fc2ブログ

「隔離された学園」第17話 夏休みの最後

第17話 夏休みの最後

 全裸で過ごすようになってから1ヶ月近く経った。
「今日が最後だわ。今日でフルヌードにならなくて済むんだ!」夏休みが今日で終わりだからだ。

 いつものように、朝食を摂るために食堂に向かうと「待っていましたよ!」泰子を寮生が抱く。
「ここで、なの?」
「そうです。抱っこしてあげます」泰子は太股を抱えられて、駅弁スタイルで結合していく。
「きついわ。奥までオチンチンが入っているのよ…」喘ぎながら言う。

 「でも、気持ちいいでしょう?」太股を揺すられ「あん、あん、あん!」動きに合わせ、悶え声をあげている。
「あら。もう、お楽しみだなんて、羨ましいわ」秋子は側を通り過ぎようとしたが「校長先生。四つん這いでさせて!」言われるまま「いいわよ。四つん這いになればいいのね」四つん這いになっていく。

 「先生、いきますよ!」秋子は腰を両手で押さえられ、肉竿を押し込まれると「あ、あ、あ!」喘ぎ声をあげながら、体をくねらせて「ピシャ、ピシャ!」肉竿が淫裂を突き刺していく。

 「いいわ、いいわよ。オ○ンコの中に一杯出して!」
「校長先生。オ○ンコと言って、いいの?」腰を振りながら言う寮生に「オ○ンコと言うと、体が燃えるの。卑猥な言葉が感じるのよ」言う。

 「でしたら、オ○ンコと言いましょうよ。性器でなく」
「だめよ、恋愛の時だけオ○ンコといっていいわ。それ以外は性器と言って」途切れ途切れに言う。

 「川口先生も、オ○ンコが気持ちいいですか?」太股を揺らしながら言われ「いいわ。オ○ンコが気持ちいいわよ」淫裂からは乳白色の淫汁が流れている。
「もっと欲しいでしょう?」
「欲しいの。オ○ンコを、もっとして欲しいの」もう慣れたのか、恥ずかしさなど消え失せ、ただ本能を満たすために悶え声をあげていた。

 「私もしたいわ。オ○ンコしてよ」「いいよ、してあげる!」通りかかった同僚も寮生に抱かれていく。
「いいわよ、一杯出して。一杯出さなかったら、やり直しだからね」喘ぎながら言っている。

 こうして、職員は淫裂の中に次々と精液を送り込まれ「よかったわよ」呼吸を荒立てながら寮生の頭を撫でていると「今日は夏休み最後だからテニスをしようよ。二組に分かれて競争だよ」提案された。

 「あら、おもしろいわね。やろうよ」
「決まりだね。この際だから、僕たちも素っ裸になるからね」
「いやよ。そんなオチンチンなんか、見たくないわよ!」

 「日光浴にもなるから、いいでしょう?」
「仕方ないわね、健康のためにもヌードもいいかも」夏休み最後の日、全裸でテニスを楽しんでいた。

 「先生のオッパイがいいね」
「見ないでよ。こっちは必死なんだから」ボールを追いかけている職員達は乳房を揺らせ、淫裂を惜しげもなく晒している。

 「見えた。性器の中が見えた!」ボールを打ち返すあまり、淫裂まで晒しており「言わないで、恥ずかしいのよ!」そう言いながらボールを打ち返していく。

 「ほら、だらしないわよ。もっとしゃきっとしなさいよ。オチンチンが泣くわよ」
「そんな事言ったって、体が付いていかないんだ。チンポはこの通りピンピンなんだけど…」
「いやらしい事考えているわね」ボールを打ち返しながら言う職員達に「そうだよ。オッパイをそんなに揺らされたら、こんなになったんだ」今にも破裂しそうな肉竿を揺らしながらボールを打ち返していた。

 青空の下でコートを動き回るが、体力にも限度がある。
「桂子さん。交代しましょうよ」
「いいわよ、泰子さん。今度は私の番ね」ラケットを受け取った。

 「川口先生、頑張ったね」対戦した生徒が椅子に座った泰子の体をタオルで拭いていく。
それに、乳房も優しく撫でるように、タオルの上から揉んでいく。

「あなたも頑張ったわよ」泰子も今にも爆発しそうな肉竿を見ながら言う。
「先生、恋愛がしたいよ!」
「だめよ、ほら3個あるでしょう」首輪を見せる。

 「だったら、お尻ならいいよね。恋愛はオ○ンコが対象だから」
「いや、お尻なんていやよ。そんなのできない!」拒んだが、泰子は対戦した相手に押さえられ、椅子に座ったまま足首を掴まれ持ち上げられた。

 泰子の淫裂が口を開き、その淫裂の下には黒ずんだ皺がある。
「先生。やらせて!」黒い皺に肉竿が押し当てられ「だめ。お尻はだめー!」悲鳴を上げた。

 すると「お尻…アナルセックスかよ?」泰子の悲鳴で、手の空いた寮生や職員が取り囲み「いや、恥ずかしいから抜いて。お尻はイヤー!」体を震わせて叫んだ。

 だが、肉竿が動き出しと「あ、あ、あー!」大きな泰子の声がコートに響いていく。
(息が詰まる…。でも、凄く感じる…)唇がブルブル震えている。

 「先生、チンポが凄いよ。凄く絞められて、気持ちいい。オ○ンコより絞められていい!」肉竿を動かしながら言う。
「ダメ。変になっちゃうから、動かさないで」椅子に反り返った。

 「でも、出したいんだ」肉竿の動きを早めて「あん、あん、あん!」泰子は髪の毛を振り乱しながら、首を振っている。
(動かさないで。ホントに変になっちゃう!)堪える泰子の直腸の中に、噴射が始まった。

 「だめ、出しちゃだめ!」直腸内に暖かい液体が漂いだした。
「先生、出しちゃった!」放出を終えると肉竿が抜かれたが、異物で汚れている。

 「洗わないと。お尻が変な感じなの…」泰子は肛門を押さえて部室のシャワー室に入った。
「俺も洗うよ」泰子の後を追いかけていく。

 シャワー室では、泰子がお尻を洗い、後から来た生徒も肉竿を丁寧に洗っていく。
「先生。僕も手伝いますよ」
「いいわよ。自分でするから」

 「ダメです。僕がしてあげます」泰子は、お尻を撫でられている。
「あっ!」お尻から淫裂へと手が伸び、指が膣の中を掻き回しだし「ダメ、ダメよ。やめなさい!」泰子は壁を押さえてやっと立っている。

 「気持ちいいでしょう、先生?」
「よくないわ。これくらいじゃ、よくないわ」強がりを言うが、淫裂の中は淫汁で溢れている。
(気持ちいい。もう一回、セックスがしたくなった…)目を閉じて喘ぎ声を上げていく。

 「先生。僕もオチンチンが膨らんできちゃった!」
「ほんとなの。確かめさせて」振り向いて、肉竿を触った。
「硬いわよ、出したばかりなのにもう硬くなっている!」泰子は肉竿を擦っていく。

 「先生、やらせて。オ○ンコがしたい!」乳房を揉み、乳首を吸いだす。
「だめ、だめよ。いけないわよ」(私だってやりたいわ。でも、3人と決められているからできないわよ)
「じゃ、勝手にやらせて!」

 「いや。乱暴はいや!」泰子は壁に押しつけられ、太股を抱えられた。
「あ、あ、あー!」肉竿が無理に入って「レ○プよ。これはレ○プよ!」喘ぎながら言う。
「そう、レ○プです。でも、気持ちいいでしょう?」肉竿がピストンしだした。

 「よくない。レ○プされるのは、いやなのよ」しかし、抵抗はせず、生徒の頭を掴み、乳房に押しつけていく。
「噛んで、乳首を噛んで…」小さな声で言う。
その言葉に従い、勃起した乳首を軽く噛むと「あ、あ、あー!」体を反らせながら声を上げた。
「いいわ、もっと噛んで。気持ちいい…」生徒はピストンしながら、乳首を噛むと淫裂から淫汁がこぼれ出ている。

 やがて「暖かいわ、出したのね。精液を!」淫裂に射精された。
「オ○ンコの中に出しました。我慢できなかったです」
「しょうのない、甘えん坊さんね。この事は誰にも言わないでね」淫裂から流れ出る精液をシャワーで洗いながら言う。
「当然ですよ。絶対に言いませんから」2人は結合した部分を丁寧に洗ってからコートに戻った。

 コートでは志保がラケットを振っており、脇では桂子が四つん這いになって悶え声をあげていた。
「もしかして。お尻でセックスを?」歩み寄り「桂子さんもお尻でしてるの?」確かめた。
「そうよ、凄くいいの。膣もいいけどお尻も感じるわ…」頭を振りながら言う。

 それには「オ○ンコに入れさせて。武田先生!」生徒もその気になっている。
「膣はダメ。お尻なら出してもいいわよ」
「わかりました。思い切り出します」肉竿の動きが早まり「あん、あん、あん!」体をくねらせ、乳房を揺らせていくと「でる、でるー!」腰の動きが止まった。

 「先生、出ちゃった!」「わかっているわよ、一緒に洗いましょう」肉竿が抜かれ、桂子と生徒はシャワー室に歩いていく。
その後、次々と教師達はお尻でのセックスをやらされた。

 テニスを楽しんだ後はそれぞれの部屋に戻って、明日の授業に備えていく。
「明日からは、今までの制服にならないと…」泰子はスケスケのパンティとストッキング、ガーターベルトを取り出した。
「冬はどうするのかしら。こんな姿じゃ風をひいてしまうし…」考えながら準備をしていく。

 翌日、泰子達はあの制服姿になっていた。
スケスケのパンティと、ストッキングにガーターベルトだけの姿で校舎に向かう。
乳房を揺らせ、生えかけの絨毛に包まれた淫裂を晒している。
「川口先生、可愛いオッパイだね」乳房を教え子達が触り「ダメ、触らない約束よ。見るだけのはずよ」慌てて乳房を隠してしいく。

 同様に志保や桂子達も乳房を触られ、このことが当然職員会議に取り上げられた。
「困ったています、オッパイを触れて…」
「私もです。オッパイどころか性器まで触られました」直美も言う。
「生徒会に申し入れした方が良いわね。規律を守らせないと、授業にならないし」校長の秋子は生徒会と話し合って体を触らないように頼んだ。

 「僕たち飢えているんです。女性に…」
「それは我慢して。私達だって女性の恥ずかしい部分をあなた達に見せているのよ。性器と乳房を!」顔を赤らめなが秋子が言う。

 「わかりました、触るのは恋愛指導だけにします。それよりも文化展をしたいのですが…」
「文化展ね。部活動の発表程度でしょう?」
「ええ、その通りです。部活した内容を発表します」
「いいわよ、やっても。理事長には私から言っておく」

 この話し合いで、職員は体を触られる事はなくなったが、それと同時に新たな難題が降りかかった。
「文化展か。おもしろい、やろう!」岩瀬も乗り気で文化展の開催が決まった。

 開催が決まると、生徒会は展示内容を検討し、その内容が居並ぶ全女性を前に、役員が説明していく。
「そんな、レズをしろだなんて!」
「ヌードショーをやれと言うの?」
「いやよ。皆の前でセックスだなんて、いやです!」一斉に悲鳴に近い声が上がり、泣き出す職員もいた。

 「イヤでも、やってもらいます。文化展は二日間としますからね」逃げる事は出来ず(いやよ。セックスしたり、ヌードショーだなんて、教師のすることじゃないわ)皆が泣いている。

 それでも生徒会は説明を続けて「来週の土日にやりますから、体の手入れをお願いします。それにショーの衣装はこちらで用意しますから安心してください」一方的に説明して、部屋から出てく。

 残された同僚は泣いている。
「いやよ、人前でセックスをするなんて。2人きりならしてもいいけど…」泣きながら言う直美に「私だっていやよ。ヌードショーだなんて、教師がすることじゃないわ」志保も泣きながら言う。

 「でも、やらないといけないんでしょう。やるしかないわよ」泰子も泣きながら言い「そうよ、やるしかないわ。もう開き直ってやるしかない!」秋子も言いだす。

 「私、踊りが下手だからできないわ」
「あら、そうだったの。知らなかった。でも若いからすぐ覚えるわよ」秋子が言うと「校長先生は得意ですか?」
「日本舞踊なら平気よ。でも、ダンスは今一なのよね。それなりに踊れるけど…」
「教えてください。やるなら、うまく踊りたいし」
「いいわよ。体育館で教えてあげる」秋子に言われて、体育館に向かう。

 体育館には誰もおらず、静まりかえった中に「いい、日本舞踊のポイントは腕の動きなの」秋子は乳房を揺らせながら踊りだし、それに習って職員が乳房を揺らせて踊っている。

 秋子は日本舞踊だけでなく、ダンスも教えていた。
放課後になると、全職員が体育館に集まり、音楽に合わせて踊っていく。
「きついわ。体力不足を思い知らされたわ…」荒い息使いで、乳房を揺らせて踊る泰子達だ。

 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター