赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「ある農家の慣わし」第6話 夕貴の告白   

 それを見透かしたのか雄作は「香奈さん、欲しいんだろう。正直に言わないと」恥ずかしい言

葉を言わせようとしている。

その言葉に抵抗はあるが「欲しい…。お父さんのオチンチンが欲しい…」息を荒立てて言う。

「そんなにやって欲しいのか?」

「はい…。凄く、して欲しい…」快楽が理性を上回っている。

「それならしてやるよ。夕貴も手伝え」腰をしっかり押さえて肉竿のピストンを始めたが、動き

も大きく、根本まで入っている。

「気持ちいいです…。変になっちゃいそう…」喘ぎながら言うと淫汁がドンドン流れている。

「夕貴、お前も手伝わないと」催促された夕貴は戸惑いながらも縛られた乳房を撫で、乳首を吸

い出した。

それには「あ、あ、あ~!」声を上げ、体も反らせていく。

(気持ちいいのね。こんな事で気持ちいいなんて…)複雑な思いで乳房を撫で続けている。

夕貴は(こんな慣わしは、もう終わりにさせないと…)涙を滲ませながら思案しているが、雄作

は腰の動きを次第に速め絶頂へと向かっていく。

それと同じように香奈も次第に登り詰めて流れ出た淫汁が太股まで濡らしている。

「出る、出る~!」突然動きが停まった。

「そこはダメ!私がお口で…」慌てた夕貴が座り込み肉竿を催促している。

「仕方ないな、夕貴にやるか…」爆発寸前の肉竿を抜いて夕貴の口に押し込み、腰を動かしてい

くと(お腹に出して欲しかったのに。余計な事して…)香奈は不満顔だ。

しかし「出る、出る!」夕貴の頭を押さえ根本まで押し込み噴射を始めた。

(それを、私に出すはずだったに…)恨めしそうに見ていると口元から涎のように白い液体が流

れてくる。

「飲め、飲むんだ!」肉竿を抜くと「ゴクン!」素直に飲み込んでいく。

「香奈さん、今日はこれまでにしよう」雄作は縛った香奈を解いていくが(イヤよ、最後までし

て!)消化不良に不満を露わにしている。

 

 夕貴は悩んだ末、香奈と雄作の留守を狙って一雄に打ち明けた。

始めは取り合おうともしなかったが、雄作の撮った写真を見せると「そんな~!」声を上げたき

り、黙り込んでしまった。

「こんな事言いたくないけど、これが慣わしなで、私もやらされたの…」辛そうに言うと「そう

か、母さんもやったんだ。詳しく教えてよ」頼み込む。

「いいわよ、蔵で説明する」2人は蔵に入った。

「これで手を縛るの」ベルトを見せた。

「裸になってやるんでしょう。母さんがやられた通りにしてよ」

「え、私が裸になるの?」

「そうだよ、これは現場検証だし」

「でも、裸になるのは恥ずかしいし…」

「親子じゃないか。何なら僕も裸になる」一雄は勝手に脱ぎだした。

それには「わかったわ。脱ぐわよ」渋々脱ぎだした。

夕貴が脱いでいるのを一雄は黙ってみていたが「全部だよ、香奈は全部脱いだんでしょう」下着

も脱ぐように言う。

「ホントに全部なの?」

「勿論さ、ほら急いで」仕方なく、パンティを引き下げだした。

「母さん、まだ綺麗じゃないか。使っているんでしょう?」

「そんな事聞かないの。夫婦の事は聞いちゃダメ」顔を赤らめながら足首から抜いて下半身を露

わにし、ブラジャーも脱いで全裸になった。

「手を出して」手を差し出すと手首にベルトが巻き付けられて鎖が付けられた。

「これ引けばいいんだ」鎖を引くと夕貴の手が上がっていく。
     
                 narawasi6

 「もういいでしょう、こうやってやられたの」夕貴は爪先で立っている。

「じいちゃんはどうやったの?」

「背中から抱きついて、オッパイを…」言い終わらない内に一雄が抱きついて乳房を揉み出す。

「本気になっちゃダメ。親子なのよ、それに検証なんだから」両乳房を揉み出すと夕貴の息づか

いが荒くなってきた。

「母さん、その後どうされた?」

「どうされたって、犯されたわ」

「どういう具合に?」

「このまま、後から入れられて…」

「そうか、後からか」夕貴の足を開かせ、淫裂に肉竿を押し当てた。

「やめて、親子よ。しちゃ行けないの!」抵抗できないから首を振るだけだ。

「これは検証といったはずだよ。親子でも確かめないと」一雄は股間を押し付けて膣の中に肉竿

を押し込んだ。

「抜いて、お願いだから抜いて~!」声をあげるが、肉竿はゆっくりと動き出す。

「母さん、こうやられたんでしょう、オッパイもこうやられながら」乳首を摘みながら揉み出し

た。

「そうよ、そうされたわ。もう確かめたからいいでしょう」

「まだだよ。もっと確かめないと」肉竿の動きを速めると「あ、あ、あ~!」体を反らせ声もあ

げ出す。

(気持ちいい…。許されない事なんだけど…こんなに気持ちいいなんて…)自分が産んだ子供に

淫裂を突かれ、快感に淫汁も流れている。

「母さん、濡れてきたよ。犯されたのに気持ちよかったんだ」

「ち、違うわ。今回は一雄との検証だからよ」

「僕と、オ○ンコすると気持ちいいんだ。それならもっとしてあげるよ」前にも増して肉竿の動

きが速まり「クチャ、クチャ!」音を立てながら淫裂から淫汁が流れ出ている。

 

 やがて、一雄も絶頂を迎えようとしている。

「母さん、オ○ンコに出されたんでしょう?」

「出されたわ…。一杯出された…」

「それじゃ、僕も出すよ」

「ダメ、一雄はダメ。万が一もあるのよ~!」叫んでも肉竿は膣深く入って動きを停めた。

「そんな、一雄から射精されるなんて…」呆然としていると白い液体が淫裂から太股に伝わって

くる。

「母さん、これは検証だよ。今度は香奈の前でやるからね」

「イヤ、香奈さんの前ではしたくない!」さすがに、親子での相姦を嫁の前ではしたくない。

「それだったら、僕の言う事も聞いて欲しいな」

「どんな事なの?」

「簡単さ、父さんがした事を僕がするだけさ」

「セックスもする気なの?」

「そうさ。イヤなら香奈の前でやるよ」

それには(セックスはしたくないけど、香奈さんに見られるのはイヤだし。どうせ、セックスす

るなら…)暫く間を置いて「わかったわ、セックスしてもいいわ。その変わり、お腹に出すのは

やめて」承知した。

「でも、気持ちいいのに、抜くのはイヤだよ」

「それだったら、断ってして。危険日には言うから」

「へえ、母さんまだ産めるんだ」

「可能性があるだけ。もうすぐ50だから無いとは思うけど、万が一もあるし」

「わかった、そうする」一雄は夕貴の鎖を解きだしたが、この事をきっかけとして一雄は実母の

夕貴との関係を深めていった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/109-08a80eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top