fc2ブログ

「哀れみの女刑事」第19話 練習の成果

第19話 練習の成果

 悦子に言われ、2人は避妊薬を飲まないようにし、更に、仕事が終わればエステ店でレズの指導を受けていた。
指導しているのは岡林の友達で「ダメよ、もっと腰をつかわないと」慣れない2人は怒鳴られてばかりいる。

 それでも、腰のペニスバンドを付けて、指導員に覆い被さって腰を振っていく。
「そんな事じゃ、感じないわ。あなたがオ○ンコされた時のようにやるのよ」乳房を揉まれる。
(無理矢理やりされたのよ。好きでやってはいないわ)悔しさを我慢して腰を突きだすと「そうよ、もっとリズミカルにするの。オッパイも触りながらやるのよ」気持ちよさそうな顔をして淫汁を流し出した。

 「もういい。次はあなたよ」今度は貴子が覆い被さった。
「もっと奥まで入れるのよ、その方が気持ちいいのよ…」腰を押さえてリードしている。
(イヤよ、レズなんてイヤ…)貴子も嫌々相手をしていた。

 2人がレズの特訓を受けている間にも時が過ぎて、避妊薬の効果も体内から消えていた。
それを待っていた悦子は、とある地方の病院に連れて行く。
「いい、ここでの出来事は忘れるのよ。忘れなかったら、一生消えない印が付けられるからね」2人を脅してから病棟に入る。

 (言わないわよ。誰にも…)頷いて後ろを歩いていくと、二組の夫婦が待っていた。
「お待たせしました。こちらが協力者です」悦子が2人に引き合わせると「美人ですね。これなら生まれてくる子も、きっと美人でしょう」満足そうに話しかけてくる。
「苦労しましたよ、こんな美人を捜し出すのは!」

 「感謝しています。ですから…」言いかけて「それは後で。それよりもお待ちですから」夫婦に言われて一行が処置室に入ると医師がいた。
「このお二人ですか。早速始めましょう。まずは脱いでください」脱ぐよう言われる。

 「ここで、ですか?」
「そうです。ここでやりますから」
「ほら、急ぐのよ」2人はスカートを脱ぎ、その後パンティも脱いで淫裂を剥き出しにした。

 「それだけではダメです。全部です」
「卵子を取るには、性器だけでいいのでは?」
「違うの、精子も一緒に取るの。あなたみたいな美人を見ながら夫が出すのよ」
「それじゃ、私のヌードで射精をする気なの?」
「ご免なさいね、それが確実なの。お礼は弾むから、言われた通りにして」

 そう言われれば全部脱ぐしかなく、シャツ、ブラジャーと脱いで全裸になる。
「あなたから行きましょう。ここに寝てください」貴子がベッドに寝かされ、足を開かされた。
「あなた。見えるでしょう、出していいのよ」
「わかっている。できたら、あそこの中に出したい…」

 「そんなのダメ。後で私がしてあげるから」妻がズボンを引き下げ、下半身を露わにした。
(イヤよ。オナニーされてるみたいで…)正面に肉竿を擦る姿が見える。
「行きますよ!」麻酔が打たれ、淫裂の中にカメラが入れられた。
「うっ!」少し痛いが堪えていると子宮の奥に異物を感じていく。

 (取っている、私の卵子を…)感触が伝わり、程なくカメラと一緒に淫裂から出された。
「奥さん、出ましたか?」
「まだです、今やっています」妻が肉竿を擦っているがなかなか出てこない。
「オッパイを触ってみたらどうでしょう?」

 「そうですよね、そうさせて下さい」乳房を揉みだす。
「気持ちいい。オ○ンコしてるみたいで…」目を閉じていると「でる、でる!」声を上げた。
「これに、一杯出して!」試験管が当てられ、その中に噴射され「取れました」白く濁った液体が溜まっている。

 それを取った卵子に掛けてガラスケースに入れた。
「暫くこのままにします。次はあなたですよ」良子も同じように全裸になって横に寝た。
「あなた、頑張ってね」妻が肉竿を擦りだす。

 「オッパイも触りたいよ」
「出なかったらよ。それまでは頑張って!」良子の淫裂を見せながら擦っていくが、なかなか採取できない。
反対に医師のほうが先に卵子を採取した。

 「あなたも触ってもいいわよ。早く出して!」その言葉で良子も乳房を揉まれていく。
(イヤよ、触らないで。見るだけにしてよ!)淫裂も見られながら揉まれると「でる、でる!」登り切って噴射した。
「でましたね、こちらへ」良子の卵子に精子がかけられケースに入れられた。

 「終わりました、服を着てもいいですと言いたいですが、少し、私にも…」
「ああ、先生も遊びたいのね。無理もないわよ、こんな美人じゃね。いいわよね、オッパイだけなら?」それには頷くしかない。

 「それでは、お言葉に甘えまして」医師は2人の乳房を味わうかのように揉んでいく。
(やめてよ。あんたはそれでも医師なの?)口を閉じてされるがままにしていると「もういいです。服を着てください」やっと手を退けられ、その言葉に2人は服を着込んで外にでたが、悦子はまだ話し合っていた。

 2人が処置室から出て15分ほどしてから悦子が現れたが、笑い顔をしている。
「何かあったんですか?」
「何にもないわ。ただ、お礼を預かっただけよ」2人に封筒を渡す。
「約束のお金よ。それに、また頼むかも知れないって!」

 「またですか?」
「そうよ。イヤだったら、男に抱かせるわよ。それの方がいいの?」
「こっちでいいです、どうせ、生理で流れちゃうだけですから」
「そうよ。ただ棄てるよりは、お金になった方がいいわよね」機嫌良く悦子が言うが、悦子はかなりの額をピンハネしており、それは2人にもわかっているが、黙ったまま東京に戻った。

 戻ると、早速エステで特訓を受けさせられ「もっと気分出して!」怒鳴られ通しだ。
「このままでは間に合わないわね。2人で練習しなさいよ」
「そうよね、アパートに泊まって。これ貸してあげるから」ペニスバンドが渡され(そんな事したくないのに…)黙って受け取る。

 「もし、使い物にならなかったら、男に抱かれるのよ。それがイヤなら、マスターしなさい!」
「わかりました」それを持って2人はエステから出ていく。
「貴子さん、私のアパートに泊まっていける?」
「大丈夫だけど、平気なの?」
「大丈夫よ。もう、男には抱かれたくないからマスターしたいし」
「そうよね、レズなら誰も文句を言わないしね」2人は良子のアパートに向かった。

 アパートに入った2人は浴室で体を洗い合う。
「ねえ。レズってこんな事もするのよね?」石鹸の着いた良子の手が淫裂を撫でていく。
「そ、そうよ。勿論よ。それだけじゃなくて、こんな事もよ」貴子も石鹸のついた手で、良子の乳房を撫でると「貴子さんにされると、その気になってきたわ」良子は唇を重ねた。
(そうよね、これからはレズで行くしかないし)貴子も吸い返し「貴子さん」「良子さん」2人は狭い浴室で抱き合った。

 そして、濡れた体を拭いてベッドに潜り込んでいく。
「私にさせて、貴子さん」良子はペニスバンドを取り付けて「痛かったら言ってね」貴子に抱きついてペニスを掴むと淫裂へ入れた。

 「痛くない?」
「大丈夫よ。それより、オッパイも…」
「そうだったわね、こうしないと」乳房を揉みながら、ゆっくりと腰を押しつけると「あ、あ、あ~!」貴子は声を上げ背中を反らせた。

 「痛かったの?」
「気持ちいいの…。膣の中がいいの…。もっとしていいわよ…」それに気をよくした良子は腰の振りを速めた。
「いいわ、凄くいい。上手よ、良子さん…」貴子がもっと深い挿入を求めて足を限界まで開くと、良子も腰の振りを速めた。

 こうして、貴子と良子は交互に泊まり合ってレズの練習したので、ペニスバンドの使い方もうまくなっている。
エステ店では「上手よ…そう…それでいいの」指導していた女性が淫汁を流して登り切る寸前だ。
「大部、腰の使い方がうまくなったわ。試しにやらせてみようかしら?」悦子もその気になっている。

 そして、2人は休日になると悦子に連れられ高級住宅街に向かい、一際、大きな住宅に入ると「久しぶりね、良子!」奈美から声が掛けられた。
奈美は子供を宿して腹を膨らませている。

 「奈美さん、出来たのですね」
「そう、約束だったし。これでもう、男に抱かれる心配はないわ」
「二人目が欲しいと言われたら?」
「その時は月1回よ、それ以上はやらせないわ」相変わらず男に抱かれるのはイヤなようだ。

 「それより、紹介するわね。新しい相手なの」手を振って呼ぶと、項垂れた顔で女性が現れた。
「小華じゃないの、小華でしょう?」
その声に顔を上げると「貴子、それに良子…」驚いたようだ。

 「何だ、知り合いだったんだ。この子が夫と私の相手をするのよ」奈美は自慢しながら言うと小華の胸を広げた。
「奥様、見られています、ここでは…」恥ずかしいのか顔を背ける。
「知り合いでしょう。見せてあげるのよ」なおも広げると乳房が飛び出す。

 「見て。良子もよかったけど、小華もいいでしょう?」露わになった乳房を揉んでいく。
「奈美さん、どうして小華を?」
「売りに出されたの。それで私が買ったのよ、勿論、本人も承知してるわ」

 「本当なの、小華?」
「本当です。売春はイヤだから、奈美さんを選びました」
「で、いくらで売ったの?」
「800万です。5年間の約束で…」
「そうなのよ、年間130万は安い買い物よ」

 それには黙り込んでしまったが、割り込むかのように「奥様がお待ちです」メイドが呼びに来た。
「行きましょう、楽しみだし」悦子や奈美と一緒にメイドの後を歩いた。

 一行はメイドに客間に案内され「お待ちしていました」主人と思われる女性が挨拶してきた。
「こちらこそ、よろしくお願いします」悦子も挨拶すと「あら、今回は凄いじゃないのよ」中年の女性から声が掛けられる。
「はい。内の最高品をご用意いたしました」

 「早速、見せて貰おうかしら」
「かしこまりました。良子に貴子、ここで脱ぐのよ」
(イヤよ。人前での裸なんて、もうイヤ!)叫びたいが、項垂れて服に手を掛け、それをジッと見守る奈美や悦子達だ。

 やがて、下着も脱いで全裸になった。
「いい体つきだわ。でも、ヘアがいまいちね…」
「そうよ。ボウボウ生えてるだけでは能がないわね」2人の裸を試すかのように触り(ダメ、性器はイヤです!)淫裂も触られた。

 2人を暫く触ると「私はこっちがいいわ」「それじゃ、私はこっち」相手を決めた。
「ところで、奈美さん。いいお買い物をなさったそうで?」
「はい、この通りです」小華を引き合わせた。

 「いいわね、スタイルも。中身はどうなの?」
「小華。脱ぐのよ、あなたも素っ裸になるの」
「かしこまりました、奥様…」小華も泣き出しそうな顔をしながら服を脱いで全裸になったが、良子達と違って絨毛は手入れされている。
それに、淫裂には金色のリングが着けられていた。

 「あら、こんなの付けて…」リングが掴まれた瞬間「ヒ~!」痛いのか悲鳴を上げた。
「あらご免なさい、痛かったのね」謝りながら乳房を撫でていく。
「どうです、いいでしょう?」
「いい買い物だわ。ところで、これはどうして?」リングを指さす。

 「夫ですよ。こうすると、チンポが擦られて気持ちいいんですって!」
「イヤねえ、男は。チンポを入れる事しか考えなくて」
「そうよね。汚いのを噴き出すし」女性達は勝手な事を言っている。

 その話を遮るかのように「皆さん。話はこれまでにして、始めましょうよ!」主人が始まりを告げた。
「そうよね、まずは私から」良子を選んだ女性が服を脱ぎだし「良子、あなたも準備するのよ」悦子からバックが渡された。
(イヤよ、人前では。せめて、2人だけで…)堪えて腰にベルトを巻き付けていく。

 それを見た小華は驚き顔になった。
(仕方ないの。こうしないと、売春させられるのよ)ベルトをしっかり固定すると、淫裂の上に肉竿擬きが、そそり立っている。

 (やりたくないけど…)「奥様、よろしいでしょうか?」女性を敷かれたマットに寝かせた。
「いいわよ、始めても…」その声で良子は唇を重ね、乳房を撫でると「そうよ、それでいいの」満足そうに良子を抱いていく。

 やがて、腰を押しつけ、淫裂にペニスを押し入れると「あ、あ、あ~!」声を上げ出した。
それでも小刻みにピストンしていくと「後ろからよ、後ろからして!」四つん這になって、後ろから腰を振っていく。
最後は、良子が仰向けにされ、女性が馬乗りになり「あ、あ、あ~!」樹脂のペニスを求めて腰を振り、良子も乳房を揉んでいる。
暫く腰を振ると「行くわ、行く~!」パタリと倒れて抱きつくが、淫裂は漏らしたかのように、濡れている。

 良子が済むと貴子の番だ。
「奥様、行きます!」貴子も練習した通りのことをすると「あ、あ、あ~!」声を上げだし、それでも、腰を振って淫裂を突き刺していくと「行く、行く~!」グッタリしてしまった。
それを、悦子は満足そうに見ている。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事数メーター