fc2ブログ

「夫は2人の共有財産」第7話 海水浴

第7話 海水浴

 肉竿のピストンに、経験少ない淫裂も馴染んで淫汁を流している。
「いいわ。お兄ちゃん、気持ちいい!」
「俺も気持ちいいよ。由里!」乳房に顔を埋めてピストンし、そして、腰を密着した。

 「出したの、お兄ちゃん?」コンドーム越しだが、暖かいのが感じられた。
「そう、出したよ…」結合したまま、乳首を吸う。
「私で、満足出来た?」不安顔の由里だ。
「ああ、よかったよ!」

 「舞子さんと、私とでは、どっちがいい?」
「それは言えないよ。2人ともいいし…」
それを聞いて「後ろからもう一回して!」四つん這いになっていく。

 「由里。どうしたんだ、急に?」
「舞子さんには負けたくないの。お願い、後ろからして。それに、コンドーム外してして!」泣き声になっている。

 「わかった。由里、行くよ!」哲夫の肉竿がまた膨らんでいる。
今度は、ゴム無しの肉竿が淫裂に入り込み「あ、あ、あ~!」悶え声をあげて行く由里だった。

 それから、10日が過ぎた。
「舞子さん、ヘアはどう?」由里が尋ねる。
「大部生えたけど…」

 「だったら、お兄ちゃんとして。私、あれが来て出来ないの」
「生理なのね。わかりました」やっと舞子に笑顔が戻った。
「その変わり、私も一緒にいるけど」

 「そんな。セックスを見られるなんて、恥ずかしいわ」
「イヤなら、いいわよ。私が口でするから…」
「わかったわ。一緒にいてもいいわよ」舞子はイヤだが、久しぶりに哲也とセックスができるから承知した。

 その夜、哲也の部屋では、舞子が全裸になり抱かれていた。
「いいわ、凄くいい!」乳房を握られ、淫裂を肉竿で突かれている。
その側では、由里が哲夫の背中を撫でていた。

 「お兄ちゃん。舞子さんのオ○ンコに、出してあげて!」
「わかった、由里!」肉竿のピストンを早めた。
「いいわ、凄くいい。もっとして、もっと!」背中を浮かせて、悶えていた。

 無理もなかった。
久しぶりに抱かれたから反動が凄く、淫裂から流れた淫汁でシーツが濡れている。
「うー!」哲夫も満足したのか、放出を始めた。
「良かったよ、舞子さん!」「私も良かった!」2人は抱き合い、余韻に浸っている。

 (何よ、私のおかげでセックスが出来たのよ。そんなに、抱き合わないで!)由里は舞子に嫉妬を覚えた。
(覚えてなさいよ。後で、懲らしめてやるから!)顔を強ばらせ、余韻に浸る2人を見つめていた。

 それから数日後、舞子の元に手紙が届いが「イヤよ、イヤ!」泣きだしてしまった。
封筒には、舞子が犯されている写真が同封され、乳房はおろか、淫裂に肉竿が入っているのもわかる。
それを見て、舞子は「う、う、う!」泣きだしてしまった。

 手紙が届いてから、舞子は元気がなく、そんな舞子に哲夫と由里も心配顔だ。
「疲れているのよ。それより、今度の日曜に、遊びに行こうよ!」舞子が言う。
「いいわね、たまには3人一緒も」

 「ところで、どこに行くの?」
「そうね、海水浴にでもどうかしら?」
「いいわね、行きましょうよ」話がまとままった。

 そして、日曜日に3人は海水浴に出かけた。
「混んでいるわね」人の多いのに、舞子が怯えている。
「仕方ないわよ。とにかく、着替えましょう」舞子と由里は着替えるために、海の家に入った。

 暫くして、由里が出てきたが「由里、ビキニか!」哲夫は声をあげた。
「そうよ、気に入った?」
「ああ、オッパイも触りたいよ」笑顔で話していると「お待たせしました」舞子も戻ってきた。

 舞子は、バックで胸を、もう片手で股間を押さえている。
「どうしたの。そんな事して?」
「パットを、忘れてしまって…」泣きそうな声だ。
「構わないわよ。堂々と見せましょうよ、どうせ、誰も知らない人ばかりだし」
「そうよね。知らない人よね」舞子は、手とバックを退けた。

 舞子は白いワンピースの水着で、乳房と絨毛が透けている。
「お、オッパイが!」「見ろよ、ヘアだよ。オ○ンコのヘアが見える!」舞子の水着に注目が集まり、その注目を浴びながら3人は砂浜にシートを敷いた。

 場所を確保すると「泳ごうよ!」由里が誘う。
「でも、透けちゃうし…」
「せっかく来たのよ。泳がない手はないわ」強引に腕を掴んで、海水に飛び込んだ。

 最初は嫌がっていた舞子だが、童心に戻って泳いでいく。
暫く泳ぐと、2人の体が冷え、砂浜に戻ってきた。
すると「あっ!」皆が舞子を指さしている。

 舞子はその指に気が付いて、自分の姿を見た。
海水に浸かった水着は、肌に密着して全裸と同じで「いやー!」悲鳴を上げてうずくまった。

「舞子さん、どうせなら、脱ごうよ。この際だから、ヌードがいいわよ」
「そ、そうよね。どうせ、見られたんだから…」顔を震わせながら、水着を脱ぐと、濡れた乳房と、絨毛が晒されていく。

 当然、3人の周りに人垣が出来てしまった。
(見ないで。ヌードは見なくていいのよ!)恥ずかしさに、舞子は項垂れている。
「舞子さん、オイル塗ってあげるね!」哲夫に言われ、舞子は両手で股間を押さえたまま仰向けに寝た。

 哲夫は、首から乳房にサンオイルを塗っていく。
「ここは、丁寧にやるからね」両乳房を揉み、乳首を指で転がしていくと(ダメ、そんな事しないで!)眼を閉じたままだが、自然に呼吸が速まっている。

 「良くやるよな。人前、でオッパイを揉まれているぞ!」
「それより、オ○ンコにも塗るのかな?」取り囲んだ男達の股間が膨らんでいる。
哲夫は、その要求に応えるかのように、手を股間に伸ばした。

 「お願い、そこは隠してからして。見られたくないの!」
「だったら、これを掛けてよ」由里が股間にバスタオルを掛けた。
「あ、ありがとう…」大事な部分が隠され、哲夫はそれをいい事に、指を淫裂に押し込んでいく。

 (ダメ、入れないで、膣の中はイヤ!)舞子は、両手で乳房を押さえているが、哲夫はなおも指を動かしていく。
(ダメ、膣の中が濡れていく…。声が出そう…)人垣の前で、声を上げる訳には行かないから、必死に堪えている。

 「何だ、オ○ンコが見れないのか…」期待が外れて、人垣が去っていく。
「舞子さん、やりたいんでしょう?」哲夫も横になり、バスタオルを腰に巻いた。
「やめて。見られたらどうするのよ!」小さな声だ。

 「構わないよ。やろうよ!」舞子の背中に、胸を押しつけてきた。
「う!」哲夫の肉竿が淫裂に入り、呻き声が上がった。
「ダメ、お願いやめて!」小さな声だ。

 「遠慮は要らないよ」乳房も掴んで揉みだし「ピチャ、ピチャ!」淫裂から音が出ている。
(帰ってからしましょう。ここじゃイヤです!)だが、もう淫裂の中は淫汁が溢れ、流れている。

 それに、哲夫が登りつめて(イヤ、出すなんていや!)淫裂の中に、液体が漂っていく。
(お兄ちゃん、舞子さんのオ○ンコに出したんだ…)周りでは気づかなかったが、由里は気づいた。

 「お兄ちゃん、泳ごうよ!」
「わかった。今行くよ!」哲夫はパンツを引き上げ、立ち上がった。
すると「哲夫さん、行かないで!」ひとり残されたくないから、舞子が言う。
「すぐに戻るから」哲夫は由里と一緒に、海水に飛び込んだ。

 「お兄ちゃん、オ○ンコしてたんでしょう?」
「何だ、ばれていたのか」
「そうよ、バレバレよ。舞子さんだけじゃなく、私ともしてよ」パンツを引き下げて肉竿を擦っていく。

 「やりたいのか。だったら、やるぞ!」由里の水着を引き下げ、股間を剥き出しにした。
「後ろからして。お兄ちゃん!」

 「わかった。こうだね?」胸を押しつけて、肉竿を押し込んでいく。
「気持ちいい。もっとして!」
「わかっているよ、由里!」腰を押さえて、肉竿をピストンしていく。

 「あ、あ、あ!」小さな喘ぎ声を上げるが、周りでは気づいていない。
だが「哲夫さんと由里さんが、セックスしている」バスタオルを被った舞子は、じっと見ていた。
こうして、3人は夕方まで、海水浴を楽しんで自宅に戻った。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター