赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「ある農家の慣わし」第7話 2人の緊縛  


一雄は野良仕事を途中で抜け出し、夕貴と一緒に神社に向かった。

「母さん、わかっているよね。あそこで撮るから」

「わかっているけど、もうヌードはやめにしたいの。その変わり、セックスは構わないから」

「そうは行かないよ、両方やらないと収まらないし」そう言われれば黙ってしまうしかない。

「着いたよ、行こう」2人は静まりかえった木立の中を歩いて拝殿の前に来た。

「母さん、脱いでよ」

「わかっている、覚悟は出来ているわよ」夕貴は回りを気にしながら服を脱ぎだし、下着も脱い

で全裸になると一雄に前に立った。

「早くして、見られたら困るから」

「わかっているよ、撮るからね」スイッチを押し、ポーズを取らせて、次々とスイッチを押し続

けて、拝殿の前に立たせた。

「母さん、ここでやるからね」カメラを置くと後から抱きついた。

「ここはダメ、見られたら困るのよ。蔵ならいいわ、あそこでしましょう」そう言っても、燃え

たぎった肉竿は淫裂を突き刺し、胎内まで入り込んでいる。

「ダメ…。ここじゃダメ…」拒むが、膣はすんなり受け入れ、濡れていく。

(気持ちいい、一雄が息子じゃなかったらもっとされたいのに…)快感に息を荒立てながらも堪

えていたが(これでは面白くないや。写真見たく縛ってやりたい)雄作の撮った緊縛写真を思い

浮かべながらピストンしていると、興奮も高まっていく。

(す、凄いわ。一雄のオチンチンで行きそう…)声をあげるのをやっと堪えていると「出すよ、

出すからね」爆発を知らせた。

「いいわよ。一杯出して」夕貴も拒もうとはせず、胎内で受け止めた。

 

 2人はその後何事もなかったかのように振る舞い、機会を待っていると、雄作が親戚の法事で

一晩留守にする日が来た。

それを待っていた一雄は笑顔で「わかっているよな。今日は家の中で撮るぞ」と香奈に命じる。

「わかってはいますが、お母さんに見られてしまうし」

「そんな事気にするな、急いで脱げ!」一雄の強い口調に香奈は服を脱ぎだした。

「全部だぞ、全部脱げ!」イラだった口調に戸惑いながら、パンティ、ブラジャーと脱ぎ全裸に

なると「手を後で組め!」また命令された。

言われた通りに、手を後ろで組むとロープで縛られていく。

「何するのよ、変態写真はイヤ!」拒んでも手首が縛られ自由は効かない。

「ここもだ!」胸にもロープを巻き付け乳房も縛った。

                narawasi07-2.jpg


「イヤよ、こんなの撮らないで!」

「我慢しろ、誰にも見せないから」カメラを構えてると、香奈は下を向いて顔を隠している。

「そんな事なら、こうしないと」膨らんだ乳首を指で潰した。

「痛いからやめて!」

「顔を撮らせるならやめるけど、このままだともっと痛いぞ」

「わかったわ。だから指を退けて…」渋々顔を上げるとカメラが向けられて一雄はスイッチを押

していった。

 

 一雄は香奈を寝かせたり、俯せにしたりしてカメラに収めていくが「何か足りないな」不満

のようだ。

「そうだ、母さんだ!」一旦、部屋を出て夕貴と一緒に戻ってきた。

「母さんも撮るよ。準備して」

「イヤよ、縛られてなんてイヤよ」

「脱がないなら、僕が脱がすからね」

「やめて、親子よ。そんなのやめて!」叫んでも夕貴は押し倒され服を剥ぎ取られていく。

それを「一雄さんがお母さんを…」呆然と見ている香奈だが、当の夕貴は(膣が濡れていくわ。

一雄に裸にされのに…)快感を感じている。

そんな事など知るよしもない一雄は服を次々と剥ぎ取っていき、下着だけにしていく。

「これも要らないな」パンティも掴んで剥ぎ取ると黒い絨毛が露わになった。

「やめて。もうやめて…」首を振っているが、膣の中は濡れている。

それでも一雄はブラジャーも剥ぎ取って夕貴を全裸にすると香奈と同じように両手、乳房と縛っ

た。

「これで良しと。後は撮るだけだ」緊縛された2人にカメラを向けてスイッチを押し続ける。

暫く撮っていたが、仰向けになった香奈に夕貴を乗せていく。

「イヤよ、こんなのイヤ!」2人は乳房を重ね合い、足をひらされ淫裂が丸見えになっている。

「いいね、これはいいよ!」手を縛られた2人は何も出来ずにカメラに収まっていく。

 

 「撮るのはこれくらいにして…」満足したのか、一雄はカメラを置いて服を脱ぎだした。

それには「イヤよ、ここじゃイヤ。2人きりでしましょう!」香奈は首を振りながら言う。

「そうはいかないな。ここでやるんだ」服を脱ぎ終えると、香奈と夕貴の体を入れ替え、しかも

シックスナインの体位にさせた。

「香奈、母さんに見て貰おうな」腰を押さえて淫裂目掛けて肉竿を押し込んだ。

「イヤ、こんなのイヤ~!乱暴に入り込む肉竿に悲鳴を上げたが肉竿はなおも入り込み、ピスト

ンを始める。

それには「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げながら耐えるしかない。

一方、夕貴は目の前で行われる行為に(一雄のオチンチンが香奈さんに入っていく…)勢いよく

動く肉竿に興奮も高まって、淫裂の中も濡れだし、恨めしそうに見ていると、香奈の淫裂から淫

汁が流れてきた。

(香奈さんも気持ちいいんだ。私もやって欲しいのに…)そう思いながら見ていると動きが停ま

り、白い液体が漏れて夕貴の顔に落ちていく。

「出したぞ、香奈わかるだろう」

「解いて、洗わないと出来ちゃう」

「出来たら産めよ。俺は賛成だぞ」肉竿を抜くと、前にも増して液体が漏れだした。

 

 一雄はその後、何やら取りだして夕貴の尻を持ち上げた。

「母さんとは出来ないからな」そう言うと肛門に押し当てた。

「やめて、何するのよ!」両手を後ろ手にされているから何も出来ずされるがままで、薬剤が腸

内に送り込まれた。

「イヤよ、こんなのイヤ!」拒んでも肛門から送り込まれた薬剤は直ぐに効きだした。

「と、トイレに行かせて…」体を震わせて言う。

「わかっているよ、ほら行こう」夕貴を起こすと2人でトイレへと向かう。

夕貴が急いで排便を行うと一雄が綺麗に拭きだした。

「自分でしたいから解いて!」

「そうは行かないな。とにかく綺麗にしないと」綺麗に拭き取ってから戻った。

「さてと、母さんと香奈には償って貰わないと」

「償うって、何を償うの?」怪訝なこの夕貴だが「慣わしだよ。今まで黙っていた罰を受けて貰

うよ」また夕貴の腰を持ち上げて膝を付けさせた。

「慣わしは私のせいじゃないわ!」

「黙っていた罰だよ」一雄は肛門にワセリンを塗っていく。

「やめて、何する気なの」

「オ○ンコはイヤだろうから、ここでやるんだ」丁寧に塗ると、肉竿を押し当てた。

「いや、いや~!」今まで体験した事のない痛みに悲鳴を上げた。

「アナルセックスというんだよ。ここなら親子でも平気だし」なおも押し込み、ピストンを始め

た。

「抜いて…。お尻はイヤ…。やるなら膣でして…」呻くように言うがピストンは停まらない。

それを見ている香奈は(あの事を知っていたんだ。もしかしたら私も…)顔を強ばらせ震えてい

る。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/110-b64c90e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top