赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「OL哀歌~美由紀編」第34話 2人の出産  

 やがて、美由紀と陽子は9ヶ月目に入り腹が破裂するくらいに膨らんでいた。

いつ出産するかわからない体に「ねえ、陽子さん。1人だと心配だから美由紀さんと一緒にいた

ら?」絵里は陽子の夫の帰宅が不規則なので心配していた。

「そうよ、昼だったらメイドもいるから安心だし、夜だって繁之さんがいるから安心よ」

「あなた、どうしよう?」

「陽子、ここは甘えた方が僕は安心だよ」

「決まったわね。今日から泊まって行きなさいよ」

「それじゃあ、甘えさせて下さい」このようにして陽子は美由紀と一緒に暮らして出産を待つ事

にした。

 

 2人が一緒に暮らしはじめてから2週間が経っていた。

「痛い。お腹が痛い!」まだ出産の経験のない陽子が美由紀に告げた。

「始まったみたいだ。それじゃあ病院に連絡しておくわ」美由紀はメイドに指示し、タクシーを

手配させて陽子を病院に向かわせた。

陽子の夫への連絡を取って病院に行くように連絡し、一通り片づくと「痛い、今度は私の番だ!」

美由紀も陣痛が始まった。

美由紀は二度目なのでまだ余裕があり、繁之と連絡を取り絵里とも連絡を取った。

メイドにタクシーを用意させて陽子と同じ病院に向かった。

 

 病院に入ると美由紀は分娩室に入れられ、隣には陽子が顔をしかめている。

「痛い!」泣き出している陽子に「陽子さん、泣くなんて何ですか。赤ちゃんだって苦しいのよ」

美由紀に気づいた陽子は泣くのをやめた。

「頭が見えてきた。もうすぐよ!」助産婦が陽子に説明している。

「美由紀さん、もう、泣かない!」陽子は助産婦に言われてお腹に力を入れた。

「オギャー、オギャー!」産声が分娩室に響いている。

「おめどう、元気だわ。女の子よ!」助産婦は汚れた赤ちゃんを陽子に見せた。

「これが私の子供なのね!」陽子は我が子を見たとたん、大粒の涙を流していく。

陽子が分娩室から出ていくと美由紀も出産をしていく。

「うー!」痛みに耐えていると「オギャー、オギャー!」と産声が響いていく。

「おめでとうございます。女の子です」美由紀も女の子だった。

美由紀も分娩室から病室に移されて陽子と同じ病室で陽子は安らかな顔で眠っている。

「幸せそうな顔ね!」美由紀も陽子の隣で眠った。

そのころ、繁之と陽子の夫はガラス窓から我が子を見ていた。

「あれが私の子供なんですね」はじめて親になった陽子の夫が言う。

「そうですよ。その隣が私の子供です!」2人は食い入るように見つめていた。

美由紀と陽子は1週間後に退院したが美由紀は赤ちゃんの世話で忙しかった。

それは陽子も同じで、親戚が1週間手伝いにきてくれたから何とかしのげた。

2人がいない間は真弓が美由紀の代わりを勤め、由佳も手伝っている。

そして、美由紀がやっと戻ってきたが、陽子は戻ってこなかった。

「美由紀さん、私、夫と決めたんです。暫く休ませて欲しいの。1年間だけ休ませて!」

「いいわ、やめられたら困るから1年間だけ我慢する!」

「ありがとう、美由紀さん!」陽子のいない会社で美由紀は仕事をしている。

 

 そして、1年後にやっと陽子が戻ってきた。

「待ってたわ、陽子さん!」美由紀は陽子を迎え入れた。

「久しぶりだわ。この感じがなつかしい」

「そうよ。ここで陽子さんのオッパイを吸ったのよ」美由紀の言葉に「ねえ、久しぶりにしよう

か!」

「そうね、楽しみましょう!」美由紀は秘書に「これから大事な話があるから誰もこないように

してね」電話をかけると陽子の着ているツーピースのボタンを外していく。

「私にもさせて!」2人は向かい合ってお互いにボタンを外し合う。

衣服を脱ぎ合い、2人は生まれたままの姿になると2人の乳首は黒ずんでいる。
 
                1456336634a5327e3ebfbb679912d7e86b8178e56e.jpg

陽子と美由紀はお互いに乳房を揉み合うと2人の乳房からは白い乳が吹きした。

「あら、まだ出るの。美由紀さん!」「陽子さんこそ!」笑い声を上げながら2人は昔を懐かし

がって抱き合った。

 

 その夜、美由紀の屋敷に陽子夫婦と由佳が訪れた。

2人の赤ちゃんは安らかな顔で隣の部屋で眠っている。

「私からね!」絵里がきらめくライトの下で浴衣を脱ぎ、スケスケのスリップだけの姿になって

いくと乳房と淫裂が丸見えだ。

そのスリップも脱いで全裸になって、あの、ランジェリーショーが行われている。

「あなた。したいの?」繁之の股間を撫でながら美由紀も浴衣を脱いでいく。

「ああ、やらせてくれ!」全裸の繁之の肉竿が堅く勃起している。

「いいわ。してあげる!」美由紀はスケスケの下着を脱いで全裸になった。

そして、仰向けになった繁之に馬乗りになり、肉竿を掴んで自分の淫裂に押しつけた。

「いくわよ!」美由紀は腰を下ろして肉竿を淫裂が吸い込んでいく。

 

 「陽子、俺にもしてくれ!」「いいわ」陽子も全裸になって騎上位で肉竿を膣の中まで吸い込

んでいく。

「あん、あん!」「いいわ、あなた」美由紀と陽子は腰をはげ透く振っている。

2人は下になった夫に乳房を揉まれ、乳首から白い乳が噴いていく。

「由佳さん、欲しい!」「私も欲しい、絵里さん!」由佳と絵里は乳房を重ねて抱き合っている。

「いいわ、いいわよ!」2人の淫裂にはVの形のバイブが入り、腰を振りながらバイブを淫裂深

く迎えている。

部屋には女性の悶え声が響き、このパーティは、やむことなく続けられていた。

                                                   ー完ー
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/103-3b4a0477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top