fc2ブログ

「女優・樋山香奈子」第15話 告白

第15話 告白

 4人は明け方まで抱き合っていた。
夜明けと共に康子は起きあがり、台所に立って「トントン」包丁とまな板がぶつかり合っている。

 「あら、遠藤さん起きたの?」
「当然さ、仕事に行く時間だからね」
「こんな、早くから行くの?」
「そうさ、その代わり早く帰ってくるよ」服を着ていく遠藤は「確か、収録は3時からだったよね?」康子に聞いた。

 「ええ、そうだけど?」
「だったら、寄ってくれないかな?」
「いいわよ、遠藤さんのところね」
「待っているよ」出ようとすると「待って、せっかく作ったから食べてよ」康子が止めた。

 「うれしいね。手作りの朝食なんて何年ぶりかな」
「今までは、どうなさっていたの?」
「局の食堂か、立ち食いだよ」
「惨めだったなのね…」
「ああ、惨めだったよ」遠藤は康子の作った料理を、残さず食べてからマンションから出た。
残された香奈子と石川も起きて、康子の手作りを食べ、マンションから出た。

 香奈子と康子はリサの屋敷に戻ったが「楽しかったみたいね。朝帰りだなんて!」リサから怒られる。
「すみませんでした…」
「気をつけてよ、スキャンダルは命取りになるから。マネージャーも一緒じゃ、話にならないね!」
「申し訳ありません」平謝りの香奈子と康子だ。

 「わかればいいわ。今日からは局が送り迎えをするからね」
「わかりました」香奈子と康子はリサの部屋から出て「怒られてしまったわね」「仕方ないかもよ、これからは事前に言うようにしないとね」局での収録に備えて着替えていく。
その間に、局からの迎えの車が来て「ありがとうございます」香奈子と康子はそれに乗り込み、BBNへと向かう。

 局入りすると、美和子のことが話題になっていた。
「ヘア丸出しで、本番をしたんだってよ!」
「そうらしいな、お終いだな」行き交うスタッフ達が話し合っている。

 「もう話題になっているのね。あの事が…」
「そのようよ。石川さんに助けられなかったら、私が噂になっていたのね」2人は遠藤のところに向かった。
「待っていたよ、康子さん」
「何かご用でも」

 「ああ。香奈子さんの出演依頼をしたくてね」
「仕事ですか、助かります」
「これはお礼だよ。局の不備が公にならないようにしてくれた、お礼だよ!」
「で、どんな仕事ですか?」

 「司会をやってくれないかな。レコード大賞の司会を!」
「ありがとうございます。やらせて頂きます!」
「よかった、安心したよ。それから康子さん、これからも付き合ってくれないかな?」
「私はかまいませんが」顔が赤らんでいる。

 「ありがとう、よろしく頼むよ」遠藤と話が済むと、控え室に入り収録の準備をしていく。
「康子さん、好きなんでしょう、遠藤さんが!」
「ば、馬鹿言わないの」慌てる康子に(間違いないわ、2人は好きあっている)確信して着替えていく香奈子だ。

 収録は順調に進んで、そして、いよいよ放送が開始された。
「雪化粧」は初回から好評で視聴率を上げている。
それに連れ、香奈子の出演依頼も多くなってきたが、康子はそんな香奈子が気がかりだ。

 「リサさん。香奈子の仕事が多すぎます。これでは体が持ちません…」
「康子さんがそう思うのね。ここは考え時だわ」
「暫く休養させた方がいいと思います。ドラマ以外は断るべきです」
「わかった、康子さんに任せる」リサの許可を貰った康子は早速行動を起こした。

 「申し訳ありませんが、スケジュールが目一杯でして…」新たな依頼を断っていく。
しかし、芸能界ではそれは受け入れられず「のぼせやがって!」BBN以外の出演を断っていく香奈子は、よく思われなかった。
それに、長期休暇を取りって海外に出かけてしまったからなおさらだ。
だが、リサのプロ所属なので、誰も表だっては言えなかった。

 香奈子と康子が海外に出かけている間に、週刊誌は美和子のことを乗せていた。
それはαとリサの共同作戦で、香奈子がいないから、美和子にマスコミが押し掛けている。
「美和子さん、本番もしたそうですね?」
「首になったそうですが…」しかし、美和子が答えるわけには行かない。

 首になった美和子は、マンションも引き払って安アパートに越して行くが、マスコミも追いかけている。
「その通りよ。ヘアも剃られたし、本番もやったわよ。それが何故悪いのよ!」開き直っている。
「女優は、やめるんですか?」
「やりたいわよ。でも戻れない、芸能界には…」その言葉がテレビや雑誌に載っている。

 その通りで、美和子にはテレビ局や映画からの出演依頼はなく、あったのはヌード写真やエロビデオ、ストリップの出演だ。
生活が追いつめられた美和子は、生えかけた絨毛のままでストリップをやっている。
フルヌードになって舞台で踊ると「オ○ンコだ、美和子のオ○ンコだ!」観客も話題の人だけに、喜んで淫裂を見ている。

 そのころ香奈子と康子はくつろいでいた。
「香奈子、石川さんが好きなんでしょう?」
「そ、そんなことないわよ。康子さんこそ、遠藤さんが好きなんでしょう?」
「ち、違うわよ、誤解よ」お互いに、否定し合っている。
しかし、いつまでもそうしているわけには行かない。

 「康子さん、私、ホントは好きなの。でも、康子さんをレ○プしたから迷っているの…」
「やっぱりね。私のことは気にしないで、好きだったら、香奈子の思った通りにしなさい!」
「それより、遠藤さんに言わなくていいの?」
「言うわよ。いずれ言わないといけないし…」(レ○プされたと言ったら。嫌われてしまうかも…)そんな思いがあって、切り出せないでいる。

 (何とかしてあげないといけないわ、石川さんとで!)香奈子は考えを巡らしていく。
香奈子と康子が考え巡らせている内に、休暇も終わって帰国すると。待っていたかのようにマスコミ各社が取材に訪れた。
「休暇を取った感想は?」
「『雪化粧』の評判がいいようですが?」質問が相次いだ。

 「後で会見をしますから」取材陣を振りきって、リサの屋敷に戻ってきた。
「帰りました」2人はリサと久美に挨拶すると「楽しかったかしら?」
「はい、思い切り楽しみました」
「良かったわね。今度は私も楽しみたいわ、久しぶりだしね」リサは香奈子の服のボタンを外していく。

 久美も同様に、康子の服を脱がせて「お風呂に入りましょうよ、4人一緒に」「いいわね、久しぶりだし」香奈子達は服を脱ぐと、浴室で体を洗いあった。
「香奈子。美和子が追放されたのよ」リサは香奈子の乳房を洗いながら言う。

 「追放されたら、生きていけないでしょう?」
「そうよ。だから、ストリッパーをやっているんだって」
「ストリッパーを!」康子と香奈子は思わず声を上げてしまった。
「嘘でしょう、リサさん!」
「本当よ。後で週刊誌を見せてあげる」リサは香奈子の体を丁寧に洗っていく。

 体を洗い終わると、浴室でから寝室に場所を変えた。
「香奈子して。香奈子にして欲しいの」
「私でいいのね?」香奈子はリサの股間に顔を埋めて、淫裂を指で触っていく。
「いいわ。そこがいい!」自分で乳房を揉みながら、悶え声を上げ行くリサだ。
「いいわよ、康子!」久美も康子の指で悶え、2人の淫裂からは淫汁が流れている。

 4人は楽しんだ後、話をしている。
「リサさん、先ほどの話ですが…」
「ああ、美和子の話ね」リサはベッドから起きあがり、週刊誌を取り香奈子に見せた。
「こんな事までするんだ!」
「私にも見せて。あら、いやだー!」週刊誌には、乳房丸出しでオナニーをしている写真が載っており、性器には黒丸が付いている。

 「私は絶対にイヤよ。オッパイだけなら我慢するけど、ヘアまで写真に撮られるのは…」泣き声に変わった。
「泣かないの。ほら、泣かないのよ!」リサが香奈子を抱きしめベッドに寝かせた。
「香奈子には、あんな事させないわ。私が守ってあげる」今度は、リサが香奈子の股間に頭を埋めて、淫裂を触っていき、康子も久美に淫裂を触られている。
「あん、あん、あん!」悶え声を上げた後、4人は眠りに就いた。

 翌朝、香奈子と康子はリサと久美の前で話を始めた。
「聞いて欲しいことがあります…」
「あら、かしこまってどうしたの。二人して!」
「怒らないでください。実は好きな人ができたんです。私と香奈子にです…」

 「あら、2人に好きな人ができたんだ。相手はだれなの?」リサと久美は興味深く質問してきた。
「遠藤さんです。BBNの遠藤さんです…」「私は石川さんです。競演している石川さんです」香奈と康子は俯いたまま答えた。
「やっぱりね。あの事件から、石川さんの香奈子を見る目が違っていたし…」
「それに、遠藤さんも康子がいると、生き生きしているしね」冷やかすリサと久美に、黙ったままの2人だ。

 「で、香奈子はどうするの?」
「どうするって言われても、プロポーズされたわけでないし…」
「康子はどうなの?」
「結婚したいです。でも、でも…」泣き出してしまった。

 「あのレ○プが気になっているのね。ここが出番だわ。久美も手伝ってよ」
「勿論よ、可愛い康子のためだからね」リサと久美は、香奈子と康子が迎えに来た車に乗って出かけると、電話を掛けて何かを企んでいる。

 そんな事など知らない康子と香奈子は、BBNの控え室で準備をしている。
「香奈子さん、もうすぐ出番です」スタッフが声を掛け「わかりました」スタジオに入ると「香奈子、久しぶりだったね」石川がいる。
「石川さん、収録が終わったら渡したいのがあるの。帰らないで待っててね」
「わかった。帰らないよ」

 そこに「香奈子さん、出番です!」話を壊すかのように、スタッフが入ってきた。
「はい、わかりました!」セットの中でカメラの前に立ち演技をしていく。
「OKです。次は石川さんとの会話です」石川が現れ「3,2,1,キュー!」再び収録が始まった。

 収録は順調に進んで9時頃には終え、収録が済むと同時に、リサと久美もスタジオに入ってきた。
「これはリサさん、お久しぶりで!」監督も低姿勢だ。
「終わったのかしら?」
「はい、終わりました」

 「だったら、いいわよね。香奈子を借りても?」
「終わりましたから今日はいいですよ。でも、明日は詰めのラブシーンですから、あまり刺激しないでくださいよ」
「あら、ラブシーンなんだ。ベッドもあるの?」
「はい。ですから、ヌードになってもらいます」

 「マネージャーは知っているの?」
「はい、言ってありますよ」
「香奈子も知っているんだ…」
「先ほど、石川とスタジオの隅で練習していましたよ」
「そんな事までしていたんだ。香奈子は!」
「あれは大物になりますよ。リサさん、いい子を見つけましたね」
「まあね」リサは監督と話を済ますと香奈子に話しかけた。

 「香奈子。明日は大変らしいね」
「はい。ヌードもあるんです」顔を赤らめて言う。
「だったら練習しないとね。石川さん、付き合って貰えるわよね?」
「勿論です。リサさんに言われたら断れませんよ」
「よかった。康子さんもよ一緒よ」
「はい、わかりました」

 収録を終え、香奈子や康子がリサの屋敷に戻ってくると「遠藤さん、お待たせしました」そこには遠藤がいる。
「遠藤さん、お元気ですか?」康子も挨拶すると「元気にやっていますよ」遠藤も康子の手を握ってきた。

 「見られてます、恥ずかしいです…」
「そうですね、見られていますよね」慌てて手を引く。
「2人とも、中に入って。手を握るのは中でしてよ」
「わかりました」皆が屋敷の中に入った。

 「遠藤さん、明日の収録は大詰めなんですってね?」
「愛を告白するシーンや、ベッドーシーンがありますが…」
「練習させましょうよ。2人に!」リサの言葉に「ここでですか、見られて恥ずかしいです」驚く香奈子だ。

 「スタジオはスタッフがもっと大勢いるのよ。その前でヌードになるんだから、これくらい平気でしょう?」リサは手厳しい。
「大丈夫よ。康子さんと遠藤さんも演技をするから」笑顔で言う久美に「え、私もするんですか。ラブシーンの練習を!」康子は驚き顔だ。
「そうよ。ベッドシーンもよ」

 それには驚く遠藤で「僕は俳優ではないから、演技は無理ですよ」
「プロデューサーでしょう。それくらいやりなさいよ、模範演技を示さないと!」
「でも、できるかな?」
「できるわよ。康子さんとなら本心で、できるでしょう?」
(リサさんは気を使ったわ。遠藤さんと康子さんが結ばれるように!)香奈子は恥ずかしそうに俯いた康子を見ている。

 「決まったわね、最初は康子と遠藤さんよ。好きな人と思えば台詞は要らないわよね?」
「やってみます。恥ずかしいけど…」遠藤は覚悟を決めて康子の前に立った。
「康子さん、僕は君が好きだ。僕の妻になってくれ!」
「私でいいんですか。私は傷を持っています。資格はありません…」俯く康子に「そんな、過去のことなんかどうでもいいよ。今が大事なんだ。一緒になってくれ!」遠藤は康子の手を握った。

 「私でいいんですね、私で!」康子は涙を流しながら言う。
「そうだ、康子さんでいいんだよ」遠藤と康子は抱き合い、唇を合わせていく。
「好きだ、康子!」
「私も愛してます、遠藤さん!」抱き合って余韻に使っている。

 遠藤は康子の着ているスーツのボタンを外し「欲しい、康子が欲しい!」ボタンを外し終えると上着を脱がした。
「私も欲しい、遠藤さんが欲しい!」康子も遠藤の背広を脱がしていく。
(本気だわ、2人は本気で愛し合っている!)香奈子達は見ている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター