fc2ブログ

「隔離された学園」第1話 離婚

登場人物

    川口泰子:英語教師          岩瀬浩志:岩瀬学園理事長 
    田中典子:数学教師          大倉秋子:岩瀬学園校長  
    武田桂子:物理教師          伊藤直美:寮のまかない婦 
    野上志保:体育教師 

第1話 離婚

  窓から明るい日差しが照りつける中で、女教師が授業をしているが、女教師は一糸まとわぬ全裸だった。
ハイヒールだけを履き、教卓も退けられて、生徒達に全裸を晒している。
恥ずかしそうに体を震わせ、目を真っ赤にしており、肌まで桜色に染まっていた。

 女教師はそれでも乳房を揺らせ、股間の絨毛をたなびかせながら授業をしていく。
生徒達は、全裸で授業をしている教師の、揺れ動く乳房と股間をニヤニヤしながら見つめていた。
全裸の教師は恥ずかしさに耐えきれず、目尻から涙を流していくが、授業は進めている。
(どうして、こんな事に…)乳房を揺らせて、過去の事を思い出していく。

 それは、昨年の事だった。
「何度言ったら分かるんだ。そんなバカな事はできない!」
「何が、バカな事ですか。これは生徒の人権を尊重しただけです!」
「人権尊重…。笑わせるな。ガツンとやってこそ、奴らはおとなしくなるんだよ」
「そんな事をしたら、返って反発されます。彼らだって、分かってくれます」2人の教師が言い争っていた。

 女性の名前は川口泰子といい、教師を始めてから5年になる。
結婚しているが、家庭崩壊で離婚は時間の問題だった。

 泰子は生徒の指導方法を巡って、学年主任と対立している。
「わからんやつだな。これ以上言っても無理だ、辞表でも書け!」
「イヤです。何故、そんな事までしないといけないのですか。理解出来ません!」
「書かないならそれでもいい。そのうちに、転勤したくなるからな。そうなっても知らないぞ!」脅しと思われる言葉を投げかけると、男性は出て行った。

 「女だと思って、バカにしないでよ!」泰子もドアを開けて、職員室に戻ると同僚は誰もいない。
「帰ったのね、その前に部室を見てこないと」泰子は顧問をしている英会話部の部室に入った。

 「あら、まだいたの。遅いから返らないと両親が心配するわよ」
「わかっています」部員に注意を与え、職員室に戻って帰り支度をしていると、英会話部の部長が入ってきた。
「先生、今度の研修旅行の代金です」
「ご苦労さん。20人分でしたよね?」
「はい、20万あります」泰子は渡された代金を数えていく。

 「間違いないわ。預かっておく!」封筒に入れてからバックに仕舞い込んだ。
「もう遅いから、帰るのよ」
「わかっています。それよりも、先生が離婚するって本当ですか?」
「そんな事はどうでもいいのよ。あなたとは、関係ないから…」

 「ありますよ。僕は先生が好きですから!」いきなり、部長が泰子に抱きついた。
「やめなさい。声を出すわよ!」
「出してもいいです。でも、先生の立場がどうなりますか考えて下さい」

 スーツのボタンが外されて、シャツの上から乳房を撫でられていく。
「やめないなら、ホントに声を出すわよ!」
「出しても、かまいません…」乳房を撫でていた手が、シャツのボタンを外しだし、それに唇を吸われて声も出せない。

 (やめて。見つかったら、大変な事になるわ!)手を押さえるが、男の力にはかなわず胸元が開いていく。
「先生!」ブラジャーが上げられて、露わになった乳房を揉まれだす。
「ダメ、やめなさい!」だが「ん、んー!」力が抜けていく。
(ダメ。乳首を吸わないで!)泰子は乳首が弱点だった。

 女性の本能と言うか、乳首を吸われると本能が目覚め、自然に泰子の両手が部長の頭を抱えている。
(いいわ、いいわよ。もっと吸って!)「あ、あ、あー!」喘ぎ声を上げている。
部長は相変わらず乳房だけを愛撫していた。

 「もういいでしょう。帰らないと…」泰子は乳房を押さえた手を掴んだ。
「そうですね。帰らないといけませんよね」
「この事は、誰にも言わないでね」乳房をブラジャーの中に押し込み、ボタンを掛けていく。
「当然です。僕は口が堅いですから」また唇を重ね「う!」目を閉じた。

 「先生。また、明日しましょうね」
「だめ、もうだめよ」後ろ姿の部長に言うが、聞こえたのか知らないが、職員室から出て行く。
「困ったわ。付きまとわれると困るし…」服の乱れを直すと、職員室を出て自宅に向かった。

 自宅に戻ると「遅いな。誰かと不倫をしてきたのか?」夫が怒鳴って言う。
「そんな事しないわ。あなたとは違うからね」
「嘘付くな。調べればわかるぞ!」「やめて、やめてー!」泰子は夫に押し倒された。

 「脱ぐんだ。素っ裸になれ!」
「やめて。裸なんてイヤよ!」抵抗する泰子だ。
「オ○ンコでも、してきたんだろう。だから裸を見せられないんだな?」
「違うわ。そんな事してないわよ!」叫んでも無駄で、スーツが脱がされていく。

 「やめて。お願いです!」スカートも脱がされ、下着だけの姿にされた。
「どれ、オッパイを調べるか!」
「いやー!」ブラジャーが乱暴に引き下げられ、教え子に触られた乳房が露わになっている。

 「オ○ンコも調べるぞ!」「いや、いやー!」パンティが掴まれた。
泰子も必死にゴムを掴み、脱がされまいとしている。
お互いが引き合うと、薄い生地が引き裂かれ、股間を露わになっていく。
「どれ、オ○ンコを調べるか!」
「お願い、やめて。もうやめて!」両手で股間を覆った。

 「手が邪魔だ。隠すならこうだ!」両手を押さえられて、後ろ手に縛られてしまった。
その後、太股にまとわりついたボロ切れも取り除かれ、全裸を夫の前に晒している。
「レイプよ。夫婦間でも、レイプは犯罪だからね!」
「そんな法律聞いた事ない。とにかくお前の体を調べないと…」

 「触らないで。いやよ!」淫裂の中に指を入れられ、開かれた。
「オ○ンコしたいのか。こんなに、タダレているぞ!」指が動き出し「ん、ん、ん!」声を上げまいと、堪えている。
「そうか、オ○ンコしたいのか。だったら俺のを入れてやるからな!」夫も服を脱ぎだす。

 「嫌いよ。あんたなんか、嫌いよ!」
「嫌うなよ。夫婦じゃないか」
「いや、いやー!」全裸になった夫は、肉竿を泰子の口の中に押し込んでいく。

 (こんな人とは、もう暮らしたくない…)両手を縛られているので、どうする事もできず「うぐ、うぐ!」肉竿が口に収まると腰を振りだす。
(やめて、いやー!)首を横に振ると「何だ。口よりオ○ンコの方がいいのか。よし、やってやるぞ!」肉竿が抜かれる。

 その後、泰子は俯せにされ「やめて、お願いやめて!」叫ぶが、腰を持ち上げられて「ヒー!」淫裂に肉竿が入り込む。
「抜いて。お願い、抜いて!」叫ぶが、肉竿が抜ける事はなく「あ、あ、あ!」腰が動いて、喘ぎ声を上げていく。
「オ○ンコが、気持ちいいだろう?」ピストンが早まった。

 「こんなのイヤ。やめて!」
「妻なら我慢しろ、俺はこうやって、オ○ンコしたいんだ!」ピストンを続けていく。
(これはレイプだわ。もう終わりだね。私達は…)泣きながら淫裂を突かれて「うー!」夫は腰を密着させてきた。
「イヤ。出さないで。お願い出さないで!」しかし、淫裂から白い液体が流れ出ている。

 「出したぞ。気持ちいいだろう?」肉竿を抜くと、カメラを取り出した。
「撮らないで。いやー!」足を開かされ、性器が丸見えになって、精液が流れ出ている。
「ピ!」「ピ!」電子音がして(撮られている、性器を晒したヌードを!)夫の仕打ちに涙が止まらない。

 「俺から逃げたら、この写真をばらまくからな。それに、浮気できないようにしてやるからな!」カメラを置いてカミソリを持ってきた。
「やめて。そんな事、やめてー!」叫ぶが無駄で、絨毛がカミソリで消され、代わって赤黒い地肌が見えてきた。
(もうイヤ。こんな人とは、暮らせない!)泰子の涙が止まらない。

 それでもカミソリが動いて、絨毛は消し去られ、淫裂が全貌を現した。
「記念の写真も撮るぞ。ヘアを剃った記念のオ○ンコだ!」また電子音がして「う、う、うー!」悔しさで泣いたままの泰子だ。

「こんなオ○ンコを見たら、興奮してきた!」淫裂を触りながら、指を膣の中に入れて行く。
「欲しがっているのか。俺のこれが?」指に変わって、肉竿を入れて「いや。もうやめて!」両手を縛られた泰子は、また夫に辱めを受けた。

 翌日、泰子は学校を休んで、家庭裁判所に離婚の調停を申請した。
それに、アパートを借り受け、別居生活を始めた。
しかし、それは泰子にとって、つかの間の憩いにしかならならかった。

 「俺から逃げる気か。そんなのは許さないからな!」夫がアパートに押し掛けてきた。
「裁判所から届いたでしょう。離婚の事で!」
「来たよ、俺は絶対にイヤだ。離婚はしないぞ!」
「私は絶対に離婚するからね。あんな、酷い仕打ちをされたんだから」

 「あれくらい、どこでもやっているぞ。SMプレイというんだ!」
「でも、へアを剃ったり、写真を撮ったりは異常よ」
「いいじゃないか。お前も気持ちよさそうに、悶えていたじゃないか!」
「そんな事、していなかったわよ」お互いに言い合い、まとまらない。

 「俺と別れたかったら、300万出せ!」遂に夫が言った。
「わかったわ。払ってやるわよ」
「それから、浮気をしないように、オ○ンコを剃らせろ!」
「イヤよ。そんなの変態がすることよ」

 「だったら、離婚は認めない!」
「わかったわ。私が剃るから、見て確認して」
「それでも、いい!」話がまとまった。

 泰子は銀行から借り受けて、夫と正式に離婚が成立したが、女教師一人での返済は大変だ。
給料の大半がアパート代とローンの返済に取られて、苦しい生活を強いられている。
それに、2週間に1回の割合で、別れた夫が訪れてくる。

 「脱げ。オ○ンコを見せろ!」
「わかったわよ」前の夫の見ている前で、スカートを脱いでいく。
「早く脱げよ。出し惜しみするな!」
(勝手な事言わないで!)悔しさを滲ませながら、パンティを引き下げていく。

 泰子の股間は、絨毛が綺麗に剃られて、ピンクの割れ目が露わになった。
「見たわね、もういいでしょう?」
「もう少しだ。もっと足を開け!」渋々と足を開いていくと「お前のオ○ンコは、締め付けがよかったよな。またやりたいな…」じっと見ている。
「そんな事しないわよ。やったら、訴えてやるからね!」急いでパンティを引き上げ、股間を隠していく。

 「訴えるか。それもそうだよな、もう他人だし…」
「そうよ。もう他人だからね」スカートも履いていく。
「だったら、これを売ってもいいよな。エロ写真だけど」それは、泰子が縛られて淫裂を晒している写真だ。

 「ダメ、売らないで。それを売らないで!」奪い取ろうと手を伸ばしたが、届かない。
「オ○ンコやらせろ。それに20万出せ。それなら、くれてやる!」
「わかったわ。セックスをしたいのね」泰子は承知し、泣き顔で服を脱いでいく。

 「そうじゃないんだよ。俺のやり方でだ!」泰子の両手が押さえられ、縛られていく。
「いや。こんなのいや!」
「俺はレイプ主義なんだ。お前をレイプして、燃えるんだ!」スカートが引き下げられた。

 「乱暴はイヤ。優しくよ、新婚の時のようにして!」だが、パンティも乱暴に引き下げられると、口を開いた淫裂に肉竿が押し込まれていく。
「いや、いやー!」悲鳴を上げて(膣が痛い。準備ができてないのに挿入だなんて…)顔を歪めて耐えている。

 それでも、前夫は容赦なく腰を振っていく。
「ここにもやらせろ!」ニットシャツの裾が持ち上げれれて、ブラジャーが露わになった。
「いいな。これが!」腰を振りながら、両手でブラジャーを外して乳房を掴んでいく。

 「お前は、乳首が敏感だったよな?」
「やめて。そこはだめ!」乳首が吸われ「ん、んー!」声を出すまいと耐えている。
(絶対に声を出さないわ。こんなやつに、感じるもんですか!)必死に堪えていく。

 やがて、絶頂を超えて膣の中で爆発し「いやー!」悲鳴を上げたが遅かった。
「すっきりした。またやらせろよな」脱いだズボンを履きながら言う。
「今度こんな事をしたら、レイプ罪で訴えるわ。それに、写真で脅したら脅迫罪でもよ!」

 「わかったよ。とにかく、早く金をくれ!」
「今は、持ち合わせがないのよ」
「そんな事はないだろう?」バックの中を調べて「あったぞ、20万が!」見つけた。

 「ダメ、それはダメです。部員から預かったお金です!」
「金なら、何でもいい。とにかく貰ったぞ!」金をポケットに入れると、泰子の腕を解いて出ていった。
「困ったわ。どうしたらいいのよ」淫裂を押さえて、浴室に入っていく泰子だ。
「今すぐには借りられないし…」困惑しながら、シャワーで淫裂を洗っていく。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

何度もこちらに遊びに来ていますが
コメントは初めてかと思います
学園ものとバイオレンスがミックスされたようなオープニングですね
さて、この先どうなっていくのか
楽しみにしております

Re: はじめまして

書き込みありがとうございます。
長丁場になりますが、最後まで楽しんで下さい。
お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター