赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「ある農家の慣わし」第4話 射精  

 屋敷に戻った2人は一雄が撮った写真を見ていく。

「ダメ、これはダメ!」自分の性器がアップで写った写真を手で覆う。

「恥ずかしがる事ないよ。こんなに綺麗だし」手を退けて食い入るように見ていると肉竿がまた

膨らんできた。

「香奈さん。またやりたいよ、良いだろう」床に寝かせ覆い被さった。

「ダメ、もうダメ。やったばかりよ」逃れようとしても押さえられ、またズボンを脱がされだし

た。

「やめて。そんな事するならモデルはしないから」

「わかったよ。その変わり口でしてもらうよ」雄作はチャックを引き下げ肉竿を取りだした。

「これを口でやるなんて…」初めてのフェラに戸惑っていると「やらないなら、後からやるぞ」

「やるわ、だからセックスしないで」目の前にある肉竿を掴んで口を押し付けた。

「そうだ。もっと奥まで入れないと」頭を押さえ腰を押し付けた。

(そんなに入れないで。咽が詰まっちゃう…)息苦しさを感じながらも「ウグ、ウグ!」と唇で

擦っていくと肉竿も更に堅くなってきた。

そして、登りきった雄作は根本まで押し込むと喉奥目掛けて噴射を始める。

(イヤよ、精液なんて汚いわ)首を振っても肉竿は噴射を続けて最後の一滴まで出し切る。

「気持ちよかったよ。またやって欲しいな」満足そうに肉竿を抜くと香奈の口から白い液体が涎

のように流れてくる。

「飲め、飲むんだ!」言われるままに飲み干すと不快な快感が咽多くに漂っていく。

「気持ち悪い…」急いで洗面所に駆け込み、うがいをした。

暫くして喉奥を洗い終えると雄作の元へと向かう。

「香奈さん、これがいいな、これは最高だよ」拝殿の前で淫裂を広げた写真を指さすと「もう見

ないで。これは秘密なんだから」奪い取るようにして居間から出ていった。

 

 その夜、香奈は何もなかったかのように振る舞っていた。

「一雄さん、一杯欲しいの…」甘えながら抱きついていくと「今夜はあれでさせて貰うよ」四つ

ん這いにさせる。

「これはしたくないの、キツいから」そう言っても腰を押さえられ肉竿が入ってくる。

「きついわ、これはきつい!」首を振り堪えているが、直ぐに、ピストンが始まった。

(オチンチンが子宮の奥まで入ってくる…。お父さんにレイプされた方が気持ちよかった…)蔵

の中での出来事が思い出された。

そんな事とは知らない一雄はピストンを速めていく。

「香奈、出すよ。だすからね」

「できちゃうけど、いいの?」

「出来てもいいよ、出したいんだ」登りきったのか動きを停めた。

「暖かいわ。子宮が暖かい…」

「出したのがわかるんだね」

「ええ、勿論よ。できたら産むわよ」

「いいよ、僕も子供が見たいし」一雄は肉竿を抜くと香奈に抱きついていくが、雄作が言った事

を思い出した。

(一雄さんもお父さんのように、子供のお嫁さんとセックスするのかしら?)不安になってしま

った。

そんな香奈の気持ちなど知るよしもない一雄は乳房に顔を埋めて吸われると「いいわよ、凄くい

い…」声をあげていた。

 

 それから数日後、雄作と香奈は野良仕事と嘘を言って家を出た。

2人は車に乗って静かな農道を走っていくが誰1人とも会う事はなく、畑の前に来た。

「香奈さん、ここで撮るよ」

「ここではイヤ。見られそうな気がする」

「仕方ないな、神社ならいいかい?」それには黙って頷く。

「わかった、そうするよ」また車は走ってあの神社へと向かう。

雄作は一雄とは反対側に車を停めて神社に来た。

「わかっているよね、準備して」催促された香奈は顔を強ばらせながらも脱ぎだし、それをカメ

ラに収めていく。

香奈は次々と脱ぎ、下着姿になった。

「いいね。黒も色っぽいよ」黒いパンティとブラジャーに雄作は興奮気味だが「お願い、ヌード

はこれっきりよ。約束して」

「わかった。約束するよ」その言葉を信じ、体を震わせながらパンティから脱いでいくが「いい

よ、凄くいい!」相変わらずスイッチを押していく。

香奈は背中を丸め足首から抜くと黒い絨毛が露わになり、その後、背中の手を回してホックも外

した。

「手を退けて、それじゃ撮れないよ」香奈は目を赤くしながら股間と胸から手を退け、カメラに

収まっていく。

                 narawaso04.jpg
 

 雄作は香奈にポーズを取らせ、カメラに収めていたが「やりたくなったよ」カメラを置いて、

下半身を剥き出しにした。

「セックスはしない約束よ」

「気が変わってね。とにかく抑えが効かなくて」香奈の背中に抱きつき肉竿を押し当てる。

「ダメよ、入れないで。一雄さんを裏切りたくなの」

「これは慣わしだから仕方がないよ」もう、肉竿の半分ほどが入っている。

「入れないで…。それ以上入れないで…」喘ぐ香奈は拝殿を抑えてやっと立っていたが、肉竿は

小刻みなピストンを繰り返しながらも奥を目指した。

やがて、全てが収められると淫裂も反応して濡れていく。

(気持ちいい。お父さんとのセックスでこんなに濡れていく…)香奈は快感で「あ、あ、あ~!」

声もあげだした。

「気持ちいいのか、香奈さん?」

「ええ、変な感じなの。縛られてされた時もよかったけど、外でやるのも凄く気持ちいいの」

「やっと正直に言えたな。偉いぞ」肉竿の動きを速めていくと流れる淫汁の量も多くなってきた。

「気持ちいいわ。オッパイにもして…」喘ぎながら頼むと、手が伸びて乳房を揉み、乳首を指先

で軽く潰した。

 

 それには、前にも増して声が大きくなっていく。

「ここが敏感なんだな。もっとしてやるよ」気をよくした雄作はピストンしながら乳首を転がし

だすと「いいわ、凄くいい!」体を硬直させ喘ぎだした。

「香奈さん、もっと欲しいだろう?」

「ええ、もっとして欲しい…」

「それだったら、頼みを聞いて欲しいな」

「どんな事?」

「もっと撮りたいんだ、香奈さんの裸を」

「イヤ、もうヌードはイヤ!」

「イヤならしてあげないよ」意地悪く肉竿を抜いた。

「意地悪しないでもっとして…」

「それだったら、俺の頼みも聞いて欲しいな。香奈さんだけでなく、夕貴も裸になるんだよ」

「お、お母さんと一緒にヌードなんだ」

「そうだよ、だからやるよね」乳房を優しく撫でていく。

それには暫く沈黙して「やってもいいけど、一雄さんには言わないで」承知した。

「わかっている。約束したからな」雄作は再び、淫裂を肉竿で突きだした。

「いいわ、凄くいい…。天に昇ったような感じがする…」淫裂から流れ出た淫汁が太股まで濡ら

している。

(うまく行ったな。後は夕貴次第だな)してやったりの雄作はピストンを続け、香奈の膣奥に噴

射した。
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/107-4893b7ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top