赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「ある農家の慣わし」第1話 新居  

 「何も遠慮は要らないよ。これからは家族なんから」

「そうよ、お嫁なんだから遠慮しちゃダメ」中年の夫婦が若い女性に何やら話している。

中年の男は斉藤雄作といい、女性はその妻で夕貴という。

2人と向き合って話をしているのは、長男である一雄の妻で香奈という。

結婚式を挙げたばかりの2人だが、雄作夫婦と同居する事になって、その挨拶が行われている。

「香奈、わからない事があったら俺が説明するよ」

「ありがとう、一雄さん。早速だけど、家の中を案内して欲しいの」

「そうだよな、ここは昔からの家だからわかりにくいよな」

「一雄、だったら、案内しないと」

「わかったよ、母さん。香奈、行こう」

新婚の夫婦は挨拶をそこそこに部屋から出ていくと「なかなか、良い嫁みたいだな」「そうね、

一雄も見る目があるわ」雄作と夕貴は笑顔になっていた。

一方、一雄と香奈は広い屋敷の中を見回っていく。

「広いわね、掃除も大変だわ」

「そうかな、小さいときから住んでいたから何とも思わないけど」

「広いわよ。農家って、どうしてこんなに大きい家なのかしら」

「土地が一杯あるからさ。それに、住むだけでなく倉庫にもなるんだ」

「倉庫になる?」

「そうさ、冬になるとここに野菜が集められて、貯蔵しておくんだ。それに、小売りもするしね」

「何だか、勿体ないわね。それよりも、私達の住む部屋はどこなの?」

「あそこだよ、廊下の突き当たりさ」2人はこれからの住まいになる部屋に向かった。

 

 2人が廊下を歩いて、突き当たりの部屋の前に来ると「香奈、抱っこするよ」一雄は香奈を抱

え上げた。

「何する気なの、危ないわよ」

「聞いたんだけど、抱きかかえてベッドに寝かせると、幸せになれるって言う習慣があるそうな

んだ」一雄は抱きかかええて部屋の中に連れ込んで、足で布団を敷き寝かせた。

「一雄さん、まさか、今からエッチする気なの?」

「そうだよ、やりたいし」香奈の服に手を掛けた。

「ダメよ、今はダメ。夜にしましょう。夜なら一杯してもいいから」

「そんな事言っても、抑えが効かないよ」一雄の手がブラジャーを捲り上げ、乳房を握りしめて

いる。

「恥ずかしいわ。まだ明るいのに…」

「そんな事ないよ。昼間からやっては行けないと言う法律だってないし」そう言うと、背中のホ

ックも外し、上半身を露わにしていく。

それには「わかったわ、してもいいから、痛くないようにして…」目を閉じてされるがままにし

ていく。

「わかっている、優しくやるよ」上半身を裸にすると、スカートを脱がせて下半身も露わにした。

「これからは、もっと派手なのにしないと」白い布地を掴んで引き下げていくと、黒々とした絨

毛が現れた。

「恥ずかしいわ、そんなに見られると…」香奈は息を荒立て、目を閉じている。

「恥ずかしい事ないよ。女だったら、これを持っているし」なおも引き下げ、足首から抜いて生

まれたままにした。

                nude_84.jpg


 「今度は僕の番だよ、香奈がやるんだ」

「えっ、私がやるの?」

「そうだよ、ほら急いで!」一雄に催促された香奈は服を脱がしに掛かったが、白い乳房が揺れ

て膨らみきった乳首が一雄の肌に触れていく。

(乳首が堅くなっていくわ。何か、変な感じがする…)香奈は興奮が高まり、乳首も更に膨らみ

硬くなっていく。

それは一雄も感じていて「オッパイが欲しがっているよ。ここも欲しいんだろう?」股間の絨毛

を撫でてから、淫裂も触り出す。

「そんな事言わないで。変態と思われるわ」

「変態じゃないよ。女だったらやって欲しいはずだよ」指が淫裂の中に入り込んで動き出した。

「ダメ…。そんな事されたら…」口をパクパク動かし、鼓動も速まっている。

「欲しいんだろう、ここに入れてって言わないと」

「意地悪しないで。そんな事、絶対に言わないから」興奮を抑えて一雄の服を脱がしていく。

(一雄さんの、オチンチンがこんなに堅い…)パンツを脱がすと肉竿がそそり立っている。

「これで、2人とも素っ裸だね。これが欲しいんだろう?」香奈に肉竿を握らせた。

「欲しくない…。こんなの欲しくない…」そう言いながらも、ゆっくりと肉竿を擦り出す。

「正直に言わないとダメだよ。こんなに濡れているのにな」淫裂の中に入り込んだ指がもう濡れ

ている。

「そんな事、言えない…。絶対に…」首を振り拒んだが背中が反りだした。

「そんなに我慢しなくて良いのにな。何も、恥じゃないんだよ」業を煮やした一雄が香奈に覆い

被さり、淫裂に肉竿を押し込んだ。

香奈は「欲しくない…。こんなの欲しくない…」譫言のように言いながらも両手で一雄を抱きし

め、腰を押し付けていく。

 

 「言いたくないなら仕方ないな。その変わりいっぱいやるからね」なおも肉竿を押し込むと腰

を使い出した。

それには「いいわ…。凄くいい…」足も開き、深い結合を求めている。

「欲しいんだろう、今からでも良いよ」

「欲しい…。もっと奥まで欲しい…」恍惚とした顔で言った。

「それで、良いんだよ。遠慮は要らないからね」腰の動きを速めると「クチャ、クチャ!」淫裂

から音が鳴り、ネバネバした淫汁が流れてくる。

それでも肉竿は動きを停めずに動いていく。

「気持ちいい…。夢のようだわ…」満足顔の香奈だ。

暫く一雄は腰を動かしていたが「交代しよう、香奈もやって」体を起こして、香奈を馬乗りにさ

せた。

「やった事ないわよ。どうやるの?」戸惑う香奈だが「こうやるんだ」両手で腰を押さえて動か

させた。

「これで良いのね」香奈もわかったのか、自ら腰を動かしていく。

「そうだよ。それでいい…」一雄は揺れる乳房を掴み揉んでいく。

「変な感じだわ。まるで淫乱になったみたい…」そう言いながらも香奈は腰を振り続けている。

やがて「出るよ、出すからね」登りきった一雄は噴射を始めた。

「暖かい、子宮が暖かい…」感じ取った香奈は一雄に倒れ込み乳房が潰れている。

「気持ちよかっただろう?」

「ええ、変な感じがしてた」淫裂から白い液体が流れ出るが拭こうとはしない。

「そうか。それなら安心だ。それより、俺の頼みを聞いてくれないかな」

「どんな事なの?」

「香奈を撮りたいんだ…」

「何だ、そんな事ならいつでも良いのに」

「違うんだ。普通に撮るんじゃなくて裸の香奈を撮りたいんだ」

「そんな、ヌードを撮るなんて…」一瞬にして香奈の顔が強ばった。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/104-6e1deb37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top