fc2ブログ

「淫らな山村」第9話 再会

第9話 再会
 
 順次の呼び出しはその後も続いた。
「イヤだけど…」渋々家を出て、バス停に立っていると「奥さん、どちらへ?」わざとらしく順次が声を掛けてきた。

 「ちょっと、用事がありまして町まで…」
「それでしたら、お送りしますよ。ついでだしね」ドアを開けた。
「悪いからいいわ」
「遠慮無く乗って。奥さん!」西川が降りて中に連れ込む。

 (イヤ、変な事する気なんでしょう?)強引に乗せられると走り出す。
「奥さん、これに乗ったからには服は要らないよ、素っ裸になって貰うからね」
「イヤ、もうヌードはイヤです」

 「イヤでも脱ぐんですよ」車は脇道に入って停まった。
「奥さん、ここで脱いで貰うよ」
「脱がないわ、ヌードにはならないからね」拒む声が震えている。

 「そうは行かないんだよ、奥さん!」良美は外に連れ出され抑えられた。
「イヤ、やめて、お願いです!」羽交い締めにされボタンが外されていく。
「奥さんは裸が一番似合うんだから」勝手な事をいいながら、服を3人掛かりで剥ぎ取っていく。

 「いや、やめて!」叫ぶが助けが来る事はあり得なく、良美はあっけなく下着だけの姿にされた。
「いいね、奥さんのオ○ンコが」パンティが引き下げられ、手入れされた淫裂が3人に晒さると、足首まで引き下げられ、抜かれた。

 「今度はオッパイだな」ホックが外され、白い乳房がカップから飛び出し、揺れている。
「許して、もうヌードになりたくない!」叫ぶが全裸にされて触られだし「う、う、う!」嗚咽を上げ泣く事しかできない。
 
 「奥さん、これで素っ裸だね。このまま乗って貰うからね」
「イヤよ。ヌードで、何てイヤ!」
「だったら、素っ裸でここにいな」脱いだ服をトランクに仕舞い込んでいく。

 「返して。お願いですから返して!」叫ぶが「バタン!」トランクが閉まり(いやよ、ヌードでなんて!)泣きながら、胸と股間を隠している。
「どうする、このまま素っ裸で戻れるかい?」
「の、乗せて下さい…」小さな声だ。

 「わかった、乗ってくれ。ところで、お礼は何だ?」
「お礼ですか?」
「そうさ、奥さんがオ○ンコしてくれよ」
(イヤよ、何でセックスしなければいけないのよ!)黙ったままだ。

 「イヤなら、乗らなくていいよ、素っ裸で戻るんだね。暴行されても知らないからね」
「イヤ、レ○プされるのはイヤ。セックスしますから、乗せてください…」泣きながら言うしかない。

 「セックスって何かな。俺、わかんないな」
「そうだよ、そんな上品な言葉はわかんないよ、奥さん!」ニヤニヤしながら言う。
「お礼に、オ○ンコしてあげます…」涙が頬まで流れている。
「そうですか、奥さんはオ○ンコがしたいんですね?」
「はい、私とオ○ンコして下さい…」屈辱だった。

 「それでしたら、オ○ンコしてあげますよ。とにかく乗って下さい」良美が乗り込むと同時に、順次とが隣に座り乳房を揉まれていく。
「やめて、見られたらどうするのよ!」
「構わないさ、見せてやろうよ」淫裂に指を入れられ「ん、ん、ん!」顔を歪めながら堪えている。

 「奥さん、やりたいだろう。オ○ンコを?」ズボンを引き下げていく。
「ここじゃイヤ。帰ったらしてあげるから、車の中では許して…」叫ぶが座席の上に寝かされた。

 「やめて、丸見えよ。セックスを見られるのよ!」下半身剥き出しの順次は覆い被さり(入ってきた…。膣の中に入ってきた…)暖かい肉竿が淫裂に入ってきた。
「抜いて。見られたらどうするのよ!」叫ぶが、肉竿はゆっくりと、ピストンを始めていく。
「ダメ、お願いだからやめて!」叫ぶが、良美はされるがままだ。
 
 ピストンが始まってから暫くし、信号待ちで車が停まった。
「奥さん、皆が見ているよ、オ○ンコしているのを!」
「イヤ、イヤ!」首を振っている。

 「どうせだから、奥さんのオッパイも見せてあげようぜ!」ニヤニヤしながら西川が言うと「そうだな、ほら、起きるんだ!」強引に上半身が起こされ、そして乳房を揉まれていく。
「やめて。何でもしますからやめて!」体を隠そうとするが、また起こされ、窓のほうに体を向けられた。

 「やめて、ヌードが見られてしまう!」目を閉じてしまった。
「オ○ンコも見せようよ!」窮屈な車内で足も持ち上げられた。
「見ろよ、オ○ンコを見て驚いているぞ」笑い声で言う西川に「う、う、う!」泣き声も上げていく。

 「信号が変わったか。残念だけど、ここまでだよ」車が走りだし「オ○ンコのやり直しだ。バックからだ」窓に向けられた良美は、背中から肉竿が押し込まれた。
「いやです。何でもしますからもう許して下さい!」泣き声が響いていく。

 「本当に、なんでもするんだね?」
「はい、ですから、ここでのセックスだけは許して下さい…」
「わかった。許してやるよ」してやったりと言った顔で順次は引き下がった。

 (良かった。おとなしく聞いて貰えて…)ホッとするが車は繁華街へと入り「イヤ、ヌードよ、見られてしまう!」また泣き顔になってしまった。
「見たいやつには、裸を見せてやれ!」乳房を揉みながら言う順次に「う、う、う!」どうする事も出来ず(見られている。ヌードを見られている…)目を閉じて、泣くだけだ。

 だが、窓にはカラーフィルムが張られ、外からは絶対に見えないのを、良美は知らなかった。
「スケベなやつだな、裸見たさに覗き込むなんて」
「ホントだよ、だから年寄りは嫌いなんだよな」良美をからかう3人だが「う、う、う!」そんな事とは知らず。泣くだけだ。
 
 やがて、車は建物の脇に停まった。
「降りるんだ」
「イヤ、ヌードです、もう恥ずかしい思いはしたくありません!」
「だったら、1人でいるのか。レ○プされても知らないぞ」

 「行きます、待って下さい!」手で胸と股間を押さえ、車から降りたが、幸いにも人がおらず、順次達は建物の中に入っていく。
(見られてしまう。でも、行かないと…)項垂れて後を付いていくと「いらっしゃいませ…」店員が声を掛けてきた。

 「あら、お元気のいいお客様だわ。フルヌードで起こしだなんて!」聞き覚えのある声だ。
「百合、奥さんを頼むよ。綺麗にエステしないとな…」意味ありげに言う。
「わかったわ。今日は臨時休業ね」皆が中に入ると「臨時休業」の看板を掛けて鍵を掛けた。

 ここはエステで、百合はこの前、良美とレズをやった相手だ。
「奥様、ここに仰向けになって下さい」言われるまま、小さなベッドに仰向けになっていく。
「どのようにしましょうか?」

 「お任せします…」
「わかりました。まずはヘアの手入れからです」
百合は良美の足を広げ「綺麗だわ。まだピンクよ」指で割れ目に沿って撫でていく。
「イヤ、そんな事しないで下さい…」

 「そうだよ、百合。それは久恵とだよ。取り合えず手入れだ!」
「わかったわよ。後でさせて貰うからね」ハサミを持って、良美の絨毛を短くカットしていくと切られた絨毛が落ちて、白いシーツを黒くしていく。
(イヤ、ヘアを剃られるのはもういやよ)顔を手で覆い隠している。

 絨毛を短くカットするとカミソリで根本から剃っていく。
「奥さん、全部は剃らないから安心して。周りは全部剃るけど」肉襞を掴んでカミソリで剃っていく。
 
 やがて、淫裂の周りは障害物が無くなり、割れ目が剥き出しにされると、恥丘の絨毛も剃っていく。
「イヤ、全部は剃らないと言ったでしょう?」
「大丈夫よ、全部は剃らないから」カミソリが動き、小さな三角形にしていく。

 「いいね、それも…」返って卑猥に見えている。
「これで、ヘアは終わったわね。今度は膣の手入れね」指で淫裂を開くと、パックリと膣穴の空洞が見える。

 「順次さん、やったでしょう。膣が開いているからわかるわよ!」
「指でやったんだ。オ○ンコはしてないから…」
「嘘言ってもダメよ。指ではこんなに開かないわよ」ニヤニヤしながら、肉襞を指で擦っていく。

 「百合に掛かったら、何でもお見通しだな…」
「そうよ、だから変な事はしないの」百合が丁寧に肉襞を、指で揉んでいくと「ん、ん、ん!」刺激が強いのか、声を上げだした。
 
 「あら、欲しがっているわ。仕方ないわね。美乳マッサージをしてあげないと」今度は乳房を掴み、撫でていく。
(ダメ、そんな事されたら声を出しちゃうからやめて)百合は乳房をリズミカルに揉み、時折、乳首も吸っていく。

 それには「あ、あ、あ!」堪えきれずに、良美は声を出してしまった。
「声を出してもいいわよ。気持ちいいんでしょう?」
「そうなの。オッパイが凄く気持ちいいの…」

 「だったら、しましょうよ。2人で!」唇を押しつけてきた。
(イヤ、レズはイヤ。どうせなら男の方がいい!)嫌がるが強引で、百合は乳房を吸い、淫裂を吸っていく。
「ダメ、そこはダメ!」良美の腰が動きだした。

 それを見て「百合、もういいぞ。次は淳子の所だから」声が掛かる。
「あら、もうお終いなの。最後は久恵の所ね?」
「そうだよ、先に行って待っていろ」良美の腕を掴んで外に出ていく。
(イヤよ、ヌード姿を見られたらどうするのよ)走るようにして、停めてあった車に乗り込んだ。
 
 良美が乗り込むと、商店街を走り、下着店の駐車場に停まった。
「降りろ!」また裸のまま、店の中に連れ込まれた。
「いらっしゃいませ。ヌードの来店なんて、初めてだわ」ニヤニヤしながら声を掛けてきた。

 「淳子、そう言うなよ。奥さんは裸になるのが好きなんだから。それより、面白い物はないかな?」
「あるわよ、これを着けて」黒いメッシュのボディスーツで、胸の部分と股間の部分がくり抜かれてあり、乳房と淫裂が丸見えになってしまう代物だ。

「奥さん、着るんだ。素っ裸よりはましだろう?」
「イヤ、そんなのを着るなら、このままがいいわ!」
「そうか、奥さんは素っ裸でいたいんだね。だったら、公園に行こうよ」
「着ます。ですから公園は許して!」淳子から奪うようにして、着込んでいく。
 
 (イヤよ、こんな変態みたいのなんて…)着込むと、乳房が大きく見えている。
「いいわね、お似合いよ」笑顔の淳子だ。
「淳子も来いよ、奥さんのショーが見られるから」

 「わかった、久恵の所でしょう?」
「そうだ、来るのか?」
「勿論よ、店はお休みよ」淳子も休業の看板を掲げて車に乗り込んだ。

 狭い車の中で淳子と良美は密着している。
「奥さんの可愛いわ…」淳子は我慢できないのか、飛び出した白い乳房を掴み、揉んでいき「やめて下さい…」今にも泣きそうな顔で、淳子の手を押さえて言う。

 「まだ早いぞ。後で楽しませてやるから、それまで待てよ!」
「わかったわよ」おとなしく引き下がった。
程なくして、久恵がいるカルチャーセンターに着いた。

 「降りるんだ!」車から降りて中に入っていくと「待っていたわ、こっちよ」久恵と百合が出迎えにでた。
「相変わらず綺麗ね。それにヘアも手入れされて嬉しくなっちゃうわ」笑顔の久恵だ。

 5人は久恵を先頭にして歩き「ここよ、誰にも邪魔はさせないわ」入ると鍵を掛けた。
そこはダンスの練習場だ。
「淳子に百合。お前達も踊るんだ、やらないなら、奥さんとやらせないからな!」
「やるわよ、踊ればいいのね?」
「そうだ、ただし、素っ裸だぞ!」
 
 全裸と聞いて「えっ、フルヌードなの?」顔が強ばった。
「そうだ、素っ裸だ。久恵も素っ裸で踊るんだ!」
「わかったわ、裸になればいいのね」
「そうさ、1人ずつ素っ裸になるんだ」

 「私が先に脱ぐわ。ここは私の場所だし」皆が見守る中で、レオタードを脱ぎだす。
(そうだ、それでいい。後でタップリ可愛がってやるからな)今野はバックの中にある、隠し撮り用ビデオで、脱ぐのを撮っていく。
そんな企みがあるとは知らず、久恵は全裸姿を晒している。
股間の絨毛を剃って、淫裂は剥き出しになっている。

 「次は百合だ。百合も素っ裸だからな」
「わかっているわよ」百合も服を脱いで、パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になっていき、それも隠し撮りしている今野だった。
「これでいいのね?」
「そうだ、それでいい」
最後に淳子も服を脱いで(そうだ、それでいい…)見守る中、全裸になった。
 
 「奥さんも素っ裸だよ。ほら、手伝ってあげないと」
「そうよね、奥さんも脱がないと」役目をしないボディスーツが脱がされ全裸にされた。
「いいね、どうせなら4人並んでオ○ンコを見せてくれよ」

 「その変わり、見るだけだからね」何も知らない3人は良美を中心に並び、それを隠し撮りしていく。
(後で泣くだろうな…。男嫌いを直す為だから、我慢して貰わないと…)笑顔で見つめていた。

 「久恵、始めてくれ!」
「任せて」久恵は音楽を掛けて踊り出し、乳房が円を描くように揺れていく。
それに合わせて、良美達3人も踊り、8個の乳房が揺れ動いている。
「いいね、凄くいいよ」隠し撮りしている今野も笑顔になっている。
そんな企みがあるとも知らず4人は踊り続けた。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター