fc2ブログ

「危険な関係」第15話 交渉成立

第15話 交渉成立

 「ほら、濡れてきたわよ。本物でしようよ!」指を動かしながら言うと「ダメ。せめて、玩具でして…」と寛子は拒む。
「いずれは、子供を生まないと行けないのよ。これから訓練しないと…」久美が政志に合図すると、政志は覆い被さって、股間を押し当てた。

 「ダメ、男はイヤ!」逃れようとしても肉竿が淫裂に入り込み、動き出すと「クチャ、クチャ!」すでに濡れているから、音が出て行く。
その音を聞いて、政志が肉竿の動きを速めると「あ、あ、あ~!」寛子は喘ぎ声をあげ、体が浮いてきた。

 「どう、男もいいでしょう。玩具よりもいいわよ」
「気持ちいいのはわかる…。でも、汚いのを吹き掛ける…」
「ああ、射精ね。女はそれを受ける義務があるの」屁理屈を言いながら、久美は乳房を撫でていく。

 やがて、淫裂からは淫汁が流れ出し、尻まで濡らして「交代しようよ!」寛子を抱き上げて騎乗位にさせた。
「やった事無いから、わからない…」戸惑うが「こうするんだよ!」両手で腰を押さえて、上下に揺すると「気持ちいい、膣が擦られて気持ちいい!」頭を後ろに反らした。

 「わかったでしょう。寛子さんがやるのよ!」久美にも言われ、両手を政志の肩に付けて腰を振っていくと、乳房が揺れていく。
「寛子さん、凄く気持ちい。オッパイにもするよ」乳房を掴むとゆっくり揉み出す。
時折、乳首を摘んで潰すと「あ~!」と声をあげ、淫汁が溢れ出てきた。

「いいわ、気持ちいい!」喘ぐ寛子だが「出る、出そうだ!」政志は登り詰めようとしている。
「ダメ、お腹に出しちゃダメ!」慌てて久美は寛子を退けさせ、肉竿に口を押し付けた。
「ウグ、フグ!」唇で肉竿を擦っていくが「姉さんが、オチンチンを舐めてる…」呆然と見守る久美だ。

 それでも久美は「フグ、フグ!」肉竿を唇で擦り続けると「う~!」政志が噴射をして、口元から白い液体が流れ出た。
(精液だわ。あれは精液よ!)寛子は信じられないと言った顔で見つめるが、久美は顔を上げると「ゴクン!」と飲み込んだ。

 「姉さん、大丈夫なの?」心配そうに寛子が声を掛けると「女はこうしないと行けないの。それがいやでも…」屁理屈を言って、口元を拭いていく。
さらに「寛子さん、政志のオチンチンを拭かないと行けないのよ」指示する。

 「オチンチンを拭くの?」
「そうよ。セックスした女性のエチケットなの」久美に言われ、寛子はハンカチで萎縮している肉竿を拭いていく。
「寛子さん、ありがとう!」政志も寛子の淫裂を拭いて綺麗にした。
その後4人は服を着て、これからの事を話し合った。

 その数日後、運送屋が来て、大きな家財を運び出し、家の中には何もなくなった。
「これが最後ね…」美沙が呟くように言うと「色々あったしね」久美も昔を思いだしていると「ほら、行くよ!」政志から怒鳴られた。
2人は政志の運転する車に乗って新居に向かい、新居に付くと、運送屋に指示して、大きな家財を運んでもらい、家財を運び終えると帰ってしまい3人だけが残れている。

 3人は前もって運んだ荷物を整理していくが「そうだ、初めての日なんだ!」政志はカメラを捜し出し「あった。これで撮らないと!」カメラを持って久美と美沙の元へと向かうが(もしかして、ヌードを…)カメラを見て顔が強ばった。

 そんな事など気にも留めずに「最初の日だから、記念に撮らないと。早く脱いでよ!」
「撮るって、またヌードなの?」怯えた顔で美沙が言う。
「当然さ、3人だけで撮るよ」政志は服を脱ぎ出すが「もう、ヌードはやめようよ。一杯撮ったでしょう?」美沙と久美は躊躇している。

 「撮らせないなら、考えちゃうな。いいんだね?」
「脱ぐわ。ヌードになればいいんでしょう!」自棄気味になった2人は服を脱ぎ、下着も脱いで乳房と淫裂を露わにしている。
「大部生えたね。剃った方がいいよ」久美の淫裂を撫でると「触らないで。撮るなら、早く撮りなさいよ!」機嫌が悪い。

 「わかったよ、撮る!」久美と美沙を並ばせ、全裸を撮るが(セックスだわ。セックスしたがってる!)肉竿が膨らんでいるのが、2人にもわかる。
「次は、僕と母さんだよ」カメラを久美に渡すと、美沙の背中から抱き付き淫裂に肉竿を押し込んだ。

 「ダメ、セックスはダメ!」
「オ○ンコはしないよ。入れて撮るだけさ。姉さん、撮って!」
(それはセックスよ。もしかして母さんとも…)疑問に思いながらスイッチを押した。
「今度は姉さんとだよ」久美も後から肉竿を入れられて撮られ、写真を撮ると3人は服を着て、また荷物の片づけを始めた。

 その頃、寛子は真一と全裸で抱き合っていた。
「もっとして…。奥までして…」四つん這いになった寛子は、腰を押さえられ、淫裂を肉竿で突かれている。
「わかった、行くよ!」真一は肉竿の動きを速めて「あ、あ、あ~!」喘ぎ声をあげ、淫裂からは筋となって淫汁が流れている。

 「いいわ、凄くいい!」
「俺もいいよ。このまま出すからな!」肉竿のピストンを続けると「行くわ、行く~!」寛子が限界になっている。
「俺もだ。でる~!」真一も、登り切って肉竿から噴射した。

 「兄さん、凄く良かった…」寛子は真一の肉竿からコンドームを外すと抱き付く。
「俺も良かった。これからも寛子とやりたい…」寛子を抱き締めた。
「それだったら、これからも、やろうよ。もちろん、ゴム着けてだけど…」
「俺はやりたいよ。だけど久美が許さないと思う。何てったって、兄妹でのオ○ンコだからな…」

 「そうかしら。私に、良い考えがあるんだけどな…」
「寛子、どんな考えだ。お前とオ○ンコできるなら何でもするよ」
「今夜、久美さんの前で話すわ。それまでは言えないの」
「もったいぶらないで、教えろよ」
「今はダメ。それより、もっとオ○ンコしたいでしょう?」

 「やりたい。やらせてくれるのか?」
「いいわよ。今度は私がやってあげる!」寛子は肉竿を口入れて「フグ、フグ!」と擦りだし、元気にさせるとコンドームを着ける。
「兄さん、行くわよ!」真一に馬乗りになり、肉竿を淫裂に収めると腰を振りだし「気持ちいい。最高にいいよ!」揺れ動く乳房を掴み、真一は満足顔だ。

 「久美さんと私とでは、どっちのオ○ンコがいいの?」腰を振りながら聞くが「どっちもいいよ。2人ともオ○ンコが上手だし…」
「良かった。喜んで貰えて!」寛子は嬉しいのか、腰の動きを速めて「いく、いく~」「でる、でる~!」2人とも登り切った。

 その夜、真一達3人は真剣な顔をして話していた。
「久美さん、私と兄さんのセックスを認めて欲しいの…」
「兄妹よ、兄妹でセックスなんて、許されないわ!」かなり動揺している。
「ゴム着けてやるの。それに、久美さんが立ち会う条件で!」

 「でも、兄妹でセックスなんて…」
「だから、ゴム着けてやるの。私が兄さんとやるんだから、久美さんも、政志さんとセックスやってね」
「いやよ。政志とセックスなんて。姉弟し…」
「でも、政志さんは久美さんとやりたがっているわよ。お互いに、立ち会いでやりましょうよ」

 (どうしよう。政志とのセックスはいずれ、知られしるし、この際…)「いいわよ。私も政志とセックスする。でも、たまによ、毎日はいや。真一さんに抱かれたいし…」負い目があるから渋々承知した。
「久美、わかっているよ。お前は大事な妻だから!」
「だったら、セックスして。寛子さんの前でしたいの!」久美は立ち上がると服を脱ぎだした。

 「わかった、してあげるよ」真一も立ち上がり服を脱いでいくが(大丈夫かな、寛子とやったし…)不安を抱えている。
(兄さん、大丈夫かな。気付かれたら困るし…)寛子も不安な顔で見つめてるが「やらせてね!」全裸になった久美は、真一の肉竿を口で擦りだした。

 「フグ、フグ!」口で擦ると、膨らみ使用可能になっている。
「これで大丈夫ね」真一を仰向けに寝かせると馬乗りになり、腰を振っていく。
「いいよ、凄くいい!」
「喜んで貰えて嬉しいわ。今日は出してもいいからね」
「わかった、オ○ンコに出すからね」その言葉通りに、久美の奉仕で真一は登り切り、膣奥に噴射した。

 (これでいいのかも…。政志とは公認だから気兼ねなくやれるし…)(そうよ、それでいいの。これで兄さんと堂々とセックス出来るし…)寛子と久美は顔には出さないが、安堵している。

スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
記事数メーター