fc2ブログ

「危険な関係」第14話 記念写真

第14話 記念写真

 噴射を済ませた真一が肉竿を抜くと「兄さん。ヘアを剃って下さい…」恥ずかしいのか、寛子は小さな声で言う。
「そんな事していいのか?」真一が戸惑うと「寛子さんが剃って欲しいんだから、やりなさいよ。男でしょう?」久美からハッパを掛けられた。

 「わかった。剃るぞ!」
「だったら、早くして!よ」久美が準備をすると、短い絨毛にスプレーを吹き掛け、伸ばしていく。
それが済む、とカミソリを持って剃りだした。

 そもそもが、短いから簡単に剃られて少女のように、ピンクの割れ目が露わになっている。
「綺麗だ。またやりたい…」噴射したばかりの肉竿だが、また堅くなっている。
「仕方ないわ。寛子さん、やらせてあげて!」久美はコンドームを取り替えていく。

 「それなら、後からして欲しい…」恥ずかしそうに寛子が言うと「わかった。こうだな」姿勢を変えさせ、両手で腰を押さえた。
「いくぞ!」肉竿が入り込むが、濡れているから痛みは感じず、快感に「あ、あ~!」声をあげ出す。

 「寛子、気持ちいいか?」
「いいわ、凄くいい…」
「チンポでされると、こうなんだ。もう、レズはやめろよ」肉竿をピストンしながら言うが「無理よ…。男友達なんていないし…」切なそうに答えた。

 それには「いるわよ。政志よ。あれならピッタリよ!」閃いた久美が言うと「そうだよ、政志君ならピッタリだ!」真一も納得して言う。
「それに、これからは一緒だから、イヤでも付き合うしね」(これで、政志とはセックスせずに済むわ)久美は笑顔になっている。
「でも、久美さんとはいいでしょう。他の人とは絶対にしないから…」
「仕方ないな。久美、寛子とたまには楽しんでくれ」
「わかったわ。後は政志次第ね」久美は思案している。

 翌日、久美は整理の手伝いと言って政志を訪ねた。
「大部片づいたわね。後は家具ね」
「そうなんだ。でも、まだやってないのがあるよ」政志は久美に抱き付き、服に手を掛けた。

 「待って、話が先よ。それからにして!」手を押さえて言う。
「話って、何なの。もう、オ○ンコさせないなんて、言わないでよ!」
「言いたいけど、言っても無駄だし。それより、寛子さんのことなんだけど…」久美は経緯を話しだす。

 「そうなんだ。レズをやめさせる手伝いか。いいよ、オ○ンコ相手が増えるから手伝うよ」
「良かった。これで楽になるし…」笑顔の久美だが「その変わり、今日はゴム無しでやらせてよ」
「ダメ、それだけは絶対ダメ。死んでもイヤよ!」

 「仕方ないな。姉さんのオ○ンコに出したいのに…」諦めたのかスカートに手を掛けた。
「着けてからよ。でないと心配だし…」
「信用無いな。着けるから見てて!」ズボン、パンツと脱いで、肉竿に、コンドームを着けていく。

 「それならいいわ。今日は、オッパイ無しだからね」久美は自らスカート、パンティと脱いで淫裂を露わにすると「その代わり、してあげる!」政志を仰向けにして馬乗りになった。
「行くわよ!」肉竿を淫裂で吸い込んでいくと「気持ちい!」快感の声をあげている。

 久美は根元まで吸い込むと、腰を動かし出すが「オッパイも良いよね?」やはり、乳房を見ながらでないと、盛り上がらない。
「ダメ。これで我慢して!」服の上から触らせるだけだ。

 「仕方ないな…」愚痴りながら、久美の淫裂を見ていると、次第に昇りだして絶頂間近になっている。
「姉さん。もうすぐだ!」「私もよ。もうすぐ行く!」2人は絶頂間近になったが「そんな事するなんて!」美沙の悲鳴が聞こえた。

 その声に慌てる2人は「これには、訳があって!」セックスをやめて服を着だした。
「いくら訳があると言っても、姉弟よ。恥を知りなさい!」怒鳴る美沙の目からは涙が落ちていく。

 「母さん、これには訳あるんだ。ほら、真一さんに妹がいるでしょう…」政志は、経緯を話し出す。
「でも、セックスはいけないわ。姉弟だし…」
「仕方ないの。政志が経験してないから、私が指導して…」久美も、政志に合わせて話し出すと「仕方ないわね。政志はセックスは未熟だしね」美沙も負い目があるからそれ以上は言わない。

 「それに、着けているから、安心しして」使ったコンドームを見せた。
「それならいいけど、相手は承知なの?」
「それはバッチリさ。僕のチンポで女嫌いにしてやるよ」自信たっぷりの政志だ。
「それより、母さんどうしたの。こんな早く帰るなんて」

 「倒産したのよ。だから、お払い箱になったのよ」
「そうなんだ。それなら、母さんにも手伝って貰わないと」
「わかっている。明日からは手伝う」神妙な顔で話す美沙だ。

 その言葉通りに、美沙も加わり、レンタカーを借りての運搬が始まった。
「母さん、大きな家具は本職に任せようよ」
「そうね。軽いのだけにしよう」2人は何回も新居と往復して、家の中はガランとしている。

 「大体終わったね。今度の日曜で終わりだね」
「だったら、盛大にパーティをしようか?」
「それもいいね。でも、記念のヌードも撮らないと」政志の言葉に「まだやる気なの?」顔が曇る。

 「当然さ、姉さんも一緒に撮るからね」
「私はいいとして、久美のヌードはダメよ。人妻なんだから」
「そうは行かないよ、明日撮るんだ!」政志は勝手に決めてしまった。

 翌日、久美が寛子と一緒に訪ねてきた。
「姉さん、わかっているよね。ここでは最後だから」
「出来れば、やりたくないけど、寛子さんの事もし…」負い目があるから政志の言う事に従うしかない。

 「それじゃ、始めるから準備して!」その言葉で、久美と寛子は部屋に入って脱ぎだした。
それには「政志、何やる気なの?」美沙も不安になっている。
「言ったでしょう。女同士をやめさせるためだって!」
「ああ、レズね。それならいいけど、着けてからするのよ」

 「母さん、心配なら、母さんも来てよ。但し、素っ裸だけど…」
「恥ずかしいから、遠慮するわ」
「そう、言わないで一緒にやろうよ!」強引に美沙の服を脱がしだした。

 当然「やめて、そんな事しないで!」抵抗するが「やらないなら、写真の責任持たないよ」脅す。
美沙は(性器が写っているし、私もいた方がいいかも…)思案して「わかった、脱げばいいんでしょう!」自棄気味になって、自ら脱ぎだした。
「そうだよ、脱げばいいんだ!」美沙が脱ぎ出すと、政志も脱ぎ出す。

 「まさか、セックスをする気では?」
「そうだよ。但し、寛子さんとだよ」それを聞いて「本当に、効き目あるのかしら?」疑問の美沙だ。
「大丈夫だよ。それから、これも着けるからね」コンドームを見せると、なおも脱いで全裸になると、寛子と久美のいる部屋へと向かった。

 部屋に入ると「イヤ、見ないで!」全裸で抱き合っている寛子と久美は、恥ずかしさに声をあげたが「驚かなくて良いよ。今日は記念の日なんだから」政志はカメラを見せた。
「まさか、撮る気なの。そんなのイヤ!」レズを撮られたくないから当然声をあげる。

 「撮りたいけど、ヌードだよ。みんなで撮るんだ!」そう言うと、久美と寛子を立たせて並ばせたが、恥ずかしいのか股間を手で覆う。
「手を退けないと。全部撮るんだから!」
「剃っているのよ。丸見えになってるの!」
「誰にも見せないよ。家族だけの記念だし」こじつけて手を退けさせ、カメラに収めた。

 「次は、僕と母さんだよ!」カメラを久美に渡して美沙と並ぶが(オチンチンが膨らんでいる!)コンドームを着けた肉竿に目が行く。
それでもスイッチを押すと「母さん、これも撮ろう!」背中から抱き付いて、淫裂に肉竿を押し込む。

 「ダメ、セックスはダメ。親子よ!」拒んでも「記念だよ。本気じゃないからね」なおも押し込み、根元まで押し込んで、片足を持ち上げた。
「撮らないで。恥ずかしいから、いやよ!」
「撮るんだ。撮らないと、姉さんのオ○ンコに出すからね」そう脅されては、久美はスイッチを押すしかない。

 「次は、姉さんとだ!」久美も美沙と同じように、淫裂に肉竿を押し込まれて撮られた。
最後に寛子と一緒に撮るが「入れないで。男はイヤ!」拒むが「ダメだ。これからは、家族なんだから!」勝手な事を言って、久美や美沙と同じように結合しているのを撮った。

 写真を撮ると「寛子さん、これからやろうよ!」寛子を仰向けに寝かせ、乳房を撫でていく。
「イヤ、男はイヤ!」首を振って拒むが「ダメよ、甘えちゃダメ!」久美が声をあげ、寛子の淫裂を撫でだす。

 「わかったわ。でも、優しくして。痛いのはイヤなの…」
「わかってる。まずは、オッパイからだ」乳房を撫でながら乳首を吸うと、声をあげ出し「気持ちいいんでしょう。ここにもしてあげる」久美の指が淫裂の中に入って動き回りだし「あ、あ、あ~!」寛子は堪えきれずに、声をあげた。
 

スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
記事数メーター