fc2ブログ

「危険な関係」第16話 4人の秘密

第16話 4人の秘密

 新居に越してから数日が過ぎ、片づけもほぼ終わってくつろいでいると「ところで、姉さん達は何時、越すのかな?」突然、政志が言う。
「たぶん、4月末だと思う。借家契約が4月迄と行ってたし…」
「そうか、来月か。それまでは母さんと2人だけだね」

 「そうだけど、まさかセックスする気なの?」
「そうだよ。その間は、やり放題だしね」美沙の服に手を掛けると電話が鳴った。
「いい所だったのに…」残念がるが「仕方ないでしょう!」美沙はニンマリとして電話に出た。

 暫く話してから「社員の会議だって。未払いの給料の説明だって!」説明した。
「今からなの?」
「午後からだって!」
「つまんないな、一人だけだなんて…」
「我慢して。その代わり、今夜してあげるから」
「本当だね。今夜はやるからね」
「ゴム着けからよ。生では出来ちゃうし…」
「仕方ないな。オ○ンコできるだけでもいいよ」素直に政志は引き下がった。

 そして、昼食を済ますと美沙は「遅くなるかも知れないから、先に食べてていいわよ」そう言い残して家を出た。
「一人じゃつまんないな…」暇に任せ、パソコンを立ち上げて美沙や久美のヌードを見つめている。
「動画もあったはずだが…」ビデオを再生すると「オ○ンコがバッチリだ!」淫裂が映り、肉竿も膨らんでいく。

 「何だか、抜きたくなったな…」ビデオを見ながら肉竿を擦っていると、チャイムが鳴った。
「いいとこなのに…」愚痴りながら、玄関に行くと「なんだ姉さんか!」久美だけでなく、寛子と真一もいた。

 「何だは、ないわよ。折角、来たのに…」
「とにかく上がってよ。母さんはいないけど」3人は、政志に言われるままに、居間に入った。

 「姉さん、わざわざ来るなんて、何かあったの?」
「そうなの、言いにくいんだけど、私とセックスして欲しいの…」
「姉さん、俺達姉弟だよ。そんな事しちゃいけないよ!」内心では(僕もやりたい。でも、真一さんがいるし…)そう思うが、真一の手前もある。

 「政志さん、そんな考えは無用よ。兄さんも、承知なんだから」寛子が言うと「本当に、姉さんとやってもいいんですか?」真一の顔を見た。
「やってもいいよ。その代わり、僕も寛子とやるから、認めて欲しいな!」その言葉に(本気かよ。これは面白くなってきたぞ)笑いを堪えて「そこまで言うなら、認めます」承知した。

 「政志。その代わり、寛子さんをお嫁にするのよ」
「僕は、寛子さんなら喜んで妻にします…」
「それを聞いて安心したわ。寛子さんもいいわよね?」
「はい、政志さんのお嫁になります。でも、兄さんと、久美さんとも認めてください」
「わかっているよ。僕も、姉さんとやるのを認めてよ」
「それはお互い様ですから認めます」

 「これで、交渉は成立だね。早速やろうよ!」政志は久美を抱き締めた。
「待って、ここじゃまずいわよ。2人が見ているし」
「久美、気にしなくていいよ。僕も寛子とやるから」
「わかったわ。でも、ゴム着けてしてね、万が一もあるし」
「わかってる、間違いなく着けるよ」真一は寛子の服を脱がしていく。

 「姉さん、僕にやらせてよ」政志も久美に服を脱がして、一糸まとわぬ全裸にした。
「恥ずかしいわ。政志も脱いでよ!」股間と乳房を押さえて言うと、政志も服を脱いでいくが、全裸になると、肉竿がそそり立っている。
「凄いわね、真一さんと同じくらいね…」
「そうね。兄さんと同じよ」2人は交互に肉竿を触っていく。

 「触るのはそれくらいにして、やろうよ!」
「それなら、まずはこうやって!」久美が政志の肉竿を口に入れ「フグ、フグ!」と擦っていくと、寛子も倣い真一の肉竿を口で擦りだす。

 「姉さん、もう大丈夫だよ。やろうよ!」我慢できないのか政志は久美を寝かせるが「待って、着けないとダメ!」肉竿に、コンドームを着けさせる。
「これならいいよね?」久美に覆い被さり、肉竿を押し付けた。
すかさず、久美が「あ、あ、あ~!」声をあげだす。

 「兄さん。私に入れて!」寛子も仰向けになって真一の肉竿を胎内に迎えていく。
「いいわ。気持ちいい!」寛子も声をあげている。
その後、色々な体位で結合していき、最後は二組とも騎乗位になった。
「姉さん、最高にいいよ!」「寛子もいいよ。凄くいい!」2人が腰を振っていくと、政志と真一は登り詰めて噴射した。

 「政志、どうだった?」「凄く良かった!」満足そうに久美の乳房を吸い出し、寛子も「兄さん、満足した?」やはり気になっている。
「上手だよ。凄く良かった!」寛子の乳房を撫でて乳首を吸い出す。

 4人は暫く休むと「寛子さん、お嫁さんだからいいよね?」政志が寛子の乳房を撫でだす。
「まだ、男嫌いが治ってないから下手かも…」
「そんな事無いよ。僕が直してあげるさ」政志はゴムを着けずに寛子の淫裂を突き刺し出す。

 「待って、着けてないわ、出来ちゃったら困る!」
「その時は産んでよ。もう夫婦なんだからね」肉竿のピストンが始まった。
「まだ、籍に入ってない…。あ、あ、あ~!」快感に、声をあげ出すと「久美、僕たちもやろうよ!」真一も久美に抱き付いた。
「待って、着けてからしないと…」
「夫婦だよ。出来たっていいじゃないか!」久美を押し倒して肉竿を押し込んだ。

 「出来ても、知らないからね…。いいわ、凄くいい…」久美は淫裂を突かれると声をあげ出しす。
「それなら、こっちも!」政志は負けじと乳首を吸いながら、肉竿のピストンし「いいわ、凄くいい!」寛子の淫裂からは淫汁が流れていく。

 政志と真一は色んな体位で結合して、四つん這いになった。
「ダメ、もうダメ!」寛子は限界に迫っている。
「もっとやろうよ、まだ出したくないし…」
「体が無理よ。膣も痛くなってきた…」

 「仕方ない、出すからね!」
「お願い、外にして。まだ産みたくない…。いや~!」悲鳴と共に、寛子が崩れ、淫裂からは白い精液が漏れだした。

 「できちゃう、間違いなくできちゃう…」息を弾ませながらグッタリしている。
同じように「いや、お腹はイヤ~!」久美も膣奥に噴射され、淫裂から精液を流している。
「子供はまだ早いわよ。もう少し楽しまないと…」泣き顔になり、淫裂から手で漏れ出るのを塞いでいる。

 「久美、出来たら産めよ」「そうだよ、寛子も産んでいいよ」2人が言うと「何言ってるのよ、生活だって大変なんだから!」
「そうよ、産む方の身にもなってよ」女性の反撃に2人は返す言葉がない。

 そこに「どうしたのよ、怒鳴り声上げて!」美沙が帰ってきた。
「あら、セックスしてたんだ!」全裸の4人に驚きの声をあげる。
「母さん聞いて、真一さんが膣に射精したのよ。それに政志が寛子さんに…」美沙が2人の淫裂を見ると。白い液体が漏れ出ている。

 「まだ、間に合うわ、急いで洗ってきなさい!」その言葉で、2人は淫裂を手で押さえて浴室に向かった。
浴室に入った2人はシャワーで淫裂を洗うが「姉さん、大丈夫よね?」寛子は心配なのか久美に聞いた。

 「たぶん大丈夫よ。何なら、明日病院に行こうか?」
「そうして。一緒なら心強いし…」2人は淫裂を丁寧に洗うと乳房と淫裂を押さえて戻ってきた。

 2人が戻ると「久美、昼間からセックスなんて、どういう事なの?」責め立てる。
「母さん、事情があるんだ。聞いてくれ!」政志が寛子と一緒になる約束を説明し、セックスで愛を誓った事も説明した。

 「政志と寛子はさんはわかるけど、久美と真一さんのセックスはまずいわよ。夜なら話はわかるけど…」
「仕方なかったのよ。あんなの見せられたら収まりがつかなくなって…」久美は政志を見つめて言う。

 (いい、私とセックスの事は言っちゃダメよ!)(わかってる、言わないよ)2人は目を合わせて頷き合う。
美沙は小言を言うと「服を着たらどうなの。素っ裸よ」注意し、4人は服を着込んだ。
その後は5人でこれからの事を話し合って、真一達3人は夕方に帰った。

 3人が帰ると、また2人だけになり「母さん、わかっているよね?」裸になるよう催促する。
「今日はいいでしょう。寛子さんとやったんだから…」
「あれはあれ。母さんとは別だし」
「やり過ぎじゃないのかしら。寛子さんの体が持つか心配だわ」そう言いながらも全裸になっていく。

 「その時は、母さんともやるからね」露わになった淫裂を撫でだす。
「見つかったら、大変よ。一緒になったら、やめようよ!」
「わからないようにやるから、平気だよ」政志も服を脱いで全裸になると抱き付いた。

 「ゆっくりして。痛いのはイヤだからね」
「わかっている。丁寧にやるよ」政志は肉竿で突き出すが(2人とオ○ンコしたからきついな…)顔には出さず、肉竿のピストンを続けた。

スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
記事数メーター