fc2ブログ

「コートの貴公子」第10話 優子のヌード撮影

第10話 優子のヌード撮影

 その後も、雅美は真一の言う通りにポーズを作り、カメラに収まっていくが、1時間を過ぎようとしている。
「これくらいでいいでしょう。一杯撮ったし…」脱いだブラジャーを乳房に押し当てながら言う。

 「そうだね。これくらいでいいかな」真一はカメラからメモリーを出して、雅美のパソコンにコピーしていく。
コピーが済むと再生して「雅美さん、綺麗でしょう?」見せると「なんか私じゃないみたい。それにしてもヘアのない性器って女でも興奮しちゃう」そう言いながら服を着ていく。

 真一はこの前のように、自分のメモリーにコピーするとカメラのデータを削除した。
「パスワードは同じだからね。忘れないでよ」
「わかってる。それから、明日も練習だからね」雅美に言われて自宅に戻った。

 「母さん、雅美さんが喜んでいたよ。でも、もうお礼は要らないって!」
「そうは行かないわよ、お前が世話になっているんだし」美子は聞き入れようとはせずに、食事の準備を始める。
「言っても仕方ないか…」自分の部屋に入って撮ったヌードのデータをパソコンに移していく。

 「これでいいぞ。後はパスワードだ」設定が終わると確認のため再生していく。
「いいね、ここをもっとアップにすればいいかな」割れ目からヒラヒラした肉襞が飛び出ている写真を見ている。
「これもアップした方がいいかな」割れ目の上にあるクリトリスを見ていた。
「なんか、変な感じになってきた」昨夜は3回射精したのにまた肉竿が膨らんできた。
 
 真一は股間を押さえながら、雅美のヌード画像を見ていると「真一君いる~!」優子の声がした。
「やばい!」急いでパソコンを閉じて、カメラも隠すと「東京どうだった?」優子が入ってきた。

 「楽しかった。でも、チャンピオンは強かった!」
「そりゃ、そうよ。大学と高校じゃ、格が違うわよ。それより、雅美さんとは何もなかったでしょうね?」
「変な事聞くな。相手は人妻だぞ!」
「怒らなくても、いいじゃないのよ。聞いただけよ。そんなに怒るなんて、返って怪しいぞ!」

 「バカバカしい。それよりいいだろう?」真一は優子を押し倒して、シャツを捲り上げた。
「溜まっているの?」
「もちろんだよ。優子とオ○ンコしたい…」
「それはダメ。オッパイだけにして。それに、お口でしてあげるから」優子は真一のチャックを下げ、パンツの中から肉竿を取りだすと掴んだ。

 「元気ないわね。疲れているのね」そう言うと、口の中へ入れ「フグ、フグ!」唇で擦りだす。
「気持ちいいよ。オ○ンコも見たいな」それには首を振り「ダメか、仕方ないや」手を伸ばして乳房を揉みだした。

 その間も優子は「フグ、フグ!」肉竿を口で擦り続けている。
「優子、何時かはオ○ンコやらせてくれるよな?」優子は縦に首を振った。
「ありがとう、安心して出すぞ!」喉奥に噴射した。
それには優子も慌てて口を離し「バカ、口には出さないで!」涎のように精液を垂らしながら怒鳴る。

 「仕方ないだろう。溜まっていたんだから…」言い訳をしていると、口を拭きながら「そうだよね、真一君、若いしね」納得したようだ。
「もし、優子のヌード写真があったら、それで、オナニーしていたぞ!」その言葉に優子の顔が強ばった。

 暫く間をおいて「ヌード、撮りたいの?」上擦った声で言う。
思いがけない言葉に(もしかしたら、優子のヌードも撮れるかも…)真剣な顔になって「そうなんだ。ヌードを撮りたい。オ○ンコさせてくれないんだから、優子のヌード写真でオナニーさせてよ!」一気に言った。

 「恥ずかしい、ヌード写真だなんて…」下を向いて返事する。
「今は撮らないよ。お願いだから、都合ができたら撮らせて。誰にも見せないし、優子をお嫁にすると誓うから!」

 必死に食い下がると「考えさせて。時間が欲しいの…」思案している。
「勿論さ。優子しだいだから」真一は肉竿を仕舞うと、優子も服の乱れを直してから帰った。
「優子から、あんな言葉が出るとは思わなかった!」興奮している。

 翌日、真一が起きると雨が降っていた。
「練習は無理だな」それでも、雅美との約束だから着替えを済ますと電話が鳴った。
「もしもし、江藤ですが…」相手は雅美からで、雨だから今日の練習は中止すると告げられる。

 「丁度よかった。疲れているし…」真一も承知して電話を置くと、また鳴った。
「もしもし、江藤です…」今度の相手は優子からで、今すぐ会いたいから、来てくれと言う。
「もしかしたら?」真一はカメラをバックに入れて家を出た。
真一の家と優子の家は1キロぐらいの距離で歩いても10分程で着ける。

 雨の中、傘を差して歩いて優子の家に行くと「待っていたわ」優子が出迎えた。
「今1人なの。だから呼んだの」真一を家の中に入れた。
(ヌードになる気だな…)期待を込めて付いていくと優子の部屋に入れられる。
「ここが優子の部屋か。綺麗じゃないか!」
「そりゃあそうよ、真一とは違うわよ」笑顔で話している。

 「優子、部活はいいのか?」心配して言うと「今日は休みにしたのよ」
「休みか、珍しいじゃないか。何かあったのか?」真一が問いつめると「昨日言った事覚えているでしょう。ヌードを撮りたいって!」そう言うと顔を強ばらせて服を脱ぎだした。

 「ゆ、優子!」慌てる真一に「カメラ、持ってきたわよね?」
「ああ、持ってきたよ」
「撮りたいんでしょう、撮ってもいいわよ」優子の声が震えている。
「わかった。撮るよ」真一はカメラを撮りだし優子に向けるとシャツ、スカートと脱いで白いパンティとブラジャーになっている。

 優子は顔を強ばらせながら背中のホックを外し、肩紐を退けて乳房を露わにすると「恥ずかしいけど、真一君の為よ…」ブラジャーを放ってパンティを下げだす。
「わかってる!」真一はチャンスを逃すまいと、スイッチを押していくと黒い絨毛が現れた。
(恥ずかしいんだ…)カメラ越しに、震える優子がわかる。

 それでも足を抜き、全ての布地を脱ぐと「性器だけは撮らないで。見るだけにして…」両手を後ろで組んだ。
「触るのもいいよね?」スイッチを押しながら言うと「膣はダメ、触るだけにして…」緊張しているようだ。

 真一が優子にポーズを取らせて、カメラに収めていくと、次第に優子も和やかになってきた。
「綺麗だよ、その笑顔が!」乳房と絨毛を晒す姿を撮っていくと「誰にも見せないでよ。真一君と私だけの秘密なんだからね」念を押す。
「わかっている。僕の大事な優子だから、絶対に見せないさ」スイッチを押し続けた。

 真一は夢中で優子の全裸を撮っているが、1時間が経とうとしている。
「もういいでしょう、一杯撮ったし」優子はポーズをやめ、てパンティを手に取った。
「そうだよね、一杯撮ったし」真一はカメラを置くと、優子を押し倒して股間に顔を埋めた。

 「触るだけよ、指入れちゃダメだからね」拒もうとはせずに、頭を撫でていく。
真一が指で淫裂を広げ、舌で敏感なクリトリスをなめると「あっ、あっ!」腰を浮かせて喘ぐ声をあげた。
(優子もここが急所か…)なおもなめて行くと腰を持ち上げ動かし「そこだけじゃイヤ、オッパイにも…」ねだってくる。

 (そうだな。オッパイにもやらないと…)今度は、乳房を揉みながら乳首を吸うと「いいわ。凄くいい!」声をあげ抱きつく。
「優子、ここは俺の物だよな?」片手が淫裂を撫でていく。
「そう、真一さんのよ…」返事するが、淫裂からはベトベトした淫汁が流れていた。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2023/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
記事数メーター