fc2ブログ

「堕ちたアイドル」第11話 露出訓練

第11話 露出訓練

 収録は1時間程で終わった。
「約束だ、やらせろ!」宏美はセットの陰に連れ込まれた。
「軽くですからね。それにお腹には出さないで下さい…」足を広げ背中を向けた。
「わかっているじゃないか!」チャックを引き下げ、肉竿を取りだす。

 「うっ!」堅くなった肉竿が淫裂に入り始めた。
「気持ちいいぜ。どれ、行くか」腰の動きが早まり淫裂が音を出している。
(やめて、もうやめて!)乳房も揉まれる。
「もうすぐだ、もうすぐ終わるから我慢しろ…」そして、動きが停まった。

 「ダメ、出さない約束です!」膣の中に暖かい液体が漂っている。
(お腹の中には、出さない約束だったのに…)肉竿が抜かれ手で淫裂を押さえている。
そして、スタッフの前に戻ると「好きなんですね。もう、オ○ンコを済ませたんだ」手で覆った股間を見ていると指と指の間から白い液体が流れ出ている。

 「安田さん、僕にもさせて貰えませんか。妻が妊娠していて、たまっているんですよ」スタッフが宏美に抱き付き、乳房を揉んでいく。
「そんな、私は売春婦じゃありませんから…」当然宏美は拒んだ。
「何言っているのよ。仕事でしょう、セックスぐらいやらせて上げて。これも仕事よ」恵子が強い口調で言う。

 「マネージャーさんは、物わかりがいいな。これからも仕事したいんでしょう?」チャックを引き下げ、宏美を四つん這いにした。
「行くぞ!」
「あ、あ、あ!」射精されたばかりの淫裂に、また肉竿が入り込んでいく。

 「凄いわ、本当にセックスしている!」女性スタッフ顔を赤らめ、声を上擦らせながらも食い入るように、淫裂に入り込む肉竿を見ていた。
「セックスを見た事ないのか?」ピストンしながら言う。
「はい、初めてです…」興味があるのか、見続けている。

「そうか。だったら、もうすぐ面白いのを見せるからな」腰の振りを早めていく。
「イヤです、お腹の中にはイヤです!」
「我慢しなさい。せっかくの仕事よ。薬飲んでいるんだから平気でしょう?」
(だったら、あなたがセックスしなさいよ!)叫びたいのを堪える宏美だ。

 やがて、「うー!」肉竿を入れたまま、動きを停めた。
「出したぞ、抜くからよく見ろ!」肉竿を抜くと淫裂からドット精液が流れていく。
「これが射精ですか?」女性スタッフが指さす。
「そうだ。ほらこうなんだぞ」指で淫裂を広げると、肉竿が入り込んだ膣は、ポッカリ空洞が出来ており、ピンクの皮膚が白い精液で濡れている。

 「見ないで下さい。セックスした性器は見ないで!」宏美は嫌がるが、更に広げられ「いいか。これが射精されたオ○ンコだよ!」女性スタッフも、食い入るように見ている。
「う、う、う!」あまりの事に、宏美は嗚咽を上げている。

 「薬を飲んでいるからいいけど、子供が出来るからな」その言葉に頷くスタッフだ。
「どうだ、俺と不倫しないか?」射精したスタッフは、宏美の淫裂から手を退け肉竿を仕舞い込んでいく。
「イヤです、不倫だなんて。ちゃんとお嫁にしてくれる人とならしたいけど…」

 「何だ、純血主義か。そんな事言っていると、逃げられちゃうぞ。オ○ンコさせてから迫る手もあるんだからな」チャックを引き上げて、何もなかったような顔をしている。
(勝手な事言わないで。何が不倫よ、ただセックスしたいだけじゃないのよ)淫裂を拭き、服を着終え、テレビ局を出たのは2時を過ぎていた。

 この事で、宏美と千夏には休む暇もなく仕事が入ってきた。
翌日、事務所で「千夏、今回は舞台だ。初めてだな」三沢が話している。
「舞台ですか、ヌードはないですよね?」
「それが、あるんだよ。今回はヘアは出さなくてもいいから、オッパイは出して貰うそうだ!」

 「大勢の前でヌードなんて、イヤです!」瞬時、泣き顔に変わった。
「オッパイくらいでどうするんだ。宏美はオ○ンコも見せるんだぞ!」
「私、そんな事出来ません!」聞いた宏美の顔が一瞬に震えている。
「イヤでもやって貰うよ。逆らったら責任持たないからな」大西も強く出た。
「許して下さい。大勢の前ではヌードになりたくありません…」泣きながら頼み込むむ2人だ。

 「慣れれば平気だよ。慣れて貰わないと困るな」
「社長、それでしたら特訓をしましょうか?」
「いいね、裸に慣れる訓練か。それなら、今日から特訓開始だ。2人には3日間休暇を与えるから頼んだよ。早速やってくれ」
「わかりました。私達にお任せ下さい」三沢夫婦は笑顔になっていた。

 「聞いた通りだ。早速始めよう」三沢夫婦は千夏と宏美を車に乗せて走りだした。
「あなた、顔が知られたら困るわね…」
「そうだな。特訓の間はサングラスで顔を隠した方がいいか…」車を眼鏡店の前で停め買い込んできた。

「これを掛けて。それから素っ裸になるのよ」
「見られます。ここは人が通るんですよ!」
「だからいいのよ。ほら、脱ぐのよ!」恵子に言われれば2人は逆らえない。
「う、う、う!」サングラスで顔を隠し、服を脱いでいく。

 ブラジャーをしてないから、簡単に乳房が露わになり、千夏と宏美は嗚咽を上げながら手で胸を隠している。
「それくらいで泣くな。早くオ○ンコも出すんだよ」渋々、2人は下半身も露わにしていく。

 「ピー!」2人の裸に気が付いたのか、脇を走っている車がクラクションを鳴らした。
「気づいたぞ、お前達の裸が気に入っているな」
「イヤ、見ないで下さい!」恥ずかしさに手で胸を隠した。
「隠すな、じっくり見せてやれ!」千夏と宏美は手を退け、乳房を晒していると「ピー!」「ピー!」クラクションが次々となっていく。
(見られている、オッパイを見られている…)涙を流しながら、全裸になった2人は両手で股間を押さえていた。

 車は混雑する道路から別れて、ビルの地下駐車場に入っていく。
「降りろ、ここから散歩だ!」
(見られる。フルヌードを見られてしまう…)2人は怯えているのか、体が震えている。
「ほら、オ○ンコから手を退けろよ。顔はわからないから安心していいぞ」三沢夫婦もサングラスを掛けて身元がわからないようにした。

 4人は車を降りて、地下からビルの中に入っていく。
「見ろよ、素っ裸裸じゃないか!」
「オ○ンコだ!」2人の全裸に気づいて声が上がり、その声につられ、皆が振り返っている。

 「ホントだ、素っ裸だ!」
「パイパンだ!」歓声が上がり、あっという間に取り囲まれ(見ないで、恥ずかしいから見ないで…)乳首が堅く膨らんでいる。
「いいね、あのヘアが」
「イヤ、パイパンがいいよ。オ○ンコはヘアのない方が好きだな」勝手な事を言う中、4人は歩いてエレベーターに乗り込み、最上階へと向かう。

 エレベータが止まりドアが開いて「キャー!」開くなり女性の悲鳴が上がった。
「どうした。あっ、あー!」悲鳴と驚きの声をあげ、呆然と立ったままだ。
無理もなかった。いきなり、全裸の2人が現れたのだから当然だ。
その驚く人々の前を、乳房を揺らせて歩いていく。

 「見ろよ、素っ裸だ!」その声に一斉に眼が向き「あんた、恥を知りなさいよ!」中年の女性が2人に注意した。
「いいじゃないか。裸を見せたいんだから、やらせろよ!」取り囲んだ男達が言う。
「見せたかったら、ストリップ場でやりなさい。ここは公衆の場よ!」
「そうよ、裸になりたかったらソープでやりなさいよ。この恥知らず!」罵声が飛んだ。

 (私だって裸になんかなりたくないわよ…)下を向いて歩く千夏と宏美の目から涙が流れている。
そんな2人をからかうように、三沢夫婦はわざと、人がいる方へと歩いていくと「見ろよ、素っ裸だ!」カメラを持った青年が、2人の全裸を撮りだす。

 (お願いだから、ヌードを撮らないで!)手が淫裂に伸びた。
「隠さないのよ、撮らせなさい!」
「でも、性器だけは許して下さい…」
「どうせ、ぼかしが入るでしょう。退けるのよ」震える手が、股間から退けられた。
「いいよ。ヘアオ○ンコとパイパンオ○ンコが並んで!」興奮美味に撮っている。

 三沢夫婦は最上階を一周してから地下に戻ってきた。
車に乗り込むと「うー、うー、うー!」むせび泣いている。
「これくらいで泣くな。もっといい所に連れて行ってやるから」また、走り出すと道2人の裸に気づいたのか「ピー!」クラクションが鳴らされていく。
(見られている、オッパイを…)項垂れたまま、両手で淫裂を押さえている。

 「あら、まだ恥ずかしいんだ。時機に慣れるわよ」
「そうだよ、すぐに慣れるさ」三沢はハンドルを左切り、脇道に入ると緑のフェンスが張られ、テニスコートが数面ある。
「学生みたいだな…」
「そうみたいね。きっと面白いわよ、初めて生でフルヌードを見るから」コートでは男子高校生が練習している。

 「降りて。タップリ見せてあげるのよ」車が停まり恵子が降りていく。
「ほら、行くんだよ」三沢に急かされ、項垂れたまま降りていく。
(イヤよ、子供にヌードを見られるなんて…)2人の膝がガクガク震えていた。

 4人はフェンスの中に入った。
「お、オ○ンコ!」1人が大きな声を上げると、その声で皆の動きが止まり、千夏と宏美を見つめていく。
皆が呆然となり、打ったボールが点々とコートを弾んでいる。

 「この2人が、君たちにと一緒にテニスがしたいんだって。しかも素っ裸で!」三沢の言葉に皆が顔を見合わせた。
「いいよ、その変わり…」言いにくそうだった。
「あら、触りたいんだ。いいわよ、こうしても!」恵子は宏美の乳房を揉んでから、淫裂を指で広げていく。
(いや、やめて下さい!)顔を背けた。

 「いいんですか。そんな事しても?」股間が膨らんでいる。
「いいわよ。そうだ、男女ダブルスで、一本取るごとに触るなんてどう?」
「いいよ。やろうよ、僕が先だ」
「俺だよ、俺が先だよ」
「待てよ、ジャンケンで決めよう」高校生達はジャンケンをして順番とペアを決めているが、千夏と宏美は靴を脱ぎ、素足でコートに立たされた。

 「行くよ!」サーブが宏美を襲う。
「えい!」ラケットを振るが空を切った。
「触ってもいいんだよね?」サーブした生徒が、笑顔で千夏の両乳房を掴んで揉んでいく。

 「優しくして。そんな強くされると痛いの…」顔を歪めて言う。
「わかった。でも、オッパイって柔らかいんだね」味わうかのように揉んでいく。
「始めようよ、今度は俺がサーブだぞ!」乳房を揉んでいる姿に羨ましく思い催促した。
「わかった、いいぞ!」満足げにラケットを構えた。

 サーブは千夏を狙って「えい!」やはり空を切った。
やった事にないテニスだから当然だ。
「優しくよ、痛いからやさしくよ!」乳房が強く揉まれて、顔を歪めた。
「これくらいならいいでしょう?」力が抜けて、揉んでいく。
「そ、そう、それくらいよ」返事する千夏だ。

 「早くやれよ、後がつかえているんだ!」
「わかった、やるよ!」またサーブされ、今度は淫裂が触られていく。
「オ○ンコだ、オ○ンコを触った!」膨らんだ股間にシミが出来ていく。
「出ても恥ずかしくはないわ。男はそれが普通よ。いずれわかる」恵子が射精に気づいて慰めている。

 「そうだよ。オ○ンコを初めて触ったんだ、当然だ!」
「良かった。おれ異常かと思った…」安心して触っていく。
「早くやれよ、俺もオ○ンコ触るんだから」
「わかったよ」またサーブされた。
「やった、オ○ンコだ!」初めて触る淫裂に手が震えている。
(やめて、性器は触らないでよ!)淫裂が触られる2人も膝がガクガク震えていた。

 こうして、2人は次々と淫裂と乳房を触られた。
「全員、触ったか?」
「はい、ありがとうございました」
「そうか、見て貰ったお礼に、一発やるか!」
「いいわね、見せてあげて!」三沢はチャックを引き下げ、宏美の背中に立った。

 「やめて下さい。セックスを見られるのはイヤです…」小さな声で言う。
「我慢しろ、性教育にもなるし…」肉竿を淫裂に押し込んでいく。
「入っていく…。チンポがオ○ンコに…」宏美の前に屈み込み、結合部を見つめていく。

 無毛の淫裂だから、入り込んでいるのがよく見えており「あ、あ、あ!」高校生が見ている前でのセックスに声を上げていく。
「気持ちいいだろう、オ○ンコが?」
「は、はい、オ○ンコがいいです…」宏美は屈辱で涙が流れている。

 それでも三沢はピストンを始めた。
「ピチャ、ピチャ!」淫裂からは湿った音がしている。
「凄い、俺もやりたい!」股間を押さえている。
「今はダメ。大人になったらしていいけど。オナニーしたかったら、していいわよ」

 「わかった、やらせて!」一斉にチャックが引き下げられ肉竿が掴まれた。
(セックスを見ながら、オナニー何て、しないでよ!)宏美はピストンされ、その前で肉竿が擦られていく。
「イヤ、出さないで!」高校生の肉竿が次々と噴射していく。

 「俺も出すぞ!」三沢の動きが停まり「ポタ、ポタ」淫裂から液体が落ちていく。
(射精された、人前で…)宏美の涙が更に流れていく。
「終わったぞ」肉竿が抜かれた。
「凄いや、こんなに出るんだ!」淫裂から流れ出る精液に感心している。
「そうよ、こんなに出るのよ」恵子が宏美の淫裂を拭いていく。
それが済むと「戻ろう」4人は車に戻ったが「う、う、う!」屈辱に嗚咽を上げる続ける宏美だ。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
記事数メーター