fc2ブログ

「淫らな山村」第10話 キューピット 

第10話 キューピット
  
 音楽が鳴りやむと「久恵、良かったよ。とても…」順次は息が荒い久恵に抱き付いた。
「イヤよ、順次でもいや。見るだけと言ったでしょう!」
「俺でもいやか?」
「怖いの。男が信用できないのよ…」

 「そう言うな。俺が久恵を元通りにしてやるよ」順次は乳房に顔を埋めていく。
「やめて、恥ずかしいわよ。百合や淳子が見ているのよ」
「大丈夫だよ、百合も淳子もやるんだから」その言葉通りに百合と淳子も西川と今野に抱き付かれ、乳房を掴まれている。

 「いいだろう、久恵!」押し倒され、肉竿が押し込まれた。
「い、痛い。裂けそうなのよ!」
「直ぐに気持ちよくなるよ。この前みたく…」肉竿がゆっくりと動いていく。

 「俺もやりたいよ」「俺もだ」淳子と百合も押し倒され肉竿が入り込んで「出さないでね、お願いだから…」上擦った声で言う2人に「わかっているよ」ピストンが始まった。
すると「いいわ、気持ちいい!」「私も感じる!」3人は体を反らせて、声を上げていく。

 「奥さんは、自分で行くんだよ。指でね」
(いやよ。オナニーなんて、しないわよ!)そう思うが3人の「あ、あ、あ!」喘ぎ声に自然と指が淫裂の中に入って、もう片手が、乳房を撫でていく。

 それに、自然と呼吸が速まり、鼓動も高まっていく。
(変な感じだわ、指でも膣が濡れていく…)指がベトベトになっている。
(欲しいわ、私もセックスしたい!)俊樹の顔を浮かべて指が2本になった。
その前では「行く、行くわ!」呟くような声を上げている。

 しかし「いやー!」「キャー!」3人の悲鳴で快感が停まった。
「約束が違うわ。出さない約束だったでしょう!」泣き顔で、淫裂を手で覆うが、指と指の隙間から白いベトベトした液体が流れている。

 「責任取るよ。だから、もう1回出させてくれよ」
「いや、もう中絶はしたくないのよ!」叫ぶが、順次はまた覆い被さった。
(凄いわ。出したばかりなのに、膨らんでいるわ…)指が再び動き出す。

 「淳子、俺も責任取るよ!」「俺もだ!」今野と西川も元気な肉竿をパートナーの淫裂に押し込んでいく。
「ダメ。間違いなくできる日なのよ。いやー!」叫ぶが、入り込んだ肉竿がピストンしている。

 (俊樹さん、私も妊娠したい。出して、一杯出して…)指が激しく動きだし(そうよ、早く出して!)腰が浮き、指が根本まで入っている。
だが、「いやー!」「出さないで!」また悲鳴が上がった。

 「奥さんとやってもいいぞ。やりたかっただろう?」順次の言葉に、その悲鳴は直ぐに収まった。
「そうよ。これが楽しみ出来たんだからね」3人は良美に抱き付いていく。
「膣は私からよ。2人はオッパイでやって!」

 「仕方ないわ、次は私よ」淳子の指が良美の淫裂に入って「あ、あ、あ!」(いいわ、気持ちいい!)淫汁が更に流れている。
久恵達は、代わる代わる、良美の淫裂と乳房を触ってく。
 
 「もういいだろう、それくらいで。もう1回やらせてくれよ」
「いや、もういやよ。また出すつもりでしょう?」久恵達は手でしっかり淫裂を押さえている。
「わかった、もうやらないよ。それより、それより出かけるぞ!」

 「待って、準備するから」3人は淫裂から流れ出た液体をティッシュで拭き「もう出てこないわ」淫裂を拭き終えると服を着ていく。
良美もメッシュのボディスーツを着ようとしたが「奥さんは着なくていいよ。素っ裸のままで出かけるから」

 「お願いです。これ以上は、恥ずかしい思いをさせないで下さい…」泣きながら言うと「だったら、毎週3人とレズをやれるか?」良美の顔が強ばったが、それとは反対に久恵達の顔が笑顔に変わった。
 
「そうよ、相手をしてくれるの、くれないの?」語気を荒立て乳首を潰す久恵だ。
「ヒー。します。レズの相手をします…」そう言うと「そうよ、それでいいのよ」指が退られた。
「久恵、その変わり、俺にオ○ンコさせてくれよ」

 「私だけ、セックスするの?」
「3人だよ。淳子も百合もオ○ンコさせるんだぞ」
「淳子に百合。どうしよう?」
「どうしようと言われても。これで終わりはいやだし…」
「私もよ。セックスはいやだけど、奥さんとやれるなら我慢しないと…」渋々承知した。

 「決まったな、西川、服を頼むよ」西川は車から服を持ってきた。
「それを着てからだからね」(そんなの、着たくはないけど)イヤだったが従うしかなく、役目をしないメッシュのボディスーツを着ていく。
「いいわね。オッパイと性器が丸見えで…」食い入るように見つめていた。

 (見たければ、勝手に見なさいよ!)開き直って服を着ていくと「終わったか、行こう」順次達は良美を車に乗せて走りだした。
「どこへ行くのですか?」
「ちょっと、奥さんのヌードを撮りにね」

 「もうヌードは許して下さい!」泣き出してしまった。
「何でもするって、言っていたじゃないか。そう約束したぞ」
(そうだった。そう言ってしまった…)後悔するが遅かった。
「ヌードになりますから、せめて、誰もいない所での撮影にして下さい…」大粒の涙を流していく。

 「さあ、それはどうかな。相手がある事だし」素っ気なく言う順次だ。
(大勢いるんだ、大勢の前でヌードになるんだ!)震えが止まらない。
「奥さん、またヌードを撮って貰えて嬉しいのかい?」
(ヌードを撮られて嬉しいわけないわよ)「う、う、う!」嗚咽を上げ続けた。

 そんな良美のことなど、お構いなしに車は走り公園の駐車場で停まった。
「着いたよ、降りて」ドアが開けられた。
(イヤ、降りたくない!)イヤがるが後ろから押されて降りた。
「行きましょう、奥さん」腕を掴まれ歩いていく。
 
 公園は平日と言う事で、人はまばらだ。
「これならいいよね、あそこで素っ裸がいいな」指さす先には東屋がある。
(いやよ、ヌードだなんて!)腕を掴まれて歩いていく。
「奥さん脱いで、早く脱がないと人が来るかも」

 「どうしても、ヌードを撮るの?」震える声だ。
「そうです、それより急いで」
(脱ぐしかない、恥ずかしいけどヌードに…)震える指で服を脱ぎだした。
シャツのボタンが外され、ボディスーツが覗き「いいね、オッパイチラリも」西川がカメラで撮っていく。

 (撮らなくていいわよ)顔を背けて、シャツを脱ぐと飛び出した乳房が露わになって、西川はスイッチを押しまくっている。
(性器も撮られてしまう…)スカートのホックを外して引き下げると、下半身が見えて、メッシュのくり抜かれた部分に淫裂がある。

 「奥さんのオ○ンコはいつ見てもいいね」
「本当だよ、奥さんともやりたくなったよ」股間を膨らませながら見ていた。
(見なくていいわよ、それにカメラも要らないわ…)スカートを脱ぐとボディスーツも脱いで、生まれたままの姿になるが、西川はそんな良美を撮っていく。

 「足をもっと広げて。オ○ンコを見せないと!」注文を付けて足を開かせた。
(性器は撮らないで!)顔を背けると「ダメだよ、笑顔でこっちを見ないと」無理にカメラを見させている。
「いいですね、奥さんの笑顔が」西川はスイッチを押しまくった。
 
 撮影は東屋だけでは済まず、良美は全裸のまま歩かされている。
「そんなー!」子供連れの母親が良美に驚いて叫ぶが(仕方ないの、好きでヌードになっているんじゃないのよ…)項垂れて歩いていく。

 「ここでだ、ここがいい!」そこは子供達の遊具が置かれ、その遊具に乗った。
当然、足を広げていく。「キャー!」「素っ裸だ!」子供を連れた母親が悲鳴を上げていく。
「済みません、直ぐ終わりますから」西川は詫びながらスイッチを押していく。

 「イヤねえ。ヘアまで剃って、性器を見せるなんて」
「女性の恥よ、性器を見せるなんてね」良美の淫裂を批評していく。
(そんな事言わないで。私だって性器なんか見せたくないのよ)泣きたいのを堪えて笑顔を作っている。
「これが最後だよ」(良かった、これで最後だし…)撮影が終わり、良美は急いで服を着込んだ。
 
 それから数日後に、順次や久恵達6人が訪ねて来る事になった。
「いやよ、ヌードで出迎えだなんて…」眉間に皺を寄せながら脱いでいく。
勿論パンティ、ブラジャーも脱いで生まれたままの姿になっていく。

 そして、全裸になって待っていると「奥さんいますか?」玄関から声がした。
「今開けます!」鍵を外して中に入れる。
「奥さん、レズしたいんだって。相手をしてあげないと」入るなり言う。

 わかっています。こちらでしますから…」応接室へと迎え入れると「たまんないわ、奥さん!」久恵は乳房を撫でていく。
「脱いでからだよ。久恵。オ○ンコもいいだろう?」
「軽くよ。それに、出さないで」久恵は服を脱ぎだした。

 「淳子、脱ごうよ」
「わかっているわ、私も楽しまないとね」淳子と百合も脱ぎだし、3人は全裸になると良美を寝かせて、抱き付く。
「ん、ん、ん!」乳房と淫裂を、口と指で触られて良美は声を上げだす。

「俺もいいかな?」
「ダメ、男は嫌いなの知っているでしょう。見るだけよ」そう言うと再び淫裂に顔を埋めて舌でなめていく。
「あ、あ、あ!」良美は乳房と淫裂をなめられ、背中を浮かせて声を上げていく。
3人は尻を突きだしたままだで、後ろからは淫裂が丸見えになっていた。
 
 「やらせろよ、約束じゃないか!」順次達は、後ろから淫裂に肉竿を押し込み「うっ!」呻き声を上げながらも、拒もうとはしない。
「気持ちいいよ、凄くいい!」そして、ピストンを早めていく。
それには(気持ちいいわ、凄くいい!)久恵達の淫裂も潤い、淫汁が流れ出ている。
「クチャ、クチャ!」肉竿が動く度に音がする。

 だが、突然、肉竿のピストンが停まり、それと同時に「いや、いやー!」「出さないで!」悲鳴を上げるが、肉竿が抜ける事は無かった。
そして3、個の淫裂から白い液体が流れてきた。
「出さない約束じゃないのよ」不満げに言う久恵だ。
「そうよ、出来たらどうするのよ。危ない期間なんだからね」百合も言う。

 「だったら、産めよ、責任取るよ」
「バカ言わないで、絶対に産まないわ。中絶してでも、産まないからね!」
「そうよ、私も中絶するわ!」
「そうか、イヤか。仕方ないな、素っ裸を撮らせて貰うか!」
 
 順次は久恵を立たせて、羽交い締めにしていく。
「イヤ、撮らないで、裸を撮らないで!」叫ぶが無駄で、西川がカメラで久恵の全裸を撮っていく。
「う、う、う!」淫裂から精液を垂らした姿も撮られていく。
「次は百合だ!」百合も羽交い締めにされ、全裸や精液を垂らした淫裂を撮られ、勿論、淳子も全裸を撮られた。

 「消して。お願いだから、消して!」
「中絶しないと誓え。そして、妊娠がわかったら消してやるよ」順次は久恵の乳房を撫でだす。
「イヤ、産みたくない!」
「ダメだ、俺の子を産むんだ!」
「淳子と百合も産むんだぞ!」
「イヤ、産みたくない!」泣き続けていた。

 「泣かなくてもいいよ。奥さんとレズってもいいよ。男とはダメだけどな…」
「そうだ。暫く考えろ」順次達はズボンを直すと出て行き、全裸の4人が残された。
「間違いなく出来てしまうわ、危険日なのに…」
「私もよ。男は嫌いなのに…」久恵達は泣きながら脱いだ服を着込んでいく。
 
 それまで黙って聞いていた良美が「産みなさいよ、あの人達の子を…」突然言いだした。
「でも、許せないわ。ヌードを撮ったのよ。それに、脅迫しているのよ」

 「だったらどうするのよ。中絶するの?」
「そんな事したら、写真が…」
「だったら我慢しないとね。あの人達、結構あなた達が気に入っているみたいよ。それに、悪い人じゃないわね」
「それはわかっている。とても優しくしてくれるけど…」

 「とにかく、病院には行かない方がいいわね。暫く様子を見ようよ」久恵が言うと「そうね、久恵の言う通りだわ。これで、人妻になっちゃうんだ…」
「そうよ、でも、これからも一緒に楽しもうよ、奥さんも…」

 「わかった。相手してあげるわよ」
「良かった、奥さんと出来るなら」再び3人は良美に抱き付いていく。
「いいわ、奥まで入れて!」膣の中に指を入れられて、悶え声を上げていた。

 それからも度々、俊樹の留守を狙って6人が訪ねて来たが、良美は相変わらず全裸での出迎だ。
「お待ちしていました」
「早速楽しませてね、奥さん!」淫裂や乳房を交代で吸い合っていく。
「ん、ん、ん!」最初はイヤだったが、良美も次第に好きになって、順次達はレズを楽しんでいる間、良美を犯す事がなかった。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
記事数メーター