fc2ブログ

「危険な関係」第5話 就職活動

第5話 就職活動

 浴室に入った美沙は、丁寧に射精された淫裂を洗いだした。
「どうしてよ。どうしてレイプ同然でやったのよ!」泣きながら淫裂を洗うが「そうだわ、お父さんもそうだった!」なくなった夫も、黒い服には、異常に反応していた。
「男って、どうして黒い下着に興奮するのかしら?」思案にしながら淫裂を洗っていくと「政志が他人をレイプしたら…」美沙は心配になった。

 「そうよ、私ならいくらレイプされても良いけど、よそ様の娘を犯したら刑務所行きになる…。そうなったら…」体を洗う場合ではなくなった。
「何とかして、押さえないと…」お湯に浸かって思案するが、考えは浮かばない。

 考えも、思いつかないまま風呂から上がり、部屋に戻ると政志が待っている。
「お願いだから、あんな乱暴な事はしないで」頼み込むが「仕方がないよ。抑えが効かなくなったんだ」また、美沙に抱き付いた。
「わかったわ。セックスしたければ、してもいい…」他人に迷惑を掛けたくないから、自分で政志の精力を吸い取る事にした。

 (どうしたら、いいのかしら。私だって、限界があるし…)思いついたのが、四つん這いだ。
(そうよ、あれで、お父さんも満足していた…)思い出したのか「後からして。その方が楽なの」
「わかった、後からだね」美沙が四つん這いになると、腰を押さえて、肉竿を突き刺しだす。

 すかさず「あ、あ、あ~!」喘ぎ声をあげ出すが「いいよ、深く入って気持ちいい!」政志も興奮が高まっている。
(膣の奥まで入ってくる…。でも、我慢しないと…)乳房を前後に揺らせながら耐えていると「出すよ、出すからね!」また、膣の奥に暖かい液体が噴射された。

 「母さん、凄く良かった…」政志は満足したのか、仰向けになっていく。
(やっぱり、これが一番いいんだ。でも、私も、行きそうだったし…)精液が流れ出る淫裂を押さえて、また浴室に入って淫裂を洗いだす。
「恥ずかしいけど、薬を貰った方がいいかも…」生えかけた絨毛を撫でながら思案している。

 翌日、美沙は会社を早退して病院に向かった。
名前を呼ばれ、診察を受けるが「剃ってるんだ!」医師も、剥き出しの淫裂に驚いている。
(恥ずかしい、もう剃りたくない…)恥ずかしさを堪えて、淫裂の中を洗浄され、避妊薬を処方して貰ったが、医師や看護婦も白い目で見ている。

 診察を済ますと、繁華街に入り商店街を歩いていく。
「そうよ、過激なのを買って、吸い取らないと…」昨日の事を思い出し、下着を選んでいくが(これじゃ、ダメだわ。やはり、あそこじゃないと…)店を出て、裏路図へ入った。

 「恥ずかしいけど、政志のためだし…」自分に言い聞かせ、店に入ったが、そこはポルノショップだ。
「いらっしゃいませ…」店員も、女性の客に驚いているが「過激な下着が欲しいのですが…」美沙は恥ずかしさに、下を向いて言う。
「こちらなど、いかがでしょうか?」店員も、慣れた物でカタログを並べていく。

 「凄いわ。オッパイとあそこが剥き出しだ…」どれも、乳房と絨毛が見えるようになっている。
「これくらい、普通ですよ。こんなのもありますが…」素っ裸に鎖のような者を巻き付けたのもある。

 (これもいいかも…)「いいわね。これと、これを下さい…」美沙は注文して、店員が袋に詰めていくが(あれも、あったほうがいいかも…)ディルドーが目に入り「すみません、それも下さい」恥ずかしそうに言い、追加して貰った。

 代金を払い、逃げるように店を出て自宅に戻ると政志が帰っていた。
「学校はどうしたのかしら?」まだ4時前だから、不審に思い部屋に向かうと「あ~!」喘ぐ声が聞こえる。

 (オナニーだわ、オナニーしてるんだ!)そっとドアを開けて覗くと、テレビに美沙のヌードが映し出され、肉竿を擦っていた。
(私のヌードでオナニーするなんて…。もっと若い子でならわかるけど…)ドアを閉め、戻ると家事を始めた。

 その夜、美沙は下着も脱いで全裸になり、買い込んだのを着込んだ。
「これを着て、精力を吸い取らないと…」黒色の下着を着けていくが、黒といってもスケスケだから、着てないと同じだ。
「昨日、これで、興奮してたし…」黒いストッキングとガーターベルトも履き、浴衣を着て、政志の部屋に向かう。

 「政志、母さんが相手するから、決して、悪い事はしないで」そう言って浴衣を脱いでいく。
「母さん、凄いよ。綺麗だよ…」口を開けて見とれているが「約束よ、悪い事はしないって!」
「約束する。だから、やらせて!」むさぼるように、薄い下着を脱がして、ストッキングだけにした。

 「後からでいいよね?」
「いいわよ。その方が深く入るし…」美沙が四つん這いになると、後から肉竿が淫裂を突き刺していく。
「あ、あ、あ~」喘ぎ声をあげながら堪えていると、膣奥に暖かいのを感じた。
(射精だわ、飲んで置いて良かった…)肉竿が抜かれ、白い精液が流れていく。

 「どう、すっきりした?」
「勿論だよ。これなら、毎晩やりたい…」美沙の両乳房を揉みながら言う。
(これなら、うまく行きそうだわ。でも、知られたら大変だし…)うまくいったが、不安もある。
こうして、美沙の色仕掛けで、政志の性欲も満たされた。

 数日後「母さん、今日から会社の訪問をやるよ」政志は珍しくスーツを着込んでいる。
「当てはあるの?」
「会ってくれるというのが、3社あるんだ!」2人は一緒に家を出た。

 政志は会社を訪問していくが、最後に訪問した会社で「あれ、政志君じゃないか?」後藤が声を掛けた。
後藤は姉の久美の夫で、美沙の遠縁に当たる。

 「真一さんは、ここの会社だったんですか?」
「そうだよ。どうしてここに?」政志は就職活動の事を話し「そうか、とにかく頑張って!」そう言って肩を叩いた。

 政志は、その後面談をして、会社を出ようとしたが「政志君、もう済んだのかい?」真一が呼び止めた。
その言葉に、面談した担当者も振り向き「後藤君、知り合いか?」「はい、妻の弟なんです」そう言うと、納得した顔になっている。

 「政志君、これで、訪問は終わりだろう?」
「はい、後は帰るだけです」
「だったら、付き合ってくれ。ちょっとでいいんだ!」
「仕事はいいんですか?」

 「休暇にしたよ。午後からは休暇だ!」そう言って政志を連れだした。
真一と政志はまだ4時だというのに、居酒屋に入りビールを飲んだ。
真一も久しぶりの飲み相手だから、機嫌良く飲み、別れたのは7時近くになっている。

 「ただいま!」足をふらつかせながら家に入ると「どうしたの、酔って帰るなんて!」美沙も心配顔だが「兄さんと会ったんだ!」事情を言うと笑顔になって「そうだったんだ!」納得顔に変わる。

 翌朝、美沙がいつものように、食事を作っていると「母さん、溜まっているんだ…」背中から抱き付いて乳房を掴もうとする。
「待って、今はダメ。今夜してあげる。それに、エッチなのを着るからいいでしょう?」

 「約束だよ。それに、ここも剃らせて!」股間を撫でるが「ヘアはイヤよ。この前恥ずかしかったし…」拒んだ。
「イヤなら、やっちゃうよ!」スカートを捲り上げるから「わかった、剃ってもいいわ。でも、全部はダメだからね」
「それでも、いいよ」 珍しく、大人しく引き下がった。

 その日の夕方、政志が帰ると姉の久美がいる。
「姉さん、珍しいね。何かあったの?」政志が聞くと「喧嘩だって。大人げないわよね」美沙が代わりに言う。

 「私が悪いんじゃないわ。真一が悪いのよ。イヤなのにあんな事させるんだもん!」口を尖らせて言う。
「姉さん、あんな事って、どんな事なの?」
「あんたには関係ないの。これは夫婦の話なの!」顔を赤らめて俯いた。

 (もしかして、エッチな事かな?)政志にも想像できた。
「とにかく、今夜は泊まって行きなさい。電話はしておくから」美沙は真一に、電話を掛けて説明いる。

 だが(姉さんが、泊まると言う事は、今夜できない!)約束したセックスができないから政志は不満だ。
それを、察した美沙は「帰ったら、してあげるから!」なだめている。

 そして、3人で夕食を済ますと、久美は風呂場に向かう。
「母さん、何とかして。こんなだよ!」股間が膨らんでいる。
「仕方ないね。お口でしてあげる」政志のチャックを下げ、肉竿を掴むと口に迎え入れ「フグ、フグ!」唇で擦っていく。

 「できたら、オ○ンコでしたい…」(それは無理よ。帰ったらしてあげるから我慢して!)首を振った。
「そうだよな、姉さんがいる間は無理だよな!」首から手を入れて乳房を掴み、揉んでいく。

 (そうよ、これで我慢して!)美沙は動きを速めた。
当然「出る、出るから飲んで!」絶頂を迎えて肉竿が噴射し「ゴクン!」それを飲み込み「これで我慢して」萎縮していく肉竿を戻していく。
「仕方ないな…」あきらめ顔の政志だ。

スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
記事数メーター