fc2ブログ

「哀れみの女刑事」第16話 人工島

第16話 人工島

 翌日の夜、麗華は3人を連れて町に出て、オーナーになっている酒場へと向かった。
2人は鈴木に連れられて知っているが、小華は初めてだ。
「姉御、珍しいですね」支配人が声を掛けてきた。

 「景気よさそうじゃない?」
「そうなんです。それで、人手が足りなくて困っていまして。店を手伝う女が欲しいんですが…」
「わかった、手配しておく。今夜だけなら、この3人を使ってもいいわよ」
「それは助かります。是非、お願いします」3人は麗華を残し、支配人の後ろを歩いて部屋に入った。

 「早速ですが、着替えて貰わないと」ロッカーから制服を取りだし「これなら。合うと思うけど」1人1人に手渡し「直に着ろ、下着は着けるな」命令する。
「わかりました」素直に返事をしてから着替えていくが、3人は麗華の言いつけにより下着は着けていないから、すぐに全裸になった。

 それを見て「パイパンか!」支配人が驚いている。
(好きで剃っているんじゃないわ。無理矢理やられたのよ)怒鳴りたいのをこらへ、渡された制服を着込んだが「そんな…」声を上げた。

 制服はワンピースだが、胸の部分がハートの形にくり抜かれ、乳房の膨らみが覗いていおり、変に動けば乳首まで飛び出す代物だ。
更に、両脇には腰骨までのスリットが入っている。

 「いいね、お似合いだよ」支配人は確かめるかのように眺めると、良子のくり抜きに手を入れた。
「な、何をするのよ!」慌てて手を押さえると「教育だ。お客はこうするけど、逆らったらダメだぞ。絶対にな!」入れた手が乳房を揉みだす。

 「やめて、その気はないから!」
「お前がイヤでも、客は喜んでやるんだ。金のためだから我慢しろ!」更に揉み乳首も摘み「うっ!」(張り倒したいけど…)呻き声を上げて堪えた。

 「そうだ、それでいい。ここにもされるぞ!」スリットから手を入れられ、淫裂を撫でだす。
「やめて。そこだけは…」首を振るが手を抑えはしない。
「そうだ、絶対手を押さえるな。次はお前だ!」小華の乳房を触りだすと「やめて、お願いよ」たどたどしい日本語で泣き顔になっていく。

 「泣くな、これくらいでどうする。体を売ってる奴さえいるんだぞ!」そう言われれば黙るしかなく、乳首や淫裂を触られても、小華は黙って堪えた。
その後、貴子も触られたが、やはり我慢した。

 支配人から指導を受け、店内に戻ると、先輩と一緒に客の隣に座らせられた。
「新入りか、いい顔してるね」酔った客は真っ先に乳房を触り、その後で淫裂を触っていくが「パイパンじゃないか!」驚いている。
(恥ずかしい。性器まで触られるなんて…)項垂れたまま、されるがままにしていた。

 そうこうしている内に、時間だけが過ぎて、麗華の姿が見えなくなり(もしかして、取引をしてるのでは?)カウンターの脇にあるドアが気になっている。
貴子と良子が度々ドアを見つめていると、小華も意味が飲み込めたのか、ドアを気にするようになっている。

 3人が見張るようにしていると、中から麗華と見知らぬ男が出てきたが、小華は驚いたようだ。
(誰よ、あの人は?)小華の驚き顔に2人も脳裏に焼き付けた。
麗華は男と暫く話してから別れ、再び席に座って支配人と話して、12時には良子達と一緒に屋敷に戻った。

 翌日、まだ明け方だというのに、屋敷の中が騒々しくなっていた。
「起きるのよ!」良子と貴子は真美に起こされた。
「どうしてこんな早くに…」
「いいから服を着るのよ、急いでよ」異様な雰囲気に急いで服を着ていくが(もしかして、ガサ入れがあるのでは?)閃いている。

 服を着終え、部屋の外に出ると「こっちよ、来なさい!」良子達3人が真美に呼ばれ「暫く、隠れて貰うわ。急いで!」ワゴン車に乗せられた。
「いいかい、こいつらに手を出したら麗華様からお仕置きだよ。やりたかったら別な女にするのよ」
「わかりました。絶対に手は出しません。それにしても、いい顔してるしね」
「顔だけじゃないよ。スタイルも最上品なんだから。とにかく、頼んだよ」

 「わかりました」真美に見送られてワゴン車は走り出した。
(どこに行くのかしら?)不安そうな顔に手下が気づいたのか「安心しろ、殺しはしない。それに、手も出さないから」と告げる。
「殺さないのはわかったけど、これからどうなるの?」

 「息抜きだ、お前さん達3人だけはな」
「他にもいるの?」
「行けばわかるさ」それだけ言うと黙り込んでしまった。
(いよいよ、アジトに行くんだ。もしかしたら、そこに麻薬があるかも…)強ばった顔になっている。
3人はこの状態なら逃げられるが、アジトを突き止めたかったから、逃げようとはせずに言いなりになっている。

 そんな事とは知らず、ワゴン車は走り続け、いつしか、潮の臭いが漂いだした。
「海だわ、海が近い!」その通りで視界に真っ青な海が見え、ワゴン車はそれでも走り、海岸線まで来た。
「降りろ、休憩だ!」ワゴン車が停まり、ドアが開いて3人が降りると、島が見えるが「あそこは一体…」呆然と見つめている。

 「楽園だよ、お前達3人だけだが。他の女には地獄だろうな」
「どういう事よ、教えて!」
「教えてもいいけど、条件がある」
「何なのよ。もしかして、私の体なの?」
「そうだ、しかも3人だ。『オ○ンコさせろ』とは言わないから、オッパイとあそこを見せて、触らせろ!」」

 「そんなのイヤ。弱みを握って、高飛車に出るなんて最低よ」
「何とでも言え。やらせないならこれからの事は一切、教えないぞ!」
それには3人が顔を見合わせた。

 「これからの事もあるし…」
「セックスだけはしないし…」
「触られるだけなら…」意見がまとまった。
「触ってもいいわ。その代わり、絶対にレイプしないと誓って!」
「わかっている、そんな事はしない。ただ、抜きたいだけなんだよ」
「約束よ…」そう言うと3人は服を脱ぎだした。

 それを見て、手下達はチャックを引き下げ、肉竿を露わにしていく。
(不潔。オナニーしたかったら、陰でやりなさいよ!)やはり、オナペットはイヤだ。
それでも、これからの事もあり、次々と脱いで全裸を晒していく。

 「手を退けて。オ○ンコが見えないよ!」
「入れないで。約束よ」渋々手を退け淫裂も露わにした。
「凄いや。こんな上玉は、滅多にお目にかかれないぞ!」
「そうだよ、オッパイだって…」取り憑かれたかのように、乳房と淫裂を触りだした。

 「ダメ、順番よ、乱暴にされたら痛いだけなの!」
「わかったよ、順番で触るよ」物わかりのいい手下達だ。
それというのも、麗華に告げ口されたら大変だから気を遣っている。

 「柔らかい。それに、オ○ンコも綺麗な形だ…」右手で淫裂を触り、左手で肉竿を擦っていく。
(不潔よ。でも、セックスされるよりはいいし…)手下達は代わる代わる3人の乳房と淫裂を触りながら肉竿から白い液体を噴射させた。

 「みんなが出したから、もういいわよね?」
「いいよ、服を着ても」満足そうに全裸を見ており(イヤらしい目だわ。下手をすればレイプされかねない。でも、うまく利用できるかも…)3人は服を着て元の姿に戻った。

 「今度はそっちの番よ。あそこは何なの?」
「島だよ。人工の島さ」
「人工の島って、どういう事?」
「造った島なんだ。でも、人が住めるようにはなっている。病院もあるしね」
「だったら、何の苦労もないわよね」
「勿論さ、ただ奴隷だけは別だよ」

 「奴隷なんて、いるの?」
「いるよ。奴らがこの島を支えていると言ってもいい」
「奴隷って、どこから連れてきたの?」
「中国だよ。それに、組織から逃げようとしたりした奴さ」

 「それじゃ、見分けが付かないわよ」
「付くよ。行けばすぐにわかる。それから、この事は麗華様には内緒だぞ。オッパイやオ○ンコ触ったのが知れたら、俺も奴隷にされちゃうかも知れないし…」
「そんな事なら、触らなければよかったのに」

 「我慢できないよ。こんな美人なんだから」服の上から乳房が触られた。
「やめてよ。もう触らない約束よ」
「わかった。触らないよ」素直に手を引いた。
(麗華と聞いただけで、おとなしくなるなんて…。でも、ここはどこかしら?)思案していると船が近づいてきた。

 「あれで行くの?」
「そうだ、あれで行くんだ」その言葉通りに、はしけには、船が横付けされる。
「行くぞ、乗るんだ!」手下と一緒に乗り込んで島に向かった。

 乗り込んでから10分程で島に着いた。
島は人工的に造られたため平坦で、建物も規則的に並んでおり、3人はその中で豪華に造られた建物に入れられた。
「来たわね。特上の3人が!」女性が出迎えた。

 「手を出したらお仕置きだよ。麗華様からの命令だ!」
「それは男よ。女同士でオ○ンコはできないわよ」
「指があるぞ、指が…」
「指はいいのよ。後はやるから行きなさい!」

 「わかった、行くよ。麗華様には連絡しといて!」
「わかっているわよ。ほら、行くのよ!」女性は手下を追い払い「後藤沙羅というの。よろしくね」名を名乗った。
「後藤さんですか、これからどうなるのですか?」
「休息よ、ここでのんびり暮らすの。今までとは行かないけど、不自由はないはずよ」沙羅は3人を2階に連れて行く。

 「ここが、あなた達の部屋なの。3人一緒よ。それに、服も要らないの」
「ここでも、ヌードですか?」
「そう。この部屋にいる限りは裸なの。ほら、脱ぐのよ」そう言われれば脱ぐしかなく、屋敷の時と同じく全裸になった。
「噂通りにいい体ね。これから身体検査をやるわ」目を輝かせ、3人の乳房と淫裂を見比べながら沙羅も脱ぎだした。

 そして、脱ぎ終えると「まずは、あなたから!」小華の乳房を触りだす。
「イヤ。女同士はイヤ!」泣きながらも拒まず、沙羅の思うがままにさせる。
「泣く事は無いわよ。いずれわかるわ」唇も重ねてから乳首も吸い「う、う、う!」嗚咽を上げても、気にする様子もなく、淫裂を触わり続け指も入れた。

 「次はあなたよ」良子も同じようにされ、嫌々ながらされるがままにしている。
その後、貴子も同じ事をして「今度は、私にするの、3人でね」沙羅はベッドに寝た。
それには顔を見合わせる3人だが頷いてから沙羅に抱きついていく。
「そうよ、それでいいの…」乳房や淫裂を触られ満足顔をしている。

 こうして、30分程沙羅を愛撫すると「行く、行く~!」淫裂から淫汁を流したまま、動こうとはせずに「ハア、ハア!」荒い息使いで天井を見ている。
それを黙ったまま見ていると「島を知りたいでしょう?」ポツリと言う。

「はい、これから住む所ですから」
「それなら着替えて」クロゼットを指さし、そこを開けると服がぶら下がっている。
「下着はスリップだけよ、しかもミニなの。他は付けちゃダメ」
「生理の時はどうすれば?」
「確認されたら、特製のを履くの」

 「そんな、生理のチェックだなんて…」
「イヤなら、履かなくていいわよ」
「受けます、チェックを」
「そうした方がいいわよ」沙羅も起きあがり服を着だした。

 服を着込むと、沙羅の案内で島を歩いて行くが、建物が気になった。
「ここは何ですか?」
「工場よ。リサイクルの工場なの」
「あそこは?」
「真水を造るの」このように、次々と質問しながら歩いていくと、殴られている工員と出会った。

 「ほらほら、何やっているのよ!」
「仕事をさぼっていやがるから、ヤキをを入れようよと…」監督者らしい男が言う。
「あまり、無理させないで。これからが大事なんだから」
「わかりました。来い!」髪の毛を掴まれ、顔を上げると男は驚いた顔になった。

 それは男だけでなく、小華の顔も強ばっている。
「ほら、行くんだ!」引きずられていく男に「あの人は?」良子が尋ねた。
「工員よ。産廃の再利用担当だったと思う…」
「日本人じゃないのね?」

 「そんな事聞かないの。それが身の為よ。それより、夕方には面白いのがあるのよ」
「面白いのですか…」
「そう、夕方にわかるわ」笑顔で話す沙羅だ。

 その後も説明を受けながら戻ってきたが、小華の顔色が悪い。
「小華、どうかしたの?」心配そうに声を掛けても「う、う、う!」泣くだけだ。
「ホームシックよ、時期に慣れるわよ」沙羅はあっさり言うが(何かあるわ、様子がおかしいし…)見守る良子と貴子だ。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事数メーター