fc2ブログ

「隔離された学園」第2話 愛人

第2話 愛人

 翌日、何事もなかったように授業をし、職員室でくつろいでいると学年主任が声を掛けてきた。
「ちょっと、お話が…」
「何でしょうか?」
「ここでは何ですから…」
「わかりました」(どうせ、指導方法が間違っているというのでしょう)不機嫌な顔になって、進路指導室に入っていく。

 「実は、旅行業者からまだ入金されてないと、催促の連絡がありまして」
「申し訳ありません。すぐに入金します…」
「どうして、入金なさらないのです。集金は済んでいると英語部の部長は言ってますが?」
「前の夫がお金を持って行ってしまって…」泰子は、昨日の事情を説明していく。

 「そんな事は信じられませんね。妻のヌード写真で脅迫なんて!」
「本当なんです。それに性器のヘアまで剃らされているんです…」恥ずかしそうに項垂れて言う。
(おもしろくなってきたぞ。こいつの素っ裸を見れるかもな、イヤ、オ○ンコもできるかも…)主任の目が輝いた。

 「そんな嘘は、通用しません。横領ですよ、これは犯罪です!」
「必ず払い込みます。明日中にでも」
「ダメです。校長先生に知らせて、処罰をして貰いますよ」
「許してください。本当の話ですから…」泣き崩れる泰子だ。

 「泣かれると困るな。その証拠を見せてください。そうしたら、考えます」
「せ、性器を見せろと、おっしゃるのですか?」泰子は思わず声を上げた。
「そうです。ヘアのない性器を見たら、本当と信じて考え直しますよ」ギラギラ目が輝いている。
「わかりました。お見せします…」声がうわずっていた。

 泰子は立ち上がり、スカートのホックを外し、ファスナーを引き下げた。
スカートは足下に落ちて(恥ずかしいわ。こんな事をしなければいけないなんて…)両手でパンティを掴み、引き下げた。
ピンクのパンティが膝まで下がったが、シャツの裾が股間を隠している。
「こ、これで信じて貰えますよね?」泰子は目を閉じてシャツの裾を持ち上げた。

 「ほう。これが川口先生のオ○ンコですね?」じっと見つめている。
(見られている…。性器を見られている…)膝がガクガクと震えている。
「もういいでしょう。信じて貰えましたね?」
「確かにヘアを剃ったのは、確認しましたよ」無毛の股間を撫でていく。

 「綺麗だ。川口先生!」淫裂に指が入ってた。
「やめて下さい。そんな事はやめて!」手を押さえた。
「いいんですか。横領の罪で、首になるかも知れないのですよ?」
「そ、そんな~!」悲鳴に近い声を上げる泰子だ。

 「わかっていますよね。子供じゃないから」淫裂を触っていた手が、スーツのボタンを外しだす。
さらに、シャツの小さなボタンも外してブラジャーを捲り上げた。
「許して下さい。願いですから…」泰子の乳房も撫でられ「ん、んー!」急所の乳首が吸われた。
(だめ。やめて、だめー!)力が一気に抜けていく。

 「敏感なんですね。オッパイは!」撫でていた手が、揉み出した。
「もう許して。変になっちゃいますから…」
「そうですよね。ここは学校ですからね」やっと手が退けられた。

 (やっと終わったわ)急いでパンティを引く上げ、スカートも履き直した。
「とり合えず、報告は見合わせます。でも入金の予定は?」
「今のところ、ありません…」力無く言う泰子だ。

 「でしたら、僕が立て替えてあげますよ。その代わり条件があります」
「どのような条件ですか?」ワラにもすがる思いだ。
「まず、この学園から消える事です。早い話が退職して下さい」
「許して下さい。ここを出たら行くところがないんです。それにローンもありますから…」服の乱れを直すなり、土下座していく。

 「困りましたね。それでしたら、僕が先生にピッタリの学園を紹介します。心当たりがありますから」
「わかりました。紹介して貰えたら、退職します」
「それから、退職するまでは僕の愛人になって下さい。生活費も援助しますよ」

 「それはイヤです。そこまでは、落ちたくありません!」
「でしたら、横領の事も報告します。勿論立て替えも無しですが…」
「愛人になります。ですから、報告だけは、なさらないで下さい」泣きながら言う泰子だ。

 「それでいいんです。早速、お伺いしますよ」
「でも、前の夫が何て言うか…」
「そんな事はさせません。離婚した以上は、あなたは自由です。ヘアなんか剃らなくてもいいんですから」

 「ホントに、いいのですか?」
「当然です。もう他人ですから。それより、今日はヌードで出迎えて欲しいですね」
「わかりました。ヌードになればいいんですね?」項垂れて返事をする泰子だ。
「そうです。帰りに僕が振り込んでおきますから、約束を守って下さい。担保にヌード写真を私に下さい」

 「あ、あれは、捨ててしまいました…」
「残念だな。でしたら、撮り直しましょう。今度の日曜日にでも」
「わかりました。撮って下さい」弱みを握られてしまった以上は、逆らえず従うしかない。
「もう戻りましょう。変に思われますし」2人は職員室に戻った。

 戻った泰子は落ち着きがない。
(ヌードになって、待っているなんて…)自分のヌード姿を想像して不安になっていく。
それでも、どうにか無事に授業を終えると、まっすぐにアパートに戻った。

 「洗わないと。汚れた体を見られたくないし…」女性のたしなみか、シャワーで体を洗う。
「恥ずかしいわ、ヌードだなんて」考えながら乳房、淫裂を丁寧に荒い、バスタオルを巻き付けて「もう4時だわ。もうすぐ来るのね」タオルを巻いたまま待っている。

 「ピンポーン!」(来たわ)覗き窓から誰かを確かめて(間違いないわ、主任独りだ!)バスタオルを解き、全裸になってドアを開けた。
「お入り下さい…」恥ずかしそうに腕をクロスさせ、乳房と股間を隠している。
「隠す事はないだろう。僕の愛人なんだから」ドアの鍵を閉めると、抱きついてきた。

 「待って。まだ早いです!」泰子は畳の上に押し倒された。
「ほら、手伝ってくれないと…」(イヤよ、そんな事は!)嫌々ながら服を脱がせ、学年主任は全裸になるといきなり抱きついてきた。
(オチンチンが、膣に入ってきたわ。それにオッパイを揉まれている…)肉竿がゆっくりと動き出している。

 「あ、あ、あー!」急所の乳首も吸われて、声を出してしまった。
「敏感なんですね。いい事です」乳房を握りながらピストンを早めていく。
「お願いです。お腹に中には出さないで。妊娠したくありませんから…」
「僕だって、妊娠されたら困るから、中にはだしませんよ」ピストンのピッチを早めていく。

 (気持ちいいわ、膣の中が濡れていく…)淫裂から淫汁が流れ、白色の液体が尻を濡らしていく。
(ダメ。もう我慢できない!)「あん、あん、あん!」声を上げながら、深い結合を求めて、腰が浮き上がっている。
「気持ちいいんですね、僕のオチンチンが?」
「はい、気持ちいいです…」

 「オ○ンコが好きなんですね。正直に言って下さい」
「イヤ、オ○ンコだなんて!」
「言わないと、しませんよ」肉竿を抜いた。
「お、オ○ンコが大好きです。ですからオチンチンをオ○ンコに入れて下さい…」
「そうですか、オ○ンコしたのですね」勝ち誇ったように、肉竿で淫裂を突きまくる主任だ。

 学年主任は、幸いな事に膣の中では射精せず、乳房の上に噴き出させた。
だが「それをオッパイに塗るんだよ」言われた通りに、精液を手のひらで伸ばし乳房に塗っていく。
(イヤ、こんなのいやよ。でも、膣内射精よりはましだし…)諦めて言われる通りにしていく。

 その後に口の中に肉竿を入れられ、舌でなめさせられ、それが済むと主任は帰った。
「これからも、こんな事をさせられるのね。早く転勤が決まればいいのに…」また浴室に入って体を洗った。

 そして、日曜日が来た。
「行かないと。学校でヌードを撮られ事になっているし…」泰子はいつものように学園に向かうと、校舎の中に生徒はいないが、同僚がいた。

 「おや、音無先生も部活ですか?」
「いいえ、用事がありまして…」同僚に嘘を言って、主任に言われた場所に向かう。
「ここだわ、ここで撮るのね」そこは写真部の部室で、ドアを開けて中に入ると「待っていたよ。早く脱いでくれ」部室の中では、主任がカメラの準備をしている。

 「ここで、フルヌードになるのですねね?」泰子はドアを閉めてから、シャツを捲り上げると、まっ白なブラジャーが乳房を隠している。
シャツを首から脱ぐと、スカートも脱いでいくが、やはりまっ白なパンティだ。

 「恥ずかしいです。フルヌードを撮られるなんて!」泰子はパンティを膝まで引き下げて、体を丸めていく。
(恥ずかしい。性器を見られているなんて!)足を交互に上げて、パンティから足を抜いて、小さく縮こまった布が、両手に残こり、ゴマ塩の用に点々とした絨毛に覆われた股間が露わになっている。

 温もりの残ったパンティを、スカートの中に仕舞い込むと、ブラジャーに手を掛けた。
(これで、素っ裸だ。早く脱げ!)目を輝かせて泰子を見ている。
(これを、脱いだら素っ裸だわ…)両手を背中に回してホックを外すと、狭いカップから、乳房が飛び出していく。

 さらに、肩の紐を外して両手を下げると、豊満な乳房が揺れている。
(フルヌードだわ、こんな姿を撮られるなんて!)顔が真っ赤になっている。
目の下も充血していて、足がブルブル震えていた。
(いいんだよな、その恥じらいが…)カメラのシャッターが押されていく。

 「カシャ!」「カシャ!」金属音が鳴り続けた。
(もう、やめて。一杯撮ったでしょう。恥ずかしいからやめて!)手首に絡まったブラジャーも脱ぎ、カメラの正面で後ろ手にしていく。
(見ないで。恥ずかしいから見ないで!)恥ずかしさで、体が相変わらずブルブル震えている。

 学年主任は「カシャ、カシャ!」シャッターを押し続けて行く。
「場所を変えましょう。ここだけでなく、別なところで!」泰子が脱いだ服を、部室のロッカーに仕舞い込み鍵を掛けた。
「でも、服を着ないと、見られます!」
「大丈夫ですよ。日曜日ですから」そう言うが(裸のままだわ。隠す物がないし…)震えが止まらない。

 「急いで行きましょう。時間がもったいないですから」
「は、はい!」泰子は学年主任と一緒に部室から出たが(いいね、そのオ○ンコが。今日もオ○ンコしてやるぞ)股間が膨らんでいる。
(見られている…。オッパイと性器を…)泰子は乳房を揺らせ、淫裂を晒したまま歩いている。

 「ここで撮りましょう。川口先生!」
「は、はい。お願いします」2人は誰もいない図書室に入った。
「撮りますよ。カメラには絶対の自信あります。なんてたって、顧問ですからね」カメラを構えて、全裸の泰子を撮っていく。

 本棚の前に立ち、ポーズをとる泰子だが、今にも泣き出しそうな顔になっていた。
(そうだ、それでいい。もっとオ○ンコも見せるんだよ)カメラは下のアングルから撮っていく。
(性器の中も撮られてしまった…)目尻から遂に涙が流れていく。
(もっと泣け。そうしないと治まらないからな)泰子に色々なポーズを取らせ(いや。もういやです!)涙が頬を伝わっている。

 「川口君、場所を変えよう。今度は和室で撮りましょう」
「わかりました」素直に従い、2人は図書室からでて階段を昇っていく。
「いいね、その姿が!」全裸で歩いている姿を撮られていく。
(撮らないで。お願いですから、撮らないで下さい)涙は頬まで伝わっているが、今更やめるわけには行かず、乳房、尻を揺らせながら階段を昇って和室に入った。

 (よかった。誰もいなくて…)ホッとする泰子だ。
「はい、今度は過激に行きますよ。横になって足を上げて!」畳の上に仰向けになり足を上げた。
(いや、こんな姿はイヤです!)パックリと淫裂が覗いている。
(そうだ、もっとオ○ンコも見せるんだよ)言われるまま、ポーズを取っていく泰子だ。

 こうして、撮影は30分ほどで終えた。
「どうでしょう。僕もヌードになりますから一緒に撮りましょうよ」
(ここでセックスする気だわ。学校でセックスを…)もう声も出せず、体がブルブル震えたままだ。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

まるで蟻地獄に落ちた餌のようですね
無事に転勤して逃げれるのでしょうか
それとも、それは口実でズルズルと関係が続くのか
興味が尽きません

Re: こんにちは

まだ始まったばかりなので、これからが本番になります。
最後まで楽しんで下さい。
お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター