fc2ブログ

「淫らな山村」第1話 共同浴場

第1話 共同浴場

 「あなた。仕事熱心はわかるけど、それくらいにして、ご飯を食べないと…」長い髪の女性が、トラクターに乗った男性に声を掛けた。
「わかった、これくらいにするよ」

 トラクターに乗った男性は、河合俊樹と言って、この春に、会社のリストラで得た退職金を元手に、ここに住み込んでいる。
河合には農業の経験はなかったが、町の商工課から磯野を紹介され、手ほどきを受ける事になっていた。

「良子、歩くのは大変だからここに乗れよ」
「危ないわ、狭いから2人は無理よ」
「大丈夫だよ。この上ならば」運転席の後ろにある、ロータリーを指さした。
「そうね。そこならいいかも…」良美はタイヤを足がかりにして、ロータリーの上に乗った。

 「行くぞ!」2人が乗ったトラクターが走り出し、良美の長い髪が揺れている。
「おい、見ろよ。都会から来た2人だよ」
「いいな。あの奥さんが…」
「あの奥さんなら、百万払っても抱きたいな…」村の若い男達が、羨望の目で眺めている。

 そんな事など、知るよしもない2人は自宅まで戻ると、家の中に入り、昼食を摂っていく。
「良美、この近くに温泉があるらしいよ」
「えっ、温泉があるの?」

 「そうだよ。ここに住む人なら誰でも入れるけど、自分で掃除をしないとダメなんだって!」
「そうなんだ。だったら、私入ってくる!」笑顔になって後片づけをしていく。
「俺はまだ、仕事があるから遠慮するよ」河合はテレビを見ながら、横になった。
 
 暫くして、2人は家を出た。
河合はトラクターに乗り、田圃へと向かっていくが、良美は紙袋を持っている。
「近くだって、言っていたわね」河合から言われた通りに歩いていくと、赤い屋根が目に入る。

 「あれが、温泉なんだ!」粗末な建物だが、温泉独特の硫黄の臭いがしている。
「あら、お風呂が一つしかないわ。もしかして、混浴なのかしら?」気になって周りを見渡したが、誰もいない。

 「そうよね、今は忙しい季節だから、誰もいるはずないわ…」意を決めて、服を脱ぎだす。
「誰もいないから、安心だし」良美は下着姿になっていく。

 だが、そんな良美を村の男が付けていた。
(いいね。都会の女は、あんな下着を着けているんだ!)青いレースのパンティとブラジャーだったが、パンティから脱いでいく。

 (お、オ○ンコだ!)絨毛に覆われた股間が露わになっている。
背中を丸め、パンティから足を抜く時、ピンクの淫裂が覗いた。
(綺麗だ…。オ○ンコが綺麗だ…)覗いている男の股間が、膨らみきっている。
 
 そんな事とは知らず、もう片足も脱いで、下半身を剥き出しにしていく。
(今度はオッパイだ!)鼓動を早めながら、両手を背中に回してホックを外すと、白い乳房が飛び出て揺れ動き、ピンク色した乳首が膨らんでいる。

 (触りたい、あのオッパイとオ○ンコを…)全裸になった良美を、食い入るように見ていた。
(そうだ。ヌードを撮って置かないと…)浴場から一旦離れて、携帯電話で悪友と連絡を取り合った。
「そうだ、急いで来い。順次も呼べ、それにカメラも忘れるなよ」小さな声で話している。

 それから、5分もたたない内に、息を弾ませながら2人が現れた。
「いいか、まずは服を隠してからだ。素っ裸では逃げられないからな」
「そうだよ。それから素っ裸を撮らないと…」
「オ○ンコ、やっちゃうのか?」

 「今は無理だ。まずは素っ裸を撮ってから考えよう」3人が、そっと共同浴場の中に入ると、中には良美が脱いだ服が、置かれてあった。
男は、その服を持ち出して草むらの中に、隠してから戻ってきた。

 「俺達も入ろうぜ!」
「そうだよな、驚くぞ」3人は戻ると、黙ったまま服を脱ぎだす。
(いいな、黙って脱ぐんだ。音も立てるなよ!)
(わかっている。あの女の素っ裸を見られるんだから、何でもするよ)音を立てることなく脱ぎ、パンツも脱いで全裸になった。

 (入るぞ。カメラは持ったよな?)黙って頷き、ドアを開けて中に入った。
中では、良美が体を洗っていたが「いやー!」3人に気が付き、慌てて股間を手で隠した。
「隠したって遅いよ。見せて貰いましたよ、奥さんのオ○ンコを!」
「それにオッパイもね」

 「見ないで。お願いですから!」慌てて、胸を隠していく。
「そんな事したってダメだよ。それよりも、背中を洗ってあげるよ」3人は良美の体を触りだした。

 「やめて。大きな声を出すわよ!」
「出してもいいけど、奥さんが白い目で見られるよ。『オ○ンコされた』って、噂になって!」
「そんなー!」悲鳴に近い声をあげるが(その通りだわ。裸を見られたら、困る事になる…)良美は3人に乳房を触られていく。

 「やめて、もうやめて!」3人を振り切り、股間を押さえて、浴場から出た。
だが「無い、服がない!」真っ青な顔になった。
「あの人達だ!」両手で股間と胸を隠して戻って来た。
それには「どうか、しましたか?」ニヤニヤしながら、股間と乳房を押さえた良美を見つめている。

 「返して、お願いだから服を返して!」泣き声だ。
「だったら、撮らせて。奥さんの素っ裸を」持ち込んだカメラでを向けると「イヤ、撮らないで!」泣きながらうずくまった。
 
 「いやなら、いつまでも素っ裸だよ。服は返さないからね」
「う、う、う!」嗚咽を上げていく。
「ほら。ヌードを撮られないと…」
「いや、やめて。いや!」良美が拒んでも、若い男の2人にはかなわず、手を押さえられ、乳房と絨毛が露わになっている。

 「撮らないで、お願いです!」顔を横に向け、太股を持ち上げて股間を隠そうとしたが「顔が写っていないよ!」無理に顔をカメラに向けられ「いや、いやよ!」乳房も掴まれた。
(ヌードを撮られてしまった…。俊樹さんご免なさい…)閉じた目からは、涙が流れていく。

 「いいね、泣いている姿も…」良美の乳房と絨毛を晒した姿が、カメラに収められていく。
「どうせなら、オ○ンコも撮ろうよ!」2人掛かりで、太股が持ち上げられた。
「イヤ、性器はイヤ。お願いだから撮らないで!」良美が言っても聞くはずがなかった。

 宙に浮いた良美は、足を開いたままどうする事も出来ない。
手で股間を押さえたいが、手を放せば落ちてしい「う、う、う!」嗚咽を上げながらも、淫裂の隅々までカメラに撮られてしまった。
 
 「もういいよ。奥さん、ヌード写真に協力頂きありがとう!」3人は未練があるのか、乳房と股間を撫でていく。
「返して、服を返して!」
「わかっているよ。その変わり、最後に撮らせて貰うよ」

 「イヤ、もう撮らないで!」
「だったら返さないよ」
「わかったわ、どうするの?」
「起立だよ。足を広げて」
(イヤだけど、裸のままでいる訳にはいかないし…)言われたままに両手を下げ、乳房と絨毛を露わにしていく。

 「顔を上げて。それに足も広げて!」
(イヤよ、性器が見えてしまうわ)嫌々ながら足を広げ、カメラを見つめていく。
「そうだよ、それでいい」その側に全裸に2人が立って、乳房をそれぞれ掴んだ。
「やめて、オッパイは触らないで!」
「服は要らないのかな?」そう言われれば従うしかない。
良美は乳房を掴まれたまま、全裸姿の2人と共にカメラに収まった。
 
 「もういいでしょう、服を返して!」
「その前に抜かせてくれよ。オ○ンコを見ながら抜きたいんだよ」
良美は再び足を広げられ淫裂を見られている。
「隠すなよ、オ○ンコを見ながら抜くんだから…」
3人は足を広げたままの良美を見ながら、勃起した肉竿を擦りだした。
(私のヌードでオナニーだなんて、イヤ!)顔を背けながら、乳房と淫裂を晒している。

 やがて「出る、出る!」3人が絶頂になり噴射したが「いや、いやよー!」白い液体が良美の体に飛びかかった。
「奥さん、今日の事は誰にも言わない方がいいよ」
(当然よ、裸を見られたなんて言えないわ…)黙ったままだ。

 噴射を終えると服が渡されたが「これは預かるからね」パンティが真っ先に取られた。
「これも預かるよ。オッパイの臭いがしみこんでいるし」ブラジャーも取られた。
(変態よ、下着を見てオナニーする気でしょう!)唇を噛んで素肌の上から服を着ていく。
 
 「奥さん、僕たちの体を洗って欲しいな」3人は服を着ているのを見ている。
(フン。誰がそんな事を、するのもんか!)服を着込むと良美は共同浴場から自宅に戻った。

 浴場に残された3人は「撮れているのかよ」カメラに撮られた画像を見ていく。
「いいね、オ○ンコも写っているし。これで、オ○ンコも出来るぞ」
「そうだよな。これがあれば何でもできるよ」撮った画像を調べながら笑顔になっていた。 

 一方、自宅に戻った良美は冷静になっていた。
「俊樹さんに気づかれないようにしないと…」服を脱いで再び全裸になっていく。
そして、タンスの中からパンティとブラジャーを着けた。
「そうだった、ヌードを撮られていたわ。どうしたらいいのかしら?」不安になったが、何も無かったように家事をして、俊樹と一緒に夜を過ごした。
 
 翌日、俊樹は家を出て良美だけが残されている。
食事の後片付けを済ませ、掃除をしていると「奥さん、いますか?」玄関から声がした。
急いで玄関に向かうと「!」いたのは、昨日の3人で体が凍りついた。
「奥さん、僕は磯野順次といいます。こちらは友人の今野誠二と西川五郎です」
「今野です」「西川です」3人は名乗り上げた。

 それには「な、何なのよ。ここに来るなんて…」良美の体が震えだす。
「ちょっと、見て貰いたいのがありましてね」ニヤニヤしながら昨日撮ったばかりの良美のヌード写真をちらつかせた。

 「ここでは何ですから、上がって下さい…」
「そうですよね、こんな所で素っ裸になる訳には行きませんしね」ニヤニヤしながら靴を脱いで家に上がると、客間に案内され「奥さん、脱げよ。素っ裸になってから話をしよう」座るなり言い出した。

「イヤよ。どうして、裸にならなければ行けないのよ!」
「イヤならそれでもいい。この写真が村にばらまかれるけど…」両手を後ろに組み、乳房と絨毛を晒した写真を見せた。
「やめて、そんな酷い事やめて!」泣き声になった。
 
 「脱ぎますよね、オ○ンコ丸出しの素っ裸に…」順次は良美の顔を撫でていく。
(イヤ、人前でヌードなんていやです…)涙を流しながら頷いた。
「それでいいんです。早速ですが、素っ裸を見せて下さい。レ○プはしません」その言葉に、良美は涙を流しながら立ち上がり、シャツのボタンを外しだす。

 (俊樹さん、仕方ないんです。許して下さい…)夫への罪悪感を感じながら、シャツを脱いで黒いブラジャー姿になったが、カップからは白い乳房の膨らみが覗いている。
「いいですね、今日は黒ですか…」3人はじっと見ている。

 (何を着ようが、私の勝手でしょう。あなた達には関係ないわよ)黙って背中のホックを外すと、カップから乳房が勢いよく飛び出し、左右に揺れている。
「いいですね、揺れているオッパイが!」
「ホントだ、たまらないな」3人は食い入るように、揺れる乳房を眺めている。
 
 ブラジャーを脱ぎ終えるとズボンを脱ぐが、股間を覆うパンティも黒だった。
(恥ずかしい…。でも、あの写真がある限りは逆らえないし…)
ズボンを脱ぎ終えるとパンティを引き下げ、絨毛を露わにした。
「奥さんのヘアは大目ですね。手入れした方がいいですよ」順次の言葉に黙ったまま背中を丸め、パンティから足を脱いで全裸になった。

 「これでいいでしょう?」股間を隠したまま項垂れている。
「奥さん、話の前にお茶が欲しいな。せっかく来たんだから…」
「わかりました」生まれたままの姿でお茶を入れていく。
その間、3人は良美の乳房と淫裂を触り「ダメ、レ○プしない約束です!」泣き顔で言う。
 
 「レ○プはしませんが、口でやって下さい」3人はチャックを下げて、肉竿を取りだした。
「そんな、オチンチンを口に入れるだなんて…」
「やらないなら、写真がどうなっても知りませんよ」
「わかりました…」目を閉じ、順次の肉竿を口に含んでいく。

 「そうです、気持ちいいですよ…」上擦った声で良美の頭を押さえた。
(イヤ、こんな事イヤです!)弱みを掴まれては、どうする事もできず、順次はゆっくり腰を振りだした。
(イヤ、オチンチンを動かさないでよ)不快感を覚えながら肉竿をくわえている。

 「いい眺めだね。記念に撮ろうな!」
(ダメ撮らないで!)逃れようとするが頭を押さえられ放せない。
それに誠二も加わって、乳房を揉んでいく。
「顔が見えないな。こっちを向けさせないと」

 「聞いただろう?」肉竿を口に入れたまま髪の毛が退けられ、撮られた。
写真を撮ると、順次は腰の動きを早め良美の口の中に噴射した。
「今度は俺だ、俺のチンポをなめろ!」今野の肉竿をなめさせられ、また写真を撮られた。
(イヤ、撮らないで、こんな写真は撮らないで!)首を振るが、どうする事もできず、今野も良美の口の中で爆発し、その後、西川の肉竿も口で処理させられた。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター