後までしましょう」伊藤の腰の動きが早まった。
(ダメよ。出さないで、出されたら私の立場がないわよ)乳首も吸われ、背中を反らせていく。
「奥さん!」動きを止めて唇を重ねた。
(イヤ、イヤよ、お腹に出してどうする気よ!)泣き顔で唇を受け入れている。

 「OK!」サインが出た。
「よかったぜ!」伊藤が起きあがると千夏は急いで手で股間を押さえた。
(射精されてしまった…)その後、タオルを体に巻き付けセットから出た。

 そして、撮影も順調に終わって映画が封切られ、それと同時に、全裸の写真集も売り出された。
「イヤ、恥ずかしくて町を歩けない!」ヘアを晒した千夏の写真が町に溢れている。

 その宣伝効果のおかげで、映画の興行成績もよかった。
「すごいや。ホントにやったんじゃないの?」迫力ある伊藤との絡みに観客も驚いている。
好評に気をよくした映画会社は、また千夏と伊藤のセックスシーンを取り入れた新作を発表した。

 勿論、新作発表会も行われ、記者会見が済むと千夏は競演の伊藤に呼び出された。
「これからも映画がやりたいんだろう。今夜は俺に付き合えよ」高飛車な姿勢だ。
「わかりました。今夜だけですよ」千夏は三沢から前もって、仲良くするよう言われていたので従うしかない。

 暗闇を伊藤が運転する車に乗り伊藤のマンションに向かった。
伊藤は独身で部屋には誰もいない。
「脱げ、やらせろ!」いきなり千夏を押し倒し服を脱がしていく。
「イヤ、こんな乱暴はイヤ!!」抵抗をしていると「うるさい。黙ってオ○ンコさせろ!」スカートを引き下げた。
「やめて、お願いです!」パンティを押さえたが無駄だった。

 あっけなく、下半身が剥き出しにされて絨毛が撫でられている。
「やめて、お願いです!」
「映画を続けたいんだろう。おとなしくオ○ンコさせろ!」強引に淫裂に肉竿が入り込んで「ウー!」裂ける痛みに呻き声を上げた。

 「いいね、こんなやり方も…」肉竿は全てが入り込みピストンしていく。
「う、う、う!」悔しさに嗚咽を上げていく千夏だが「ほら、素っ裸だ。素っ裸になるんだよ」上半身も脱がして全裸にした。
「いいね、オッパイも!」乳房を鷲づかみしながら腰を振っていく。
こうして、千夏は明け方まで伊藤から辱めを受けた。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
記事数メーター