赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「ある農家の慣わし」第9話 剃毛  


 事を済ませた2人は肉竿と淫裂を綺麗にしてから一雄の元へと戻ったが「そうだ、香奈さんに

お土産があったんだ」雄作はバックから袋を取り出した。

「これが似合うと思って」袋を香奈に渡す。

「ありがとうございます」礼を言って袋を覗き込むと「これを私が着るんですか?」雄作を見つ

める。

「そうだよ、今すぐ着てごらんよ」

「ここじゃ、恥ずかしいわ」

「折角買ってきたんだよ。着てみろよ」一雄にも言われ、袋から取り出すと黒いストッキングを

履いていく。

そして、腰にガーターベルトを巻き付けてストッキングを吊った。

「いやらしいわ、商売人みたいで」そう言いながらも、乳房を下から持ち上げるブラジャーを袋

から取り出して着込んでいく。

その様子を笑顔で見ている雄作と一雄だが、更に着込んでいくとうっすらと黒みを帯びたミニス

リップからは、乳房が丸見えになっている。

乳房はカップのないブラジャーで下から持ち上げられているから大きく見える。

更に、下半身が丸出しになっておる、黒いストッキングの太股と絨毛が卑猥に見えている。

「恥ずかしいわ、人前では着られない」

「そうかな、俺は良いと思うけど」薄い生地越しに乳房を揉み出す雄作だ。

「俺も良いと思うよ。ただ、このヘアは邪魔だよな」絨毛を撫でる一雄だ。

「邪魔といわれても、これが普通よ」

「そうかな、無いのが自然だと思うよ」指が淫裂の中に入っていく。

「俺も丸見えが好きだな。ここは綺麗にした方がいいと思うけど」雄作もパイパンになるよう言

った。

「でも、ヘアがなかったら人前で脱げないし…」

「直ぐに生えるよ。だから剃ろうよ」一雄も説得に掛かった。

それには、暫く間を置いて「いいわ、ヘアを無くせばいいのね」無毛の淫裂を承知した。

 

 香奈は承知すると早速準備に掛かり、洗面器にお湯を入れ、石鹸とカミソリを持ってきた。

また、一雄と雄作はカメラを構えて撮る準備をしている。

「剃るけど、写真はいやよ」そう言いながらも石鹸を泡立てて絨毛に塗っていく。

「これは記念だよ。残しておかないと」2人はスイッチを押していく。

「でも、写真に撮られるなんて恥ずかしいわ」石鹸液を絨毛に塗り終えるとカミソリを持って剃

りだした。

すると、今まで黒々としていた股間が露わになって淫裂が丸見えになってきた。

「いいね、これが香奈のオ○ンコか…」一雄は肉竿を膨らませながらスイッチを押していく。

(オ○ンコだなんて恥ずかしいわ。別な言い方なのかしら)思いながらもカミソリを動かし続け

ると絨毛が消えて肉襞が現れた。

そして、綺麗に剃り終えると「これでいいんでしょう」無毛になった淫裂をタオルで拭いていく。

「そうだよ。それでいいよ」一雄はカメラのスイッチを押し続けていたが「香奈、やりたい、も

う一回だ!」カメラを置くと抱きつて「父さん、これも撮って。パイパンの記念だし」立ったま

ま後から抱きつき、肉竿を動かし出した。

「いや、写真はいや~。撮らないで~!」叫んでも下から見上げるようにして撮っていく。

「香奈、諦めるんだ。これからも撮るからな」肉竿の動きを速めて、登り切った。

「気持ちよかったよ」満足したのか、肉竿を抜くと、白い液体が淫裂からこぼれでて太股を伝わ

っていく。

「大部出したな。これでは間違いなく出来ちゃうな」雄作はスイッチを押し続ける。

「ダメ、こんなの撮らないで~!」手も押さえられ、無毛の淫裂から白い液体が流れ出るのを撮

られていった。

それには(セックスだけならいいけど、射精されたのまで撮るなんて…)

「う、う、う!」嗚咽を上げだした。

「我慢しろ。夕貴も同じ事をするんだから」

「お、お母さんもヘアを剃るの?」

「そうだ、香奈さんだけというわけには行かないからな。ところで、何時戻るんだ?」

「3時には戻るよ」

「そうか、それまで待つか」3人は夕貴の帰りを待った。

 

 それから1時間ほどして「ただいま!」声と共に玄関が開いて夕貴が帰ってきた。

「母さん、待っていたよ、早くおいでよ」急かす一雄に何も知らない夕貴は「そんなに急がない

でよ」笑顔で雄作と香奈が待つ部屋に向かった。

それまでは笑顔の夕貴だが、部屋に入るなり、黒いストッキングとガーターベルトだけの香奈に

驚き顔に変わる。

「何もそんなに驚かなくていいよ。夕貴の分もあるから」

「あなた、どういう事よ。香奈さんのヘアがないわ…」

「ああ、パイパンか。夕貴もパイパンになってもらうよ」

「いやよ、絶対にイヤ!」

「イヤでもやって貰わないとな。まずは素っ裸だ」雄作と一雄は嫌がる夕貴を抑えて服を剥ぎ取

りだす。

「やめて、お願いよ~!」抵抗しても力負けして、パンティ、ブラジャーと脱がされて生まれた

ままの姿にされた。

「夕貴、まずはパイパンになって貰うからな」石鹸を泡立てて、絨毛に塗っていく。

「やめさせて。香奈さんやめさせて!」

「そう言われても、これが慣わしですから…。お母さんも私と同じくヘア無しになって下さい」

「その通りだ。香奈さん、剃るんだ!」雄作に催促され香奈は自分が使ったカミソリで夕貴の絨

毛を剃りだした。
  
          narawasi9-1.jpg

「イヤ、イヤ~!」

「動かないで、性器が切れたら大変よ。ヘアはいずれ生えるからおとなしくして下さい」

「何だ、香奈の方がわかっているじゃないか。姑のお前がまるでガキだな」

 

 雄作の一言に(私の方がガキだなんて…。いくら夫でも許せない。こうなったら意地を見せて

やる!)意を決めたのか「剃らないで。私が自分で剃るから!」と言い放つ。

「本当にやるのか?」

「勿論よ。嫁が剃ったのに姑が剃らない訳には行かないし」

「わかった。香奈、母さんにカミソリを」夕貴は香奈からカミソリを受け取ると絨毛を剃りだす。

勿論、その様子も雄作と一雄が撮っていく。

「写真はやめて。後で見せるから」

「ダメだ、記念に残すんだから」2人はスイッチを押し続け、夕貴はカミソリを動かし続けた。

やがて、夕貴の淫裂も絨毛が消えて丸見えになった。

「恥ずかしいわ、香奈さんと違って、黒ずんでいるし」確かに肉襞の先端が黒ずんでいるが、歳

のせいだから仕方のない事だ。

絨毛を剃り終えると、夕貴は四つん這いにされて浣腸される。

「お尻ではイヤ。あそこでして~!」拒んでも薬剤が送り込まれ、腸内の異物を排出させられた。

その後、夕貴は仰向けになった雄作に馬乗りにって、淫裂に肉竿を迎え入れたが、肉竿は柔らか

くて元気がない。

「父さん、元気ないな。僕が手伝うよ」夕貴を深く寝かせ、肛門から肉竿を押し込んだ。

「イヤ、2人一緒はイヤ~!」首を振って拒むが、若い一雄の肉竿が動き出すと、雄作の肉竿も

元気を取り戻していく。

「一雄、一緒に行くぞ!」2つの肉竿が動き出すと「あ、あ、あ~!」体を反らせて声も出して

いる。

(気持ちいい…。膣も、お尻も気持ちいい…)淫汁が流れだし、雄作の股間を濡らしていく。

やがて、動き回った肉竿も、絶頂を迎えたのか動きが停まって噴射すると「暖かい…。膣もお尻

も…」夕貴は快感に浸った。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/112-623def2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top