赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「ある農家の慣わし」第2話 神社の前  

 それでも「お願いだから撮らせてよ」甘えるように抱きつき、乳首を吸い出した。

「恥ずかしいの…。ヌードになるなんて考えてないし…」息を荒立てながら言う。

「恥ずかしくはないさ。何なら、俺の裸を撮っても良いよ」乳房を揉みながら言う。

「でも、ヌードを撮られるのは…」香奈はなかなかいい返事をしない。

それでも一雄は食い下がり「子供を産む前の香奈を残しておかないと。お願いだよ」また乳首を

吸い出した。

それには「わかったわ、撮っても良い…」快感に背中がまた浮き上がる。

「ありがとう、それならこれから撮ろう」

「えっ、これから撮るの?」

「そうだよ、下着は着なくていいから服を着ないと」一雄はさっさと服を着だした。

そう言われれば、従うしかなく、下着を着けずに直に着ていく。

そして、2人は服を着込むと部屋から出た。

「あら、誰もいないわよ」居間には誰もいない。

「野良仕事に出かけたんだろう。俺達も行こう」一雄はバックを抱えて外に出た。

外に出た2人は車に乗って走り出すと、直ぐに畑が現れた。

「一雄さん、まさかこんな所で撮る気なの?」何時人が現れるか知れないから不安になっている。

「まさか。ここじゃなくて、もっといい所だよ」なおも車を走らせると今度は雑木林が現れ、そ

れでも走っていくと行き止まりになっている。

「着いたよ、行こう」車を降り、2人が歩いて行くと木立の中に神社があった。

「こんな所に神社があるなんて」驚く香奈だが「ここで撮ろう、ここなら誰も来ないし」一雄は

準備を始めた。

「本当に、ヌードになるの?」顔を強ばらせて言うと「勿論だと、約束したじゃないか」バック

からカメラを取りだし、準備をしている。

「わかったわ。ちょとだけよ」覚悟を決め、香奈は服を脱ぎだした。

 

 香奈は下着を着けないから、直ぐに生まれたままの姿になっている。

「綺麗だよ、香奈!」一雄はスイッチを押し出すが「恥ずかしい。やっぱりできない!」両手で

股間と乳房を隠した。

「香奈、手を退けないとヌードじゃないよ。約束したじゃないか」それには渋々手を退けていく

が太股がブルブル震え、目も赤く充血している。

そんな香奈の全裸を一雄はカメラに収めていく。

「香奈、ここに立って」拝殿の前に立たせて両手を後ろで組ませた。

香奈は恥ずかしいのか、乳首が膨らみきり、顔も強ばっている。

それでも、一雄はスイッチを押し、次々とポーズを取らせていく。

「香奈、足をもっと広げて」言われるままにしていくが、手で股間を隠している。

「手を退けないとダメだよ」

「ここはダメ。性器を撮る気なんでしょう」

「そうだよ、子供を産む前の性器も撮っておかないと」

「性器はイヤよ、ヘアだけなら良いけど」

「そんな事言わないで手を退けてよ」熱心に頼み込む一雄に、股間から手が退けられると絨毛の

中からピンク色の淫裂が現れた。

一雄はそれを逃すまいとスイッチを押し続けた。

「もういいでしょう、一杯撮ったし」香奈は足を閉じて股間を押さえる。

 

 「撮るのはここまでにするけど、もっとしようよ」カメラを置くと服を脱ぎだす。

「一雄さん、まさかここでする気なの?」

「そうだよ、ここで夫婦の誓いをするんだ」一雄も全裸になって香奈に抱きつく。

「無理よ、ここじゃできない」

「そんな事ないよ、こうやって…」香奈の背中に胸を押し付け、両手で腰を押さえた。

「イヤ、後からはイヤ!」拒むが肉竿が入り込んでいく。

「抜いて…。後からはイヤなの…」香奈は両手を拝殿の樹木に手を付きやっと立っている。

「そんなに嫌がらないで。これだと、どこでもできるし」肉竿は根本まで入り込み、ピストンを

始めた。

                    yagaisex-tatiback-1026028.jpg


それには「あ、あ、あ~!」声を上げ出ていく。

「こんな所でやるのも気持ちいいだろう?」

「ええ、スリル感があって凄く良い…」香奈は乳房も揉まれながら淫裂を突き刺されていくと、

淫汁が流れてきた。

一雄はなおも腰を動かし続けて絶頂を迎え「これで、間違いなくできるね」肉竿から噴射する。

香奈もそれを受け入れ「ご免なさい、安心日なの…」申し訳なさそうに言う。

「そうか、安心日か」噴射を終えて肉竿を抜くと淫裂から白い液体が太股を伝わって流れていく。

 

 香奈は急いで淫裂にハンカチを当てて拭き取ると服を着だし、一雄も服を着ていく。

そして、服を着終えた2人は何もなかったかのように、来た道を戻っていくが「一雄ったらあん

なところでするなんて…」

「本当だよ。それにしても、嫁さんのスタイルは抜群だな…」見ていた雄作と夕貴が話している。

「あなた、まさかあの慣わしをする気になったのでは?」

「そうなんだ、やりたくなったんだ」

「それはやめて。私の代で終わりにすると言っていたじゃないのよ」

「そのつもりだったが、嫁の素っ裸を見たら考えが変わって」

「それだったら、私にして。どんな事もするから」

「素っ裸を撮らせてくれるのかい。しかも、ここで」それには夕貴の顔が強ばっている。

「夕貴にはできないだろう?」

「撮っても良いわよ。この年で裸になるとは思わなかったけど」

「本気か?」

「本気よ、何なら今すぐなるわよ」

「わかった。ここで脱げ。今すぐに…」雄作に言われ、夕貴は香奈がしたように、拝殿の前で次

々と服を脱いで全裸になった。

「これで良いんでしょう…」夕貴は恥ずかしいのか下を向いたまま乳房と股間を露わにしている。

「ああ、素っ裸はわかった。明日撮るから、また脱ぐんだぞ」

「どうしても撮りたいの?」

「勿論だ。できたら、嫁と一緒に並んだのを撮りたい」そう言いながら垂れぎみの乳房を揉んで

いく。

「そんなの無理よ。それより、あの慣わしは、しないで…」

「無理かな。どうしても撮りたいしな。考えただけで、こんなに元気だし」股間が膨らんでいた。

「したいなら、私が相手するから我慢して」夕貴は雄作のズボンを引き下げ肉竿を口で擦りだす。

「気持ちいい。どうせなら俺達もやろうよ」雄作も夕貴の背中に抱きつき淫裂に肉竿を押し込ん

でいく。

「無理よ、この年だから…。あ、あ、あ~!」そう言いながらも喘ぎ声をあげだした。

 

 その翌日、雄作と夕貴は雑木林の中にある神社に出かけた。

「あなた、誰にも見せないでよ」夕貴は恥ずかしそうに服を脱いでいく。

「わかっている。これはお前との秘密だしな」

「約束よ。こんな裸は見られたくないし」そう言って下着も脱ぎ、全裸になった。

「まだ綺麗じゃないか。これなら撮らないと」カメラを構えてスイッチを押し、夕貴にポーズの

注文を付けていく。

その注文通りに夕貴はポーズを取ってカメラに収まった。

「恥ずかしい、ヌードはこれでお終いよ」息を荒立てながら服を着ていくが「また良いだろう。

今度は嫁と一緒に」「またそんな事言って。私はよくても、相手が嫌がるわよ」夕貴はうんざり

と言った顔で服を着終えた。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/105-27c635ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top