fc2ブログ

「隔離された学園」第10話 フルヌード

第10話 フルヌード

 乳房を出して、授業をするようになってから1週間ほど経った。
「もう、上着が届くはずだけど?」約束の上着がまだ届いていないので、教師達は生徒会役員達を訪ねた。
「ああ、あれですか、注文を取りやめましたよ」

 「そ、そんな~。それじゃ、いつまでこんな姿なの?」
「来年の役員交代までです。僕たちが役員である限り、ヌードですよ」目を輝かせながら言う。
「いや、ヌードなんて。これでも教師です。これ以上、オッパイを見られたくありません!」泣きながら言う桂子だ。

 「でも、僕たちの意見は絶対ですよ。ねえ、武田先生?」役員の1人が、泣いている桂子を抱きしめ、乳房を掴んだ。
「やめて。触るのは約束違反です!」
「今度の規則は、オッパイとオ○ンコだけは、触っていい事にするんですよ。こういう具合に!」
「いや、いやー!」桂子は乳房を掴まれたまま、パンティを膝まで引き下げられて、真っ黒な絨毛に覆われた股間を生徒会役員の掌が撫でていく。

 「やめなさい。それは犯罪です!」声を震わせて志保が言うと「規則で認めましから、犯罪ではありませんよ」志保も乳房を掴まれ、パンティが引き下げられ、真っ黒な絨毛を露わにされた。
「いや、いやー!」その絨毛に包まれた淫裂を触られていく。
当然「いや。そこは触らないで、お願いです!」泰子も悲鳴を上げている。

 「触らないで。それ以上触ったら、理事長にいいつけるわよ!」校長の秋子も、パンティを膝まで引き下げられて、淫裂を撫でられている。
「理事長には言ってあります。先生方次第でいいと…」

 「だったら、やめて。触らないでよ!」
「わかりました、触るのはやめます。その代わりに、フルヌードでお願いしますよ」
「ふ、フルヌードですって?」教師の皆が声を上げた。

 「そうです。週1日は朝から素っ裸になっての授業です」
「いや、いやよ。フルヌードだなんて出来ない!」顔がブルブル震えている泰子で「私もフルヌードはいやです!」桂子や志保も泣きながら言う。

 「だったら、オッパイとオ○ンコを触られますよ。毎日全員に!」
「許して。触られるのはいやなの…」校長の秋子でさえ、泣きながら言う。
「でしたら、やりますよね。フルヌードで授業を?」目を輝かせながら言う生徒会役員達だ。
(いやよ。でも、触られるよりはヌードのほうがましだし…)縦に首を振るしかなく、次々と首を縦に振っていく。
「決まりましたね。詳しくは理事長と決めます」生徒会役員は理事長室へと向かう。

 残された泰子達も職員室に戻っていく。
「いやよ。フルヌードだなんて…」泣きながら歩いている。
「私だっていやよ。どうして、教師が裸にならなければいけないのよ!」悔しさがこみ上げてくるが、どうする事もできない。

 「もし、ここから逃げたらどうなるの?」
「捕まるわよ。契約違反になって、即返済を命じられるわ。返す当てがないから、ここにいるんでしょう?」
「それに、捕まったら体を売って働かされるのよ。早い話が、売春させられるの…」

 「捕まらなければ、いいんでしょう?」
「あなた、ヌード写真で夫に脅されたと言ったわね。その写真も理事長が持っているはずよ」
「そんなはずないわ、確かに、私が受け取ったし…」
「信用しているの。そんな事を平気でする前の夫を?」

 「たとえ、あったとしても平気だわ。誰だかわからないし」
「問題はマスコミよ。雑誌に載せられるわ、実名入りで。しかも経歴や出身地など詳しくして…」
「そんな事されたら、生きていけない。死ぬしかないわ」
「そうなの。だから、ここで返済を終わらせるしかないのよ」やっと理解できた。
(もう遅いわ。気づくのが遅かった…)机に泣き崩れ、ここに来た事を後悔する泰子だ。

 しかし、いくら泣いても、決まった事は覆らず、やるしかない。
「先生、決まりました。今週から実施です。水曜日が記念すべき、素っ裸で授業する最初の日です」
「す、水曜日…。明日じゃないのよ!」
「そうです。明日が素っ裸での授業、最初の日です。記念に写真部と放送部、新聞部が全員を取材しますからね」

 「お願いだから撮らないで。フルヌードになるから、撮らないで!」泣きながら頼み込む泰子で「私も撮られるのはいや。お願いです!」教師達は次々と頼み込んでいく。
「ダメです。これは記念ですからね。理事長の許可も頂きました。どうせ、ここの学園だけですから」

 「ホントに、外には漏れないでしょうね?」
「先生方が、規則を守っている間は絶対に大丈夫です。でも、違反したらわかりませんからね」
「約束よ、それなら仕方ないし…」力無く言う教師達だ。

 翌朝、職員室に全員集められた。勿論、事務員や寮のまかない婦達もだ。
「今度の規則変更で、1週間に1回、職員はフルヌードになる事が決まりました…」理事長の岩瀬が報告していく。
(いやよ、ヌードだなんて…)それを悔しそうに聞いている職員達だ。

 「そう言う事ですから、今から全部脱いでください」
(脱ぐんだ、これを!)恥ずかしそうにスカートを脱ぎだすが、皆がスケスケのパンティだから、絨毛が透けてまるみえだ。
「これも、脱がなければいけないなんて!」パンティを脱いでいく。

 「恥ずかしいわ。私のヘアは薄くて少ないのよ…」
「私だって同じよ。ほら」淫裂を覆う、ヘアを気にしている女性達で、パンティを脱ぎ終えると、ブラジャー、ストッキングと脱いで全裸になった。

 「脱いだ服は、生徒会が管理します。生徒会室へ持って行って下さい」
(フルヌードを見られてしまうのね。恥ずかしいけど…)泰子も脱いだ下着で、股間を隠して廊下に出た。
そこには(こんな姿を見られるなんて!)生徒が大勢並んでいた。

 「いいよ。これなら、いくら上がっても!」
「そうだよ。素っ裸が見られるんだから、授業料の値上げは賛成だ!」
(そんなー。授業料値上げを口実に、私達をフルヌードにさせたなんて!)悔しさが一気に込み上げてきたが「ほら、教室に行かないと。授業が始まるのよ!」堪えて生徒に言う。

 「わかりました。教室でばっちりお願いしますよ」生徒達は一斉に教室に戻っていく。
「酷い、酷いわ。授業料の値上げを条件にして、私を素っ裸にさせるなんて!」泰子は堪えきれず、目を潤ませた。
それは泰子ばかりでなく、全裸になった職員の皆が涙を溜めている。

 廊下を歩き、生徒会室にはいるとプラスチックの箱が置かれている。
「これに入れて下さい」言われた通り、箱の中に脱いだ下着とスカートを入れていく。
「今日はよろしくお願いします。決してオ○ンコを隠す事のないようにお願いしますよ」
「わかっています!」返事する声が震え、それに恥ずかしさで、太股も震えて絨毛も揺れていた。

 (もうやるしかない。この姿で今日一日を…)脱いだ下着を預けると、一旦職員室に戻って授業を受け持つ教室へと向かう。
(やりたくない。こんな事はやりたくない!)廊下に「ヒタ、ヒタ!」と靴音が響き、皆が乳房と尻を揺らせて歩いている。

 (入りたくない…。教室に何か、入りたくない!)泰子は震える手で、ドアを開けて中に入った。
「凄いや、オッパイがあんなに揺れて!」「見ろよ、あれがオ○ンコだぞ!」周りが服を着ているのに、泰子だけが全裸では、よけいに羞恥心が高まっていく。
今にも泣き出しそうな顔で「出席を取ります!」と名前を呼びだした。

 出欠を取り終えると、授業を始める。
「先生、教卓が邪魔です。退けさせて下さい!」前にいた生徒達が、勝手に教卓を隅に追いやる。
もう泰子の体を隠す物何もなく、乳房、淫裂と生徒の前に全てが晒されている。

 「今日は22ページからです」泣きたい気持ちを堪え、教科書を読んでいく。
だが、生徒達はニヤニヤしながら、股間の絨毛からうっすらと覗いている淫裂を、食い入るように見つめていた。
(見られている…。授業中なのに性器を見られている!)涙が遂に流れ出た。

 それでも授業をしなければならず、黒板に書いた内容を説明していく。
その時「失礼します。写真部と放送部です」カメラとビデオを持った生徒が教室に入ってきて(ヌードを撮られてしまうわ。しかもヘアまでもが…)顔が真っ青になった。

 「先生、堅くならずに授業を続けて下さい」そう言いながら、カメラを泰子に向ける。
(お願い、撮らないで。お願いだから撮らないで!)涙を流しながらも、カメラの正面に立ち、授業を行う。
時折、「カシャ、カシャ!」金属音と閃光が瞬いていく。

 「先生、ありがとうございました」泰子の全裸を撮って満足したのか、10分ほどで隣の教室へ向かった。
隣では桂子が授業をしている。
(ヘアまで撮られてしまった。もう、戻れない。きっと桂子さんも撮られているわ)泣きながらも、授業をした。

 長い授業だったが「キーン・コーン!」やっと1時間目が終わった。
泰子は全裸を晒し、生徒達がいる廊下を歩いて職員室に戻って来た。
「悔しいわ、撮られたのよ。素っ裸を!」職員室に入るなり泣き出す泰子に「私も撮られたのよ。悔しいけど!」中にいた桂子も泣きながら言う。

 すると「ほらほら、もう泣かないのよ。いい子にしないと」志保が桂子を抱きながら言う。
「志保さんは撮られたの?」
「ううん、これからよ。もう覚悟してる」
「志保さん、辛いわよ。ヘアヌードを撮られるのは…」

 「我慢するしかないわよ。フルヌードにならないと違反になってしまうし…」力無く言う志保に「そうよね、今辞める訳には行かないしね」秋子も項垂れて言う。
(私だってそうよ。今辞めたら、ソープで体を売るしかないし)やはり、頷いたままの泰子だ。

 「ほら、元気出して。泣いたって仕方ないでしょう?」
「そうね、典子の言う通りだわ。泣いたって、何にも成らないしね」そして、短い休憩時間が終わった。
「キーン・コーン!」チャイムを合図に、一糸まとわぬ姿で職員室から教室に向かっていく教師達だ。

 泰子は前と同じように出席を取ると、教卓が退けられて全裸を教え子に晒している。
(いやよ。恥ずかしいから性器は見ないで!)教え子に背中を向け、黒板に文字を書いていくと、泰子の淫裂を食い入るように見つめている。

 だが、志保はもっと悲惨だった。
体育なので、準備体操をするが足を上げたり、体をよじったりしなければならない。
乳房を揺らせ淫裂の中まで教え子に晒していく。

 そこに「失礼します。写真部と放送部です」カメラとビデオを持った生徒が体育館に入ってきた。
「待って、体操が済むまで撮るのを待って!」慌てて開脚した股間を両手で覆った。
「ダメですよ。そんな事は。ほら始めないと!」
(撮られてしまう。性器の中までも…)真っ青な顔になって体操を始めた。

 志保が足を高く上げると「カシャ!」(撮られた。性器を撮られた!)絨毛の中で、ピンクの淫裂が覗いている。
「堅くならずにやって下さい」志保は小さな乳房を揺らせながら、教え子と一緒に体操をしていく。

 ビデオとカメラに全裸を撮られたのは、教師ばかりではなかった。
事務員や寮のまかない婦達も、同じようにヘアに覆われた淫裂と乳房を晒した姿を、カメラとビデオに撮られてしまった。

 そして、やっと長い授業がおわった。
「ご苦労さんだったね。今日は特別に和室を使って楽しんでもいいよ。布団も置いてあったはずだから」岩瀬が職員室に顔を出した。
(酷いわ。授業料の値上げと引き替えに、フルヌードにさせるなんて…)叫びたい気持ちを我慢して、教師達は和室に入った。

 「あら、あなた達もいるの?」
「寂しいんです。ヘアヌードまで撮られたから、慰め合いたくて…」寮のまかない婦達と事務員もいた。
「今日は自由にしていいわよ。オナニーも自由にしていいからね」岩瀬も上機嫌だ。

 その言葉に、職員同士が抱き合い、乳房と淫裂を撫で合っていく。
「志保さん、私もしたいの」桂子は志保の乳房に吸い付いた。
「いいわよ、桂子。今日は悔しかったから思いきりいこうね」桂子の頭を撫でながら言っている。

 (私も行きたいわ…)堪えきれずに、泰子の指が自然に股間を撫でだす。
下から上へと指が撫で動いていると「泰子さん、私もしたいの…」秋子も堪えきれず、泰子を押し倒して乳房に顔を埋めた。
「恥ずかしかったわ、性器を撮られたの。悔しいけど仕方ないし…」秋子は指で淫裂を撫でていく。

 教職員が、乳房を揉み合い淫裂に指を入れ、慰め合っていると写真部と放送部が現れた。
「いや、撮らないで。これは撮らないで!」悲鳴が上がった。
「だめです。これも、私達の部活の一環ですから」
(いや。レズや、オナニーまで撮られるのはいやです!)奥歯が、ガチガチと鳴っていた。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター