fc2ブログ

「隔離された学園」第6話 仕置き

第6話 仕置き

 「まずはムチ打ちね。でも安心して、肌を傷つける事はないから」はえ叩きみたいなムチを選んでいる。
「縛って!」泰子の足首にロープが巻き付けられ、縛られた腕にもロープが巻き付けられていく。
「いいわよ、引いて!」「いやー!」ロープが引かれると、足が開脚していく。

 それに、腕を縛られたまま吊り下がった格好になっている。
「まずは、オッパイから行こうね!」秋子は目を輝かせながら、右乳房を揉みだす。
「許してください。もう絶対にしませんから!」

 「それじゃ、困るのよ。またやってくれないとね」言い終わらない内に、秋子の持ったムチが振られて「ピシャー!」「ギャー」悲鳴が上がり、打たれた乳房が赤くなっている。
「あら、あら、可愛そうに。こんなに赤く染まって!」同僚がその乳房を揉んでいく。

 「いや、触らないで、お願いです~!」
「ピシャー!」また打たれ「こっちも真っ赤よ」また同僚に乳房が揉まれていく。
それが暫く繰り返され、最後に淫裂を打たれると「ギャー!」今までにない悲鳴をあげ、淫裂から小水が漏れだした。

 「あら、お漏らしよ。よっぽど痛かったのね」淫裂にポリバケツが当てられているが「許して。もう許して!」涙が筋となって流れている。

 「ご免ね、そうは行かないの。あなたは、皆から罰を受けないといけないの」新たに典子も加わった。
「ピシャー!」お尻が叩かれ「ヒー!」白い肌が赤くなっている。
「あら、ここも可愛そうにね」同僚が赤くなった肌を撫でていく。
その間にも「ヒー!」また淫裂を叩かれ、太股が痙攣している。
「可愛そうにね。女性の大事な部分なのにね」淫裂を撫でられていく。

 同僚達は、代わる代わる泰子をはえ叩きみたいなムチで叩き、赤く染まった肌を撫でていくが、それは泰子の体を触るための単なる口実に過ぎない。
そんな事とは知らない泰子は「許して。もう二度としませんから!」泣き叫んでいた。

 「これくらいで泣いては困るわ。これからがおもしろいのよ」秋子はゴム製のベルトを取り出す。
「これ、何だかわかる。この穴にオッパイを入れるの」
「いや、痛いからいや!」叫ぶが無駄で、泰子の乳房が掴まれ、穴に押し込まれると、ベルトがブラジャーのように胸に取り付けられる。

 ゴムは、泰子の乳房を根本から締め付け「外して。お願い外して!」白い乳房が紫に変色し、ゴムまりのように変形してきた。
だが、同僚達は「いいわね。オッパイが大きくなって」その乳房を弄ぶかのように触っている。

 「あら、ここにも付けた方が良いわね」乳首を引っ張られ「ヒー!」悲鳴を上げた。
「そうね、あれがいいわよ。クリップがあったわよね?」乳首に書類を挟むクリップ取り付けられ「ギャー!」また悲鳴を上げながら体を震わせていく。

 丸い乳首は平べったく変形しており「こっちもよ」別な乳首にも取り付けられ「ヒー!」悲鳴を上げながら体を震わせている。
「もうしません…。ですから、解いてください…」泣き叫ぶ泰子の悲鳴が、部屋の中に響いていく。 
それでも「これが最後よ。でも、我慢できるかしら?」同僚達が隅から器財を運んできた。
それは、鋭い鋭角をした木材で、俗に言う三角木馬だ。

 「わかるかしら。これは不倫を働いた女性を、お仕置きする物なの。裸にされて、これを跨ぐのよ」
「いやよ。性器が傷つくわ。いやです!」顔を振るわせ、怯えていると「大丈夫よ。性器が激痛に見舞われるだけよ。癖になる痛さだからね」典子も体験しているらしく、詳しく説明している。

 「いや。性器を傷つけたくないから、やめて!」叫ぶが無理で、両腕を吊ったロープが解かれた。
さらに、足首も解かれ自由が戻ったが、運ばれた三角木馬に乗せられた。
すかさず「ギャー!」悲鳴を上げて体を震わせていく。

 木馬の鋭角が、泰子の淫裂に食い込み、肉襞を左右二つに分け、ピンクの突起を押しつぶし、膣の中にも木材が食い込んでいる。
「いや、いやー!」泣き声が響いていく。

 「感想はどう?」
「許してください。もうしません…」
「オナニーはしていいのよ。ちゃんと許可を取って、理事長の前ですればいいの」
「そ、そんなこと知りませんでした。ですから、お許し下さい」泣きながら言うと「わかったわ。その代わり、何でもするのよ」目を輝かせて言う。

 「はい。何でももします…」
「言う事を聞かなかったら、またここに乗せるからね」
「何でも聞きます…。ですから、早く降ろしてください…」
「わかった、事後承認で済ますわ。理事長の前でオナニーをやるわよね?」

 「お、男の前でですか?」
「そう、理事長の前でやるの。性器を丸出しにしてね。それなら、お仕置きはここまでにしておくけど」
(理事長の前でオナニーをするなんて、恥ずかしくてできない…)しかし、性器の激痛には耐えられず「やります、ですから早く降ろして!」言ってしまった。

 「いいわよ。降ろしてあげるから、約束を守るのよ」
「はい、守ります」泰子は、やっと三角木馬から降ろされた。
降ろされると、両手を縛ったロープが解かれ、乳房を絞っていたゴムベルトも外された。
鬱血していた乳房も、また元の形に戻り、乳首からクリップも外されていく。

 「約束は忘れないわよね?」
「はい、何でもします…」両手をクロスさせ、乳房と淫裂を隠して言う。
「だったら、早速やってもらうわ。まずは、ここをなめて!」秋子はスカートを持ち上げ、スケスケのパンティからは絨毛が見えている。

 「ほら、パンティを下げて、性器を舌でなめるのよ」
「わかりました…」泰子は秋子も前に膝を付けて、秋子のパンティを引き下げていく。
(こんな事をするなんて…)パンティを引き下げると、絨毛をかき分けて淫裂を舌でなめだす。

 「そうよ。それでいいのよ」スカートを持ち上げた秋子は、目を閉じて気持ちよさそうな顔をしている。
「校長先生。私もして欲しいです!」
「わかっているわよ。交代でしてもらいましょう」
(そんな、全員の性器をなめるなんて…)舌を動かしながら、淫裂をなめていく泰子だ。

 「校長先生、私我慢できません!」物理教師の桂子が、股間を押さえ泣きそうに言う。
「仕方ないわね。桂子は甘えん坊なんだから」髪をショートカットにした体育教師の志保が、桂子の唇を吸いだす。
「許可するから、いいわよ。時間が掛かるから、今日は特別よ」

 「よかった。しようね」桂子は自らスカートを脱ぎ「可愛いわよ、桂子!」露わになったパンティを志保が引き下げる。
「お、お姉さま、早くして!」
「焦らないの。じっくりしてあげるからね」パンティを脱がすと、絨毛を掻き分けて淫裂を舌でなめ始めた。

 すると「いいわ、お姉さま!」声を上げる桂子に吊らて「私もしたい!」「私も待てないわ!」次々とカップルができあがっていく。
「いいわ、そこがいいの」「あん、あん、あん!」悶え声をあげ、お仕置き室は乱交の場となってしまった。
やがて「いくわ。いくわよー!」次々と絶頂の声を上げだす。

 こうして、教師達は泰子を除いて、淫裂がベトベトに濡れている。
「皆さん、行きましたか?」「はい、行きました」秋子の問いに満足げに答える。
「それはよかったわ。今日はここまでにしましょう!」その言葉で、皆が服を着だす。

 「私にも服を着させてください。私だけヌードだ何て、耐えられません!」
「ご免なさい、持ってくるの忘れてしまったわ。今日はそのまま戻りましょう」
「恥ずかしいです。教え子にフルヌードを見られてしまいます…」泣きそうな顔になっている。

 「文句を言わないの。お風呂でいずれはすべてを見られるんだから我慢しなさい。それとも私に逆らうの?」
「そんなつもりではありません…」(これ以上言ったら、また痛い思いをさせられるわ)項垂れて言う。
「だったら、そのままでいいわね。それに、両手を後ろで組んで隠さないのよ。隠すといやらしく見えるから」
「フルヌードで我慢します。それに隠しません…」仕方なく承知し「皆さん戻りますよ」金属製のドアが開かれ、泰子は秋子の後に続いた。

 そして「い、いやー!」悲鳴を上げた。
外には、部活をしていた教え子が群がっており(見られてしまった…。オッパイと性器を…)手で隠さないと誓約した以上、守らなければならない。

 「新任の先生だ!」生徒達の間から声が上がった。
「オッパイが綺麗な形だね。体育の志保先生より綺麗かも…」
「ヘアがいいよね。綺麗に手入れされて、オ○ンコも見えるし…」生徒間で話されていく。
(いやよ、そんな言い方しないで…)体の全てを露わにし、歩いている泰子の体がブルブル震えている。

 (恥ずかしそうね。最初はこうだけど、慣れるわよ)同僚達は泰子の後に続いて歩き、生徒達もいなくなった。
「恥ずかしかったかしら?」
「はい、死にたいくらいでした…」泣きながら言う。
「死んだらおしまいよ。それよりも、割り切った方があなたのためよ」
「はい、そうします…」乳房を揺らせ職員室まで戻り(やっと、服が着られるわ)置かれた段ボール箱に手を掛けた。

 「川口先生。これから理事長に説明に行きましょう」
「ヌードです、服を着させてください!」
「ダメ。そのままでいいのよ」
「く、首になってします。せっかく採用されたのに!」泣きながら言うと「安心して。理事長は心の広い方よ。ヌードぐらいでは首にしないわよ。それに喜ぶわよ」志保と桂子は、泰子を抱くように手を伸ばして言う。

 「レ○プはしませんよね?」
「大丈夫よ。こうされるくらいで済むわよ」桂子は泰子の淫裂を撫で、志保も乳房を撫でだす。
「さ、触られるんですか。オッパイと性器を?」
「ううん。こういう事があるかも知れないと、教えただけよ」相変わらず乳房と淫裂を撫でている。
「武田先生に野上先生。新任の先生を脅かしてはダメよ。行きましょう」泰子は秋子に連れられて理事長室に向かった。

 理事長室は職員室からすぐで、校長室の隣になっている。
「トン、トン!」ドアをノックすると「入っていいぞ」中から声がし「失礼します」ドアが開けられ(いやよ。フルヌードを見られるなんて!)泰子も体を震わせながら中に入った。

 入るなり「あ!」と言うと、もう声を上げられない。
(せ、セックスをしている!)驚く泰子だ。
「理事長。早くお印を下さい…」全裸の女性は気にも止めず、床に仰向けになった岩瀬の上にまたがり、腰を振っている。

 「もうすぐだ。もっと激しくやらないと、押せないぞ!」
「意地悪です。そんなの意地悪です!」甘えるような言い方をしながら腰の振りを早めていく。
「クシャ、クシャ!」腰の動きに合わせて淫裂から音がでて、淫汁も流れている。

 「気持ちいいのか、直美君は?」
「はい。いいです。月一回の事ですから…」乳房を揉まれながら言い「効いてきたぞ。出してもいいのかな?」気持ちよさそうな顔になっている。

 「はい、出してください。大丈夫ですから…」
「それなら、出すぞ!」岩瀬は乳房を揉んでいた手で、太股を押さえた。
「あ、暖かい。理事長のが暖かいです!」叫ぶが(射精だわ、射精したんだ…)白い精液が流れ出てきた。

「よかったですか、私のは?」結合したまま、岩瀬の胸に乳房を押しつけていく。
「直美君、よかったよ。一杯出したからわかるだろう」
「喜んで貰えて嬉しいです」唇を重ねていく。

 それを邪魔するかのように「理事長、お話がありまして!」秋子が割り込んだ。
「直美君。もういいだろう、仕事もあるし…」
「はい、わかりました」直美が立ち上がると、淫裂からドット精液が流れていく。

 「あら。こんなに一杯だなんて」流れ出た精液を拭き取り、下着を着ていくが、やはりスケスケの下着で乳房と絨毛が丸見えになっている。
直美はその後服を着込んで、泰子を見ると「あら、フルヌードだなんて。いい体つきね、羨ましいわ」スカートを履きながら言う。

 「理事長、それではまた来月お願いします」服を着込んだ直美は出て行き3人が残された。
「どうしたんだ、校長。新任の先生が素っ裸なんて!」下半身丸出しのまま岩瀬はソファーに座っている。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター