fc2ブログ

「天使の微笑み」第4話 2人の秘密

第4話 2人の秘密
 
 「あなた、どうせなら一緒に入りましょう」
「わかった、由加」2人は狭い浴槽に入ったが、何せ、狭いから肌と肌が触れ合う。
「あなたに抱かれたいの」わざと甘えるように体を預けた。
「こうか?」腕を伸ばして抱きかかえる。
(懐かしいわ。昔、こうされたんだわ)懐かしさが込み上げてきた。

 「昔は、由加を抱っこしていたっけな…」
「でも、今は妻ですからね」
「わかっているよ」
「わかったらして。夫婦でしょう?」目を閉じて唇を差し出し、その唇に昭次が押しつけた。
(お父さんと、キスをしているんだ…)由加の鼓動が更に高まっている。

 「これくらいにしよう。明日は早いんだろう?」
「そうね、今夜は休まないとね」2人は浴室から出た。
「あなた着替えよ」「ありがとう」由加の用意した着替えを着込んで居間に向かった。
由加も着替えてから朝食の準備をしていく。
「これでいいわ。後は寝るだけだし」思い通りに運んで、満足げな顔になっている。
 
 その後、朝食の準備をし、電気を消して居間に戻ると「お父さんがいないわ。もう寝たんだ。だったら、私も…」電気を消し、昭次の元へと向かう。
部屋からは、明かりが漏れている。
(そうだわ。どうせなら、ヌードの方がいいかも…)廊下でパジャマを脱ぎだす。
パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になった。

 脱いだ服を寝室の入口に置き、襖を開け「あなた、今夜も慰めてあげる!」由加の言葉に振り向けば、一糸まとわぬ娘が立っているではないか。
「ゆ、由加。絶対ダメと言ったはずだ!」
「勿論です。でも、セックスしなければいいでしょう?」甘えるように昭次に抱き付き、唇を吸う。
それは、妻が夫を求める行為と同じだった。
唇を重ねた後、由加は昭次のパジャマを脱がし、シャツ、パンツも脱がせて全裸にした。
 
 「あなた、お口でさせて!」勃起した肉竿を掴み、口に入れた。
「だめだ、だめ、あ、あ、あ!」由加は頭を振っている。
「ゆ、由加!」気持ちよさそうな顔をして、由佳の乳房を掴んだ。
(私にもして。後でいいから…)すると、振りを早めた。

 「でる、でる!」それには、あっけなく噴射してしまい、由加の咽に液体が漂っている。
(射精だわ、お父さんが射精した!)「ゴクン!」それを飲み込んだ。
「由加、平気か?」
「あなたのエキスよ。何ともないわ。それより、私もあなたにされたいの…」
「わかった。やるけど、ここには絶対入れないからな!」淫裂を撫でてから、唇を押しつけた。

 由加は拒まず、迎え入れている。
昭次は、ゆっくりと頭を下げ、乳房を掴み揉みだし、乳首も吸いだした。
「あ、あああ!」まだ、処女の由加が声を出し、背中を浮かせている。
「あなた、気持ちいいわ。こんなの初めてよ」喘ぎながら言う。
(由加も、女になったんだな)娘の成長を確認しながら愛撫を続けた。
 
 乳房を愛撫した後は、股間に顔を埋めて舌と指を使っている。
指で淫裂を広げ、敏感なクリトリスを舌でなめると「ん、ん、ん!」首を左右に振り、腰を動かしている。
(由加が、気持ちよさそうにしているな。ここに入れたら、もっと凄いだろうな…)膣の中に指を入れた。
(ヌルヌルだ。こんなに濡れているぞ。間違いなく女になっている!)まだ、高校生の我が娘の、淫裂を触っている。

 「して…。お父さん入れて…」
「ダメだ、絶対に!」そう言うが、酔いと興奮で、理性が半分失っている。
「少しだけでいいから、オチンチンを確かめたいの…」
「わかった、先っぽだけだからな」昭次の肉竿は放出したばかりだが、もう堅くなっていた。

 その肉竿を、入口に押し当てて、押し込んでいく。
肉竿は淫裂の肉襞を押し広げて狭い膣に入り込み、くびれた部分まで淫裂に入った。
(膣が熱いわ、焼けるようだ…)昭次を抱きしめた。
 「これがセックスだ。少し動かすからな」ゆっくりとピストンしていく。
勿論、処女膜を破らないようにと、奥深くは入っていかない。

 「気持ちいい。抜けるときが、気持ちいい!」由加の淫裂からは淫汁が流れている。
昭次は暫く腰を振り「もういいだろう、万が一もあるし…」肉竿を抜いて、乳房に顔を埋めた。
「もっと吸って、オッパイを吸って…」昭次の頭を抱え、乳首を吸われていく。
(これが、娘じゃなかったら、オ○ンコやっちゃうのにな…)直美の淫裂を思い浮かべながら、乳房を吸い続け、2人は遅くまで生まれたままの姿で抱き合った。
 
 翌朝、由加は起きて入口に置いた服を着ていく。
「これがセックスなんだわ」乳房や淫裂を触りながら服を着て、朝食を作っていく。
「おはよう」昭次が起きてきた。
「あなた、できたから盛るわね」

 「もう、あなたは、やめてくれないか?」
「家を出るまでは、いいでしょう。食事が済んだら一緒に出るし…」
「わかった。それまでならいいよ」
「よかった」笑顔でご飯を盛っていく。

 (昨日のことを知ったら、直美はどんな顔をするだろうな…)由加の顔を見ると不安になってきた。
「あなた、昨日のこと心配しているのね。もう忘れていいのよ、私は忘れたから。それに、絶対に思い出さないわ」由加が気を遣って言う。
「そうだな、忘れた方が楽だしな」昭次は盛ったご飯を食べていく。

 「どう、おいしい?」
「うん、合格だな」
「よかった。これで、私も一人前になったのね」笑顔の由加だ。
食事を済ますと、2人はいつものように、腕を組んで駅まで歩いていく。
(秘密よ、昨日の事は私とお父さんの2人の秘密よ)封印を決めた2人は、笑顔で歩いて駅に向かった。

 そして、由加が授業を終えて、自宅に戻ると直美が帰っていた。
「由加、ちゃんとやったのね」
「勿論よ、もう子供じゃないのよ」得意げだ。
由加も、昭次と抱き合ったことで、すっかり、大人っぽくなっている。

 「これからは、任せて大丈夫ね」
「毎日はいやよ。たまにだけだからね」
「わかったわ。たまにでもいいから、やって貰うわ」何も知らない直美は、そう言いながら夕食を調理していく。
 
スポンサーサイト
[PR]

「天使の微笑み」第3話 新妻

第3話 新妻
 
 3人の生活は、その後も何事もなく続けられたが、由加は雅俊との付き合いに、鬱陶しさを感じ始めた。
それは、直美や雅俊も感じていたが、そんな中、雅俊が訪ねてきた。
「早く上がって。今呼ぶから」
「いいです。今日は、これから遊園地に出かけますから」
「あら、デートなんだ。由加、雅俊さんよ」その声に着飾った由加が現れた。
「行きましょう」浮かない顔をして、由加が出かけた。

 「あなた、由加が変なのよ、元気が無くて」
「うまく行ってないのかな。2人の仲が…」
「もしかしたら、そうかもね」心配する2人は、由加が帰るまで気が気でなかった。

 2人の心配をよそに「ただいま!」夕方帰ってきた。
「由加、楽しかった?」
「乗り物は楽しかったけど、その後が…」
「その後、どうしたの?」
「観覧車に2人で乗ったのよ。一番高いとこまで来たら雅俊さんが抱き付いてきて…」

 「それで、どうなったの?」
「キスされたの。初キスを奪われちゃった…」
「あら、キスをしたんだ!」笑顔の直美だ。
「それだけじゃないの。服の上からオッパイを触って…」恥ずかしそうに項垂れたままだ。

 「そこまで行ったんだ。これからはコンドームを持っていった方がいいかもね」
「そんなのいやよ。絶対に、結婚するまでは、させないからね」それを聞いている2人だ。
(雅俊さんは若いから、由加の気持ちがわかっていないんだわ。オッパイを触るなんて…)直美も考え廻らせていく。
 
 そんな事があってから、数週間がたった。
直美は実家の親戚の法事で、田舎に行くことになっている。
「由加、後は頼んだわよ。ちゃんと、やるのよ」
「わかっているわよ、子供じゃにからできるわ。それに、1日だけでしょう?」
「だったら、うまくやってね。あなた、行って来ます」直美は、由加と昭次を見送ると着替えて、駅に向かう。

 そして、4時近くに由加が学校から帰ってきた。
「今日は、お父さんと2人きりなんだ…」今までの思いを、ぶつけるチャンスでもある。
部屋に入ると着替えて、家事をしていく。
「今夜は、私がお母さんの代わりをしないと…」張り切っていた。
風呂を沸かし、料理も作っていく。それに、昭次が好きなビールも用意した。
「これで準備は済んだわ、後は…」抜けがないかを確かめていく。
 
 そこに、「ただいま!」昭次が帰ってきた。
「お帰りなさい。お風呂にする、ご飯にする?」
「腹減ったから飯を食おう」2人だけの食事が始まった。
「お父さん。今日は、私がお母さんの代わりをするからね」
「はいはい、わかりました」昭次は軽く聞き流した。

 しかし「あなた。ビールいかが?」ビールを注がれた。
「そこまでは、しなくていいよ…」娘からそう言われれば、驚くのが当然で、コップを持ったまま、動きが止まった。
「お母さんが戻るまでは、私が妻ですからね」妙に色っぽかった。
(由加は子供と思っていたけど、大人になっていたんだな…)ジッと見つめた。

 「はい、ビール!」「あ、ありがとう」ビールが注がれ、飲んでいく。
「あなた、味はどうかしら?」
「まあまあかな。これなら合格だな」
「よかった、あなたの口にあって」由加は新婚夫婦気取りになっており、昭次も由加に合わせ、新婚気取りで、言葉を使った。
 
 「食ったし、風呂にでも入るか」昭次は立ち上がった。
「着替えは、後で持っていきます」
「わかった。頼んだ」昭次は浴室に向かい、由加は「着替えは寝室に置いたし…」確認しながら後かたづけをしていく。
「もう、いいころだわ」由加はエプロンを脱いで、着替えを持って浴室へと向かう。

 「入っているわ。ここは、新妻になった気持ちでやらないと…」事もあろうか、服を脱いで行く。
代わって、ピンクの下着が露わになった。
「これも脱いで…」その下着も脱いだ。
小振りな乳房の先端には、綺麗なピンク色した乳首があり、股間は真っ黒な絨毛で覆われている。

 由加は一糸まとわぬ全裸になると、中に入った。
「あなた、背中を流させて!」石鹸で背中を擦っていく。
「ああ、頼んだよ。由加にやって貰えるなんて嬉しいね」まだ、昭次は由加が全裸なのに気づいていない。
 
 背中を洗い終えると「はい、今度は前です」「こうか?」向きを変えた瞬間「あっ!」昭次は、それしか言えない。
「あなた、私もヌードです。でも、今回限りですよ」
「そ、そこまで、やらなくていいよ…」昭次は動揺している。
「言ったはずよ。今夜は妻だって!」由加は動揺する昭次の首から洗い始めた。

 その後、胸、腕、腹と洗い、最後に肉竿を掴んだ。
「そ、そんな事しなくていい!」
「ダメ。これも妻の勤めです」石鹸を泡立て、肉竿を擦すると、由加の手で一気に膨らんでしまった。
「あなた、元気がいいのね。今夜は大丈夫ね」
「な、何言っているんだ。親子だぞ。そこまではダメだ!」

 「わかっています。セックスはしません。それ以外ならいいでしょう?」
「まあな。セックス以外なら…」
「よかった、あなた」思わず、膝の上に跨り抱き付いた。
(お、オチンチンが膣に当たっている!)由加の淫裂に肉竿が触れている。
「ゆ、由加。これ以上は、絶対ダメだぞ!」昭次も由加の淫裂に当たったのがわかり、それに、乳房が目の前にあり、肉竿も限界まで膨らんでいた。
 
 「あなた、わかっています。それより、私を洗って下さい」膝から降りた。
「わかった、洗うよ…」由加の背中に石鹸を擦りつけていく。
「前もですよ」由加が振り向いた。
「わかった、洗うからな」首から洗い出し、その後、乳房も洗いだした。
(子供だと思っていたら、何時の間にこんなに膨らんだのかな?)乳房を触ると乳首が膨らんでいく。
(もう、大人なんだな。雅俊君とうまく行けばいいけど…)そう思いながら乳房から股間へと手を伸ばした。

 「ここも、やるのか?」
「勿論です。妻の大事な部分も洗ってください」
「わかったよ」掌で恥丘を撫でていくと、淫裂に指が触れた。
「あっ!」一瞬、引き付けを起こしたが、昭次はクリトリスや肉襞も洗っている。
(お父さん、気持ちいいです。もっとして下さい…)目を閉じて、口をパクパクしていた。
 

「天使の微笑み」第2話 父への憧れ

第2話 父への憧れ
 
 そして、日曜日が来た。
「由加、雅俊さんよ」直美が声を上げると「今行くわよ」それと同時に由加が現れる。
「上がって!」だが、今までとは違って、元気がない。
「失礼します」雅俊は由加と一緒に部屋に入って行く。
「あなた、由加の様子が変なのよ。何だか、元気がないみたいで…」
「そうかな。俺にはいつもと同じに見えるよ」
「もっと、真剣に考えなさいよ!」直美も機嫌が悪いが、そんな事など気にも止めず、新聞を読んでいる。

 暫く経って、2人が現れた。
「コーヒーで、いいかしら?」
「はい、いただきます。いつもすみません」
「遠慮は要らないわ。なんでも言ってね」雅俊と話す時の直美は弾んでおり、目も輝いていた。
だが、由加は以前程の目の輝きはしておらず、作り笑いをしているように見え、雅俊を見るよりも、父の昭次を見る方が、生き生きしている。
直美も、それに気付き、気がかりだった。
(もしかして、雅俊さんとケンカでもしたのかしら?)一抹の不安がある。
 
 4人で話をした後、2人はいつものように街に出て、夕方帰って来た。
「由加、丁度よかった。台所を頼むわ」
「え~。私がやるの?」
「だって、お父さんお風呂なの。久しぶりに背中を流さないとね」直美はエプロンを脱いで行く。
「わかったわよ。やっておくわよ…」渋々承知した。
「頼むからね」直美は浴室に向かうが「お母さん、本当に背中を流すだけかしら。もしかして…」この前のことを思い出した。

 由加は、悪いと思いながらも火を弱めて、浴室を覗いた。
「あなた、ここが痒いでしょう?」背中を擦る直美の姿がガラス越しに見える。
(何だ、服を着ているのか…)期待外れでもあった。
「直美、背中はいいよ。前だよ!」
「わかりました」体を屈め前を洗い出した。

 「そ、そこだ、もっと強く!」昭次の手が伸びたのが、ガラス越しに見えた。
「あなた、今夜しましょう。オッパイも今夜に…」乳房を掴まれたらしく、声も上擦っている。
「わかった。今夜だよ」手が退けられた。
「これくらいで、いいでしょう。後は自分でやって」その後、お湯の音がした。
 
 由加は急いでキッチンに戻り、火を強くして、刻まれた野菜を鍋に入れていく。
「ダメダメ、そんな一緒じゃダメよ。堅いものから入れるの。しっかりやらないと、雅俊さんに嫌われるわよ」
「嫌われたっていいわ。ここで一生過ごすもん」
「また、そんな事言って。お父さんが聞いたら怒るわよ」その言葉に由加が一瞬反応した。

 (そうよ、お父さんに嫌われたらどうしよう…)
「ご免なさい。これからは、ちゃんとやります」
「だったら、後をやって。着替えを用意するから」また直美が浴室に向かう。
「そうだわね、料理くらいやらないとね」直美に教わった通りに、調理した。
 
 その夜、直美と昭次は抱き合っていた。
「いいわ、凄くいい!」声を上げ、それは由加にも聞こえる。
「始まったわ。覗かないとね…」足を忍ばせて2人の部屋に向かい、そっと襖を開けて覗き込むと、直美が四つん這いになっていた。
乳房を揺らせ、悶え声を上げている。

 「出すよ、出すからね」
「出してもいいわ…。安心日だから…」体をくねらせながら言い、それと同時に「う~!」股間を密着させたまま2人は動かない。
「暖かい、あなたのエキスが暖かい…」ゆっくりと崩れていき、肉竿が抜けると、淫裂から白い液体が流れていく。
(あれが、射精なんだ!)それをジッと見ている。

 「あなた、よかったわ」息を弾ませて淫裂を拭いていく。
「俺もよかったよ。オ○ンコに出さないと、気分が良くないな」
「そんな言い方やめて。由加に聞こえたらどうするのよ」叱りながら肉竿も拭いていく。
 
 「由加だって、いずれ雅俊君とやるんだぞ。これくらい平気だよ」
「何言っているのよ、由加はまだ子供よ。それまでは言葉に気を付けてね。お父さん」そう言って、萎縮した肉竿を口に入れた。
「気持ちいいよ。今夜は2回やるからね」その言葉通りに、口で愛撫された肉竿が膨らみだした。
(オチンチンが膨らんでいく…)由加は驚きの目で見ている。

 「もう、いいでしょう。抱っこで、やって欲しいの…」
「わかったよ、駅弁だな」太股を抱えて立ち上がる。
「いいわ。オチンチンが、奥まで入ってくる…」背中を反らせて悶え声を上げいる。
「行くぞ」昭次は太股を揺すり始めた。
「あ、あ、あ!」喘ぎながら、淫裂から淫汁と精液を流している。
(お母さんは獣か、変態よ…。お父さん、お母さんとは、もうセックスしないで。代わりに私が…)2人の行為を見ながら考えていた。
 
 翌朝、由加は機嫌悪そうな顔で「おはよう」と起きてきた。
「由加、どこか具合が悪いの?」不機嫌な顔に声を掛ける。
「何でもないわ」昨日のセックスを見て、軽蔑しましたとは言えないから、そう言うしかない。
「だったらいいけど…」直美は朝食を盛りつけていく。
由加は食事を済ますといつものように「お父さん、行こうよ!」腕を組んで家を出て行く。

 「由加ったら、調子いいんだから…」1人残った直美は後片付けをし、ゴミ捨てに出ると「奥さん、お宅の娘さんと旦那さん。凄く仲がいいわね。まるで恋人みたい」やはり、2人のことが話題になっていたのか、数人集まって来た。

 「そうなのよ。どうして、女って、父親に憧れるのかしらね」
「あれは憧れ以上よ。きっと、お嫁に行かず、家に残るわよ」
「いやだわ、そうなったらどうしよう?」
「大丈夫よ。大人になったら、色気が出て旦那さんよりもいい男を見つけるから」
「そうよ、だから心配要らないわよ。それにしても、子供が女だと損だわよね」
「そうよね、損だわよね」井戸端会議が続けられたが、直美は由加の考えを知るよしも無かった。

「天使の微笑み」第1話 覗き見  

登場人物(主な登場人物)
   
      島田由加:高校3年          近藤雅俊:由加の交際相手
      〃 昭次:会社員、由加の父      〃 弘子:雅俊の母
      〃 直美:主婦、由加の母
 
第1話 覗き見
 
 ある日曜日の朝、玄関に若い青年が現れた。
「おはようございます。由加さんいますか?」
「あら、雅俊さんじゃないのよ。由加、雅俊さんがお見えよ!」
「はーい!」元気な声と共に笑顔の女性が現れた。

 女性の名は島田由加と言い、まだ18才の高校3年生成り立てだ。
「雅ちゃん、上がって、こっちよ」
「おばさん、おじゃまします」
「そんな遠慮は要らないわよ。由加の友達なんだから」笑顔で2人の後ろ姿を見ていた。

 2人の後ろ姿を見ているのは、由佳の母親の直美だ。
直美は、夫の昭次と共に3人で暮らしている。
2人が由加の部屋に入ったのを確かめると居間に戻ってきた。
「あなた、雅俊さんよ」
「由加の彼氏か。いい年頃になったしな」コーヒーを飲みながら言う。

 「でも、心配だわ。間違いがあったらどうしよう?」
「心配するな。由加に限ってないよ。それに、避妊だって、教えてあるだろう?」
「お父さんたら、直ぐにそこに行くんだから。もっと真剣に考えて」
「わかったよ」昭次はバツが悪そうに、コーヒーを飲んだ。
 
 昭次と直美は、由加のことを話しながらくつろいでいると、由加と雅俊が入ってきた。
「一緒で、いいでしょう?」
「2人が、そう言うならいいわよ。座って!」直美はコーヒーを準備していく。
「お父さん、雅ちゃん凄いのよ。今度の大会の選手に選ばれたんだからね」雅俊の腕を掴み、目を輝かせている。
「そんな、選手と言っても控えですから…」照れながら、頭を掻いている。

 「それは凄いや。控えになるだけだって大変なんだからね。会社だって、そうなんだよ、入るだけでも、大変なんだからね」
「お父さん、仕事はいいの。由加の話を聞いてあげないと…」

 「ごめん。所で、雅俊君も一人っ子だったよね?」
「ええ、由加さんと同じです。でも、寂しくはありませんよ、由加さんがいますから」由加の手を握り締めると、由加は顔が赤らんでいく。
それを見て「ご馳走様だわ」笑顔になる夫婦だが、昭次は由加の笑顔とは反対に、寂しさが込み上げてきた。

 4人は暫く話をした後、由加と雅俊は町へ出かけた。
「あなた、2人は似合いの夫婦になるわね」
「そうみたいだね…」
「あなた、嬉しくないの?」
「そんな事ないよ。娘が幸せになるのだから、嬉しいよ」
「そうかしら。もしかして、雅俊さんにやきもち焼いているんじゃないの?」
「バカ言うな、いい加減にしろ!」機嫌悪く、新聞を読み始めた。
「はい、はい。もう言いません」直美は、昭次の気持ちがわかったのか、掃除を始めた。
 
 その夜、昭次は直美を求めた。
「直美、いいだろう?」ネグリジェを脱がしていく。
「いいわよ。あなたが欲しいなら…」直美も昭次のパジャマを脱がしていく。
2人は、全裸になると、唇を重ね、抱き合い、昭次の手が直美の乳房を掴み、撫で始めた。
それに、乳首も吸われ「ん、ん!」呻くような声を上げ、昭次の頭を抱きかかえる。

 「あなた、して…。オチンチンでして…」それに応え、昭次は乳房を掴んで腰を上げた。
「そこよ、そこ…」大きく膨らんだ肉竿を掴み、淫裂へと導き「あ、あ、あ!」肉竿が入り込んでいく。
「直美、凄くいいよ!」ピストンが始まると、直美は背中を反らせ、声を上げ続ける。

 それは、由加の部屋まで聞こえている。
「もしかして、お父さん達が…」気になるのか、爪先で歩いて、夫婦の部屋まで来た。
(こんな事しちゃいけないけど…)悪い事とは思いながら、そっと襖を開くと「!」由加は声を上げる寸前だ。
(セックスだわ。これがセックスなんだ!)直美が昭次に馬乗りになり、腰を振っているのを、見てしまった。

 昭次も、直美の乳房を掴んで、握り「いいわ、凄くいい!」時折、直美が後ろに反り返り、その都度、淫裂と肉竿の結合部が、由加にも見えている。
(あんな太いんだ、お父さんのオチンチンが…)由加は幼い頃、一緒に風呂を入り、萎縮した肉竿しか記憶がなく、勃起したのを見るのは初めてで、ジッと見ていた。
 
 そんな事とは知らず、昭次と直美は、欲望を満たそうとしている。
「あれで、させてくれ…」直美を四つん這いにし、後ろから肉竿でのピストンを始めて「あ、ああ、あ~!」髪の毛を振り乱し、声を上げている。

 (母さんとお父さんが、犬のようなことをしている…)由加には信じられなかった。
普段から温厚な両親が、目の前では獣のように欲望を満たそうとしているのだから、当然かも知れない。
「出すよ、出すぞ!」
「飲ませて。あなたのエキスを飲みたい!」直美は急いで向きを変え、昭次の前に腰を落とした。

 そして、肉竿を掴んで口に含み「あ、あ、あ!」昭次も気持ちよさそうな声を上げていく。
(オチンチンを、なめている…)無意識のうちに震えだした。
「出すよ、出すからな」頭をしっかり押さえ動きを止め、そして、暫く動かない。
「直美、よかったよ」やっと手を退けた。

 「あなた、おいしいわ。久しぶりで…」口元からは、糸を引いている。
(精液だわ、口に射精したんだ…)由加は、汚いのを見るような目で見ていた。
「あなた、綺麗にさせて!」直美は、汚れた肉竿をなおも、なめていく。
(汚いわ。お母さんがあんな事を…)これ以上は見る気になれず、部屋に戻った。
 
 翌朝、由加は機嫌が悪かった。
「どうかしたの?」直美が尋ねても「何でもないわ…」としか、答えない。
しかし「お父さん、一緒に行こうよ」昭次の腕を掴んで家を出ていく。
「行ってらっしゃい!」見送る直美だが、由加の心は読めないでいる。

 「あら、一緒だなんて。まるで恋人みたいよ」腕を組んで歩く2人に、ゴミ出しに来た主婦が声を掛けた。
「由加、恥ずかしいからやめようよ」火の出る思いの昭次だ。
「構わないわよ。だって親子だから」由加は気にする様子が全くない。

 「島田さん、羨ましいですね。内の娘なんか、相手にしてくれませんよ」隣に住む加藤も羨ましそうに話している。
「でも、恥ずかしいな。こんな姿は…」
「親子だから、当然ですよ」
「そうですか?」2人は駅まで腕を組んで歩いて行く。

 昭次と由加が、毎朝腕を組んで駅まで歩くようになったのは、近所でも評判になっている。
「仲がいいですのね。まるで、新婚さんみたいよ」会う人が声を掛けてきた。
昭次は、初め照れくさかったが次第に慣れて、今では誇りにさえ思っている。
「由加、一緒に行こうな!」
「はい。お父さん!」甘えるようにして、昭次の腕に絡まった。

「兄貴の嫁さん」第12話 父と兄の死

第12話 父と兄の死

 忠行にとって、天国だった。
克子と人目を忍んで抱き合い、久美も男の子を出産した。
「よくやった。俺の子を産んでくれて」忠行は笑顔だが克子は浮かない顔をしている。
(私だって、忠行さんの赤ちゃんを産んだわよ、誰にも言えないけど…)そう思いながら久美が抱いた子供をあやしている。

 そんな克子に不幸が訪れた。
吉行が運転する車が事故を起こし、同乗していた数行と一緒に崖から転落したという知らせが入った。
克子は急いで病院に向かったが、2人の顔には白い布が掛けられてある。

 それを見るなり「あなた、あなた~!」克子は泣き崩れてしまった。
そして、克子が喪主となり葬儀が執り行われ、葬儀が無事終える頃、克子は吐き気をもよおした。
「もしかして、赤ちゃんが?」参列している親戚も複雑な思いでいるが、その予想が当たってしまった。

 納骨を済ませ、検査を受けると妊娠がわかり、後継者問題が拗れてしまった。
「跡継ぎは忠行にしようと思ったけど、子供が2人いるからにはな…」と答えがでない。
それは忠行と久美も同じで「僕があそこに入れば、義姉さんを追い出した事になるしな、一緒に住むしかないな…」悩んでいる。

 「私はイヤよ。克子さんと一緒だったら、あなたが手を出すし…」
「でも、追い出したら、久美も悪く思われるぞ」
夫婦も悩んでいたが、忠行が後見人となって、家に入る事に決めると、村人も「たいしたもんだ。兄貴の家族まで面倒見るんだから」美談として褒めている。
克子も(忠行さんと一緒にいられるならいいわ)承知した。

 後継問題が片づくと、忠行は家を2世帯が住めるように改築し、工事が終わる頃に克子はまた女の子を産んだ。
こうして、忠行は農協を退職して家業を継ぎ、勿論、久美や克子も手伝っている。

 そして、夕食を一緒に摂っていると「忠行さん、私のヌードを撮って貰えませんか?」克子が言いだいし「え、克子さんがヌードになるの?」久美は声を上げて驚いた。
「今の若い体を撮っておきたいの。いずれ、ブヨブヨになるし…」
「わかった。撮るけど、どこで撮るの?」

 「私、いい場所知っているの。だからそこで撮って欲しいの」
「わかった。久美も手伝うよね?」
「どうせなら、私のヌードも撮ってよ。私だって記念に残したいし…」
「勿論、久美も撮るよ」こうして忠行の思い通りに事が運んでいく。

 翌日、3人は子供を預けて山に入った。
「義姉さん、確かここは…」
「知っているでしょう。初めて外でヌードになった場所なの」克子はそう言って服を脱ぎだす。

 服を脱ぐと、黒いレザーのブラジャーを着け、乳房が飛び出している。
それに、パンティも淫裂の部分がくり抜かれており「義姉さん、凄いよ。オッパイが凄い!」忠行はスイッチを押していく。
それを見て「私も撮って」久美も負けじと脱ぎだし「いいよ、凄くいい!」2人の全裸に忠行の肉竿が膨らんでいる。

 撮影は1時間ほどで終わった。
すると、克子が服を着ながら「忠行さん。今度は縛って撮って欲しいの」と頼み込む。
それには久美も「私だって縛って欲しいわ」と言い出す始末で「わかった。今夜は縛ったのを撮るよ」忠行は間に入って機嫌を取っている。

 その夜、2人は全裸になり、両手を後ろ手に縛られた。
「オッパイも縛るからね」乳房も縛られ変形しているが、それを撮っていく。
「いいね、オッパイが潰れているし。そうだ、キスして!」2人は言われた通りに、目を閉じて唇を重ねていく。

 「いいよ、凄くいい。今度はオ○ンコを見せ合って」忠行は仰向けになった克子の上に、久美を跨がせた。
「イヤ。恥ずかしいわ、こんなのイヤ!」久美は克子に下から淫裂を見られている。
「いいじゃないか。見られているし…」数枚撮って、忠行は服を脱ぎだした。

 それを悟った久美は「あなた、やめて。まともに見られるのよ」首を振っている。
「気にしなくていいよ。家族なんだから」服を脱ぎ終えると、久美の腰を押さえて肉竿を押し込んだ。
「イヤ。抜いて、イヤ~!」口ではそう言っているが、淫裂はすでに濡れていたからすんなり奥まで入って行く。

 「義姉さん、見えるかい。見えたら報告してくれ」
「見えるわよ。久美さんのオ○ンコに、忠行さんのチンポが入っているわ」
「言わないで。お願い、見ないで~!」久美は次第に興奮して淫汁が溢れだした。
それでも克子は「オ○ンコから、淫汁が流れているわよ」と喋っていく。

 やがて、忠行は絶頂を向かえ放出した。
それには「あなた、凄くよかった!」満足そうな久美だが、克子は物足りない。
「忠行さん。私、寂しいわ…」情けない顔だ。
「そうだね。義姉さんが喪に服して、坊主になったらしてあげるよ」

 「イヤよ。坊主なんてイヤ!」
「頭じゃないよ。ヘアだよ、オ○ンコのヘア!」
「そんなのイヤ。絶対にイヤ!」
「イヤならしてあげないよ。久美とまたするだけさ」縛った久美を立たせて、乳房を揉みだした。

 「坊主になります。ですから、私とも…」
「久美、聞いての通りだ。義姉さんが喪に服すからヘアを剃ってくれ!」そう言って久美を解いた。
両手が解かれた久美は、言われた通りに準備して石鹸液を克子の絨毛に塗っていく。
「義姉さん。もっと足を開いて」忠行はそれを撮っていく。

 石鹸液を塗り終えると、カミソリで絨毛を剃りだした。
今まで淫裂を覆っていた障害が消えて、全貌を現していく。
久美はなおもカミソリを動かして、絨毛の全てを取り払い「義姉さん。撮るよ」無毛にされた克子を撮っていく。

 「もう、いいでしょう。恥ずかしいから、もう撮らないで!」
「そうは行かないよ。もっと撮るんだ」俯せにして、腰を持ち上げ足を開かせた。
「凄いわ。克子さんのオ○ンコが丸見えよ」
「言わないで。お願い、言わないで!」後ろ手に縛られているから、どうしようもない。

 そんな克子を虐めるかのように「義姉さん。ここに何を入れて欲しいの?」指で淫裂を触っていく。
「忠行さんのオチンチンです。お願いですから、入れて下さい…」恥ずかしいのか、声が上擦っている。

 「久美、いいかな。お義姉さんがオ○ンコしたいんだって」
「オ○ンコには出さないでよ。私が口で受けるから」
「わかった。出さないよ」忠行は肉竿を淫裂に押し込み、ピストンしていくと「気持ちいいわ。忠行さんにされると、気持ちいい…」克子は満足そうな顔をして言う。

 やがて「出る、出る!」肉竿が抜かれ、それを久美が飲み込んでいく。
すると「忠行さん。私にもエキスを下さい…」とねだられ「今日は無理だよ。明日は義姉さんにあげる」と約束した。

 それから数日後「見て、綺麗よ」「ホントだわ、私のヌードも綺麗だわ」2人は自分のヌード写真を見ていた。
「義姉さんに久美。今夜もいいかな?」そんな2人に声を掛ける。
「私はいいわ。あれ、飲んでいるし…」
「私もいいわよ。それから、また剃って欲しいの」2人は顔を赤らめて返事した。

 「それだったら、今夜は白ずくめだからね」
「わかりました。そうします」返事をして着替えている。
それを見て、忠行は「兄さん、義姉さんは僕が面倒見るから成仏してくれ」仏壇の写真を見ながら、自分に言い聞かせた。

~完~

「兄貴の嫁さん」第11話 緊縛

第11話 緊縛

 やがて、春が来て忠行は農協に勤めだし、克子の妊娠がわかった。
吉行は大喜びだが、克子は浮かない顔をし、忠行も浮かない顔だった。
久美は、土蔵での出来事以来、ろくに口を聞いてくれないし、遊びにも来なくなった。

 思い悩んだ忠行は克子に相談し、土蔵でした事を打ち明けた。
「そんな事したんだ。久美さんも怒るわね。まるで、レ○プじゃないのよ!」話を聞いた克子は今まで見せた事のない顔で怒った。

 しかし、忠行の事を思い、2人の間に入る事にした。
克子は久美と一緒に忠行の家を訪ね、忠行にやった事を謝らせた。
それには、久美も不満だったが一応納得している。

 「よかった。後は2人で話し合って」克子は2人を残して外にでた。
「久美、ごめんな。でも、凄くよかったんだ。久美をレ○プしているみたいで…」
「でも、私は恥ずかしかった。誰かに見られたらどうしようって」

 「また、久美を縛ってやりたいな」
「そんなによかったの。縛ってすると?」
「そうだよ。久美、またいいだろう?」忠行は久美に抱き付いていく。

 「ダメ。いけないわ、いけない事よ…」そう言いながら忠行の股間を撫でている。
(ホントは気持ちよかったけど、そうは言えないし…)それを知った忠行は服を脱がしていくと「ダメ、だめよ…」目を閉じ、忠行のズボンを引き下げていく。

 そして、忠行は全裸になった久美の両手を鴨居に縛っていく。
「ダメ。こんなのイヤ…」首を振るが忠行は淫裂にゼリーを押し込み「ゼリーだよ。冷たいけど我慢して」指で塗り終えると肉竿を押し込んだ。
すると「あ、あ、あ~!」久美は喘声を上げ出す。

 その声は、外にいた克子にも聞こえて「もしかして?」不安に思って中に入り、部屋を覗くと2人が抱き合っており「た、忠行さん!」驚きの声を上げた。
「か、克子さん。お願い、最後まで見て欲しい…」
「そんな、見て欲しいと言われても…」戸惑うが忠行の肉竿が気になって(あれで、私もされたい…)目を潤ませて見ている。

 そんな事とは知らず、忠行は腰の振りを早めて噴射した。
「忠行君、凄くいい。膣がとろけそうなの…」やっと久美が立っている。
「俺もだよ。また縛ってやろうよ」両手を解きながら言う。
「でも疲れるのよ、たまにならいいけど。それからオッパイにもして…」
「わかった。オッパイも縛ってあげるよ」久美は解かれると、浴室に向かう。

 久美がいなくなると「忠行さん、私もされたい…」おとなしく見ていた克子が忠行の肉竿を口に向かえ入れる。
「義姉さん。いいんだね?」克子は肉竿を含んだまま頷く。
「わかった。久美のいない間にやるよ」忠行は克子に壁を押さえさせ、スカートを捲り上げた。

 そして、パンティを引き下げ、下半身を剥き出しにして肉竿を押し込むと「あ、あ、あ~」声を出すまいと堪えるが、喘ぎ声が上がってしまう。
「義姉さん。兄貴の子供がいるから奥まで入れないよ」気を遣い、半分しか入れずにピストンをしていく。
(違うわ、この子は忠行さんの赤ちゃんなの…)言いたいのを堪えてピストンされた。

 そして、淫裂に噴射され、スカートの乱れを直し終えると久美が戻ってきた。
「よかったわね、仲直りできて」平然とした顔で克子が言うと「これも、克子さんのおかげです」何も知らない久美は礼を言う。

 それから数か月後、克子は無事に女の子を出産した。
吉行は「俺似じゃないな、忠行に似てるぞ」と言いながらも抱いている。
一方、久美の方も妊娠がわかり、忠行との結婚が執りおこなわれる事になった。

 村人は、以前から付き合っていたのは知っているから驚くことはなく、皆が祝福している。
だが、「忠行さんともっとしたいのに…」克子は久美を羨ましく思っていた。

 そんなある日、忠行が遊びに来た。
「誰もいないけど、上がって!」克子は忠行を中に入れ「見て、この子忠行さんそっくりだって皆が言うのよ」自慢そうに子供を見せた。

 「そうかな。俺に似ているかな?」
「似ているわよ、そっくりよ。だから、こうしているの」子供の股間に顔を埋めた。
「義姉さん、そんな事を…」
「そうなの。寂しいの」克子は泣きそうな顔をしてスカートを引き下げた。

 「お願い。して欲しいの。久美さんのように縛って欲しいの」準備して置いた紐を渡して服を脱ぎだした。
「わかったよ。義姉さん!」忠行は頷いた。

 克子はパンティ、ブラジャーと脱いで全裸になった。
「義姉さん、縛るよ」克子の両手を鴨居に縛った。
「ここもいいよね」乳房も根本から絞り上げるように縛っていく。

 「いいわ、変な感じよ、忠行さんにレ○プされている感じがする…」目を閉じ、息を荒くしている。
その克子の後ろから、忠行は抱き付いて、淫裂を肉竿で突き刺していく。

 「ダメ、そんなのダメよ、抜いてお願い…」レ○プを妄想しながら言っている。
「義姉さん。オ○ンコ気持ちいいかい?」
「やめて。オ○ンコなんてしてないわ。レ○プされているだけよ」首を振って言う。

 「そうだよ。僕が義姉さんをレ○プしているんだ!」乳房を握りしめ、乱暴に腰を振っていくと、恍惚とした顔で「イヤ、射精はイヤ、お願いださないで…」と言う。
「ダメだ、オ○ンコに出してやる!」その言葉通りに膣深く射精した。

 そして、射精が済むと縛った手を解いていく。
「義姉さん。痛くなかった?」
「痛くないわ、凄くよかった。お願いだから、またして欲しい…」萎縮していく肉竿をまた口に含んだ。

 「わかった、またしようね。それから、写真もいいでしょう?」
「誰にも見せないと約束できる?」
「勿論だよ。義姉さんのヌードを撮りたかったし」
「わかった。またしてくれるならいいわ」克子は忠行にヌードになる事を約束した。

 そから数日が過ぎ、忠行は吉行の留守を狙って克子のヌード撮影をした。
黒い下着をまとい、ポーズを作って少しずつ引き下げ、乳房を露わにしていく。
ただ、前のようにピンク色はしていない。

 乳輪、乳首が黒ずんでいたが、絨毛だけは前と同じで恥丘をビッシリと覆っている。
「いいよ。義姉さん!」そんな克子を忠行は撮って、撮影が終わると抱き合い、淫裂深く精液を噴射していた。

「兄貴の嫁さん」第10話 土蔵

第10話 土蔵

 忠行は久美の言葉を気にしながら、家を整理していると「忠行さん、これ持ってきたわよ」克子が昼食を運んできた。
「義姉さん。久美の事なんだけど、痛いからもうしたくないと言うんだ…」

 「乱暴にしたからじゃないの、優しくと教えたはずよ」
「優しくやったよ。こういう風に…」いきなり、克子に抱き付き服を剥ぎ取っていく。
「やめて。お願い、私には夫がいるのよ!」

 「でもやりたい。満足するオ○ンコがしたいよ!」なおも服を剥ぎ取り、乳房を掴みだした。
「ダメ、いけない事よ、ダメ…」口では拒んでも体は拒まなず、乳房を吸われると忠行の頭を撫でている。

 「義姉さん、やるよ!」スカートを捲り上げ、パンティを引き下げた。
「やめて。吉行さんに知られたら困る事になるわ」
「でも、やりたいよ!」パンティを足首から抜くと、ズボンを引き下げ覆い被さった。

 「入れないで。お願い、入れないで…」克子は本心からではなく(欲しい。忠行さんにして貰いたい…)そう思いながら言っている。
忠行はそれを知らずに、肉竿を掴み、淫裂に押し込むと「あ、あ、あ~」体を震わせ抱き付いて来た。

 「痛いの?」
「まだ早いわ。ゆっくり入れるの」忠行の尻を撫でていく。
忠行も肉竿を入れたまま、乳房を揉みながら唇を求めた。
「義姉さん…」克子の甘酢っぽい臭いが伝わってくる。

 「忠行さん…」克子もそれを受け入れ、忠行の腰を掴み、股間を押しつけた。
「もう、いいの?」
「いいわよ、膣が濡れてきたから。オチンチンも感じるでしょう?」確かに肉竿を動かすと、今までとは違いすんなり動いている。

 「ホントだ。気が付かなかった!」忠行にとっては驚きだ。
(そうか。膣が濡れてくれば痛くないのか。だったら濡らせばいいんだ…)何かを発見した思いで腰を振りだし(そうよ、それでいいの。もっと、奥まで入れていいのよ)自ら足を広げて深い結合を求めている。

 「義姉さん。出したくなった。出させて!」
「いいわよ。忠行さんなら、出されてもいいわ」その言葉通りに忠行は克子の胎内に精液を噴射した。

 克子から多くのヒントを得た忠行は、早速街に出て薬局でゼリーを買い求め「これを塗れば痛くないはずだ」久美の元へと向かう。

 「あら、珍しいわね。忠行君から来るなんて」
「大事な用があって。2人きりで話がしたいんだ」
「困ったわ。お客さんがいるのよ。そうだ、あそこならいいわ」久美の案内で屋敷の隣にある土蔵に入った。

 「ここなら2人きりだし」
「そうだね。声を出してもいいしね」
「何の事。声を出してもいいなんて?」

 「久美。お願いだ、やらせてくれ!」そう言うと久美のシャツを脱がしだす。
「ダメ。セックスは痛いからイヤ!」
「イヤでもやりたいんだ。我慢しろ!」久美は手足をバタバタさせて抵抗している。

 「久美、こんな事したくないけど…」忠行は土蔵にある荒縄が目に止まり、両手を後ろ手にして縛り上げた。
「やめて、イヤ!」叫ぶ口にも縄を巻き付け言葉がでないようにする。

 「ごめんな。今日は痛くないようにするから」シャツを捲り上げ、乳房を露わにしていくが「う、う~」首を振って拒んでいる。
それでも、なおも捲り上げて、ブラジャーも外し「久美、可愛いよ。久美が好きだ!」乳房を撫でながら乳首を吸っていく。

 暫く乳首を吸うと、今度はスカートに手を掛けた。
「う、う~!」何か言いたそうだが、スカートを脱がすとパンティも脱がした。
「今度は、これを使うから痛くないよ」久美を俯せにして腰を持ち上げる。

 忠行の目の前には絨毛に覆われた淫裂があり、その淫裂に買い込んだゼリーを塗っていく。
「う、う~!」久美は冷たいゼリーの感触に怯えている。

 「ゼリーだよ。コンドームを使う時に塗るんだって!」指で膣の中に塗るとズボンを脱いで行く。
「ここにも塗った方がいいのかな?」そそり立った肉竿の先端にも塗った。

 そして塗り終えると「行くよ!」と淫裂に押し込んでいく。
「うっ!」肉竿が入り込むと呻き声を上げたが(痛くない。前ほどいたくない…)そんなに痛みは感じられない。

 忠行はなおも押し込んで、ゆっくりピストンを始めた。
久美は「う、う、う~!」頭で体を支えながら喘ぐような声を上げていく。
「気持ちいいよ。久美とのオ○ンコは…」すんなり肉竿が動き、淫裂も濡れていく。
(気持ちいい、前は痛かったのに…。でも、こんなされ方は嫌い…)縛られるのはイヤだが、淫裂からは汁が溢れている。

 忠行はそれを知ってピストンを早め「ヌチャ、ヌチャ!」静かな土蔵に響いていく。
そして「う~!」呻き声と共に、動きを停めた。
「う、う~!」久美は首を振るが、膣に液体が漂っていくのがわかる。
「出したよ。久美…」放出を済ますと肉竿を抜き、それと同時に、淫裂からはドット液体が流れ出た。

 「久美、凄くよかったよ」放出を済ますと口を解いていく。
「嫌い。こんな事する忠行は嫌い!」口が利けるようになるなり言う。
「でも、気持ちよかっただろう。痛くないし」
「よくないわ、気持ちよくない!」

 「そうかな、僕はよかったよ、今度は柱に縛ってやろうよ」
「やめて。そんな変態じみたのは嫌いよ!」
「そうはいかないよ。やらせて貰うよ」一旦解き、服を脱がしてからバンザイする格好で両手を柱に縛り上げた。

 「やめて。こんのイヤ、やりたいなら普通でやって!」
「普通でやったら、やらせてくれないじゃないか。さっきだって逃げようとしたよ」確かにその通りで、先ほどは逃げようとした。

 「だから、こうするんだ!」また口も塞ぎ、更に太股も縛り、足を上げたままにして、久美の淫裂は丸見えになってしまった。
「久美、凄くいいよ。また膨らんじゃった。暖かくなったら久美のヌードが撮りたいな」そう言うと再び久美の淫裂に押し込んだ。

 「う、う~!」久美は呻き声を上げ、体を後ろに反らせていく。
忠行は乳房を揉みながらピストンを続ける。
(やめて。こんな変態みたいなのはイヤ。でも、今までと何か違う…)目を閉じ、忠行のされるがままにさせ、膣の中に2回目も放出を受けた。

「兄貴の嫁さん」第9話 新居

第9話 新居

 それから月日がたって3月になっていた。
忠行は就職先が見つからなかったが、コネで農協職員に採用され、卒業式も迫っていた。

 「久美、わかっているよね」
「わかっているわよ。でも怖いな」
「だったら、義姉さんに立ち会って貰おうか?」
「恥ずかしいわよ。そんな事を見られるなんて…」

 「僕はかまわないよ。それに久美との事を撮っておきたいし」
「また撮るのきなの?」
「そうだよ。久美だって、一度しか体験できないんだよ」
「忠行君の考えがわかったわ。撮りたいから克子さんを引き合いに出したのね」

 「それもあるよ。本当は自信ないんだ…」
「そうよね。私だって怖いし、思い切って頼もうか?」
「そうしよう。僕が話を決めるから」忠行は久美と話がまとまると克子に頼み込んだ。

 だが「そんなのいやよ。セックスは自分たちでしなさいよ!」当然、断った。
「義姉さん、お願いだから立ち会って。見ているだけでいいよ」なおも、説得していくと「わかったわ。見ているだけだからね」克子は渋々承知した。

 克子が承知すると、忠行は計画を立てていく。
「久美と義姉さんが裸になり易くするためには、どうしたらいいのかな?」部屋の中を見回していく。

 「ここじゃ、無理だな。どこか捜さないと」家をでて近所を歩くが、まだ積もった雪が溶けていないので、歩くのも大変だ。
「そうだ、あそこならいいかも」目の前には家がある。

 そこは、年老いたので、村から出て行く家だ。
忠行は思い立つと、その家に入って交渉を始めた。
最初は相手にしなかったが、熱心に頼み込むのでその熱意に負け「わかりました。数行さんが、いいというなら喜んでお貸しします」とこの家を借りる事ができた。

 忠行は急いで家に戻り、父親に話した。
最初は「まだ子供だ。無理だ!」と相手にされなかったが、吉行や克子の口添えで渋々認めて借りる事ができた。

 そして、そこの家が空き家になると、早速、衣替えを始めた。
勿論、そんな技術もないから自己流である。
忠行が毎日、自分の住処を作るようになると、久美も手伝うようになっている。

 それを見て「あの2人はよく働くよ。何とか一緒にさせないとな」と村人も話し合うようになっている。
その甲斐があって、3月の末には真新しくなっていた。

 「久美、今日はいいよね?」
「勿論よ。そのつもりだから」恥ずかしそうに顔を赤らめ下を向いた。
「義姉さん、頼むからね」
「わかったわよ、立ち会うわよ」こうして、忠行の家で儀式が行われた。

 「久美。僕にさせて!」忠行は久美が着ている服を脱がし、その様子を克子がビデオに撮っている。
忠行は服を脱がすと下着も脱がし、ブラジャーを脱がすと乳房は大きく膨らみ、大人の乳房になっている。

 更に、パンティを脱がすと、腰もくびれ尻や恥丘が丸みを帯びていた。
「綺麗だよ、久美!」忠行は真っ先に乳房を掴み顔を埋めた。
「待って、忠行君も脱がないと…」今度は久美が忠行の服を脱がしていく。
シャツ、ズボンと脱がし、久美と同じく生まれたままになった。

 それを見て(オチンチンが凄いわ。もう、一度あれでされたい…)ビデオを撮っている克子は膣の中が熱くなっている。
(あれを触りたい…)ファインダー越しに、ジッと肉竿を見つめていると久美が声を掛けた。

 「克子さんも脱いで。私達だけだとおかしいわよ」確かにそうだ。
「でも、立ち会うだけの約束だし…」
「指導もお願いしたよ。どうやればいいのか教えてくれないと」
「わかったわよ。私もヌードになればいいんでしょう!」開き直って克子も服を脱ぎだした。

 克子は次々と脱いで全裸になった。
「脱いだわよ。これでいいんでしょう?」
「それでいいよ。始めるからうまく撮ってね」忠行は久美と唇を合わせ、乳房、淫裂と撫で、久美も忠行の肉竿を撫でている。

 やがて2人は重なり合い、淫裂に肉竿がゆっくりと入り込んで行く。
久美は膣の裂かれる痛みに顔を歪めながら堪えて、肉竿が封印に達した。
それが破られると「ヒ~!」悲鳴を上げ体を震わせていく。
それに、鮮血が流れ出した。

 「久美…」忠行はそれだけ言って、腰の振りを早めていく。
久美も「忠行君、痛かった…」泣きながら背中を抱きしめた。
やがて、忠行も絶頂を向かえ「う~!」身震いと同時に久美の体内に液体を噴射した。


 (射精だわ。射精している…)克子はファインダー越しに見ていると、膣の中がヌルヌルしていくのがわかる。
(私も、あのオチンチンで突かれたい…)忠行に抱かれている自分を想像しながらビデオを構え、淫裂を撫でだした。

 射精を終えた2人は暫く動かなかった。
「久美、洗おうか?」
「そうしたい。いつまでも汚れたままはイヤだし」2人は起きあがり浴室に向かうと「もういいでしょ、儀式は終わったし」克子が言う。

 「義姉さんありがとう。お礼は必ずするからね」忠行の言葉に、克子は服を着込み家から出て、また2人だけになった。
「久美、洗ってあげるね」
「汚れているから恥ずかしいわよ。自分でする」淫裂に石鹸を擦りつけ洗って行く。

 「だったら、ここはいいだろう?」乳房を撫でだした。
「そこならいいわ。優しくしてね」
「わかっているよ」掌で撫でてから揉んでいくが、指先が時折、乳首を挟んで潰し「あっ!」体を痙攣させ声を上げていく。

 忠行が久美の前を洗い終えると、久美が汚れた肉竿を洗っていく。
手で掴まれ再び膨らみだした。
「久美。ここで、いいだろう?」久美を自分の膝に乗せ抱き上げた。

 「ダメ。こんなのダメ!」イヤでも肉竿が淫裂に入り込み「あ、あ、あ~」両手でクビを押さえながら体を反らせた。
「う、動かさないで。膣が痛いのよ!」

 「我慢して。もうすぐ出るから」腰を振っていくと「抜いて。お願いだから抜いて!」と声を上げている。
それでも忠行はピストンを続けて、また噴射した。

 噴射が済むと、久美は降ろされまた淫裂を洗いだす。
「忠行君。セックスって痛いだけなんだね」
「そんな事ないよ。気持ちいいって、義姉さんが言っていたよ」

 「そうかしら。私はできたら、もうセックスしたくないの…」申し訳なさそうに言う。
「そんなのイヤだよ。久美とこれからしたいんだよ」抱きしめるが「ごめんね、だって痛いんだもん」詫び続ける久美だ。

「兄貴の嫁さん」第8話 射精

第8話 射精

 そして、夜が明けると克子は下着を着け、久美も同じく下着を着けた。
「久美、義姉さんみたいの着ないの?」レースの下着を忠行は気に入ったようだ。
「ダメよ。お母さんに怒られちゃう」
「そうか。まだ子供だもんな…」呟くように言って服を着だした。

 そして、3人は何もなかったような顔をして食事を摂り、久美は家に戻った。
久美がいなくなると「忠行さん、昨日の事は誰にも言わないで欲しいの」克子は申し訳なさそうに頼む。

 「言わないよ。その変わり、義姉さんのヌードを撮りたいな」
「何言っているの。そんな事できないわよ!」
「だったら、約束できないな。オ○ンコした事も言っちゃうかも…」
「やめて。そんな事しないで、お願いよ」

 「だったら、ヌードを撮らせてくれるよね?」
「そんな事、吉行さんに知られたらどうするのよ」泣き声になっている。
「泣かないで。別に脅すつもりはないんだ。どうしても義姉さんのヌードが撮りたいだけなんだ!」肩を抱き、唇を押しつけると(いい臭いがする。久美とは違う臭いだ…)甘酸っぱい臭いが鼻についた。

 「ヌードの事、誰にも言わないと約束できる?」
「できるよ。だから撮らせて」また唇を押しつける。
「わかったわ。いつ撮るの?」
「いまからだよ。ここで!」その言葉に覚悟を決め克子は、また服を脱ぎだした。

 「撮るよ。義姉さん!」忠行は服を脱いでいく克子を撮りだす。
克子の白いレースのパンティとブラジャーが眩しく見える。
克子はその白いパンティとブラジャーを脱いで全裸になり「これでいいでしょう?」男の前で全裸を晒し、体が震えている。

 「いいよ、凄くいい!」その全裸を撮りまくった。
乳房、絨毛と克子の全てを撮っていく。
「もういいでしょう?」
「待って、抜きたいんだ!」チャックを引き下げ肉竿を掴み出すと「セックスはしないわよ」淫裂を両手で押さえる。

 「わかっているよ、自分でするんだ。手を退けて!」克子の股間をじっと見ながら肉竿を擦りだした。
「やめて、そんな事しないで…」
「我慢できないよ。義姉さんのヌードで抜きたい!」

 「そんな事しなくても、私が…」何を思ったか、忠行の前に腰を降ろし肉竿を口に含んでいく。
「義姉さん。気持ちいいよ」上擦った声を上げながら、乳房を揉み「ウグ、ウグ!」克子は口を動かしていく。

 (太いわ。これで膣を突かれたい…)そう思いながら口を動かし続けると、咽奥にドロドロした液体が漂っていく。
「でちゃった。義姉さん」申し訳なさそうな顔をして言うと「気にしないでいいわ。それから、今度の事は約束したわよ」克子は服を着ていく。

 「言わないよ。義姉さんを悲しませる事はしないさ」忠行は秘密を誓い、昼近くに、吉行と数行が帰ってきた。
克子は2人の顔を見て笑顔になっている。
その夜、克子はいつもと違って自ら吉行を求めて「あ、あ、あ~」馬乗りになり、乳房を揉まれながら腰を振り続けた。

 それから月日が流れて正月を迎えた。
吉行夫婦は、克子の実家に挨拶に出かけ家の中には忠行しかいない。
忠行はそっと2人の部屋に入り込んで、何かを捜していた。

 「これかな?」手にとって調べるが違うようだ。
「こんな所に置くわけないよな。大事だし」今度はタンスの中を調べていく。
「あったぞ、これかな?」テープがあり、CDもあって、忠行はそれを持って自分の部屋に戻った。

 「まずは、ビデオだ」デッキに入れると、暫くして両手を鴨居に縛られた克子が映し出される。
「凄いぞ。ビデオは違うな」泣き声も聞こえた。
「オ○ンコマまで映っている!」自然とビデオ見ながら肉竿を擦っていく。

 ビデオでは『 嫌い、こんな吉行さんは嫌いよ…』泣き声を上げていた。
暫くして、画面が変わり淫裂から白い液体が流れている。
「射精だ、義姉さんが射精された…」手の動きが早まり、先端から白い液体が噴き出していく。

 「でた、でちゃった!」慌てて、ティッシュで拭き取っていく。
「これはダビングしないと」巻き戻しをして、DVDにコピーを始めた。
「さてと、これはどうかな?」今度はCDをパソコンに入れた。
「いいね、側で撮るといいよな」黒い下着姿の克子が映っている。

 忠行は次々と画像を見て「これもコピーだな」CDもコピーした。
コピーが終わると元に戻して何食わぬ顔をして「義姉さん1人になるのはいつかな?」チャンスを伺った。

 そのチャンスが訪れた。
数行は近くの温泉で泊まり込みの新年会だ。
吉行も役員の慰安会で今夜は遅くなると言う。

 忠行は、待ってましたとばかりに克子に抱き付いた。
「やめて。変な事したら声を出すわよ」
「出してもいいよ。でも、義姉さんの秘密知っているからね」

 「秘密って?」
「ビデオだよ。縛られて撮られたんでしょう。そしてオ○ンコマでされて。僕見ちゃったんだ、あれをね」

 「う、嘘よ、そんな事してないわよ…」動揺するが、声が上擦っている。
「証拠はあるよ。これさ!」ビデオから撮った写真を見せると「そんな、そんな事ないはずよ…」顔が真っ青になっていく。

 「わかったでしょう。だから声は出さない方がいいよ」忠行は克子を押し倒して服を脱がせていく。
「イヤ、やめて。そんな事したら言いつけるからね」
「だったら、僕もこの写真を見せちゃうよ」そう言われれば黙るしかなく、抵抗もできなくなった。

 「わかったでしょう。おとなしく、裸になって下さいよ」下着を脱がしていく。
「やめて。セックスはイヤなの、お願いよ!」
「無理だよ。僕は義姉さんと前からやりたかったんだ。いいでしょう?」パンティを引き下げた。

 「あなたには久美さんがいるわ。私より久美さんが似合いよ」
「久美ともやるけど、義姉さんともやりたいよ」ブラジャーも脱がされ、生まれたままの姿にされた。

 その後、忠行も服を脱いで覆い被さった。
「やめて。お願い、イヤ!」逃れようとしても、肉竿が淫裂に入り込んでくる。
「ダメ。あ、あ、あ~!」嫌がっても、肉竿が小刻みにピストンしながら根本まで入った。

「義姉さん、綺麗だよ」唇を重ねながらピストンを始める。
(気持ちいいわ、吉行さんのより感じる…)嫌がっていた克子だが忠行の背中を抱きしめ足を開いて行く。

 「して、もっとして…」うわごとのように言って忠行の口に舌を入れる。
その舌に忠行も舌で絡めて「あう、あう!」2人は結合したまま体も入れ替えた。
「義姉さん、やって…」
「いいわよ、私に任せて」今度は克子が腰を振っていく。

 「ヌチャ、ヌチャ!」乳房を揺らせ腰を振り続けた。
「気持ちいいよ、義姉さんにして貰うと」克子の動きに忠行は次第に登り詰めていく。
「出して、オ○ンコに出していいわよ」言い終わった瞬間、膣の中に暖かいのを感じた。

 「義姉さん。出したよ」
「わかるわよ、忠行さん」2人は胸と胸を合わせ唇を重ね合わせた。

 2人は暫く休んでから、四つん這いになって「いいわ。凄くいいわ!」淫汁と精液を垂らしながら声を上げている。
その後、駅弁、立ったまま、マングリ返しといろいろな形で楽しみ、忠行は2回膣の中に放出した。

 その夜遅く、吉行が帰宅した。
「あなた、して。今夜したいの」
「どうしたんだ、お前がオ○ンコしたいなんて!」

 「だってしたいの。今夜は出していいから…」
「やっとその気になったか。それなら今夜は寝かせないからな」吉行は克子に抱き付きいたが(違うわ、忠行さんのとは違う。忠行さんのほうが気持ちいい…)肉竿がピストンしていくがあまり感じていない。

 それでも「いいわ、凄くいい。一杯出して!」と演技している。
「俺も気持ちいいよ、出すからな」吉行も克子の膣深く放出した。

「兄貴の嫁さん」第7話 克子の性教育

第7話 克子の性教育

 克子は両手で胸と股間を押さえていたが「手を退けないとダメよ」と言われ手を退けた。
「義姉さんのオッパイって大きいね。久美のよりも大きいよ」確かめるように忠行は久美と克子の乳房を握りしめていく。

 「久美さんだって、こうなるわよ」乳房を掴まれ、恥ずかしそうに顔を背ける。
「ねえ、いつ頃から大きくなったの?」
「二十歳近くよ。急に大きくなったの…」

 「このお尻もそうなの?」綺麗な尻の曲線を撫でていく。
「そうよ、いずれ大きくなるわ」
「そうなんだ。安心したわ。教えて貰ったお礼に背中を洗わせて」久美は克子を座らせ背中に石鹸を塗りだした。

 「だったら、僕も義姉さんを…」忠行は克子のクビに石鹸を擦りつけていく。
「忠行君、変な事しないでよ。克子さんも変な事されたら声を出してね」
「久美、そんな事しないよ。久美とだけにしかしないよ」

 「そうかしら。オチンチンが破裂しそうだしね」確かに忠行の肉竿が上を向いてそそり立っており、それは克子にもわかっている。
(吉行さんのより太いわ。それに、固そうだし…)チラリと見た。

 そんな事は知らず、忠行はクビから胸と洗い、乳房を撫でながら洗うと肉竿が上下に揺れ動く。
(もう子供じゃないわ、大人よ。吉行さんのより凄いし…)乳房を撫でられ、淫裂も熱くなってきた。

 それでも忠行の手が乳房から下がり、お腹を擦り、そして絨毛も触りだす。
(どうしよう。ヘアを触れるだけならいいけど、性器はイヤだし…)揺れ動く忠行の肉竿に冷静さが消えていく。

 忠行は、そんな事などお構いなしに淫裂を撫でだし「うっ!」呻くような声を上げ太股を震わせている。
「忠行君、触ったわね。性器を触ったでしょう?」

 「仕方ないだろう。こうしないと洗えないし…」
「中を触ったら、絶交だからね」
「わかっているよ。そんな事しないよ」そう言いながらも、指が淫裂の中を触って(ダメ、そこはダメ、声が出ちゃうからダメ!)敏感な部分が触られ声を出す寸前だ。

 それを救うかのように「はい、終わりよ!」背中にお湯が掛けられ「こっちも終わりだよ」忠行も首からお湯を流していく。
(よかった。声を出したら恥ずかしいし…)ホッとして克子は湯船に入った。

 「久美。今度はお前の番だぞ」忠行は久美の体を洗いだした。
「くすぐったいわよ」乳房が撫でられて「まだ子供なんだね。義姉さんは何ともなかったのに」

 「そんな事ないわ。我慢していただけよ」
「そうかな。ここもくすぐったいか?」掌が淫裂を撫でだすと「うっ!」呻き声を上げ太股を震わせている。

 「どうなんだ、気持ちいいのか?」指が淫裂を触っていく。
「気持ちいい…。でも、セックスはしないからね」
「わかっている。知りたかっただけさ」忠行は久美の体を洗っていき、3人は体を洗い流して居間に戻ってきた。

 「義姉さん。セックスって気持ちいいの?」戻るなり尋ねた。
「気持ちいいとか、悪いとかはその時の気分よ。その時によって感じ方が違うの」
「そうなんだ、その時の気分か…。その気分にさせるにはどうするの?」忠行は執拗に尋ねた。

 「どうして、そんな事聞くの?」
「久美とセックスする約束しているんだ。勿論、今じゃないけど」
「それで知りたいのね」
「そうなんだ。これから指導してくれないかな?」

 「そんな指導なんてできないわ、セックスは自分で覚えるのよ」
「そう言わないで教えてよ。教えないなら義姉さんをレ○プしちゃうよ」
「わかったわ。教えるわよ」レ○プと聞いて克子も折れた。

 「久美いいだろう。これから予行演習だ」
「恥ずかしいわよ、見られるなんて」
「気にするな、家族なんだから。ほら行こうよ」3人は座敷に向かった。

 そこには、久美の為布団が敷かれてある。
「久美、寝て!」言われた通りに久美が仰向けに寝た。
「義姉さん。まずは何をするの?」
「キスよ、その後オッパイを撫でながら…」克子は、自分が吉行にされている通りに言うと、忠行が実行していく。


 「指で性器を撫でるの」忠行の指が、絨毛の中に入り動き出すと「忠行君、気持ちいい。声を出しても変に思わないでね」
「変じゃないわ、それが普通なの。そこはクリトリスと言って一番感じる場所なのよ」
説明している克子も膣の中が熱くなっている。

 「ほら、濡れてきたでしょう。そうしたら、入れてもいいの」
「久美、先だけ入れていいだろう?」
「痛かったら、抜いてよ」
「勿論さ」忠行は久美に覆い被さり、肉竿を淫裂に押しつけた。

 「熱いわ、忠行君のオチンチンが熱い!」肉竿の先端が膣穴の入り口に当たっている。
「そうしたら、ゆっくり腰を動かして。それにオッパイを揉みながら…」
言われた通りにしていくと「あ、あ、あ~!」久美は喘ぎ声を上げ忠行を抱きしめた。
「好きよ、忠行君!」
「俺もだよ、久美!」2人は名前を呼びながら、肉竿の先端でピストンしていく。

 「もう、大丈夫よね」それを見て克子は去ろうとした。
「待って。セックスって、いろいろなやり方があるでしょう。それも教えて!」忠行は体位を尋ねた。

 「そんな事言われたって、少ししか知らないわ」
「知っているだけでいいから教えてよ」
「わかったわよ。まずは四つん這いよ、こうやって後ろからするの」2人の前で克子は四つん這いになった。

 「僕は、こうするんだね?」忠行は両手で腰を押さえ、肉竿を突きだすと「あっ!」淫裂に肉竿の先端が入って、呻くような声を上げた。
(お、オチンチンが膣に入った!)動揺しながら「わかったでしょう?」四つん這いから立ち上がった。

 「他のやり方は?」執拗に尋ねている。
「こんなのも、あるわ」克子がポーズを取ると、忠行の肉竿を押しつけられた。
それを見ている久美だが「私、トイレに行って来る!」と座敷からでた。

 「義姉さん。抱っこしてやるのもあるよね?」久美がいなくなると、ここぞとばかり克子の太股を持ち上げた。
「ダメよ、これはダメ!」落ちまいと忠行のクビを両手で押さえる。

 「その後、入れるんだよね?」肉竿が淫裂に入り込んでいく。
「ダメ。抜いて、久美さんに見られたら、大変な事になるのよ!」逃れたいが、両手を使えずどうしようもない。

 それをいい事に、肉竿を根本まで押し込んで「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げてしまった。
(凄い。吉行さんのより凄い!)若い忠行は、一気に腰を振りだし「抜いて、お願い抜いて!」淫裂からは淫汁が流れている。

 忠行は腰の振りを止めず「と、トイレよ。私もトイレ…」とっさに嘘を並べた。
「仕方ないな。戻ったらまた教えてね」渋々肉竿を抜いて克子を降ろした。
克子は急いで部屋から出ていくと、久美と鉢合わせになった。

 「どうしたの。そんなに急いで?」
「と、トイレなの」股間を押さえて(濡れた性器は見られたくないし…)女性のたしなみか、しっかり押さえて通り過ぎた。

 「フー。見られずに済んだ。でも、忠行さんのオチンチンが膣に入ってしまった…」トイレに入るとウォッシャーで淫裂を洗っていく。
「これが、吉行さんに知られたらどうしよう…」不安になりながら膣を洗い、座敷に戻っていく。

 「義姉さん。僕もここで寝るけどいいでしょう?」
「そんな2人だけでなんてダメよ、万が一があるし。それなら私もここに寝るわよ」克子は布団を敷きだす。

 その夜、忠行はなかなか寝付けなかった。
(義姉さんのオ○ンコにチンポを入れた…)駅弁や四つん這いでの事が思い出されている。
(抜きたい、我慢できないし…)布団の中で肉竿を擦り出す。

 それは、久美にもわかり、久美の手が肉竿を掴んで擦っていく。
「う、う~」呻くような声を上げ、忠行も乳房を撫でていくと、久美の呼吸も荒くなっている。

 また、2人のモゾモゾと動く音に克子も気づいた。
(オチンチンを撫でているんだ。それに膣も触っている…)想像していると膣の中が濡れていく。
(セックスしたい。あのチンポで、もう一度突かれたい…)忠行との事を思い出しながら指で淫裂と乳房と触っている。

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
326位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
罠に落ちた人妻 連載中
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


サイトの設定によりカウントされない場合もありますのでご承知下さい
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
ブログ内検索
記事数メーター