fc2ブログ

「薄倖の星の下に」第9話 弟の出現

第9話 弟の出現

 瑞穂が引っ越しのために荷物を片づけていると「すみません。諸星さんのお宅はこちらですか?」まだ若い男性が訪れた。
「はい、そうですが?」
「姉さんだね、会いたかった。やっと会えた!」

 「あのう、どちらで?」
「桑田一雄です。弟の一雄です!」
「か、一雄なの、間違いなく一雄なのね?」
「そうです、姉さん。会いたかった!」2人はやっと、血の繋がった肉親と巡り会えた。

「どうして、早く来てくれなかったのよ!」
「施設に入れられていたんだ。強盗をしたから…」
「悪い事をしたのね。どうしてそんな事をしたのよ!」
「仕方なかったんだ。施設出身だから仕事が見つからなくて…。生きていくためには仕方がなかったんだ…」

 「だめ。そんなことはだめよ!」
「もう悪い事はしないよ、姉さん!」
「約束よ、一雄!」2人は泣きながら抱き合い「ところで、姉さんはこれからどうするの?」一雄から聞かれた。
「行く当てがないのよ…」
「だったら、僕のアパートに来ないか。狭いけど…」

 「そうね、暫くその方がいいかもね」話しがまとまると、数少ない荷物を持って電車に乗った。
「これからは、姉さんと一緒だね」
「そうね、これからは姉弟で暮らせるんだし」希望を抱いての出発だ。

 一雄のアパートは8畳一間で、キッチンと風呂はがあるが、2人が暮らすのには狭すぎる。
「我慢しないとね」
「そうね、そうするわ」2人は荷物を片づけていく。

 一通り済むと「お風呂が沸いているわ。一雄!」声を掛けた。
「姉さんから入ってよ」
「一雄からよ。ここの主なんだから」
「わかった、先に入るね」一雄は風呂に入ったが、風呂と言っても1人住まい用だから区切りがなく、服を脱いでいくのも見えている。

 (まだ、傷が残っているんだ。あの時の傷が…)背中に縫い込んだ跡が残っている。
一雄は全裸になって、体を洗い、お湯に浸かっていく。
「一雄、体を洗ってあげるね」
「恥ずかしいよ、姉さん!」
「遠慮しないで、姉弟なんだから」瑞穂は中に入って一雄の背中を洗いだした。

 「はい、前よ」
「恥ずかしいよ、いくら姉さんでも。姉さんも裸ならいいけど…」
「いいわ、一緒に入ろうよ。捨てられた時以来だしね」瑞穂は一雄の前で服を脱ぎだし、パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になった。

 「姉さん、女の体ってこうなっているんだね…」
「そうよ。一雄は見た事ないもんね」
「うん、3年間入れられたから、女性を知らないんだ。触らせて」
「いいわよ。、そのかわり優しくよ」一雄は瑞穂の乳房を触わり、乳首も触っていく。

 その後は手が股間に伸びた。
「姉さん。ここにはヘアが生えるって聞いていたけど?」ピンクの淫裂を触っている。
「剃っているの。生えたら見せてあげるわね」
「中も見せて!」指が膣の中に入り淫裂を広げていく。

 (恥ずかしいわ。でも、弟には性器を知って貰わないと…)じっくりと淫裂を見つめた後、一雄は「これは何なの?」と触っていく。
「オシッコよ。ここからオシッコが出るのよ」
「ここは何なの、ぽっくり空いているけど?」
「お、オチンチンが入るのよ。ここに!」さすがに顔が赤くなった。

 一雄はその後も聞いてから体を洗われ「今度は、僕が洗ってあげるね」「お願いするわ」瑞穂は一雄によって体を洗われた。
風呂から上がると二人は同じ布団に寝なければいけない。
「ごめんね。明日買ってくるから…」
「いいわ、気にしなくても」2人は布団い潜り込んで眠りについた。

 しかし「あ、あ、あ!」瑞穂は物音で目が覚めた。
(何かしら?)一雄を見ると、気持ちよさそうな顔をしており(オナニーをしているんだ…)股間の部分が動いている。
(もう年頃だし。手伝ってあげないと…)瑞穂は手を伸ばして肉竿を掴むと「してあげるわ。したいんでしょう?」擦り出す。

 「ね、姉さん!」突然の事で慌てる一雄に「遠慮は要らないわよ。姉弟だからね」掴んだ肉竿をなおも擦りだした。
「姉さん、気持ちいい。本当にしたくなった…」一雄は瑞穂のパジャマに手を掛けた。

 「ダメ。ダメよ、それはだめ!」
「軽くでいいから、やらせて!」
「わかった。でも、これっきりよ」瑞穂は(悪い事をされるより、私の体で満足させておいた方がいいし…)身を任せた。

 一雄は下着も脱がして、瑞穂を全裸にし「ここで、いいんだよね?」「そうよ。そこに入れるのよ…」勃起した肉竿を掴み淫裂に導いていく。
(薬を飲んでいるから安心だし、それに一雄の性教育もしないと…)体を開いて迎え入れた。

 「姉さん!」肉竿がゆっくりと瑞穂に押し込んまれ「そうよ。ゆっくり入れるのよ。出したかったら、言うのよ」一雄の背中を抱きしめていく。
「姉さん、オッパイが柔らかい!」乳房を揉みながら、ゆっくりと肉竿のピストンを始めて「上手よ。そうやって、お嫁さんとするのよ」目を閉じて一雄に任せた。

 やがて、一雄の噴射した体液が膣の中を漂っていく。
「出したのね。出る時は言わないとダメよ!」
「どうして?」
「赤ちゃんが出来るでしょう。お嫁さんにはちゃんと言うのよ」白い液体が流れ出る淫裂に、タオルを押しつけた。
「わかった、これからは言うよ」乳房を揉みながら乳首を吸い「あ、あ、あ!」瑞穂は背中を浮かせて行く。

 翌日、2人は連れ添い町に出て、新聞とチラシを持って仕事を探していくが「なかなか、見つからないわね」条件が合わない。
それに、2人とも施設出身という事もあって、まともな仕事などなく、面接で落とされてしまう。

 「残っているのは、ここだけだね」
「そうね。そこしかないわね」2人は最後のキャバレーを当たった。
「姉弟ですか、それならいいでしょう。水商売ですから、どんな仕事かわかりますよね?」支配人の森脇が言いながら瑞穂の胸を撫でていく。

 「はい、わかっています。でも、体は絶対に売りませんからね!」
「それは当然だ、内は売春宿じゃないし。それよりも、君の体を確認しないとな…」
「確認とおっしゃいますと?」
「彫り物がないか、確認しないと雇えないな」

 「ヌードになれと、おっしゃるのですか?」
「そうだ、早い話がそうだ!」
(イヤよ。、ヌードだなんて。でも2人で働けるならやるしかない…)「わかりました、ヌードになります!」瑞穂が返事し、森脇が見ている前で服を脱ぎだした。

 上着、ワイシャツも脱いで、上半身はブラジャーだけの姿になると、スカートも脱いでいく。
「これでよろしいでしょうか?」
「全部脱がないとわからないよ。ここに彫っている人もいるからな」パンティの上から股間を撫でていく。

 「わかりました。フルヌードですね?」
「そうだ。素っ裸を確認しないと雇えないな」
「わかりました。ご覧下さい」背中を森脇に見せてパンティを引き下げていく。
更に下げ、背中を丸めて足を上げるとピンクの淫裂が森脇に見えてしまった。

 「剃っているんだね、ヘアを?」
「はい、もう剃りませんが…」恥ずかしそうに、脱いだパンティを服の下に隠し、ブラジャーも外すと「これでいいでしょうか?」乳房と淫裂を手で隠しながら言う。
「手を退けて!」瑞穂がゆっくりと手を退けると「いいね、ここは…」乳房を掴み、確認していく。

 「ここも、調べさせてくれ!」
「そこはイヤ。やめて下さい!」淫裂を指で広げられ、森脇の手を押さえた。
「彫り物があるか、調べないとな!」
(そんな事しなくても、わかるわよ)仕方なく手を退けた。
「いいね。ここは…」淫裂の中に指を入れて動かし「うっ!」目を閉じて堪えている。

 「よし、今度はお尻だ!」瑞穂は振り返った。
(そんな、お尻まで調べるなんて…)両手で尻肉をかき分けると、恥丘の淫裂が口を開いている。
森脇は丁寧に瑞穂の体を調べ「あっ!」肛門も広げ(イヤ、お尻を見るなんて!)太股がブルブル震えている。

 「よし、終わった。服を着ていいぞ!」やっと手が退けられ「新人は見習い期間が3ヶ月あるが、いいかな?」条件が示された。
「はい、構いません!」パンティを履きながら瑞穂が言うと「それから、ヘアを客の前で剃ってくれないかな?」名残惜しそうに見ている。

 「イヤです。もう剃りません!」キッパリと断った。
「残念なだな、金は払うのに…」森脇が残念そうに言うと(フン、勝手な事言わないで。剃る身にもなってよ!)ブラジャーを着け、ワイシャツ、スーツと着込んでいく。

 「住まいだが、ホステスは皆が寮住まいになっている。引っ越しできるよね?」
「弟と一緒ではダメですか?」
「ダメだ、監督しやすいから寮に入って貰う。弟さんも寮に入って貰うよ」
「わかりました。ところで、時給はどれ位いただけるのでしょうか?」
「金か、1時間7千円だ。チップは半額没収になっている」
「わかりました。よろしくお願いします」瑞穂は契約書にサインした。

 それと同じように一雄もオーナーの康子の前で全裸になっていた。
「ダメよ、隠さないで見せて!」
「恥ずかしいです。これを見られるなんて…」
「彫り物があると困るから、仕方ないのよ。手を退けないと採用しないわ」
「わかりました。見てください」一雄は股間を覆った手を退けた。

 「可愛いわね。まだセックスはした事ないでしょう?」潤んだ目で肉竿を見つめた。
「はい、やったことがありません…」
「そうなんだ。可愛いわよ」だらしなく下がった肉竿を掴み、撫でていく。
「こ、困ります。そんな事されたら困ります。あ、あ~!」
「困る事ないわよ。私に任せなさいね」肉竿を擦りだし、これ以上無理という位に、膨らんでいる。

 それに「あ、あ、あ!」気持ちよさそうに声を上げている。
「気持ちいいでしょう。もっといい事してあげるわ」勃起した肉竿を口に含んで「う、う、う!」そして、頭を前後に振り出した。
「我慢できません。出そうです、出そうです!」

 (いいわよ、飲んであげるから出しても)「あ、あー!」康子の振りが止まり、一雄の体液が康子の口の中に漂っている。
「ご免なさい。出ちゃいました…」すまなそうに一雄が言うと「気にしなくていいわよ、あなたのはおいしいから」口を手で拭きながら言う。

 「私を雇って貰えますか?」
「いいわよ、雇ってあげるわ。その代わり、寮に住んで貰うからね」
「姉さんとは、別れなけばいけないんだ…」
「仕事が済めばプライベートは自由よ。それならいいでしょう?」
「はい、それならいいです」
「だったら、契約して。それによ」契約書を渡した。
「わかりました、契約します」一雄もサインした。

 契約を済ますと、2人は一緒に寮へと引っ越さなければならず「大家さんに言っておかないと…」一雄は事情を説明していく。
「桑田さん。申し訳ありませんが、急なので支払いが済むまでは敷金は預かってますよ」
「構いません。そうして下さい」大家と話が済むと、業者を呼んで寮へ越した。

 だが、寮と言っても普通の大きなアパートと何ら代わりがなく、ホステスやボーイ達が一緒に住んでいる。
「あら、新入りよ」「そうみたいね」2人をじっと眺めていた。
「ねえ、あの子、可愛いわね、まだ童貞よ」
「そうかもね、今夜にでも奪おうか?」

 「ダメよ、そんな事したら許さないからね」そこに康子が現れた。
「冗談ですよ、オーナーの先を越すような事はしませんから…」慌てるホステス達で「それならいいわ。それより、あの子も可愛いでしょう?」瑞穂を指さした。
「ホントだわ、何かワクワクしてきた!」
「あの2人を監視してね。亭主はあの子が好きなみたいだから!」

 「旦那さんが、やりたかったらどうします?」
「私と一緒ならいいけど、隠れてしたら許さないわ。よく見てて」康子はそう言うと、向かいにある自宅に向かった。

 それを見届けた2人のホステスは瑞穂と一雄に声を掛け「あら、新入りなんだ。私は水口文子で、こちらが斉藤真美なの」挨拶していく。
「初めまして。諸星瑞穂です。こちらは弟に斉藤一雄です」
「あら、姉弟なのに名前が違うんだ」

 「私、夫と死に別れましたから名前が違うんです…」
(言えないわ、この人達の前で施設出身だなんて)嘘ではないが、言わない事にした。
「桑田一雄です。子供ですからよろしくお願いします」
「あら、可愛いわね。年はいくつあの?」
「19才になったばかりです」

 「あら、若いわね。それに、体も丈夫そうで!」目を輝かせて、瑞穂と一雄の2人を見つめる文子と真美だ。
「すみませんが、片付けがありますから…」瑞穂と一雄はそれぞれの部屋に荷物を運んでいくと「頂くわよ、あの子を」「私も頂くわ。何だか体が疼いてきたわ」怪しげな目で見つめていた。

スポンサーサイト
[PR]

「薄倖の星の下に」第8話 知られたアルバイト

第8話 知られたアルバイト

 それから数日が過ぎた日曜日に大友が訪れた。
「奥さん、回覧板です。よく読んで下さいね」
「はい、わかりました」渡された回覧板を開くと(そんな、付き合えだ何て…)挟まれたメモを引き抜いて、ゴミ箱に捨てた。

 そして、「大友さん、回覧板です」その回覧板を大友に届けた。
「ああ、大丈夫ですよね?」大友は妻を気にしながら言い「はい、大丈夫です…」そう返事して戻ってきた。

 「あなた、買い物があるから行ってくる。遅くなるかもし知れないけど心配しないでね」
「わかった。後は俺がやるよ」秀樹はどうにか杖を付いて歩けるようになっている。
「じゃ、お願いします」普段着を着たまま瑞穂は家を出ると、確認したかのように、大友も「パチンコに行ってくるよ」と家を出た。

 大友は瑞穂の後ろを追うように歩き(付いてきたわ。大友さんが…)2人は口を開くことなく、黙ってバスに乗り駅に向かっていく。
駅で電車に乗ると、後を付いてきた大友がやっと声を掛けてきた。

 「感謝しますよ。奥さん」
「大友さん、今回限りですよ」
「わかっていますよ、それより気づかれなかったでしょうね?」
「それは平気よ。うまく言っておいたから…」

 「それなら安心です」大友は瑞穂の腰を撫でるが(イヤ、触らないで!)項垂れたままの瑞穂に(これなら、うまく行くぞ!)確信したのか大胆になっていく。
誰も知らないとは言え、スカートの中に手が伸びた。
(だめ、そこはいや!)手を押さえ、首を振ると(まあいいか。後でたっぷり楽しめるしな)素直に手を引く。

 やがて、電車のブレーキが掛かり、スピードが落ちていく。
「行きましょう」「はい」停まった電車から降りた2人は見知らぬ人垣の中を歩き、繁華街を歩いて裏通りに入ると、大友は瑞穂の腕に手を掛けてきた。
(イヤだけど、仕方ないわね)瑞穂も腕を組んで歩いていく。

 寂れた裏通りはやたらと看板が目立ち、その看板に吊られるかのように「行きましょう」腕が引かれた。
「いやです。夫を裏切りたくありません!」拒む瑞穂に「知られてもいいんですか?」脅しを掛ける。
「それは、いやです!」

 「だったら行きましょう。秘密は守りますから」
(私の体が目的だったんだ…)顔を震わせ「今回だけです。約束して下さい」承知して「約束します」引かれた腕に従い、ラブホテルの看板が掛かった中に入った。

 フロントでは「いらっしゃいませ」女性から声を掛けられ「休憩したいんだが…」「2時間5千円になります」大友が財布を取りだし金を支払うが、瑞穂は項垂れ「行こう」キーを受け取った大友と一緒に部屋に入って行く。

 「脱ぐんだ。素っ裸だぞ!」
「わかっています…」声を震わせながら服に手を掛け、ボタンを外すと裾を持って持ち上げ、首から脱いだ。
「ほう、色っぽいですな。レースのブラだなんて!」大友がブラジャーの上から乳房を撫で出す。

 「待って。脱いでからにして!」大友の手を退け、背中のホックを外すと乳房が露わになった。
「今度は、オ○ンコを見せてくれよ」
「わかっています…」両手を下げブラジャーを脱ぐと、スカートも脱いでパンティだけの姿になった。

 (これを脱いだら、フルヌードになってしまう…)最後の布も脱ぎだし「いいですね。ツルツルのオ○ンコが…」足を上げてパンティから抜いていく。
「これで、フルヌードです!」顔を背けて立つと「脱がせろ。俺を裸にしないと…」その言葉に渋々とズボンを引き下げていく。

 パンツも引き下げると、そそり立った肉竿が目の前のあり「フェラしてくれ。わかるだろう?」「やりたくありません。夫以外とは…」泣き声に変わった。
「やらなかったら、言っちゃうぞ!」そう言われればやるしかなく、勃起した肉竿を手で掴み、口の中に含んでいく。

 「上手だよ、今度は店でやってくれよ」
(バカにしないで。そんなの出来るわけないでしょう!)口を動かしていくと「もういいよ、やろうよ!」瑞穂はベッドに押し倒され(入れないで。お願いだから、入れないで!)無毛の淫裂に乱暴に肉竿を押し込まれて「う、う、うー!」悲鳴を上げた。

 「気持ちいいや。オ○ンコがキツくて、気持ちいい!」肉竿が根本まで入るとピストンを始めて(あなた、許して。あなた…)閉じた目からは涙が流れている。
大友はそんな事など気にもせずに、乳房を掴み淫裂を辱めて「ピシャ、ピシャ!」肉同士のぶつかる音が響き、そして「うー!」と動きを停めた。

 「イヤ、お腹の中はイヤです!」
「ダメだ、出させろ!」逃げようとするが逃げられず、肉竿が淫裂に食い込んだままで「イヤー!」悲鳴と同時に淫裂から白い液体が流れ出し「う、う、う!」嗚咽を上げる瑞穂は呆然としている。

 大友はそれでも容赦はせず、淫裂から流れ出る様子をカメラで撮りだし「イヤ。撮らないで、いや!」慌てて手で隠した。
「手を退けるんだ。もっと撮らせろ!」
「イヤ。ヌードを撮られるのは、イヤです!」泣きながら言う。

 「知られてもいいんだな。お前がオ○ンコした事も!」
「言わないで下さい。お願いしますから…」
「だったら、お前の素っ裸を撮らせろ。ほら、そこに立つんだ!」泣きながら瑞穂は大友の言う通りの事をしていく。

 「手を後ろで組め。顔を上げろ!」
(イヤ、こんなのを撮られるなんて…)泣き顔の瑞穂だが、大友は淫裂から精液を流し、乳房を晒した姿を飽きることなく撮っていく。

 「よし、写真はこれでいい。一緒に風呂に入ってやり直しだ」
「許して。もう許して!」瑞穂は首を振って拒んだが「ダメだ、もっとやるんだ。行こう!」無理に浴室に連れ込み、淫裂を洗うとドロドロの液体が流れ出てくる。

 「これでいい。今度は奥さんがやってくれ。いつも、やっているようにな!」ニヤリと笑うとベッドに仰向けになった。
(知られていたんだ…)驚きながら馬乗りになり、腰を動かし出す。

 「これで、終わりにしてください…」
「ダメだ、この後は四つん這いでやるんだ。ほら、やれよ」
(そんなの、いや。もうイヤです!)秀樹への裏切りに、罪悪感を感じながら腰を振っていくと、揺れ動く乳房を掴み、揉んでいく。

 この後、大友は言った通りに、四つん這いになった瑞穂を辱め、登りつめて2度目の放出をし「う、う、う!」泣きながら、淫裂から流れ出る精液を手で押さえている。
汚された瑞穂は、再び体を洗ってから大友と一緒にホテルから出た。

 「この事は、誰にも言うなよ!」
「写真は誰にも見せないで。それに、脅迫したら訴えてやるから!」
「それはないよ。その代わり、たまにはオ○ンコして貰うよ」
「もう許して。もう、夫を裏切りたくありません!」泣きそうな顔で言う。

 「そうは行きませんね。奥さん!」人通りから外れた所で抱き付いた。
「ダメ。もうダメです!」
「そうだよな。金を払ってないしな…」
(そんな言い方しないで。好きでやっているのじゃないのよ!)黙ったまま別れた。

 「酷いわ。あんな事をするなんて…」繁華街に出るとデパートに入り、秀樹への申し訳なさに、金もないのに秀樹のための買い物をし、家に戻ると見せる。
「似合うかな?」
「似合うわよ。それを着て散歩しないと」瑞穂は気づかれないように振る舞っていた。

 数日後、瑞穂はいつものように、乳房が飛び出す制服で客の接待をしていて「いらっしゃいませ!」接待に回っていると大友の席だ。
「奥さん、この前はよかったよ」やはり、乳房を揉んでいく。
「あのことは忘れてください。もう、絶対にしませんから…」
「そうは行きませんよ、疼くんですよ。オ○ンコしたいって!」瑞穂のスカートの中に手を入れ、淫裂を触りだし、指が膣の中に入ってきた。

 「今度の日曜日にまたやらせて下さい。この前のホテルです」
「もう、しないと約束したはずよ。許して下さい」
「知られるのはイヤでしょう。それに、脅すつもりはありませんが、こんなに綺麗に撮れていますし…」この前撮った写真だ。

 専用プリンターで印刷してあり、画像も鮮明で「脅したら訴えると言ったはずよ!」瑞穂の声が震えている。
「脅しじゃありません。見て貰いたくて。ほら、オ○ンコから精液も流れているし」

 「わかったわ。セックスするから、今回限りと誓って。約束を破ったら、奥さんにいいつけるわよ」
「今回限りでもいいよ」瑞穂は淫裂から手を退けて、次ぎの客の接待に回っていく。
そして、日曜日には大友と一緒にラブホテルで、全裸にされ抱かれていた。

 しかし、それはすぐに発覚してしまった。
大友の妻が夫の浮気に気づき、持ち物を調べて瑞穂のヌード写真を見つけたからだ。
「実は、言いにくい事ですが…」妻は瑞穂の留守の時に秀樹を訪ねて見せた。

 「間違いなく瑞穂です…」落胆する秀樹に「こんな事はしたくなかったんですが…」言いにくそうだ。
「いいえ、助かります。後は私がしますから、絶対に誰にも言わないで下さい」
「わかっています。私も奥さんを傷つけたくありませんから」大友の妻は戻り、1人残された秀樹は「俺がいけないんだ。俺がこんな体になったばかりに…」考え込んでいる。

 そんな秀樹なと知らない瑞穂は、買い物をして笑顔で戻ってきた。
「あなた、今夜も先に休んでいてね」話し掛け「わかったよ…」秀樹は考え巡らしている。

 夕方、家事を済ますと家を出て、いつものように客席を回り、乳房を揉ませ淫裂も触られていく。
こうして、時間が経って、外は真っ暗になっており「いらっしゃいませ」瑞穂は美鈴に言われテーブルに向かったが、客を見るなり「!」声が出せない。

 「瑞穂。こんな事していたのか?」
「あなた。許して、こうしないと…」唇がブルブルと震えている。
「わかっているよ。確かめたかっただけだ」隣に座った瑞穂の乳房を揉んでいく。
「許して、あなた。体は絶対に売っていないから許して!」

 「触らせるだけか。教えろ!」
「はい、性器とオッパイを触らさせています」泣き声に変わり「こうか?」淫裂を触られている。
「指も入れさせています」
「こうだな?」秀樹の指が淫裂の中を動いていく。
「そ、そうです。そうされると、声も出しています…」
「どんなふうにだ?」
「あ、あ、あ!」秀樹の股間を撫でながら、喘ぎ声を出している。

 「そうか。毎日、こうやっているのか?」
「仕方ないんです。生きていくために…」
「俺がだらしないばっかりに、こんな恥ずかしい事をしていたのか…」力無く言う。

 「あなた、気にしないで。そんな事より、今日はお客として遊んで!」
「そうだよな。客だもんな」瑞穂の乳房を揉みながら乳首を吸うと「いいわ、凄く良いの…」小刻みに体が震えて(許して。あなた、許して下さい…)閉じた目から涙が流れている。

 秀樹は瑞穂の体を撫でてから酒を飲んでいく。
「もういいよ。次の席に行かないとダメなんだろう?」
「帰ってから、詳しい事をお話しします…」涙を拭いて次のテーブルに向かった。

 「瑞穂、こんな事させてご免な…」乳房を揉まれる妻の瑞穂を見つめていたが「そろそろ、帰るか」杖を付いて立ち上がり、フラフラしながら店から出た。
そんな事とは知らない瑞穂は、客席を回っている。

 店を出た秀樹は、不自由な足で当てもなく歩いている。
繁華街を歩き、閑静な商店街まで来ており「どうしたらいいものか…」歩きながら考えていると、目の前には大きな川があり秀樹は立ち止まって考えた。

 「俺がいなければ、瑞穂はあんな恥ずかしい事を、しなくてもいいんだ!」思い詰めたのか靴を脱いでいく。
そして、靴を脱ぎ終えると手すりを乗り越え「バシャーン!」大きな水しぶきがあったが、誰も気づく者は誰もおらず「バシャーン!」水音が暫く続いた。

 仕事を終えた瑞穂は秀樹が待つ自宅に戻った。
「あら、戻っていないわ」家の鍵を開けて中に入ると誰もいない。
「怒っているんだ。あんな事をしていたから」泣きながら秀樹の帰りを待っているが「う、う、う!」止めどもなく、涙が流れている。

 だが、時間が過ぎていく。
夜が明けたが、秀樹は戻ってこず、さすがに瑞穂は不安になり「もしかして?」急に胸騒ぎを覚え「警察に知らせた方がいいかも知れない…」手が電話を掴んだ。

 その瞬間に「プルプルプル!」電話が鳴り「瑞穂よ。あなたなのね?」話し掛けると「いいえ、○○警察署です。秀樹さんはご在宅ですか?」警察からだ。
「それが、昨夜から戻っていないんです。警察に捜索願いを出そうと思っていた所です…」

 「そうですか。でしたら、こちらにおいでいただけませんか?」
「わかりました。メモを書いたらすぐ行きます」
「メモは不要です。すぐに来てください」
「わかりました」電話を切ると瑞穂は自転車に乗って警察署に向かう。

 警察までは、そんなに時間が掛からなかった。
「諸星ですが、すぐに来てくれと言われまして…」
「諸星さんですか、こちらへ」瑞穂は不安な思いをしながら後を追い、ドアを開けて中に入った。

 途端に「あ、あなた、あなたー!」悲鳴を上げて走っていくと、そこには冷たくなった秀樹が横たわっている。
「奥さん、驚かないでください」警官は動揺する瑞穂を抱きかかえて言い「そんな、死ぬなんて信じられない!」泣き声が響いていく。

 瑞穂は警官から事情を聞いて、自宅に戻ってきた。
そして、唯一の親戚と連絡を取り、翌日、親戚も現れて、告別式の準備が行われた。
「これからどうなさるの。それにお墓は?」
「行く当てがありません。でも、ここには居たくありません…」

 「だったら、お墓は実家にしたら。無縁仏になってしまうよりはいいでしょう?」
「お願いできますか?」
「いいわよ。お墓は守っておくわよ」親戚と話がまとまった。

 告別式も済み、わずかな保険料を親戚に渡して遺骨を埋葬して貰い「一体、何のために、こんな事をしていたのかしら?」秀樹の死で空しさを味わっている。

「薄倖の星の下に」第7話 ホステス

第7話 ホステス

 翌朝、瑞穂は秀樹の下着を着替えさせていく。
「あなた、着替えましょうね」パジャマを脱がせ、下着も脱がすと「あなた、欲しいけど出来る?」股間を撫でた。

 「出来るよ。久しぶりだからしようか?」肉竿も一気に膨らみ「待って、すぐ脱ぐから」瑞穂は急いで服を脱ぎ、パンティを脱ぐと無毛の淫裂が秀樹の目にとまった。
「瑞穂、綺麗だね。ピンクで可愛いよ」
「恥ずかしいけど剃ったの。私を全部見て欲しくて…」ブラジャーも脱いで全裸になると馬乗りになっていく。

 「気持ちいいよ、触られただけで…」
「何言っているのよ。出さなくちゃ。早く赤ちゃんを作らないと」淫裂に肉竿を迎え入れると「あ、あ、あ!」声を上げながら腰を振っていく。
やがて、腰の振りが大きくなり、瑞穂の乳房が振り子のように揺れていき、その乳房を掴もうと、手が伸びていく。

 「あなた、手が効くようになったのね!」両手で乳房を撫でられていく。
「そうみたいだ。オッパイを触りたいし…」
「触って、オッパイを触って。あなた!」前屈みになりながら腰を振っていると、秀樹は必死に手を伸ばして乳首を摘み「あ、あ、あ!」声を上げてた。

 「手が動いたよ。潰すよ、瑞穂!」
「潰して。乳首を潰して!」秀樹が指に力を入れると「うっ!」(痛い、乳首が痛い。力が回復している…)顔が歪んだ。
「痛いかい?」
「気持ちいいの。もっと強くして、あなた!」体を後ろに反らしながら言う。

 「これでどうだ?」
(痛い。間違いなく指の力が回復している!)「もっと、もっとして。瑞穂の乳首をもっと潰して!」喘ぎながら言うが「限界だよ。もう…」秀樹は噴射を始めた。
「暖かい、あなた。凄くよかった。オッパイも吸って欲しかった…」

 「やってみるよ」体を起こそうとするが、少ししか動かない。
それでも瑞穂は(治ってきた、体が治ってきた!)「あなた、直ってきたんだ!」体を押しつけて唇を重ねていく。

 秀樹は瑞穂の介護のおかげで、少しずつではあるが回復していくが、瑞穂はそれが気がかりだ。
「知られたら、何て言われるかしら?」そんな不安を抱えながら、仕事とはいえ、服を脱いで全裸になると浴室に入り、体を綺麗に洗ってから股間をカミソリで剃っていく。

 「急いで、時間がないのよ!」知代に急かされ「わかりました…」体を拭くと乳房を揺らせ、淫裂を隠そうともせず、宴会場に入った。
「いいね。素っ裸だなんて!」
「オ○ンコが何とも卑猥だな」仰向けになり足を開いていく。

 瑞穂は慣れたせいか、もう動じる事もなくなった。
性器の中に千切りのキュウリを入れられて行くが(お金のためだし…)淫裂を触られたり、乳首を箸で摘まれたりしても、何も感じなくなった。

 だが、こんな事が長続きする訳がなく、警察は旅館へ厳重注意を行い、瑞穂はもう裸にならなくてもよくなった。
それは収入減を意味し、時給700円ではリハビリ代はおろか、生活費の足しにもならない。

 それに、同僚達は素っ裸を晒した事で、誰も口など聞いてくれず(あんな事したから当然かも…)黙って仕事をしている。
そんな瑞穂に「どう、内の店で働いて見ない?」あの美鈴が声を掛けてきた。

 「すみませんが、どれくらいになりますか?」
「内は時給7千は出すわよ」
「それでしたら、働きたいです。11時までなら働けます!」
「よかった、今日からでも良いわよ。昼間は旅館で、夜は内の掛け持ちできるしね」
「はい、お願いします」決まると夫に話した。

 「大丈夫か。体が持つのか?」
「私は大丈夫よ、心配しないで」
「それならいいが…」秀樹の心配をよそに張り切る瑞穂だ。

 夕方、瑞穂は家事を済ますと瑞穂の店で働いていた。
「新入りよ。よく教えてあげて!」
「桜田奈々よ。よろしくね。その前に制服を着ないと。いらっしゃい」
「よろしくお願いします」奈々に連れられて着替え室に入る。

 「これを着るの。それに、あなたはここよ」ロッカーと制服が渡された。
奈々は瑞穂の前で服を脱ぎだし「あなたも着ないと」「すみません」慌てて服を脱いでいく。
服を脱いだ奈々はブラジャーを脱いだ。

 「えっ、ブラも脱ぐんですか?」
「そうよ。だって、下着が見えたら色気ないし」パンティも脱いで、真っ黒な絨毛が露わになっている。
「どう、私のフルヌードは?」
「大きいですね、オッパイが!」
「そうかしら。でも、褒められると嬉しいわね」全裸のまま服を着込んで行く。

 瑞穂も服を脱ぐと、パンティ、ブラジャーと脱いで全裸になるが「あら、ヘアを手入れしているんだ!」奈々に見られた。
「はい。事情がありまして…」恥ずかしそうに制服を着込んでいく。

 「オッパイが見えそう。それに超ミニよ!」胸の部分が楕円にくり抜かれ、乳首こそ見えないが、膨らみが見えている。
「似合うわよ。客はこうするけど、チップになるから我慢するのよ」くり抜かれた穴から手を入れ乳房を掴む。

 「ダメ、いけないわ。女同士よ、いけないわ!」
「勘違いしないで。教えるだけよ、その気はないからね」乳房を揉み、乳首も摘まれた。
「いい、こうされても我慢するのよ」奈々の手が淫裂に手が伸びて「いや、そこはいやです!」慌てて奈々の手を押さえた。

 「我慢するのよ。チップが貰えるから。いい?」
「はい、わかりました。我慢します」
「そうよ、それでいいわ」瑞穂は奈々に淫裂も触られ、店に戻ってきた。

 「あら、可愛いわね。でも、もう少し、オッパイが大きいといいのにね…」美鈴も乳房が気になったが「ママ。でも、ここはいいわよ」裾を持ち上げ「イヤ、見ないで。いやよ!」性器を見られてしまった。

 「ホントだわ。ヘアも剃ってあるし、受けるわよ。早速だけど頼んだわね」奈々は瑞穂を連れて店内を回っていく。
「新しい子を紹介するわね」
「瑞穂です、よろしくお願いします」客の隣に座る。

 「瑞穂か、いい名前だな」座るなり、くり抜かれた穴から手を入れられて、乳房を掴まれた。
(イヤ、お願い触らないで。でも、チップが貰えるなら…)笑顔で触れて、乳首も触っている。

 「ここはどうかな?」足の間から手を入れ(性器を触っている!)俯いてしまった。
だが、客は「!」驚いたのか裾を捲った。
「剃っているのか。オ○ンコが丸見えじゃないか!」(イヤ。そんな大きな声を出すなんて!)真っ赤な顔になっている瑞穂だ。

 「よく剃ったね。いいもんだよ」客は機嫌良く淫裂を撫でていくが「恥ずかしいです、そんな事をされると…」項垂れたままだ。
「瑞穂さん、こっちもお願いよ」瑞穂は次のテーブルに行かされ「いいね、ツルツルオ○ンコが…」無毛の淫裂が客に触られていく。

 11時になると、瑞穂は店を出て自宅に戻って家事をしてから寝た。
そして、朝の8時からは旅館のパートをしている。
そんな掛け持ちが長く続くはずがなく、体の方が持たなくて疲労もたまっている。

 「瑞穂さん、明日からは来なくていいです」仕事中倒れる事が度々あって、旅館の知代から解雇通告を受けてしまった。
「お願いします、働かせてください!」
「あんた、何回そう言った。こんな事じゃ無理よ。体を休めないと…」知代は取り合わない。

 やむなく、スナックで働くだけにしたが、収入減は避けられない。
それでも、6時にはスナックの制服に着替えて客の相手をし「いらっしゃいませ」隣に座って乳房を掴まれていく。
「どう、今夜付き合わない。高く払うよ」
「体は売りたくありません。触るだけです」

 「同じ事だろう。指でこうやられるのと、チンポでやられるのは?」
「指とオチンチンでは全然違います。指なら許せますし…」
「そうか、指までか…」淫裂の中に入れた指で膣壁を撫でて「ん、ん!」目を閉じ、気持ちよさそうな顔の演技をし、客を喜ばせていた。

 瑞穂がスナックで働き初めてから3ヶ月も過ぎると、秀樹はどうにか歩ける迄回復しているが、相変わらずリハビリ代が家計にのしかかっている。
「あなた、気にしないで。私が何とかするから」
「悪いね、お前にこんな思いをさせるなんて…」
「泣かないの、あなた。お母さんだって、泣いていると悲しむわよ」
「そうだよな、母さんも泣き出すよな」秀樹は明るく振る舞っている。

 瑞穂はホステスとして独り立ちして振る舞っていたが、客の伸びが落ち込んでいた。
「何とかしないとね。瑞穂さん、ヌードなんてどうかしら、旅館の時のように…」
「また、ヌードですか?」顔を曇らせた。
「そうよ、それしかないと思うの。みんなはやってくれるわね?」

 「はい。客が来ないと収入になりませんから、オッパイだって出します」他のホステスは承知し(私もやるしかないわ。オッパイを丸出しで…)「わかりました。オッパイだけですからね」力無く言う。

 「やってくれるのね。よかった」美鈴は笑顔になって制服を手渡して「いい、下着は着ないでね。性器をわざと見せるのよ。それにヘアも手入れするのよ、見えるようにね」注意する。
「はい、わかりました」瑞穂達は一斉に着替えていく。

 今までの服を脱ぎ、全裸になると「あなたは、ヘアを剃っているからいいわね。そのままでいいし…」「夫はこの方が喜ぶんです…」真っ赤な嘘を言いながら、渡された制服を着込んだ。

 「あら、大胆なUカットなんだ!」胸を覆う布がなく、乳房が露わになっている。
「あなたの乳首、ピンクでいいわね。私の黒ずんでいるから恥ずかしいわ」
「そんな事ないわ。私より大きいからいいわよ」お互いに乳房を見つめ合っている。

 服を着込むと、瑞穂以外のホステスは絨毛を剃っていく。
「全部はイヤだから、オ○ンコだけにするわ」
「私もそうする。全部は恥ずかしいし、客もオ○ンコを見るだけで喜ぶし…」ホステス達も淫裂を見えるようにヘアを剃ってしまった。

 支度が終わると店に戻り開店した。
客は「おっ、いいね。今度の制服はいいよ!」目を細めて店に入ってくる。
「いらっしゃいませ」ホステスが隣に座るなり、露わになっている乳房を揉みだし、それに乳首まで吸う。

 「ダメ、そんな事されたら行っちゃうわ」わざと足を開き下半身を無防備にし、その無防備な股間にも手が伸びると「そ、剃っているのか?」客は裾を持ち上げて確認した。
「恥ずかしいから見ないで。触るのはいいけど…」顔を背けていく。

 「恥ずかしがるなよ。いいよ、これも!」興奮して淫裂の中に指も入れた。
「いいわ。凄く良いわ、上手ね」お世辞をいいながら乳房と淫裂を触らせ、瑞穂も乳房を揉まれ、乳首も吸われている。
「ん、ん!」鼻から息を出して「ダメ、変になっちゃう。それ以上やられたら変になっちゃうからだめ!」淫裂の中で動く指に、わざと声を上げていた。

 新しい制服は客に評判で、連日、客が押し寄せて大繁盛だ。
当然、お触り代と称するチップの戻しも多くなって、給料日に一緒に支給されるが、かなりの高額だ。
「あら、こんなに一杯あるんだ」
「私もよ、オッパイを丸出しした甲斐が会ったわ」ホステス達は笑顔になっている。

 店の評判が上がるのはいいが、それだけ秀樹に知られる機会が大きくなる事になっている。
「いらっしゃいませ」いつものように客の隣に座った瑞穂は顔が強ばり、客も「も、諸星さん…」それだけ言うと黙ってしまった。

 「お願い。夫には言わないで下さい、大友さん」客は隣に住んでいる大友だ。
「何か、訳があるみたいですね」
「はい、夫のリハビリにはお金が必要ですから…」
「わかりました、黙っています。でも、今日は客としていいでしょう?」
「はい、私もサービスします…」瑞穂は大友の手を掴み乳房に押し当てた。

 「いいんですね?」
「はい、揉んでも。乳首を吸ってもいいです。それから、あそこに指を入れても…」
「こうですね?」大友は瑞穂の乳房を揉みながら、乳首を吸い「ん、ん!」目を閉じて大友のされるがままにさせていく。
「気持ちいいわ、お上手ね。奥さんは幸せね」

 「そんな事ありませんよ。家内はあまり相手をしないんです」乳房を揉んでいた手が股間に伸びて、瑞穂も足を開き迎え入れていく。
「剃っているんですね、オ○ンコの毛を…」淫裂を触った後、裾を持ち上げて食い入るように見ている。

 「夫が剃った方が言うんで…」恥ずかしそうにいつもの台詞を言い「綺麗ですね。内とは全然違いますよ」淫裂を撫でてから指を入れて「あ、あ、あ!」瑞穂も大友の股間を撫でていく。
(やりたいな。必ずオ○ンコをやってやるぞ!)大友は淫裂、乳房を触りながら考え、瑞穂は(隣の大友さんに知られてしまった…)不安を抱きながら「あ、あ、あ!」演技の声を出していた。

 そして、店を出ると瑞穂は、まっすぐ自宅に戻り(もう、帰っている)隣の大友は家に帰っているらしく、酔った声が聞こえる。
「お願い。黙っていてね」通り過ぎながら自分のドアを開けて中に入り「あなた、戻りました」眠っている秀樹に声を掛けてから、眠りについた。

「薄倖の星の下に」第6話 アルバイト

第6話 アルバイト

 「あら、イヤななんだ。だったら帰っていいわ、明日からは来なくていいからね」
「やります。ですから雇って下さい…」
「最初からそう言えばいいのよ。パンティも脱いでね」
「はい。わかりました」俯いたまま瑞穂はパンティも脱いで全裸になった。

 「まずは、これを履くのよ」黒いレザーのパンティを履くと、Vカットなのでヘアがはみ出している。
「恥ずかしいです。ヘアが出ています!」
「いいのよ、その方が色っぽくて」気にする様子などなく(私の気にもなってよ)黙って股間を見つめている。

 その後、同じレザーの紐のようなブラジャーを着けたが、乳房の膨らみを下からベルトが持ち上げている。
更に首輪をして、ガーターベルト、ストッキングと黒ずくめの姿になると(娼婦よ、これじゃ、娼婦だわ!)恥ずかしさで顔が赤く染まっている。

 「言っておくけど、決して怒っちゃダメだからね。相手は酔った客だから我慢するのよ」釘を刺して言い、知代はドアを開け外に出ると瑞穂もその後に続いていく。
一緒に仕事をしていた同僚は「瑞穂さん…」乳房を露わにする瑞穂の姿に声も出せない。

 (見ないで。お願い見ないで!)俯いたまま、黙って乳房を揺らせながら知代の後ろを歩いて行くと、賑やかな声が聞こえ(オッパイを見られてしまう…)体が震えていく。
「いい、お客を拒まないのよ!」また注意してから賑やかな部屋の襖を開けた。

 「今晩わ。お連れしました」その後から瑞穂が入ると「オッパイ丸出しだ!」「ヘアまで出して!」皆が瑞穂を見て声を上げる。
「皆様、この宴会は私に仕切らせて頂きます」知代が言うなり「任せる、早速頼んだよ」酔った客は、瑞穂の胸を触りだす。

 (イヤよ、オッパイを触るなんて!)顔を曇らせ、知代を見ると首を横に振っており(わかりました。やります…)笑顔になって「お注ぎしますよ、はい!」コップを渡してビールを注ぐ。

 「いいね。ここも!」絨毛が引かれた。
「痛いです。ヘアを引っ張るなんて…」
「一本くれよ。オ○ンコの毛を免許証に入れておくと、事故に遭わないそうだ!」
「一本だけですよ!」ヘアが抜かれ「ヒッ!」(ヘアを抜くなんて)客は抜いたヘアを免許証に入れていく。

 「俺にも、オ○ンコの毛をくれ!」
「俺もだ!」客達は次注ぐと瑞穂のヘアを引き抜き「もういいでしょう。それ以上抜かれたらヘアがなくなってしまいます」笑顔でビールを注ぎ、その後も客席を回って注いでいくが「良いね、このオッパイが…」両乳房を揉まれていく。
「そんな事いけません。奥さんのオッパイでして下さい」瑞穂は拒めず、客に乳房を揉まれ続けている。

 宴会は2時間で終わり、次の宴会場に行かなければならない。
客がいなくなったのを確認してから次へと移動して「良いね、そのオッパイが!」次の宴会場でも乳房を掴まれていく。
「ここも良いだろう?」パンティを脱がされそうになった。

 「ダメです。そこは絶対にダメです!」脱がされまいとパンティを押さえている。
「仕方ないな。触るだけなら良いだろう?」
「優しくですよ。それに指で突かないで下さい…」
「わかっているよ。こうだろう?」パンティの上から淫裂を触っていく。

 「どうだい。今夜一晩でいいから俺に抱かれてみないか?」乳首も吸われ「だめです。セックスは嫌いですから」笑顔で答えている。
瑞穂のやっている事は、まるでホステスと代わりがなかったが、それを、どうにかこなしている。

 しかし「あんた、よくやるわね。オッパイを触らせるなんて!」「まるで、風俗嬢じゃないのよ」同僚達は白い目で見ていた。
「仕方ないんです。夫のリハビリにお金がかかるので…」そんな事が通用するわけがなく「それだったら、もっとお金になるソープで働いた方がいいわよ!」皆が瑞穂を軽蔑している。

 それには答えず、黙ったまま歩いて脱いだ部屋に戻ると「う、う、う!」堪えきれず、声を上げて泣き出した。
「イヤよ。ヌードになるなんてイヤよ!」大粒の涙を流しながら叫んだが、生活苦に陥っている今の瑞穂には、拒む事は出来ない。

 翌日も、瑞穂は前と同じく、黒いレザーのパンティ、ガーターベルト、ストッキングと黒ずくめになって宴会場で酌をしており、このトップレスが客に受けて、予約が相次いでいる。

 当然、瑞穂1人では手が回らない。
そこで、知代は若い従業員にトップレスになるように説得したが「イヤです。オッパイを人に見せるくらいなら、ここをやめます!」と言いだす。
まともな女なら、裸を人前に晒すのはイヤなのが当然の事で、瑞穂の場合は生活苦だたかったら応じた。

 「困ったわね…」悩んだ末に、町の飲み屋のホステスを使う事を思いついた。
知代は数件の飲み屋を当たったが断られ、1軒だけが応じてくれ「不況だしね。どうせ、客は少ないし」と承諾して下見に訪れた。

 「あら、あなたは確か?」それは瑞穂を泥棒扱いした女性で、スナックを経営している美鈴だ。
「相変わらず、綺麗なオッパイね。若いと言う事はいいわね」久しぶりに会った恋人のように、美鈴は瑞穂の乳房を揉んでいく。

 「恥ずかしいからやめて下さい。女性にオッパイを触られるなんてイヤです!」顔を背けて言うと「あら、そうかしら。ほら、こんない堅くなっているわよ」膨らんだ乳首を転がすようにしていく。
「やめて下さい!」手を押さえると、やっとやめた。
「とにかく、今日からお願いしたいのよ」
「わかりました。3人派遣しましょう」こうして、4人によるトップレス宴会が始まった。

 だが、他の旅館も知代を真似て、トップレスの宴会サービスをするようになり、次第に予約も減っている。
「まずいわね。このままだと客を取られてしまう。何とかしないと…」知代は考えて「どうせなら素っ裸が良いわ。でも、警察がうるさいから素っ裸は無理だし…」一晩考えたあげく、良い考えが思いついた。

 「そうよ。素っ裸の上に料理を盛ればいいんだ。それなら警察だって、文句は言えないし…」笑顔になる知代だ。
その考えは、翌日瑞穂にも伝えられ「そんなのいやです。性器まで晒すなんてイヤです!」声を上げて泣き出した。

 「やらないと、この店だって危ないのよ。予約も減っているし。やったら時給を1万にするわ」
「お金の問題ではありません。性器を見知らぬ男に見られるんですよ。それがイヤなんです!」
「見られるだけよ。セックスする訳じゃないからいいじゃないの?」(だったら、女将さんが素っ裸になって下さい)黙ったままだ。

 「やらないなら仕方ないわね。あなたは首よ。ホステスさん達は残って貰うけど」
「そんな、私だけ首だなんて。どうやって、生きて行けというんですか?」
「だったら、素っ裸になるのよ。やるわよね?」
それには(やるしかない…。夫には言えないけど…)黙ったまま首を縦に動かす。
「よかった、悪いようにはしないわ。それに時給を1万にするからヘアは剃って。食べ物を扱うから、ヘアがあるといけないし」

 「そんな、ヘアを剃るなんて…」また泣き顔に変わった。
「あなたは、ヘアが入ったのを食べれる?」
「それは…」
「でしょう。だから剃りなさい!」
「わかりました…」そう言うしかない。

 瑞穂はバスタオルを持って浴室に入って「綺麗にしておかないと…」石鹸で体を丁寧に洗い、股間の絨毛を剃っていく。
「恥ずかしいわ。こんな性器を見せるなんて…」絨毛が消えてピンクの淫裂が現れた。
足を開くと、淫裂から肉襞も飛び出ていく。

 「夫がこれを知ったら、何て言うかしら?」瑞穂は残りの絨毛を綺麗に剃り、足を広げると、ピンクの淫裂が生々しい。
お湯で剃った淫裂の中も洗い「汚れた性器は見られたくないし…」女性のたしなみか、指を入れて洗っている。

 「これで、いいわ」淫裂も洗い終えると、バスタオルを体に巻き付け脱いだ服を持って戻ってきた。
「女将さん、絶対に夫には言わないで下さいね」
「わかっているわよ。それよりも脱がないと」
「わかりました」結び目を解き全裸になった。
「若い体は良いわね。私は皺だらけだし」瑞穂の全裸を確認すると廊下に出て「待って下さい!」瑞穂も股間を両手で隠して後を追った。

 それには「キャー。素っ裸だなんて!」「イヤー。フルヌードになっている!」同僚の悲鳴が相次ぐ。
「気にしなくて良いわ。行きましょう」(気にするわよ。私はフルヌードを大勢に見られるのよ!)逃げ出したい気持ちを堪えて歩いていくと「イヤだー。素っ裸よ!」「ホントだわ。恥ずかしくないのかしら?」宿泊客も瑞穂の全裸に驚いている。

 (恥ずかしい…。でも、こうしないと…)黙ったまま、宴会場に入ると「良いね。こんな若い子の素っ裸を見させて貰えるなんて!」瑞穂を取り囲んでしまった。
「お客さん、それではきませんよ。退けて貰わないと…」
「そうだな、早くやってくれ!」瑞穂は用意されたテーブルに腰を下ろし、仰向けに寝ると足を開き両手を退けた。

 客は「オ○ンコだ、オ○ンコが見えるぞ!」「ホントだ、これがオ○ンコなのか!」声を上げて叫び(イヤよ、オ○ンコだなんて。早く性器を隠して…)恥ずかしさで目を閉じていく。

 調理人は用意された食材を瑞穂の全裸に乗せていく。
(性器が先よ、そこは後で良いから)瑞穂に逆らうかのように、乳房に刺身を乗せた。
その後、次々と料理を盛って(イヤ、入れないで。性器に入れないで!)キュウリの千切りが指で広げられた膣穴に入れられられた。

 「卑猥だな。オ○ンコがこんな形をしているなんて!」「ホントだよ。俺、興奮してきたよ!」皆が淫裂を食い入るように見ている。
調理人は最後にワカメを恥丘に乗せて淫裂を隠し(やっと性器が隠れた。でもキュウリが膣に入れられてしまったし…)性器よりも膣に入れられたのが心配だ。

 「終わりました!」調理人は出ていき「それでは宴会を始めます!」幹事の言葉で乾杯が行われると、一斉に瑞穂を取り囲み、箸で次々と取っていく。
「オ○ンコのキュウリは、1人1本にしようよぜ!」
「そうだよな。皆がオ○ンコに入ったのを食べたいしな」股間を覆う食材を先に食べていく。

 ワカメも食べられて、キュウリの入った淫裂が露わになっていく。
「まずは頂だ!」指で肉襞を掴むと広げて(イヤ、性器を触らないで。いやよ!)泣き出したいくらい恥ずかしい。
そして、箸で一本が抜かれると「今度は俺が頂くぞ!」肉襞を掴まれ広げられて抜かれ、瑞穂の淫裂を触っていく。

 宴会が始まって1時間も立つと、もう瑞穂の体を覆う物は何もなくなり(もういいでしょう。もう終わったわよ…)足を開き淫裂を晒しているが、その淫裂も箸で広げられ、それに乳房や乳首も箸で摘まれている。

 やっと女将が「時間ですからお下げします!」口を開くと瑞穂は起きあがり、淫裂を手で覆いながら戻ると「次の準備をして頂戴ね」言われる。
「また、やるのですか?」
「そうよ。体を洗ってくるのよ、急いで!」
「わかりました。洗ってきます」瑞穂は浴室に入り石鹸で淫裂、乳房と洗っていく。

 「膣にまで入れらるなんて、イヤだわ」不満を感じながら浴室で体を洗い終えて戻ろうと歩いていると「イヤだわ。あんなに落ちぶれたくないわね」「そうよ。私はオッパイでさえイヤなのに、性器を出すなんて最低よ!」同僚の仲居達が瑞穂の全裸姿に罵声を浴びせた。
(私だって、好きでこんな事をしている訳じゃないのよ…)泣きたい気分だ。

 「早く急いで!」知代は瑞穂の気持ちなど無視して、宴会場に連れ込み「いいね、素っ裸は!」歓声が上がる中、また仰向けになって足を開いていく。
「見ろよ。これがオ○ンコだぜ!」
「ピンクで綺麗だな。あまり、使っていないオ○ンコだぞ!」

 (性器を見られている…)目を閉じると、先ほどのように淫裂に千切りのキュウリが入れられ「いいね、オ○ンコに入ったのも」客は笑顔で見つめている。
こうして、宴会が始まり、瑞穂の全裸が晒された。

 (早く終わって!)淫裂を箸で広げられ、時間が来るのを待っていると「時間になりましたので、お下げします」瑞穂はやっと解放され、急いで浴室で体を洗い、服を着るとまっすぐ秀樹の元に向かうが、秀樹は寝ていた。

 「あなた、ご免なさい。こうしないと、あなたのリハビリ代が出ないんです」呟くように言うと、それに反応したかのように、秀樹の腕が一瞬動いたが、瑞穂は見逃しグッスリと寝込んだ。

「薄倖の星の下に」第5話 盗みの疑い

第5話 盗みの疑い

 数ヶ月後、秀樹と瑞穂は田舎の町に新居を構えていた。
夫婦としての住民登録も済ませ「あなた、ごはんできたわよ!」瑞穂は養父を「あなた」と呼んでいる。
「瑞穂、欲しいよ。いいだろう?」起こしに来た瑞穂の手を掴んだ。

 「だって、昨日したばかりよ。あなたは平気なの?」
「大丈夫だよ。瑞穂がいる限りがんばるよ」
「だめ、だめよ!」瑞穂は布団の中に引き込まれ「わかったわ、軽くよ。昨日やったから痛いかも知れないし…」自らスカートを引き下げていく。

 「オッパイは俺にやらせてくれ」秀樹は瑞穂のシャツを捲り上げ「綺麗だよ、瑞穂」乳房を露わにすると「あなた、こそ元気で良いわよ」パンティを脱いで秀樹の勃起した肉竿を撫でていく。

 「いくよ!」覆い被さった秀樹は乳房を掴んで、腰を振りだし「いいわ。あなた、感じる!」
「早くできればいいのにね」
「私もあなたの子が産みたい…」体を開いて肉竿を迎え入れ「あ、あ、あ!」体が反っていく。

 秀樹は腰の動きを早めて登りつめ「暖かい。あなたのが暖かい!」射精を終えた秀樹を抱きしめていく。
「よかったよ、瑞穂…」
「私もよかった…」暫く抱き合ってから、布団から出た。

 そんな生活が数年続き、2人はいつものように朝食を済ますと家を出て行く。
瑞穂は旅館のパートとして働き、秀樹は運転手として働いている。
「あなた、気を付けてね」
「わかっているよ」秀樹は瑞穂を旅館まで送り届けると、勤務先に向かう。

 瑞穂は「いつも仲がいいのね。親子みたいな夫婦なのに…」同僚にからかわれながらも仕事をし、客の布団を畳んでいく。
「おはようございます、お布団を片づけます」挨拶しながら布団をかたづけていく。
それが済むと、お客を見送り、部屋の掃除を始めた。
「ふー。楽じゃないわね」きつい仕事だが、幸せを味わいながら仕事をしている。

 瑞穂の仕事は3時前で終わり、後は自宅でくつろいでいると「プルプルプル!」電話が鳴った。
「もしもし、諸星ですが?」それは警察からで「えっ、事故をおこしたんですね。怪我の具合はどうなんですか…。はい、わかりました。これより伺います」瑞穂は急いで秀樹が運ばれた病院に向かった。

 「諸星です。主人の具合はどうでしょうか?」
「重傷です。直っても後遺症が残るでしょう」酸素マスクを付けた秀樹を見ながら医師が言う。
「命には、別状はないんですね?」
「はい、命にはかかわりませんが…」それだけしか言わない。
「よかった、安心したわ」ホッとする瑞穂だが、秀樹が致命的損傷を受けていたのを知らされてない。

 瑞穂は秀樹の介護をしながらパートを続けている。
入院費は保険でまかなわれるが、全額出るわけではなく蓄えを使っており、収入が途絶えて蓄えも徐々に減っていった。
「大変ね。旦那さんが…」
「でも、何となりますから」それでも瑞穂は笑顔で仕事をしている。

 「おはようございます、お布団をかたづけます」いつものように客に挨拶してから布団を畳んでいく。
布団を片付け終わり、従業員室に戻ると知代から呼び指された。

 「来て、瑞穂さん!」知代は何も言わず、瑞穂の手を引いて客室に連れて行き「この人よ、間違いないわ。あたが盗ったんでしょう?」客が指差す。
「盗ったって、なにをですか?」
「指輪よ、ダイヤが付いた指輪よ、100万はするのよ」

 「盗っていません。そんな事していません!」
「嘘おっしゃい。調べればわかるのよ」
「調べてください。本当に盗ってなんかいませんから」
「女将さん、どうしますか。この人こんな事言ってるわよ」

 「わかりました。旅館のメンツもありますから調べます。瑞穂さん、服を脱いで裸になりなさい!」
「イヤ、ヌードなんてイヤです!」首を振って拒む瑞穂に「やっぱり盗ったのね。だから服を脱ぎたくないのでしょう?」執拗に言う。

 「盗っていません。本当です」泣きながら言うと「だったら裸になって、無実を証明しなさい!」女将の知代も強い口調だ。
(脱ぐしかないわ、裸になって無実を晴らさないと…)「わかりました。裸になります!」覚悟を決めた瑞穂は、知代と客が見守る中で帯を解いていく。

 「よく調べてください」解き終えた帯を客に手渡すと「調べるわ」客は帯を触り、調べてから「ここじゃないわ、服に隠したんでしょう、早く脱ぎなさいよ」なおも言い(酷いわ。盗人扱いなんて…)紐を解くと服が開き「これも調べてください」紐も渡して調べさせた。
「ないわ、次よ!」服も脱いで襦袢姿になってしまった。

 「ないわ。次よ!」真っ白な襦袢も脱いで下着姿になった。
「ないわね。どこに隠したのよ、言いなさいよ!」
「信じてください。盗っていませんから」
「じゃ、勝手に指輪が歩いていったとでも言うの。素っ裸よ、その中に隠したんでしょう!」あくまでも瑞穂を疑っている。

 「脱ぎなさい、素っ裸になって証明しなさい!」知代も強い口調で「そんな、素っ裸だなんて!」顔が強ばった。
「やらないと言う事は、盗んだと認めるのね?」
「盗んでいません、見てください!」泣き顔の瑞穂はパンティを掴み、引き下げていく。

 恥丘が露わになり、膝まで引き下げて背中を丸め、片足ずつ上げてパンティから抜いて「確かめてください!」下半身を覆う物は何もなく、真っ黒な絨毛に覆われた股間が露わになっている。
(恥ずかしい、こんな姿になるなんて!)温もりのあるパンティを客に手渡した。

 「ないわ、ブラに隠したんでしょう」
「そんな事してません!」ブラジャーも脱いで全裸になると「ないわ。もしかして?」客は「足を広げて!」(ま、まさか膣の中を調べというの?)怯えながら足を開いた。
「動かないでよ!」予想した通りに膣の中に指が入って(やめて、膣には何も入っていないわよ!)唇を噛み目を閉じ、その目から涙がポロポロと落ちていく。

 「ないわね、どこに隠したのよ、言いなさい!」今度は両乳房を鷲づかみして爪を立てた。
「ヒー、盗っていません。信じてください!」瑞穂は顔を歪めている。
「どこに隠したのよ、言いなさい!」ヒステリックになったお客は、更に指に力を入れ「ヒー!」悲鳴を上げる瑞穂だ。

 「お客様、冷静になって下さい。指輪を外した事はありませんか?」
「外した事…。お風呂にはいる時だけよ。その時は外したわ」
「それを、どこに置きましたか?」
「洗面台よ。その後、確かテーブルに置いたはずよ」
「調べてみましょう、洗面台を!」知代とお客は洗面台を調べた。

 「あら、こんなとこにあったわ。よかったわ、ご免ね、疑って!」
「それより、指輪があってよかったですね」
「悪い事したわね。もう服を着ていいわよ」お客と知代が見ている前でパンティを履いていく。

 「それにしても良いからだわ。勿体ないわね」お尻や乳房を撫でるが(触らないでよ。あんな事までして!)黙ったままブラジャーも着け、襦袢も着ていく。
そして、服を着て元に戻った。
「もう、いいでしょうか?」
「いいわよ。戻っても」瑞穂が部屋から出ようとすると「待って、これお詫びよ」客は10万程の札を手渡そうとし「要りません。そんなの貰えません!」瑞穂は拒んだ。

 「そうは行かないわ。あなたを素っ裸にしたんだから受け取って!」無理に手渡そうとし「受け取ったら。あなただって、旦那さんが入院しているから物入りだし」知代は受け取るように言う。
「でも、そんな大金を…」
「私からのお見舞いよ、それなら良いでしょう」客は襟に押し込んでしまった。

 「わかりました、頂きます」瑞穂は戻るなり、悔し泣きしている。
「何かあったの?」
「疑われたのよ。泥棒したって!」泣きながら言うと「そうなんだ…」同僚達は気の毒そうに言うが、ただ傍観しているだけだ。

 そこに「瑞穂さん、いつまで泣いているのよ、仕事があるでしょう!」知代が現れ「申し訳ありません」涙を手で拭いて仕事を始めて、仕事が終わるといつものように秀樹の世話をしていく。

 「あなた、元気でいた?」
「ああ、元気だよ」力無く言う秀樹に「早くよくなってね。で、ないと私寂しいし…」話し掛ける。
「わかっているよ、必ず直るよ」不自由な腕を動かそうとして「まだ無理よ、じっくり直さないとね」手を握り励ましている。

 その甲斐あって3ヶ月後に退院したが、秀樹は歩けず、車いすに乗ったままの生活をしなければならない。
リハビリにも金がかかり、収入が途絶えた今は、生活苦に陥っている。

 「瑞穂。ご免よ、俺のせいで…」
「何言っているの、夫婦でしょう。それより、体を洗わないと」秀樹の体を綺麗に洗って行くと、瑞穂の手が股間を触った。
「欲しいよ、瑞穂!」手が動かないのに、瑞穂に触られた肉竿が一気に膨らんでいる。

 「あなた、久しぶりにしましょうか。私も欲しいし…」瑞穂は秀樹の体を洗い終えると、ベッドに寝かせ、その後、服を脱いで全裸になると馬乗りになった。
「行くわよ。あなた」肉竿を掴み、淫裂に導き「久しぶりで良いわ、あなた…」肩を押さえて腰を振っていく。

 「いいよ、瑞穂!」
「私もいいわ。あなたのがいいの」淫裂からは乳白色の蜜が流れ出ている。
「うー!」「あなた、出したのね、わかるわよ」乳房を秀樹の胸に押しつけ、結合したまま唇を合わせた。

 そんな生活をしていたある日、帰ろうとする瑞穂に女将の知代から「アルバイトしてみない?」と声を掛けられた。
「したいのですが、ありますか?」
「あるのよ、瑞穂さんなら、お似合いの仕事が…」
「どんな仕事でしょう?」

 「簡単よ。ちょっと、裸になるだけで良いの」
「イヤです、ヌードになるなってイヤです!」
「アルバイト代は弾むわ、1時間7千円払うわよ、パートの10倍よ」
「それでもイヤです。ヌードになるなんて、夫を裏切るようなものです!」

 「ヌードだけよ。体を売る訳じゃないから良いでしょう?」
「ヌードは、絶対にイヤです!」あくまでも拒む瑞穂に「いいわ、ここまで言っても聞かないなら、やめて貰う!」言い出す。

 「それは許して下さい。真面目に働いて来ましたし…」
「そんなの関係ないわ。内だって大変なのよ、ヌードで客寄せしようと考えていたのに…」暫く沈黙が続いた。

 「とにかく、明日からは来なくていいからね」
「ここに置いて下さい。女将さん、置いて下さい!」
「だから、裸になるなら雇うと、言っているでしょう!」あくまでも瑞穂を裸にさせる気だ。

 「わかりました、ヌードになります。でも胸だけにして下さい…」瑞穂が泣きながら言うと「やってくれるのね。嬉しいわ。これで客寄せになるし」笑顔の知代だ。
「それから、この事は夫に言わないで下さい」
「わかっているわよ。勤務時間は6時から10時迄でいいわよ」

 「わかりました。やってみます」ヌードになるのを決めた瑞穂は、夫の元に戻って説明した。
「あなた、明日からは夜のパートにしたわ。宴会の世話係なの」
「大丈夫かい。体は?」
「10時迄でいいって言うし。それにお金も5割り増しになるの」
「すまないね、俺がこんな体になったばかりに」泣きそうな顔をする秀樹に「何言っているのよ、私達は夫婦よ。泣かないのよ、あなた!」優しく口づけをするが(ご免なさい。これからは人前でヌードになる事になったの。許して…)秀樹には言わない。

 翌日、瑞穂は夕方に家を出た。
「今日からは、オッパイを晒さなければいけないんだ…」不安を抱えながら旅館に入ると「待っていたわよ、早速お願いするわ。とにかく着替えないと」知代は瑞穂を連れて部屋に入った。

 「早く脱いで!」言われた通りにシャツ、スカートを脱ぎ、そして、ブラジャーも脱ぐと「良いわね、こんな綺麗だもの」乳房を見ながら服を渡した。
瑞穂は渡された服を見て「イヤです、これならやりません!」泣き出してしまった。
渡された服は黒いレザーの服だ。


「薄倖の星の下に」第4話 狙われた瑞穂

第4話 狙われた瑞穂

 淫裂の中を綺麗に拭き終えた頃、皆が戻ってきた。
三田も何食わぬ顔で秋子と一緒で「1人で大丈夫だった。レイプされたら責任取らなければいけないしね」秋子は瑞穂を見ながら言う。

 「大丈夫よ。こんな小娘なんか相手にしないわよ」
「そうかな。男はオッパイとオ○ンコを見ると、やりたくなるんだぞ。俺だってやるかもな」瑞穂を犯した三田が言い「あなたにはそんなこと出来ないわよ、私がいる限りはね」秋子も言う。

 「なんだ、三田はもう尻に敷かれているのか?」中畑の声に笑い声が響き(勝手なこと言って。私をレイプしておきながら…)項垂れたままの瑞穂だ。
そんなことを知らない同僚達は、車に乗り込むと別な場所に向かって行く。

 今度は郊外の閑静な場所に来て「いくぞ。諸星はどうする?」「行きます、私も行きます!」(車にいたら、またレイプされてしまう…)股間を手で押さえて外に出た。
(ここなら人もいないし)一行は閑静な森林を歩いて行く。

 「ねえ、せっかくだから記念写真を撮りましょうよ」「いいね。撮ろう!」同僚の言葉に瑞穂の顔が強ばり(イヤ。ヌードと同じよ、写真はイヤです!)列に並ぼうとしない。
すると「瑞穂、入りなさい!」秋子が強引に並ばせると「どうせなら、ヌードになったら?」言い出す。

 「イヤ、ヌードはイヤ。それで脅迫する気でしょう?」
「バカね、そんな事したら警察行きよ。そんな事しないから、服を脱ぎなさいよ!」
「いや、やめてー!」拒んでも、乱暴に服が脱がされた。
「やめて、お願いやめて!」瑞穂を真ん中にして皆が並ぶが、手を押さえられ、乳房と淫裂を露わにしたままだ。
顔を背けると正面を向かされて「う、う、う!」カメラを見ながら泣いている。

 「ほら、泣かないの。そうだ、オッパイを掴んでいるのも撮ろうよ!」
「俺がやるよ、オッパイは!」乳房を後ろから持ち上げられ「オ○ンコも広げよう!」「いや、それはいやー!」皆が酔っているから勢いが止まらず、乳房を掴まれ淫裂を広げられたまま、数枚撮られた。

 「今度は、向こうに行こうぜ!」皆が歩いていくが瑞穂は全裸のままで「お願い。服を着させてください!」両手で胸と股間を押さえながら後を付いていく。
「あら、いい眺めね。瑞穂、1人で撮って貰いなさいよ」秋子は命令調で「そうよ、それがいいわね。撮って貰いなさいよ!」美保も口調が変わっていた。

 (やらないと、何をされるかわからないし…)恥ずかしそうに、胸と股間を隠してポーズを取っていく。
「ダメ、手を退けなさい。堂々とオッパイとオ○ンコを出すのよ!」2人に言われれば逆らえず(撮らないで、お願い撮らないで!)泣きそうな顔をして乳房と淫裂を晒した姿がカメラに収まっていく。

 「俺と一緒に撮らないか?」課長の中畑が後ろに立って、両手で乳房を掴んだ。
「そ、そんなー!」乳房を掴んだ手を押さえると「瑞穂、課長の言う通りにしなさいよ!」秋子に怒鳴られ(イヤ、こんなのイヤ。もう帰りたい…)乳房を掴まれた姿も写真に撮られていく。

 「俺とも撮ろうぜ」男性社員達は次々と乳房を揉み「面白そうね。私もやらないと」女性社員達も瑞穂の乳房を掴んだ姿を撮られた。
それには(いや。こんなの、いや!)うっすらと涙が流れ、写真が済むと散歩をしてから旅館に直行した。

 旅館に着くと早速風呂に入って体を洗っていく。
「瑞穂、少し伸びたわよ。剃ってあげるわ」
「剃らないで。お願いですからこのままにして下さい」
「そうは行かないわ、剃りなさい!」
「イヤ、やめて!」瑞穂の手が押さえられ「動かないのよ」秋子の手で数ミリに伸びた絨毛は、あっけなく消し去られ「酷い、酷いです!」泣き出している。
「落とし前よ。それに遅れた罰よ。何でもするって約束したはずよ!」
「でも、ヘアを剃られるのはイヤです!」綺麗にヘアが消えた淫裂を手で覆っている。

 「ダメよ、ヘアを綺麗に剃るの。わかったわね」また乳房を鷲づかみされ「ヒー。わかりました…毎日手入れします…」顔を歪めて言う。
「そうよ。そうすればこんな事はしないのよ」鷲づかみした手で、乳首を転がすように摘み「ん、ん、ん!」目を閉じて鼻から息が抜けた。

 「あら、感じるんだ。こんな小娘でも!」浴槽で見ていた同僚が声を掛けた。
「そうみたいよ。あっちの方は発育充分みたいね」
(バカにしないでよ。あんただって、オッパイをやられたらそうなるわよ!)秋子のAカップの乳房を見つめた。

 瞬間「何見ているのよ。小さいからってバカにしているんでしょう?」秋子の顔が強ばった。
「ち、違います。秋子さんの乳首がピンクで綺麗だなと思って、それに形が良いから…」真っ赤な嘘を言う。
「そうなんだ。だったらオッパイ、触って良いわよ」

 「触らせて貰います」(こんな事したくないけど…)瑞穂は秋子の両乳房を揉んでいく。
「あなた上手ね。毎晩オナニーしているんでしょう。だから大きくなったんだわ」
「毎晩はしてません。たまにです…」真っ赤な顔になってしまった。

 「嘘付いてもわかるわよ、こんなに気持ちよくなるんだから間違いないわ」潤んだ顔をしている。
「もういいでしょうか、背中をお洗いしますから…」
「悪いわね、洗ってくれるなんて」瑞穂は機嫌を取るために秋子の背中を洗った。

 体を洗い終えると、皆が浴室から上がっていく。
「瑞穂、下着は無しよ。直に浴衣だからね」
「わかりました。直に着ます」手に持ったパンティを戻し、浴衣に袖を通していく。
「素っ裸よりはましでしょう?」
「はい、この方がいいです」浴衣を帯で留め、同僚と一緒に部屋に戻って来た。

 部屋に入るなり「もうすぐ宴会だよ、遅れるなよ」声が掛けられ「わかった。今行くわよ」着替えを置くと宴会場へと向かう。
同僚達は座っていくが「はい、主役はここよ!」課長の隣に座らされ「皆さん揃いましたから、これから諸星瑞穂さんの歓迎会を行います」乾杯が行われて宴会が始まった。

 瑞穂は飲み慣れないビールを同僚から注がれ、無理に飲むから酔いも回っている。
「それでは、主役のご挨拶です」瑞穂は立ち上がって話そうとした。
「待って。どうせだったら、好きな素っ裸で挨拶して貰いましょうよ!」
「そうだ、それがいい!」拍手で裸になるよう催促され「イヤ、そんなのいやです!」拒んだが「約束したわね、何でも聞くって。それともレイプされたい?」ニヤニヤする秋子だ。

 「わ、わかりました。裸になります…」帯を解き、浴衣を脱いでいく。
「良いね、瑞穂はヌードが似合うよ」浴衣を脱ぎ、全裸で立っている瑞穂だ。
「瑞穂、挨拶できるの。出来ないと思って書いて置いたわよ」秋子はメモを渡し「ありがとうございます」受け取ると、それを読みだす。

 「本日は私のために歓迎会をして頂きありがとうございます…」長々と挨拶していき、最後に「この宴会で、私は皆様の苦労に報いりたいと思います…」
「で、どんなことをするんだい?」
「決まっているわよ。この子はあれが好きなんだって。みんなで見ましょうよ!」
「ほら、やりなさいよ。毎晩やっているのを!」美保と秋子はオナニーをするように言い(出来ない。そんなの出来ない!)瑞穂は顔を左右に振っている。

 「やらないなら、レイプさせるわよ」
「いや、レイプはイヤです。やりますから見てください!」宴会場の舞台に腰を下ろし、指で乳房と淫裂を触っていく。
「いいね、それも。記念だから撮ろうね」
(撮らないで、いやー!)唇を噛みながら、乳首を摘み、クリトリスを撫でていく。

 それを見ていた中畑は「秋子君。俺、オ○ンコしたくなったよ。あいつとやらせて貰えないかね?」
「課長も好きね。三田さんと私の昇給に手心するなら、やらせて上げるわ。きっと気持ちいいわよ」
「約束するよ」2人は膣の中に指を入れている瑞穂を見ながら勝手に約束した。

 そんな事とは知らず、瑞穂は「あ、あ、あ!」声を上げながらオナニーをしていく。
嫌々だったが次第に快感を感じ、汁で膣も潤い、酔いも回って頭はフラフになり「だめ、もうだめです!」酔いで仰向けになってしまった。

 「仕方ないわね。課長、手伝って!」浴衣を着せてから、秋子と中畑は瑞穂を抱えながら部屋に連れて行き、部屋に入ると「よいしょっと!」浴衣を脱がせ、布団に寝かせた。
「課長、やっていいわよ。やりたいんでしょう?」瑞穂の足を広げ、パックリ割れた淫裂を露わにする。

 「やるよ。こんな機会は滅多にないし…」急いで浴衣を脱いで全裸になり、瑞穂に被さると肉竿を淫裂に押し込んでいく。
「うっ!」入った瞬間、瑞穂の呻き声がしたが、中畑はさらに押し込み「締まりがいいぞ。このオ○ンコは!」興奮しながら腰を振り、乳房を揉んでいく。

 「こんなに気持ちいいんだ。中に出したいな…」 
「出してもいいわよ。こんな事だろうと薬も用意してあるの。失敗した時の薬をね」
「それなら安心だ。思いっきりやるぞ!」腰の動きを早めていくと「う、う、う!」瑞穂も次第に意識が戻ってきた。

 (でる、でるー!)中畑は絶頂を迎えて噴射を行った。
「ふー。すっきりしたよ」脱いだ下着、浴衣を着込んで秋子と一緒に宴会場に向かうと、残された瑞穂も酔いが醒めて「痛い、膣が痛い!」触った瞬間にネバネバしたのを感じている。
(もしかして?)酔いが一気に醒め「レイプされた…。知らない間にレイプされた…」また、涙が流れていく。

 「とにかく、洗わないと…」淫裂から流れる液体をティッシュで拭き、浴衣を着込むと浴室に向かい、浴衣を脱ぎ、浴槽で淫裂を丁寧に洗いだす。
「誰よ、誰がレイプしたのよ…」犯した相手に不安を感じながら洗うが、秋子と中畑は何食わぬ顔をして宴会場で飲み続けている。

 体を洗い終え、風呂から上がってくると、宴会が終わり、同僚が部屋から戻ってきた。
「あら、起きたんだ!」
「はい、眠ってしまいまして…」(言えないわ、誰かにレイプされたなんて!)項垂れたまま返事した。

 「そう、今夜はゆっくり休んだ方がいいわよ、そうだ、これを飲んでおいた方がいいわ。酔い覚ましよ」妊娠防止のホルモン剤を渡し「ありがとうございます」(避妊薬だ。これと同じのを飲んだし…)受け取って水と一緒に飲み込むと(これで、妊娠はしないわ。これからが楽しみだわ)秋子は知らない振りして布団に入って行く。
(秋子さんが関係しているんだ。でもレイプしたのは誰よ?)不安を抱え、なかなか眠れない。

 翌朝、朝食を済ますと車に乗り込んでいく。
走り出してから「脱ぐのよ。瑞穂はヌードが似合うから」また言われる。
「許して下さい。秋子さん、お願いですから服を着させて下さい」土下座すると「いいわよ。その代わり、いい事してあげて」

 「いい事って、何ですか?」
「男性に奉仕よ。お口でね!」
「それをすればいいのですね?」
「そうよ、バスの中でやるのよ」
「わかりました。やりますから服を着させて下さい」
こうして、バスの中で瑞穂の奉仕が始まった。

 「まずは課長さんからよ」ファスナーを引き下げ、肉竿を取りだして口で含んでいく。
「オッパイを触らせてくれ!」
(イヤ、オッパイは触らないでよ)首から手を入れられ、乳房を掴まれた。

 「フグ、フグ!」頭を前後に振っていくと「気持ちいい。出したくなった…」乳房を揉みながら登りつめ「うーう!」首を振るが、口の中には不快感が漂い「オエー!」ハンカチに吐き出す。
「今度は俺だぞ!」次々に口で処理して「いいなあ、俺もやって欲しいな」三田が言うと「三田君は秋子さんがいるでしょう。今夜はたっぷり濡れるんでしょう?」冷やかされる。
「そんな濡れるだなんて。恥ずかしいわよ、美保!」照れる秋子だが(何言っているのよ。レイプされたのよ、あの人に…)黙っている瑞穂だ。

 マイクロバスは4時前に駅に着き、駅で解散して瑞穂は家に戻ってきた。
「お父さんお土産よ」
「寂しかったよ、瑞穂」
「待って、その前にお風呂に…」瑞穂の唇が塞がれる。
(ダメ。お父さん、もうだめよ)シャツが脱がされ「瑞穂!」ブラジャーも捲り上げられ、乳房を掴むと乳首を吸いだす。

 「いけないわ。お父さん、いけない事よ!」同じ言葉を繰り返しう言う。
「欲しいんだ。瑞穂が欲しい!」スカートが脱がされ「わかったわ。寝室でしましょう、お父さん」瑞穂は秀樹に抱きかかえられて、寝室に運ばれた。

 「お父さん、痛かったらやめてね」秀子の服を脱がし、全裸になった2人がベッドの上で抱き合う。
「瑞穂!」「あ、あ、あ!」(お母さん、ご免なさい。お父さんが可愛そうだから仕方ないのよ。許して!)養母に詫びながら悶え声を上げ続けた。

 翌朝、秀樹は瑞穂に結婚届を差し出した。
「お父さん、本気なの?」
「本気だよ、養子縁組を解消して妻にするからね。家庭裁判所にもだすんだ!」
「待って。そんな事したら、私もお父さんも会社に居られないわよ」

 「一緒に暮らすのが、いやかい?」
「違うの。世間の目が変わってしまうわ。親子から夫婦に変わるのよ」
「養子だから関係ないよ。世間の白い目は無視するさ」
「それは、暫く考えてからにして」
「わかった。暫く猶予するよ」2人は唇を重ね合って家を出た。

 いつものように、駅から電車に乗って会社に行くと皆がパソコンを見ていた。
「良いね、瑞穂のオッパイが…」
「いやいや。オ○ンコも良いよ」男性社員達はモニターを見ており、それを見て「イヤ。消して、お願い消して下さい!」泣き出した。

 「せっかく撮ったんだ。ほら、見て見ろよ!」今度はフェラしている画面に変わり「いや。もう、こんな会社いや~!」会社から飛び出すと走りだした。

 瑞穂は会社から飛び出し「これから、どうしたらいいのかしら?」考えながら歩いている。
「そうだわ。お父さんと一緒にこんな町から出てって、新しい生活を始めた方がいいかも…」そう決めると早速、秀樹に電話を掛けた。

 「お父さん、話しがあるの。今日は早く帰ってきて。大事な話があるの」
「わかった。半日で帰るよ」
「必ずよ、約束してね」電話を切ると、瑞穂は家に戻って家事をしていく。

 「ただいま!」「お帰りなさい」出迎える瑞穂に「話しって、どんなことかな?」
「お父さん、この町から出て行きましょう。新しい生活をしたいの」
「結婚もいいんだね?」
「お父さんが望むならいいけど…」

 「勿論いいよ。俺も会社からリストラされそうだしな」
「よかった。明日会社に辞表をだしてくるわ」
「俺も退職金の割り増しでやめるよ。どうせなら、誰も知らない所がいいな」2人はこれからの事を話し合い、翌日、2人はそれぞれの会社に辞表を出し、家も売りに出した。

「薄倖の星の下に」第3話 虐めの始まり

第3話 虐めの始まり

 翌日、瑞穂は母親の下着を調べ「これなら着れる。それにこれも…」サイズの合ったパンティとブラジャーだけを選んでいると「いいよ、瑞穂!」「ダメ。夫婦ごっこは終わりよ」乳房を触られた。

 「そうだったよな。子供が出来たら責任取るから、堕胎はさせるなよ」
「わかっている。出来たら親子でなく夫婦だよね」避妊薬を飲んでいるとは秀樹には言えず、総レースのパンティとブラジャーを選んだ。
「それ、いいよ。確かガーターベルトとストキングがセットのはずだったが…」
「そんなの着けたら娼婦よ。恥ずかしいからこれだけで良いわ」パンティとブラジャーを着けていく。

 「ピッタリだわ。それに、オッパイが大きくなったみたい!」総レースの隙間からは乳首が見え、その上にブラウスを着込んでスーツを着ていく。
「行こうか、瑞穂」「はい、お父さん」腕を組んで家から出たが、親子と言うより夫婦といった感じがする。

 電車に乗って会社に着くと、また秋子の嫌がらせが始まった。
「おはようございます」挨拶をして事務服に着替えると「あら、早速に色っぽいのを着てきたわね」見つめられた。
「はい。昨日言われましたから…」
「下はどうなのよ。見せなさい!」スカートを強引に引き下げた。

 「いや、いやです!」
「美保、手伝って。下も確認しようよ」美保も加わりスカートが引き下げられ、総レースのパンティとブラジャーだけにされた。
「あら、小娘のくせに性器を丸出しにするなんて10年早いわよ。それを脱ぎなさいよ!」

 「許して下さい。これを脱いだらフルヌードになってしまいます!」
「上から服を着るでしょう。あんたバカじゃないの?」
「ですが…」
「やるの、やらないの。どっちなのよ!」美保も強い口調に変わり「わかりました。やります…」背中に両手を回し、ホックを外すとレースのカップから乳房が飛び出ていく。

 「あら、大きいわね。サイズはいくらなのよ?」両乳房が鷲づかみされ「83のBカップです…」途切れ途切れに言う。
「Bだなんて。私なんかAなのに。10年早いわよ!」乳房を握りしめて「ゆ、ゆる、して、…」顔を歪める瑞穂の乳房に秋子の爪が食い込んでいる。
「まあ、いいか。これ以上大きくなったら、もっとするからね」
「はい、大きくなりません…」痛みに泣きながらパンティも脱いで全裸になった。

 「そうだわ。どうせだから、そのスッポンポンを男に見て貰いましょうよ」
「イヤ。それは絶対イヤです!」泣きながら両手で乳房と股間を覆って屈み込んだ。
「面白いわね、やるのよ」
「いや、やりません!」首を振って拒むと「あら、逆らう気ね。だったらいいわ、これを持って行っていくわ」瑞穂の着ていた下着、服の全てを美保が持って出て行く。

 「これも要らないわね?」
「イヤ、返して下さい、いや!」瑞穂が着ようとした制服の全てを更衣室から持ち出し「う、う、う!」股間と乳房を手で押さえながら蹲ったままだ。
やがて、始業を始めるチャイムが鳴り「どうすればいのよ、フルヌードなのに…」瑞穂に良い考えなど浮かばず、チャイムが鳴ってから5分も過ぎた。

 「瑞穂、ミーティングよ。来なさい!」
「いけませんヌードです、服を返して下さい…」
「服なら、向こうに置いたから早く来なさいよ」(行くしかないわ)覚悟を決めて更衣室から出ると社員が見つめている。

 「イヤ、見ないでいやです!」慌てて戻ろうとしたが、美保はドアを閉め、鍵を掛けたから戻れず「う、う、う!」泣き崩れて行くが、社員は並んで平然と見ている。
「しっかりしなさいよ。瑞穂がヌードになりたいと言うもんで…」(言ってない、そんなこと言ってない!)首を振った。

 「それなら、喜んで見てやる。直立だ!」(イヤ、できない。そんなのできない…)顔が震えている。
「ほら、早く見て貰いなさいよ。時間が勿体ないし」そう言ってから「やらないなら服は返さないからね。今日一日素っ裸よ」と小さな声で脅す。
(やるしかない。恥ずかしいけどやるしかない…)社員が居並ぶ前で瑞穂は立ち上がり、手を下げ直立していく。

 「おう。ヘアを剃って、オ○ンコマまで見せてくれるのかよ!」
「イヤだ、女性の恥よ。性器のヘアを剃るなんて…」
「そうよ、オッパイだけな許せるけど、そんな変態の真似事までして!」
「真似事じゃないわ、変態よ。素っ裸になるなんてね」女子社員は罵声を上げていく。

 「いいじゃないか。オッパイが可愛いし、それにオ○ンコも感度良さそうだしね」
「そうだよ。その内、やらせてくれるかもな」
「不潔よ、男って!」そう言いながら瑞穂の乳房と淫裂を食い入るように見ている。

 「諸星君、どうせなら、今日一日それで居たらどうかね。若い子のヌードは目の保養になるし」
「仕事が出来ません。ですから、今だけです…」項垂れて言うと「だったら、下着だけでも良いんだが…」課長はあくまでも瑞穂のヌードを見たがっている。

 「課長、今度の旅行ではもっとヌードになるそうです。それでいいでしょう?」
「いいよ、それでも。今度の土日だったよね?」
「そうです。楽しみにしてくださいね」
それを聞いて(行かないわ、私絶対に行かないからね…)顔を震わす瑞穂だ。

 「ほら着なさいよ!」秋子から服が投げかけられ、それを恥じらうことなく拾い着ていく。
「いいね、総レースだなんて。乳首が見えて、いいよ」
「フン、小娘のくせに生意気なやつね」パンティ、ブラジャーと下着を着込んでから制服を着込んでいく。

 やっと着込んでから、中畑の訓辞が行われ、仕事が始まった。
「はい、これよ!」今まで話しかけてきた先輩は、冷たく言いながら書類を投げ「わかりました…」唇を噛んでやっと言えた。
(もう、仲間と見てくれない…。仲間外れにされたんだ…)涙を流しながら書類を調べていく。

  そして、いよいよ旅行の日が来た。
「いい、あんたの歓迎会よ。来なかったらもう口を効かないからね」事前にそう言われていたので拒めない。
「お父さん、行ってきます」不安な顔をしながら言うと「お父さんか。あなたと言って欲しいな」昨夜抱き合ったので、名残が残っている秀樹だ。

 (そうだったわ。お父さんは、私をお母さんと思っているんだった!)「ごめんなさい、あなた、行ってきます」唇を合わせてから家から出て行くと「気を付けるんだよ」玄関から見送る秀樹だ。

 瑞穂は電車に乗って、集合場所に向かうと「遅いわよ、もう揃っているのよ」怒鳴られる。
「でも、出発前のはずですが?」
「何言っているのよ、もう30分過ぎよ」
「そんな、出発時間前のはずですが?」

 「何聞いていたのよ。1時間早くなったって、言ったでしょう?」美保が言い(そんなの聞いていないわ。私を騙したのね!)瑞穂の顔色が強ばっていく。
「とにかく乗れよ。ほら!」瑞穂が乗り込むと総勢10人のマイクロバスが走り出した。

 バスは高速に入って、東京を縦断し、北へ、北へと向かって走って行く。
「諸星、遅れてきたんだ。秋子に詫びを入れろよ」秋子と仲のいい三田が言い「そうよ、遅れた落とし前を付けなさいよ」秋子も口を合わせる。
「済みませんでした、秋子さん…」

 「ふざけないで。そんな謝り方はないでしょう、何考えているのよ!」
「許して下さい。どうしたら許して貰えますか?」泣き出す瑞穂に「泣くなよ諸星。そうだ、お前の素っ裸を見てやるから、機嫌を直せよ」中畑が言うと「そ、そんな…」真っ青な顔に変わった。

 「そうよ、それがいいわ。手伝ってあげるわよ」「私も手伝うわ、素っ裸が好きな小娘さん!」数人がかりで服が脱がされ「やめて。いや、やめて!」車内に瑞穂の悲鳴が響いていく。
それを男子社員は「いいね、女同士の戦いも…」ビールを飲みながら、瑞穂が裸にされるのを満足そうに見ている。

 瑞穂はブラジャーを脱がされると乳房が揺れ動き「やめて、いやです!」「罰よ、遅れた罰に素っ裸になるのよ!」パンティも脱がされた。
「腕を縛りなさいよ。そうすれば、隠せないわ」
「そうね、男性も喜ぶしね」全裸にされた瑞穂は腕を縛られて、隠す事すら出来ない。

 「いいオッパイだ。触らせろよ!」補助椅子に仰向けに寝かされ、揺れる乳房を酔った男子社員が乳房を揉んでいく。
瑞穂は自由がきかず「やめて、お願い触らないで!」叫ぶ事しかできない。

 「オ○ンコも良いだろうな?」淫裂を触られ、指で広げられてた。
「ほう、こうなっているのか。オ○ンコの中は…」
「やめて。もうやめて!」走る車の中には悲鳴が鳴りやまなかった。

 「やりたいな。こんなオ○ンコならやりたいよ」ピンクの淫裂を広げて中畑が言うと「やめて、レイプしないで!」叫び出す。
「安心しなさい。レイプはさせなように監視しているから。変わりに、恥ずかしい部分をたっぷり見せるのよ」秋子も乳房を鷲づかみ「うー!」顔を歪める瑞穂だ。

 やがて、車はサービスエリアに入って停まった。
「降りるわよ」
「イヤ。降りたくない」
「あら、オシッコはどうするのよ、車に中でお漏らしする気なの?」笑いながら美保が言うと「お願いです。服を返して下さい」頼み込む。

 「言ったでしょう。遅れた罰だって。でも、宴会で私の言うことをやるなら服を着させてあげるわよ、特別に!」美保が言うと「腕も解いてあげるわよ」秋子も言う。
「やります、どんなことでも。ですから服を着させてください!」瑞穂も尿意を感じている。
「約束よ、やらなかったら男の社員とセックスして貰うからね」
「はい、やります。ですから服を…」足をバタバタしていく。

 「いいわ。ほら!」腕を縛ってあった紐が解かれると「はい、特製の服よ」服が渡されたが「こ、これですか?」それは薄い生地のワンピースで、狭い車内で急いで着込んだが、薄い生地だから胸の膨らみが透けている。

 「あら、オッパイがいいわね。皆が喜ぶわよ。それにお尻も」
「オ○ンコは隠せよ、捕まるからな」屈辱に唇を噛む瑞穂だ。
「ほら、行くぞ!」
「イヤ。行きたくない!」無理に車から降ろされ、トイレに連れて行かされた。

 「おい見ろよ、オッパイが丸見えじゃないか?」
「ホントだ。お尻だって見えてるぜ、オ○ンコは隠しているから見えないけど…」休憩している人達は瑞穂の姿に声を上げ「いいね、若い子のオッパイは…」立ち止まって乳房を見つめる者もいる。
(悔しいわ。こんな事をさせられて…)俯いたままトイレに入って用を足し、急いで戻ってきた。

 それを数回繰り返して目的の観光地まで来たが「こんな恥ずかしい姿で歩くのはイヤです!」さすがに人が多い。
「だったら、車の中で待っているしかないわよ。それでもいいの?」
「はい、中で待っています…」
「レイプされても、責任は取らないわよ」

 「構いません。鍵を掛けておきますから…」
「そこまで言うなら構わないわ。行きましょう!」瑞穂1人残して皆が降り、見学に出かけた。
「こんな姿で、歩ける訳けないでしょう!」自分の姿を確認してからリクライニングを倒し横になって休んでいる。

 皆が出かけてから時間が経ち、暖かい日差しで瑞穂はうとうとしている。
「おや、寝ているぞ」運転していた三田が先に戻り、そっと車に入り込むと裾を捲った。
(これがオ○ンコだ。今なら誰もいないし…)ズボンとパンツを押し下げて、寝ている瑞穂に襲いかかった。

 気づいたが「いや、やめて、いやです!」不意を突かれて声しか出せない。
「痛い!」遂に、淫裂に肉竿が入り「ダメ、動かさないで、痛いから動かさないで!」顔を歪めて叫ぶ。

 「いいだろう。俺にもやらせてくれよ」
「やめて、秋子さんに怒られるからやめて!」だが、肉竿はピストンを始めて「う、う、う!」嗚咽を上げる瑞穂だ。
「気持ちいいよ、こんなの初めてだ」裾を首まで持ち上げ、乳房を揉みながらピストンしていく。

 やがて「クシュ、クシュ!」肉竿が動く度に淫裂から音が出て「うー!」肉竿の動きが止まった。
「いや、こんなのイヤです!」叫ぶが淫裂からは三田の体液がこぼれ出ていく。
「気持ちよかったぜ!」犯し終わった三田はズボンを直していくが「う、う、う!」犯された瑞穂は淫裂から流れ出る精液を丁寧に拭いている。

 「言うなよ。秋子に言ったら、もっとレイプしてやるからな。それに帰ったら医者に行けよ」言い残して車から降りていく。
「言える訳ないでしょう。言ったらまた秋子さんから酷い目に遭わされるし…」泣きながら丁寧に膣の中を拭き続けた。

「薄倖の星の下に」第2話 落とし前

第2話 落とし前
    
 瑞穂がいつもと違い、1人で家を出て会社に入ると秋子の嫌がらせが待っていた。
「どう、落とし前付けたの?」
「秋子さん、どのように落とし前を付けたらいいんでしょうか?」
「落とし前がわからないの。坊主よ、坊主になりなさい!」
「許してください。それ以外ならしますから頭を剃るのだけは許して下さい」瑞穂は坊主と聞いて泣いてしまった。

 「バカね。誰も頭を坊主にしろとは言っていないわ、ヘアよ、あそこのヘアを綺麗に剃るのよ」
「アンダーヘアをですか?」
「そうよ、剃ったヘアを袋に入れて差し出さしなさい。そうしたら、許してあげる」
「剃ります。ヘアを剃りますから許して下さい。ですから、今まで通りに教えて下さい」
「わかったわ。全てはヘアを剃ってからよ」秋子は冷たく言い放す。

 その日、瑞穂は憂鬱だった。
(お父さんにレイプされた上、ヘアを剃るだなんて…)仕事でもミスが目立って「何やっているんだ。もう1月も経ったんだぞ!」中畑の叱責が飛び「すみません。やり直します」平謝りし、それを(ふふふ。面白くなってきたわね)秋子は横目で見ている。

 どうにか勤務を終えると、万が一を考えて病院で診察を受けた。
「諸星さん、お入り下さい!」婦人科を訪れたのは、初めての生理の時で、その時は養母と一緒だったが今回は一人きりだ。
「どうなさいましたか?」
「失敗しました。一応洗ってきましたが…」小さな声で言う。

 「わかりました、処置しましょう。そこで、下半身を脱いで下さい」瑞穂はスカート、パンティと脱いで下半身を露わにした。
「そこに寝て下さい」ベッドに横になると、足を開いて淫裂を露わにする。
「動かないで下さいね」淫裂の中に冷たい液体が流れていく。
それに、お尻にはステンレス製のパレットが押し当てられている。
(恥ずかしい。性器を触られているなんて…)顔を背けていた。

 暫くして「はい、終わりました」濡れた淫裂を看護婦が拭き「ありがとうございました」急いでパンティ、スカートを履いていく。
「薬を出しておきます。万が一に備えてです。ホルモン剤ですから少し副作用がありますよ」

 「妊娠は、絶対ないですよね?」
「ありません。受精してもそれを出しちゃうから妊娠はしません。ただし、3日以内ならだけどね」
「3日以内に飲めばいいんですね?」

 「そう。それから予防としてピルがあるわ。それを飲んでおいた方がいいかもね。まだ、若いから妊娠に注意するのよ」
「それを、貰えませんか?」
「わかっています。処方箋を書いて置きます」瑞穂は病院を出ると薬局でピルを買い求めた。

 家に戻ると薬を飲んが、まだ憂鬱が取れてない。
家事を済ませ、秀樹と一緒に夕食を摂っても無言で(お父さんも辛いのね。お母さん、どうしたらいいのよ…)明日の準備を済ますと浴室に入って秋子に言われた事を始める。

 石鹸を泡立てて、絨毛に塗っていく。
「これで剃ればいいのね」カミソリを股間に当てて引いていくと「ジョリ、ジョリ!」絨毛か消え、剃られた絨毛はビニール袋に詰めていく。
やがて、全ての絨毛が消え去り、ビニール袋に詰め込まれた。

 「性器が丸見えだわ。恥ずかしい!」絨毛が消え去ると、ピンクの淫裂が露わになって2枚の肉襞が飛び出ている。
「これで良しと…」剃った絨毛を大事に持って浴室から出た。
だが「瑞穂、何て事を!」「見ないで。恥ずかしいかから見ないで!」秀樹に無毛の淫裂を見られてしまった。

 「瑞穂、俺の妻になってくれ!」
「ダメ、私はお父さんの子です!」全裸の瑞穂は腕を押さえられてしまった。
「責任を取らせてくれ。一旦養子は解消してから結婚しよう!」
「ダメ、そんな事をしたらお母さんが喜ばないわ。ダメよ」
「ダメだ、責任を取らせてくれ」
「お父さん、わかったわ。結婚するから手を離して」

 「だったら、これから初夜だ。いいだろう?」
「ダメ。いけないわ、だめよ!」全裸の瑞穂は強引に秀樹の部屋に連れ込まれ、ベッドに押し倒されて乳房を揉まれていく。
「母さん、これでいいの?」瑞穂の目の前には、亡くなった母の写真がある。

 秀樹は瑞穂の足を強引に広げて、肉竿を押し込んでいく。
(許して、お母さん。お父さんが辛そうだし…)閉じた目からは涙が流れていた。
程なく、淫裂に入り込んだ肉竿がピストンして「あ、あ、あ!」肉竿の動きに合わせて声が出ていく。

 「瑞穂!」秀樹は腰を振りながら唇を重ねてきた。
(わかったわ、お父さん…)両手で秀樹の顔を押さえて、唇を合わせると秀樹の精液を膣の中に受け止めた。 

 翌朝、秀樹は憂さが腫れたかによう、に明るくなっており「瑞穂、一緒に行こう!」と誘う。
「わかったわ。待ってて!」養父を傷つけまいと気遣い、一緒に家を出ると途中で別れ、会社に入ると秋子が待っていた。

 「秋子さん、落とし前を付けました…」
「見せてよ。落とし前を!」瑞穂は剃った絨毛が入ったビニール袋を手渡すと「あら、これが瑞穂のヘアなんだ、少し色が薄いわね。見て、これが瑞穂のアンダーヘアよ」
わざと職場の同僚に見せつける。

 「やめて下さい。そんな事は…」
「いいじゃないのよ。これが瑞穂のオ○ンコに生えていたヘアよ!」
「ほう、これがオ○ンコに生えていたヘアか…」
「イヤねえ、ヘアを剃るなんて」同僚達はビニール袋に入った絨毛を見つめるが「う、う、う!」側では机の上に両腕を乗せ、瑞穂が大声で泣いている。

 しかし、瑞穂への辱めはそれだけで済まなかった。
「ねえ、秋子。ヘアのないオ○ンコって、どんな感じなんだ?」
「わかんないわ。たぶん、貝と同じよ。ヒラヒラが貝殻から飛び出感じかな?」
「見てみたいな、ヘアのないオ○ンコを…」
「私も見てみたいわ。そうだ、あの子のを見ればいいんだ!」皆が瑞穂を向いた。

 それには「イヤ、イヤです。絶対にイヤです!」首を左右に振っている。
「落とし前付けたか、どうか確かめさせてよ!」
「2人きりでして。お願い、皆の前はイヤです」
「イヤでもやるのよ。見せなさい!」秋子は瑞穂を立たせ、首を羽交い締めにする。

「美保、今よ。急いで!」
「わかっているわ。ツルツルオ○ンコを私にも見せてね」美保も加わり、スカートのファスナーを引き下げ、ホックも外して「あら、色気ないパンティね。もっと大人のを履きなさいよ」スカートが足下に落ちて白いパンティが露わになっている。

 「イヤ。それ以上やめて!」パンティに手が掛かり、必死に拒むが「行くわよ、ツルツルオ○ンコのお披露目よ」美保の手が一気に下がり「いやー!」悲鳴と共に、無毛の股間が露わになった。

 「ほう、これがパイパンオ○ンコか!」
「見ないで。イヤ、見ないで!」足も開かされ、肉襞も飛び出ていく。
「いいね。こんなオ○ンコとやってみたいな…」
「私は剃らないわ。秀樹さんが望んでもね」秀樹は指で淫裂を触るが「う、う、う!」泣くだけの瑞穂だ。

 「秋子も見なさいよ。面白いわよ」美保が瑞穂の首を押さえていく。
「どれどれ、イヤだー。こんなの恥ずかしいわ。膣が丸見えになっている!」
「ここに、入れるんだろう?」
「そうよ、そこに入れるの。それに、広がるの」指で膣を広げていく。

 「やめて、いやです、やめて!」しかし、秋子は容赦なく指を入れ「う、うー!」顔を歪めている。
「やりたくなったな…」
「ダメ。やるんだったら私だけよ。他とは絶対ダメだからね」秋子はやっと手を退け、美保も手を離した。

 瑞穂は「う、う、う!」嗚咽を上げてパンティを引き上げ、スカートも直していく。
その間に、同僚達は自分の席に戻り、1人浮いた瑞穂は再び机の上で泣き出した。
「いつまで泣いているのよ。それより仕事でしょう?」強い口調で秋子は言いながら指図し「はい、やります…」涙を流しながらも仕事を始めた。

 瑞穂は冷静を装って仕事をしていたが、性器を同僚に見られた事でショックを隠せない。
「間違っているわよ。何やっているのよ!」
「すみません。やり直します」謝りながら書き直していく瑞穂だが(かなり効いたわね。秀樹さんに手をだしたらこうなるからね)ニヤリと眺める秋子だ。

 「課長、そろそろ新人の歓迎会をやってはどうでしょう?」
「いいね、秋子君。計画を立ててくれよ。どうせなら泊まりがいいな」
「勿論ですよ、1泊2日で計画しますから」秋子はカレンダーを見つめていく。

 「ねえ、この日はどうかしら?」
「いいわね、その日に決めましょうよ」
「俺も都合がいいよ」歓迎会なのに、瑞穂を無視して勝手に決めている。
「今度の土日に旅行するから開けといて」素っ気なく言う秋子だが「わかりました」そう言うしかない。

  会社で辱めを受けて自宅に帰ると、秀樹が先に帰っている。
「お父さん、どうしたのこんなに早く?」
「今日は母さんの命日なんだ。こうして供養しないと。でも、とんでもない事をしてしまったしな…」

 「あれは忘れて、お父さん!」
「そうは行かないよ。瑞穂、責任はお父さんが取るからね。母さんもわかってくれるよ」瑞穂を抱きしめる。
「いけないわ、お父さん!」
「今日はお母さんの代わりになってくれ。お願いだ!」

 「わかった。今日はお母さんの代わりをすればいいのね?」
「そうだよ、お母さん」抱き付いて唇を吸う。
(お父さんが可愛そうだわ。私が我慢すればいい事だし…)瑞穂も唇を吸い返す。
「お父さん、一緒にお風呂に入ろうよ」
「そうだね、母さんとはよく入ったからな」2人は浴室に向かう。

 「瑞穂、私が脱がせるよ」
「恥ずかしいわよ。お父さん」
「でも、いつもこうしていたんだから…」秀樹は瑞穂の服を脱がせて下着姿にした。
「もっと、色っぽいのにした方がいいよ。おとなしすぎるし」

 「でも、持っていないの」
「母さんのがあるから着てみたら。合えば着ていいよ」
「わかった、後で調べるわ」下着が脱がされていく。
「瑞穂、ここが綺麗でいいよ」パンティを脱がすと無毛の淫裂を触っていく。

 「今はだめ。お父さん、後でしましょう」
「そうだな、体を洗ってからにしないとな」ブラジャーも脱がして、全裸にした。
「今度は私がするわ」瑞穂も秀樹の服を脱がし、全裸になった2人は浴室で体を洗い合っていく。
「こうしていると、新婚時代を思い出すよ」狭い浴槽で2人は肌を寄せ合っている。

 その後、バスタオルを巻いて2人は秀樹に部屋に入り「瑞穂、綺麗だ。お嫁さんにするからね」バスタオルを解いていく。
「お父さん。今夜はお母さんの代わりをするから、思った通りの事をしていいわよ」
「瑞穂、今日は母さんと呼ばせてくれ!」
「いいわよ、お父さん!」

 「母さん!」瑞穂を押し倒し、股間に顔を埋めると「あ、あ、あ!」声を上げていく。
「変になっちゃう。そこはなめないで!」腰を動かすと「感じるかい、母さん?」
「凄く感じるの。気持ちいいわ」

 「そうみたいだよ。母さんったら、こんなに濡らして」指が膣の中に入っていく。
「お父さん、欲しいわ。早く頂戴!」
「何が欲しいのかな、お母さん?」
「オチンチンよ、お父さんのオチンチンを入れて!」

 「お母さんはスケベだね。どれ、入れるか!」覆い被さって肉竿を押し込むと(痛くないわ。この前は痛かったのに…)肉竿を寸なり受け入れている。
そして、肉竿が動きだすと「お父さん、いいわ。何か変な感じよ…」快感が瑞穂を襲っている。

 「母さん。今度は母さんが上だよ」体が入れ替わり瑞穂が秀樹を跨ぎ「こうすればいいのね?」腰を振ると、乳房が撫でられる。
その後、四つん這いに変わり「あ、あ、あ!」乳房を前後に揺らせながら肉竿のピストンが始まった。

 「母さん、今度こそ大丈夫だよね。出来るよね?」
「きっと大丈夫よ、できるわよ」
「出したよ。母さん!」(熱くなっていく。子宮が熱くなっていく…)
「わかるわ、お父さん」母親の代わりを勤めた瑞穂の淫裂は、精液で濡れていた。

「薄倖の星の下に」第1話 浴室

登場人物
  諸星瑞穂:新生商事新社員      中畑昭次:新生商事営業課長
   〃秀樹:瑞穂の養父        三田勝夫:  〃 係長
  小森秋子:新生商事新社員      田端知代:旅館の女将
  松原美保:  〃          近藤美鈴:スナックのママ
  大友信次:会社員          桜田奈々:ホステス
  森脇健三:キャバレー支配人     桑田一雄:瑞穂の弟
   〃康子: 〃 オーナー(健三の妻) 水口文子:ホステス
  宮下淳子:ヤクザの妻        斉藤真美:  〃 

第1話 浴室

 「今度、新しく入った諸星瑞穂君だ。みんなよろしく頼んだよ」課長の中畑が6人の部下を相手にして話している。
「諸星瑞穂です。新人ですのでよろしくお願いします」真新しいスーツを着た女性がお辞儀していく。

 彼女は今年採用された諸星瑞穂と言って、両親の顔すら知らない福祉施設出身だ。
小さい時に町に捨てられ、その時、弟も一緒に捨てられたが、その後の行方がわからない。
ただ、近所に住んでいるらしいとの情報が、施設から知らされている。

 瑞穂は8才の時に養子になって秀樹の子となったが、15歳の時に秀樹の妻を亡くし、秀樹と2人暮らしをしている。
高校を卒業すると、秀樹は瑞穂に大学も行くように進めたが、迷惑を考えて就職を選び、この会社に入社した。
このように、瑞穂は暗い過去を持っているが明るく振る舞っており、それは普通の女性と何ら変わりない。

 「瑞穂さん。これからは秋子と呼んでね」
「はい。秋子さんですね?」
「そう、秋子でいいわよ」
「僕ともよろしくね」三田も瑞穂に声を掛けてきた。

 「勝夫さん、私がこの子の指南役をするから、手をださないでね」
「秋子、そんな事しないよ。僕は秋子を愛しているから」勝夫が秋子の肩を抱くと「こら、ここは会社だ。自宅でやってくれ!」上司が怒鳴る。
「すみませんでした。注意します」三田は中畑に謝って、自分の席に戻っていく。

 「秋子さん、三田さんといい仲なんですね」
「あら、わかったの。実はそうなのよ」恥ずかしそうに答える。
「羨ましいわ、私もいい人が欲しいな」
「そんな事より、まずは仕事。はい、これを計算して!」秋子は瑞穂に仕事を教えてく。

 瑞穂はどうにか初日を終えて自宅に帰った。
瑞穂の家は郊外の一戸建で、秀樹が建てた家で「ただいま帰りました」家に入ると、先に秀樹が帰っていた。
「瑞穂か。どうだった、初めての会社は?」心配そうに声を掛けてくる。
「みんないい人よ、私も溶け込めそう」上着を脱ぎ、エプロンを着ながら言う。
「そうか、それはよかったな」
「お父さん。それより、お腹空いたでしょう。すぐ作るからね」瑞穂は自宅の戻る途中に買った野菜を調理してく。

 秀樹はもうすぐ定年を迎える年で、寂しさが顔に刻まれている。
そんな2人だけの食事を済ますと、くつろいでいく。
「お父さん、お風呂沸いたわよ」
「そうか、だったら入るか!」秀樹は着替えを持って浴室に向かい、その間に瑞穂は明日の朝食の準備をしていく。

 「そうだわ、お父さんの背中を流さないと…」瑞穂はエプロンを着けたまま、浴室に入った。
「お父さん、背中を流すね」
「ああ、頼んだよ」ゴツゴツした背中を石鹸の付いたタオルで擦っていくと「久しぶりだな。こんな事は…」感無量の顔になっている。

 「そうね、久しぶりだわね」背中を擦り洗い終えると、お湯で石鹸を流し「はい、今度は前よ」瑞穂は前も洗う気だが「いいよ、自分でするから!」秀樹は遠慮した。
「遠慮しないでよ。家族だから平気でしょう?」
「そうだな、瑞穂に言われると母さんに言われているみたいだな」秀樹は振り向き、瑞穂と向かい合った。

 瑞穂は石鹸の付いたタオルで、首、胸、腕、お腹と擦って行き(オチンチンだわ。どうしようかしら?)考えたが、それを掴んで擦っていく。
(イヤよ、堅くなってきた。お父さんのオチンチンが膨らんできた!)肉竿を掴んだが暖かい。
「まだ膨らむんだな。何だか自信が沸いたぞ。今度ソープでやってくるか!」

 「ダメよ、お母さんを裏切っちゃ。そんなイヤらしいことしないで!」肉竿を急いで洗い、お湯をかけた。
「男はみんなこうだよ。女がいないとダメなんだ!」
「私がお母さん代わりをするから、裏切らないと約束して」
「お前は母さんの味方か。わかった、約束するよ」秀樹はニコニコしながら言う。

 秀樹の体を洗い終えると、瑞穂はリビングでくつろいでいるが「オチンチンが、あんなに太くなるなんて!」初めて見た肉竿に興奮が治まらない。
「痛いだろうな、あんなのが入ったら…」妄想にふけっていた。

 そこへ「瑞穂、上がったよ。いい湯だった」風呂から秀樹が上がってきた。
「あら、上がったの。今夜も飲むの?」
「少しだけだ。ビールがいいな」
「はい、持ってきます」冷蔵庫からビールを持ってきて「私もお風呂に入るね」「勝手にやっているから、そうしなさい」瑞穂は自分の部屋に戻って着替えを取りだした。

 「これからは刺激的なのを着ないと。大人になったんだし…」白いパンティとブラジャーしか持っておらず、その中から選ぶと、パジャマの中に丸めて浴室に向かう。
浴室に入ると服を脱ぎ、パンティ、ブラジャーも脱ぎ、乳房と股間が露わになっている。
「オッパイがもっと大きくならないかな?」鏡を見ながら乳房を揉み、乳首も摘んで刺激を与えていく。

 その瑞穂の裸身が、曇りガラス越しに秀樹が偶然見てしまった。
(もう、大人の体になっているんだ!)ガラス越しに黒い絨毛が見えると(あそこが、オ○ンコなんだな!)まだ現役の肉竿が膨らんでいく。
また、乳房も見え、ピンクの乳首が透けて見え(オッパイも大きい。こんなに育ったんだ!)養女の裸身を曇りガラス越しに見ている。

 瑞穂はそんな事とは知らず、浴室に入って体の隅々まで洗っていく。
「パシャ、パシャ!」水音が外にいる秀樹にも聞こえて(風呂に入っているのか…)秀樹はリビングに戻ってビールを飲みだすと、暫くしてから瑞穂がパジャマ姿で戻って来た。

 「お父さん、私にも頂戴!」
「ダメだ。大人になったらいいけど、まだ子供だからな」
「意地悪!」口を尖らす瑞穂に秀樹は笑顔になっている。

 瑞穂は家事を済ますと自分の部屋に入り「もう、寝ないと…」ベッドに潜り込み、横になったが、秀樹の肉竿が目に浮かぶ。
「あんな太いのは入ったら、きっと膣が裂けちゃうわ」自然と手がズボンを引き下げ、パンティの中に入っていく。

 「あっ!」指が絨毛を掻き分け、淫裂を撫でて「ここに入るんだ。あれが…」想像しながら、膣の入り口を撫でだすと「ん!」敏感な突起をとらえた。
「気持ちいい。こうするといいわ…」パンティも引き下げ、股間を露わにすると指で触わり続けた。

 翌朝は何事もなかったように、朝食を作り秀樹と一緒に家を出て、会社では「おはようございます」挨拶をしながら秋子の言われるままに仕事をしている。
勤務をしてから1ヶ月程経ち、次第に瑞穂も慣れて気持ちにゆとりが出来てきた。

 「どう。今度、飲みに行かない?」秋子がいない隙に三田が誘うが「秋子さんと一緒ならいいけど、1人ではイヤです」断った。
「何だ、秋子の監視下に置かれているのか!」三田は席に戻っていく。

 しかし、三田は諦めることなく、それが数回繰り返され、渋々に仕事が終わってから喫茶店での待ち合わせを承知した。
「待ったかい?」三田は入るなり瑞穂の隣に座り「どう、会社慣れた?」腰を撫でながら言い「はい、大分慣れました…」瑞穂は腰をずらしていく。

 「それはよかったね」なおも手が伸びて、スカートの中に入って(だめ。やめて、お願いだからやめて!)恥ずかしくて声を上げれず、項垂れたままスカートに入った手を押さえている。

 「会社で困った事があったら、なんでも言ってくれよ」手が股間を触りだす。
(いや。だめ、そこはだめ!)三田の手がパンティをずらすと「やめて下さい!」小さな声で言う。
それでも手が伸び、淫裂を触りだして(性器を触らないで!)俯いたままの瑞穂だ。

 そこに「勝夫さん、何しているのよ!」秋子の声がした。
「何もしてないよ。ちょっと遊んでいただけだよ」言い訳をする三田に(よかった、秋子さんが来てくれて!)ホッとする瑞穂だが、これが、これから起こる悲劇の始まりだった。

 「瑞穂。あんた、どうして勝夫さんと、ここに来たの?」
「誘われまして…」
「私と勝夫さんは、いい仲なの知っていたわね?」
「はい、知っていました。でも、断り切れなかったんです…」
「そんな言い訳け通用しないわ。もう子供じゃないのよ!」きつい言葉に泣き出した。

 「勝夫さんも勝夫さんよ。こんな小娘を相手にするなんて!」
「つい、誘惑されてね。機嫌直して、秋子!」
「そうか、やはりね。勝夫さんは私だけよね」
「そうだよ、秋子!」白々しく肩を抱きしめていく。
「瑞穂、この落とし前を必ず付けるのよ。やらなかったら承知しないからね」睨みながら言い放ち、秋子は三田と一緒に出て行く。
「落とし前と言っても、私は何も悪い事してないのに…」涙を拭いて自宅に向かう。

 家に戻ると秀樹が先に帰っていた。
「あら、もう酔って」リビングで寝ており「お風呂には入ったんだ!」秀樹はパジャマに着替えていた。
「私も入ろう」瑞穂は着替えを持って浴室に入ると、服を脱いで全裸になると、体を洗って「パシャ、パシャ!」水音が家に響いている。

 その音で秀樹が目を覚まし「誰だろう、風呂に入っているのは?」秀樹が浴室を覗くと「!」ガラス戸が開いたままで声を出せない。
浴室の中では乳房を揺らせ、淫裂を洗っている瑞穂がいた。
秀樹は「瑞穂とやりたい!」ズボン、パンツを引き下げ、下半身を剥き出しにすると中に入り「お、お父さん。何をする気なの?」慌てて、乳房と股間を隠して蹲った。

 「瑞穂、綺麗だ。やらせてくれ!」秀樹は蹲った瑞穂の腕を掴んで引っ張り「やめて。お父さんやめて!」股間を押さえていた手が引かれ、真っ黒な絨毛が露わになっている。
「オ○ンコだ。やらせてくれ!」まだ酔いが醒めてない秀樹の手が淫裂を触りだし「ダメ。お父さん酔いを醒まして!」手を退けようとするが、力負けしている。

 瑞穂は浴室から連れ出されリビングに連れてこられ「いや、いやー!」ソファーに押し倒された。
乳房を掴まれ、淫裂に肉竿が押し当てられた。
「だめ、だめ!」酔った秀樹の肉竿は元気良く膨らみ、瑞穂の淫裂を貫いて「ヒー!」悲鳴を上げていく。

 秀樹は「瑞穂、瑞穂!」乳房を揉みながら腰を密着させるが、瑞穂は「うー!」激痛が走って悲鳴を上げ、淫裂から鮮血が流れていく。
(レイプされた、お父さんにレイプされた…)一気に力が抜けるが、秀樹は肉竿のピストンを始めて「う、う、う!」肉竿が淫裂を突き刺す度に顔を歪め、呻き声を上げている。

 そして、クライマックスを迎え「いや、いやー!」瑞穂は膣の中に暖かい液体を感じ「イヤよ、お父さんの子を産むなんて…」筋となって涙が流れていく。
だが「ふー!」射精を終えた秀樹は、また眠ってしまった。

 瑞穂は「う、う、う!」淫裂を押さえながら浴室にまた入り「もう戻れない。傷物になってしまった…」涙は止まらず、むしろ増えていく。
お湯で犯された淫裂を洗い、鮮血と精液を洗い出していく。

 幾度も幾度もそれを繰り返して、やっと満足したのかバスタオルを体に巻き付け、着替えを持って部屋のベットに潜り込み「犯された…。お父さんに…」布団を被って明け方まで泣いていた。

 瑞穂は一睡もせずに朝を迎え、下着と服を着込んで家事をしていると「瑞穂、大変な事をしてしまったな。謝るよ」起きてきた秀樹も目を腫らしている。
「もういいわよ。戻れないし…」
「妊娠は大丈夫か、もし出来たら俺が責任取るよ」

 「大丈夫よ。処女喪失の時は妊娠しないんだって!」
「でも、万が一があるだろう?」
「洗ったから大丈夫よ。もう忘れて」泣きたい気持ちを堪えて家事をしている瑞穂だが(もう、お嫁にいけない…。傷物になってしまったし…)うっすら涙を滲ませていた。


「仲違いの婦警」第11話(最終話)2人の緊縛

第11話(最終話)2人の緊縛

 散々辱めを受けた2人は事務所から出ていくが「真梨。今夜、うちに来ない?」美紀が誘うと「構わないわよ」真梨も承知する。
「よかった。真梨には謝らないと行けないし…」美紀は今までと違った態度で話し出し「私こそ、謝らないと行けないし…」真梨も低姿勢になっている。

 そして、勤務を終えた2人は美紀のアパートへと向かった。
美紀は部屋に入るなり「真梨にお詫びしたいの。今まで事は許して欲しいの」正座して頭を下げた。
「何もそんな事しなくていいわよ。私だって美紀に同じ事をしたし…」

 「それなら、許して貰えるのね?」
「当然よ、私も許して貰えるわよね」
「勿論よ。それじゃ、仲直りの乾杯よ」ビールを注いで飲み干した。

 暫く2人は飲み合うが「そうだった、ヘアを手入れしないと行けないんだ!」美紀は洗面器に水を入れ、石鹸とカミソリを運んできた。
「真梨、お詫びに私がしてあげる!」美紀が真梨のスカートを脱がしていく。

 そして、パンティも脱がすと石鹸を泡立てて絨毛に塗り込み、カミソリで剃りだした。
「ジョリ、ジョリ!」短い絨毛はあっけなく消し去られてまた無毛の淫裂にされる。
「私にもさせて!」今度は真梨が美紀のスカートを脱がし同じように絨毛を剃った。
「これで、同じ性器ね」「そうよ、同じよ」2人は淫裂を触り合うと唇を重ね合う。

 「真梨、今日はいいよね?」美紀の手がシャツを脱がしていく。
「勿論よ。玩具はイヤだけど、指でならいいわよ」
「よかった。それだったら安心よ」真梨のシャツを脱がし、ブラジャーも脱がして全裸にし「今度は私よ」真梨も美紀がしたようにして2人は全裸になった。

 「これで、2人ともヌードよ。これからは仲良くしようね」全裸の2人は抱き合い乳房を吸い合う。
「いいわよ、気持ちいい…」喘ぎながら淫裂も触り出す。
「指がいい…。オチンチンや玩具より感じる…」淫汁を流しながら喘ぎ合った。
こうして、2人は今までの事が嘘のように仲良く仕事をしている。

 しかし、呼び出しは止まず、相変わらず全裸にされて犯されている。
「許して…。オチンチンでされたくない…」叫んでも淫裂深く肉竿が入り込んでいる。
「美紀、見ないで、お願いだから見ないで!」
「真梨こそ見ないで、こんなの見ないで!」犯されている間に言い合っている。

 その様子に、孝弘も気づいたのか「2人で抱きえ!」と命じる。
それには、2人の目を憚ることなく抱き合い、乳房を吸い淫裂に指を入れ合った。
「やっぱりな。とにかく俺も仲間に入れろよ!」こうして、4人は入り乱れた。

 辱めるのは俊之と孝弘だけでなく香織達もいた。
「レズやってんだってね。見たいの、今すぐやって!」パトロール中の2人を見つけては声を掛けている。
「今は許して。勤務が終わったらやるから…」
「そんな事言っていいのかしら。これあるのよ」例によって、写真をちらつかせる。
「わかったわ、あそこでする…」俊之達の事務所へと向かった。

 そして、事務所の中で服を脱ぎ、全裸になると抱き合いそれを香織達が見ている。
始めは見ているだけだが「もっとこうやるのよ!」乳房を強く握りしめて揉み出した。
「痛いから、乱暴にしないで!」
「痛いんだったら、気持ちいい事してあげる!」乱暴にディルドーを淫裂に押し込み「ヒ~!」痛みに悲鳴を上げても容赦なく責め付けられた。

 それには、俊之と孝弘も興奮して「俺にもやらせろよ!」抱きつく。
「待って。やるならこうして…」香織が真梨の両手を縛り出すと「俺がやるよ」俊之と孝弘も加わって乳房も縛りだした。
「イヤ、これはイヤ。やるなら普通でして!」叫んでも聞き入れられず、縛られたまま肉竿で淫裂を突き刺されていく。

 「面白いでしょう。レイプされているみたいで!」香織達は笑顔でカメラに収めていく。
「撮らないで。これは撮らないで!」叫んでもスイッチが押され、2つの肉竿はピストンを続けて登りきると噴射が行われた。
「イヤ。お腹はイヤ!」暖かい液体を感じて悲鳴を上げたが淫裂から白い液体が漏れ出ている。 

 「気持ちよかった。最高によかった!」膣の中に出して笑顔になっている。
肉竿が抜かれると縛った手や乳房を解くが、2人は泣き顔のままだ。
そして、勤務が終わると私服になって2人は病院へと向かうが「これからも、セックスされるわよね?」と話しながら項垂れて歩いていた。

 その予想した通りで、休日になると家に呼ばれて全身を縛られていく。
「イヤです、こんなのイヤ~!」叫んでも縛られた写真を撮られた。
「やめて、お願いです。痛いからやめて下さい…」大粒の涙を流しながら哀願しても聞き入れられる事はない。
(こんな事になるなんて…)予想もしなかった展開に悔やむ2人だ。
 
 2人はその後も辱めを受けていたが「あの2人、レズなんだって!」「それだけじゃないわ。レイプされて脅迫されてるんだって!」署内で噂になり、辞職を迫られやむなく退職した。
それには「仕方ないな、一緒に暮らそう」俊之と孝弘が責任を取り、一緒に暮らす事になった。

 それから数ヶ月後、真梨と美紀は全裸のまま両手を縛られて写真を撮られている。
「イヤ、これはイヤ。撮らないで!」叫んでも俊之と孝弘に撮られ、それが済むと抱きつかれ淫裂を肉竿で突かれていく。
「解いて、縛られてするのはイヤ!」抵抗しても乳房を掴まれたまま肉竿がピストンしていく。

 それに、今までとは違ってコンドーム無しでの膣への噴射が行われた。
「出したのね。暖かい…」「私も暖かい…」淫裂から液体を流しながら満足顔の2人だ。
「気持ちよかったか?」腕を解きながら尋ねると「縛られてやられると変な感じなの」と答えている。

 「今度は2人でやってくれよ」
「わかっています。その前に、お口で…」萎縮している肉竿を掴み口で擦っていく。
「凄くいいよ。美紀と知り合えてよかった」満足そうに孝弘がいうと「真梨も上手だよ。凄く気持ちいい。僕は幸せだからね」真梨の頭を撫でながらいう。

 (喜んで貰えてよかった。やるから見ててね)2人は抱き合い、乳房を吸い合いだす。
それを見て「我慢できないよ、美紀!」「真梨、俺も仲間に入れてくれ!」2人が後から抱きついて(婦警辞めてよかった…)満足顔の真梨と美紀だ。

~完~ 
お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター