fc2ブログ

「淫らな山村」第12話 お百度参り

第12話 お百度参り
 
 豊作祈願祭が終わると、女性だけの寄り合いがあった。
「奥さんのヌードが良かったわよ。旦那さんも立派だったし、毎晩セックスを楽しんでいるんでしょう?」
「毎晩だなんて…。たまにです…」顔を赤らめて応えた。

 「それじゃ、もったいないわね。私だったら、毎晩せがむわ。体力だってありそうだし…」
「そうよね。それに、膣の中にも一杯出されたいしね」勝手な事を言っていた。

 「ところで奥さん、子供は作らないの?」
「頑張っているんですが、なかなか出来なくて…」はじかみながら返事した。
「そうなんだ。だったら、お百度参りをしないとね」

 「お百度参りって、何でしょう?」
「子供が出来るようにお祈りするの、百日やるからお百度参りというの」
「百日ですか…」
「そうなの、1日でも休むと逆効果で子供が出来なくなっちゃうのよ」

 「どのように、するんですか?」
「この集会が終わったら教えてあげるわ」
「お願いします」良美は藁にもすがる思いだった。
 
 そして、集会が1時間ほどで終わると「奥さん、行きましょう」勝代と一緒に集会所から出てこの前の神社に向かった。
「いい、ここからは着ている服は全部脱ぐの。早い話が素っ裸よ、全部脱いで!」
「フルヌードですね」久恵と順次に聞いた通りだった。

 (恥ずかしいけど、赤ちゃんが欲しいし…)着ていた服を脱いでいく。
「全部よ、パンティも脱がないとダメなの」
「わかりました」最後にパンティも脱ぎ、生まれたままの姿になったが、恥ずかしさに乳房と淫裂を隠したままだ。

 「だめよ、そんな隠し事はダメなの」
「だって、恥ずかしいです。フルヌードですから…」
「わかった、私も付き合うわ、今日だけね」勝代も服を脱いでいく。
ブラジャー、パンティも脱いで全裸になった。
(凄いわ、ヘアがビッシリ生えていて…)勝代も良美の目が気になっている。

 「多いでしょ、私は多毛症なのよ。でも隠すような事はしないわよ」言葉通りに全裸を自慢するかのように晒していた。
「服はここに置いて行こうね」木陰に脱いだ服を隠した。
「私もそうするわ」良美も隠していく。
 
 服を隠すと、全裸のまま2人は階段を上りきり、社の前に来た。
「ここなのよ、恥ずかしいけどやるのよ」社の戸を開いた。
「まさか、あれでするの?」久恵から手ほどきを受けていたが、知らない振りをした。

 「そうなの、あれを膣に入れて100回腰を振るの」男性のシンボルを丁寧に擦っていく。
「そんな恥ずかしい事をするなんて!」顔が真っ赤になっている。
「旦那さんと思ってやるのよ。いつものようにね。馬乗り、やっているでしょう?」
「はい、俊樹さんが喜びますから…」

 「だったら、やりなさいよ。ほら!」
勝代に言われ、木像を跨ぎ、目標を定めて腰を沈めていく。
「あ、あ、あ~!」(キツいわ、膣が裂けそうだ!)声を上げながらも全部吸い込んだ。
「100回よ、頑張ってね」勝代が励ましている。

 「1,2,3…」数えながら、腰を振りだした。
「20,21,22…」数が大きくなるに連れ、淫裂の中も潤い、潤滑効果が現れて(痛くない、気持ちいいくらいだわ…)「クチャ、クチャ!」腰を振る度に、淫裂から音が出始めた。
 
 やがて「80,81,82…」終わりが近づき、淫裂からは淫汁が流れ、木像のシンボルもグッショリ濡れている。
(もうすぐだわ、もうすぐ終わりだわ)腰の振りを早めていく。
「97,98,99…100。もうダメ、限界!」腰に振りを止め、根本まで吸い込んでいる。

 「奥さん、気持ちよかったでしょう。こんなに濡らして…」
「誰にも言わないで下さいね、恥ずかしいですから」
「そんな事言わないわよ。私だって、これで毎日感じていたのよ」
「磯野さんも、体験したんだ…」

 「そうなの、誰にも言わないでね。今度は私にやらせて」良美が木像から降りると淫裂から淫汁が流れていく。
「どっこいしょ!」今度は勝代が馬乗りになった。
「いいわ、凄くいい。今日の事は誰にも言わないから、また旦那さんとさせてね」

 「セックスですか?」
「そう、旦那さんとしたいの。あの堅いオチンチンが欲しいのよ…」
「俊樹さんに任せますから…」
「ありがとう、恩に着るわね」勝代の淫裂からも淫汁が流れていく。
こうして、楽しんだ2人は暫く休んでから隠して置いた服を着て自宅に帰った。
 
 翌日から良美はお百度参りを始めたが、俊樹には黙っている。
誰もいない鳥居の前で、生まれたままの姿になって神社の階段を登って行く。
乳房を揺らせ、尻を振りながら登り、階段を登りきると社に入る。
「神様、赤ちゃんをお授け下さい…」祈りながら木像のシンボルにゼリーを塗っていく。

 (痛い思いはしたくないし)丁寧に塗ると、馬乗りになり腰を下げた。
「いいわ、痛くないし…」冷たいが心地よい感触だった。
「1,2,3…」数えながら腰を上下に振っていく。
(俊樹さんとセックスしている感じだわ…)手が自然と乳房を揉みだす。

 「出して、俊樹さん。私のオ○ンコに一杯出して!」数えるのを忘れ、妄想に浸りだした。
「クチャ、クチャ」腰が動く度に淫裂から音が出ていく。それに淫汁も流れていた。

 腰を振り初めて10分ほどすると「行くわ、行く!」叫ぶと腰の動きが止まった。
「ハア、ハア!」荒い息が社に響いている。
「感じたわ。こんなに濡らしてしまった…」腰を上げると、淫汁で淫裂がテカテカに輝いている。
 
 突然「奥さん、そんな事では願掛けにはなりませんよ」男の声がした。
振り返ると近所に住む柴田だった。
「イヤ、見ないで!」慌てて胸と股間を隠した。
「そんな事したってダメですよ。そりより撮らせて下さい」カメラを良美に向ける。

 「イヤ、撮らないで下さい」顔を伏せうずくまった。
「服がどうなってもいいんですか。素っ裸で帰れますか?」
(そうよ、脱いだ服が無くなったら裸のままだわ)顔が強ばった。

 「奥さん、立って下さい。悪いようにはしませんから…」
「約束よ、絶対悪用しないって!」
「約束します。ですからヌードを撮らせて下さい…」
「わかったわ、撮るだけです」服が無いと困るから言われるままにしていく。
「いいですね、そのオ○ンコが!」柴田は全裸の良美を撮りまくった。
 
 「写真はこれくらいにするか」カメラを仕舞い込み、服を脱ぎだした。
「イヤ、レ○プはイヤ!」危険を感じ、股間を手で押さえ後ずさりしていく。
「私にもオ○ンコさせて下さいよ。磯野さんと楽しんだじゃないですか!」

 「そ、そんな事していません!」首を振った。
「知っていますよ、夫婦交換で楽しんだのを」ニヤリと笑い、ズボンを脱いでいく。
(知られていたんだ、あの事が…)奥歯がガチガチ鳴っている。
「奥さんと、前からやりたかったんです」全裸になると、乳房を撫でながら押し倒していく。

 「やめて、それだけは…」淫裂に肉竿が入ってきたが、木像を迎え入れて、道が出来ていたからすんなりと入っていく。
「俊樹さん…」閉じた目からは涙が流れていく。
「泣かなくてもいいですよ、後でわかりますから」肉竿のピストンが始まった。
 
農作業で鍛えた柴田の肉竿は、俊樹と同じくガチガチの堅さで「あ、あ、あ!」腰を浮かせ、声を上げていく。
「気持ちいいでしょう、私のチンポも?」
「良くない、こんなの良くない。あ、あ、あ~!」乳房も揉まれながらのピストンに喘ぎ声を上げてしまった。
 
 同じように、柴田もピストンで登りつめていた。
「奥さんのオ○ンコに出させて下さい…」
「ダメ、お腹には出さないで下さ!い」
「それでしたら、口でやれますか?」

 「やります、お口でしますから子宮には出さないで下さい」
「わかりました、早速やって下さい」体が入れ替わった。
良美は柴田の脇に正座して肉竿を口に含んでいく。「ウグ、ウグ!」頭も動きだした。
「いいです、奥さんの口が…」乳房を揉みながら登りつめていく。

 (出さないで、口には出さないで!)頭を振っていくと、咽の奥に不快感が漂いだした。
「オェー!」堪えきれず、吐き出すと糸を引いた液体が涎のように流れている。

 「良かったですよ、奥さん。また、やらせて下さいよ」柴田は服を着ていくが「う、う、う!」俊樹に詫びるように泣いていた。
「奥さん、そんなに泣かなくてもいいですよ。直ぐにわかりますから」服を着終えた柴田は良美を労るようにしながら一緒に社から出た。
 
 階段を下り鳥居まで来た。
「無い、服がない!」
「当然です、私が隠しましたから」
「返して下さい、見られたら困ります」

 「ここにはありません。行きましょう」腕を掴んで歩かせていく。
「裸ですよ、フルヌードなんですよ?」
「構いません、裸でも。服はここにはないしね」
(行くしかないわ、フルヌードで…)覚悟を決めて全裸のまま歩いていく。

 柴田は山道ばかり歩いていくので人と会う事はない。
「いいですか、声を出さないで下さいよ」柴田の顔を見て頷いた。
それを確認した柴田は、足音を立てないように歩き、良美も、その後を歩いていく。

 突然「いいわ、凄くいい!」悶え声が聞こえた。
(もしかして、セックスをしているのでは?)良美は柴田の指さす先を見て驚いた。
(俊樹さんがセックスをしている!)声を出す寸前だった。
俊樹と柴田の妻が全裸で抱き合っている。

 「河合さん。私のオ○ンコと、奥さんのオ○ンコで、どっちが気持ちいいですか?」乳房を揉まれながら尋ねている。
「どっちもいいです。凄く変な気分で…」
「それなら良かった。今度は後ろからして欲しいの」四つん這いになった。

 「いいですか、行きますよ」腰を押さえ肉竿を押し込んでピストンを始めた。
 「いいわ、凄くいい。河合さんのチンポが凄くいい…」夫が見ているとは知らず、声を上げている。
「奥さんとのオ○ンコが凄くいいです…」

 「だったら、出して。ザーメンでオ○ンコをグジュグジュにして!」
「わかりました、グジュグジュにして上げます」腰の振りを早めていく。
「出します、出します!」動きが止まり、結合部から白い液体が流れ出ていく。
「良かったわ、河合さん」萎縮していく肉竿を口で拭いていく。
「私も良かったです」乳房を撫でてから服を着込んで去って行った。

 「俊樹さんが浮気をしていたなんて…」裏切られたと思い、大粒の涙を流していく。
「浮気じゃありませんよ。妻が無理に頼んだんです」慰めるかのように押し倒した。
「いや。もう、いやです!」

 「服が欲しいんでしょう。私にもやらせて下さいよ」ズボンを引き下げ、再び淫裂に肉竿を押し込んでいく。
「気持ちいいですよ、奥さんとのオ○ンコは何回でもやりたい…」ピストンが早まり、やがて、柴田は2度目の放出を済ますと、隠した服を良美に手渡し去っていく。

 「俊樹さんが浮気だなんて…」残された良美は動揺が隠せなかった。
渡された服を着込み、自宅に帰っても落ち着きがない。
 
 翌日も良美は神社に出向いた。鳥居の前で全裸になって階段を登っていくと「お、奥さん!」男性が驚きの声を上げた。
「子供を授かりたくてお百度参りに来ました…」真っ先に、全裸になった理由を言って社の中に入っていく。

 「そうですか、それはいいことです」太股の間から覗く淫裂を見つめながら言う。
(やりたい、都会育ちの女とオ○ンコを…)気になるのか社を覗き込んでいく。
中では木像のシンボルを淫裂に迎え腰を振っていく。
「22,23,24…」気持ちよさそうに虚ろな顔をしている。

 (そうだ。誰もいないし、奥さんとオ○ンコやっちゃえ!)そっと、背後から近寄っていく。
「奥さん、気持ちいいでしょう。もっといい事をしましょうよ」

 「イヤ、やめて。声を上げるわよ!」
「出したかったら出してもいいですよ。その前にやっちゃいますから」木像から良美を引き下ろして覆い被さった。
 
 「やめて。いや、いやー!」逃れようとするが、淫裂に肉竿が押し込まれていく。
「あ、あ、あ!」目を閉じ、呻き声を上げた。
「旦那さんはいいな、毎晩オ○ンコが出来て」乳房を掴んで腰を動かしていく。

 「ダメ、それ以上動かさないで下さい」
「そうは行かないよ。俺だって奥さんとやらせて貰わないとね。磯野や柴田ばかりにやらせるなんて不公平だよ」

 (知っていたんだ。セックスしたのを…)良美の力が抜けていく。
「オ○ンコには出しません。ですから、安心してやらせて下さいよ」肉竿のピストンが始まった。
(いいわ、気持ちいい)準備が出来ていたから、淫裂の中はヌルヌルになっている。

 「奥さん、オッパイも最高です」乳房を掴み、乳首を吸う。
「あ、あ、あ!」背中を浮かせ抱きしめていく。
(そうよ、俊樹さんも浮気をしているんだから、私もしないと…)深い結合を求め足を限界まで開くと「いいわ、凄く、気持ちいい…」淫裂からは白い淫汁が流れていた。
 
 良美が、お百度参りをしているのは直ぐに広まった。
小さな集落だから無理もないが、男性は全裸姿を見ようと待ちかまえている。
「来たぞ、せっかくだから」カメラで良美を隠し撮りする者も現れた。
(フルヌードを撮られた!)乳房と淫裂を晒し、気づかない振りして通り過ぎていく。
 
 そして、社の木像に抱き付いていく。
「56.57.58。あ、あ、あ!」気持ちよさそうな声を上げていった。
 
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
記事数メーター