fc2ブログ

「拗れた関係」第9話 兄妹・姉弟

第9話 兄妹・姉弟

 その夜、智子は足を開いて立っている。
「動かないで。危ないからね」カミソリが絨毛を捕らえて剃っていく。
「ジョリ、ジョリ!」弘毅の持ったカミソリは、型紙に沿って絨毛を整えている。

 (恥ずかしい。性器が丸見えのうえ、ヘアがハートだなんて…)パックリと割れた淫裂が露わにされ、恥丘の絨毛もハート形に変わった。
「綺麗だ、智子!」淫裂を指で触りながら舌でクリトリスを舐めていく。
「ダメ。変になっちゃうわ、後でしましょう。麻子さんが終わるまでダメよ」

 「そうだな。今度は麻子の番か…」
「そうよ。私も手入れして貰わないとね」麻子も足を開いて立った。
「行くよ、麻子さん!」
「いいわよ、元克さん」麻子の絨毛が智子と同じように型が押してられて剃られた。
「ほら、姉さんと同じになったよ」淫裂が露わになり肉襞も飛び出ている。

 「姉さん、その性器を撮らせて。記念になるし」
「イヤよ、性器を撮られるのはイヤなの。許して」
「智子、記念に撮って貰えよ。俺もそのオ○ンコが気に入っているんだ。麻子、お前もオ○ンコを撮っておけ!」

 「恥ずかしいわよ。こんな性器を撮られるなんて…」
「恥ずかしくはないよ。綺麗なオ○ンコだよ、麻子」弘毅は妹の淫裂を撫でていく。
「わかりました。元克さん撮って、私の性器丸出しのヌードを…」覚悟を決めた麻子は椅子に座り足を広げた。

 (恥ずかしいわ。性器の中まで見られているなんて!)目の下が腫れ上がり、顔が真っ赤になっている。
「私も撮って、元克!」智子も同じように足を広げている。
「撮るよ。ほら、笑って!」淫裂の中まで晒している2人を、元克はカメラに収めた。

 撮影が済むと、弘毅が紐を二本持ってきた。
「いいかい、これでゲームをしようよ。お互いに掴むんだ。
そして、引いた相手が今夜の相手だ」
「ちょっと待って、兄さん。それだったら、兄さんと…」麻子の言葉が途切れた。

 「そうだよ、それもあり得る。だから、これを使おうよ。薬は飲んであるだろう?」
コンドームを見せると「いけないわ。弟のセックスだなんて!」智子の顔も強ばっている。
「私だってイヤよ、兄さんとだなんて。元克さんだってイヤでしょう。姉さんとだ何て」

 「いいんじゃないかな、姉さんともしても。姉さんともしたかったし」元克は麻子の乳房を撫でながら言う。
「じゃ、私が兄さんとセックスしてもいいのね?」涙を流しながら言う。
「これはゲームだよ。麻子さんにはいずれ僕の子供を産んで貰うから」
「智子もそうだよ。これはゲームだよ。今回限りのゲームなんだから」

 「いいだろう、姉さん。やりたいんだよ!」今度は智子の乳房を撫でている。
「わかったわ。弘毅さん、やるから嫌いにならないと誓って」
「私もよ、元克さん」
「誓うよ、智子さん」
「俺も誓うよ、麻子さん!」こうして、ゲームが決まった。

 2人が承知すると早速、ゲームが始まった。
智子と麻子は顔を見合わせながら選んでいく。
「智子さん。私これよ」
「だったら、これが私ね。元克とする事になっても恨まないでね」
「私の事もよ」紐を選んだ。弘毅と元克も選んだ。

 「引いて!」(どうか、弘毅さんでありますように!)目を閉じて引いていく智子だ。
麻子も祈りながら引いた。
「これは兄さんだわ!」「私は元克なの?」2人の声は悲鳴に近かった。
「そんな、兄弟同士でセックスだなんて!」泣き声に変わった。

 「姉さん、泣かないで」
「麻子も泣くなよ」2人は肉親を抱きしめ、抱き上げてベッドルームに入った。
寝室には大きめなベッドが二つあり、弘毅と元克も服を脱いで全裸になった。

 「姉さん。これ付けて!」元克はコンドームを手渡し「こうするのね」袋から取りだしたコンドームを、肉竿の先端に被せて転がすように伸ばしていく。
「兄さん、優しくしてね!」麻子も弘毅の肉竿にコンドームを装着している。
「これでいいわよ、兄さん」「元克、いいわよ」2人の女性はベッドに仰向けになると体を開いた。

 (弟とセックスするなんて…)目を閉じていると「姉さん!」肉竿が入り込んで来た。
「優しくして。痛いから優しくよ」腫れ物を扱うように肉竿を押し込んでいく。
「兄さん、痛いわ。痛いの!」麻子は泣きそうな顔をしている。
「コンドームを付けているから、滑りが悪いんだ、生でなら痛くないけど…」

 「直はイヤよ。兄さんとのセックス自体がいけない事なのに…」麻子も目を閉じ堪えている。
2人は乳房を撫でながら肉竿が押し込まれた。
「ん、ん、ん!」「あ、あ、あ!」肉竿が根本まで入ると、ピストンが始まる。

 「姉さん、生でしたいよ!」
「だめ。これだっていけない事なのよ。避妊具を付けてでないとダメ…」
「わかったよ。姉さん」乳房に顔を埋めて行く元克だ。

 「麻子、オッパイが可愛いよ」
「兄さん、これっきりにして。いけない事だから…」
「でも欲しい。麻子が欲しいんだ!」
(兄さんが私を欲しいだなんて…。智子さんがいるのに…)黙って乳房に顔を埋めている兄の頭を撫でていく。

 肉竿がピストンを始ると、淫裂の方も反応して膣の入り口も緩み、肉竿をすんなり迎え入れている。
(痛くない。膣が痛くない!)淫汁も溢れて「あ、あ、あ!」2人は悶え声を上げている。

 翌日も智子と麻子は、生まれたままの姿でいた。
「泳ごうよ」「わかったわ、行くわよ」渋々と外にでて海水に浸かっていく。
智恵と麻子は全裸を見られるかも知れない、という不安を抱きながら泳いでいた。

 休暇を楽しんでいたが、休みも終わりが近づいた。
今度は戻るのが大変で「お願い、夜に帰りましょうよ」頼み込む。
「そうだな。昼は混むから夜にするか…」
(よかった。夜だったらフルヌードが気づかれないし)ホッとする麻子と智子だ。

 そして、真夜中に走り出し、後ろには全裸の2人が乗っており、両手で股間を覆っていた。
「あそこを、見せてくれよ!」
「ダメ。気が散って危ないから…」

 「だったら、オッパイも隠した方がいいよ」
「そうだよね」恥ずかしそうに片手で乳房を隠す。
こうして、4人が戻ったのは明け方だった。
「やっと戻った!」智子は走るように家に飛び込み、入るなり服を着ようとした。

 「姉さん、裸の方が綺麗でいいよ。どうせ、お風呂に入って寝るんだから」
「そうだね、どうせヌードになるもんね」浴室に入った。
お湯を浴槽に入れ、その間に体を洗っていく。

 「姉さん、洗ってあげるよ」元克も全裸になって入ってきた。
「いいわよ、1人で洗うから!」(セックスが狙いね。でもしないからね…)両手で股間を覆う。
「遠慮しなくていいよ。姉さん!」強引に手を退けさせ、石鹸を股間に塗っていく。

 「やめなさい。そこは洗わなくていいわよ。元克!」
「ダメだよ。きれいに洗わないと」手のひらが淫裂を丁寧に洗っていく。
「ダメ、指が入っている。指を抜いて!」
「オ○ンコの中も洗わないと…」指が動きだした。
「ん、ん、ん!」(それ以上はダメよ。セックスもダメだからね…)目を閉じていく。

 しかし、元克は自分の膝の上に智子を乗せた。
「イヤ。やめなさい。いけない事よ、やめなさい!」淫裂に入る肉竿を押さえている。
(このままではレイプされてしまう。こんなに欲しがっているし…)掴んだ肉竿はカチカチに固まっている。

 「やりたいんだ。姉さんと!」乳房を鷲づかみし「ひー!」悲鳴を上げる智子だ。
「オッパイが痛い、手を退けて…」顔を歪めて言う。
「姉さんが先に退けたら、オッパイから手を退けるよ」
「元克、セックスはいけない事なのよ。だめなの!」

 「イヤだ、やりたいんだ。姉さんと…」爪を食い込ませて「やめて、痛いのよ。元克、やめて!」手の力が自然と抜けていく。
「ダメ、入れないで、ダメ!」」一瞬の隙間を縫って、肉竿が淫裂に入った。
「姉さん、お願いだよ!」

 (もう、膣に入ってしまったし…)「わかった。コンドームを着けてして!」
「イヤだ。このままやるんだ!」乳房から手が退けられると、腰を押さえられた。
石鹸が塗られた淫裂は、すんなり肉竿を迎え入れて「あ、あ、あ~!」声をあげた。
「姉さん、好きだよ…」肉竿を入れたまま乳首を吸う。

 「弘毅さんに知られたら、お嫁にしてくれない…」
「だったら、僕のお嫁になって」
「いけないわ。そんなのいけない!」しかし、元克は腰を前後に振っていく。

 膣の中を肉竿が動いていくと「わかったわ。してあげる!」智子も覚悟を決めて、自分から腰を動かした。
「姉さん!」元克は唇を智子に押し当て(許して弘毅さん!)元克の頭を抱きしめ、唇を受け入れた。

 2人が腰を動かしていくと「クシュ、クシュ!」淫裂から音と共に、淫汁が流れ出てくる。
(感じていく…。実の弟とセックスして感じるなんて…)罪悪感を覚えながらも快楽に酔っていると「うー!」登りつめた元克が爆発した。

 「出したの、元克!」膣の中が暖かくなっている。
「うん、姉さんの中に出したよ。あれ飲んでいるから平気でしょう?」
「そりゃ、そうだけど。でも、弘毅さんの精液しか受けたくないの…」
「でも、姉さんのオ○ンコに出したかったんだ」

 「膣に出すのは、今回限りにして…」
「わかったよ、姉さん。風呂から上がったら一緒に寝ようね」
「困ったわ、そんな一緒だなんて!」
(またセックスする気だ。困ったわ)思案する智子だ。

 「わかったわ。その代わりセックスはダメよ」そう言って太股から降りると、淫裂から堰を切ったように精液が流れ出ていく。
「こんなに出したのよ。飲んでなかったらできるのよ」わざと元克に見せ、シャワーで淫裂の中を指で丁寧に洗ってから浴槽に浸かった。

 「姉さん!」元克も入ってきた。
「もう、ダメだからね」智子は膨らんだ肉竿を押さえて体を温めた。

 体を温めた2人は全裸のまま、ベッドで横になっていく。
「姉さん、愛しているよ」胸に顔を埋めて乳房を揉んでいる。
智子は犯されないように、勃起した元克の肉竿を握っている。
「オッパイだけよ。もうダメだからね」

 「わかっているよ、姉さん!」乳首も吸われると「ん、ん、ん!」背中を浮かせる智子だ。
(ダメだわ。こんな事されたら、欲しくなってしまう…)淫裂が濡れていくのがわかる。
(どうしよう、元克とのセックスは許されない事だし…)悩む智子の手の力が抜けていく。

「姉さん!」元克は智子の顔を見て(欲しがっている。姉さんが僕を欲しがっている!)元克は体をずらし、肉竿を淫裂に押し込んでいく。
「待って。私がする!」体を起こすと馬乗りになり、腰を振りだす。

 「元克、もう終わりにしようね。こんな獣みたいな事は…」乳房を揺らせ腰も振り続ける。
「わかった。お尻ならいいでしょう?」揺れる乳房を揉みながら言う。
「いいけど、たまによ。お尻は痛いの」智子は再び、元克の精液を膣の中で受け止めた。

 同じように、麻子も弘毅に抱かれていた。
「いけないわ。兄さん、いけないわ!」乳房を揉まれ、肉竿が淫裂に入ろうとしている。
(ダメだわ、このままでは…)「コンドーム着けて。それからならいい!」
「ダメだ、このままでしたいんだ!」淫裂に肉竿が入ると「あ、あ、あ!」声を上げた。

 「麻子、好きだよ!」乳房を撫でながら実の妹を犯していく弘毅だ。
「元克さん。許して…」目を閉じ涙を流してると、登りつめた弘毅に射精された。
「兄さん、いやー!」淫裂からは弘毅の精液が流れて行く。

 「洗わないと。急いで洗わないと!」
「飲んでいるんだろう、あれを?」
「飲んでいるけど、イヤなの。洗わないと」麻子は浴室に入り、淫裂を洗った。

 体も洗って戻ると「麻子、綺麗だよ、麻子!」また抱きつかれた。
「ダメ、いけないわ。だめよ!」仰向けになった弘毅の上に跨らされ、肉竿を迎え入れた。
「やってくれ、麻子!」
「兄さん。これが最後よ」麻子は乳房を揉まれながら腰を振っていく。

 「わかった。最後だな…」名残を惜しむかのように乳房を揉んでいる。
そして、クライマックスを迎えて膣の中に噴射した。
「麻子!」「兄さん!」2人は結合したまま、胸を合わせて抱き合った。
スポンサーサイト
[PR]

「拗れた関係」第8話 旅行 

第8話 旅行 

  旅行の日になり、出発は道路の混雑を避けるため、夜中に出発と決めて「もうすぐよ」時計を見ると11時を回っている。
麻子達は11時半に、迎えに来る事になっていた。

 「恥ずかしいけど、元克のためだし…」自分に言い聞かせながら履いていたパンティを脱ぎ、ブラジャーも脱いだ。
「これでフルヌードだわ。これからは、これで行くんだ…」乳首が興奮して膨らみ、股間の絨毛が大分、伸びている。

 全裸になると、荷物をまとめてカバンに詰めてリビングに向かうと「ね、姉さん、素っ裸じゃないか!」元克が声を上げた。
「そうなのよ。熱いから裸で行く事にしたの。どうせ、夜だから見えないし…」
「それは、そうだけど…」元克の言葉が途切れた。

 (恥ずかしいけど仕方がないの。弘毅さんだって、わかってくれるわ…)乳房を揺らせながら準備をしていくと「もうすぐ来るよ、姉さん!」元克は背中に体を押しつけ、両乳房を掴んだ。
「ダメよ、元克。絶対にダメ。約束して、もうしないって!」

 「わかった。でも、お尻ならたまにはいいでしょう?」乳房を撫でていた手が乳首を摘んで「あっ。ダメ、お尻も…」乳首が転がすように摘まれていく。
(気持ちいいわ。でもお尻はイヤだし…)
「ねえ。いいでしょう、たまには?」
「わかった、たまによ。たまにだからね」目を閉じて上擦った声で言う。

 「ありがとう。姉さん」乳首を摘んでいた指が、淫裂に伸びた。
「ダメ、そこはダメ。それに浣腸してからでないとダメよ、汚いから…」目を閉じ、淫裂を触っている元克の手を押さえた。
「僕が浣腸していいよね?」
「いいわ、元克に任せる…」淫裂を触っていた手が、乳房に戻って揉み出す。

 「やめて。変になっちゃうから、やめて!」
「わかった。やめるよ」両手が乳房から退けられて、顔を押さえ「姉さん!」元克は唇を押し当て「う!」智子も唇を重ねる。

 「元克。私はいいから、麻子さんともしないと…」
「しているよ、麻子さんとも。今度は4人でしたいな。お互いに見せ合いながら」
「イヤだわ、そんな事言って!」顔を赤めるが、まんざらではない。

 暫くして、車の音がした。
「来たみたいだわ」車は智子の家の玄関に横付けされた。
「バタン!」ドアの音がし「こんばんわ」麻子の声が聞こえる。

 玄関に出た智子の声が「上がって…」途切れた。
「私もフルヌードで行くの。熱いから…」恥ずかしそうに言う麻子も、一糸まとわぬ全裸だ。
小振りな乳房を振るわせ、股間の絨毛を惜しげもなく晒している。

 「とにかく上がって!」
「失礼します」麻子が中に入ると、弘毅も入って来て「智子さんもかい?」驚いている。
「私も熱くて。フルヌードならいいと思って…」見え見えの嘘を並べる智子の目の下が真っ赤に腫れ(脅されてやっているの、許してね、嘘言って)目を背けている。

 「とにかく、上がってよ」弘毅も中に入った。
2人がリビングに戻ると、麻子と元克が抱き合い、唇を重ねている。
「僕たちもいいだろう?」それに吊られるかのように、弘毅も智子に唇を重ねてきた。
そして、乳房を撫でながら乳首を吸い「あ、あ、あ!」喘ぎ声を上げていく。

 「姉さん。オ○ンコをやりたいの?」
「バカ言わないで。そんなのしたく無いわよ」
「僕はしたいよ。行く前にやらせて!」
「ダメよ。そうだ、口でしてあげるからいいでしょう?」

 「口でもいいよ!」智子は弘毅のファスナーを引き下げ肉竿を取りだし、それを口に含んで「うぐ、うぐ!」頭を振りだす。
「いいよ、智子さん、気持ちいいよ…」目を閉じ声が上擦っている。

 「麻子さん、僕にもして。姉さんみたいに…」
「いいわよ、口でなら」麻子も元克のファスナーを引き下げ、肉竿を口に含んで頭を振ると「いいよ、すごくいい!」上擦った声を上げた。

 暫く口を動かしていると「でる、でる!」2人の口の中に放出され、その後はコーヒーを飲みながら雑談し、12時には家を出た。

 運転席には弘毅、助手席には元克が座り、後席には一糸まとわぬ2人が座っている。
「智子さん、寒かったらこれを被って」膝には大きめのバスタオルが掛けられ「ありがとう!」礼を言う智子だ。

 車は一般道路を走っていくが、真夜中のせいか、行き交う車がほとんど無い。
時たま通る車のライトが社内を明るくし、その度に2人の乳房が浮かび上がっている。
(見られてしまうかも…)顔を強ばらせながら、手で乳房を覆っている。

 2人は車の中は、対向車からは見えない事を知らなかった。
その為に、ライトが見えると(また来たわ!)両手で胸を隠している。
やがて、対向車も無くなり、緊張が解けたせいか尿意が襲ってきた。
(言えない。オシッコだなんて…)股間を押さえながら我慢している。

 それは運転している弘毅が気づいた。
「オシッコかい?」「そ、そうなの、出したいの…」
「待って、いいとこで止めるから」前を見ている。

 弘毅は脇道を見つけたのか、道路から中に入って車を停めた。
「出してもいいよ。俺もしたいし」「僕もするよ」4人は車から降りた。
「見ないでね」
「見せて。僕見たいんだ。女性の出す所を!」
「そうだよ、見せてよ」

 「ダメ。そんなの見たら、私を嫌いになっちゃうから」
「嫌わないよ。お願いだから見せて。見せてくれないなら、朝まで動かないぞ」
(そんな事されたら、フルヌードが丸見えになってしまう…)2人は顔を見合わせて「絶対に嫌いにならないでね。それならいいけど…」渋々承知した。

 「嫌いに何か、ならないって!」
「わかった。出すから見てて…」智子は立ったまま、淫裂を広げて出し始めた。
「ジャー!」最初は足下に落ちていたが、伸びていき弧を描いていく。

 「へえ、オ○ンコのそんな所から出るのか!」2人は放出している智子の淫裂を見ている。
「そうなの。ここから出るのよ」恥ずかしさを我慢して最後まで出し切り、濡れた淫裂をティッシュで拭いていく。
その後、麻子も立ったまま淫裂を広げて放出した。

 「麻子もここからか?」
「当然よ。性器は同じ作りなんだからね」弘毅と元克は放出の終わる最後まで淫裂を見ていた。

 「今度は俺たちだ、見てくれ!」
「イヤよ、そんなの見たくもないわよ!」智子と麻子はさっさと車内に戻っていく。
乗り込むと「やれ、やれ!」ホッとする2人だ。
放出を済ますと4人を乗せた車は再び走り出す。

 走り初めてから3時間も経ち、車は山道に掛かった。
「何だか冷えるわね」
「そうね、これを被った方が良いわ」2人はバスタオルを被って体を寄せ合う。
「麻子さんが暖かい…」
「智子さんこそ、暖かいわ」さらに寄り添っていくと自然に目と目が合う。

 「智子さん!」「麻子さん!」2人は狭い車内で抱き合い、唇を重ね、お互いに乳房を掴み合い「あ、あ!」「ん、ん!」喘ぎ声が車の中に響いていく。
「智子さん、楽しんでいるのかい?」
「弘毅さん、女同士だからいいでしょう?」

 「いいよ。どうせなら、タオルを退けやってるところも見せてくれよ」
「後で見せるから、今は許して。セックスもしてあげるから…」
「わかったよ。楽しんでもいいけど、僕の相手も忘れないでね」

 「わかっているわ。必ず、相手するわ」そう言うと2人はバスタオルで体を隠し「あ、そこは感じるわ!」「あん、あん!」と声を上ていく。
その声に弘毅と元克の肉竿が大きく膨らんでいた。

 それでも、麻子と智子は走る車の中で楽しんで「いいわ、オッパイがいいわ!」乳首が吸われた智子が声を上げ「あん、あん!」今度は麻子が声を上げ、2人はバスタオルの下で、淫裂にも指を入れ合った。

 山道を走る抜けると、今度は真っ暗な海が見えてきた。
「もうすぐだな」弘毅が呟くと「そうですね、もうすぐですね」車は平地を走っている。
そして、行き止まりの所まで来ると、明け方らしく明るくなっている。

 「着いたよ。姉さん!」元克はバスタオルを退けた。
「姉さん達、眠っている!」2人は抱き合い、太股をお互いの淫裂に押しつけ合ったまま、眠っている。

 「起きて。着いたよ!」体を揺すられやっと目が覚め「着いたのね」起きあがり車から降りていく。
「行こうか、ここで3日間過ごすんだからね」車から降りると早速、家の中に入ったが部屋の中は綺麗に整理されている。
「とにかく、体を休めないと…」「そうだね、疲れているしね」4人はベッドに入って疲れを取った。

 やがて、熱い太陽が真上まで来て、もう眠っている場合ではない。
「熱いや。、泳がないと…」弘毅は服を脱ぎ水着を履いていく。
同じように元克も水着を履いて「一緒に泳ごう」腕を引かれる智子だ。
それには(フルヌードよ、見られたら困るわ)戸惑っている。

 「何だ、裸が恥ずかしいのか?」
「そうじゃないわ…」
「だったら、行こうぜ!」
「わかったわ、行くわよ!」決心して弘毅と一緒に外に出た。

 (恥ずかしいわ。フルヌードなのよ!)胸と股間を手で覆いながら外に出た。
「眩しいわ!」手で目を隠すと「智子、ヘアを剃った方がいいよ。今夜剃ろうよ」
「弘毅さんが望むならいいわよ」股間を手で覆いながら言う。
「あの形でいいだろう、型紙の通りで?」
「好きなので、いいわよ」乳房を揺らせながら砂浜を歩いていく。

 そこに「待って、智子さん!」麻子が走ってきた。
乳房を大きく弾ませ、絨毛をたなびかせている。
「1人だと寂しいから、一緒にいさせて」3人が砂浜を歩き、海辺で遊んでいと「お待たせしました」元克が現れた。

 (カメラなんてイヤよ…)元克が持ったカメラに顔が強ばった。
「どうせだから、ヌードを撮らせて貰おうかと思って」
「こんなに小さいのよ。モデルにはならないわ」震える声で麻子が言うと「そうよ。私なんか、顔がよくないし…」智子も声が震えている。

 「いいじゃないか。せっかくだから2人とも撮って貰えよ」
「弘毅さんが言うならいいわ。でも…」途切れてしまった。
「早速、撮るよ!」元克は乳房と絨毛を露わにした2人をカメラに収めだした。

 すると「僕も一緒に撮ろう!」弘毅は履いていた水着を脱ぎ、智子に抱き付いた。
「ダメ、誰が来るかわからないのよ。こんな昼間からなんてダメ!」智子は水際に押し倒され、波が智子を濡らしていく。

 「いいだろう。入れるよ」
「わかったわ。入れてもいいわよ」真っ青な空の下で智子は足を開き、弘毅の肉竿を迎え入れた。
「う!」(弘毅さんが入ってきた…)肉竿がゆっくりと入り、それを元克が撮っている。

 (撮らないで。セックスは撮らないで!)目を閉じて弘毅を抱きしめていると「あ、あ、あ!」肉竿が淫裂の奥まで入って、動きだした。
「愛してるよ、智子…」
「私もよ…」唇を重ねながらピストンをしているが、波が2人の結合部を濡らしていく。
(綺麗だわ。セックスがこんない綺麗だなんて!)大自然の中で抱き合う2人は官能的で、麻子も興奮が高まっていく。

 智子と弘毅は、いろいろ体位を変えて結合していく。
「いいよ、すごくいい!馬乗りになった智子が腰を振り、それをカメラに収めていく元克だが「姉さん。僕もやりたくなったよ」水着を脱ぎ、智子を押し倒して肛門に肉竿を押し込んだ。

 「あ、あ、あー!」智子の胎内を2つの肉竿が動きだすと「ダメ…元克はダメ…抜いて…元克…」途切れ途切れに言っている。
「構わないよ。2人でやろう!」
「麻子さんが寂しそう…麻子さんが…」

 「麻子おいで。智子さんとしていいよ」
「わかった。4人同時でするのね」
「そうだよ。いいだろう?」麻子は弘毅の頭の上を跨いだ。
「智子さん、して欲しいの…」「わかったわよ」智子が淫裂を舌でなめると「あ、あ、あ!」麻子が悶え声を上げている。

 暫くして体勢が入れ替わった。
麻子が元克の上に跨り、弘毅が肛門から押し込んでいる。
「兄さん。痛いの…。我慢できない…」
「大丈夫よ。私だってできたから」淫裂をなめられていく智子だ。
こうして、4人は尽きることなく、人影のない静まりかえった砂浜で、声を上げていた。

「拗れた関係」第7話 下着 

第7話 下着 

 翌朝、智子が会社に行くと、人が集まって話し合っていた。
「ねえ、どうしたの?」
「昨日ね、内の会社に素っ裸の女が現れたんだって!」
(そんな、見られていたなんて!)智子は思わず「え!」と叫んだ。

 「それが、2人いたんだって!」
「誰だかわかるの?」
「それが、顔はわからなかったんだって。オッパイと性器しか見てなかったそうよ」
「誰なの。裸を見た人って?」
「営業の田中さんよ。会社に戻ってくる時、素っ裸の女性を見たんだって」

 (そうなんだ…。弘毅さんに見られてしまったんだ…)
「智子。どう思う、素っ裸で現れるなんて?」
「私にはわからないわ。私は裸なんて見られたくないし…」
「そうよね、裸になるなんて変態よね。まして、性器までだしているなんてね」智子はそれだけ聞くと、更衣室で制服に着替えて田中の所に向かった。

 「弘毅さん。昨日、裸の女性を見たんですって?」
「そうなんだよ。オ○ンコとオッパイ丸出しなんだ!」
「イヤ、オ○ンコだなんて。もう言わないで」
「ご免よ、智子さん。ところで、今夜寄っていかない?」

 「構わないけど、いいの?」
「いいよ。今夜は泊まってもいいよ」
「ダメよ。元克がいるし…」
「そうだよな。卒業したら結婚しような」
「私もそうして欲しいの…」智子は、裸の女性が自分だと気付かない弘毅に安心し、自分の職場に戻った。 

 仕事が終わると智子は弘毅と一緒に会社から出て行く。
「智子さん、ちょっと、寄っていかない?」そこはポルノショップだ。
「恥ずかしいわよ!」
「いいから、行こうよ」強引に腕を掴まれポルノショップに入ったが、智子は(弘毅さんったら、強引なんだから)恥ずかしそうに俯いたままだ。

 「いらっしゃいませ!」若い女性の店員が声を掛けてきた。
「下着あるかな。特別なやつなんだけど…」
「わかりました。こんなのはいかがですか?」コルセットガーターだ。
乳房を下から持ち上げるタイプで、隠すためでなく性器と乳房を見せる下着だ。

 「いいね。智子、着て見ろよ」それには驚く智子だ。
店員は買って欲しいから「試着でしたらこちらへ」(イヤだけど…)渋々店員に従うと「智子、僕も一緒だからね」
「旦那様ですか。それでしたら構いませんが…」
(恥ずかしいから、来なくていいのに…)不満を持ちながら試着室に入った。

 「カーテンはいいよ。どうせ、誰も来ないんだから」
「でも、恥ずかしいわ」
「夫じゃないか、いいだろう?」
(まだ結婚してないのに夫だなんて…)顔を赤らめながらスーツを脱いでいく。

 「下着も全部脱いでください」店員は下着姿になった智子に言う。
「えっ、全部脱ぐの?」
「はい、下着を脱がないとサイズが合いませんし…」
(そんな、フルヌードになるなんて!)黙ったままパンティから脱いでいく。

 「あら、ヘアを手入れなさってるのですね?」
「そうです、手入れしてます」顔が赤くなった。
(言えないわ、脅されてヘアを剃っただ何て!)パンティを脱ぎ終えるとブラジャーも脱いだ。

 「いいオッパイですわ。これならこれがお似合いです」ブラジャーを脱ぎ全裸になった智子を店員が食い入るように見ており(見ないで。恥ずかしいのよ)手で乳房と股間を隠していく。
「智子、手で隠すより早く着ないと」
「はい。あなた!」智子も妻のよう返事した。

 「これを着けてください」腰の部分にコルセットを取り付けた。
そして、乳房を持ち上げ、コルセットの上に載せていく。
「いやらしいわ。恥ずかしい…」
「お似合いですよ。綺麗ですわ」
「そうだよ、オッパイが引き立っていいよ」ニヤニヤしながら見ている。
それには(弘毅さんったら!)鏡を見を見つめたままだ。

 「これをお履き下さい」やはり、黒のストッキングだ。
それに足を通し持ち上げて、もう、片足にも履いていく。
「ここで止めます」コルセットガーターにストッキングを取り付けた。
「あなた、恥ずかしいわ。性器が丸見えよ!」
「いいよ。それでいいよ」

 「本当ですわ。どうせなら、性器にもお化粧なさってはいかがで?」
「と、おっしゃいますと?」
「ヘアを、旦那様の好きな形の揃えるのですよ」
「そんな事できるの?」
「はい、できます」

 「おもしろいや。やってくれないか!」
「それでしたら、型紙がありますからお待ち下さい」店員が一旦戻ってから型を持ってきた。
「これを性器に押し当てて、はみ出した部分を剃ればいいんです」店員はいろいろな型紙を持っていた。

 「これがいいや。この形で、俺に手入れさせてくれ!」
「わかりました、あなたに任せます…」
「これで、よろしいのですね?」
「ああ、これでいい。このまま帰るけどいいかな?」

 「はい、結構です。それから、お履きになったパンティも下取りしますが…」
「えっ、こんなのが売れるの?」
「はい、マニアがお買い求めます。奥様のパンティと交換できます」

 「おもしろい、エッチ系のパンツと交換してくれ」
「わかりました、奥様のでしたらこれくらいかな…」脱いである智子のパンティを拾い裏地を調べていく。

 「これでしたら結構いいのと交換できます。奥様の性器からのシミがありますから」その言葉に智子の顔が更に真っ赤になり(イヤよ、パンティのシミだなんて!)俯いたままだ。

 店員は奥から総レースのパンティを持ってきた。
「これなら奥様にお似合いですよ」
「そうだよな、これだとヘアも丸見えでいいよ」
「わかりました、もう服を着てもいいでしょう?」
「はい、結構ですよ」

 「そうだ。妹のも買ってやらないと…」
「サイズがわかりますか?」
「智子、お前ならわかるだろう?」
「はい、わかります」店員は智子が言う通りのサイズに合うのを選んでいく。

 「色も同じでよろしいですか?」
「同じでいいよ、その方が良いよ」店員は選んだコルセットガーターとストッキングを袋に詰めていく。
その間に智子は服を着込んでいくが、ブラジャーが残された。
(ブラジャーは着れないし…)折り畳んでバックに仕舞い込み、弘毅が代金を払うと智子と一緒に自宅に向かった。

 「弘毅さん、恥ずかしかったわよ」
「でも、女性同士だからいいだろう。それに『あなた』はおもしろかったよ」
「まあ!」恥ずかしそうに肩を寄せて歩いていく。

 弘毅のアパートでは、麻子が待っていた。
「あら、遅かったのね。それに智子さんも一緒だなんて」
「ちょっと用事があって。それより智子さん、麻子にも見せないと」
「わかりました、弘毅さん!」智子はスーツを脱いで下着姿になった。

 「あら、智子さん、素敵だわ。オッパイもいいし、ヘアもいいわ」乳房と股間を露わにした姿に興奮している。
「麻子、お前のもあるぞ、着てみろよ」
「ありがとう、私も着てみるわ」麻子も服を脱いでいく。

 パンティブラジャーも脱いで全裸になり、着込むと智子と同じような姿になった。
乳房が小さいが、全く同じで黒いストッキングは淫裂を引き立たせている。
「智子さん、どうかしら?」
「似合うわよ」智子はその後、世間話をしてから帰った。

 家に帰ると元克が「姉さん、凄い下着を買ったんだってね。僕にも見せて」家に入るなり言いだした。
「誰から聞いたの?」
「麻子さんからだよ。明日、これを着て遊びに来るって、連絡があったんだ!」

 「麻子さんったら、仕方がないわね」智子は服を脱いで例の姿になる。
「姉さん、綺麗だよ。姉さん!」元克は智子に抱きついて絨毯の上に押し倒した。
「ダメよ。元克、ダメ!」
「欲しいよ、姉さんが欲しい!」乳房を揉んで言う。

 「兄弟よ、許されないわ」
「そんなの関係ないよ。姉さんだって、好きな人とセックスをするんだろう?」急いでズボンを脱いでいく。
「ダメ。入れないで、絶対にダメ!」

 「出さないからやらせて、姉さん!」
「やめて、いけないのよ、兄弟だからダメなのよ~!」
(ダメだわ、オチンチンが入ってしまった!)智子は覚悟を決めて「コンドームを着けてして。それならいいわ。出してもいいからコンドームを着けて!」

 「わかった、着けるよ」元克は麻子とのために準備しておいたコンドームを急いで肉竿に取り着け、淫裂に押し込んでいく。
「姉さん。好きだよ、麻子さんも好きだけど…」乳房を掴みながら腰を振っていく。
(いけないわ。こんな事いけないのよ…)閉じた目からは涙が流れている。

 同じように「ダメ、兄さんいけないわ、そこは元克さんのためなの。入れないで!」必死に拒むが麻子の淫裂にも弘毅の肉竿が入っていく。
「ダメよ、兄さん。だめ~!」乳房を掴まれながら肉竿がピストンしている。
「兄さん、私が好きなの?」
「ああ、好きだよ。智子と同じくらい好きだ」腰を振りながら言う弘毅だ。

 「わかったわ、コンドームを着けてして、お願いだから。それならしていい!」
「わかった。着けてからするよ」コンドームを取り着けると、実の妹の淫裂に、再び肉竿を入れた。
「兄さん!」麻子も涙を流しながら、弘毅の背中を抱きしめている。
こうして、智子と麻子は実の兄弟からコンドーム越しに射精を受けてしまい、その夜、2人は夜遅くまでベッドの中で泣いていた。

 翌日、智子は会社で弘毅と顔を合わせたが、昨夜の事は言えず(言えないわ。弟とセックスしたなんて…)心の傷を持ったまま、仕事をしている。
それは麻子も同じだで、大学を終えると4時には元克と一緒に家の中にいた。

 麻子は昨日の姿になって、元克の前に立っている。
「綺麗だ、麻子さん!」元克に抱かれてベッドに横になっていく。
「元克さん!」乳房に顔を埋めた元克の頭を両手で抱いている。
(言えないわ、お兄さんにレイプ同然にされたなんて!)麻子も心の中にとどめる事を決めた。

 それから数ヶ月が経った。
真夏の太陽が輝き、麻子と元克は夏休みに入り、一方では智子と弘毅も婚約が成立し、元克と麻子の交際も家族が認めた。
4人はつかの間の夏を楽しもうと弘毅の車に乗で旅行に出かける事になった。

 出発を明日に控えた日に、また手紙が届いた。
「また、辱める気ね」折られた手紙を見ていくと、やはり思った通りだ。
「できない、フルヌードだなんて!」声を上げて泣いている智子だ。

 写真も入っており、元克と抱き合っている写真で淫裂には元克の肉竿が入っている。
(これを元克に見せる訳にはいかない…)その写真を破った。
(やるしかない。恥ずかしいけど…)自分の姿を妄想していく。

 同様に麻子の所にも手紙が届いていた。
「いや、そんなのいや!」やはり泣き出し、同封されていた写真を破っていく。
「兄さんには絶対に見せられない。私が裸になれば済む事だし…」悲しい目をしながら涙を流していた。

「拗れた関係」第6話 一難去ってまた一難

第6話 一難去ってまた一難

 2人は明かりのついた部屋のドアを開けて、そっと覗き込んだ。
(誰かいる!)緊張する智子だが、覚悟を決めて麻子と一緒に入ると、中にいる人物も気づいて振り向くと、智子と麻子は(ヌードを見られてしまう…)目を閉じた。

 「待っていたよ」聞いた事のある声に目を開けると「あっ!」と声をあげた。
声の主は、忘れられない覆面をしており「どうしてここに?」驚く2人で「そんな事はどうでもいい。これから撮影だ!」
「もう撮らないで下さい。ヌードはイヤです…」2人は乳房と股間を手で押さえ、うずくまった。

 「隠したってダメだ。オ○ンコ出した裸を撮る!」それには渋々と手を退けていく。
「綺麗でいいね」男は2人の乳房を撫でだし「やめて下さい」「いやです」乳房を触られ俯いたまま言う。
「なんだ、いやか。仕方ない、付いてこい!」覆面を被った男はバックを抱えて外に出て行き(どこに行くのかしら?)不安を抱えながら後を追う。

 男は「コツコツ!」と靴音を立てているが「ヒタヒタ!」と素足の音もしている。
(階段だわ。もしかして屋上?)男は階段を登り2人も登っていく。
すると、体が揺れて乳房も円を描くように揺れ動いている。
「いいね。オッパイがプリンプリンして!」恥ずかしさで乳房を手で押さえた。

 「隠すなと言ったろう?」手を退けるが、乳房の揺れは停まらない。
(揺れないで。お願いだから揺れないで)俯いたまま階段を上って行く。
階段を上りきるとドアを開け、外に出るとそこは屋上だ。
屋上は、まだ夕方にもかかわらず明るい。
(見られてしまうかも…)見渡すと、ビル群がライトを灯している。

 「体の準備はいいな?」バックを開けながら言う。
「はい、大丈夫です…」
「それなら、始めろ!」ラジカセから音楽が流れだし(やるしかない!)智子と麻子は音楽に合わせて踊り出す。

 2人は屋上で、ジャズダンスさせられている。
「いいね。パックリ開いたオ○ンコが…」男はビデオで踊る2人を撮っていく。
ビル群の中で、全裸で踊る2人の姿は異様だ。
(撮らないで。せめて、見るだけにしてよ…)体が動くたびに、乳房が円を描くように揺れ、ビデオは逃すまいと捉えている。

 踊り出してから5分は過ぎた。
額から汗が流れ、徐々に広がり乳房、お腹、背中、淫裂と汗で光っている。
それに、肌も夕日と同じように、赤く染まっており、2人が足を上げるたびに、淫裂の生えかけた絨毛が夕日にキラキラ輝いていた。

 そして、長い踊りが終わった。
(終わった…)両手を付いて「ハア、ハア、ハア!」と荒い息使いだ。
それに、胸が激しく動き、垂れ下がった乳房も動いていく。

 「いいね。その姿も」智子はお尻から足を開かされた。
「イヤ、見ないで。イヤ!」
「いいじゃないか。オ○ンコを見るだけだから」閉じようとしても力負けし、太股が開き(性器の中を見られている…)太股がブルブル震えている。

 「いいね。今度はこっちのオ○ンコだ!」
「イヤ、やめて下さい!」麻子も同様にお尻から淫裂を見られている。
「やめて。恥ずかしいからやめて!」手で隠そうとするが「退けろと言ったはずだ!」怒鳴られ、淫裂の中まで見られてしまった。

 「もういいでしょう。性器をたっぷり見たから…」
「そうだな、もう戻るか」今度は逆に階段を下りていく。
「もういいでしょう。服を着させてください」
「そうだよな。オ○ンコとオッパイをたっぷり見たしな。着てもいいぞ」その言葉で智子と麻子は服を脱いだ会議室へと向かった。

 全裸の2人は慎重に廊下を歩いていく。
(掴まったら、レイプされるかも知れないし…)そんな恐れを持ってゆっくりと会議室に近づき、中に入って行く。
「よかった、見られずに済んだし」ドアを閉め、脱いだ服を取ろうとした。

 「ない。ここに脱いだのに服がない!」机の下においたはずの服がない。
「私のもないわ!」必死に周りを探すが何も見つからない。
「もしかして?」不安になった2人は、煌々とライトが灯った覆面を被った男の所に向かった。

 乳房と股間を両手で覆い、ドアを開け入るなり「返して、服を返して下さい!」叫ぶと「服か、欲しかったら言う事を聞くんだな」覆面をした男が新たに1人加わり、2人いる。
「何を、やらせようと言うのよ」
「あんた達しかできないことだ。女同士がやるやつさ!」男は相手を決めたらしく、股間と淫裂を触っていく。

 「触らないで、性器は触らないで!」さすがに、拒んだ。
「まあいいか。レズ、やるよな。やらなかったら責任は取らないぞ!」
「わかったわ、やるわよ」

 覚悟を決めたのか、2人は向かい合い「麻子さん、恥ずかしいけどやりましょう」智子は麻子の頬を押さえて口づけをしていく。
「そうね、早く終わりましょうね」2人はお互いに唇を重ね、乳房を押しつけ合った。
口付けが済むと、お互いの手が淫裂を触っていく。

 「智子さん!」「麻子さん!」お互いに触っていた手の指が膣穴に入っていく。
「あ、あ、あ!」声を出し合う2人を男は黙ったままビデオで撮っている。
(イヤよ、ここは会社よ。こんな所で撮らないで)男は2人の行為を撮っていく。

 やがて2人は、抱き合ったまま絨毯の上に横になった。
「麻子さん、行くわよ」
「していいわよ」仰向けになった麻子の太股を開き、顔を埋めると「あ、あ、あ!」麻子は声を上げ、腰を動かしていく。

 「気持ちよさそうだな。俺も仲間に入れてくれよ」お尻を突き上げている智子の背後から乳房を揉みだした。
(やめて、いやよ!)舌で淫裂をなめているので、声は出せない。

 男は大胆になって、手を乳房から淫裂へと移し「うっ!」一瞬、体が痙攣した。
(性器を指が触っていく…)男の指が淫裂の中に入り「何だ、ヌルヌルじゃないか。だったらやらせろよ!」ズボンを脱ぐと、後から肉竿を押し込んできた。

 それには「あ、あ、あ!」智子は頭を上げ、声も上げた。
「避妊薬、飲んでいるよな?」
「はい、飲んでいます。でも出さないで下さい。好きな人以外の射精はいやです…」

 「俺は、お前が好きなんだ。出させろ!」肉竿がピストンを始め、背中に胸を押しつけ乳房も揉んでいる。
(やめて。弘毅さん助けて!)麻子の淫裂をなめながら、顔を歪めている。
「こんなのもいいね。出したら交代だぞ!」ピストンのピッチが早まっていく。

 「クシュ、クシュ!」湿った音が淫裂から出ている中「うー!」遂に爆発した。
「イヤよ。出さないでと言ったのに!」泣き声に変わっていく。
「お前が好きだから、出してもいいはずだ!」
「嫌いよ。レイプした上、こんな事させるあんたなんか大嫌いよ!」智子は泣きながら答える。

 「嫌われたか、今度はお前がオ○ンコをやらせるんだ!」麻子と智子が入れ替わった。
ビデオを撮る男も入れ替わり「智子さん!」今度は麻子が智子の淫裂を舌でなめていく。
(精液だわ、苦い味がする!)「あ、あ、あ!」敏感な部分を舌が的確に捉え、指も動いていく。

 その麻子も淫裂を肉竿で突かれ「あ、あ、あー!」背中に胸を押しつけ、小降りの乳房が揉まれていく。
「だめ。いやよ、だめー!」叫ぶが、肉竿が根本まで入るとピストンが始まった。
「いいね。そんな姿も」またビデオに撮られ、麻子も膣の中に精液を送り込まれ「イヤ、出さないで!」麻子の淫裂からも、ポタポタと精液が流れ出ていく。
「最高だったよ」肉竿が抜かれ「う、う、う!」淫裂を手で押さえながら泣いている麻子だ。

 「もう帰ってもいいぞ!」
「服がないのよ、返して!」淫裂を押さえた智子が言うと「そうだったな、ほら」小さな紙袋を渡した。
(これで何とかなるわ)2人は袋から服を取りだすと「イヤ、こんなの!」紐みたいなパンティが入っている。

 「それなら漏れる心配ないよ。ゴム製だから」
「わかったわよ」小さな布を付けたが、淫裂を押さえ確かに精液が漏れる心配はない。
その後は自分のブラジャーを付け、着てきた服を着込んでいく。
服を着込み終えると、2人は靴も履き部屋から出た。

 「これで安心だわ」
「そうよね、これで安心したわ」2人がビルから出ると、それと同時に煌々と灯った部屋のライトも消された。

 智子と麻子は、まっすぐに自宅に向かった。
「あら、まだ帰ってない」智子は家の中に入って夕食を作り、風呂を沸かしていく。
「元克が来る前に風呂に入らないと…」服を脱ぎ浴室に入ろうとすると「ただいま!」元克が帰ってきた。

 「姉さん、お風呂なんだ。だったら一緒に入ろうよ!」
「ダメ、今日はダメよ」(射精されたから、見られたくないの)1人で風呂に入って体を洗っていると「も、元克、ダメよ、入らないで!」全裸になった元克が立っていた。

 「姉さんとやりたいんだ。お尻でもいいからやらせて!」
「何言っているのよ。あれっきりの約束よ」
「でも、やりたいよ!」元克は体を洗っている智子を抱きしめて(いけないわ。このままでは元克にレイプされてしまう…)肉竿が淫裂に当たっている。

 「わかったわ。お尻でさせてあげるから浣腸させて」
「僕にさせて、姉さん!」2人は全裸のまま浴室から出て「やって、元克!」智子は四つん這いになった。
「いくよ!」「うー!」顔を歪め首を振っていく。

 「終わったよ」浣腸器が抜かれると「と、トイレに行ってくるわ!」智子はトイレで腸内の全てを吐き出し、風呂で軽くお尻を洗ってから戻ってきた。
「姉さん、薬も塗らないと」潤滑剤の塗られた指が肛門に入り、直腸の中で動いている。
「終わったよ。姉さんが上になってやって!」仰向けに寝た。
智子はその肉竿に潤滑剤を塗ってから馬乗りになり「いくわよ」肛門に肉竿を導き「あ、あ、あ!」顔を歪めながら吸い込んでいく。

 「姉さん、頑張って」
「大丈夫よ」途切れ途切れに言いながら「入ったわ、行くわよ」腰を動かすと「姉さん、好きだよ」乳房を掴み、揉んでいく。
「元克、これっきりにしようね。姉さんは弘毅さんとしたいの…」
「わかっているよ、僕も麻子さんとするようにするから」
「そうしてね」腰を振り続ける智子だ。

 同様に、麻子も弘毅に浣腸されている。
「兄さん、入ってきた!」
「もうすぐ終わるよ」麻子の胎内に液剤が逆流して「う、うー!」トイレに入り、排出が済むとまた四つん這いになって潤滑剤が塗られていく。

 「兄さん、入れて。入れていいわよ」
「わかった、入れるよ」
「あ、あ、あー!」声を上げ、顔を歪めながらも、肉竿がすっぽりおさまった。
「麻子、オッパイもいいだろう?」
「今日だけよ。もう兄さんとはしたくないの…」

 「誰としたいんだ?」
「元克さん。それに智子さんとも…」
「そうか、元克とか…」肉竿のピストンを早めていく。
「麻子。一回でいいからオ○ンコに入れさせてくれ!」
「膣は絶対にダメ。元克さんの膣だから…」途切れ途切れにやっと言えた。

 「そうか、オ○ンコにはダメか…」乳房を揉み、乳首を摘んでいく。
「兄さん、気持ちいい?」
「凄くいいよ。出すからな」
「いいわよ、一杯出して!」乳首を摘まれた麻子の直腸に弘毅の体液が噴射した。
「熱いわ、兄さんのエキスが…」崩れていく麻子の肛門から白い液体が流れ出て行く。

 智子も元克の排出した精液で直腸が溢れていた。
「姉さん、オ○ンコに出したいよ」
「だめ、オ○ンコではダメ。オッパイで我慢して!」体を伸ばし、乳房を顔に押しつけて「あ、あ、あ!」その乳房を掴み、乳首を吸わせる。

 「いいわよ、元克…」頭を抱え、智子も肛門から精液を垂らしながら上に乗っている。
二組の兄弟は、その後、一緒に風呂に入り、同じベッドの中で抱き合いながら、夜を明かした。

「拗れた関係」第5話 アナル

第5話 アナル

 やがて、元克が爆発した。
「暖かい、元克さん出したのね」
「うん、一杯出したよ」結合したまま抱き合っていると、智子が「いつまでもそうしてないで、風呂で洗わないと大変なことになるわよ」注意する。
「そうだね、洗わないとね。一緒に行こうよ」「いいわよ、行こう」2人は浴室に入って体を洗いだす。

 そこに、弘毅が訪ねてきた。
「お待ちしていました…」恥ずかしそうに項垂れている智子に「綺麗ですよ、智子さんのヌードが凄くいい!」弘毅も家に入るなり抱きつた。
「待って。お願いだからセックスしているのを撮って欲しいの…」
「わかってる。麻子から聞いたから持ってきた」バッグからビデオカメラを取り出し智子に向けた。

 「恥ずかしい。ヌードを弘毅さんに撮られなんて…」両手で乳房と股間を隠すと「これくらいで恥ずかしがったらダメだよ。セックスも撮るんだからね」と言われる。
「そうだよね。これくらいで恥ずかしがるなんて変よね…」自分に言い聞かせ、両手を退け(撮られている…性器も撮られている…)顔が真っ赤になっていく。

 弘毅が撮りだすと「あら、兄さん。早速始めたのね」麻子がと元克が浴室から戻ってきて「僕が撮りましょうか?」元克が言う。
「お願いできますか、智子さんとエッチがしたいし…」
「その代わり、麻子さんとはお願いしますよ」
弘毅は「わかっているよ」ビデオカメラを元克に渡すと服を脱いでいく。

 「弘毅さん、私も手伝うわ」智子は弘毅の前に膝をつけ、パンツを下げて「弘毅さん、させて!」肉竿を口に咥えて「うん、うん!」顔を振っていく。
それには「と、智子さん!」驚く麻子だ。

 暫くすると「もういいよ、智子さん。堅くなったから始めようよ」
「私も準備はできているわ」弘毅は智子をマットの上に寝かせると足を開き(性器を撮られている…)顔が真っ赤になっていく。
「いくよ!」弘毅の肉竿が淫裂に吸い込まれるが、淫裂にはゼリーが塗ってあるから、すんなり入り込み痛みは感じない。

 「いいわ。凄くいい!」声を上げる智子を元克がビデオに撮っていると、淫裂の中で噴射が始まり、精液が噴き出してくる。
「今度は、僕と麻子さんの番だね」
「そうね。兄さん、うまく撮ってね」その後は、元克と麻子が撮られた。

 2人の撮影が済むと夕食を摂っていく。
そして「兄さん、お願いがあるの…」遂に切り出した。
「何だ、改まって?」
「これでして欲しいの。いいでしょう?」恥ずかしそうに浣腸を差し出す。
「元克、私にもして欲しいの…」智子も浣腸を差し出した。

 「わかった。ビデオで撮るけどいいだろう?」
「いいわよ」
「それなら、元克君。撮ってくれるよね?」
「勿論です!」ビデオを受け取った。

 麻子は恥ずかしそうに、四つん這いになり「いくよ」「あ、あ!」肛門から浣腸液が押し込まれていく。
「もう少しだ。我慢しろ」
「はい!」顔を歪めて堪え(こんなのは撮られたくないのに…)麻子はメモに書かれた通りにしていく。

 「終わったよ。今度は智子さんだ!」浣腸が抜かれた。
「と、トイレです」麻子はお尻を押さえながら走って行き、智子も四つん這いになった。
「いくよ、姉さん!」
「入れて!」智子も肛門から浣腸液が送り込まれ「う、うー!」逆流する液体に顔を歪めて堪えている。

 「終わったよ、姉さん!」
「トイレに行かせて!」効果はすぐに現れ、麻子と入れ違いになって排出しいく。

 戻った麻子は「兄さん、恥ずかしいけど2人としたいの。兄さんがお尻で、元克さんが膣に入れて欲しいの…」頼んだが声が震えている。
(いくらお尻と言っても、兄さんとセックスするなんて…)体もブルブル震えている。
「わかった、やって上げるよ」

 「兄さん、ありがとう」麻子は医師から処方された潤滑剤を肛門に塗っていく。
「麻子、俺がやって上げるよ」弘毅は指に付けてから肛門に入れて「う、う!」呻き声を上げた。
「麻子さん。いよいよやるのね?」
「智子さん、ビデオをお願いします」顔を歪めて堪えている。

 「麻子、塗り終わったよ」
「元克さん。いいでしょう、欲しいの」元克を押し倒して馬乗りになった。
肉竿を掴み、自分の淫裂に導ちながら腰を沈め「あ、あ、あー!」背中を反らせながら声も上げている。
(オチンチンが入っていく!)腰を下ろすとスッポリと淫裂に収まった。

 「撮っているわよね?」
「勿論よ、任せて!」
(これはは撮られたくないけど…)体を倒し胸を元克と合わせ「兄さん、いいわよ」お尻を突き出す麻子だ。

 「いくぞ!」弘毅も肉竿に潤滑剤を塗ってから、肛門に押し込むが麻子は「あ、あ、あー!」悲鳴に近い喘ぎ声を上げていく。
(く、苦しい。息が詰まりそうだわ…)全身がブルブル震えている。
「もう少しだ。我慢して!」

 「全部入れて、兄さん…」目を閉じて堪えた。
「入ったよ。麻子、行くよ!」二つの肉竿が動きだし「あ、あ、あ!」目を大きく見開き、喘ぎ声を上げていく。
(凄いわ。お尻が凄く感じる!)動いている肉竿に反応する麻子だ。

「麻子さん、気持ちいいよ。また出すからね」
「出してもいいわよ。兄さんも出して!」
「必ず、麻子に出すよ!」二つの肉竿のピッチが上がって、膣と直腸に精液が送り込まれ「ハア、ハア、ハア!」荒い息使いで、淫裂と肛門からは精液が流れ出ている。

 「ちょっと待って。洗ってくるから」弘毅が浴室に向かうと「待って、兄さん。私も一緒に入る!」麻子が追う。
「久しぶりだね、一緒に風呂なんて!」
「小学の時以来よ」2人は浴室に入った。

 一方「凄いわ。お尻があんなに開くなんて!」ビデオを撮っていた智子も呆然としている。
そして「元克もしてくれるよね、姉さんのお尻に…」頼んだ。
「ほんとに、いいのかい?」
「勿論よ。私も2人同時でしてみたいの」
「そんならいいけど…」

 「元克、お尻に薬を塗って」智子も四つん這いになった。
「いくよ!」指が入れられ「あ、あー!」智子も声を上げた。
そこに、浴室から2人が戻ってきて「智子さんもやるの?」麻子が言う。
「そうなの。弘毅さんの準備は大丈夫なの?」

「大丈夫さ。こうすればいいんだ!」四つん這いになった智子の乳房を揉み出すと「ホントだ。オチンチンが膨らんでいる!」
「わかっただろう」弘毅がなおも揉んでいくと「姉さん、終わったよ」塗り終わった。

 「弘毅さん、私にもさせて!」
「いいよ。やってくれ」弘毅も仰向けになり、智子は馬乗りになって肉竿を吸い込んだ。
「元克、入れて!」体を弘毅に預けると「行くよ。姉さん!」肛門に肉竿が押し込まれて、すかさず「あ、あ、あ!」麻子同様に喘ぎ声を上げていく。

 そして、智子も淫裂と肛門に射精され「ハア、ハア、ハア!」ぐったりしている智子も淫裂と肛門から精液を流している。
このように、二組のカップルは明け方まで抱き合った。

 翌日は日曜だったので昼近くまで眠っている。
「ねえ、ビデオを見ようよ」
「そうね、見て見ようね」4人は撮ったビデオを再生した。

 「凄いわ、私の性器がアップに撮れている!」
「私のもよ。ヘアがないから丸見えになっている…」再生された画面を見ながら声を上げ、セックスの場面には黙ったままだ。
(これを一体どうする気かしら?)肛門から、実の兄の肉竿が押し込まれるシーンを食い入るように見つめていた。

 再生は40分程で終わった。
「とにかく、これを預からせて」
「いいよ、智子さんに預ける」受け取ったテープを机の中に仕舞い込み、その後も雑談しながら、3時近くに麻子と弘毅が帰った。

 そして、夕方に電話が掛かってきた。
「もしもし、仁科ですが?」
「約束通りやっただろうな?」
「やったわよ。だから、これで許して下さい…」

 「そうは行かないな。これから子供が取りに行くから、ビデオテープを渡すんだ」
「イヤよ。もうやらないと約束しないと渡さない!」
「だったら、こっちも考えるよ。死ぬ事になっても知らないぞ。弟が泣くかもな」

 「卑怯だわ。そんな事をするなんて」
「何とでも言え。とにかく渡すんだ。後は付けるなよ。監視しているからな」電話が切れ、それと同時にチャイムが鳴った。

 ドアを開けると子供がいる。
「テープを頂戴!」6才ぐらいの子供だ。
「待って、いま持ってくるから」テープを子供に渡すと子供はそれを受け取ると去っていく。

 暫くして、また電話が掛かってきた。
「確かに受け取ったよ。中を確かめてから連絡する」また切れた。
「あれで、どうする気かしら?」智子は不安になっていく。

 不安を抱えたまま数日がすぎた。
「手紙が入っている。もしかして?」急いで手紙を開けると「そんな。会社で素っ裸になるなんて!」顔がブルブル震えている。
「できない、これはできない!」真っ青な顔になってしまった。

 「プルプルプル!」電話が鳴った。
「もしもし、仁科ですが…」恐る恐る電話に出ると「読んだ通りだ。やるよな」
「こればかりはイヤです。絶対にやりません!」泣きながら返事する。

 「そうか、いやか。だったら仕方ないな。この前のビデオがどうなってもいいよな。弟とオ○ンコしているビデオだよ」
「やめて、ビデオは公にしないで!」
「イヤなら、素っ裸になるんだ。なあに、1人じゃないよ。この前の女も一緒に素っ裸になるんだから」

 「麻子さんもフルヌードに?」
「そうだ。泣きながら素っ裸になるって言った。お前もやるよな?」
「はい、やります」泣きながらも、言うしかなく(見られたら首になってしまう…)恐れる智子だ。

 「いいか、素っ裸は明日の夕方だ。忘れるな。オ○ンコもするから飲んでおけよ」電話が切れた。
「イヤよ、会社で素っ裸だなんて!」うずくまって泣き続けていると「プルプルプル」また電話だ。

 「もしもし、仁科ですが?」麻子からだった。
「智子さん、私、智子さんの会社でヌードにならなければいけないのよ」泣きながら話している。
「私もよ、私も裸にならなければいけないの」力無く言う智子で「う、う、う!」受話器からは嗚咽が聞こえ「やりましょう、フルヌードを!」智子は涙を流しながら言う。

 翌日、寝不足のまま智子は会社に向かっていた。
(イヤよ、素っ裸になるなんて!)元気が無く、仕事にもそれが現れ、ミスの連発で怒られっぱなしだ。

 そして、6時の退社時間が来た。
東西商事は不景気なので、残業は許されておらず、社員は一斉に退社していく。
智子も更衣室で着替え、麻子の現れるのを待つと5分程遅れてきた。

 「麻子さん、この事を弘毅さんに言ったの?」
「言えないわ、迷惑を掛けたくなかったし…」
「そうよね。そろそろ、行きましょう」智子は電気が消されたビルの中に入っていく。

 「大丈夫ですよね?」
「きっと、大丈夫よ」不安を打ち消し、自分に言い聞かせながら会議室に入った。
「ここで脱ぎましょう」強ばった顔をしながら2人は服を脱いで下着姿になり、それも脱いで、乳房と淫裂が露わになっている。

 「もう、行くしかない…」「そうよ、行くしかない…」窓から照らす夕日は2人の肌を赤く染めている。
脱いだ服をテーブルの下に隠すと「行くわよ」全裸になった2人は靴も脱ぎ、素足になって歩きだした。

 「ヒタヒタ!」誰もいないビルの中を歩いていく。
(誰も、いないはずよ)2人は乳房を揺らせ、お尻を振りながら歩いていく。
その時、足音が聞こえてきた。「コツ、コツ!」2人にも聞こえている。
(人がいる…。見つかったら首になってしまう…)小刻みに体が震えている。

 (トイレだわ、トイレに隠れないと)智子は麻子の腕を掴み小走りに歩いて、女子用のトイレに飛び込んだ。
「コツコツ!」足音が近づいて「ドキン、ドキン!」鼓動が高まっている。
やがて、靴音は遠ざかって(よかった!)2人はまた廊下に出て歩き、階段を登っていく。

 2人が手紙に書かれた通りに歩いていると「そんな!」煌々と灯った部屋があった。
「誰もいないはずなのに!」ガクガクと震える智子だ。
「智子さん、ヌードを見られてしまう!」麻子も怯えて乳房と股間を隠している。

 「見られても、言われた通りにしないとあのビデオが…」麻子は泣き声になった。
「私だってそうよ。弟と抱き合っているのが知られてしまうし、とにかく行きましょう、見られても死ぬよりいいでしょう?」
「そうね、智子さんも一緒だから安心だし…」2人は廊下を歩いていくが、歩くたびに股間の淫裂が口を開いていた。

「拗れた関係」第4話 ショー

第4話 ショー

 それから数日が経って、麻子の元に小包が届いた。
「何かしら?」箱を開けると衣服が入っており、それに写真も入っていて「この前の写真だ!」見るなり、顔色が真っ青になってしまった。

 写真は麻子がレイプされた時で淫裂には肉竿がしっかりと食い込み、処女喪失の証拠の鮮血も流れている。
「こんなのが撮られていたなんて…」写真を持った手が震えている。

 それでも麻子は同封された手紙を読み「そんな~。いや。できない!」持っていた手紙と写真が足下に落ちた。
手紙は土曜の昼の呼び出しで、その服を着てこいと書かれてある。

 箱を開けると、スケスケの下着で「これじゃ、丸見えになってしまう!」声を上げた。
下着は色こそ黒みを帯びているが、肌に付けたら何の役目をせず、パンティ、ブラジャー、ガーターストッキングと入っていて、やはり黒みを帯びている。
「でも、着ていかないと…」鏡を見ながら、今にも泣きそうな顔になった。

 そして土曜日が来て「あ、麻子。そんな大胆なのを着て!」スケスケの下着を着ているのを、弘毅に見られてしまった。
「いいじゃないのよ。これでもおとなしい方よ」(兄さん、仕方ないの…)スカート・シャツを着込むと家を出た。

 駅から電車に乗って、地図に書かれた場所までは10分程で行ける。
電車を降り、書かれていた通りに歩いていくと「あら、麻子さん!」声が掛けられ「あら、智子さん。どうしてここに?」2人は顔を見合わせた。

 智子が「私に手紙が来て…」言うと「智子さんもなんだ。私もなのよ、ここに来いって!」2人は項垂れて歩いていくと、地図に書かれていたビルの前に来た。
「ここって、劇場よね」
「そうよ、小さいけど劇場よ。もしかして?」2人は不安になっていく。

 それでも、2人が中に入ると「お待ちしていました。仁科様に田中様ですね?」若い女性が声を掛けてくる。
「はい、そうですが…」
「それでしたら、早速お願いします。皆さんがお待ちですから」

 「お待ちって、何をなの?」
「イヤだわ、アルバイトを申し込んだんじゃないですか。ショーのアルバイトを!」ニヤニヤしながら女性は言う。
それには「そ、そうでしたわね。そうでした!」慌てる智子と麻子だ。

 (そんな事、書いてなかったわよ。『下着を着ろ』ってだけしか書かれてなかったわ)顔を強ばらせながら、中に入ると(込んでいる。20人もいる)見渡すと男性が20人近くいる。
男達は2人を見ると「今回は美人じゃないか。それに、スタイルいいし…」「若くて、ピチピチだしね」笑顔で見つめている。

 「ところで、どうすればいいの?」
「簡単よ。音楽に合わせて脱いでいくの。勿論、素っ裸になってね。その後は2人でするの、女性同士で…」
「レズをするんですか?」
「そうよ、その後は…」言いにくそうな顔になり「とにかく、やればわかるから」奥まで連れて行かれた。

 奥に入ると、スタジオの電気が消され、暗くなってから突然にスポットライトが智子と麻子を捕らえ、音楽が掛かった。
(やるしかないわ。やりましょう!)2人は見つめ合い、音楽に合わせて踊っていく。

 ライトの色が変わった。それは「服を脱げ!」の合図だ。
(脱ぐしかないわ…)智子と麻子はシャツ、スカートを脱いでいく。
2人はTフロントのパンティで、短い絨毛が透けており、淫裂からはみ出た肉襞も見えている。

 「いいね。ヘアが剃ってあるなんて、サービスいいよ」
「そうだよ。オ○ンコしてもハッキリ見えるしな」
それは(不潔よ、オ○ンコだなんて。だから男は嫌いよ!)麻子の耳にも入っている。

 下着姿になった2人は、踊りながらブラジャーを脱いでいく。
(恥ずかしい、人前でヌードになるなんて…。弘毅さんが知ったら、きっと怒る…)真っ赤な目になりながら、ブラジャーを外していく。
同様に麻子もブラジャーを脱いで踊っていくが、麻子も目の下が赤く腫れ上がっている。

 2人は乳房を揺らせながら踊り続け、パンティも脱いだ。
男達は「いいぞ。いよいよオ○ンコが見られる!」興奮しながら食い入るように2人を見ている。
パンティを脱ぐと、2人はお互いの乳房と淫裂を触り合う。

 「智子さん、本気で感じるの。凄く気持ちいいの…」
「私もよ。気持ちいいわ」麻子の上に智子がシックスナインで重なり、乳房を撫でながら乳首を吸い、麻子も智子の乳房を揉みながら吸っていく。

 「ん、ん、ん!」鼻から息を出し「いいわ、凄くいい!」喘ぎながら吸い合うと、淫裂は潤って、淫汁が溢れていく。
(そろそろ、膣に指を入れてもいいでしょう?)(そうね、そろそろしましょうか)体を動かそうとした時、覆面をした2人が現れ襲いかかった。

 「いや、いやー!」仰向けの麻子は、太股を押さえられて肉竿を押し込まれていく。
智子も同様に、後から肉竿が押し込まれていく。
「いや、いやー!」「抜いて。お願い、抜いて!」2人はどうする事もできず、「あ、あ、あ!」声を上げるしかない。

 「見えないぞ。太股を上げろよ!」
「いや、いやー!」智子の太股が持ち上げられて「ダメ、見ないで、ダメよ!」観客にも結合しているのが見えている。

 その後2人は、両手首を縛られ吊り下げられ、足を開いたまま固定された。
「いや、いやー!」麻子は乳房を揉まれ、立ったまま後から肉竿を押し込まれが、レイプされた時とは違って痛みは感じず、むしろ、快感を覚えている。
(痛くない…。乳首を摘まれると、犯されても気持ちいい…)虚ろな顔になっていた。
同様に智子も「あ、あ、あ!」乳房を揉まれ、大勢に見られながらのレイプに興奮している。

 「見ろよ。オ○ンコから淫汁を流しているぞ!」
「こっちの女もだ。もう、オ○ンコがグジュグジュだ!」その通りだった。
麻子と智子は人前で犯されているが、淫裂から淫汁を流してストッキングを濡らし「あ、あ、あ!」「ん、ん、ん!」2人の喘ぎ声が響いていく。

 だが、それは悲鳴に替わった。
「いやー!」「出さないで!」2人の淫裂からは白い液体が流れていく。
「見ろよ,中だしだよ。オ○ンコの中に出したよ」
「ホントだ、ここまでやるなんてな」じっと射精された淫裂を見ている。

 肉竿が抜かれると、ドロドロした精液が一気に流れて太股を伝わって「いや~。妊娠したくない!」泣き声をあげる2人だ。
射精された2人は手が解かれ、淫裂から流れ出る精液を拭いていく。

 ショーが済み「病院を予約しておきました。洗浄したいんでしょう?」言われる。
「はい。膣を洗わないといけないし…」淫裂を拭き終えると、2人はパンティ、ブラジャーを着けて元通りになっていく。

 服を着込むと「はい、これを預かっています。それに、これが謝礼です」封筒が渡され、それを受け取ると、急いで外に出て手紙を読んだ。
「いやよ。お尻でセックスするから、ワセリンを貰ってこいなんて!」
「私もよ、避妊薬もだって。それに、恋人とお尻とオ○ンコしろだなんて!」悲鳴に近い声を上げる麻子だ。
「おまけに、オ○ンコしているのをビデオで撮れだって!」泣き声に代わっている。

 しかし、2人に時間は無く「とにかく病院よ」「そうよね、妊娠はしたくないし」予約されている病院に向かった。
病院では「どうなさいました?」中年の看護婦が尋ね「失敗してしまいました…」小さな声で智子が言う。

 「ああ、セックスで膣内射精されたのね。で、あなたは?」
「私も失敗しました…」麻子も俯いたまま言う。
「あなたもなんだ。最近多いのよね。避妊もできないくせに、せっせとセックスに励むのが…」そう言いながら2人を診察室に連れて行く。

 「先生。避妊に失敗したそうです」
「仕方ないわね。下半身丸出しにして仰向けよ」医師に言われスカートを脱いでいく。
「あら、そんなの履いているんだ。それじゃぁ、男もたまんないわね」
「先生、最近の若い子はこういうのが多いんですよ。誘惑する下着を着るのが」

 (違うわよ。無理に着せられているのよ)悔しさを堪えてパンティも脱いだ。
「まあ、ヘアまで剃って!」淫裂が丸見えになっている。
「まさか、お尻ではしてないわよね?」
「それはしていません!」

 「それならいいわ。お尻でもしているかと思ったわ」股間にパレットを当てて膣の中の洗浄を始めた。
(バカにしないで。お尻で何かしないわ!)唇を噛みながら屈辱に耐えている。

 「お尻でしたかったら、薬出してあげるわよ。だそうか?」
「はい。お願いします。それから、妊娠しない薬も…」
「わかっているわよ。もうこんな思いはいやでしょうから。お尻でやる時は、先に浣腸してからやるのよ」膣の中が洗浄されると、避妊薬と潤滑剤などを処方して貰い病院から出た。

 「麻子さん、元克とセックスできる?」
「やるわ。やらないとあの写真がどうなるかわからないし…」
「そうよね。麻子さんが元克のお嫁さんになれば、私は安心なんだけど」

 「ご免なさい。私は傷物だし、そんな資格なんてないわ」
「そんな事言ったら、私だって弘毅さんのお嫁の資格もないわ。散々レイプされているし」泣き声に代わって暫く沈黙が続く。

 「とにかく、今夜はお兄さんと一緒に泊まりに来なさいよ。それから考えましょう」
「そうさせて。ビデオは兄貴が持っていると思う」麻子は携帯で連絡を取って、智子の家に向かった。

 智子の家には元克がいなかった。
「全く、留守番にもならななんて!」鍵を開けて中に入り「麻子さん、手伝ってくれない?」頼み込み「任せて!」2人は風呂も沸かして行く。

 やがて、調理ができあがり2人が現れるのを待った。
「どうせなら、ヌードでいようか。その方がおもしろそうだし…」
「そうね。その方がおもしろいわよね」2人は服を脱ぎ、スケスケのパンティ、ブラジャーと次々に脱いで全裸になった。

 「大分生えてきたわ。また剃らないといけないのね」
「私も剃るわ、智子さんだけだと変だし」2人が話ていると玄関から「ただいま!」声がする。

 「きたわ。きっと驚くわよ」2人は玄関に向かった。
「バタン!」ドアが開き、元克が入ってくると「姉さん。それに麻子さんも!」全裸に驚いて声を上げた。

 「麻子さん。それ、いいよ!」元克は麻子の肩を抱きしめて、口付けをすると、乳房を撫でだす。
「私と、セックスしたいの?」
「うん、麻子さんとしたい…」

 「でも私は…」「ゴホン!」智子が遮るように咳払いをし(だめ、言っちゃだめ!)智子は麻子を見つめている。
(言わないわ。それは言わないわよ)「していいわよ。それに出してもいいわ」
「ホントだね、麻子さん」元克は急いで服を脱ぎだす。

 「麻子さん、ここでしましょうよ」智子は麻子を寝室に誘い、元克も後を追う。
「欲しいよ。麻子さん!」
「私も欲しい。一杯愛して欲しいの…」
「勿論だよ。愛してあげるさ」元克は麻子の乳房に顔を埋め、撫でながら乳首を吸う。

 麻子も「あ、あ、あ!」声を上げながら両手で、元克の頭を押さえていると(入ってきた、オチンチンが膣に入ってきた!)肉竿が淫裂を広げ「あ、あ、あ!」裂かれる痛みに、背中が浮き上がっていく。

 智子は「麻子さん。我慢するのよ、最初の内だけだから…」麻子の顔を撫でながら唇を吸っていく。
元克も、ゆっくと肉竿を押し込んで(入った。根本まで入った!)今度はゆっくり引き抜いて、それを繰り返していく。
(もう痛くない。膣が治まったみたい…)淫裂の痛みも消え、肉竿の動きによって潤い「ヌチャ、ヌチャ!」ピストンする度に淫裂から音が出ていく。

 「痛くないわ。もっとしていいわよ」
「だったら、行くよ!」ピストンのピッチが一気に早まり、麻子は「あ、あ、あ~!」悶え声を上げ、腰を浮かせている。

「拗れた関係」第3話 レイプ

第3話 レイプ

 智子と麻子はベッドで1時間程抱き合い、2人の綺麗に剃られた淫裂は唾と淫汁で濡れている。
「こんなに濡れてしまった…」
「私も濡れてしまった…」2人は生まれたままの姿で応接室に戻ると「あ、麻子さん!」元克は全裸の麻子に声を上げた。

 「私もヌードになったのよ。それに性器のヘアも剃ったの」恥ずかしそうに無毛の淫裂を元克の前に晒した。
「綺麗だ。麻子さん綺麗だよ」元克は麻子の淫裂を撫でるが「だめ、そこはだめ。そこは智子さんの物なのよ」元克の手を押さえる。

 「麻子さん、僕たち、友達だよね?」元克は麻子を抱きしめたが「ダメ、触らないで。男にさわられるのは嫌いなの!」麻子は智子を知ってから、急に元克が嫌いになってしまった。

 すると「麻子さん、私の弟よ。そんなに嫌わないで」智子が諭すが「でも、男よ。智子さんとは違う…」顔をしかめて言う。
「困ったわ。そうだ、一緒にお風呂に入ればわかるはずだよ」智子の提案で「僕も入ればいいんだね?」元克も服を脱いで全裸になった。

 3人は昼前なのに浴室に入っていく。
「姉さん、洗ってあげるね」
「ダメ、私が洗うのよ」麻子が智子の背中を洗いだす。
「麻子さん、弟にもやらせて。前を智子さんがすればいいでしょう?」
「それならいいわ」狭い浴室で、智子は背中と前を立ったまま洗われていく。

 「ここは特に念入りに…」淫裂を麻子の石鹸の付いた手が撫でると「ん、ん、ん!」鼻から声が抜けていく。
それに、尻も元克の手で撫でられて「気持ちいいわ。2人にされると感じる…」目を閉じる智子だ。

 「今度は麻子さんよ。私が後ろを洗うわね」気を遣い、元克に麻子の前を洗わせようとしたが「ダメ、そこはダメ!」股間を触られると拒んでしまった。
「それじゃ、洗えないよ!」
「その代わり、絶対に変な事しないで!」渋々元克の手を受け入れた。

 元克が割れ目に沿って指を動かすと「う、う!」麻子も淫裂を触られて声を出した。
さらに、乳房も揉まれるように洗われていく。
暫く元克に洗われると「もういいわ、もういい!」手を押さえた。

 「麻子さん、今度は元克を洗ってあげて、お願い!」
「わかったわ、智子さんの弟さんだから特別よ」麻子も手に石鹸を塗り、元克の体を撫でていくが「いや、こんなに堅くして!」恥ずかしそうに大きく膨らんだ肉竿を掴み、撫でていく。

 「麻子さん、ありがとう」
「何言っているのよ、弟さんだからよ。勘違いしないで!」
それには(困ったわ、麻子さんがレズに目覚めてしまったし…)困惑する智子だ。
体を洗い終えると3人は応接室に戻り、全裸のまま3人は昼食を摂って話している。

 その時「プルプルプル」また電話が鳴った。
「おもしろいな、3人が素っ裸になっているとはな。いい事だ!」
「あなたは誰なの、誰なのよ」
「後でわかるよ。それよりも弟のフェラをするんだ。女の前で!」

 「フェラ…。なんですか、それって?」
「チンポを口でなめるんだよ。よく雑誌に載っているやつだ!」
「お客さんがいるのよ。そんなのできる訳ないでしょう。こっちの身にもなって!」
「やるんだ、やらないならそれでいい。後は知らないからな」電話が切れた。

 「いやよ。フェラなんて!」受話器を持ったままいると「姉さん、どうしたんだい?」不審に思って尋ねられ「フェラしろだって。麻子さんの前で!」と答える。
「やらないとやっかいだな。やるしかないよ、何とかごまかそうよ」不安顔の智子と元克だ。

 応接室に戻った2人は顔を見合わせた。
「麻子さん。女はこんな事もしなければいけないの…」椅子に座った元克の前に膝を付け、肉竿を掴んで(カチカチだわ、これを口に入れるなんて…)目を閉じ一気に口に入れた。

 「やめて、智子さん。そんな汚い事やめて!」麻子が叫んでも智子は手で掴んだまま、頭を前後に振っていく。
「気持ちいい。姉さん、オッパイを揉んであげるね」フェラされながら、元克は手を伸ばして乳房を揉んでいく。

 暫くしてから「こうしなければいけないの。麻子さんもやるのよ」
「で、できないわ。そんな事できない!」
「いずれ、やらなければいけないのよ。やらなかったらもう遊んであげないからね」
「そんなのいやです、智子さん!」麻子は泣き顔だ。
「だったらやって。弟だからいいでしょう。お願い、してあげて!」

 それには「やってみます…」麻子は智子に嫌われたくないから肉竿を掴んだ。
「熱い、オチンチンが熱い!」
「そうよ、熱いわよ。それに堅いでしょう?」
「これが膣に入るのね…」
「そうなのよ、それが入るの」

 「いやよ。こんなのが入ったら裂けちゃう!」
「大丈夫よ。それより、やらないと…」智子は背中に乳房を押しつけて、麻子に乳房を掴んだ。
「と、智子さん!」
「やって。やるのよ」麻子は目を閉じて口に元克の肉竿を含むと「あ、麻子さん。いいよ、凄くいい!」目を閉じ麻子の頭を撫でる元克だ。

 元克は姉のフェラで登りつめていたが、一旦は治まり、麻子のフェラでまた登りつめていく。
そして、クライマックスを迎えて「あ、あ、あー!」事もあろうか麻子の口の中に噴射してしまった。

 それには「いや、いやー!」口から糸を引きながら泣き出した。
「ご免、出ちゃった…」すまなそうに詫びる元克だが「嫌いよ、元克なんか嫌いよ。不潔よ!」泣きながら自分が脱いだ服を着込んでいく。

 「元克、出す時は言わないとダメよ」さすがに智子も元克を責めるが、その間も「う、う、う!」泣きながら服を着て、帰ろうとする。
「待って、麻子さん。私も行くから」智子も服を着込むと麻子と一緒に家を出た。
「まいったな!」1人残され、頭を抱える元克だ。

 智子は麻子のアパートで夜を過ごす事にした。
「麻子さん、元克を許してくれない?」智子は全裸になり、麻子の乳房を揉みながら言う。
「いくら智子さんでも、まだ許せない。あんな汚いのを私の口に出したのよ!」麻子も智子の乳房を揉みながら言う。

 「でも、私の弟なの。弘毅さんがしたら、許せるでしょう?」
「それはそうだけど…」言葉が濁っている。
「お願い、許してあげて。私が変わりにするから」乳首を吸うと「あ、あ、あー!」体を反らせて声を上げだす。

 「わかった。また付き合う。その変わりお兄さんと付き合ってね…」
「それは勿論よ。大好きなんだもん」両乳首を指で摘みながら返事をすると「よかった、またしてもらえるし」麻子も智子の淫裂を触わりだし、2人は深夜まで抱き合った。

 やがて、2人がグッスリと眠りに入ると(寝ている!)忍び込む2人がいる。
ドアの鍵をピンで開け、こっそりと中に入って来た。
2人は覆面をし、口封じの真綿と紐を持って足音も立てずに眠っている2人に近づき、襲いかかった。

 気づいた2人も抵抗しようとしたが「うぐう!」口の中に真綿を押し込まれたうえ、口枷もされては、声は出せず「う、う、-!」目を白黒させるだけだ。
さらに、両手も後ろ手に縛り上げられてしまった。

 2人は抱き合った時の全裸姿で縛られ、無毛の淫裂と乳房が露わになっている。
(見ないで。いやー!)全裸の2人は少女のような淫裂を触られていく。
暫く2人は乳房と股間を触っていたが、カメラで全裸姿を撮りだす。
「う、うー!」(撮らないで。ヌードを撮らないで!)足を開かされ、乳房と淫裂をカメラで撮られた。

 顔を背けるが、もう1人が正面を向かせていく。
(撮られている。性器を撮られている…)自然に涙が流れ出ていく2人だ。
智子と麻子は全裸の写真を撮られると、また乳房と股間を触られて(触らないで。いやよー!)男は交代しながら、2人の乳房と淫裂を触っていく。

 そして、恐れていたレイプ写真が撮られようとしている。
「う、うー!」首を振る智子だが股間を押さえられて、淫裂に肉竿が押し込まれた。
「うー!」智子の淫裂に肉竿が根本まで押し込まれ、それと同時に、真っ赤な鮮血が流れ出ていく。
(弘毅さん、許して。どうしようもないのよ…)恋人に詫びながらも、犯されていく智子は、その様子がカメラに撮られた。

 その後は、麻子も同じ事をされた。
「うぐ、うぐ!」乳房を掴まれながら肉竿で淫裂を突かれていく。
肉竿が小刻みなピストンから一気に動くと「う!」顔を歪め体を震わせ、それと同時に淫裂から鮮血が流れていく。

 (犯された…。見知らぬ男に…)呆然としていると、そんな姿も撮られて(撮られた、喪失した証拠を撮られている…)仰向けのまま足を開かされ、淫裂から血を流した姿がカメラに撮られた。
撮影が済むと、男は明け方まで幾度も犯し、膣の中に精液を出していく。

 明け方近くになって、男達は2人を自由にすると出て行き「智子さん、傷物にされてしまった…。もうお嫁にいけない…」股間を押さえながら泣く麻子だ。
「私だって同じよ。もう、弘毅さんのお嫁になれない…」2人は泣ながら、犯された淫裂を丁寧に洗い、その日、智子は会社を休んで麻子と一緒にこれからの事を話し合う。

 「智子さん、この事はなかった事にしましょう。警察に言っても相手が誰だかわからないし…」
「返って、傷物と宣伝するような物だしね」服を着ながらこれからの事を話し合った。

 「智子さん。今日はお兄さんが帰るまでここにいて」
「わかっている。私が守ってあげる」
「智子さんが側にいてくれると安心だし」2人は唇を重ねて抱き合う。

 そんな事など知るよしもない田中は、6時過ぎに出張から戻ってきた。
「お帰りなさい」
「智子さんも一緒なんだ!」
「そうなの。お兄さん、お風呂沸いているわよ」
「ありがとう。早速入るよ」田中は浴室に入って行く。

 「ねえ、智子さんも一緒に入って!」
「麻子さん。そんな一緒だなんて…」さすがに戸惑う智子で「レイプされたのよ。その性器を見られてしまうのよ」
「そんなの大丈夫よ。お兄さんならわかってくれる。私に任せて」智子は麻子の言う通り浴室に入って行く。

 そして、服を脱ぎ、全裸になって「弘毅さん、ご一緒させてください」股間をタオルで隠して入った。
「智子さん!」田中は、いきなり全裸で洗われた智子に驚いたが「綺麗だ。智子さん綺麗だよ」洗うのをやめて智子に抱きつく。

 「今夜して欲しいの。いいでしょう?」
「わかっているよ、智子さん」唇を重ね、体を触っていく。
乳房を撫でてから、タオルで隠している股間を触わると「ヘアがないね。剃ったんだ」無毛に気づいた。

 「麻子さんと一緒に剃ったの。寂しいから、麻子さんとエッチしていたの…」
「そうか、麻子とね…」
(言えないわ、レイプされたなんて言えない!)嘘を言いながらも体を洗って、服を着ずに浴室から出た。 

 そして、麻子の元に戻ると「あ、麻子!」驚いて声を上げた。
麻子も智子と同じように一糸まとわぬ全裸姿になっている。
智子の声に驚いたのか、田中も浴室から出てきて「あ、麻子!」驚きの声を上げた。

 「兄さん、私もヘアを剃ったの。今日は3人でしたいの。私だけのけ者はいやよ」
だが「わかった。一緒に楽しもう…」田中は困った顔をしている。
「よかった。智子さん、早くしましょうよ」麻子は智子に抱きついて、唇を重ね、乳房や淫裂を触っていく。

 (兄さんが興奮している。あんなに膨らませているし…)兄の弘毅を見ながら指で智子の淫裂の中を撫でると、智子も反応して「う、うう!」目を閉じ、閉じた口から息が漏れていく。

 「智子さん、もう我慢できないよ」智子はベッドに運ばれて田中の肉竿で淫裂を突かれていく。
(痛いわ。まだ準備が…)「う、うー!」淫裂は肉竿の受け入れ準備が出来ていないから痛みを感じている。
「私ともいいでしょう?」麻子も口を重ね乳房を揉み「麻子さん、それに弘毅さん…」智子も麻子の乳房を撫でていく。

 やがて、智子の淫裂も馴染んできたのか、痛みは感じず「ピシャ、ピシャ!」股間同士のぶつかる音が響いている。
(弘毅さん、ご免なさい。傷物にされてしまったの。あなたに捧げたかったのにご免なさい…)涙を流しながら麻子と唇を重ね合うと「うー!」クライマックスを迎えた田中は動きを止めた。

 「いや、外よ。抜いて、お願い抜いて!」
「出したいよ。出させてくれよ」
「ダメ。その代わり口でするから」
「わかった。出させて!」淫裂から肉竿が抜かれ、それが智子の口に入った。

 「うぐ、うぐ!」頭を動かして刺激していくと、程なく口から白い精液が流れ出る。
(射精だわ、兄さんが智子さんの口の中に射精した!)食い入るように見る麻子だ。
「ゴクン!」肉竿が抜かれると智子は精液を飲み込み、麻子は(飲んだわ、精液を飲み込んだ!)まだ見つめている。

 智子は8時に田中のアパートから出たが、田中は麻子と話し合っていた。
「麻子、智子とレズしているのか?」
「いけないかしら?」
「悪くはないけど、男とも付き合わないと…」
「男は嫌いよ。お兄さんだけでいいの」麻子は田中の腕に頬を寄せてきた。
「困った麻子だ…」さすがに田中も困惑している。

「拗れた関係」第2話 恋人の妹

第2話 恋人の妹

 翌朝、2人はいつものように一緒に家を出た。
智子が「元克、今日は遅くなるから先に食べててね」言うと「デートだね。うまくやりなよ」元克も言う。
「何言っているのよ。そんな事は、関係ないわよ」顔を赤らめて言い返し、駅で別れ、智子は電車に乗って会社に向かった。

 会社に着くと制服に着替えていくが「智子さん、彼とはどうなの?」同僚が話し掛けてくる。
「相変わらずね。進化がないのよ」
「早くしないとダメよ。年を取るだけだからね」
「そんな事、わかっているわよ」制服に着替えると仕事場に向かった。

 そこで「田中さん、昨日はどうでした?」話し掛けた。
「妹も喜んでいたよ。帰りは寄って欲しいな」
「勿論伺います」智子は笑顔で話し、いつものように仕事をして終業時間となると、田中と一緒にビルから出て、田中の住むマンションへと向かう。

 田中の住むマンションは駅から離れており、智子の家とも離れている。
2人はエレベーターで昇り、降りるとすぐに「帰ったよ」田中はインターフォン越しに声を掛けた。
すると「兄さん、お帰り!」女性の声がして「ガチャ!」施錠が外された。

 「帰ったよ、麻子。智子さんも一緒だからね」「おじゃまします」智子は麻子に挨拶をした。
麻子は田中の妹で大学2年生だ。
田中は智子同様に2人暮らしをてるが、生活費を節約するために同じマンションに住んでいる。

 「智子さん。上がってください」智子は言われるままに中に入ると「智子さん、お土産があるんだ。来て!」田中は智子を自分の部屋に連れて行き、それを寂しげに見る麻子は「兄さん…」小さな声で言う。

 しかし、そんな事とは知らない智子は「会いたかった…」田中に抱かれ唇を重ねていく。
「僕だってそうさ。でも、妹の用事だし…」智子の胸を撫でていく。
「弘毅さん、奪って欲しいの。弘毅さんに奪われたいのよ」

 「わかっている。時間が合ったら必ずしような」スカートの裾を捲り上げ、パンティの脇から指を入れ、淫裂を撫でると「いいわ、すごくいい…」智子も目を閉じ、弘毅の股間を撫で返す。
そんな2人を麻子は(このままでは、兄さんを取られてしまう…)寂しげに見ている。

 2人は5分ぐらい抱き合って、麻子が待つリビングに戻ってきた。
「智子さん、お茶をどうぞ」
「いただきます」智子は麻子の入れたお茶を飲み、麻子と一緒に夕食を作っていく。

 「智子さん、上手なんだね」
「そんなじゃないけど、慣れているだけよ」2人が作った夕食を3人で食べている。
「そうだわ、麻子さん。今度、弘毅さんと一緒においでいただけませんか?」
「そうだな、麻子、今度の休みは2人で行こうよ」
「兄さんが行くなら、行ってもいいわよ」
「お待ちしていますわ」こうして、智子は10時には自宅に戻った。

 家に戻ると元克が待っていて「楽しかったかい、姉さん」元克が話し掛ける。
「楽しかったわ。それより、今度の休みには2人が来るからね」
「えっ、田中さんの妹さんも来るの?」
「そうよ。一緒よ」
「俺、あの子苦手なんだ。何か暗くて…」
「これからは身内よ。仲良くしなさいよ」
「そうだな、仲良くやるか!」元克も笑顔で答える。

 だが、日曜日を間近に控えた金曜日に、また手紙が届いた。
「どこから撮ったのよ!」ベランダで全裸で立っている智子が写っている。
それに、浴室で撮ったらしく、元克の肉竿を掴んだ写真もあった。

 「いや。こんなのいやー!」写真を見るなり悲鳴をあげた。
さらに、元克が淫裂を触っている写真もあり、また手紙が入っている。
「え、今度の日曜日にまたフルヌードですって!」思わず叫んだ。
「日曜日には弘毅さんと、麻子さんが…」顔がブルブル震えている。

 悲鳴で「どうしたんだい、姉さん!」元克が声を掛けた。
「こんなのが、送られてきたのよ」写真を元克に見せると「こんなのが撮られていたなんて…」それだけしか言えない。
「それに、こんな事もしなければいけないのよ」手紙を読む元克だ。

 暫くして「それで、この前素っ裸になったんだね?」元克がポツリと聞いた。
「そうなの。今度は元克にヘアを剃ってもらえだ何て…。私、もうできない!」泣き出す智子だ。
「でも、やらないとこれが会社にばらまかれるんだろう?」
「そうなったら会社には行けない。それに、弘毅さんとも…」後は声にならない。

 「やろうよ、姉さん。剃ろうよ、剃ってあげるよ!」
「いや。ヘアを剃った上に、それを弘毅さんに見せるなんて。いやよ!」
「会社を首になるよりましだろう。それに弘毅さんだってわかってくれるさ」
「それならいいけど、嫌われたらどうしよう?」怯えて不安になっている。
「大丈夫だよ。僕が付いているから」励ます元克だ。

 そして土曜日になった。
「智子さん、申し訳ない。出張になっちゃった!」
「いつからなの?」
「これからだ。月曜には帰ってくるよ。日曜日は妹だけが行くからね」
「わかりました、麻子さんだけね」顔が強ばる智子だ。

 会社が終わると、智子は買い物を済ませてから帰ってきた。
「元克、弘毅さん来れなくなったの。出張になったの」
「何だ、来ないのか。だったら、麻子さんだけだよね?」
「そうなの。フルヌードの言い訳は、何て言おうかしら?」また泣き出す智子だ。

 「大丈夫だよ、僕が何とかしてあげるから。それよりも、明日の準備があるだろう。体を洗っておいたほうがいいよ」
「そうよね。ヌードにならないといけないし…」麻子の接待準備を済ませてから浴室に入った。

 翌朝、智子は朝から準備をしていた。
「ヌードにならないといけないし」ネグリジェを脱ぎ、全裸になって調理をしていく。
「もうすぐだわ、もうすぐ9時だし…」時間が立つに連れ不安になってきた。
「姉さん。大丈夫だよ、落ち着いて!」姉の股間を食い入るように見つめながら元克が言う。

 「見ないで。元克でも、見られると恥ずかしいのよ」両手で絨毛を隠していく。
「恥ずかしいけど我慢しないと。手を退けないといけないよね?」
「そうだよね。ここも剃るんだしね」手を退けて絨毛を晒しているが、太股はブルブル震えている。

 その時「ピンポーン!」チャイムが鳴った。
「来たわ。どうしよう?」両手で乳房と股間を押さえて、おろおろしている。
「大丈夫だよ。ほら、麻子さんを出迎えないと」
「わかっているわ…」智子は玄関に向かった。

 「どちら様ですか?」智子の声が震えている。
「田中です。田中麻子です!」
「お待ちしていました」震える手で鍵を外し「ガチャ!」「バタン!」ドアが開いた。
「おじゃましま…」麻子はそれ以上、言葉にならない。

 「とにかく、お入り下さい」麻子は黙って家の中に入って行く。
(見られている。フルヌードを見られている!)泣きそうな顔をして麻子を応接室に案内した。
そこで「智子さん。フルヌードよ。どうしてヌードに?」やっと麻子が口を開いた。

 「姉さんは暑がりなんだ。それに、麻子さんに全てを見て欲しくてヌードになっているんだよ」
「私に全てを?」
「そうです。これからは義理の妹になりますし…」また嘘を言う智子だ。
(言えない。脅迫されているなんて言えない…)目を伏せたままコーヒーを差し出すと「頂きます」麻子は智子の乳房を食い入るように見つめている。

 「姉さん、ヘアも剃った方が良いよ。料理にヘアが入ったら汚いし」
「そうね。ヘアはない方が良いわよね。元克がそってくれるの?」
「手伝うよ。僕が姉さんのヘアを綺麗にしてあげる」

 「だったら、お願いするわね」智子は一旦応接室から出て、石鹸やカミソリ、水を入れた洗面器などを持ち込んだ。
「これで準備はいいわよ。元克、剃って!」監視されているかも知れないと言う恐れから、手紙に書かれたいた通り、麻子の前で弟の元克にヘアを剃らせようとしている。

 元克が石鹸を泡立て、智子の股間に塗っていくと、絨毛が肌に密着していく。
「動かないで!」カミソリが絨毛を捕らえ「ジョリ、ジョリ!」絨毛が消えてピンクの肌が見えてくる。
それには「そ、そんなー!」コーヒーカップを持った麻子が、悲鳴を上げてしまった。

 「驚かないで。ヘアは汚いし」
「そうだよ、麻子さん。姉さんの全てを見られるしね」元克はカミソリの動きを止めず、絨毛はあっけなく消え失せ、ピンクの地肌が露わになり、裂け目からは2枚の肉襞がはみ出ている。
「これが私の全てなのよ。麻子さん…」智子は上擦った声で言い(恥ずかしい。麻子さんがヘアのない性器を見ている!)太股がブルブル震えている。

 「麻子さんの性器も、こうなのかい?」元克が言うと「ちょっと違うわ。このヒラヒラがはみ出ていないの…」割れ目からはみ出している肉襞を撫で回す。
(ダメ、触らないで。そこはだめよ!)麻子の指が淫裂を広げてクリトリスを撫でると「ん、ん、ん!」鼻から息が抜けている。

 「ここが違うのよ、私のはこんなに大きくないの」なおも、指で撫で回して「だめ、そこは…」智子の腰が動いていく。
「敏感なんだね。智子さんのは…」
「麻子さんのはどうなの?」
「そんなに感じないの。私、異常かしら?」

 「確かめて見ようか、麻子さん!」元克が麻子の肩に手を掛けた。
「恥ずかしいわよ。そんな事!」
「姉さんだってフルヌードなんだ。麻子さんもヌードだっておかしくないよ」
「でも、でも…」ためらう麻子だ。

 そこに「プルプルプル!」電話が鳴り「もしもし、仁科ですが…」淫裂を手で押さえながら受話器を取った。
「約束は守っているようだな。手を退けてツルツルオ○ンコを見せるんだ!」
「そんな、ツルツルオ○ンコだなんて…」卑猥な言葉に智子の言葉が途切れた。

 「女がもう1人いるよな。そいつを素っ裸にしろ!」
「できないわ、他人よ。そんなのできない!」
「やりたくなかったらそれでいい。後は責任持たんからな」
「やります、何とかヌードにします!」

 「それならいい。その女もツルツルオ○ンコにするんだ。お前が剃るんだぞ!」
「それはできないわ。本人の意思もあるし…」
「それをやるんだ。お前がな!」そこで電話が切れ、困惑する智子だ。

 元克は「姉さん、またあいつからだね」心配そうな顔になっている。
「そうなの。でも平気よ。麻子さん、ここでは何だから私の部屋で女同士の話しをしません?」
「女同士か。いいわね、行きましょう!」智子と麻子は応接室から出た。

 2人だけになると「麻子さん、こんな事した事ある?」智子は麻子の手を掴み、自分の乳房に押し当てる。
「智子さん!」慌てる麻子だがゆっくりと乳房を撫でていく。

 「してみませんか、私と…」ゆっくりと唇を重ね、麻子の胸を撫でだすと「おもしろそうね、してみるわ」麻子も唇を吸い返した。
「私に脱がさせて。私に任せて欲しいの」麻子の服を脱がしていく。
「任せます、智子さんにお任せします…」麻子は目を閉じている。

 (ご免なさいね。こうしないといけないのよ)麻子はあっけなく下着だけの姿にされた。
「これから行くわね」パンティから脱がしていく。
「麻子さん、綺麗よ。綺麗なヘアよ」絨毛が綺麗に揃っており「手入れしているの。レオタードも着るから…」恥ずかしそうに言う麻子だ。

 智子はパンティを脱がすとブラジャーも外した。
「小さいの。恥ずかしいけど、小さいのよ」麻子は恥ずかしいのか顔を背けている。
ブラジャーを脱がすと「小さくないわ、普通よ」小振りな乳房が現れた。

 麻子は「智子さん、恥ずかしい!」全裸にされると抱きつき「しましょうね、楽しまないと…」2人はベッドに倒れ乳房、淫裂と撫で合う。
麻子は智子の淫裂を舌でなめ、智子は「あ、あ、あー!」声を上げながらも「ヘアがないから、邪魔にならないでしょう?」と言う。

 「ヘアを剃るといいのね。私も剃ってみようかしら?」
「剃った方が良いわよ、邪魔にならないし。剃ってから楽しみましょうよ」
「それなら剃って欲しいわ」麻子が承知すると、智子は電話からの命令通りの事をしていく。

 「ジョリ、ジョリ!」智子の持ったカミソリが綺麗に並んだ絨毛を消し去り、まだ汚れを知らない麻子の淫裂が露わになった。
(ご免なさいね。こうしないと…)智子も麻子の淫裂を舌でなめていくと「いいわ、いいわ!」何も知らない麻子は喘ぎ声を上げている。

「拗れた関係」第1話 撮られたヌード

                「拗れた関係」
登場人物

   仁科智子:東西商事OL         田中弘毅:東西商事社員
   〃 元克:智子の弟、大学4年生     〃 麻子:弘毅の妹 

第1話 撮られたヌード

 「あら、何かしら?」日曜日、久しぶりに自宅でくつろいでいる智子の元に手紙が届けられた。
「変ね、送り主が書いてないわ」不審に思いながらも封を切って中身を取り出すと写真が入っている。

 「なんの写真だろう?」急いで取りだすが「こ、こんなのが撮られていたなんて!」ネグリジェを着て、ベッドでくつろぐ女性の写真が入っている。
薄い生地のネグリジェからは乳房が透け、乳首、乳輪がハッキリと見えていた。
だが、下半身はピンクのパンティがしっかりと股間を覆っていて見えない。

 「誰がこんな写真を…」顔色が蒼白になっている。
送られた写真は、それだけではなかった。
入浴中の姿もあり、背中から撮ったから尻が丸見えで、乳房の膨らみも写っている。

 また、横から撮ったのもあって、股間の絨毛と乳房がハッキリと写っており、Cカップの乳房と真っ黒な絨毛が丸見えになっている。
「一体誰がこんな事をしたのよ!」不安に怯えて、中をよく調べると、なにやら書かれた手紙が入っていた。

 「何なのよ!」智子はそれを読むなり、体が震えだし「いや。そんなのいやよ!」泣き出してしまった。
その時「プルプルプル!」電話が鳴った。

 「もしもし、仁科ですが?」
「気に入ってもらえましたかな。私が撮った写真は」相手は男だ。
「あなたは誰なのよ。それに、どうしてこんなのが撮れたのよ!」智子は聞いた事のない声に不安を隠せない。

 「名前は言えない。だが、智子さん、あなたは私に監視されているんだ!」
「何が目的なのよ、お金なの?」
「そんなのは要らない。智子さんが恥ずかしがる姿を見たいだけだ」
「私を辱める気ね。そうはいかないわよ」

 「それはあなたの自由だ。書いてある通りにやらないなら、会社に送ってやるぞ」
それには「やめて。それだけはやめて!」泣き声に変わっている。
「だったらやるんだ。今すぐ書いてあるようにやれ!」それだけ言うと電話が切れた。

 「いやよ。ヌードだなんて!」手に持った手紙が足下に落ち、奥歯もガチガチと鳴り「でも、やるしかない…。やらないと会社に送られてしまう…」頭の中には全裸になった自分の姿を妄想している。

 悩んだ末に「やるしかない…」決心した智子は、部屋のカーテンを全て閉め、ドアの鍵も確認し「これで大丈夫ね」智子は服を脱ぎだし、スカート、ニットと脱ぎ下着姿になった。

 「恥ずかしいわ。フルヌードになるなんて」背中に両手を回して、ブラジャーを外すと白い肌の乳房が飛び出し、ピンクの乳首が膨らんでいる。
さらに、両手でパンティを掴んで引き下げ、股間の絨を露わにすると膝まで引き下げ、足を上げて両手には小さな布だけが残された。

 姿見には全裸姿の智子が写っており、白い乳房が揺れ、太股がブルブル震えていて股間の黒い絨毛も揺れている。
「恥ずかしいわ。こんな姿で一日過ごすなんて!」智子は手紙に書かれた通りのことを実行した。

 「プルプルプルプル!」また電話が鳴った。
智子が腕で乳房を押さえ、受話器を取ると「素っ裸になったか?」あの声がする。
「はい、脱ぎました。フルヌードです…」

 「本当か嘘か確認する。カーテンを開けて、ベランダに立て!」
「それはいやよ。私はフルヌードなのよ、そんなのできない!」悲痛な叫び声だ。
「何だ、やらないのか。それなら責任は持たないからな。会社を首になっても知らないからな」

 「やめて、それだけはやめて!」泣きながら言う智子に「わかったようだな。早くやれ!」電話が切れた。
「見られる、きっとフルヌードを見られる…」体を震わせながら智子はカーテンを開け、そして、窓を開けて外にでた。

 「見ないで、お願い誰も見ないで!」体を震わせながら、ベランダに立ち、智子は真昼だというのに、ベランダで全裸を晒してる。
そんな智子だが、そよ風が股間の絨毛をたなびかせている。

 やがて、恥ずかしさが限界になり「もう我慢できない!」智子は中に戻り、窓を閉め、カーテンも閉めた。
「ハア、ハア!」興奮がまだ治まっておらず「誰にも見られなかったはずだわ」自分に言い聞かせている。

 「プルプルプル!」また電話だ。
「もしもし、姉さんなの?」
「そうよ、智子よ」聞き覚えのある声で、相手は弟の元克だ。
姉さんと呼ばれた女性は仁科智子で25才になり、商事会社のOLをしている。

 智子に声を掛けたのは弟の元克で、大学4年生だが2人には身寄りがなくて、父と母とは智子が二十歳で死別し、智子が親代わりとなって元克を育ててきた。
幸いな事に、親が残したこの家とわずかな資産で、2人はここまでこられた。

 「姉さん、これから戻るよ。部活が終わったし」
「わかったわ、昼食を作っておくわよ」
「ありがとう」電話が切れた。

 (どうしよう、元克にヌードを見せるわけには行かないし…)智子は弟の前で全裸を晒す姿を妄想している。
「でも、やらないとあれが会社にばらまかれてしまうし」悩みながら、弟に全裸を晒す決心をした。

 そして、時計を見た。
「もうすぐだわ。もうすぐ戻ってくる!」あれから1時間も過ぎて、外の方で足音がしている。
「ガチャン!」鍵がはずれた。
(元克だ、元克が戻ってきた!)智子は緊張して「ドキン、ドキン」鼓動が激しい。

 「バタン!」ドアが開くと再び閉まり「ガチャ!」また鍵が掛けられた。
「ヌードを見られてしまう…」両手を後ろで組んで、智子は立っている。
「バタ、バタ!」足音が近づいて、目を閉じる智子の体の震えが大きくなっている。

 「ね、姉さん。どうして…!」元克が驚きの声を上げた。
「熱いからよ。それに、姉さんのフルヌードを見て欲しかったの…」強ばった顔で、耳まで真っ赤になっている。
(元克に、私の全てを見られている…)目の下が赤く腫れ上がって、太股がブルブル震えていた。

 「綺麗だ。姉さんのヌードは綺麗だよ!」意外にも元克はじっと智子の体を見つめ、そして、元克は体を屈めて股間をじっと見つめていく。
「姉さん、ここが性器だよね?」手で絨毛を掻き分けた。
露わになった淫裂から、はみ出た2枚の肉襞が見えている。

 「そ、そうよ、そこが性器よ…」恥ずかしさを堪え、途切れ途切れにやっと言えた。
「恥ずかしいの、震えているよ」
「は、恥ずかしくはないわ。元克に女性の体を知って貰うためなんだから…」真っ赤な嘘を言う智子だ。

 「姉さん、オシッコはどこからでるの。それにセックスはどこでするの?」元克は次々と尋ねた。
「お、オシッコはここよ」指を入れて、肉襞をかき分けると、淫裂が開いてピンク色した尿道が見え「ここよ、これがオシッコなの」尿道を指で撫でていく。
「お、オチンチンはここに入れるの…」さらに淫裂を広げて見せると、膣穴が見えた。

 「姉さん、わかったよ、性器はこうなっているんだね。オッパイはどうなの?」
「オッパイはこの通りよ」乳房を掴み持ち上げていく。
「どれ、どれ!」元克は智子の乳房を掴み、揉んで「柔らかいんだ、オッパイは柔らかい!」元克は姉の乳房を揉んでいる。

 「元克、それよりご飯を食べないと。スパゲティでいいかしら?」
「姉さんが作ったのなら、何でもいいよ」
「わかったわ。すぐ作るね」智子は乳房を揺らせながら調理した。
「はい、できたわよ」「いただきます」2人はそれを食べて、後かたづけをしていく。

 「姉さん、綺麗だよ。お尻もいいよ」流し台で洗う智子のお尻を元克が撫でて「だめよ、そんなことだめよ!」腰を振る智子だ。
(困ったわね、ヌードに興奮している…。まさか、セックスさせろとは言わないと思うけど…)そのまさかを心配している。

 「姉さん、田中さんとはうまく行っているの?」今度は乳房を撫でながら言う。
「いや、触らないで。うまく行っているから!」乳房から手を振り払って言う。
「そうか、うまく行っているのか。安心したよ」素直に引き下がっている。
智子は、その後も全裸のままで、元克に乳房と淫裂を晒していた。

 「姉さん、お風呂は一緒に入ろうよ」
「そんな、一緒だなんて!」元克に言われて慌てる智子だ。
「小さい頃はいつも一緒だったよ。いいだろう、今夜ぐらいは?」元克が抱きついてきた。

 「わかったわよ、今日だけだからね」渋々承知すると元克は服を脱ぎだし「元克、隠して、前を隠して!」肉竿が大きく膨らんでいる。
(凄いわ、あんなに堅くなっているなんて。もう立派な大人なんだ…)目を逸らす智子だ。

 元克が全裸になると、2人は浴室に入った。
「姉さん、洗うね」
「ありがとう」智子が背中を洗って貰うのは何年ぶりだろう。
幼かった自分を思いだして(そうだった…。元克のオチンチンを掴んだ事もあったわ)思い出にふけっている。 

 「姉さん終わったよ、今度は僕を洗って!」
「わかっているわよ」智子は亡くなった父の背中を思い浮かべながら、元克の背中を洗っていく。
「昔はよくこうやっていたわね」
「そうだよね、姉さん!」元克が振り向いた。

 「隠して。そんなの隠しなさい!」膨らみきった肉竿に顔を赤める智子に「それよりも、洗わないと。こうやって洗うんだ!」石鹸を手に付けて肉竿を握りしめ、指を動かしていく。

 「姉さんもやってみて。ほら!」
「いやよ、そんなの…」しかし、腕を掴まれて握らされ(熱い。オチンチンがこんなに熱いなんて!)血管が浮かぶ肉竿を擦りだす。
(こんなに堅いなんて。それに太い…)小刻みに智子の手が震えている。

 「姉さんのも洗ってあげるね」
「だめ、そこは、だめ…」元克の指が淫裂の割れ目を撫でている。
「姉さん、ここに入ったら痛くないかな?」指が中に入って膣を撫でている。
「痛いと思う。膣は伸びるって聞いているけど…」(気持ちいいわ。弟に性器を触られても感じるなんて…)目を閉じ、肉竿を握ったまま言う。。

 「姉さんはまだやった事ないの。田中さんとも?」
「してないわ、セックスはしてない。綺麗な付き合いをしているのよ」
「早く、田中さんとセックスした方が良いよ」
「バカ言わないの。そんな事言うより勉強しなさい!」強い口調で行って立ち上がり、シャワーを浴びてから出た。

 浴室を出ると、自分の部屋に戻りベッドの上に腰を下ろしている。
「知らない間に大人になっていたんだ。私もその分年を取ったのね」姿見を覗き込んだ。
「でも、元克に触られた時、よかったな…」姿見を見ながら乳房を揉み、指が淫裂を触っていく。

 「欲しいわ、早く入れて欲しいのよ。田中さん…」恋人の田中に抱かれる妄想をしながら指が膣を撫でていく。
智子はいつしか「あ、あ、あー!」声を上げ、仰向けになって足を開き、指を動かしている。
「いいわ、いいわよ…」田中の顔を思い浮かべながら淫裂の中を触ってる。

 その時、元克が通りかかるり「あ、あ、あー!」あえぐような声が聞こえてくる。
「姉さんの部屋からだ!」そっと足を忍ばせて覗くと(姉さんが指でオ○ンコを弄っている!)少し開いたドアから智子がオナニーをしているのが見える。

 (姉さんがオナニーだなんて!)信じられらないといった顔で見つめているが「いいわ、田中さん、いいわよ…」覗かれているとも知らずに、乳房も揉んでいる。

「淫らな学園」第20話(最終話)再会

第20話(最終話)再会

 文化祭も無事に終わると同時に、和代の罰も終わって、服を着られるようになった。
しかし、教え子が自分の性器を晒した写真を持っていると思うと、情けなくなってしまう。
それは、和代だけでなく皆がそうで、授業をしていても気になって仕方ない。
それでも「もうすぐテストよ、頑張って!」と励ましていた。

 だが「峰岸先生、オ○ンコ見せて下さい」授業中言われ「そんな事できないわ。性器は見せもんじゃないし!」首を振って断った。
「先生、見せてくれないなら手抜きですよ。それでもいいんですか?」「またお仕置きよ。今度は痛いわよ」女性徒までも脅している。

 「やめて。お願いだから、手抜きなんてしないで!」
「だったら、今すぐオ○ンコ見せて下さい」それには震えだし(やらないとお仕置きだし…)覚悟を決め「わかった。見せるから、頑張るって約束して!」
「約束します!」その声にスカート、パンティと脱いで下半身を剥き出しにした。

 「見て、これが性器よ」和代の淫裂は短い絨毛で覆われ、ピアスが付けられており、恥ずかしいのか顔を背けている。
「先生、そのヘア邪魔です、剃って下さい!」
「許して。ヘアを剃ったら夫に叱られます…」
「そうか、先生は人妻だったな。仕方ないな」素直に引き下がり(よかった。拓也さんのことを言って!)急いでパンティを履いていく。

 「先生、授業が始まる前に明日も見せて下さい!」
「そんな、明日もだなんて…」
「イヤなら、手抜きしますからね」
「わかったわ、明日も見せればいいのね」約束させられ、授業を終えると職員室に戻って悦子に打ち明けた。

 「峰岸先生もですか。私も性器を見せろと言われたの…」
「それで?」
「脱いだわ。生理だから、凄く恥ずかしかったけど…」
「それじゃ、今度の授業でも?」
「そうよ。間違いないわ」2人がヒソヒソ話していると「私もよ。性器を見せろって言われたの…」慶子も打ち明けた。
他の同僚も「私も言われたわ。仕方ないから脱いだけど…」次々と打ち明けて「脱ぐしかないわね。恥ずかしいけど…」
「そうね、痛いのはもうこりごりだし」諦めてチャイムと共に教室に向かった。

 次の教室でも同じで「先生、オ○ンコ見せてくれないなら手抜きするからね」と脅された。
それには渋々スカート、パンティとにで淫裂を晒すと「先生、触らせて!」言われる。
「ダメ、それは絶対ダメ!」断ると「だったら、みんなで手抜きしよう!」と言い出す始末だ。
「わかったわ。触ってもいいわよ」和代は淫裂を触られて「ダメ、指は入れないで!」悲鳴に近い声を上げていた。
同じように他の教師も淫裂を触られて「う、う、う!」泣きながらも、教え子の辱めに耐えている。
こうして教え子の辱めに耐えながらも、どうにか試験を終える事が出来た。
「よかった。手抜きしてなくて…」安心して採点していき、同じように、他の教師達も笑顔になっていた。

 こんな事があったせいか、和代は無性に拓也に会いたくなり、石塚に拓也の元で正月を過ごしたいと申し出た。
「いいでしょう。ご夫婦ですから構いません」素直に認め、和代は拓也に電話したが「来なくていいよ」と避けている。
それでも「お願い、会って頂戴!」泣きながら頼み込みんで、承知させた。
そして、正月が迫った日、和代は久しぶりに拓也のアパートを訪ねた。

 「あなた。会いたかった!」拓也に抱き付くが「今更なんだ。俺を変態呼ばわりしていたくせに」素っ気なく言う。
「その件はこの通り謝ります!」土下座して額を付けた。
「それくらいじゃ、収まらないな」
「わかっています。ですからこのように…」カーテンを閉め、服を脱ぎだすと「何だ、色仕掛けかよ」ジッと見ているが、シャツを脱ぐと「あっ!」と声を上げた。

 和代はブラジャーでなく、細い紐で乳房を縛って「和代、あれほど嫌がっていたのに…」驚く拓也だ。
それを後目にス、カートも脱いで「そんな…」現れた姿に呆然とし「あなたは、こうして欲しかったんでしょう?」両手を後ろで組んだ。
和代は黒い太股までのストッキングを履き、ガーターベルトで吊っている。
勿論、パンティは履いておらず、絨毛は綺麗に剃ってあり、淫裂のピアスがキラキラ光り「そうだ。こうしたかった…」和代の淫裂を撫でていく。

 「待って。これでしてもいいわよ」バックからロープとムチを取りだし、拓也に渡し「縛って欲しいの。それにお尻を叩いて欲しいの…」拓也は信じられないと言った顔で、両手を後ろ手に縛り尻を叩き出した。
和代は「ヒ~!」叫びながらも、拓也の好きなようにさせて「オ○ンコだ、オ○ンコもやらせろ!」縛ったまま押し倒して、乳房を揉みながら淫裂を突きだし「お願い。抱っこでして…」和代がねだる。
「駅弁か。お前が嫌いじゃなかったか?」
「あなたが好きだから、あれでされたい…」
「わかった。駅弁でやる!」腕が解かれ抱き上げられると「いいわ、膣の奥まで入ってくる~!」声を上げ続けた。

 翌日、2人は淳子夫婦を訪ね、アパートに入るなり「和代、脱げ、素っ裸になるんだ!」と命令する。
「わかりました脱ぎます」淳子夫婦の前で服を脱ぎだし、和代はもう逆らうこともなく、従順で次々と脱いで全裸になった。
「そんな、ピアスまでして…」淫裂と乳首にピアスがあり「凄い、凄すぎる!」淳子の夫も淫裂を見つめている。

 「和代、淳子さんとやれるか?」
「あなたが望むなら、何でもします。淳子さん、私としましょう」顔を押さえて口づけしていく。
「そんな、レズなんてイヤよ!」
「やれ。淳子やるんだ!」夫から怒鳴られ「わかったわ。やるわよ…」嫌々和代を受け入れ、和代に服を脱がされ、全裸にされると淫裂をなめられて「ダメ、そんなのダメ!」声を上げていく。

 「我慢できない。奥さんとやっても、いいでしょう?」
「いいですよ。私も淳子さんとしますから」2人も脱ぎだして「あ、あ、あ~!」と声が上がりだした。
やがて、二つのカップルは四つん這いになり「あなた、見ないで。恥ずかしいから見ないで!」淳子は拓也との行為を見られ恥ずかしがっている。
「俺も、和代さんとやっているんだ。お前もよく見ていろ!」2人は顔を見合わせながら楽しんだ。

 それが済むと「峰岸さん、こんな事ならまたやりたいですね」と言いだす。
「私もしたいわ。夫も嫌っていたのに、こんなに燃えて…」
「仕方ないよ、理解できなかったんだから」照れる淳子の夫だ。

 そして、元日になると和代はコートだけを身に着け、街を歩かされている。
「脱げ。ここから素っ裸で歩くんだ!」
「わかりました。綺麗に撮って下さい」コートを手に持って町の中を歩き、それを拓也がビデオに撮っていく。
その後、地下鉄、ビルの中と和代の全裸を撮って昼近くアパートに戻ったが、暫くして淳子夫婦が訪ねてきた。

 淳子はアパートに入るなり服を脱ぎだし「峰岸さん見て下さい、私も奥さんと同じくしました…」全裸になった淳子も絨毛を綺麗に剃り落とし、淫裂にはピアスが付けられていた。
更に乳首にも、取り外しが出来るピアスが付けられており「凄いや。今日も行きますか?」「ええ、行きましょう」和代と淳子は両手を後ろ手に縛られ、膝を付けて座らされて尻をムチ打たれ続けた。

 こうして、拓也に久しぶりに抱かれた正月を過ごした和代は、満足そうにアパートに戻ったが「峰岸先生、明日は新年会だそうです」と高田が告げる。
「新年会ですか?」
「ええ、場所は私がご案内します」高田はそう言うと、悦子の部屋に向かう。

 翌日、和代達は迎えに来た車に分乗して会場へと向かうが、理事長の屋敷とは知らなかった。
車は大きな屋敷に入って行くが、そこにはPTA役員もいる。
「揃いましたね。それでは始めましょう!」一行は屋敷の中を歩いて金属製のドアを開けた。
そこは、鉄格子や鎖が並べられ和代も見覚えがある場所で「先生方、準備をお願いします」高田の言葉に皆が怯えている。

 「許して。痛い思いはイヤです!」
「今さら、何言ってますか。準備しないと痛い思いですよ」細めのムチを振った。
「やります。ですから打たないで下さい!」悦子は泣き顔で脱ぎだし、同じように同僚が次々と脱いで(私も脱がないといけないんだわ)和代も黙って脱ぎだした。

 そして、皆が全裸になると両手に手錠が掛けられロープで吊されていく。
「いい眺めです。これだからやめられなくてね」役員達が教師の乳首を摘んで引っ張ると「ギャ~!」悲鳴が上がった。
「何ですか、これくらいで泣くなんて。だらしないですよ」淫裂を広げクリトリスも潰して「ギャ~」また悲鳴が上がっていく。

 「おや、峰岸先生はかなり楽しんだみたいですね。何回やりましたか?」指が膣に入れられた。
「5回です。それ以外に友人とも2回しました…」
「友人と言いますと?」
「夫の友人で、スワッピング相手です…」
「教師がそんな事しちゃダメですね。ここはお仕置きです」クリトリスが掴まれ「ギャ~。お許し下さい、夫の言いつけですからやるしかないんです!」
「旦那の言いつけなら何でもするんですか?」
「します。それで喜んで貰えるなら、何でもします…」

 「素っ裸で歩けと言われてもですか?」
「はい。正月に全裸で歩かされました…」和代は泣きながら答え「そんな破廉恥なことをしたからには厳罰です」尻や乳房が叩かれて「ギャ~!」体を震わせ悲鳴を上げたが「夫が…喜んでいます…」途切れ途切れに叫んだ。

 「いくら夫のためとはいえ、罰は罰です!」なんだ、かんだと因縁を付けられムチで打たれ、同じように悦子や桃子達も打たれていく。
それには「許して下さい、痛いのはイヤです…」泣きながら頼み込んでいると「何でもしますか?」と聞かれる。

 「はい、何でもします」
「それでしたら、卒業式が済んでからの謝恩会で、素っ裸のダンスをやって下さい」
「やります。ですから、痛いのは許して下さい!」
「それならいいでしょう。今度は気持ちいい事しますよ」背中から抱かれ、淫裂に肉竿が押し込まれ「あ、あ、あ~!」声を上げだした。

 「生徒のために頑張りますよね?」ピストンしながら尋ね「はい、勿論その覚悟です…」返事すると「それはいいことです」そう言いながら、淫裂深くに射精した。
それから数か月後、卒業式が行われ居並ぶ生徒達の前で石塚が祝辞を述べていた。
そんな中で(ヌードダンスをやらないといけないんだわ…)女性教師達は緊張した顔でいる。

 やがて、蛍の光が流れて卒業式が終了すると「行きましょう。謝恩会よ」女性教師達は謝恩会場へと向かい、そこには卒業生達がずらりと並んでいる。
「皆さん、卒業おめでとう。先生達も嬉しいです…」慶子がもっともらしいことを話してから「それでは、皆さんのはなむけに、踊りをご披露します」礼服を脱ぎだす。
教師達は下着は着けていなかいから、乳房や股間が露わになっている。

 しかも、慶子も絨毛を剃っているから、皆の淫裂が剥き出しで「凄いや。オ○ンコのオンパレードだ!」歓声が上がった。
その歓声の中、教師達は音楽に合わせて乳房を揺らせ、淫裂を惜しげもなく晒し踊り出し、その全裸のダンスを生徒達は歓声を上げながら見続けた。

 その夜、拓也は町外れにある大きな屋敷に入った。
屋敷に入ると男性が出迎え「峰岸君、よく来たね。上がってくれ」中に案内されたが、井上もいた。
「理事長には感謝しています。これで、うまく行きそうです」
「後輩を助けるのが先輩の勤めだ。石塚や高田もずいぶん楽しんだようだしな?」
「私も楽しませて貰いました。息子も喜んでいましたよ」井上も満足そうに言う。

 「井上さん、ビデオですが、よく撮れていました。妻の泣き顔は最高です。それに、素っ裸で町中を歩くのは傑作ですよ」
「そう言って貰えれば、撮った甲斐もありますよ」3人は笑顔で話した。

 暫くして「峰岸君、君の奥さんは井上さんの奥さんと楽しんでいるんだ。君も好きに楽しんでいいよ」そう言って襖を開けると、全裸の女性がズラリと並んでいる。
「まずは、踊りからだ!」
「かしこまりました」女性達は一斉に踊り出した。
「いいですね、最高です!」
「好きな女とやっていいいよ。奥さんのお礼代わりだかから」

 「それでしたら、まずはこの人と…」拓也が選んだのは悦子だ。
「優しくして下さい…」
「僕は優しくは嫌いなんだ。こうやって!」
「ヒ~!」乳房を鷲掴みして淫裂を責め立てていく。
「いいね、元気があって!」それを、踊りながら見つめているのは和代の同僚だ。
「理事長、今夜は3人とさせて下さい」
「いいよ、好きなだけして。明日もやっていいからね」笑顔の理事長だ。

 そして、和代は東京に戻り拓也と一緒に暮らしている。
「和代。お仕置きだ!」
「お許し下さい。何でもしますからお許し下さい…」臭い演技をしながら全裸にされ、両手を縛られ尻をムチで叩かれていく。
「なめろ。お前の好きなチンポだ!」不自由な姿勢で肉竿もなめさせられ、背中から淫裂を突かれて「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げていた。

 「いいか、明日は淳子の旦那とオ○ンコしろ。俺は淳子とやるからな!」
「はい。わかりました…」あれほど嫌がっていたのに、素直に拓也を受け入れる和代は(あんな思いするなら、拓也さんと一緒がいいわ。それにセックスも気持ちいいし…)拓也に乱暴に扱われることに快感を覚えている。

 「あなた、またヌードビデオを撮って下さい…」
「何だ、また素っ裸になりたいのか。しょうがないやつだ。今夜はタップリお仕置きだ!」乱暴に肉竿をピストンしていく拓也も満足げな顔をしている。

~完~
お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
記事数メーター