fc2ブログ

「淫らな山村」第8話 願掛け

第8話 願掛け
 
 昼食を済ますと、早速磯野夫婦が酒を片手に持って来た。
「奥さん、期待していますよ」
「わかっています…」怯えながら準備を始めていく。

 (裸になるなんて、いやよ)そう思いながらも、この前と同じく全裸になり、黒いストッキングとガーターベルト、黒い手袋だけ身に着け、乳房と淫裂を露わにした。
「俊樹さんに、何て言えばいいのよ」準備を終えると「お待たせしました…」3人の前に現れた。

 「す、素っ裸じゃないか!」それには俊樹も声を上げた。
「私、ヌードで踊りたいの。裸って、開放的で凄く気分いいし…」目を真っ赤にし、体を震わせながら音楽を掛けた。
すると、テンポのいい音楽が流れ、それに合わせて良美は踊りだした。

 乳房は円を描いて揺れ、淫裂がパクパク口を開いていく。
「凄いよ、勝代もやって見ろよ!」康夫は興奮している。
「わかった、奥さんが終わったら、私も踊ってみる!」磯野夫婦を後目に笑顔で踊り続けた。

 踊りは15分ほどで終わった。良美は全身汗まみれで息が弾んでいる。
「今度は私ね」勝代も服を脱いでいくが、勝代の股間には絨毛が生えていない。
「奥さん、相変わらず綺麗ですね」

 「お世辞でも、嬉しいわ」全裸になると音楽を掛けて踊っていくが、見よう見まねなので、そんなにはうまくはない。
ただ、乳房を揺らしたり、淫裂を惜しげもなく晒しているだけだ。

 やがて、音楽が鳴りやんだ。
(俊樹さんとセックスをしないと…)良美は見計らって、俊樹に抱き付き股間を撫でてると「して。これが、欲しくなっちゃった!」甘えるように言う。
「僕も欲しくなったよ、四つん這いでしたい…」

 「わかったわ、後ろからね」ズボンを脱がすのを手伝うと、四つん這いになった。
「いくぞ!」いきなり淫裂に押し込むから「あ、あ、あ!」声を上げ、髪の毛を振り乱していく。

 それを見て「勝代、見てみろよ!」康夫は勝代を膝に乗せて、乳房を触りだす。
「欲しいわ、私もオ○ンコしたくなった…」勝代も康夫にせがんだ。
「わかった、四つん這いだよ」

 「いいわよ、あれでしたいし…」良美と向かい合って四つん這いになり、康夫も淫裂に押し込んでいく。
「いいわ、凄くいい!」声を上げてだし、2人の体内に、夫の体液が噴射された。
 
 踊りを見て、楽しんだ磯野夫婦が帰ると「良美、おまえのヌードを撮りたい!」俊樹が言い出す。
「イヤよ、ヌードだなんて…」
「お願いだ。撮らせてくれよ」食い下がる俊樹に(どうしよう、俊樹さんもヌードを撮りたいだなんて…)渋々、黙って頷いた。

 「良かった。もう一回踊ってくれよ!」ビデオを構えて準備をしていく。
(仕方ないわ。俊樹さんの為だもの)また音楽を掛けて踊っていく。
良美は笑顔で踊り、俊樹は妻の全裸をビデオに収めていくが、磯野夫婦はその後も度々訪れた。

 そんな中、俊樹の留守を狙って順次と百合が訪ねて来た。
「何のようなの?」怯えて言うと「行きましょうよ。奥さんとしたいのよ」
「そんな、レズ何てしたくないわ」
「イヤでもやるのよ、ほら行こうよ」強引に良美を外に連れだして歩いていく。

 「どこへ行くの。誘拐罪よ」
「あら、そんな事言ってもいいのかしら。困るのは奥さんじゃないかしら?」
(そうよ。ここはおとなしくするしかないわ)急に黙り込んでしまった。
「そうだよ奥さん。そのほうがいいよ」順次達は山に向かって歩いていく。

 細い道を歩いていくと、神社の鳥居があった。
「奥さん。脱いで、ここから素っ裸よ」
「イヤよ、どうしてヌードにならないと、いけないのよ!」
「いいから、脱ぐのよ。恥を掻きたいの?」脅し文句が飛び出した。

 「わかったわよ」渋々服を脱ぎだした。
「いいね、青空でのストリップも」順次はその様子をカメラで撮ってく。
「やめて、撮らないで!」
「今更、何言っているのよ。オ○ンコビデオを撮られたんでしょう。それくらい、我慢して!」
(脅迫までするなんて)悔しさに、唇を噛みながら下着姿になった。

 良美は白いスケスケだった。
「いいわね、スケスケも」百合は笑顔になって、背中のホックを外した。
「やめて、お願いです」
「遠慮しなくていいわよ、手伝わせてよ」肩紐も外すと、カップから、白い乳房が飛び出て揺れている。

 その後、パンティを掴まれたが「自分でします!」慌てて引き下げていく。
「あら、残念だわね」空いた手が乳房を掴んでいく。
「やめて、そこは痛いから!」乳首が指と指の間に挟まれて、潰されていた。

 「欲しいでしょう。オ○ンコが?」
「欲しくないわ。そんなの…」下を向いたままパンティを脱ぎ、全裸になった。
股間の生えかけの絨毛も露わになっている。
「いいね、奥さんの素っ裸は都会の臭いがして」悔いが残らないようにと、撮り続けるが「やめて、もう撮らないで!」首を振り、手で股間を覆う。

 「順次。もう、行こうよ。奥さんは服を片づけて!」脱いだ服を木陰に仕舞い込んみ、全裸のまま歩き出した。
「ここは子宝の神社なんだ。願掛けの時は、ここから素っ裸になるんだよ」順次は歩きながら良美に説明していく。

 (聞いた事無いわよ、フルヌードで願掛けなんて!)それを黙ったまま歩いてく。
鳥居をくぐり、石段を上っていくと、後ろの久恵には良美の淫裂が丸見えになっている。
久恵は淫裂に指を入れ「あっ!」声を上げたが、指を入れらられたまま、階段を上り切って境内まで来たのか、正面に社が見えている。

 「久恵、やりたかったら、お前もここから素っ裸だぞ!」
「わかっている。準備はできているわよ」久恵はシャツを脱いだ。
すると、いきなり乳房が飛び出している。

 「順次、お腹に出さないでよ。出したら、絶対にやらせて上げないからね!」シャツを脱ぎ、上半身を剥き出しにした。
「わかっているよ。オ○ンコさせてくれるんだから。奥さんのオ○ンコに出すから」
その乳房を撫でていくが(イヤ、射精なんてイヤ。もう、犯さないで!)良美は泣きそうな顔になってしまった。

 「良かったわね、膣の中に出されるから」意味ありげな事を言いながら、スカートを引き下げた。
「何だ、パンツも履いていなかったのか…」
「だって、直ぐやれるし!」膝まで引き下げ、足を上げて全裸になった。

 久恵の股間には、絨毛が一本も生えていないから、ピンクの淫裂が剥き出しになっている。
「相変わらず、ヒラヒラがいやらしいな」
「仕方ないわ、大人の性器はこれが普通なのよ」顔を赤らめ脱いだ服を隠していく。

 「順次も脱ぎなさいよ。ここからはヌードにならないと…」
「わかったよ、脱ぐよ」順次も服を脱技だし、脱ぎ終えると服を隠した。
「相変わらず、元気がいいわね。そんなにオ○ンコしたいの?」勃起した肉竿を見つめている。

 「そうさ、今日は久恵と奥さんとやれるから嬉しいよ。それより入ろうよ」3人は社に入った。
中はがらんとしていて、女性と男性のシンボルを模した木像が置かれている。
「奥さん、これでやるのよ、こうやって…」久恵は木像にコンドームを取り付けていく。

 (そんな、破廉恥な…)それをじっと見つめているが、コンドームを取り付けると淫裂を押し当て「あ、あ、あ!」ゆっくり腰を密着していく。
「これが願掛けなの。子供が欲しい人はこうするの…」密着させると。木像を抱きしめて腰を前後に振りだした。

 「久恵も産みたいのか?」
「欲しくはない。いい気持ちだから、やっているの。ほら、奥さんがやるのよ」
(イヤよ、オチンチンならいいけど、こんなのでセックスだなんて…)久恵がしたように、木像の突起に淫裂を押し当てていく。

 「うっ!」呻き声を上げながら根本まで吸い込んだ。
「いいわよ、奥さん」背中から久恵が抱き付いて乳房を押しつけてきた。
(イヤ、レズなんてイヤ!)木像に抱き付いてゆっくり腰を振りだした。
その時「ピカ!」閃光がした。

 「イヤ、恥ずかしいから撮らないで!」
「恥ずかしくはないよ。いい姿だよ、久恵も奥さんも」閃光がまた瞬いた。
「仕方ない、撮りたかったらいいわ。その変わり秘密だからね」良美の乳房を掴み揉んでいく。

 「イヤ、やめて、オッパイは触らないで!」
「触っていないわ、揉んでいるのよ。ここも揉むわね」指で乳首も摘み転がしていくと「あ、あ、あ!」体を反らし、喘ぐ声をあげ、順次はそんな2人を撮っている。

 写真を撮っている順次も興奮して、肉竿が限界まで膨らみきっている。
「久恵、やらせてくれ!」カメラを置くと、久恵の背中に抱き付く。
「いいわよ、私も気持ちいい思いをしたいし…」足を一歩広げて順次の肉竿を待つ。
「入れるよ」手で掴んで押しつけた。

 肉竿が膣穴に入り「あ、ああ、ああ!」喘ぎ声を上げるが「ダメ、押さないで、膣の奥まで入ってくる~!」久恵に背中を押され、木像が良美の膣の奥まで入り込んでいる。
「我慢して、直ぐにいい気持ちになるから…」順次は根本まで押し込むと、腰を振りだした。

 その動きに合わせて、久恵も腰を動かし「ダメ、久恵さん、動かないで!」
「仕方ないのよ。順次のオチンチンが奥まで入ってくるんだから」喘ぐ久恵だが、両手はしっかりと良美の乳房を掴んでいる。

 「久恵のオッパイにも、してあげるぞ!」両乳房が掴まれた。
「ダメ、乱暴にしないで。また、思い出しちゃうから…」
「忘れろ、あんな事…」腰の振りを早めて「ダメ、お願いダメ!」巻き添えで良美の振りも早まっていく。

 (気持ちいいわ。こんな破廉恥な事だけど、オッパイも感じているし…)淫裂からは淫汁が流れて、太股まで垂れている。
それは久恵も同じだった。
「いいわ、気持ちいい!」喘ぎながら順次のピストンを受けている。

 「久恵、限界だ、出させてくれよ」
「だめ。二回していいから、奥さんに出して!」射精を逃れようとしていく。
「わかったよ、奥さんに出すぞ」諦め、良美を四つん這いにして、腰を振っていくと「あ、あ、あ~!」良美は髪の毛を振り乱し声を上げていく。

 「気持ちいいだろう、俺のチンポが?」
「良くない、こんなの良くない…」途切れ途切れに言うが、体は正直で蜜が更に流れ出ていた。
(いいわ、凄くいい。レ○プされているのに、感じている…)認めたくなかった。

 「良くなかったら、やめようか?」肉竿を抜いた。
(イヤ、やめないで。オチンチンを入れて!)腰を後ろに下げ、肉竿を求めた。
「欲しいなら言えよ。オ○ンコして下さいって!」

 「して下さい。オ○ンコして下さい…」蚊のなるような声だ。
「もっと大きな声で言うのよ、私とオ○ンコして下さいって!」
(言いたくない。そんなみっともない事なんか…)首を振りながら「私とオ○ンコして下さい」ハッキリ聞こえるように言った。

 「そうか、奥さんはオ○ンコしたいんだよね。やって上げるよ」
「あ、ありがとうございます」再び肉竿が動きだした。
(気持ちいいわ、膣に出されてもいい…)体をくねらせていく。
その思いが通じたのか、子宮の中が暖かくなっていく。
(射精だわ、射精されたんだ…)淫裂の中にも漂いだした。

 肉竿を抜くと白い液で汚れている。
「やらせて、順次!」
「大丈夫かい?」
「やってみるわ」目を閉じて、肉竿を口に含むと、ゆっくり動かしていく。

 「気持ちいい、久恵。もう一回やりたいよ!」放出したばかりの肉竿だが、また膨らみきって(若いからだわ。俊樹さんも、昔はああだったのに…)順次と久恵の行為を見つめている。
「もう大丈夫ね、私にやらせて」久恵は順次を仰向けに寝かせて、馬乗りになった。

 そして、肉竿を体内に吸い込んだ。
「いいよ、久恵。奥さんも久恵を手伝って上げないと…」
「わかったわ、オッパイを吸えばいいのね?」息を荒立てながら、右乳房を掴み、吸うと「いいわ、凄くいい!」喘ぎながら腰を振ってく。

 社には久恵の喘ぐ声が響いているが「いやー!」悲鳴を上げた。
「ごめんよ、我慢できなかったんだ。責任は必ず取るから許してよ」順次は堪えきれずに、膣の中に放出してしまった。
「酷いわ、出さない約束だったでしょう。もう、絶対にやらせて上げないわ!」手で股間を押さえながら言う。

 「謝るよ、久恵。機嫌なおしてよ。そうだ、浴場で体を洗おうよ、背中も洗って上げるから」嫌がる久恵の唇を吸っていく。
「わかったわ。飲んでいるけど、洗わないと」淫裂からは白い液体が流れていた。

 「だったら行こう、奥さんはどうする?」
「私は帰るわ。家でシャワーを浴びたいし」
「それなら仕方ないね、久恵行こう!」3人は全裸のまま社から境内に出ていく。
順次と久恵は隠して置いた服を着込んでいくが、良美は全裸のまま階段を下り、木陰から服を取りだして着込んでいると、暫くして順次と久恵が現れた。

 「奥さん、今日は楽しかったでしょう。オ○ンコして貰えて!」
(良くなかったわ、あんな事を言わせて…)黙って服を着込んでいく。
「あら、もっとやって欲しかったみたいね。順次が私のお腹に出さなかったら、奥さんに出せたのにね」嫌みを言う。

 「久恵、それより洗わないと。グジュグジュなんだろう?」
「そうよ、早く洗いたいの」
「奥さん、悪いけど帰るね」2人は共同浴場に向かい、良美も着込み終えると自宅に向かった。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター