fc2ブログ

「コートの貴公子」第14話 ヌードの約束

第14話 ヌードの約束

 真一は、雅美の指導でかなりの腕前になっていたが、テニス部員はそんな事など知るよしもない。
夏休みが終わりに近づくと、隣町の高校との練習試合をする事になって、真一も出場してストレートで勝つと、部員も驚いている。

 監督も「強くなったな、誰に教わったんだ?」不思議に思って聞いた。
「進藤さんです。進藤さんから教わってます」真一が言っても監督にはぴんと来てない。
「進藤さんか…」聞いた事のない名前だから無理もなかった。

 「江藤、次は3年とやって見ろ!」真一は3年生とも対戦したが、またストレート勝ちし、部員も真一の強さを認めた。
試合が終わり、雅美に報告すると「まだまだよ。上には上があるの!」勝って当然と言った顔で、褒めようとはしない。

 (喜んで貰おうと思ったのに…)期待が外れて黙り込んでいると「どうしたの、そんな顔して。私が元気出してあげる」ズボンを脱がして肉竿を口に入れた。
「雅美さん、どうせならオ○ンコしたい!」
雅美は「わかった。それならしてあげる!」下半身を剥き出しにしてから、馬乗りになった。

 「行くわよ!」腰を動かし出すと「気持ちいい。雅美さんとが一番いい…」声をあげる。
(私が一番にいいって、他の人ともやったのかしら?)その言葉が気になるが、腰を振り続け「出る、出る!」と膣奥に噴射された。

 雅美は真一から降りると、淫裂を拭きながら「私以外に、誰とセックスしたの?」尋ねた。
「優子とやった。それに、優子の姉さんとも…」
「そんな、姉妹とやっただなんて。それに、優子まだ子供よ」驚く雅美だが「姉さんとは、向こうからやってくれって頼まれて。ただ、優子は一方的にやったけど…」

 「一方的って、無理矢理でしょう?」
「そう。だから怒られた…」
「当然よ、まだ処女なんだから。妊娠は心配ないの?」
「病院で処理してきたって、言ってた…」
「それならいいわ。若いから妊娠しやすいから注意しないとね」雅美は話しながら服を着て「この前のビデオ見ようよ」言い出す。

 「そうだよね。まだ見てないし…」真一が承知すると、ビデオを再生し、テレビには赤い紐で縛られた雅美が現れ、淫裂が映し出された。
「恥ずかしいわ。いきなり性器を撮るなんて…」顔を赤らめる雅美だが、満更ではなかった。

 「雅美さん、割れ目だけ剃るなんて不自然だよ。全部剃った方がいいと思う」確かに、恥丘の上だけに絨毛が残されているから不自然さが目立つ。
「そうね、機会があったら庄司さんに剃って貰う…」
「今、僕が剃ってもいいよ」
「ダメよ、勘ぐられちゃうから」テレビを見ながら言うが、テレビには淫裂に肉竿がピストンしているのが映し出された。

 「これが私の性器なんだ…」初めて見る自分の性行為に息が荒くなっている。
「そうだよ。これが雅美さんのオ○ンコシーンなんだ」真一も気付いて、シャツに手を入れ乳房を握り締めた。
「興奮してきたわ。またセックスしたくなった…」雅美が真一の股間を撫で出すと「僕もオ○ンコしたくなった。後ろからやりたい」シャツ、ブラジャーを捲り上げ乳房を吸い出す。

 「いいわよ。後ろからオ○ンコしても…」雅美は立ち上がってズボン、パンティを脱いで四つん這いになった。
「それなら、やらせてよ!」真一もズボン、パンツを脱いで、雅美の後ろから肉竿を突き刺すと「あ、あ、あ~!」声をあげ髪を振り乱して行く。

 「気持ちいい。雅美さんとのオ○ンコが一番気持ちいい!」声をあげながらピストンして膣奥に噴射した。
真一は肉竿を抜くと「どうして、雅美さんとのオ○ンコは気持ちいいんだろう?」聞いた。

 「どうしてかしらね。私が真一君と、仲がいいからじゃない?」
「優子とも仲がいいけど、チンポが擦られるだけで、気持ちよくなかった…」
「発育中だからよ。私はもう熟しているし…」淫裂を拭きながら、最もらしく言うと真一は暫く黙り込んでいたが「それなら、優子もいずれ、そうなるんだ!」自分に言い聞かせてズボンを履いた。

 2人はなおもビデを見ていたが「雅美さん、もっとヌードを撮らせて欲しいな」突然、真一が言い出す。
「あれだけあれば、充分じゃないの?」
「もっと欲しいんだ。外で撮ったのが!」
「外は無理よ。撮ってるのを見られてしまうし…」
「大丈夫だよ。誰も知らない所で撮るから」雅美に頼み込むが、いい返事はしない。

 「優子も一緒ならいいでしょう。それに庄司さんも一緒なら」雅美に断る理由がなくなり「仕方ないわね、ヌードになるわ」渋々承知したが(庄司さん、何て言うかしら?)心配だ。
同じように、真一も優子がやってくれるか心配になっている。
それでも真一は勇気を出して優子の家を訪ねた。

 真一は優子の部屋に入るなり「頼みたい事があって来たんだ!」切り出した。
「何を頼むの?」
「ヌードだよ。またヌードを撮らせて欲しいんだ!」
「この前撮ったじゃないのよ。あれで十分でしょう?」

 「今度は外で撮るんだ。しかも、雅美さんと一緒にヌードを!」
「そんな、外ではイヤよ。見られたらどうするのよ!」
「秘密の場所があるんだ。そこで撮ろうよ。雅美さんは承知したよ」
「雅美さん、ヌードを承知したの?」
「庄司さんも一緒なら良いって!」それには優子も迷ってしまった。

 (どうしよう。1人だけならヌードになっても良いけど、雅美さんと庄司さんがいるし…)悩んでいると「優子がやらないと言うなら、朋子さんに頼んでも良いかな?」切り札が出た。
「辞めて。姉さんには頼まないで。私がヌードになるから、姉さんは辞めて!」
「ありがとう、助かるよ」笑顔になって優子に抱きついた。

 「今はダメ。生理が始まってるの」
「仕方ないな。オッパイだけにする」優子のシャツを捲り上げてブラジャーを外すと乳房に吸い付く。
「優しくよ。生理だから、オッパイが張ってるの…」それを聞いて、撫でるように触っていく。
「そうよ。それなら痛くない…」息を荒立てながら真一の頭を撫でている。

 一方、雅美は進藤と電話で話し合った。
「そうなの。外でヌードを撮ろうって言うの。庄司さんが立ち会う条件で…」
「面白そうだね。僕も雅美を撮りたいよ」
「私だけじゃないのよ。ほら、真一君の彼女も一緒にヌードなの…」
「なおさら面白いんじゃないか。僕も2人を撮りたいよ」進藤は承知して2人のヌードを撮る事になった。

 雅美は進藤が承知したので真一に電話を掛けた。
「そうなんだ。優子もやるって。ただ、優子が生理だから来週当たりにしようと思ってるんだけど…」
「それなら、土曜日が良いわ。庄司さんも戻ってくるし…」こうして来週の土曜日に2人の屋外ヌードを撮る事にした。

 ヌードを撮る事になったが、テニスの練習は行われていた。
雨の日はダンベルを持っての筋力トレーニングが行われて、それ以外は雅美相手に実戦の練習を繰り返していく。

 そして、土曜日になると、真一は優子を伴って雅美の別荘に向かと、進藤と雅美が2人が来るのを待っていた。
「真一君、僕も撮るけどいいのかな?」
「かまいませんよ。準備はいいですか?」
「勿論、抜かりはないよ、これから行こう!」4人は車に乗り込み、真一の道案内で走り出した。

 車は広い道から逸れ、脇道に入って樹木が生い茂った所で停まった。
「ここからは歩くんだ!」3人は言われるまま歩くと草原が見える。
「いい所ね。ここなら安心だわ」
「そうだよ。だから準備して!」真一と進藤はカメラの準備を始め、優子と雅美は服を脱ぎだした。

 優子は服を脱ぐと、白い下着になり、雅美は紫の下着になっている。
「いいね、その姿も!」下着姿も2人がカメラに収めていく。
「ちょっと、脱ぐまで待ってよ。脱ぐのを見られると恥ずかしいのよ!」そういいながらもパンティから脱いだ。

 露わになった2人の股間は対照的で、優子は黒い絨毛に覆われ、雅美は絨毛が無く淫裂が丸見えになっている。
優子もその淫裂が気になるのか、ジッと見つめて「大人になると、こうなのよ。このヒラヒラが発達するの」肉襞を掴んで見せる。
「私のもそうなるんだ…」優子も淫裂を開いて見つめ、そんな2人の仕草も撮っていくと、ブラジャーも脱ぎ全裸になった。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2023/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
記事数メーター