fc2ブログ

「コートの貴公子」第2話 雅美の全裸

第2話 雅美の全裸

「真一君。あの人と何約束したの?」優子は気になっている。
「何もないよ。ただ、テニスの練習を約束しただけさ」
「それならいいわ」2人は話しながら歩いて、真一の家に入った。

 家の中には誰もおらず、静まり返って「あがれよ!」優子は言われるままに、真一の部屋に入った。
「優子。お願いなんだけど…」真一は言いにくそうだ。
「何なの?」
「ほら、前にも言っただろう。オッパイ見せて欲しいんだ…」真一は雅美の乳房と絨毛がまだ脳裏にある。

 「ダメよ、恥ずかしいし…」下を向いて返事する。
「見たいんだ、優子のオッパイが!」真一は優子に抱きつき、唇を押しつける。
「わかった、オッパイだけよ。それ以上はダメ。約束よ!」
「約束するよ」真一の約束に、優子は服を捲り上げてブラジャーを露わにした。

 「恥ずかしいから、脱ぐまで、あっち向いて!」やはり、脱ぐのを見られるのはイヤだ。
真一が背中を向けると、優子は背中のホックを外して「いいわよ。オッパイだけの約束だからね!」念を押す。

 「わかっている!」真一が振り向くと(これが優子か…)豊満な雅美とは違って、小さな乳房だ。
「恥ずかしいわ。もういいでしょう?」手で覆うと「ダメだよ。もっと見せて!」手を退けさせてから、両乳房を撫でだす。

 「小さいでしょう。笑わないでね」
「小さくなんか、ないよ。大人になったら、膨らむんだろう?」撫でながら乳首を吸う。
「そ、そりゃあそうだけど…」言いながらも呼吸が荒くなっていく。
真一はなおも乳房を撫でると、手を伸ばして優子の股間を撫でると「ダメ。そこはダメの約束よ!」手を振り払う。

 「そこも見たかったんだ…」
「イヤよ。結婚したら見せてもいいけど、今はダメ!」そう言って、脱いだブラジャーを乳房に押し付けて、ホックを留めた。
「何だ、もう終わりか…」

 「当然よ。約束破ったんだし」口を尖らせ、服を着終えると「ねえ、あの人とはどういう関係なの?」聞いてきた。
「他人だよ。何の関係もないさ」真一も裸を見せ合ったとは言える訳がない。
「信用する、真一君は正直だし」優子は納得した様子だが「優子、お前の方はどうなんだ。部長とエッチやってるんじゃないかな?」

 「そんな事、してしてないわよ。オッパイ見せたのも、真一だけなんだからね」顔が赤らむ。
「信用するよ。俺の優子だもんな」唇を重ねて、胸を撫でていくと「ありがとう。結婚約束したら、セックスしてもいいわよ。それまで待ってね」優子も唇を押しつける。

 その夜、真一はなかなか眠れなかった。
「雅美さんのオ○ンコが綺麗だったな…」昼に見た雅美の乳房と淫裂が脳裏から離れなれず、自然に下半身が剥き出しになって肉竿を手で擦りだす。

 「オッパイが柔らかかった…。優子のは堅かったけど…」
「オ○ンコのヘアも多かったし…」思い出すと手の動きが早まって、一気に登り切り「でた~!」慌てて肉竿を強く押さえて噴射を堪え、ティッシュを押し当てた。
「間に合った…」丁寧に拭いて横になったが、なかなか寝付かれない。

 翌朝、真一は寝不足のまま起こされた。
「雅美さんのお陰で眠れなかった…」愚痴を言いながらも、用意された朝食を済ませてテレビを見ていると「勉強は何時やるのよ。やらないなら、テニスはダメよ」母の美子が怒鳴る。

 「これからやるよ」
「人に言われてやるようでは、優子さんに嫌われるからね」
「そんな事無いよ。優子は俺が好きなんだから」
「バカ言ってないの。ほら早く勉強よ!」美子に尻を叩かれて、教科書を開くが上の空になっている。

 (今日も、雅美さんの裸が見られるのかな?)真一の脳裏には、雅美の乳房と絨毛を晒したヌードしか浮かんでない。
効率の悪い勉強だが「10時か、行かないと」時計を見ると立ち上がり、着替えだす。
「母さん!」声をあげたが返事はなく「仕事か、暑いのに大変だな」美子を労いながらもラケットを持って家を出た。

 真一は慣れた道を歩いて、いつもの練習場所に来たが「雅美さん、まだだな…」雅美は来てない。
「今日は来ないかも…」1人でコンクリートに向かってラリーをしていると「ゴメン、遅くなって!」雅美の声がする。

 「待っていたよ。今日は負けないからね!」
「それはどうかしら。返り討ちにしてやるわよ」
「そんなら、行くよ!」2人はコンクリートの壁に向かってボールを打ち付けた。
 
 跳ね返ったボールを、ワンバウンドでまた打ち返すというラリーを始めて、5分が過ぎると「しまった!」真一がミスした。
「悔しいな、もう1回やらせて」
「いいわよ、いくらでも」ラリーが始まったが、またしても、真一がミスして相手ボールが飛んでいく。
その後、3回目をやっても結果は同じだ。

 「悔しい。雅美さんに負けるなんて…」
「実力よ。それに体調が悪そうよ」
「そうかな、ただ、寝不足だけなんだけど」
「道理でね。寝不足はスポーツ選手にとって一番の大敵なのよ」
「そんな事言っても…」(雅美さんのヌードが、頭から離れないんだ!)とは言えない。

 2人はまたラリーの練習をして汗を流している。
「今日はこれくらいにしましょう。シャワーを浴びたいし」
「そうだね。調子が出ないしな」真一も片づけて、2人は橋のたもとまで来ると、川に向かって降りた。

 「今日は散々だったな」愚痴を言いながら服を脱ぎ、全裸になると「そうよ。今日はおかしかったわよ」雅美も全裸になって、真一に話しかける。
「これも、雅美さんの性だよ」勃起した肉竿を振りながら川に飛び込無と「私が何かしたの?」雅美も飛び込んだ。
2人は川の中で泳ぎ5分程で上がってきた。

 川から上がった雅美は「何が私の性なの?」真一を質した。
「言えない。恥ずかしくて言えない!」項垂れたままだ。
「何が恥ずかしいのよ。ほら、こっちを見るのよ」頭を掴んで捻ると(お、オ○ンコだ、雅美さんのオ○ンコが!)目の前には、絨毛に覆われた淫裂がある。

 「そんな所ばかり見ないで、教えて。ここも許すから!」真一の手を掴んで、乳房を触らせた。
「わかった。、言うけど笑わないでよ」真一の手が乳房を撫でだす。
「笑わないわよ。何なら、ここもいいわよ」もう片手を股間に導く。

 「実は、昨日オナニーをしたんだ…」真一の指が雅美の淫裂の中に入った。
「オナニーなんて、普通よ。誰でもするわ」雅美も勃起した真一の肉竿を擦って言う。
「だけど、雅美さんのヌードを思いながらやったんだ!」
「あら、私のヌードでオナニーしたんだ。出たの?」

 「勿論、出たよ。その後、雅美さんとセックスを想像しながらやったんだ!」その言葉に、雅美の手が停まったが「それで、また出したの?」
「うん、出したよ。雅美さんのここから、僕の精液が一杯出るのを思いながら…」指先が膣穴に入った。

 雅美は目を閉じ、黙り込んだまま手を動かしていくが「怒ったの、雅美さん?」心配そうに言う。
「怒ってなんかいないわよ。私のヌードで、オナニーするなんてうれしい」笑顔になり「私もオナニーしたの。真一君とセックスを想像しながら」唇を重ねる。

 「雅美さんも、オナニーするんだ。どうやってするの?」それには戸惑ったが「こういう風にやるの」肉竿から手を移し、淫裂を撫でだす。
「ここよ、ここを撫でてから…」クリトリスを撫でて「濡れてきたら膣に入れるの…」指が膣穴に入って動き出した。

 「あ、あ、あ~!」喘ぎ声をあげながら動かしていくと「僕にさせて!」真一の指と変わって膣穴を擦りだす。
「そうよ…。それでいいの…」雅美も虚ろな顔で、肉竿をまた擦りだすと、真一も乳首を吸い「あ、あ、あ~!」喘ぎ声をあげながら、淫汁を流し手の動きを速めた。

 やがて「出る、出る!」「行く、行く~!」2人は絶頂を迎え、真一は雅美の腹に噴射した。
「あら、こんなに出したんだ!」平然と川に入って洗い、戻るとタオルで拭いて服を着だし、真一も体を拭いて服を着だした。

 服を着終えると崖を登り、道路に出て歩いていく。
「雅美さんのオッパイって、いつから大きくなったの?」真一は優子と違う乳房が気になっている。
「二十歳頃かな。そのころ急に膨らんで大きくなったわ」
「二十歳か…」真一が優香の膨らんだ乳房を思い浮かべると「もしかして、優子のオッパイ見たでしょう?」見透かされている。

 「うん、雅美さんとは、比べ物にならないくらい小さいんだ…」
「まだ高校生よ。小さいのが当然で、これから膨らむの」雅美の話を聞きながら歩いていくと「真一く~ん!」優子の声がする。
「噂をすれば、お出ましよ。それじゃ、明日もやるからね」雅美は気を遣って別れ、歩いて行く。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2023/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
記事数メーター