fc2ブログ

「隔離された学園」第3話 脅迫

第3話 脅迫

 「やめて。脱がなくていいです。脱がないで!」泰子は股間を押さえて、蹲った。
しかし、学年主任は服を脱ぎ、全裸になって(こんなところで、セックスだなんて…)大きくそそり立った肉竿が目に入った。

 だが、泰子にはどうする事もできず「いや、いやです!」叫ぶが、畳の上に仰向けに押し倒され、乳房を揉まれていく。
「横領を黙っていて欲しいんだろう。それに、愛人なんだからオ○ンコをやらせろよ!」
(そうだわ。使い込みを告げられたら、首どころか刑務所行きになってしまう…)抵抗する力が抜けた。

 (そうだ、それでいい。お前は、乳首が敏感だからな)「あ、あ、あ!」乳首を吸われ、声を上げだす。
それに、肉竿が準備ができてない淫裂に押し込まれて「ヒー!」悲鳴を上げた。
それでも、肉竿は淫裂の奥まで入り込んみ、肉竿の根本まで押し込む。
(オチンチンが、膣の奥まで突き刺していく!)その後に、乳房を揉みながら肉竿のピストンを初める主任だ。
(もう戻れない。早く転勤した方がいい…)肉竿で淫裂を突かれた泰子はそう直感した。

 誰もいない和室で、2人は体を入れ替えてた。
「いや。これはいやです!」泰子は馬乗りにされ、腰を振らされている。
「あ、あ、あー!」乳房を掴まれながら腰を振り(恥ずかしい。性器をまともに見られている!)顔を背けて、腰を振っている。
「好きなんだろう。オ○ンコが?」
「はい、オ○ンコが大好きです…」屈辱的な言葉も言わされている。

 やがて「でそうだ。でる!」
「イヤ、お腹の中はイヤです」必死に体を離して(抜けたわ。オチンチンが…)その瞬間に、肉竿から液体が泰子の股間に噴射され「あ、あ、あー!」気持ちよさそうに喘ぎ声を上げる学年主任だ。

 (よかった。妊娠の恐れもないし…)ホッとする泰子は、股間の精液を吹き取っていく。
「ほら、ここもするんだよ!」
「う、うぐ!」口に、放出を終えた肉竿が押し込まれ(オチンチンなんか、いやです!)嫌々ながら、肉竿を口で綺麗にしていく。

 放出を終えると2人は写真部の部室に戻ってきた。
「もういいでしょう、一杯撮ったし。早く、服を返してください」乳房と股間を押さえたままの泰子だ。
「わかっているよ」鍵を開け「ほら、服だ。でも、これでは色気ないよな。もっと色っぽいのにしろよ」まっ白なパンティを手で広げたまま見つめている。

 (そんなの、見ないでよ!)「返して下さい!」パンティを奪い取ると、真っ先に足を通して、股間を白いパンティが包んでいく。
「このヌード撮影がばれたら、間違いなく君は首だな」服を着ながら主任が言い「わかっています。ですから、秘密にお願いします」泣き声で言う泰子だ。
「それは、君次第だよ。約束の愛人を守って貰わないと…」揺れる乳房を掴んだ。

 「許して下さい。オッパイが痛いんです…」泣き顔になっている。
「これからは、指導方法を守って貰えるよね?」
「それと、これは別です。それだけは…」泣き声で、言葉にならない。
「イヤか、仕方がないな。転勤を探して早く消えて貰うか!」

 「その間だけでも、自分の主張だけは変えたくありません…」泣きながら言う。
「ま、いいか。消えるのが確実だからな」学年主任は服を着込むと部室から出て行き「もういや、愛人だなんて。セックスが目当てじゃにのよ」そう言いながら、シャツを着込んで行く泰子だ。

 服を着込むと、真っ先にアパートに戻ってきた。
「体を洗わないと…」アパートに戻るなり、服を脱いで浴室に入ると「ここを汚されたんだわ」ノズルを淫裂に当て、丁寧に洗っていく。
「でも、本当に転勤があるのかしら。もしかして、このままだったりして…」また不安になっている。

 数日後、泰子はまた学年主任に呼び出された。
「ほら、できたよ。君のヌード写真だ。オ○ンコ丸出しの写真だよ」いきなり泰子に見せる。
「な、何が望みですか?」
「決まっているだろう。君の体さ」
「今は授業中です。アパートでしてください…」

 「今やりたいんだ。脱ぐんだ、素っ裸になれ!」
「許して。ここではイヤです!」泣き崩れる泰子だが、スカートが巻き上げられた。
「やらせろ。愛人だろう」パンティも引き下げられ、無毛の淫裂が露わにされる。

 泰子は小さな机に仰向けに押し倒され「う、うー!」淫裂に肉竿が入り込んでいく。
「出さないで…。子宮の中には出さないで下さい…」やっと言えた。
「オ○ンコがダメなら、どこに出せばいいんだ。ケツか?」肛門に指が押し当てられる。
「口に下さい。口で受け止めますから…」

 「そうか。口に出していいんだな?」学年主任は腰を振り出した。
(イヤよ。動かさないで!)顔を歪めて耐えている。
「出せ。オッパイも出すんだよ!」
(そんなのイヤよ)逆らえない弱みがあり、自分からボタンを外して、乳房を露わにしていく。

 「ここが敏感なんだよな?」乳首が舌で転がされたり、指で摘まれたりしている。
「ん、ん、ん!」声を上げまいと堪えていると(ダメ、吸うのはやめて。乳首はダメ!)今度は乳首を吸い出し「あ、あ、あ!」泰子は喘ぎ声を上げてしまった。
(気持ちいい。こんないい女とオ○ンコができるんだから、20万は安いもんだな)腰をなおも振っている。

 やがて「ダメだ。出すぞ、飲むんだ!」肉竿が抜かれ、その肉竿を口に含んでいく。
(ベトベトだわ。私の蜜で濡れたのね)根本まで含み、頭を振っていく。
「いいよ、凄くいいよ」目を閉じ、乳房を撫でていると「あ、あ、あー!」遂に噴射が始まり(イヤだけど、膣の中に出されるよりはましだし…)口の中に不快な液体が漂っている。

 「すっきりしたぜ!」肉竿が抜かれ「ゴクン!」それを飲み込む泰子だ。
噴射を終えた学年主任はズボンを直し、泰子もパンティを引き上げ、服の乱れを直して行く。
服の乱れを直すと、2人は何食わぬ顔で職員室に戻った。

 そして、放課後になって部活が始まると、泰子も顧問として加わっている。
「あら、今日はどうしたの。部長独りね」
「先生と話がありますから、帰ってもらいました」
「あら、話ってどんな事なの?」

 「僕、見てしまったんです。学年主任と先生がセックスしているのを!」
「う、嘘よ。そんなの嘘よ!」動揺している泰子は(セックスを見られていたなんて!)顔色が真っ青になり、体が震えている。

 「僕は校長先生にチクル気はありません。でも、僕も先生とやりたいんです」部長は泰子にスカートを脱がせていく。
「やめて。自分のやっている事がわかっているの?」スカートを押さえて言う。
「わかっています。わかっていないのは、先生でしょう?」
(脅迫している。この私を…)スカートを押さえていた手の力が抜けていく。

 「わかったようですね。先生の置かれた状況を!」ホックが外され、ファスナーも引き下げられた。
(教え子に、ヌードにされるなんて…)スカートが足下に下げられた。
「今度はここですよ」上着のボタンも外され、シャツの小さなボタンも外されて、胸元が開いている。

 「やめて。お願いだからやめて!」泣き声になっている。
「ダメです。素っ裸になってもらわないと」腕から上着とシャツが脱がされて、下着だけの姿だ。
「興奮してきました。先生を裸にするなんて…」ブラジャーのホックを外すと「やめて。もうやめて!」両腕で胸を押さえている。

 「チクっても、いいんですか?」
「やめて。お願いだからやめて」泣き声にかわり、胸を隠していた手を退けていく。
「それでいいんです」ブラジャーの紐を肩から外すと、泰子の白い乳房が揺れている。

 「先生、これでパンツだけですね?」手首に絡まったブラジャーを脱がした。
(そうよ、パンティだけだわ)泰子は小さな布を身につけるだけだ。
(ダメ、パンティを脱がさないで)そのパンティに手が掛かった。

 「ヘアがない。オ○ンコが丸見えだ!」膝まで下げられ、無毛の淫裂が露わになると「見ないで。性器を見ないで!」太股がブルブル震えている。
「そうですよね。ここはやる場所ですよね」パンティがなおも引き下げら、足から抜かれて全裸にされた。

 「いいですね。これが川口先生の素っ裸ですか?」乳房を撫でていく。
「お願い、見るだけにして。セックスは許して!」
「この場に及んでみっともないですよ。とにかくやらせて下さい」部長はズボンを下げていく。
(このままでは、間違いなくレ○プされてしまう。でも、どうしたらいいの…)考えなどおぼつかない。

 「先生、立ったまま後ろからですよ」足を開かされ、腰が押さえられると「あ、あー!」いきなり肉竿が入り込んできた。
「お願い、乱暴にしないで。ゆっくりして!」
「わかりました。オッパイを触りながらで、いいでしょう?」両乳房が撫でられて(ダメ、乳首はだめよー!)急所の両乳首が指で摘まれていく。

 「あ、あ、あー!」堪えきれず、喘ぎ声を上げてしまった。
「先生。気持ちいいでしょう?」乳首を摘みながら肉竿のピストンをして行き「よくないわ。こんなのよくない!」だが淫裂の中が潤い、淫汁を流していく。
(感じるわ。教え子にレ○プされているのに感じる…)泰子は乳房も揉まれ「ピシャ、ピシャ!」肉のぶつかる音が、部室に響いている。

 やがて、上り詰めたのか「口やってください。でないと、オ○ンコの中に出しますよ」
「わかった。口でする!」学年部長としたように、口に教え子の肉竿を含み、頭を振っていく。
「気持ちいい。出しますよ」また口の中に不快な液体が噴射された。

 「先生。最高でした」萎縮していく肉竿が抜かれ「ゴクン!」(イヤだけど、仕方ない…)一気に飲み込んだ。
「先生。またオ○ンコしてくれますか?」
「ダメ。もう絶対にダメよ!」泰子は下着を着けながら言う。

 「でも、ヌードならなってくれますよね。触るだけですから」
「絶対にセックスは無しよ、それに、誰にも言わないと誓って!」
「誓います。誰にも言わないと」話がまとまり、2人は服を着込み終えると部室から出ていく。
こうして、泰子は新たに英会話部長の辱めを受ける羽目になってしまった。

 泰子が学年部長と、教え子との関係を持つようになってから2ヶ月後、泰子の元に支払いの催促状が届いて「こまったわ。給料日はまだだし…」思案気な顔になっている。
やはり、離婚した時のローンに無理があって、支払いも滞りがちになっていた。

 「もう少し、待って貰えないでしょうか?」
「それは無理ですよ。それに期限を守ってもらわないと、利率を上げる契約でしたよ」
「ですから、そこを何とか…」泰子は必死に頼み込んだが無理で、途方に暮れて銀行から出た。

 支払いが遅れたので、当然に学校へも催促の電話が入り「はい、必ずお支払いしますから」学年部長の前で電話の応対をしていく。
(そろそろ仕上げに掛かるか。もう泰子の愛人は飽きたしな。それに女房も感づき始めたから潮時だな…)学年部長は電話を掛けた。

 それから暫く経って「川口先生、お話が…」また泰子は学年部長に呼び出された。
「失礼します」いつものように進路指導室に入ると、見た事のない男性がいる。

 「紹介するよ。岩瀬浩志さんだ。岩瀬学園の理事長をなさっておられる」
「始めてお目に掛かります。岩瀬浩志と申します」
「川口泰子と申します。こちらこそよろしくお願いします」泰子も挨拶をしていく。

 「君を呼んだのは他でもない。転勤したいと言っていたよね、岩瀬さんがそれで来てくださったんだ」
「と、おっしゃいますと?」
「あなたに、私の学園に来て欲しいのですよ。あなたみたいな人が必要なんです」岩瀬が言うと「待遇もいいよ。ただ田舎の全寮制が欠点かな」学年部長が口を出した。
「そこがいいんですよ。生徒と一緒の生活ですから指導しやすいんです」岩瀬がなおも言う。

 「でも、私には…」泰子は口を濁している。
「ああ、ローンですね。それでしたら契約金として、500万ほどご用意しますが」
「ほ、ほんとですか。でしたら、是非私を採用してください!」
「こちらこそ、お願いします」早速契約を交わすが、泰子が転落するきっかけだったとも知らずに…。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター