fc2ブログ

「危険な関係」第17話(最終話)背徳行為

第17話(最終話)背徳行為

 新居に越してから、1月経とうとしている頃「母さん、入社式だって!」政志にハガキが届いた。
「いよいよ社会人なんだね。寛子さんが早く来ればいいわね」
「母さんが嬉しがってどうするの。嬉しいのは僕だよ」

 「そうだった。久美と真一さんが来ればもっと楽しくなるわ」
「そうだね、姉さんが来れば家事が楽になるかも」
(そうなんだよ。姉さんともオ○ンコができるし、楽しいぞ!)越してくるのが待ち遠しい政志だ。

 数日後、政志は入社式に臨んだ。
会社の重役の祝辞を受け、無事入社式を済ますと、色々注意を受けて、二日後から出勤するよう言われて解散した。
政志は会場から出て、自宅に戻ろうとしたが「そうだ、姉さんに挨拶しないと。それに、あれもしたいし…」美沙だけのセックスでは物足りなく、久美の元へと向かう。

 久美の住まいは、そんなに離れておらず、30分程で付いたが「どうしたのよ、スーツなんか着て!」戸惑っている。
「入社式なんだ。それより、寛子さんいる?」
「いるわよ、上がって!」政志が入ると寛子は何かを調べている。

 「寛子さん、何調べているの?」
「仕事よ。越したら遊んではいられないし…」
「それよりも、久しぶりだしやろうよ」政志は寛子の服に手を掛けて脱がし出した。
「待って、久美さんが見てるのよ。越したら、いくらでも相手するから。待って!」

 「我慢できないよ。やらせて!」次々と脱がしてパンティを引き下げた。
「ダメ。今はダメ。もう少し我慢して!」叫んでも下半身を隠す者が退けられ、淫裂が露わになっている。
「綺麗だ、寛子さん!」露わになった淫裂を撫でると、舌で舐めだす。

 「わかったわ。セックスするから、舐めないで!」
「約束だよ」政志は服を脱ぎだした。
「久美さん。こういう事だから、許して」
「仕方ないわ、盛りのついた政志だし」久美も承知するが(もしかしたら、私ともセックスを…)不安そうに見つめると、寛子の上に乗って、乳房を吸い出す。

 「やさしくして。もうすぐ生理だから、張ってるの…」
「だったら、出してもいいよね?」
「それはいや。着けないといや!」
「でも、やるよ!」寛子の淫裂を肉竿が突きだした。
「ゆっくりして。痛いのよ!」生理間近だから顔を歪めて痛々しい。

 それには「やる気無いな。仕方ないから、姉さんとするよ」久美を狙う。
「ダメ、私よりフィアンセとした方がいいわ」
「お願い、久美さんが相手して。兄さんには私から言うから」そう言われれば久美に拒む理由がない。

 「仕方ないわね。ゴム着けてよ!」ふて腐れ気味に、スカート、パンティと脱いで下半身を露わにする。
「姉さんでもいいよ。オ○ンコができるなら!」コンドームを着けながら言うと「オ○ンコじゃないわ。セックスよ。今度言ったら、殴るからね!」

 「姉さん、機嫌悪いね。何かあったの?」
「政志が言うからよ。それよりやりたいんでしょう?」
「そうだよ、入れるからね」久美に抱き付くと肉竿を押し込んだ。
「気持ちいい。久しぶりぶりだし…」肉竿が動き出すと「あ、あ、あ~!」久美の腰も動き出す。

 「姉さん、オッパイ吸わせて!」ピストンしながら、服を捲り上げて、乳房に吸い付いた。
「いいわ。久しぶりで、気持ちいい!」喘ぐ久美は淫汁を流し出す。
政志は肉竿のピストンを速め、登り切って噴射した。

 「姉さん、出したよ」肉竿を抜くと、先端に白い液体が溜まっている。
「今日はこれまでにして。その気になれなくて…」久美は淫裂を拭くと服を着出し、政志も服を着だした。

 服を着終えた政志はが「姉さん、一緒に住むようになったら、どうするの?」尋ねると「まだ決めてないの。子供もいないから、働きたいけど…」決めかねている。
「母さんも、仕事を探しているようだけど、僕が働けば何とかなると思うけどな」3人が話し合うと、話題は美沙の事になった。

 「母さんがいる時は、セックスできないよな…」
「当然よ。姉弟同士でセックスしてるなんて知られたら大事よ」
「でも、僕と母さんはセックスしたよ。勿論、着けてだけど…」
「やっぱりしてたんだ。怪しいとは思っていたのよ」

 「久美さん。それだったら、美沙さんもうまく巻き込めるわよ」
「寛子さん、何か良い考えがあるの?」
「皆の前で、真一さんとやらせるのよ。そうすれば、私達の事も認めるはずよ」
「そうだけど、どうやってやるの?」

 「それが問題ね。どうやってやるかが…」3人は思案したが、良い考えは浮かばず、政志は夕方近くに自宅に帰った。
自宅に戻った政志は「どうしたらいいだろう?」思案しているが思い付かない。

 その間にも、時間が過ぎて、真一達が越してきた。
運んできた荷物を5人で片づけ、夕方近くには終わり「今夜からは一緒だよ。今日はお祝いをしようよ」政志の提案で、パーティを開く事にした。

 3人の女性は準備を始め、政志と真一はなにやら話し合っている。
「そうだね。そうしよう!」2人は良い考えが浮かんだのか、久美と寛子に耳打ちした。
「それなら、うまく行くわよ!」2人も笑顔になっている。

 準備が済むとテーブルに料理が並べられる。
「ねえ、この際だから、ヌードでやりましょうよ」久美が言うと「私もヌードなの?」美沙は驚き顔だ。
「そうよ、皆がヌードになるの!」

 「それはいいね、裸同士も面白いし」政志は服を脱ぎだし、真一や寛子も脱ぎだす。
「仕方ないわね…」一人だけ服を着ている訳には行かず、美沙も脱いでいく。
5人は次々と服を脱いで全裸になったが(凄い、政志のオチンチンが…)(兄さんのも凄いわ、カチカチだし…)そそり立つ2つの肉竿に、3人の目が行っている。

 そんな中「寛子さん、我慢できないよ!」甘えるように、政志が寛子の乳房と淫裂を撫でていく。
「ごめんなさい。今日はあの日なの…」
「なんだ生理か。だったら、母さんとやるしかないね」
それには「親子よ。そんなのダメ!」真一達の手前、そう言うしかない。

 「だったら、姉さんとしようよ!」美沙に断られ久美に抱き付くと「久美は僕とするんだ!」真一が間に入った。
「母さん、そう言う訳だから、やらせて!」政志は皆の見ている前で美沙を寝かせて上に乗った。

 「今回限りよ。これは仕方ない事なの!」自分を正当化しようと言う。
「そう。これは仕方がない事なんだ!」政志は肉竿を淫裂に押し込むと「あ~!」美紗は声をあげ腰が浮いた。
「母さん、オッパイいいよね?」腰を動かしながら乳房を撫でだすと、淫汁が流れ出す。

 「母さん、これからもやろうよ!」
「ダメよ、久美が許さない…」
「そんな事無いわ。母さんまだ若いからセックスしないと!」久美も賛成する。
「それならいいけど…」真一の手前があるから素直には言えない。

 政志は肉竿の動きを速めて「ダメ、行く、行く~!」美沙はエビのように背中を反らせ、叫ぶとパタリと動きを停めた。
「まだ出してないよ、もっとやろうよ!」
「ダメ、もうダメ!」荒い息づかいで動こうとはしない。

 「仕方ない、姉さん、やらせて!」久美に抱き付くと「母さん。これは仕方ないの事なのよ」久美も言い訳しながら「いいわ、気持ちいい!」声をあげ出す。
そんな2人を見ながら「寛子、俺もやりたいよ!」真一が寛子に抱き付く。
「お口でさせて。その後考えるから…」肉竿を掴むと口に入れて「フグ、フグ!」口で擦っていく。

 「気持ちいい、上手だよ!」乳房を撫でながら昇ろうとしている。
(このままやったら、兄さんが出しちゃう…)寛子は頭を上げて「軽くなら、入れてもいいわよ」と誘う。
「わかった、やるよ!」真一と寛子も美沙の見ている前で抱き合いだした。

 「あ、あ、あ~!」「いいわ、凄くいい!」喘ぎ声をあげる2人を見ながら「仕方ないわ。避妊さえしてれば…」美沙は呟いた。

 それから数週間後「行って来ます!」真一と政志、寛子の3人は勤務先に向かうが、美沙に「母さん。今夜は、特別パーティーだからね」耳打ちする。
「わかった、久美にも行っておく!」ニヤリと笑い、3人を見送くると家に入って「久美、今夜は特別パーティだって!」と告げる。

 「だったら、今の内にヘアを綺麗にしないと…」服を脱いで浴室に向かい、股間の絨毛を剃り、形を整えた。
「母さん、これならどう?」
「いいわね。それなら私も剃るわ」美沙も絨毛を剃って形を整えた。

 「これでいいわ。久美、今夜から私はゴム無しでするからね」
「大丈夫なの?」
「閉経したの。もう産めないのよ」
「それだったら、政志も真一さんも喜ぶわよ」
「そうね。男は膣に出すと喜ぶしね」笑顔の美沙だ。

 その夜、5人は全裸になって、血の繋がりを無視して性行為を行い「あ、あ、あ~!」「行く、行く~!」喘ぎ声をあげ、危険な関係になっていた。

~完~
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
記事数メーター