fc2ブログ

「淫らな山村」第5話 カルチャーセンター

第5話 カルチャーセンター
 
 病院で避妊薬を処方して貰うと、順次と一緒に外に出た。
「奥さん、まだ時間が早いから映画でも見ようぜ」繁華街にある映画館に連れて行く。
映画館の入り口には全裸の女性が描かれたポスターがあった。

 「イヤよ。これってポルノでしょう?」
「そうだよ。とにかく見ようよ」嫌がる良美を強引に中に連れ込んむと、真っ暗な中、スクリーンには全裸で抱き合っている2人が映し出されていた。

 「始まっているぞ」2人は目立たないように隅に座った。
(イヤだわ、オッパイを掴んで性器をなめるなんて…)スクリーンには股間に顔を埋め、乳房を掴むシーンが映っている。
『あ、あ、あ…。して。早く入れて…』途切れ途切れに話す。
『わかった、入れるよ』体を上に上げると男性の尻が映し出された。

 「汚いケツだ。早くオ○ンコしろよ」順次が呟くように言うと『いいわ。もっと奥まで入れて、全部入れて下さい』女性が叫ぶと男性の腰が動きだす。
スクリーンには四つん這いになったり、騎上位で抱き合ったりと、ストーリーなど全くなく、ただ女性の裸を写すのが目的みたいで(イヤだわ、こんなのつまんない…)そう思うが黙って見ている良美だ。
 
 最初の映画が終わった。すると、休むことなく、OL風の若い女性が映し出される。
「顔は、いまいちだね。素っ裸を見せるんだから顔は関係ないかな」順次は良美のスカートを捲り上げだした。
(イヤよ。そんな事はやめて!)その手を押さえた。

 「逆らうのかい。どうなっても、責任は持たないぞ」その言葉に力が抜けていく。
順次はそれをいい事に、スカートを捲り上げて、股間を露わにした。
「いいね、白も」パンティの上から、淫裂を撫でていく。
(イヤ、見られたらどうするのよ)項垂れたままだの良美だ。

 順次はパンティも引き下げだした。
(イヤ、性器はやめて。困るのよ)項垂れる良美を無視して淫裂に指を入れた。
「うっ!」順次の指がくの字になって膣の中を動いていく。
(イヤ、やめて。そんな事はイヤ!)声も出せず、されるがままだった。
 
 スクリーンには相変わらず裸の女性が映し出されている。
「いいね、こんな裸踊りも…」女性が肩までの、黒い手袋だけを身につけて、踊っている。
(もしかして、あれをさせられるのでは?)奥歯がガチガチと鳴っている。

 「奥さんも裸踊りをしたいだろう?」
「したくないわ。お願いだから、これ以上恥ずかしい事はさせないで下さい…」うっすらと涙が流れている。
「それは、奥さん次第だね。とにかく、もう少し、見ようよ」映画を見ながら淫裂を辱め(いや、こんなのいやです!)時が過ぎるのを待っている。

 やがて『イヤ、やめて!』悲鳴にスクリーンを見上げた。
(レ○プだわ。レ○プされるんだ!)夜道で数人の男が襲いかかっている。
女性はスーツが剥ぎ取られて『気取っていないで、オ○ンコを見せるんだよ。素っ裸には慣れているだろう』

 『そうだよ、人前で平気で素っ裸を見せられるんだからオ○ンコさせろよ』女性の下着も脱がされた。
『ほら、いい気持ちだろう?』乳房を掴まれ犯されていく。
(見たくない、こんなの見たくない…)自分も犯されたから、なおさらで、顔を上げる気にはなれなかった。

 「終わったよ」顔を上げると映画も終わったらしく、スクリーンが反射している。
「もういいかな、出ようよ」時計を見た順次が立ち上がった。
(待って、パンティを直さないと…)下げられたパンティを引き上げスカートも直してから良美も立ち上がり、後を追った。
 
 映画館を出ると12時を回っており、その後2人は洋品店に入っていく。
「手袋が欲しいんだ。腕を隠すタイプなんだ」
「喪服用ですね。こちらです」何も知らない店員はガラスを開けて取りだす。
「そうだ、それだよね、姉さん!」
「ええ、それだわ。それでいいの」順次に合わせた。
(ホントに裸で踊りをやらせるつもりだわ…)太股が震えていた。

 「黒いストッキングも買った方がいいよ。ついでだし、また来るのはイヤだよ」
「そ、そうね。それもお願いするわ」
「ガーターベルトも付けますか?」
「ええ、そうして下さい」店員は言われるまま取りだして並べていく。
「これで、よろしいですね」
「ええ、お願いするわ」
「ありがとうございます」店員は袋に詰め込み、良美は代金を払うと店を出た。
 
 「奥さん、踊りは得意かい?」
「得意じゃないわ。踊ったことないし…」
「だったら、練習だな。知ってる人がいるんだ」良美の手を掴み歩いていく。
歩いて5分ほどすると白い建物が見えてきた。

 「あそこだよ、ダンス教室をしているんだ」
建物に向かっていくと相原カルチャーセンターと書かれている。
「奥さん。インストラクターは少し、レズの気があるんだけど、我慢してくれ。ただで教えて貰う身だから」
「れ、レズ?」順次からの言葉に足が停まる。

 「ほら、歩いて。嫌がったら、あれが表沙汰になるからね」
「わかったわよ。習えばいいのね」覚悟して中に入ると「あら、磯野君じゃないの」レオタード姿の若い女性が現れた。
胸と腰のくびれラインがハッキリしている。

 「久恵、相変わらず悩ましい姿だね」順次は胸を触りだす。
「イヤ、男は嫌いなのを知っているでしょう?」その手を振り払う。
「相変わらずだね。それより、ダンスを教えて欲しい人がいるんだよ」良美を紹介した。
「着替えあるの?」
「いいえ、突然言われまして…」

 「そうなんだ。だったら、2人きりがいいわね。順次、わかっているわよね?」
「約束するよ、久恵!」
「それなら、ここで練習よ」久恵は良美の腕を引いて、ドアの中に入って行き、順次もその後を付いていく。
 
 連れ込まれた所には鏡が張られてあり、しかも、窓がない。
「ここなら安心よ。その姿では無理だから準備して」
「準備と言っても、何も持っていませんが?」
「だったら、脱ぐのよ、フルヌードでするの」
「イヤ、恥ずかしいから出来ません!」良美の顔が青ざめている。

 「奥さん、せっかく教えてくれるんだ。言う事を聞かないと責任持たないよ」順次が裸になるよう脅した。
「そうよ、ヌードはあなただけじゃないわよ。私もヌードになるわよ」久恵は笑顔になってレオタードを脱ぎだした。
肩から脱ぐと白いブラジャーが見えている。

 「奥さんも脱がないと…」
「わかりました」良美が覚悟を決めて脱ぎだすと、久恵はそれを見なが脱いでいくが、目が異常に輝いていた。
(イヤよ。女性同士と言っても、脱ぐのはイヤよ)顔をしかめながら下着姿になってパンティを引き下げた。

 「ヘアを剃っているのね。都合がいいわね」笑顔で久恵もパンティを脱いで全裸になった。
(剃っているんだ!)久恵も良美と同じく、絨毛が生えておらず、綺麗なピンク色の淫裂が剥き出しになっている。

 「久恵、綺麗だよ」
「ダメ、見るだけよ。触ったら、順次でも警察に訴えるからね」
「わかったよ。抜くのはいいだろう?」
「オナニーしたいなら、いいわよ」
「ありがとう」順次もズボンを脱いで下半身を剥き出しにしていく。
 
 久恵は順次を無視して音楽を流した。
「はい、腕をまっすぐにするの」久恵のまねをして踊っていく。
(イヤだわ、オチンチンをあんなに堅くして…)順次の肉竿が大きく膨らんでいた。
(見ないようにしないと…)目を向けないようにして久恵の言われるまま踊っていく。

 「そうよ、そこでこうよ」足を上げて体を反らした。
(イヤよ、性器の中まで見られてしまう…)イヤだったが、言われるままにして足を上げると、久恵は淫裂をじっと見ている。
(その気はないからね。レズなんて変態よ)2人は乳房を大きく揺らせながら、踊り続け、2人の全身から汗が流れている。
それに、呼吸が荒くなっていた。
 
 踊り出して15分程すると音楽が鳴りやんだ。
「ここ迄よ。少し休んだら1人でやってみて」久恵は潤んだ顔をして、乳房をわざと押しつけ、4個の乳房が重なり合い潰れている。
(レズはイヤよ!)すかさず、良美が後ろに引くと「逃げなくていいわよ」手で良美を抱きかかえる。

「恥ずかしいわ。女同士よ」
「平気よ。少し楽しみましょうよ」唇を重ねてくるが、順次はそれをニヤニヤ見ているだけだ。
「ダメ、そんなのダメ。それより踊りよ!」淫裂を触られて、叫んだ。
「その通りだ。覚えたらいいけど、それまでは練習だよ」

 「わかった。終わってからする」不満そうな顔をしながら、また音楽を掛けていく。
(フー。誰が、レズ何かするもんですか!)久恵に全裸を見られ、踊りだした。
鏡にも全裸で踊る姿が映っている。
(いやらしい踊りだわ、膣まで見えてしまうじゃないのよ)
足を上げると鏡に口を開いた淫裂が映っている。
良美はその後も数回踊らされて、何とか1人で踊れるようになった。
 
 「上手になったわね。今度はあなたがご奉仕するのよ」鏡の前に良美が立たされ背中から久恵が乳房を掴み、揉みだし、久恵の荒い呼吸が聞こえてくる。
(やめて、オッパイを触らないで!)拒みたいが無理だ。
「久恵、あれもしていいよ。奥さんもしたがっているから」
「それなら、やらせて!」良美を仰向けに寝かせ、股間に頭を沈め、淫裂を舌でなめだした。

 「だめ、そんなのだめ。やめて!」逃れようとするが無駄で、指と舌が動いていく。
「ん、ん、ん!」(レズなんてイヤよ、でも気持ちいい…)良美の腰が浮いて、動きだす。
「私にもして。わかるでしょう?」久恵はシックスナインの体位を取り「奥さん、お礼をしないと。久恵がして欲しいそうだよ」ニヤニヤしながら言う順次だ。

 (わかったわよ。やればいいんでしょう!)良美も指と舌を使い、淫裂を撫でていくと「そうよ、久しぶりに気持ちいいわ!」声を上げながら、喘いでいく。
「久恵、気持ちいいか?」
「いいわ、凄くいい。男よりいいわ…」久恵は良美の淫裂を舌でなめだした。
「あ、あ、あ!」2人の淫裂は淫汁で濡れている。
 
 それまで、黙ってみていた順次だが、立ち上がり久恵の背中に乗った。
「ダメ、触らないで。約束したでしょう、見るだけだって!」
「やらせてくれよ。俺のお陰でいい思いが出来たんだぞ!」肉竿が久恵の淫裂を捕らえた。

 「ダメ、男は嫌いよ。入れたら訴えるわよ!」久恵が叫ぶが、順次は肉竿を久恵の体内に押し込み「あ、あ、あ!」潤っている淫裂は、肉竿をすんなり迎え入れた。
「イヤ、抜いて、順次。イヤな事を、思い出させないで!」
「忘れるんだ。いつまでもあんな事にこだわるな。男の良さを俺が教えてやるから」良美の時とは違い、肉竿がゆっくりと動いていく。

 (オチンチンが、膣に入っている…)目の前の光景に、良美の淫裂からは更に蜜が流れていく。
「久恵、奥さんにしてあげて。奥さんも欲しがっているから」ゆっくりピストンしながら乳房も揉んでいく。

 「出さないでよ。お腹の中には絶対出さないで!」
「わかっているよ、俺に任せろ」優しく腰を動かしていく。
(気持ちいいんだわ、お汁がタップリ流れている…)久恵の淫裂から流れ出る淫汁が良美にも見える。
 
 順次は頃を見計らい、ピストンを早め、それには「あ、あ、あ!」頭をあげ、髪を振りだす。
「久恵、気持ちいいだろう。これが本当のオ○ンコなんだ!」
「言わないで、そんな事は言わないで…」喘ぎながら答える。
「いいな、あの事は忘れてオ○ンコもするんだぞ」肉竿は根本まで入り、ピストンしてく。

 「久恵、出したいよ。お前のオ○ンコの中に…」
「ダメ。出したら、本当に警察に訴えるからね!」順次は登り詰めようとしていた。
「奥さん、飲んで!」肉竿が、良美の口に押し込まれ「ウグ、ウグ!」肉竿が咽の奥まで入り込み「うー!」と放出した。

 その後、部屋の中では沈黙が続いた。
「久恵、良かったよ」優しく久恵に抱き付き乳房を揉んでいく。
「順次にされると何ともないわ。どうしてかしら?」
「俺を好きだからだよ」乳首も摘み、口で吸うと「気持ちいいわ、順次!」喘ぐように言う。

 「男もいいだろう?」淫裂も触っていく。
「少しだけよ。信用はしてないからね」
「そうか。だったら、ゆっくり教えてやるよ」唇も吸うと「見られているわよ、恥ずかしいわ」良美が目に入って、慌てる久恵だ。

 「そうだな、その内にだな」順次は脱いだ服を着だす。
「私も着ないと」久恵も下着を着込み、良美も脱いだ服を着込んで、着終えると2人はバスに乗って村に戻った。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター