fc2ブログ

「女優・樋山香奈子」第12話 暴漢

第12話 暴漢

 翌朝、香奈子と康子の自由が戻ったが「ひどい、ひどいわ!」乳房を揺らせて泣いている。
「泣くなよ。これは女優の宿命なんだから」
「何よ、散々レ○プして置いて!」泣きながら言う香奈子に「悪いようにはしないから、もう泣くな」石川は犯しまくった淫裂を名残惜しそうに触ると「イヤ、イヤよ。もう触らないで!」股間を両手で隠す。

 「嫌われたか。それよりシャワーで洗わないとな」
「わかっているわよ、そんな事言われなくても!」
「わかっているか。シャワーを浴びたら送ってやる。そんな姿では帰れないだろうからな」
(そうだわ、パーティドレスだから電車では帰れない)項垂れて、康子と香奈子は浴室で、シャワーを浴びていく。

 「康子さん。レ○プされたけど、どうしよう?」
「どうするって、どうしようもないわよ。レ○プされただけ損なのよ」
「警察に訴えましょうよ!」
「香奈子、何言っているのよ。そんな事したらマスコミが騒ぐわよ『犯された女優・香奈子』ってタイトルで!」

 「イヤよ。そんな事になるなんて」
「ここは、おとなしくした方がいいわね」
「でも悔しいわ。レ○プされただけ損だなんて!」
「損じゃないわよ。リサさんと相談しましょうよ」
「そうした方がいいみたいね」2人は石川に犯された淫裂を丁寧に洗っていく。

 体を洗い終えると、2人は両手で乳房と股間を押さえて戻ってきた。
「いいね、このオ○ンコとオッパイが!」
「イヤ、触らないでよ」逃げるようにして、脱がされたパーティドレスを着込んでいく。
(急いで着ないと、また触られる…)ドレスに足を通してから持ち上げ、股間と乳房を隠した。

 「終わったか。送ってやるぞ!」石川の運転でリサの屋敷まで送られた。
「寄ってよ。リサさんに報告しないと!」
「言いつけるのか、オ○ンコしたことを!」一瞬にして、石川の顔色が変わった。
「当然でしょう。私達を散々レ○プしたんだから」石川の腕を掴み、屋敷の中に連れ込むと、中にはリサの他に久美もいた。

 「リサさん、話があります」
「あら、どうしたの、石川さんも一緒だなんて」
「ほら、言いなさいよ、私と香奈子にしたことを!」康子が石川の腕を引いた。
「わかったよ、言うよ」石川はばつが悪そうにしゃべり出した。

 「実は、香奈子さんと康子さんとオ○ンコしてしまいました。無理矢理やっちゃいました…」
「それって、レ○プでしょう。やってしまったの?」
「はい、申し訳ありません」頭を下げる石川だが「それだけで、済むと思っているの。レ○プしたのよ!」リサの声が荒くなった。

 「どうしたら許して貰えますか、リサさん?」蛇に睨まれたカエル見たいに、縮こまる石川だ。
大女優の前では石川でさえ、かなわない。
(だらしないわね。それでも男なの?)康子と香奈子は黙って見ている。

 「そうね。坊主になって貰いましょうか!」
「坊主ですか、それだけは許して下さい。撮影ができなくなってしまいます…」泣き出す石川だ。
「あら泣いているの。だったら、あそこの坊主だけでいいわ。それに、これからは香奈子と康子を大事にすることね」

 「あそこってオチンチンのヘアですか?」
「そうよ、ここで剃るのよ」
「わかりました。剃りますから見て下さい」
「香奈子、カミソリと石鹸の用意をして!」
「はい、リサさん」言われるまま、香奈子と康子は女性用のカミソリと石鹸を運んできた。
それに洗面器に入れた水も。

 「準備はできたわ、始めて」
「わかりました、直ぐにやります」石川は4人の前でズボンを脱いだ。
(あの下がオチンチンね!)パンツ姿の石川を見つめる4人だ。

 石川は、恥ずかしそうにパンツを脱いで、下半身を丸出しにしていく。
(お、オチンチンだわ。あんなに小さいくなって!)股間の肉竿は小さく萎縮している。
「石川さん。そんなに小さいの、オチンチンは?」久美はからかって言う。
「やりすぎたんですよ。もう立たないみたいですから…」石鹸を泡立て股間の絨毛に塗っていく。

 「ねえ、香奈子と康子さん。ヘアを剃ってみない?」
「おもしろいわ、剃りたいな」リサの言葉に笑顔の2人だ。
「私にもやらせて、おもしろそうだし」久美も言い出す。
「いいわよね、石川さん?」

 「好きにして下さい。準備ができましたから」
「じゃあ、やるわよ」最初はリサがカミソリを持った。
リサは肉竿を掴んでカミソリを当てて「ジョリ、ジョリ!」数回カミソリを動かし「はい、今度は久美よ」久美も渡されたカミソリで石川の絨毛を剃って行く。
その後、香奈子と康子も剃って、石川の股間の絨毛が消えて、みっともない格好になっている。

 「石川さん、感想はどうかしら?」
「恥ずかしいです。こんなチンポコですから…」
「ねえ。そのまま出して見せて!」
「出すって、まさかザーメンをですか?」
「勿論よ。オナニーして出してなさいよ」

 「無理です、昨日何回も出しましたから、こんなに元気がないんです…」
「やりなさい。私のヌードで出すのよ!」
「リサ、私も脱ぐわよ、2人のヌードで出さなかったら承知しないからね」
「そ、そんなー!」悲鳴に近い声を上げる石川だが、リサと久美はもう全裸になってしまった。

 「やりますよ」石川は2人のヌードを見ながら肉竿を擦りだした。
最初は萎縮していたが、次第に膨らみ堅くなっている。
「出しますから、オッパイを触らせてください!」切なそうに肉竿を擦りながら言うと「だめ。その代わりに、ここも見せてあげる」淫裂を指で広げ中まで見せていく。

 「あ、あ、あー!」喘ぎながら、手の動きを早めていくと「香奈子、もうすぐ出すわよ」康子が耳打ちした。
「でる、でるー!」石川は声を上げて、白い液体を先端から噴射した。
「あら、まだ元気があったのね」白い液体は、前にいたリサの体に着いている。
「リサさん申し訳ありません」石川は自分の出した精液を丁寧に拭いていく。

 「オッパイにも付いているわよ」「ここですね」丁寧に乳房も拭いてく。
「もう許して下さい」石川が泣き声で言うと「いいわ、許してあげるわ。でもあなたのオチンチンを撮らせてね。口封じしないと…」
「わかりました。私も2人の事は絶対に言いません」

 「わかっているのね、お互いの担保が!」
「これで許して貰えるなら、何も言いません!」リサは下半身丸出しの石川の姿をカメラで撮った。
「もう帰ってもいいわ。それから、収録の時はよろしくね」
「わかりました」脱いだパンツとズボンを履くと、石川は帰った。

 「香奈子、これからは気をつけなさいよ。男はセックスしか考えない動物だから」リサはパーティドレスの肩紐をずらしていく。
パーティドレスが足下まで落ちて、香奈子は生まれたままの裸になった。
「はい、気をつけます」香奈子もリサの揺れている乳房を撫でていく。

 「痛かったでしょう、ここが!」散々犯された淫裂を撫でていくと「はい、セックスって、痛いだけですね…」
「そうよ。だから、女性同士が一番いいのよ」リサは香奈子をやさしくソファに寝かせて、抱きついいた。

 「康子も気をつけるのよ」久美も康子のパーティドレスを脱がし「はい、久美さん」康子も久美の乳房を撫でてから、抱きついていく。
「いい子よ、康子は」久美と康子は唇を重ね乳房を潰しあって、二組のカップルは昼近くまで抱き合った。

 そして、昼食を済ませて、香奈子と康子はBBNのスタジオ入りし「あら、珍しいわね」「お久しぶりです」香奈子は美和子と鉢合わせになった。
「『雪化粧』の主役をやっているんだってね。ま、降ろされないように頑張るのね」
「はい、絶対に降ろされないように頑張ります」皮肉にも、平然と答える香奈子だ。

 「香奈子、急がないと…」
「そうね、美和子さん失礼します」康子は気をつかい、香奈子と美和子を引き離していく。
しかし「いい気になっているわ、懲らしめてやる」美和子は携帯で連絡を取っていく。
「香奈子が、どんな顔になるかしら?」笑顔で電話を切る美和子だ。

 一方、そんな事を知らない香奈子は控え室に入り、収録前の準備をしていく。
「香奈子さん、衣装合わせをお願いします」
「わかりました」スタッフに従い、衣装室で衣装合わせをしていく。

 衣装合わせを終えると早速「雪化粧」の収録が始まった。
「3,2,1.キュー」カメラが回り、香奈子が演技をしていくと石川が現れた。
(イヤだわ。レ○プされた相手と抱き合うなんて!)香奈子は石川の顔を見つめながら抱きついて、唇を重ね合う。

 石川も香奈子を抱きしめると「OKです!」香奈子はバツが悪そうな顔で石川から離れていく。
「ごめんよ、香奈子さんが素敵だったから。それにマネージャーの康子さんも…」言い訳をする石川だが(勝手な事を言って!)黙ったままの香奈子だ。

 そこに「香奈子、次の準備よ」康子が現れて石川と引き離していく。
(フン、レ○プしておいて何言うのよ!)康子も石川とは口を開こうとはしない。
「嫌われたか、無理もないよな…」頭を掻いていく石川だ。

 「次は喫茶店でのシーンです」スタジオの中に作られたセットで再び収録が行われた。
収録は夜遅くまで行われ2時を回っている。
「今日はここまでです、お疲れさんです」監督の言葉で収録が終わった。

 「明日は3時からです、体を休めて下さい」スタッフの言葉を聞きいて、スタジオから出ていく香奈子と康子に、石川が声を掛けてきた。
「送ります、心配ですから」
「あら、危ないのは石川さんじゃないの」無視してBBNから出ていく2人だ。

 そんな香奈子と康子を見つけたのか、車が近づいてきた。
その車のドアが開き、男が飛び出して香奈子に抱きついた。
「いやー、だれかー!」「おとなしくしろ、騒ぐな!」男は康子には目向きもせず、香奈子を車に乗せようとしていた。
「か、香奈子ー!」康子も必死で香奈子を守ろうとしている。

 その時「何をしているんだ!」石川が現れて男と揉み合っていく。
「助けて、石川さん!」
「わかっています。お詫びをしないと」石川は男を背負い投げで投げた。
「うつ!」投げられた男はコンクリートの上で動かない。

 「ブォー!」車は男を残して走り去っていく。
「だから言ったでしょう、危ないって!」
「石川さんが仕組んだんでしょう。こんな卑怯なことまでも!」
「違います。僕はこんな事はしません…」石川はそう言って、気絶している男の顔を見つめていく。

 「どこかかで見た顔だ、誰だっけ。確か、αプロの俳優だと思うんだが…」
「αプロ!」石川の言葉に香奈子と康子は絶句した。

 「康子さん、リサさんに連絡した方がいいよ。こいつは縛って、逃げないようにしないと!」
「だったら、これを使って」香奈子は首に巻き付けたスカーフを石川に手渡した。
それを受け取った石川は。男の両手を後ろ手にして縛った。
「念には、念を入れないとね」さらにズボンのベルトを抜いて、肩に巻き付けた。

 「これでいいよ。車を持ってくるから」石川は走って車を走らせてきた。
「こいつを先に乗せないと…」石川は香奈子の手を借りて、男を後ろに乗せた。
「ほら乗って、危ない思いはイヤだろう?」
「今度だけは信用する!」康子と香奈子も石川の車に乗り込み、リサの屋敷に向かう。

 「リサさんとは、連絡が取れたのか?」
「ええ、αプロと連絡を取るって言っていたわ」
「そうか、これはスキャンダルになるぞ!」長年の感を効かせる石川だ。

 石川はスピードを上げて走っていく。
「ほら、もうすぐだよ」正面に明かりが灯ったリサの家が見えてきた。
「あら、車が一杯だわ」
「ホントだ。やはり、大事件になるかも知れないぞ!」石川は空いている所で車を停め、男を引きずり出した。

 「ほら、しっかりしろ!」両手で頬を叩いていくと「うー!」男の意識が戻ってきた。
「おい、何でこんな事をしたんだよ」
「脅されたんだ。俺だって、やりたくなかった!」

 「誰に脅かされたんだ?」
「今は言えない。俺が言わなくて、もいずれわかるさ」
「そうだな。その通りかもな…」石川が腕を縛った男と一緒に、屋敷に入るとリサや久美が、心配そうに出迎えた。

 その中に、見慣れない顔があり、その男は縛られた男を見るなり「立川、とんでもないことをしたな!」いきなり、その男が縛られた男に飛びかかった。
「やめなさい、みっともないわよ!」
「すみません、申し訳ありません」

 その姿に「石川さん、あの人誰なの?」香奈子が尋ねた。
「ああ、あの人か。αの社長だよ」
「じゃあ、犯人はαの関係者なのね!」改めて思い知る香奈子だ。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター