fc2ブログ

「隔離された学園」第7話 理事長室

第7話 理事長室

 「理事長。事後承認になりますが、川口先生にオナニーの許可を下さい」
「何だ、やってしまったのか。許可を貰わずに?」
「し、知らなかったんです。オナニーするのに許可がいるなんて…」恥ずかしそうに泰子が言う。

 「オナニー自体が不謹慎なんだよ。教師だったら、尚更だ」
(オナニーは正常よ。やらない人が異常よ)悔しさが滲んでいる。
「理事長、そこを何とかお許しを。ここでさせますから…」
「校長先生が言うなら仕方ないな。今回だけは認めるよ。事後承認するからやってくれ!」

 「わかりました。ここでオナニーをします…」泰子は絨毯の上に仰向けになり、足を開くと指を淫裂に入れた。
(恥ずかしい。こんなのを見られているなんて!)顔や全身が赤く染まっている。
指で淫裂を押し広げ、突起を撫でていると「ん、んー!」自然に声が出て行く。
それを、正面から黙ってみている岩瀬と秋子だが、放出を終えたばかりの岩瀬の肉竿が、再び膨らみ始めた。

 「理事長、私も手伝いしたいのですが、よろしいでしょうか?」
「そうだね。2人の方が行きやすいだろうからね」秋子は岩瀬から許可を貰うと、仰向けの泰子の乳房を撫でてだし「お手伝いするからね」服を脱ぎ、シャツも脱いでブラジャー姿になった。

 「小さいから恥ずかしいけど、形はいいでしょう?」恥ずかしそうに乳房を露わにし「校長のオッパイもいいよ。小降りだけと、乳首がいいよね」岩瀬がその乳房を後から掴み、揉んでいく。
「理事長、まだダメです。お手伝いがまだ終わっていませんし…」乳房を揉まれている秋子の呼吸が荒くなっている。

 「そうだね。手伝いが先だよね」岩瀬は秋子のスカートのホックを外し、ファスナーも下げ、パンティ姿にした。
秋子は「行かせてあげるわね」そのパンティを両手で掴み引き下げていく。
指で淫裂を触っている泰子は(レズをする気だわ…。私を相手に…)直感した。

 その直感が当たり「行きましょうね。ここで!」秋子は泰子の上に重なって、唇を押しつけてきた。
(いや、人前よ。こんなのいや!)逃げたいが、先ほどの約束で逃げられず、仕方なく口を重ねた。
秋子は「私が、行かせてあげるからね」口づけをすますと、泰子の両乳房を掴み「あ!」急所の乳首も摘まむ。

 「敏感なのね、ここが!」乳首を指で転がすようにしていくと「だめ、だめー!」目を閉じ、声を上げて息使いが荒くなっている。
(感じる…。乳首を触られると、我慢できない…)秋子は見透かしたのか、乳房を揉みながら乳首を吸う。
「あ、あ、あー!」背中を浮かせ、声を上げてしまった。

 「気持ちいいでしょう。もっとして上げるわよ」また乳首が吸われ「ん、んー!」泰子は秋子の頭を抱きしめていく。
(ホントに敏感なのね。膣の方はどうかしら?)乳首を吸ったまま、手が伸びて淫裂を触わりだすと「あん、あん、あん!」悶え声をあげだした。

 (濡れていく…。膣の中が濡れていく…)秋子の手で淫裂が湿り、指は肉襞を撫でてから膣の中に入った。
(ヌルヌルだわ。すぐに行ってしまいそう…)中指がゆっくり入るが、濡れているせいか、すんなりと根本まで入って指をピストンしていく。
「ダメ。そんな事したら、ダメー!」だが、指に合わせ腰が動いている。

 泰子は(このままでは行ってしまう。恥ずかしい姿を見られたくないし…)堪えるが無理で、淫裂からドンドン淫汁が流れ出てきた。
「川口先生、気持ちいいのですか。そんなにお汁を流すなんて?」
「言わないで。恥ずかしいから言わないでください…」乳首を吸う、秋子の頭を両腕で抱きながら言う。

 「恥ずかしがる事はありません。この部屋ではすべてを晒し出して構いませんよ。自由ですから」岩瀬の肉竿はギンギンに勃起している。
それに安心したのか「こ、校長先生、もっとしてください。2本でしてください…」恥ずかしそうに、小さな声で言う。

 (行く寸前ね。指を2本にしてあげるわよ)人差し指も淫裂に入り、2本の指が膣の中を動き回り「あん、あん、あん!」浮いた腰が、指合わせて動いている。
「もっと、もっとして!」顔を左右に振り、乱れている姿は教師ではなく、淫乱女でしかない。

 「校長先生、そろそろいいでしょう。私も仲間に入っても!」岩瀬はソファーから立ち上がり、秋子の背後に膝を付けた。
そして、突き上げている腰を両手で押さえ、股間を押しつけていく。
秋子は「んんー!」乳首を吸ったまま反応した。

 (気持ちいいわ。こんなのは、何ヶ月ぶりかしら?)淫裂を肉竿で突かれても、指を動かすのはやめないから「だめ、いく、いくー!」先に泰子が叫ぶなり、天井を見たまま動かない。
「行ったか。それじゃあ、こっちも行くよ!」
「行かせて、理事長!」岩瀬は四つん這いになった秋子を、自分の膝に乗せ乳房を掴んだ。

 「理事長、凄いです。早く行きたいです!」結合したまま唇を押しつけてきた。
「やってくれるよね。上になって!」
「はい、わかってます…」向きを変え、馬乗りになると「君の、このオッパイが何とも言えないよ」小さな乳房を揉み出す。

 「恥ずかしいです。小さいから」乳房を揉まれながら腰を振っていくと、淫裂から淫汁を流し出す。
35過ぎの、一番熟れた体だから当然かも知れないが「いいわ。凄くいいです!」体を後ろに反らせ悶えている。
やがて、岩瀬が秋子の胎内に噴射を始め「理事長、素敵です!」結合したまま、胸と胸を合わせ唇を重ねていく。

 暫く沈黙していたが、秋子が起きあがった。
淫裂からは、ドロリとした液体が流れているが、造作なく拭き取り、パンティを履いていく。
「大丈夫だよね?」
「あれを、毎日飲んでいますから」恥ずかしそうにブラジャーも着けていく。

 「しかし、その下着は悩ましいね。生徒達もよく見つけたよ」
「インターネットですよ。こうして、生徒の意見を聞いているから問題も起こりませんし…」言いながら、スカート、上着と着込んでいく。

 服の乱れを直すと「泰子さん、戻りましょう」「は、はい!」やっと冷静を取り戻した泰子も起きあがった。
「ここを拭かないと、生徒に笑われますよ」秋子は淫汁で濡れた泰子の淫裂を拭いていく。
「恥ずかしいです。こんな事になるなんて…」顔を両手で隠している。
「女性なら当然よ。これからは、オナニーやレズをしたい時は前もって言うのよ」
「はい。そうします」淫裂を拭かれながら答えた。

 淫裂を拭き終えると、秋子と一緒に職員室に戻ってきた。
「泰子さん、制服よ。着てもいいわよ」
「ありがとうございます」段ボール箱から真っ先にパンティを取り出した。
(スケスケだわ。これなら、履かなくても同じじゃないかしら?)不満を持ちながら足を通していく。

 その後で、ブラジャーを着けたが、乳房が丸見えになっている。
その上に、同僚と同じくシャツを着てからスーツを着込むが、事前にサイズを調べておいたから、体にピッタリと治まっている。

 「でも恥ずかしいわ。この年でミニだなんて…」膝上15センチくらいだ。
「年は関係ないわよ。女は色気が命だから。色気を失ったらもうおしまいよ」泰子の制服を着た姿を見ながら同僚が言う。
「それから泰子さん、下着はすべて回収しますからね。自分が持ち込んだのは、この箱に入れてね」

 「下着をですか。パンティとかブラジャーですよね?」信じられないと言った顔で尋ねた。
「そうよ。スリップもここでは不要ですから。隠したのが見つかったら、罰が待っていますからね」
「わかりました。明日運びます」
「それならいいわ。明日からは授業ですから、これから打ち合わせをします」秋子の指示で、打ち合わせが行われた。

 打ち合わせは昼近くまで行われた。
「今日はここまでよ。明日から授業だからね。それに1年生も寮に入ってきたから、お風呂が込むから注意して」
「はい、わかりました」教師達は一斉に職員室から出ていく。

 「泰子さん、手伝うわね」ボーイッシュな感じの志保が段ボールを持ってくれた。
「すみません、助かります」
「困った時はお互い様よ。気にしないで」2人は職員用の寮に戻っていく。

 志保は段ボール箱を泰子の部屋まで運んでくれた。
「すみません。お礼にお茶ぐらい飲んでいってください」
「あら、悪いわね。遠慮無く頂くわよ」泰子はお茶を入れていく。

 「頂きます」志保は出されたお茶を飲んだ。
「志保さん、ここは長いのですか?」
「4年になるかしらね…」

 「そんなにいらっしゃるの。で、結婚は?」
「もう、したくないわ。散々な目にあったし、夫の借金で売春までさせられたしね…」
「ば、売春ですか?」
「あら、驚いたの。ここにいる職員は皆そんなたぐいよ。あなただって、借金が返せなくてここに来たんでしょう?」
「そうです。借金で困った時に、肩代わりを申し込まれて」
「やはりね。ここはそんな女性のたまり場かしら」志保は学園の事を詳しく話していく。

 「ここの生徒は普通じゃないの。金持ちの落ちこぼれや、不良よ。どこにも行く当てがないから、ここに来たの」
「でも、金持ちだったら、ここじゃなくてもいいのに…」
「世間体よ。ここなら気兼ねがいらないしね。金を出せば、それですむ事だし」

 「で、どれくらい取られるのかしら?」
「1人月25万だって。全て込みでね」
「え、そんなに高いの。私の給料だって手取り20万なのに!」驚く泰子だ。
「相手は金持ちよ。高卒の資格が取れるんだから、それくらい安いわよ、それに、所払いになるし」あっさり言う志保に、もう返す言葉がなく、暫く沈黙が続いた。

 「それより下着よ。ほら急がないと」
「そうね、そうだったわね」泰子はクローゼットを開けて中から下着を取りだす。
「あら、こんな可愛いのを履いていたんだ!」志保は両手でピンクの花柄のパンティを広げている。
「ダメ、見ないで。恥ずかしいから見ないで!」慌てて取り返す泰子だ。

 「志保さんったら、エッチね」
「そうよ。私はエッチなのよ」泰子に抱きつき乳房を掴んだ。
「いや。またお仕置きされるから、いやです!」
「あら、制服を着ているからいいのよ。裸でないから」唇を重ねてきた。

 「う!」(いやよ。レズなんてイヤー!)急いで顔を反らせたが、唇が重なってしまった。
「ま、いいか。レズしたい時は指名してね。私がいい思いさせてあげるから」志保は言い残して出ていく。

 「困ったわ。オナニーするのに許可が必要だなんて…」持ち込んだパンティ、ブラジャー、スリップと全てを段ボール箱に詰め込んでいく。
「これもいらないわね」ガーターベルトだ。
前の夫を喜ばせるために買った、真っ黒なガーターベルトとセットのストッキングも押し込んだ。

 「これでよしと」片付けが済むと、もう12時を回っている。
「お腹が空いたわ、急がないと」泰子が食堂に向かうと「あら、泰子さん!」典子が声を掛けてきた。
「怒っているでしょう。でも、仕方がないのよ…」
「もう何ともないわよ」笑顔で答える泰子だ。

 (ここにいるの人は、皆が訳ありなんだわ…)責める気にもなれず、食堂に入ると新入生も加わって、食堂の中が混んでいる。
「あら、先生。こっちが空いているわよ!」食堂では、岩瀬とセックスしていた直美が笑顔で振る舞っている。

 「すみませんね」
「いいえ。先ほどは目の保養になりましたし…」
「恥ずかしい。そんな事言われると」顔が赤らんでいる泰子だ。

 「それより、一杯食べてね。私達が精魂込めて作っているんだから!」
「わかりました。残さず食べます」
「そうこなくちゃ」直美は出ていき、泰子は早速食べ出した。

 食事を済ませ、自分の部屋でくつろいでいると「川口先生、下着を引き取りに来ました!」現れたのは生徒だ。
「下着って、あなた達が処分するの?」
「はい。生徒会でするのが決まりですから」
「わかったわ。これで全てよ」

 「信用していますが、後で見つかったら、罰ですからね」
「わかっているわ。だから全部出したのよ」
「わかりました。頂きます」下着を入れた段ボール箱が運ばれて「でも、あれをどうするつもりかしら?」不思議に思う泰子だ。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター