fc2ブログ

「淫らな山村」第11話 豊作祈願祭

第11話 豊作祈願祭
 
 数ヶ月後、暑さも増して周りが緑一色になっている。
畑では、トウモロコシやジャガイモなどの、夏野菜の収穫が始まり、田圃も稲穂が大きく伸びていた。

 そんな矢先に「河合さん、今年の豊作祈願には、奥さんをお願いできませんか…」磯野が訪ねてきて来た。
「豊作祈願ですか、一体何をやるんですか?」
「裸での祈願です。今迄は若い女性がいなかったからやらなかったんですが、今年からやりたいんです」

 「そんな、妻を裸にするなんて出来る訳ないでしょう!」怒り心頭になっている。
「やって貰わないとね。磯野さんだって水がなかったら、米は全滅になってしまいますよ。それでもいいんですか?」

 「それと、これとは別です。水の権は話が付いたんじゃないですか!」
「私はいいんですが、集落がうるさくてね…」
「そんなの勝手です。第一、妻が納得しませんよ」
「そうですか、だったら、仕方ありませんね」引き下がる康夫だった。
 
 だが、康夫はそんな事では引き下がらなかった。
俊樹の留守を狙って良美に頼み込んでいた。
「イヤです、人前で肌をさらすなんて出来ません!」泣きながら言う。

 「そうですか、仕方ありませんね。それでしたらビデオと写真でやりますよ。縛られた写真もありましたよね」ニヤリと笑いながら言った。
「やめて下さい、ビデオだなんて。そんなのは卑怯です」

 「だったら、素っ裸の方がいいでしょう?」良美を抱きしめ胸を撫でていく。
「やめて下さい、大きな声を出しますよ」
「出してもいいですよ、その変わり、写真が旦那に渡りますよ」そう言われれば黙るしかない。

 「そうです。それでいいんですよ」康夫は大胆になり、シャツを捲り上げてラジャーを外した。
「こんなに、綺麗なオッパイですから、皆に見せてあげましょうよ」白い乳房を掴み揉んでいく。

 「やめて下さい、オッパイを触らないで下さい!」
「イヤですか、だったら、オ○ンコを見せて下さいよ」
「やめて、いやです!」強引にズボンとパンティを一緒に引き下げていく。
「いいですね、パイパンオ○ンコが」無毛の淫裂を触っていく。
「ダメ触らないで。やめて下さい!」康夫の手を押さえる事しかできなかった。
 
 「奥さん、裸になりますよね。ならなかったら責任持ちませんよ」指を膣の中に入れてきた。
「人前で肌をさらすなんて…」声を上げて泣きだしてしまった。

 「裸は、あなただけじゃあありませんよ。息子の婚約者も裸になりますから」
「順次さんの婚約者ですか?」
「そうです。知っているでしょう、男嫌いな娘を。何だか、うまく行っているみたいでお披露目するそうです。それに、友達2人もね」

 「でも、俊樹さんがヌードの事を知ったら何て言うか…」
「奥さんから言うのですよ。豊作祈願で裸になりたいって」
「そんな事、私から言えません!」また大きな声で泣き出した。

 「泣いたってダメですよ。裸になるんですか、ならないんですか?」
「やります、ヌードになります…」大粒の涙を流し途切れ途切れに言った。
「そうですか、やって貰えますか。助かります。詳しい事は後日お話します」良美が全裸を承知すると笑顔になって帰っていく。
「俊樹さんが何て言うかしら?」康夫が帰っても泣き続ける良美だった。
 
 康夫は念を押すように、良美だけでなく俊樹にも脅しを掛けていた。
「磯野さん、子供が出来ないのは、精子が無いそうですってすね?」
「どうしてそれを?」驚き顔が引きつっている。

 「蛇の道は蛇と言いますからね。それなりに、情報が入ってくるんですよ」
「それだけは、妻には言わないで下さい…」動揺している。
「だったら、奥さんをお貸し下さいよ。触るだけで、オ○ンコはしませんから」

 「約束できますか?」
「奥さんの素っ裸で充分です。ただ、オ○ンコとオッパイを触りますがね。それに息子の嫁達も裸になりますから」

 「お嫁さんがですか?」
「ええ、いい娘が見つかったらしくてね」
「でも、良美がなんていうか…」項垂れている。

 「そこは男らしく、磯野さんがキツく言って下さいよ。しきたりだって!」そう言い残して去っていった。
「良美の裸を皆に見せるなんて…」頭を抱えていた。 
 
 その夜「俊樹さん、お願いがあるんです…」言いにくそうだ。
「なんだい?」
「今度、豊作祈願祭があるんでしょう。私、やってみたいの。それに、ヌードを皆に見て貰いたいし…」今にも泣きそうな顔で言う。

 「ヌードって、素っ裸だよ。やれるのかい?」
「やらせて。フルヌードを見られたら、どんな感じか体験したいの…」
「わかった、良美だけを裸に出来ないよ。僕も素っ裸になって参加するよ」
「俊樹さんも一緒なら嬉しいわ。安心して、ヌードになれるし…」

 「だったら、ここで裸を見せてくれ。今見たいんだ」
「夜にしましょう。まだ明るいから」
「ダメだ。今、良美の全てを見ながら、セックスもやりたいんだ!」抱き付き服を脱がしていく。

 「ダメ、まだ早い…」だが拒もうとはしなかった。
(ご免なさい、本当は脅されているの。レ○プされたビデオで…)心の中で謝りながら下着だけの姿にされていく。
「これからだな」ブラジャーが持ち上げられ、白い乳房が露わになると、俊樹はそれを掴んで揉み出した。

 「わかったわ。ここでしたいなら、いいわよ」良美も不自由な姿勢でパンティを脱ぎ、下半身を剥き出しにしていく。
「良美、綺麗だよ。これが良美のオ○ンコだね」太股を押さえて広げた。
「イヤ。オ○ンコだなんてイヤ。性器と言って」恥ずかしさで目を閉じている。

 俊樹は良美の淫裂を見つめながら服を脱いでいく。
シャツ、ズボンと全てを脱ぐと「良美、見てご覧よ」自慢するかのように肉竿を見せた。
「あなた、凄いわ。立派よ」俊樹の肉竿が、大きく勃起して波打ち「良美も全部綺麗だよ」淫裂を触っていく。
「あなたこそ綺麗よ」良美も肉竿を触って「良美!」「俊樹さん!」2人は抱き合った。

 そして、豊作祈願祭の日が来て、2人は生まれたままの姿になっている。
「ヘアは大丈夫かしら?」
「大丈夫だよ。綺麗なオ○ンコさ」綺麗に剃り上げられた淫裂を触っている。
「俊樹さんも綺麗よ」良美も無毛にされた肉竿を触っていく。

 「そんな事されたら欲しくなっちゃうよ」一瞬にして肉竿が膨らんでしまった。
「どうせなら、これを見せて。大きく見せた方がいいでしょう」
「でも、限界があるよ、いつまでも膨らむ訳じゃないし」
「だったら、触って、オッパイとか、性器とかを…」俊樹の手を乳房と淫裂に導いていく。

 「いいんだね。立ったままでも?」
「いいわよ。どうせなら、立派な姿を見せたいし…」
「わかった、良美!」両乳房を掴むと乳首を吸いだした。

 「出さないでね。まだ早いから」
「わかっているよ、そろそろ行こうか」
「待って、準備をするから」良美は言われた通りに、白い足袋をを履き、赤い腰巻きで下半身を覆っていく。

 だが、幅が無くチャイナドレスの用に脇が空いており「凄くいいよ、良美。これなら、いいよ」満足そうな顔で、2人は玄関から外に出た。
 
 玄関を出ると、集落の皆が集まっている。
(恥ずかしい、ヌードを見られるなんて…)一瞬にして全身がピンクに染まってしまい、白い乳房もピンクになっている。

 「若さはいいね、あんなに綺麗で。オ○ンコもきっと綺麗なんだろうな。チンポを入れたいよ」
「そうだよな、早く、オ○ンコが見たいよ」男達は良美の乳房を見ながら言う。

 だが、女性達は俊樹の股間ばかり見ていた。
「奥さん、羨ましいわ。あんな、カチカチのオチンチンで突かれるなんて…」
「そうよ、私もあれで抱かれてみたいわ。きっと、気が狂うほどの声を上げると思うけど…」

 俊樹と良美は取り囲んだ連中の話を聞きながら歩いていく。
勃起した肉竿は歩く度に揺れ、女性達が目を潤ませている。
一方、良美も乳房と尻を揺らせながら歩き、Cカップの乳房は左右に激しく揺れていた。

 また、足を出すたびに白い太股が腰巻きから覗いていた。
(やりたい、あの奥さんとオ○ンコしたい!)取り巻き連中の肉竿は皆膨らみきっていた。
 
 家から歩いて行くと、2人の前に磯野が現れたが、磯野は神主姿になっている。
「それでは神事を始めますから、腰巻きを外してください」
(これから性器を見られるんだわ…)震えながら腰の紐を解いて下半身も剥き出しにしていく。

 「オー!」露わになった淫裂に声が上がった。
(見ないで、恥ずかしいから性器は見ないで)太股がブルブル震えている。
康夫は良美が着けていた腰巻きを木の枝に掛けて「神社までお願いします」と言う。
「わかりました」一行は神社へと向かっていく。

 鳥居をくぐり、階段を上っていくと(この前の所だわ)順次と百合に連れられてきた神社だ。
階段を登りきり、社の前に来ると、社は戸が全て開かされ中が丸見えになっている。

 「奥さん、子宝を授かりたい場合はこれでやるんですよ」男性のシンボルの木像を指して言う。
(知っているわよ、抱き付いて膣の中に入れるんでしょう)項垂れて見ようとはしない。

 「祝詞を上げます」磯野は神妙な顔つきで祝詞をあげ、それを皆は頭を下げて聞いた。
祝詞が済むと、2人を御祓いして「奥さん、ここに腰を降ろして足を広げてください」
外向きに腰を降ろさせて足をMの字に開かせた。

 (イヤよ、性器の中まで見られるなんて!)全身が震えている。
「旦那さんも隣に座って下さい」俊樹も同じように腰を降ろさせ、足を開かせたが、勃起した肉竿がよけいに大きく見えている。
 
 「準備が出来ました。それでは祈願をお願いします」その言葉に2人の前に人だかりが出来た。
(見ないで、性器なんて見ないで!)良美の震えが増して乳房も揺れている。

 「いいね、このオ○ンコが…」男性が露わになっている淫裂を触った。
「ダメ、触らないで下さい見るだけです」淫裂を触っている手を押さえた。
「奥さん、触るのがしきたりです」
「でも、勝手に、手が動くんです…」

 「そうですか…。それでしたら、手を後ろに着けて下さい」良美の体が後ろに反っていく。
(返って見られてしまうわ)前よりも淫裂が見えている。
「ほう、ピンクでいいですね」淫裂を指で広げられた。
(やめて、そんな事はしないで!)恥ずかしさで顔を上げられない。

 淫裂の中を触ると乳房も触っていく。
「柔らかいや、若いオッパイが一番ですね」
「早く交代してくださいよ、私にも触らせて下さい」男性達は代わる代わる淫裂と乳房を触った。

 良美は恥ずかしさで顔を上げれなかったが、同じように俊樹も女性に肉竿を触られている。
「堅いわ、カチカチよ!」肉竿の包皮を上下に擦っていく。
「あ、ああ、ああ!」それにはたまらず声を上げた。

 「旦那さん、私の手で出してみる?」
「やめて下さい、まだ出すのは早いですから…」
「大丈夫よ、まだ若いから何回も出せるでしょう?」
「そんなの無理です」放出を堪える俊樹だ。
「それより、早く私にも触らせて!」相手が変わって触られていった。
 
 集落の皆が俊樹と良美を触り終えると「奥さん、旦那さんとここでオ○ンコできますか。やって貰いたいんですが…」
「そんな、急に言われても」考え込む良美だ。
「やって貰えるなら助かりますがね」ニヤリと笑い薄笑いを浮かべた。
(脅している、ビデオの事で…)顔が引きつっている。

 「やろう、良美。この際だから」
「そうして貰えるなら助かります。お二人とも、こちらで抱き合ってください」白い布が敷かれた祭壇に登らされる。

 「恥ずかしいけどやろうよ」
「わかった、俊樹さんとならいいわ」唇を重ね合うと俊樹は白い乳房を撫でていく。
そして優しく揉みながら乳首を吸いだした。

 「あ、ああ、ああ!」(恥ずかしい。でも、見られていると気持ちいいわ)声を上げ、体を反らせていく。
「して、欲しいの」目を閉じて催促した。
「わかった、始めるよ」良美を仰向けに寝かせて覆い被さった。

 「始まったわ、入っていくわよ!」
「羨ましいわね。あんな立派なのでされて…」食い入るように見つめている中で、俊樹はピストンを早めていく。

 「あ、あ、あ!」快感に我を忘れて声を上げ、淫裂からは淫汁が流れていた。
「良美、出すよ、限界だから」動きを止めた。
「ハア、ハア!」荒い息使いの2人だが結合した部分からは白い液体が流れ出ている。

 「出しましたか。それでは、これで受け止めます」淫裂に小さな杯を押し当て流れ出た液体を受けて、女性の木像に捧げた。
「奥さん、安産祈願もしておきますよ」
(しなくていいわよ、まだ妊娠していないのに)黙って淫裂を拭いていく。
 
 「それでは、これからお披露目をします。新しく3人の嫁さんが来る事になりました」磯野の言葉に、浴衣を着た久恵達が現れた。
「久恵、しっかりやるんだぞ!」順次が声を掛けた。
「百合もだぞ!」「淳子もしっかりやれ!」声が掛かった。

 3人は声のする方を見つめ、浴衣を脱いだが、下には何も着けていなかった。
乳房と、綺麗に剃り上げられた淫裂が丸出しになっている。
「いいね、若い嫁さんも」
「そうだね。オッパイが黒いよ、出来ているんだな」
「そうみたいだ。オ○ンコも黒ずんでいるし」確かに、3人のお腹が膨らんでいた。

 「これから、ここに住みますからよろしくお願いします」久恵が代表して挨拶した。
それが済むと3人は全裸のまま取り囲んだ男性の中に入っていく。
「いいね、こんなオッパイが…」乳房が触られていく。
「オ○ンコはダメだよ、子供が出来ているから」
「やっぱり出来ていたのか。それならオッパイだけにするか」久恵達は乳房を揉まれていくと、恥ずかしいのか目が真っ赤になっている。

 こうして、豊作祈願祭が無事に終えると全裸のままで帰った。
家に戻るなり「恥ずかしかったわ。声が出ちゃって!」俊樹に抱き付いた。
「あれくらいは平気だよ」俊樹も抱きしめていく。
「私も赤ちゃんが欲しい、あの子達のように」肉竿を擦っていくが「赤ちゃんか…」戸惑う俊樹だ。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
記事数メーター