fc2ブログ

「隔離された学園」第11話 レ○プ

第11話 レ○プ

 「硬くならずにやって下さい。普段と同じでいいです」カメラとビデオが職員を捉えている。
「撮らないで。こんなのは、撮られたくないのよ!」志保と桂子は乳房を重ね抱き合い、泰子も秋子の手が股間を覆っていた。

 「やらないなら、二度とダメだぞ。オナニーやレズをしたくないと判断する!」岩瀬も言い(撮られるのはイヤだけど、二度ときないのはもっとイヤだ…)渋々、志保の口が桂子に重なり、桂子もそれに答え、志保の小さな乳房を撫でだす。
同様に。泰子と秋子も唇を重ね合いながら、淫裂に指を入れ合って動かしていく。

 (いいわ。久しぶりに膣の中が気持ちいい…)禁じられていたレズが楽しめるので、秋子の指が膣の内皮を擦っていく度に「ん、んー!」鼻から息が抜けていく。
(私もしてあげる!)呼吸を荒立てながら、泰子も秋子の膣の中に指を入れ「あっ、あっ!」秋子も唇から甘い声が漏れ、それと同時に泰子の指が濡れていく。

 (秋子さんが、感じているのね。私も膣の中が濡れていく…)秋子の指も濡れている。
そんな様子を、写真部と放送部ではカメラとビデオに撮っていく。
やがて、「あん、あん、あん!」「いく、いくー!」悶え声が部屋に広がった。

 そして、皆が登り切った。
「はあ、はあ!」皆が仰向けになって息を荒立て、淫裂からは淫汁が流れている。
そんな姿を、漏らすことなくカメラとビデオが撮っている。

 やがて「ありがとうございました!」撮り飽きたのか、部員達が出て行き女性だけが残された。
「よかったわよ、泰子さん」「私も久しぶりで、よかったの」冷静さを取り戻し、意識もハッキリしてきた。
「恥ずかしいわ、こんなに濡らして…」「私も濡らしてしまったわ」皆が股間を押さえ、顔を赤らめている。

 その後、お互いに慰め合った教職員達は、自分が脱いだ下着とスカートがある、生徒会室に向かった。
「お待ちしていました」生徒会役員は全裸の教職員を見つめている。
「もういいでしょう。約束のフルヌードになったし…」
「もういいです。ここで着ても構いません」プラスチック箱を手渡していく。

 泰子は「これは私のだわ」名前の書かれたプラスチック箱を受け取り、下着を着けようとした。
「ないわ。ここに置いたブラジャーとスカートがないわ!」
「私のもないわ。どうしてなのよ!」両手で胸と股間を押さえながら言う職員達だ。

 「今日の素っ裸が好評でしたから、明日からはブラジャーとスカートは無しで行きます」
「そ、そんなの、約束が違うわよ!」あまりの身勝手に泣き出す職員達だ。
「その代わり、給料もアップしするそうですよ」
「給料のアップはどうでもいいの。オッパイとヘア丸出しの授業だなんて、もうできない!」泣き崩れる教師達だ。

 「そうは行きません。自分たちだけ楽しんで。生徒の身にもなって下さい!」
「それって、どういう事ですか?」
「僕たちも、大人とエッチがしたいんです!」生徒会役員は一斉に乳房を撫でてだした。
「いや。触らないで、教え子に触られるのはいや!」
「やめて。お願いだから触らないで!」叫ぶ職員達だ。

 「いやですか、仕方ありませんね。でも、今からはこの制服ですよ。いいですね?」
(いやよ、スケスケのパンティとストッキングだけだなんて…)泣いたまま、顔を上げない職員達だ。
「それがイヤなら、素っ裸ですよ。どちらがいいですか?」
「パンティを履きます。これでいいです…」職員は一斉に体を丸めて、パンティに足を通していく。

 股間を隠し終えると、ストッキングとガーターベルトをつけていく。
(オッパイを丸出しだなんて…)乳房が丸出しで絨毛が透けている。
着込み終えると、教師達は職員室に戻ろうとするが「オッパイが揺れていいな、それにオ○ンコのヘアが丸見えだぞ!」生徒に見つかった。
「触りたいよ。オッパイとオ○ンコを!」乳房を揺らせて歩く泰子達に、生徒達が声を掛けていく。
(言わないで。オ○ンコなんて言わないでよ!)恥ずかしそうに俯いたまま歩いていた。

 職員室に戻ると、泰子は写真部部長から「部活の方に顔を出して欲しいのですが…」と声を掛けられる。
「そうね。たまには出ないといけないわよね…」(行きたくない。オッパイを丸出しで生徒の前に出るなんて…)渋々に承知すると「それでは、お待ちしてます」部長は帰っていく。

 泰子は、明日の授業の準備を済ますと部室に向かった。
誰もいない廊下を歩いていくと「ヒタ、ヒタ!」と靴音が響いている。
廊下を歩き抜いて、教室を通り抜けると、写真部室が見えてきた。

 「ここね」ドアを開けて、中に入ると部員達が、できあがった写真を見ている。
「待っていましたよ、先生。これを見て下さい」泰子は部員に勧められ、できあがった写真を見た。
「いや、こんなのいや!」それを見たとたん、写真を破ろうとした。

 それは、全裸姿の泰子が写っており、秋子と抱き合い指が入った淫裂も写っている。
「困るよな。こんな事されたんじゃ!」泰子から写真を取り返した部員が、また並べていく。
「お願い、こんな写真は捨てて!」
「それは無理です。これは、秋の文化祭に展示する作品ですから」

 「そこを、なんと辞めて欲しいの」泰子の目からは、大粒の涙が流れ出ている。
「そんな事言われても…」言われた部員は戸惑い「先生、この写真が嫌いですか?」部長は、泰子の淫裂を晒した写真をかざして言う。

 「ヘアヌードだけなら我慢できますが、性器がアップはいやです」泣き声で言う泰子だ。
「でも、よく撮れていますよ。ほら、オ○ンコからお汁も流れているし…」
「やめて、何でもするからやめて。性器が写っているのは、やめて欲しいのよ」乳房を揺らせ、声を荒げて言う。

 「ホントに、何でもするんですかね。嘘としか思えませんが…」
「嘘じゃないわ。それを出さないと言うなら、ホントに何でもするわよ」
「わかった。この写真は出さないよ。その代わり、やらせて欲しいんだ!」部長は泰子の両乳房を掴み、顔を埋めた。

 「ダメ、いけないわ。セックスはダメ。教え子との肉体関係なんて、許せないわよ!」慌てる泰子だが「さっき言ったよね、何でもするって。僕にもやらせてよ!」パンティが引き下げられる。
「やめなさい。こんなのダメ、やめなさい!」(このままでは、犯されてしまうわ。教え子に集団で!)顔が強ばり体も震えだした。

 「僕もやりたいよ」「僕も」写真部員の皆が、泰子の体を触りだし「やめて、お願いだからやめて!」叫ぶが無駄だった。
泰子のパンティは足から抜かれて、体を覆っているのはストッキングだけだ。

 「これが、オ○ンコなんですね?」
「やめなさい、私は教師よ。教師の性器なんか見ないで!」
「だったら、使いますか。性器は使うためにあるんでしょう?」部長はズボンを脱ぎだす。
「いや、やめなさい。やめて!」叫ぶが無駄で、部室にあるテーブルに仰向けにされ、体を押さえられた。

 「入れないで。オチンチンを入れないで!」肉竿が、淫裂の入り口に押し当てられた。
「う、うー!」顔を歪めて、呻き声をあげる泰子だが、淫裂の中には肉竿がゆっくりと入り込んでくる。
(犯された…。教え子に犯されてしまった…)急に力が抜けて、呆然となっていく。

 「先生、気持ちいい。これがオ○ンコなんだね?」肉竿がゆっくりと根本まで入り込んだ。
「お願いだから、そこまでにして。お願いよー!」叫ぶが、肉竿がゆっくりと動きだし「ん、ん、ん!」声を出すまいと耐えている。
(こんな子供のオチンチンで、行くもんですか!)目を閉じて耐えている。

 「僕も仲間に入れてよ。先生!」泰子の乳房を揉みながら、乳首を吸う。
「僕もだよ」もう片方の乳房も掴まれ、乳首が吸われていく。
「ダメ、やめて。オッパイを吸うのはやめて!」背中を浮かせたまま叫び(ダメだわ。このままでは、恥ずかしい姿を晒してしまう…)乱れた姿を晒すまいと堪える泰子だ。

 「先生、3人でやるからね」肉竿の動きを早めると「あ、あ、あー!」声を上げてしまった。
(犯されているのに気持ちいいわ。何とか堪えないと…)唇を噛み、声を上げまいと耐え続けた。

 だが、肉竿はリズムよく動いており「ピシャ、ピシャ!」淫裂は淫汁が溢れて、音が出ている。
「気持ちいい。もう出そうだ!」
「ダメ、お願い、お腹の中に出さないで。外に出して、お願い!」

 「外に出せば、もっとオ○ンコしていいよね?」
「いやよ。犯されるのは、いや!」
「だったら、中に出しますよ」
「わかった。してもいいから、必ず外に出すのよ。早く抜いて、お願いだから抜いて!」肉竿が抜かれ、その瞬間に先端から体液が噴出していく。

 (よかった、膣の中に射精されなくて…)ホッとしたが「今度は僕が相手です」相手が変わった。
「ん、ん、んー!」新しい肉竿が入り込んで(ダメだわ。このままでは、全員にレ○プされてしまう…)考え巡らすが考えなど思いつかず、淫裂を肉竿で突かれるままだ。
それに、乳房も代わる代わる、教え子達によって辱められていく。

 こうして、泰子は10人の部員によって犯されてしまったが、約束した通りに、膣の中には射精しなかった。
「もういいでしょう。散々犯したんだから…」泰子は犯されたが、淫裂の中は淫汁が溢れている。
(指とでは全然違うわ。子供でもオチンチンがいい…)先ほどの秋子の指とは違った感じがする。

 余韻に浸りながら、剥ぎ取られたスケスケのパンティを、教え子が見守る前で履いていく。
(見ないでよ。恥ずかしいのに…)俯いたまま、パンティに足を通して引く上げていく。
股間の絨毛は隠せないが、ないよりはましだ。

 その後、ガーターを止めてから職員室に戻ると「あら、誰もいないわ。帰ったのかしら?」同僚はいなかった。
仕方なく宿舎に戻り、犯された膣を洗おうと、時間前の浴室に入った。
「あら、誰かいるのね」脱衣室で、パンティとストッキングを脱いでいると、中から水音がする。

 それに、嗚咽も聞こえて(泣いているわ。一体誰かしら?)ストッキングを脱ぎ終えると、急いでガーターを外して中に入った。

 「直美さんだ!」中で泣いていたのは直美だ。
「泰子さん、誰にも言わないで。この事を…」直美は淫裂を指で広げてシャワーで洗っていた。
(精液だわ。間違いなく犯されて、射精されたんだ…)シャワーと共に、ドロドロした精液が流れ出てきた。

 「直美さん、レ○プされたのね?」
「6人に、寮の中でレ○プされてしまったの」泣きながら淫裂を洗っていく。
「私もレ○プされたの。10人によ」泰子も淫裂の中を丁寧に洗いだす。
「オッパイ丸出しだし、ヘアまで見せたら、レ○プされるのが当然よね」悔しさで泣きながら言う直美だ。
「そうよ。こんな姿じゃ『レ○プして下さい』と言っているようなものよ」泰子も悔しさがこみ上げて、泣き出した。

 2人が、丁寧に淫裂を洗い終えると、志保と桂子も泣きながら浴室に入ってきた。
股間を手で押さえているが、指の間からは白い液体がこぼれ出ている。
「し、志保さんも犯されたの?」
「そう、散々レ○プされたわ。数人がかりでよ」思い出したのか。泣きながら言う。
「私もよ。交代しながら何回も犯されたわ」桂子も泣きながら言っている。

 「とにかく、急いで洗わないとね」
「そうよ。早く洗わないと、大変な事になるわよ」
「わかっている。教え子の子供なんか産みたくないしね」悔しさを堪えながら、志保と桂子は淫裂の中を洗っていく。

 泰子と直美が浴室から出ると、典子やまかない婦達が、股間を押さえながら浴室に向かってきた。
(犯されたんだ。みんなが教え子に犯されたんだ!)泰子はまともに見られなかった。
無言ですれ違ったが、浴室に入るなり「う、う、うー」泣き出し、外にまで聞こえている。

 (私も犯されたのよ、教え子に…)悔しさをこみ上げながら、自分の部屋に戻っていくが「どうしたらいいのよ。このままだと、またレ○プされてしまうし…」散々迷った末に「そうだわ。明日にでも、職員会議で訴えてみようかしら?」やっと泰子の考えがまとまった。

 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター