fc2ブログ

「女優・樋山香奈子」第2話 ヌードシーン

第2話 ヌードシーン

 記者会見が済んだ日から、美和子は早速関係者の間を回っていた。
「主役、おめでとう。いいだろう、約束したし…」美和子の着ている衣服が脱がされた。
「待って、撮影が終わるまで待って!」

 「そうは行かないよ。約束を守って貰わないと…」美和子の服が脱がされ、下着だけの姿にされ「わかってください。撮影が済んだらお相手しますかから!」パンティを脱がされまいと、押さえている。

 「美和子は嘘つきだな。約束を守らないんだから、主役は交代して貰うぞ!」
「えっ、交代?」まさかと言った顔になって「違います。嘘つきではありません。見て下さい!」(イヤよ、ここまで来て主役を降ろされるなんて!)美和子は自らの手でパンティを下げ、真っ黒な絨毛に覆われた恥丘が露わになっている。
(やっと、オ○ンコさせる気になったか。こいつは信用出来ない奴だな…)冷めた目で下半身を見ている。

 美和子は、パンティを膝まで下げると背中を丸めて、足を上げるとパックリと割れた淫裂が見えた。
「やっと、オ○ンコさせる気になったのか。どれ、一発いくか!」
「まって、まだ、ブラジャーが…」美和子はいきなり抱きつかれ。カーペットの上に押し倒されて、肉竿が淫裂に押し込まれた。

 「まだ準備ができてません…。ヒー!」肉竿が一気に美和子の胎内を貫いていく。
「ダメ。動かさないで、だめです!」美和子の気持ちなど無視して肉竿が動き(レ○プと同じよ。これではレ○プだわ…)自分の取った態度を後悔しているが、すでに遅かった。

 「こんなのは、要らないだろう?」乱暴にブラジャーの紐が引きちぎられていく。
「乱暴はいやです。やさしくして下さい!」
「最初から素直な態度だったら、こんな事はしないよ。お前は俺をバカにしたから、こんな目になったんだ!」肉竿の動きが早まり、乳房が鷲掴みされていく。

 「イヤ、優しくして下さい…」
「そうは行くか。お前が先にしたんだからな。我慢しろ!」爪が乳房に食い込み変形している。
美和子はそれでも我慢するしかなく(主役だけは失いたくない…。我慢しないと…)膣と乳房の痛みに耐えている。

 やがて「うー!」うなり音と共に腰の動きが止まり「いや、お腹の中はいやー!」悲鳴をあげた。
避妊薬を飲んでいたので妊娠する心配はないが、膣の中への射精は屈辱で(射精された。膣の中に…)淫裂と肉竿の隙間から白い液体が流れていく。

 「う、う、うー!」気の強い美和子も、泣き出してしまった。
「いいか。これからはバカにした態度を取るなよ!」
「はい。謝ります…」
「わかったら、もう一回だ。ほら、フェラして上になれ!」言われるまま、萎縮した肉竿を口に含み大きく膨らませていく。

 (痛いけど、我慢しないと…)仰向けになった上を跨いで、淫裂の中に肉竿を吸い込んだ。
「オ○ンコされた気分はどうだった?」
「良くありませんでした。あんなやり方はもうこりごりです…」腰を上下に振りながら言う美和子は(ふん。後で思い知らせてやるからね!)言葉とは全く違う事を考えている。
美和子は、その後もセックスを約束した関係者の間を回り、淫裂の中に精液を噴射された。 

 そして、いよいよ撮影が開始された。
「カチン!」カチンコが鳴り、カメラが回っていと「カット、何やってるんだ、もっと練習しておけ!」セックスで主役を得た美和子の演技が、監督の考えとは違っている。

 それは、周りの関係者も同様で(何でこいつに主役を任せたのかな。ヌードしか使えないかも?)監督は美和子に対して、ストーリーの変更を考えている。
監督の考えは助監督やスタッフにも伝わった。

 「そうですよ。演技があれじゃ、ヌードで話題作りをして貰うしかありませんよ」
「その通りです。話題作りにヌードになって貰いましょう!」
「それに、雑誌にもヌードを撮らせましょうよ、ヘア丸出しのヌードを!」
「いいね。映画ではヘアは無理だが、雑誌なら平気だしな。いい宣伝になるぞ」
「そうですよ。どうせ、体を売って主役を取ったんでしょうから」美和子への対応が、こうして決まった。

 対応が決まると早速台本が書き換えられ、美和子のヌードシーンが、あちこちに組み込まれている。
その台本が「美和子さん、台本が変更になったそうよ」マネージャーを通じて渡された。
「そうなんだ。せっかく覚えたのに…」目を通していく内に、顔色が青くなっていく。

 「ヌードよ、ヌードがいっぱいあるわ。これじゃ、ヌードで出演しているのと同じよ!」声がうわずっている。
「どれ、見せて!」マネージャーも心配そうに台本に目を通していくと「ホントだ、ヌードのオンパレードだわ!」マネージャーも顔が強ばった。

 「美和子、どうするの。主役から降りるの?」
「いやよ。せっかくの主役よ、ヌードになれというなら、なるしかないわよ。絶対に主役は降りないわ!」
「そうよ、そのいきよ。せっかく有名になれる機会だからね」マネージャーは美和子の意志を確認してから、αプロの社長に事の次第を報告し、ヌードを了解して貰った。

 やがて、新しく書き換えらられた台本によって撮影が始まった。
(いよいよヌードね。こんな大勢の前で裸になるなんて!)バスタオルで体を覆った美和子が立ち上がって、カメラの前に立った。

 「始めるよ」「は、はい!」美和子は胸の結び目を解いていく。
バスタオルはスーっと落ちて、パンティだけを履いている美和子の姿が露わになっている。
(恥ずかしい。オッパイを見られている!)美和子の乳房が恥ずかしさで強ばっている。

 「ダメだよ。そんなに履いていたら映ってしまうよ。パンツ履いてセックスはできないだろう?」
スタッフは、いきなり美和子のパンティを掴み、引き下げてしまった。
「イヤ。見ないで、いやー!」慌てて股間を両手で覆うが「甘えるな。パンツ履いてごまかそうなんて、許されないんだ!」助監督の罵声が飛んだ。

 「わかりました…」目を真っ赤にして、股間を覆った手をどけ、足下にあるパンティを拾いタオルの下に隠していく。
(見られている。アソコを見られている!)美和子の股間に目が集中して(結構多いな。オ○ンコが見えるかな?)スタッフ達は目を輝かせて見つめている。

 「はい、行きます」カチンコが鳴り撮影が始まった。
「あ、あー!」美和子はベッドに押し倒されて乳房を掴まれ揉まれていく。
(そうだ。もっと足を開いてオ○ンコを見せてくれよ!)足が開かされて監督には淫裂が見えている。
(見ないで、性器の中は見ないで!)赤い顔になっている美和子だ。

 (そろそろ、俺も楽しむか…)「だめだ、そんなことじゃだめだ。こうやって!」監督が立ち上がって、俳優と入れ替わった。
「いいか。オッパイにこうしてからオ○ンコを撫でないと…」両乳房を揉みながら乳首を吸い「あ、あ、あー!」鼻から声が抜けていく。

 (敏感な子だな。オ○ンコはどうかな?)乳房を揉んだ後は、淫裂に手が伸びて(性器を触られているわ。大勢の前で!)監督の指が淫裂の中に入った。
(ダメ、そんな事されたら感じちゃう!)指がゆっくり動き回り、膣の中を撫でていく。
(もう濡れてきた。こいつは淫乱の気があるかもな)淫裂の中から淫汁が流れている。

 「わかったな、こうやるんだ。撮り直し!」早速、撮影が再開されて美和子は乳房を揉まれ淫裂を触られていく。
「あっ、あっ、あー!」美和子は声を上げ腰が動きだし(いいぞ、その調子だ!)スタッフは美和子の全裸姿を見つめていて「はい、カット。OKです!」監督の声にホッとする美和子だ。

 だが、こんな事では済まなかった。
翌日はもっと過激になっていて「いいですね。今日はストリップシーンですよ」「わかってます、準備はできてます」
「衣装は大丈夫ですよね?」
「係りの人から渡されたのを着ています」

 「それならいいでしょう。早速行きます!」カチンコが鳴らされ撮影が始まった。
(恥ずかしい。脱いでいる姿を撮られるなんて…)美和子はカメラの前で衣服を脱ぎだし(いいね。色っぽくて)スタッフは股間を膨らませて美和子を見つめている。

 (オチンチンを膨らませている。私のヌードを見たいんだ…)恥ずかしそうに下着姿になった。
スタッフが渡した下着はスケスケの下着で、乳房と絨毛が透けている。
カメラが透けた乳房と顔をアップすると、パンティを膝まで引き下げていく。
真っ黒な絨毛が露わになり、背中を丸めて足を上げ、パンティから抜いていく。

 (見えた。オ○ンコが見えた!)真っ黒な絨毛の中に、ピンクの淫裂が覗いた。
(見られた。性器の中も!)それでも片足を上げて、パンティから両足を抜いていくしかない。
美和子の両手には、まだ温もりの残ったパンティだけが残されている。

 (今度はブラね)スタッフが見守る中で、パンティを置き、両手で背中のホックを外していく。
それと同時に、カップに納められていた乳房が、勢いよく飛び出し揺れ動いている。
(これで素っ裸だ!)肩の紐をずらして手首に絡まったブラジャーを脱いで、そんな様子をカメラがしっかり撮っている。

 「はい、OKです」(終わったわ)慌てて股間を両手で覆う。
「今度はセックスシーンですから、そのままでいてください」
「はい、わかっています」乳房を晒したまま立っていると、ベッドが用意されて、共演の俳優も全裸になって現れた。
「よろしく頼むよ」「はいこちらこそ」恥ずかしそうに勃起した肉竿を見つめる美和子だ。

 挨拶が済むと早速撮影が始まった。
「あん、あん、あん!」乳房を撫でられ、乳首が吸われ悶え声を上げていく。
(そろそろいくか!)俳優は美和子の淫裂に肉竿を押し当てた。
(だめ。入れないで、いやです!)腰を浮かせ逃げようとするが、俳優の方が上手で(そうは行かないよ、ほら!)体を押さえ、ゆっくりと肉竿が入り込ん「あん、あん、あん!」悶え声が大きくなっていく。

 (抜いて。見られているのよ、恥ずかしいから、抜いて!)
(そうは行かないな。タップリ楽しませてくれないと…)肉竿は奥を目指して進み、遂に根本まで入り込んでしまった。
(よし、行くからな!)俳優は腰を振り始めて「いいわ、いいわよ!」思わず声を上げてしまった。
(すげえ。本番をしているぞ!)スタッフは2人の行為を食い入るように見ている。

 (恥ずかしい、セックスをみられている!)だが、気持ちとは裏腹に淫裂からは淫汁が流れ出て「クシュ、クシュ!」卑猥な音がでている。
「あん、あん、あん!」悶え声を上げ、演技しながら美和子の両手が、俳優の背中をさすっていく。

 「オッパイにも。オッパイにもして!」遂に美和子は本気になってしまった。
「いいわ、もっとよ!」淫裂から流れ出た淫汁がベッドのシーツを濡らし「う、うー!」俳優が登り詰めて股間を同士を密着させてきた。

 「ダメ。もっとして、もっとして!」虚ろな顔でせがむが、淫裂と肉竿の隙間から白い液体が流れ出ている。
(マジかよ。中出しじゃないか!)スタッフも淫裂から流れ出た精液に驚きを隠せない。
そんな周りを気にする事もなく唇を重ね合いい、余韻に浸っている2人だ。

 「OKです!」撮影が終了した。
俳優が肉竿を抜くと、一気に淫裂から精液が流れ出ていく。
「良かったよ。今夜もどうかな?」
「それは許して。演技だからいいけど、セックスはもうしたくないんです…」淫裂にハンカチを当てて、パンティを履いていく。
「残念だな。嫌われたみたいだ」俳優はバスタオルを巻き付けて戻っていくが、美和子も黙って下着を着けていく。

 「美和子。セックスした上に、お腹の中に出されて大丈夫なの?」心配そうにマネージャーが声を掛けてきた。
「あれ、飲んでいるから大丈夫よ」
「そうなの、安心したわ。でも、もうセックスはしないで、お願いだから!」
(好きでセックスしたんじゃないのよ。嫌々したのよ)黙ったまま返事もせずに、服を着込み普段と同じ姿になっている。

 「美和子君、明日も撮影があるから遅れないように。それから、ヘアを剃ってくれ。もっとギリギリまで撮らないと、迫力がでないんだ!」
「わかりました、ヘアを剃ってきます…」素直に従い美和子は自宅に戻った。

 「イヤだけど、監督の言葉じゃ逆らえないし…」戻るなり浴室に入り、股間の絨毛をカミソリで剃っていく。
「恥ずかしいな。性器が丸見えになってしまった」股間の絨毛の全てが消えて、パックリと口を開いた淫裂が露わになっている。

 翌日も撮影が行われ、美和子はいつものように、バスタオルを解いていくが(見られる…。剥き出しになったアソコが…)体が震えている。
結び目を解くと、一気にバスタオルを退けて「へ、ヘアがない!」「オ○ンコが丸見えになっている!」皆が美和子の淫裂を食い入るように見ている。

 (見ないで。そんなに見ないでよ!)体を震わせながら準備をしていく。
「なんだ、全部剃ったのか。ここまででよかったんだよ」監督は淫裂の上にあるクリトリスを撫でていく。
「中途半端ですから、思い切って全部剃りました…」
「いい度胸だ。早速始めよう!」美和子は淫裂の中までスタッフに見られながら演技をしている。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター