FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「ある農家の慣わし」第3話 慣わし

第3話 慣わし
 
 それから、数日が過ぎて、香奈も農作業の手伝いを始めた。
「香奈さん、そんなやり方ではダメ。もっと土を被せないと」夕貴は、慣れた手つきで苗を植えていく。
それを見ながら「ここまで、埋めれば良いんですね?」夕貴のようにしていく。
「そうよ。それで良いの。それくらい埋めないと根付かないのよ」夕貴は笑顔になって、話しかけている。
それを、聞いていた雄作は(何とかして、嫁を裸にできないかな…)相変わらず思案していた。

 その願いが叶ったのか、一雄と夕貴が一緒に出かける事になり、雄作は行動を開始した。
「香奈さん、蔵の中を案内するよ」普段は、滅多に使わない蔵に連れ込んでいく。
初めて見る光景に、香奈も興味津々として「お父さん、これは何ですか?」と質問していく。
「それは、結婚式で使う道具だよ。今は式場でやるから、不要なんだけどね」
「勿体ないわね。これは何なの?」香奈は次々と質問して、雄作が答えていたが「香奈さん、これが何だか、わかるかな?」と切り出した。

 「わかりません、何ですか?」
「教えてあげるよ。手を出してごらん」言われるまま、手を伸ばすと手首にベルトを巻き付けた。
更に、もう片手にもベルトを巻き付けて行く。
「お父さん。これって、何ですか?」
「こうやって、新しい嫁を躾ていたんだ」ベルトに鎖を取り付けた。
「こんな事、してたんだ。よく平気だったわね?」
「仕方ないよ、慣わしなんだから。それより、香奈さんも体験して貰わないとね」そう言うと、別なベルトにも鎖を取り付けて、香奈の手の動きを奪った。

 「躾るって、一体どんな事ですか?」
「簡単だよ。こう、やってやるんだ!」履いていたズボンに手を掛けて、脱がそうとしていく。
「やめて。そんな事したら、大きな声をあげるわよ!」
「そうか、それじゃ仕方ないな。これで、おとなしくして貰うよ」口枷をはめると「フグ、フグ!」声が出せなくなり、首を振るだけだ。
「これで、安心してやれるな」なおもズボンを引き下げていくと、ピンクのパンティが現れた。
「若いっていいね。これが似合うんだから」なおも引き下げ、足首から脱がせるとパンティを掴んで脱がしていく。

 それには「う、う~!」呻き声を上げて、足をバタバタしだした。
「そんな事したって、無理だよ。とにかく、香奈さんも慣わしを知って貰わないとな」更に引き下げられ、黒い絨毛が露わになっている。
「結構、生えているんだね。綺麗で良いよ」絨毛を眺めながらパンティを足首から抜いて、香奈の下半身を剥き出しにしてしまった。
その後、足首にもベルトと鎖を付けると、引き上げて、香奈は大の字になって宙に浮かんでいる。
「ほう、これが香奈さんのオ○ンコか。思ったよりも綺麗じゃないか…」淫裂を広げて覗きだすと「う、う~!」覗かれまいとするが、何もできない。

 「さてと、いよいよ、慣わしの実行だ!」今度は、自らズボンを脱いで、下半身を剥き出しにしていく。
雄作はパンツも脱いで、下半身を剥き出しにすると、開いた足の間に入り、肉竿を淫裂に押し当てた。
「フグ、フグ!」香奈は、犯されまいと抵抗するが、無駄でゆっくりと肉竿が膣の中に入り込んできた。
「少し準備不足だな。それだったら…」雄作は無理に押し込もうとはせず、シャツを捲り上げた。
「大きいな。遠くで見たよりも、大きいな」ブラジャーのホックも外して、乳房を揉み出すが抵抗できない香奈は、無意味な声をあげるだけだ。

narawasi03.jpg

 それを良い事に、乳房を揉みながら乳首を吸い出すと、呻くような声を上げだす。
「ここが、急所なんだね。じっくりしてあげるからね」また乳首を吸い出し、ゆっくりと肉竿のピストンを始めた。
それには、香奈の淫裂も反応したのか、膣が濡れだし、肉竿もすんなり動いていく。
「もう、大丈夫みたいだな。行くよ」腰の動きを大きくし、肉竿の全てを、香奈の淫裂の中に収めると(そんな…。お父さんにレ○プされるなんて…)呆然としている。

 「香奈さん。声を上げないと誓うなら、これを外すけど、誓えるかい?」口枷を撫でると、首を縦に振った。
「約束だよ。守らなかったら、またするからね」口枷を外すと「どうしてよ、どうしてこんな事をするの?」泣き声になっている。
「慣わしと、言っただろう。新しい嫁は屋敷の主と契るんだ」ピストンを速めていく。
「そんなのイヤ…。これはレ○プよ…」
「そう、言うなよ。神社の前で素っ裸になったり、一雄とオ○ンコしたじゃないか。香奈さんに、そんな資格あるのかい?」

 「見てたのね…。あれを見てたんだ…」唇が震えている。
「ああ、じっくり見せて貰ったよ。それにしても、いい体つきだね」また、乳房を揉み、乳首も摘んだ。
「ダメ…。それ以上されたら…」目を閉じ、口をパクパクしている。
「気持ちいいんだろう。オ○ンコがビッショリ濡れているよ」
「言わないで。そんな事言わないで…」認めたくないが、確かに淫裂の中が濡れて、肉竿もスムーズに動いている。
(気持ちいい。レ○プされているのに、こんな感じるなんて…)雄作に、優しく乳房も揉みながらピストンされた香奈も、次第に快楽の世界に入り込んでいく。

 それは、雄作も同じで次第に絶頂を迎えようとしていた。
「香奈さん、中に出してもいいだろう?」
「それはイヤ、危険日なのよ。外に出して!」
「外か。それだったら、俺にも、素っ裸を撮らせてくれるよね?」
「イヤよ。ヌードなんて、絶対イヤ!」
「そうか。それなら、ここにだすからね」肉竿の動きを更に速めていく。

 「お腹はイヤ。お願いだから、ださないで!」
「それだったら、素っ裸のモデルになるんだな」
「やるわ。ヌードモデルをやるから、早く抜いて!」
「約束だよ」
「約束する。だから、早く抜いて!」香奈が承知すると、肉竿を抜いたが、その瞬間に白い液体が乳房に飛びかかっていく。
「間に合ったな…」雄作は笑顔になって噴射をしていく。

 噴射を終えると、雄作は鎖を外して香奈を降ろした。
「素っ裸の約束、わかっているよね?」
「わかっている。でも、一雄さんには言わないで。それに、セックスした事も…」
「一雄には言わないけど、いずれ、一雄もやらないとな」
「そんなのイヤ。私以外とセックスして欲しくないし」

 「それより、こんなに濡れているよ。気持ちよかったんだろう?」手が淫裂を撫でていく。
「よくないわ。あれはレ○プよ。無理矢理したくせに…」
そう、言ったが(凄く気持ちよかったわ。縛られてレ○プされたのに、あんなに感じるなんて、変態かしら?)自分に問いかけながら、淫裂を拭き、パンティを履いていく。
「そう思うのは仕方ないけど、いずれはわかるよ。それよりも、写真を見せて欲しいな」一雄もズボンを履いていく。
「わかったわよ。でも、見るだけだからね」香奈も急いで着込み、蔵から屋敷へと向かった。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/106-5833cde9

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん