fc2ブログ

「コートの貴公子」第11話 雅美の頼み

第11話 雅美の頼み

 優子は真一と暫く抱き合ってから服を着た。
「優子、綺麗に撮れてているよ。これからは、これを見てやるからね」
「毎晩オナニーしたら体に悪いわよ。休みも入れないと…」優子もカメラを覗きながら言う。

 「大丈夫だよ、毎晩やっても丈夫だから」優子を抱いて唇を重ねた。
真一と優子が話してると「ただいま!」女性の声がする。
「姉さんよ、姉さんが帰ってきたの」
「姉さんって、結婚したはずだよね?」

 「それが、うまく行ってないの…」
「それで、戻ってきたのか?」
「そうなの。今日から暫く一緒なの」
「それじゃ、優子とエッチ出来ないじゃないか!」
「我慢して。いずれは帰ると思うから」詫びを入れている優子だが「あら、彼氏が来てたんだ!」断りも入れずに、女性が入ってきた。

 「紹介するね、友達の江藤真一君よ」
「知っているわよ、美子さんの息子でしょう。朋子というの覚えているかしら?」
「覚えています。散々虐められましたから」真一が昔の思い出を話し出すと、優子の機嫌が悪くなって「それじゃ、僕帰るね」真一は優子に断りを入れてから家を出た。

 雨の中、傘をさして歩いていくと車が停まり「真一君じゃないのよ。送るわよ」声が掛けられ、真一が乗り込むと走り出した。
「雅美さん、買い物だったの?」
「そうなの。急に庄司さんが来るって言うから…」
「庄司さん、仕事じゃなかった?」
「仕事だけど、休みを取ったのよ。二日だけどもね」話していると車は別荘に着いた。

 2人は中に入ると「昨日、オナニーした?」いきなり雅美が言う。
「してないです。ですから、雅美さんとセックスしたい…」甘えるように言うと、雅美のスカートを脱がしだす。
「私もオナニーしてないの。だから、真一君としたいの…」」雅美も真一のズボンを引き下げていく。

 2人は下着も脱がし合い、下半身が剥き出しになると、雅美が正座して肉竿を口に迎えた。
「気持ちいい。オ○ンコに出してもいいの?」雅美は肉竿を口に入れたまま、首を縦に動かし、承知する。
「それなら、頑張るよ!」肉竿が限界まで膨らんだ。

 「始めは、後ろからにして…」雅美は四つん這いになり、真一が肉竿で突き刺していくと「あ、あ、あ~!」喘ぎ声をあげだす。
真一は雅美の服を捲り上げ、背中のホックを外して乳房を掴んだ。
雅美は不自由な姿勢のまま、服とブラジャーを脱いで全裸になり「もっとして、もっと早く!」催促し、真一も肉竿のピストンを速めていくと淫汁が流れ出す。

 「仕上げは、私にやらせて…」喘ぎながら言う。
「わかった。雅美さんが上だね」肉竿を抜き、仰向けになると雅美が馬乗りになって腰を振っていく。
「私とのオ○ンコ、気持ちいい?」乳房を揺らせながら言うと「もちろんだよ。出すからね」両乳房を掴んで揉みだした。

 「嬉しい。喜んで貰えて…」喘ぎながら動きを速めていくと「出すよ、限界だ!」肉竿が膣奥に噴射した。
「私も行く~!」雅美も登り切って2人は結合したまま抱き合い「ハア、ハア!」荒い息づかいが響いている
 
 長い沈黙が続いたが「真一君、今日は泊まって欲しいの…」雅美が口を開いた。
「泊まるのは構わないけど、急にどうしたの?」
「前に言ったわね。私がオ○ンコしているのを撮りたいって!」
「言ったよ。ビデオに撮りたいって…」
「だったら、撮ってもいいわよ」

 「撮ってもいいけど、誰とオ○ンコするの?」
「夫の庄司さんよ、庄司さんとやるから撮っていいわよ」それには「怒られちゃうよ。2人のセックスを撮るなんて!」
「大丈夫よ、私から説得するから」
「雅美さんがそこまで言うなら撮るけど」真一は乗り気ではなかったが「ありがとう。お礼にいい事してあげるわよ」笑顔で話しかけてくる。

 「でも、ビデオはないんだ。カメラしか…」
「大丈夫よ、庄司さんが持っているから」全裸のまま立ち上がり、歩いていくと淫裂からは精液が漏れたままだ。
真一が服を直していると「これでいいでしょう?」ビデを持って戻ってきた。

 「ああ、これなら大丈夫だ、長時間撮れるよ」ビデオを見ながら言うと、雅美は淫裂を拭いて服を着だす。
真一は一旦家に帰り、夕方に泊まる事にした。
最初は「女1人の所に泊まるなんてダメよ!」美子は許さなかったが「庄司さんも一緒なんだ!」そう言うと態度が変わって承知した。

 そして、夕方の6時になると、真一は家を出て別荘へと向かう。
玄関のチャイムを押すと「待っていたわ、入って!」雅美が出て、中に入ると進藤がいる。
「大学生相手に、頑張ったんだってね!」見るなり話しかけて「そうだったの。私も鼻が高かったわ」雅美も加わり話に華が咲いた。

 その後、3人で夕食を済ませると8時を過ぎて「真一君、お風呂入ったら?」勧められて浴室に入った。
服を脱ぎ、全裸になって体を洗っていると「背中流すわね」雅美も入ってきたが、乳房はおろか、淫裂も露わになっている。
「雅美さん、庄司さんがいるんでしょう?」

 「今日は、特別な日だから気にしなくていいわよ」背中に石鹸を擦りつけていく。
「はい、前もよ!」向き合うと淫裂が目に入り、肉竿が膨らんでいく。
「あら、私のオ○ンコ見えたんだ!」笑いながらも石鹸を擦りつけて、肉竿も丁寧に塗った。

 石鹸を塗り終えるとお湯で洗い流し「交代よ、真一君がやるの!」石鹸が渡され雅美の背中に石鹸を擦りつけた。
「前もやって!」向き合い、乳房を撫でながら塗り、淫裂の中にも、指を入れて塗ると「そこは丁寧にして…」注文が付く。

 「わかりました」指がゆっくり動き出すと雅美の呼吸が荒くなっている。
(オ○ンコが気持ちいいんだな…)真一の指が濡れていた。
一通り、石鹸を塗るとお湯で洗い流し、一緒に湯船に浸かって体を温めて上がった。
濡れた体をタオルで拭き、服を着ようとすると「服は要らないの。それより、お願いがあるの」泣きそうな顔で頼み込んだ。

 「お願いって何ですか?」
「これで縛って欲しいの。前にやったからわかっているでしょう?」赤い紐を差し出す。
「構いませんが、庄司さん、怒りませんか?」
「庄司さんが喜ぶの。覗いていたからわかるはずよ」
「わかりました。縛ります」真一は渡された紐で雅美を縛りだす。
首に巻き付けると乳房も縛り、両手も後ろ手に縛った。

 「ありがとう。一緒に行きましょう」全裸のまま、進藤が待つ部屋に入ると、同じ全裸で待っていて「雅美。いい眺めだよ」ビデオを撮りだす。
「ダメ。恥ずかしいから撮らないで!」口ではそう言うが、わざと腰を振って誘っているようだ。

 進藤は縛られた雅美を撮っていたが「真一君頼むよ!」ビデオを渡して乳房を吸い出し(始まったか。撮らないと…)2人の行為を撮りだした。
進藤は、椅子に座ると雅美を跨がせて、腰を降ろさせた。
当然、勃起した肉竿が淫裂に入っていくから「あ~!」声をあげ体を後ろに反らせる。

 (オ○ンコに、チンポが入っている!)興奮しながら撮っていると、肉竿も膨らんでいく。
(真一君も、セックスしたがってるんだ…)雅美は横目で皆ながら腰を振っていく。
2人はいろいろな結合し、足をテーブルの乗せて、片足立ちしての結合もした。
(ばっちりだ。丸見えになってる!)正面からは、淫裂と肉竿が丸見えになっている。
最後は雅美が顔を床に付け、後ろからの挿入になり、膣奥に射精した。

 射精が済み、肉竿を抜くと雅美は俯せになったまま、息を弾ませているが、進藤は立ち上がって「真一君、今度は雅美の相手してくれ」ビデオを奪う。
「相手してって、セックスしろというんですか?」
「そうだ、やってくれ。今度は僕が撮るから」進藤の言葉に「わかりました。やってみます!」真一は雅美を仰向けにして足を開かせた。

 「雅美さん。オ○ンコやるからね!」雅美の足を抱えて、腰を突きだした。
「ダメ、入れないで。あなた、やめさせて~!」縛られているから、抵抗出来ず声をあげるだけだ。
「いや、いや~!」首を振るが、肉竿が淫裂に吸い込まれると「あ、あ、あ~!」声をあげ、背中が浮いていく。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2023/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
記事数メーター