fc2ブログ

「コートの貴公子」第7話 優子のフェラ

第7話 優子のフェラ

 真一がカメラを置くと、雅美は抱きついて「恥ずかしかった。オ○ンコ見えたでしょう?」肉竿を擦すりながら言う。
「はい、見えました。チンポの入れる穴も見えました」
「恥ずかしかったのよ。償ってよ!」真一の肉竿を口で擦っていく。

 「勿論です。一杯出しますからね」乳房を揉みながら言うと、雅美を四つん這いにして腰を両手で押さえた。
「行きますよ!」勃起した肉竿を、淫裂にゆっくり入れて行くと「あ、あ、あ~!」声をあげ髪の毛を振り乱す。
それでも、肉竿がゆっくりピストンを始めると、淫裂から淫汁液が流れてくる。

 「雅美さん、気持ちいいんだね。早くするからね」ピストンが早まって「クチャ、クチャ!」音も出ていく。
やがて「出る~!」肉竿が噴射して白い精液が流れ出た。
「そうだ!」真一はカメラを構え、ゆっくり肉竿を抜いた。

 「撮らないで。これはイヤ!」慌てて隠そうとするが「ダメ、撮っておかないとダメです」手を退けられ、淫裂から流れ出る様子が撮られた。
「恥ずかしいわよ。セックスして射精されたのを撮るなんて…」
「誰にも見せないから、我慢して!」数回スイッチを押して「はい、終わりです」カメラを退けた。

 2人は服を着ると、雅美のパソコンにカメラのデータを吸い上げ確認していく。
「恥ずかしいわ。膣まで見えるなんて…」顔を赤らめてみているが(真一さんのオチンチンが凄い…)勃起した肉竿を見ると顔が赤らむ。
「これで、誰にもわかりません。見られるのは僕と雅美さんだけです…」メモリーにコピーすると、カメラの画像を全て消し、ヌードは真一と雅美がそれぞれ持つ事にした。
 
 「いいですか。パスワードを忘れたら、見られませんからね!」念を押すと真一は帰った。
1人残った雅美は「もう一度見よう!」パスワードを入れて再生していく。
「これが膣に入ったんだ…」真一のヌードを見ていると、自然に手が股間に伸びる。

 「欲しい…。もっと欲しい…」妄想しながら撫でだし、射精された淫裂を見ると「出して、もっと出して!」パンティが引き下げられ、指が淫裂の中に入っていく。
「そう、そこを突いて!」指の動きが早まり、膣から淫汁が流れている。

 一方、真一が家に帰ると、やはり優子がいた。
「母さん、また寄り合いか…」
「そうよ、だから未来の花嫁さんに頼んだのよ。ほらご飯!」真一は昼食を摂り、部屋で休んでいると「かなり疲れたみたいね」優子が入ってきた。

 「そうさ。雅美さん、本気になってきたからね」
「それじゃ、揉んであげる!」優子は太股を揉み出した。
「ズボンの上からじゃダメだろう。脱ぐからな」ズボンを脱ぐと優子が揉み出し、心地よい気持ちになっていく。

 (どうせなら、素っ裸になってやればいいのに…)雅美との事を思い出すと、肉竿が勃起していく。
それを見て「真一君、イヤらしい事考えてるでしょう?」気になるようだ。
「そうだよ。優子の素っ裸を想像してるんだ!」その言葉で優子の手が停まり、黙り込んだが「私の裸が見たいの?」小さな声で言う。

 「見たい。オッパイも、あそこも!」優子は暫く考え「わかった、見せてあげる…」立ち上がると服を脱ぎだす。
(まさか、本気で脱ぐなんて…)冗談で言ったが、信じられないと言った顔で見ている。

 優子は下着だけになると、パンティから脱いで絨毛を露わにしていく。
「ヘアが邪魔だね。剃ったらどう?」
「イヤよ、剃るのは変態よ。このままでいいの!」ブラジャーを外し乳房も露わにした。
「水泳の選手は、剃るって聞いてたけどな…」
「あれは時間との勝負だから仕方ないのよ」
「体操だって、剃ってるんだろう?」
「はみ出る部分だけよ」真一は優子の絨毛が気になっている。

 「優子。ヘアはわかったから、見せてよ!」立った優子の足を開かせ、淫裂を広げた。
「何する気よ。恥ずかしいわ!」
「見たいんだよ、優子のオ○ンコを!」食い入るように見ていると「やめてよ!」頭を叩かれた。

 「見ただけだよ。叩かなくて、いいじゃないか!」優子を押し倒し、上に乗ってパンツを下げた。
「ダメ。セックスはダメ!」膨らみきった肉竿が掴まれた。
「やりたいんだ。やらせて、お願いだから…」
「怖いの、まだ子供だから怖いの…」そう言うからには、逆らえず乳房を吸い出す。

 「怒らないでね。必ず真一とするから…」頭を抱きしめて撫でていく。
「わかったよ。でも、少しだけやらせて」肉竿が淫裂に入り込み、膣穴に当たった。
「そこ迄よ。それ以上ダメ!」
「わかってる。ここまでで我慢する…」肉竿を割れ目に沿って、擦りつけていく。

 「真一君、そんな事して気持ちいいの?」
「よくないよ。我慢してやってるんだ。優子の口でなら気持ちいいだろうけど…」何気なく言ったが「お口でして欲しいの?」言い返す。
「ああ、優子の口でして欲しいんだ!」暫く沈黙してから「わかった、やってみる」優子は起きあがると、肉竿を掴んだ。

 (これをなめるだ…)ジッと見つめてから口の中に入れた。
「優子…。あ、あ、あ~!」思わぬ行為に声をあげた。
「ウグ、ウグ!」口で肉竿を擦っていくと「気持ちいよ、凄くいい…」上擦った声をあげて、淫裂を撫で出す。
優子は、なおも口を動かして、真一も次第に絶頂へと向かっている。

 「優子、飲んでくれるか?」それには首を振った。
「だったら、手でやってよ。もうすぐ出るんだ!」その言葉で、口に変わって手で肉竿を擦りだす。
「気持ちいいや。優子とオ○ンコしてるみたいだ…」遂に絶頂に達して、先端から噴射した。

 「射精だ、これが射精なんだ!」白い液体が噴射し、優子の体に飛びかかっていくが、平然と受け止めている。
「優子。出ちゃった…」申し訳なさそうに言うと「気持ちよかったの、私のお口でも…」
「そうだよ。優子がよかった!」口付けすると、また淫裂を撫でだす。

 「終わりよ。もう終わりにしないと」手を振り払い服を着だす。
「優子、またやってくれないか。俺も、ここを口でやるから」
「仕方ないわね。セックスしないから、やってあげる!」
「助かるよ、優子!」乳房を掴んだが「もう終わり。明日またね」また手が払われ、ブラジャーを押し当てた。

 優子は3時近くに帰り、真次はメモリーのデータをパソコンに入れていく。
「パスワードも設定しないと…」優子に見られないようにし「これで、良しと」確認のため、再生していく。
「これはいいな。最高だ!」立ったまま、乳房と絨毛を晒す雅美に肉竿も膨らんでいく。

 「出したばかりなんだけどな…」股間を気にしながら見ていくと「ダメだ、我慢できない!」両手で淫裂を広げた写真に、肉竿を取りだし擦りだす。
「雅美さん、オ○ンコよかった…」画面を見ながら手の動きを速めていく。

 すると「真一!」美子の声がした。
「もうすぐだったのに!」慌てて肉竿を仕舞い込むと、画像を閉じた。
それと同時に「今度の祭りだけど、お前も出て欲しいんだって」美子が入ってきた。

 「イヤだな。また太鼓たたきなの?」
「そうだよ、若い子がいなくて、お前にやってくれって!」
「仕方ないな。今回限りだって言ってよ」
「わかった。言っておく!」美子は出ていくが「いい所だったのに…」不満顔になっていた。

 真一は翌日も雅美の所で練習していたが「そろそろ、試合をした方がいいわね」言い出す。
「無理ですよ、相手がいないし。それに、コートだってないし…」
「それなら任せて。何とかなるから」雅美は電話で誰かと話していく。
暫く話してから「日曜日だって。場所は東京よ」

 「えっ、東京ですか。僕、行った事がないし…」
「そんな心配しなくていいわよ。庄司さんの学校でやるんだって!」
「もしかして、相手は大学生ですか?」
「そうよ、私も行くから安心して。お母さんには、私から言っておく」

 「助かります。なんて、お礼を言っていいか、わかりません」
「お礼なんて要らないわ。これからお母さんに会わないと」雅美と真一は家に戻って美子に経緯を話した。
「申し訳有りません。進藤さんに、そこまで面倒見て貰えるなんて…」美子は涙顔になっている。

 「出発は明後日よ。電車で行くからね!」計画が決まると「相手は強豪よ。今から練習しないと負けるからね」
「わかってます!」2人は今まで以上に練習した。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2023/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
記事数メーター