赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「OL哀歌~美由紀編」第31話 ランジェリー  

 4人は30分ほど浴室で体を洗い、脱衣室に戻ってきた。

「みんなはどんなの着るの。私、迷っているの」陽子が照れくさそうに言うと「私はこれだけど」

体にバスタオルを巻き付けた美由紀はブラジャーを見せた。

「あら、大胆ね」「これくらいじゃ、だめよ。もっと大胆でないと」絵里が話に割り込んできた。

「絵里さんのはどんなの?」「私はこれよ!」「うわー!」歓声が上がっていく。

「陽子さんはどんなの?」

「これよ!」恥ずかしそうに見せると「これだったら旦那さん、絶対に何回もするわよ、羨まし

いわ!」美由紀の言葉に顔を赤らめながら「だって、今日こそ子供をつくらないと!」と陽子が

答えた。

「美由紀さんも二人目を作らないとね」絵里の言葉に美由紀も顔を赤らめている。

 

 濡れた体をタオルで拭くと4人は持ち込んだランジェリーを着ていく。

「すごいわ。絵里さん。下半身を丸出しにして!」陽子が叫ぶと「これ位じゃないとダメよ。ス

ケスケもいいけどこれが一番だわ!」腹部までのスリップを着ている絵里が言う。

「陽子さん、それじゃあ、旦那さんを取られるわよ。これにしたら?」美由紀は陽子を気遣うと

「そうよね。こんなの普通よね」うっすら乳房と股間の絨毛が透けて見える下着を着けた陽子は

それを脱いでいく。

「悪いわね、美由紀さん」陽子は全裸になると乳首が固くなっていた。

「あら、固くなってる!」絵里がその乳首を口に入れて吸った。

「あ、あん。感じちゃうわ絵里さん!」陽子の背中を快感が走った。

「そうよね。旦那と楽しむつもりだもんね」

「からかわないでよ!」顔を赤らめながら陽子は美由紀から渡されたランジェリーを着ていく。

淡いブルーのナイロン製のスリップは陽子の全身を透かしている。

「恥ずかしいわ!」陽子は鏡に写る姿を見ているが、隠す役目をしてないランジェリーからは乳

房と股間の淫裂が丸見えになっていた。

「いいわね、これなら旦那さん、何回もだすわよ」由佳も冷やかいている。

 

 「決めたわ。私もこれにする!」美由紀も陽子と同じタイプのスリップを着るつもりだ。

美由紀の全裸をうっすらと黒みを帯びたスリップが包んでいる。

見せるスリップからは美由紀の乳房と絨毛が丸見えになっていた。

「私は古風なのよ」由佳は美由紀の股間をスリップの上から撫でている。

「由佳さんも着てよ」股間を撫でられている美由紀が由佳に言うと「着るね」由佳は体に巻き付

いたタオルを外した。

股間からは竜の入れ墨が綺麗に消えて肌も何ら普通と変わりなかった。

由佳は真っ黒なブラジャーを着けるがカップが無く、ぽっかりと穴が空いている。

その穴に由佳は手で乳房を掴んで通していくとブラジャーから乳房が飛びだしツンと上を向いて

いた。
               rr.jpg

「いいわね。これもいいわね!」絵里と美由紀も飛び出している乳房を撫でていく。

「恥ずかしい。乳首が固くなっていく!」顔を赤らめる由佳だ。

その後、ストッキングを履くが太股まであり、ガーターベルトを付けてストッキングを吊った。

「それは履かない方がいいわよ」絵里が言うと「でも、恥ずかしい!」由佳は手にパンティを持

って履こうかと迷っている。

「私もそれは履かない方がいいと思う」陽子も丸出しになっている由佳の淫裂を撫でながら言う

と「絵里さんと陽子さんが言うならそうする」履こうとしたパンティをしまい込んでいく。

「全員用意ができたわね。これをいきなり見せたらお終いだからこれを着ましょうよ」美由紀は

用意しておいた浴衣を渡した。

「そうよね、じらしながら見せた方がいいわね」4人は笑顔になって浴衣を着込んでリビングに

戻ってきた。

 

 リビングには陽子の夫と美由紀の夫が退屈そうにテレビを見ていた。

「あなた、2人ともお 風呂に入ってきたら」美由紀が言う。

「そうよ、あなた。上がったら着るのはこれだけよ」陽子は夫に衣服を渡そうとした。

「陽子さん、だめよ、準備してあるから。繁之さん、後は男同士でお願いね」

「任せておけ!」繁之は陽子の夫を連れて浴室に入り、30分ほどしてリビングに戻ってきたが

2人は上半身は裸で、下半身に小さな腰巻きが巻かれている。

それは辛うじて2人の股間を隠している程度だ。

「2人ともここに座って、隣は陽子さんと美由紀さんよ」絵里が気を使って言う。

そして、室内の照明が消され、変わってカクテルライトが室内を照らしていく。

キラキラと光るカクテルライトは女性の4人を妖しく照らしている。

繁之達の股間が膨らんでいくが「私からやるわね、しっかり見てて!」絵里は音楽に合わせて体

を動かしだした。

「綺麗だ、姉さんが!」「本当だ。興奮してきた!」2人は自分の妻の胸を揉んでいる。

(興奮してる。チンチンが固そうだわ)陽子は夫の股間を撫でてそう信じた。

そんな中で絵里が浴衣を脱ぐと(オ○ンコが丸出しだ!)2人の男は興奮している。

絵里はじらしながらも浴衣を脱ぐと乳房と股間を皆の前に晒され、カクテルライトが乳房と股間

を妖しく照らしている。

「綺麗だわ。絵里さん!」由佳もライトに浮かぶ絵里の姿に興奮している。

浴衣を脱ぎ終えた絵里は次に美由紀がやるように指名した。

「がんばれよ。お前の別な姿を見せてくれ!」繁之は美由紀にハッパを掛けている。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/100-3c1ddfb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top