fc2ブログ

「哀れみの女刑事」第7話 ダンスのレッスン

第7話 ダンスのレッスン

 良子は奈美、昌子と一緒に家を出て町に向かった。
道路は混んでいないから、すんなりと目指した建物に着き「着いたわよ、良子は分かっていると思うけど逆らったら痛い思いよ。それに素っ裸で町を歩かせるからね」奈美が念を押す。
「逆らいません。ですから、それだけは許して下さい」

 「奥様、それだけじゃダメですよ。あの写真もばらまくとおっしゃらないと!」昌子の言葉に「絶対逆らいません。ですから、ヌード写真だけは誰にも見せないで下さい」
「分かっている。オ○ンコ丸出しの写真を見たら、お嫁に貰う人もいなくなるしね」勝ち誇ったように話す。

 (そうよ、あの写真が表沙汰になったら大変だわ。だから、早く手を打たないと…)黙ったまま奈美の後ろを歩いて、中に入るとレオタード姿の女性で溢れかえっている。
(もしかして、私はヌードで?)良子は不安を感じて歩いていくと「ようこそおいで下さいました」若い男性が3人を出迎えた。

 「実は、この子が踊りを習いたいと言いまして…」
「それでしたら、着替えてください。もうすぐ初心者コースが始まりますから」
「急いで来たから、レオタードは持っていないの。だから、特別な姿でやらせて」
「かまいませんよ、服装は自由ですから。ただ、踊りやすい服装でお願いしますよ」注意を受けた奈美は「昌子、良子の準備を頼むわよ」言い残すとレッスン場に入った。

 「まずはシューズね。これを履いて」ダンス用のシューズを履かされた。
「昌子さん、レオタードはないですか?」
「そんなの、ある分けないわよ。あなたは特別な服装でいいって言ったでしょう?」
「特別と言われても、このままでは踊れませんし…」

 「鈍いわね。それを脱ぐのよ。裸で練習するの!」
「そんな、こんな大勢の前で裸になるなんて…」顔から血の気が引いていく。
「約束したからには、やらないとは言わないわよね?」
「も、勿論です。でも、警察沙汰になったらどうすればいいんですか?」

 「馬鹿ね、ここは建物の中よ。公の場所じゃないから平気よ。ほら、急いで脱ぐのよ!」
(イヤよ、ヌードでやるなんて出来ない…)ボタンに手を掛けるが、なかなか外れない。
「1分以内で脱がなかったら、逆らったと見なすわよ。いいわよね?」
「逆らっていません、今脱いでいます…」震える手でボタンを外すと、裾を持ち上げ頭から脱いだ。

 「服は私が預かるわ、あなたも入るのよ」良子は黒いストッキングとガーターベルトだけを身にまとい、乳房と綺麗に剃り上げられ淫裂を晒したままレッスン場に入った。
良子が入ると「ヌードよ、しかもフルヌードだ!」声が上がると、その声に皆が振り返り、軽蔑した目で見ている。
(そんな目で見ないで。好きでやっている訳じゃないのに。これには訳があるのよ)裸になったのも捜査のためだと言いたいが、それは叶う訳がない。

 白い目で見られながら両手を後ろに組み、乳房と淫裂を晒していると「岡林さん、いくら何でも裸では困ります」コーチも困った顔をしている。
「そう言わないで。この子が裸になりたいと聞かなくて。コーチには後でいい事してあげるから」
「仕方ないな、今回限りですよ」奈美の意味がわかったのか、渋々承知してレッスンが始まった。

 コーチは「はい、ここで足を高く伸ばして!」音楽に合わせて手本を示す。
それに倣って女性達が次々と足を上げていく。
(私もやるしかない…)振り向くと奈美と昌子が見つめているから、皆に倣い足を伸ばすと、それを待っていたかのように、コーチが股間を食い入るように見ている。
それは良子にもわかり(性器を見られている…)顔が強ばっている。
それでもレッスンは続けられ、踊るに連れ、皆が汗を流しレオタードが濡れている。

 そして、レッスンが終わると皆が出ていくが、良子達3人とコーチだけが残された。
「良子、コーチには特別なお礼をしないといけないわよ」
「特別とおっしゃいますと?」
「あなたの好きなヌードを許して貰ったのよ。それ相応ののことをしないとね」
「そうよ。好きなオチンチンシャブリでもしてあげたら」

 それには(イヤよ、そんな事したくないわ)強ばった顔が更に強ばった。
「そうね、昌子が言う通りだわ。ほら急いでやるのよ」奈美が言えばやるしかなく、良子はズボンのベルトを外して引き下げていき、更に、パンツも引き下げて肉竿を掴んだ。
(これをなめるなんて…)目を閉じて口を押しつけた。

 「もっとよ、全部入れるのよ!」更に口を押しつけて、肉竿の大部分を吸い込むと、頭を前後に動かし出す。
「ウグ、ウグ!」呻くような声を上げて動かすと、肉竿も限界まで膨らんでいく。
「気持ちいいや。出したくなっちゃう…」
「出しても良いですよ。この子は出されるのが好きですから」
(違うわ、私はそんな変態じゃないわよ。これは捜査のために我慢して…)言ったら、お終いだから黙って口を動かし続けた。

 やがて、喉の奥に不快感が感じられた。
(出された、精液を出された…)頭を上げると白い液体が口から垂れている。
「良かったです。でも、裸ではこれっきりにしてくださいよ」コーチは自分からズボンを直していく。
「わかりました。明日からはちゃんと着させます」
(良かった、もう裸でやることないし…)不快な液体を我慢しながら飲み込んだ。

 「そうと決まれば、買い物よ。似合うのがあればいいけど…」
「捜せばあるわよ。行きましょう」3人はまた車に乗り込み、町の中を走りレオタードを買った。
「奥様、この際だからもっと過激な衣装も用意した方がいいのでは?」

 「そうなのよ、私も思っていたの。今夜はそれでやらせましょう、そうすれば太郎さんも早く出すし…」
「そうですよね、奥様も楽ですしね」勝手に話すが良子は心配顔になっている。
それから暫く走ってまた停まり「行きましょう」3人は車を降りて店に入った。

 「いらっしゃいませ!」若い女性の店員が声を掛けてくると「過激な衣装が欲しいのよ」いきなり言う。
「それでしたら、こちらなどいかがでしょう?」ナイロン製の薄い服を指さす。
「それくらいじゃダメよ。良子、見せてお上げ!」
(そんな、ここで裸になれだなんて…)また顔が強ばった。

 「奥様の言いつけよ。過激なのが欲しいと言ったじゃないですか。これよりも過激な物を捜して貰わないと」昌子も言う。
(恥ずかしいけど、脱ぐしかないわ…)震える指先でボタンを外し、裾を持ち上げると「そ、そんな~!」店員は下半身を露わにした良子に声を上げた。

 「ねえ、これよりも過激なのがあるかしら?」
「は、はい。これなどいかがでしょうか?」無毛の股間を見つめてからカタログを捲っていく。
「良いわね、良子にはこれが似合うわよ」ネクタイを締め、肩までも手袋をした女性を指さした。
勿論、パンティは履いているが、乳房は丸出しで、良子と同じくガーターベルトとストッキングを着けている。

 良子は見るなり(イヤよ、そんなの着たくもないわよ)下を向いて顔を上げようとはしない。
「他にないかしら?」奈美の言葉で、店員はまたカタログを捲った。
「これいいわね、面白そうだし」
「これはマゾの衣装です。オッパイも締め付けられますし、両手も簡単に縛れます」確かにリングがある。
「面白そうね、これもいただくわ」奈美は次々と買い込んで行くが(要らないよ。どうせ、私が着させられるんだから…)顔を上げられなかった。

 そして、買い物が済むと屋敷に戻った。
「良子、わかっているわよね。あなたの踊りで私を楽にするのよ」
「そう言われても、旦那様次第ですから…」
「あら、逆らう気なの。そんなにお仕置きされたいんだ!」

 「そんな、お仕置きだなんてイヤです。必ず奥様をお楽にします」
「最初からそう言えばいいの。セックスが5分で終わるように頑張るのよ。もし、5分以内で太郎さんが射精しなかったらお仕置きするからね」
「頑張ってみます…」小さな声だ。

 「奥様、お仕置きは何に致しましょう?」
「そうね、木馬が良いわ。足に重りをタップリ付けて」不適な笑いを浮かべている。
(お仕置きなんて、絶対にイヤよ。恥ずかしくても早く射精させないと…)踊りの振り付けを考えていく。

 良子が真剣に考えている間にも時間が過ぎて岡林が帰宅した。
奈美は「あなた、今夜は面白い志向でやわよ」笑顔で出迎え、それには「面白い志向ね。今夜は楽しめそうだな」岡林も笑顔になっている。

 良子はその間も振り付けを思案してるが、時間が過ぎて夫婦に呼ばれ「ほう、これもいいな。返って色っぽいよ」見るなり声を上げた。
良子は肩までの手袋をし、ネクタイを締め、太股までのストッキングを身に着けただけだ。
乳房と淫裂は丸出しで、乳首には金色のピアスをいている。

 「あなた、気に入ったかしら?」
「勿論だ。ガーターベルトも良いけど、こんな姿も良いよ」
「ほんとだわ、もう堅くなっているわよ」奈美は岡林の肉竿を掴んでいる。
「奈美。それより、口でしてくれないか?」

 「いやよ。昌子、代わりにして!」
「わかりました。奥様のためでしたら何でも致します」昌子は岡林の前で膝を付き、肉竿を口に入れた。
「良子、わかったわね。昌子のように言われたことは何でもするのよ」
「はい、そうします」返事をすると、音楽を流して習ったばかりのダンスを始めた。

 良子が踊るたびに、ネクタイと乳房が一緒に揺れ、淫裂も形を変えていく。
「良いよ、凄くいい。奈美にもやって貰いたいな」
「いずれはね。今はダメよ、それよりも早くして。もうカチカチでしょう?」四つん這いになった。

 「わかっているよ。昌子、もう良いぞ!」昌子が退くと奈美の腰を押さえて、肉竿を淫裂に押し込むと「う、う~!」呻き声を上げながら体をくねらせていく。
「良子、早く出させて。5分以内で出させなかったらお仕置きだからね!」肉竿のピストンが始まり乳房が揺れていく。
(そんな事言われたって無理よ。セックスの相手はあなたなんだから)ダンスをやめ、腰を下ろして足を開いた。

 それには「?」怪訝な顔をしながらピストンしている。
良子は悩んだ末に(恥ずかしいけど、これが一番男が喜ぶって書いてあったし…)週刊誌に書かれていたのを思い出し「あ、あ、あ~!」声を上げ、指で淫裂を撫でだした。

 「見ろよ、良子がオ○ンコ弄くっているぞ!」興奮して肉竿も更に堅くなっている。
「ほんとだわ。オナニーしている…」驚く2人だが(言わなくて良いわよ。黙って見ててよ!)指で淫裂を広げて、クリトリスも撫でていくと「凄いよ、興奮してきた!」岡林の動きが速まった。
それだけではなく、嫌がっていた奈美の淫裂も濡れたのか「ヌチャ、ヌチャ!」湿った音に変わっている。

 それは良子にも聞こえ(もう少しだわ。もう少しで…)腰を浮かせながら声を上げていく。
「あん、あん、あん!」指の動きも速めていくと「限界だ。出る、出る…」根本まで押し込み、動きを停めた。
「感じる、エキスが気持ちいい…」奈美がこんな事を言うのは初めてだ。
「良かったか、奈美?」ぐったりする奈美に寄り添い乳房を吸っていく。
「初めてだわ、オチンチンで気持ちいいのは…」流れ出る精液を拭こうともせずに、余韻に浸っている。

 「ところで、お仕置きってどういう事だ?」
「太郎さんが、5分以内で射精しなかったら、お仕置きさせようと思ってたの」
「俺に5分以内で出すようにしたわけか。せめて10分以内にしてくれよ」
「そうね。変わりに、あなたがお仕置きしたら?」
「そうだな。俺を見くびったバツに、良子をお仕置きだな」

 それには「話が違います。旦那様とはそのようなこと約束していません!」悲鳴に近い声を上げている。
「諦めなさい。私じゃなくて太郎さんがやるんだから」
「旦那様、お許し下さい。痛い思いはもうしたくはありません!」
「痛い思いがイヤか。それなら痛くないのでやるよ。奈美、これから出かけよう」
「そうね、屋外ヌードも良いしね」

 「そんな、外で裸なんてイヤです。人に見られたらどうすればいいんですか?」
「あら、逆らうの。逆らったらオ○ンコ丸出しの写真が公になるはずよね」
「それだけは、許して下さい」謝る良子の目からは、止めどなく涙が流れていた。

 そんな良子に「お嬢様。もう遅いですから、今日はこれくらいにしては?」昌子が助けに入った。
「そうよね、もう遅いし。今度逆らったらホントにやるからね!」
「もう逆らいません…」良子は土下座して自分の部屋に戻ったが、悔しさが込み上げている。
「悔しい。ねじ伏せたいけど、やっと掴んだ手がかりだから…」捜査の糸口だからそうは行かず、ただ、耐えるだけだ。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事数メーター