「ある農家の慣わし」第8話 3人プレイ

 一雄はピストンの動きを速めていくが「お願い…膣でして…お尻はイヤ…」悲鳴に近い声をあ
げる夕貴だ。
「そんなに、オ○ンコでされたいならしてもいいけど」
「そうして…。お尻が切れそう…」夕貴は痛みで理性が消えている。
「香奈、これは罰なんだ。決して親子の相姦じゃないからな」断りを入れると肉竿かを抜いて淫
裂に入れていく。
「そんな~。親子でセックスを…」香奈も体が震えてそれ以上、声を出ないでいると、肉竿のピ
ストンは速まり「あ、あ、あ~!」喘ぎ声もあげだした。
「母さん、これはオ○ンコじゃないよ、仕置きだからね」
「わかっている、今まで黙っていた罰を受けてるのね」喘ぎながら答えたる。
「そうだ、これもお仕置きだからね」深く結合したまま腰の動きを停めた。
「暖かい、子宮が暖かい…」満足そうな顔で叫ぶと、白い液体が漏れてきた。
「終わったよ、これで母さんの仕置きは終わりだよ」肉竿を抜くと縛った両手を解き、自由にな
った夕貴は股間を押さえて浴室へと向かった。
残された香奈は怯えているが「さてと、香奈へはどんな事させたらいいかな」乳房を揉み出す。
「好きでやったんじゃないのよ。無理にやられたの。私のせいじゃないわ」
「それはどうでもいい。ただ、黙っていたのが許せないんだ」乳首を摘んだ。
「やめて、痛いのはイヤ。何でもするから痛いのだけはやめて」
「そうか、それなら考え直すか。とりあえず、今日と明日は素っ裸でいるんだ」
「それじゃ、外にも出られない」
「でる必要はないさ。出たかったらそのまま行けばいい」一雄は取り合おうとはせず、仕方なく
全裸のまま屋敷の中にいることにした。
 
 翌日、昼近くに雄作が帰ってきたが、何も知らないから、全裸で出迎えた香奈に驚き顔だ。
「ヘアまで出しているなんて…」そう言いながらも食い入るように股間と乳房を見つめている。
「父さん、気に入ったようだけどこれは罰なんだよ」
「罰って、何の事だ?」
「慣わしだよ。父さんがしたことを黙っていたから罰なんだ」
「何だ、ばれたのか。あれは我が家の慣わしだから仕方ないんだ…」雄作もバツが悪いのか、下
を向いたままいる。
「それは仕方ない事だと思うけど、俺に黙っていたのが許せないんだ」
「それで、香奈さんを裸にしたのか?」
「それだけじゃないよ、これから面白い事をやるんだ」一雄は2人の前で服を脱いで、全裸にな
った。
「面白い事って、オ○ンコか?」
「そうだよ、でもただのオ○ンコじゃないんだ。香奈、四つん這いになれ!」言われるまま、香
奈は四つん這いになると、肛門に浣腸器が入れられた。
「イヤ、お尻ではイヤです。膣でしてください!」体を震わせながら言うが、薬剤の全てが送り
込まれた。
腸の中に送り込まれた薬剤は直ぐに効果を現し「トイレに行かせて下さい…」顔を歪めて苦しそ
うだ。
「全部出して綺麗にしてこい。わかったな」
「そうします」急いでトイレに入り、腸内に溜まった異物を全て吐き出し、肛門を綺麗にしてか
ら戻ってきた。
「香奈、これも仕置きだぞ」また四つん這いにすると肛門にワセリンを塗り出すが「お尻は許し
て下さい…」夕貴を見ていたから怯えている。
 
 一雄は黙ったまま、肛門と直腸の入り口にワセリンを塗り終えると仰向けになった。
「香奈、上でやるんだ」騎乗位を求めた。
            narawasi8.jpg
それには(お尻じゃなくてよかった。膣なら見られても我慢できるし)安心して馬乗りになり、
肉竿を掴んで「あ、あ、あ~!」声を上げながら淫裂に迎え入れる。
「全部入れたか?」
「はい、全部入れました…」香奈が返事すると手を伸ばして抱きしめ、2人は胸と胸を合わせて
いる。
「父さん、見えるでしょう。そこに入れてよ。これも罰なんだ」
「俺も一緒にか…」
「そうだよ、急いでよ」
「わかった、罰なら仕方ないな」雄作もズボンを脱ぎ、下半身を剥き出しにし、香奈の背中に抱
きついた。
それには「イヤ、こんなのイヤ。2人一緒なんてイヤ~!」抵抗しても無駄で、肛門から雄作の
肉竿が入り込んでいく。
「ヒ~!。抜いて、お尻はイヤ~」初めての体験に悲鳴を上げている。
それでも、根本まで入り込み、香奈の胎内には2つの肉竿が入ってしまった。
「父さん、一緒に行こうよ。行くよ」2つの肉竿がピシトンを始めると「あっ、あっ!」目を白
黒させ呻き声を上げ出すが、2つの肉竿は動きを停めず、ピストンを続けると淫裂の方が反応し
ていく。
(痛いけど、気持ちいい。お尻も膣も気持ちいい…)時折体を反らせ「あ、あ、あ~!」と声を
あげだした。
「香奈、気持ちいいのか。2人にされると」
「よくない…。獣みたいで嫌い…」喘ぎながら言うが、淫裂から流れ出た淫汁が一雄の股間を濡
らしていく。
「獣か。そうかも知れなけど、仕置きだしな」なおも肉竿を動かしていくと、2人は頂点へと登
ろうとしている。
(もうすぐだわ、もうすぐ膣に出される…)息を弾ませながら待っていると「出た~!」「俺も
限界だ!」2つの肉竿が、ほぼ同時に噴射した。
(暖かい、膣もお腹も暖かい…)「ハア、ハア!」荒い息使いをしたまま一雄の首に抱きついた。
(凄くよかったわ。お尻でされても気持ちいいなんて知らなかった…)白い液体を漏らしながら
も余韻に浸る香奈だ。
 
 3人は暫く休んでいたが雄作と香奈は浴室に入った。
「お父さん、私にさせて」香奈がシャワーで汚れた肉竿を洗い出すと、萎縮していた肉竿がまた
膨らだ。
「香奈さん、オ○ンコさせてくれないかな」
「いいわよ、お父さんにされたかったし」肉竿を擦っていく。
「そうか、それだったらこうやってしよう」香奈の背中から抱きついて白い液体が付着した淫裂
に肉竿を押し込んでいく。
「気持ちいいわ。お父さんにされると、一雄さんより気持ちいいの」タイルに両手を付け喘いで
いる。
「そうか、俺とすると気持ちいいのか。ケツもよかったのか?」
「凄くよかったけど汚いから…。それより、オッパイにも…」雄作の腰を押さえていた手が乳房
を掴み揉んでいく。
「そうよ、これが好きなの」淫汁を流しながら喘ぎ、ピストンも速まって2度目の絶頂を迎えた。
「出して、一杯欲しい!」
「わかっているよ、出すよ」雄作の肉竿が噴射した。
「凄く気持ちいい。とろけそう…」満足顔の香奈に(さてと、これからどうやって楽しんだらい
いだろう…)香奈の乳房を握りしめたまま思案していた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。ネットでは官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

相互リンクサイト
アクセスランキング
リンク
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
12位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索