fc2ブログ

「恥辱の婦警」第17話 レスリング

第17話 レスリング

 元旦が過ぎ、新しい年が始まると慌ただしさが収まって静かになっている。
郁恵と淳子も勤務が空いているから、一足遅れの初詣に出かけた。
3が日を過ぎているから、神社も参拝客はまばらだが、本殿で参拝を済ませると「あら、この前の婦警さん!」調書を取った女子高生から声が掛けられた。

 その子を見るなり「もう、やってないわよね?」職業柄尋ねた。
「誓って、やってないわよ。それより、面白い事があるから行こうよ!」
「面白い事って、どんな事よ」
「行けばわかるわよ。香織にも言っておくから」女子高生は携帯で連絡を取った。

 「香織が、必ず来てくれって。早く行こうよ!」腕を掴まれ神社を出ると、香織の通う学校を目指して歩きだし、2人もその後を付いていく。
校門をくぐり、校庭を見ると人は誰もおらず静まりかえっていた。
「こっちよ。急いで!」言われるまま行くと、武道館に向かい(確か、ここで、由加さんを…)2人には、まだ記憶が残されている。

 入り口のドアを開けると「いや~!」いきなり、女性の悲鳴が聞こえてきた。
「驚かなくていいわよ。ただのトレーニングだから」怯える2人だが、中に入ると10数人おり、その中に、全裸になった2人の女性がいた。
その女性は、交通課に勤務する美智と彩香で「そんな、2人がヌードだなんて!」声をあげると「2人が来るなんて…」顔を震わせ、両手で乳房と股間を押さえる。

 香織は「何も、そんな事しなくていいわよ。仲間なんだし…」押さえる手を退けさせると「でも、ヌードだけは見られたくありません…」美智は泣き声で言う。
「それなら、2人にもヌードになって貰うわ。それならいいわよね?」香織の言葉に、郁恵と淳子の顔が強ばった。

 「聞いたでしょう、2人も脱ぐのよ。脱がなかったら、わかっているわよね?」そう言われれば従うしかなく、2人も服を脱ぎだした。
スカート、シャツと脱ぐと欣也から送られた、黒っぽいスケスケの下着姿になっていく。
「いいね、こっちの方がいいよ。丸出しよりも好きだよ!」透ける乳房と絨毛に声が上がった。

 その声に、唇を噛みながらもパンティ、ブラジャーと脱いで全裸になっていく。
「相変わらず綺麗な体ね。女の私でも興奮しちゃう!」孝子と香織は、露わになった乳房や淫裂を触りだす。
それには「香織、触ってばかりいないで始めないと!」男性から注意された。

 「わかっているわよ。まずは、あなたがやるのよ!」香織は美智の腕を掴んだ。
「それなら、俺も準備しないとな」男性も服を脱ぎだす。
「許して。セックスはもうしたくないの…」それには泣き出す美智だが「あなたは、レスリングの相手をすればいいだけよ。うまく逃げれば何ともないわよ」無理にやらせようとしている。

 そう言われれば、拒む理由がないからやるしかなく、服を脱ぎ終えた男子生徒と向き合う。
「始めて!」香織の合図で、2人は腕を掴み合いを始めるて倒れた。
すると、美智は俯せにされ、背中に覆い被されて「イヤ、イヤ~!」悲鳴を上げ、逃れようとしても、抑えられたまま乳房を掴まれ、足も開かされた。

 「約束が違う~。セックスはしないはずよ~!」
「あなたが下手だからよ。真面目にやらないからそうなったのよ」香織が冷ややかに答えると「ヒ~。入れないで、痛いから入れないで~!」顔を歪め首を振っているが、男子生徒の腰が動いていく。

 それを見て「イヤよ。私はイヤよ」首を振る郁恵と淳子だが「あなた達はオ○ンコしなくていいわ。やらせたら私が酷い目に遭うし…」香織は怯える2人の乳房を撫でていく。
「本当に、しなくていいのね?」
「本当よ、その変わり、オ○ンコ以外に入れるけど…」
「まさか、お尻に入れるとでも?」
「それもいいね。口もあるわよ」それには、前にもまして震えていく。

 その間にも、美智は四つん這いにされたまま、淫裂を肉竿で突き刺されていく。
「やめて、もうやめて~!」叫んでいたが「いや~。出さないで~!」悲鳴に近い声をあげて崩れていく。
「だらしないな。もっと抵抗するかと期待していたのに…」上に乗った男子生徒が、肉竿を抜いて立ち上がると、淫裂から精液が流れていく。

 「本当にだらしないわね。お仕置きしないとダメね」
「とりあえず、終わってからやろう。次は俺だぞ!」別な男子生徒も服を脱いで、全裸になると彩香と組み合う。
「真面目にやらないと、お仕置きよ!」香織の声に彩香も体を動かしていく。
しかし、倒されるとあっけなく乳房を掴まれ、淫裂を突かれた。
「抜いて。お願い、抜いて~!」暴れるが、力で抑えられ、されるがままだ。

 やがて「いや~!」彩香も悲鳴を上げて、淫裂から白い液体を流し出した。
男子生徒は肉竿を抜くと「すこしは、やり甲斐があったけど、まだまだだな」起きあがった。
「それなら、俺も鍛えないと」次の男子生徒も服を脱ぎだし、全裸になるとグッタリしている美智を立たせて、腕を取り合った。

 こうして、美智と彩香は4人の男子生徒から膣の中に射精され、白い液体を流している。
そんな美智に「あなたは手を抜いたからお仕置きよ。罰として、校庭2周。但し、素っ裸で!」香織が命じると「いや、そんなのいや!」首を振って拒んだ。

 「やらないなら、この服は返さないよ。素っ裸で帰れるかな?」美智の服を取り上げた。
「やめて。それだけは許して!」泣き出す美智だが「やるなら、今のうちよ。誰もいないし…」あくまでも、やらせるつもりだ。

 それには「わかりました。走ってきます…」泣きながら、全裸のまま武道館から出ると、静まりかえった校庭を走り出した。
美智は両手を振り、早足で走っていくと、乳房が揺れて淫裂から筋となって精液が流れていく。
「素っ裸で走らせるのも面白いわね」香織達も見つめているが「どうせなら、写真も撮りたいな」男子生徒が呟くように言うと「そうよね。写真もいいわね」香織は何かを考えている。

 その間にも、美智は息を切らせながらも、指示された通りに、2周すると戻ってきた。
「今日はここまで。服を着てもいいわよ」その言葉に、美智と彩香は服を着込んで行く。
「仕事も休みだし、明日も来るのよ!」2人に命じると「わかりました…」小さな声で返事をしながら、次々と服を着て行く。

 「いい心がけね。それから、これはオ○ンコ代よ」香織は2人に、4万ずつ渡しすが、黙って受け取り、着終えると武道館から出て、全裸は郁恵と淳子だけになった。
「今度は2人が相手よ。但し、オ○ンコにチンポを入れてはダメよ!」

 それには「オ○ンコがダメなら、どこでやるんだよ!」不満の声が上がる。
「バカね、女には3箇所あるのよ。残りを使ってやればいいのよ」
「そうか、ケツか。それならゴム付けないと。それにワセリンもタップリと…」男子生徒は準備を始めた。

 郁恵は「イヤよ。お尻はイヤ!」首を振るが、許されるわけなどなく、準備が終わると腕を掴まれ倒された。
「真面目にやらないとお仕置きよ!」郁恵のふがいなさに、香織が怒鳴ると「やめて、イヤ~!」足をバタバタしながら、逃れていく。
「そうだ。そう来なくちゃ面白くないや!」それでも、力ずくで抑えると、足を開かせ肛門にコンドームの着いた肉竿を押し込む。

 「ギャ~!」膣に入った時以上の痛みに、悲鳴を上げた。
肉竿はなおも入り込み、苦しさに目を見開き、口も開いたままだ。
「凄いや。ケツってこんなに絞めるんだ!」歓声を上げると「俺もやるぞ、相手してくれ!」興奮したのか、淳子も腕を掴まれた。

 「やめて。お尻はイヤ~!」逃げようとしても倒され背中に乗られる。
「入れないで。イヤ~!」逃れようともがいても、腰を押さえられ、逃れられない。
「この感じがいいよな…」満足そうに、肛門を肉竿で突き刺し「ヒ~!」体を震わせ、悲鳴も上げていく。
こうして、2人も4人から辱めを受けた。

 辱めを受けると、女生徒によって尻の汚れが拭かれたが、痛みに泣いている。
「何も泣かなくていいでしょう。相手をしたんだからお金は払うから」屈辱な言葉が投げられたが、逆らう事もできず服を着だし、終えると香織から4万ずつ渡された。

 「明日も来てよ。明日は写真を撮るからね」
「写真はイヤよ。お願いだから許して…」
「そうは行かないわ。来なかったら責任取らないからね」そう言われれば何も言えず、黙ったまま武道館から街に出た。

 街を歩いていると携帯が鳴り、電話の出ると欣也からで明日会いたいとの事だ。
「明日は無理です。香織さんから言われてますから…」経緯を話すと、香織には欣也から話すとの事だ。
「わかりました、2人で行きます」電話を切ると「また呼び出しなの?」淳子も不安顔だ。

 「そうなの、2人で来いって。香織さんには言っておくそうよ」
「これで良かったかもよ。もう、写真は撮られずに済むし…」
「その変わり、セックスしなければいけないのよ」その後沈黙しながら町中を歩いて行った。

 2人が夕方まで、町中を歩いてから寮に戻ると、美智と彩香が部屋を訪ねてきた。
2人とも項垂れ、神妙な顔つきで「お願いがありまして…」話し出す。
「お願いって、どんな事?」
「昼間の事です。あの事は誰にも言わないでください…」

 「誰にも言うなと言われても…」
「お願い。何でもするから、秘密にして欲しいんです」泣きながら頼まれ「わかった。誰にも言わない。でも、何があったの?」聞き返した。

 それには「せ、セックスがしたかったの。それに、ヌードを頼まれて…」見え見えの嘘を並べた。
「セックスがしたかったんだ…」
「そ、そうなの。オナニーだけではつまらないから」また、嘘を返している。
「わかったわ。誰にも言わないと誓う!」
「ありがとう。この通りです」2人は頭を下げると出ていく。

 「レイプされたなんて、言えないしね…」
「当然よ。私だって、言えないから、こんな事をしてるのよ」
「そうよね。婦警がレイプされたなんて知られたら、マスコミの餌食になっちゃうしね」2人は暫く黙り込んでしまった。

 翌日、2人は欣也から言われた通りに、寮から出ると車が停まっており、欣也と伸吾が乗っている。
「話は後だ。乗ってくれ!」言われるまま車に乗ると、多恵のマンションへと向かう。
「多恵さんとは、仲直りしたの?」
「これからだよ。心許ないから2人を呼んだんだ…」そう言いながら車を走らせて、多恵の所へと向かった。

 マンションには、多恵だけでなく早苗もいる。
欣也と伸吾は2人の顔を見るなり「この前はすみませんでした!」土下座する。
「そんな事では許さないわ。できちゃったらどうする気よ!」
「その時は責任取ります…」

 「そんな事当然よ。それより、どう償うのよ!」
「坊主になります。頭でなく、チンポですが…」その言葉に、多恵と早苗は顔を見合わせ「面白いわね。どうせなら縛らせてよ」と言い出す。
「構いません。撮ってもいいです…」そう言うと脱ぎだした。
それには、多恵と早苗はカメラを構えて、スイッチを押し始めた。

 やがて、2人が全裸になると「わかっているよな。お前達でやるんだ!」郁恵と淳子に命じて準備させた。
2人は言われるまま準備を始めたが「2人も脱いでよ。素っ裸同士が面白いし…」多恵から脱ぐようにと言われ(ヌードにはなりたくないのに…)渋々、服を脱いで全裸になった。

 「大部伸びたわね。この際だから、あなたも剃ったら?」
「ヘアはこのままにしたいんです。剃るのはイヤです…」
「仕方ないわね。それより始めて!」カメラを構える前で、郁恵と淳子はハサミでボウボウに生えた絨毛を短くしていく。

 当然、肉竿を掴むと刺激を受けて膨らんでいく。
「元気いいわね。やるのも撮るからね」笑顔で撮っていくが(膨らまなくていいわよ。セックスはしたくないし…)そう願うが、ギンギンに膨らんでしまった。

 それでも、絨毛を切り終えるとスプレーを吹き掛け、泡を擦りつけていくが肉竿は更にが堅くなり、カミソリで剃りだした。
そんな様子も、逃すまいと撮っていくが(オチンチンを掴んでいるのを撮るなんてイヤよ)顔をしかめながら撮っていく。

 やがて、股間から絨毛が消えると2人を縛って寝かせた。
「わかっているわよね。上になってやるのよるよ」言われるまま、馬乗りになり、肉竿を掴んで腰を沈めていくと、2人が男を逆レイプしているようにも見える。
(撮らないで。これじゃ、変態に見えるわよ!)いやだが、ゆっくり腰を沈めて淫裂に吸い込んだ。
「気持ちいい。女王様に犯された感じがする…」喘ぎながら、淫裂で肉竿を擦られていく。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事数メーター